最近独学で書道をはじめましたが、ひらがなの「の」の文字の書き方で参考書に、「の」の上部では「筆を返して書く」と書いてありました。実際に書くとうまくいきません。文章で伝えていただくのは難しいと思われますが、どなたか「筆の返し方」の意味と書き方をお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

20の男子学生、書道は12年しています。


「の」の書き方について。
まず、始点1での筆の先っぽの向きは、上向きです。これは良いですね?
このまま下ろしていくと、2のところ。
2→3→4→5まで書いて行くのに、最初の正位置のままでは書きづらいのです。

実際に、筆の向きを変えないで書いてみてください。
スゴく書きづらくないですか?
そのために、2→3にかけて、筆の向きを逆に下向きにするのです。
これが言うところの、「筆を返して書く」ということだと思います。

一般的に、下方向に書く場合は、筆は上向きで。
上方向に書く場合は、筆は下向き。
書く方向と逆の向きに筆の先が向いていた方が、書きやすいのです。
同じ方向でやろうとすると、筆先がグチャ―ってなりますので。

そういうワケで、3→4にかけて上方向に書くので、筆は下向きにします。
そして、4→5にかけて下方向に書くので、筆の向きを徐々に動かして上向きにし、最後に払います。
一慨に、上方向・下方向と言ってますが、図にあるように、カーブに沿って筆先の向きを変えるのが理想的です。

あと難しいのは、「返し方」でしょうか?
これは人それぞれなのでしょうが、私が教わったところでは、
筆尻を浮かして、筆先のみで線を退いて、手のスナップを利かせて、筆尻の位置を変える。でした。
なんとなく分かると思いますが、筆を置いた時の、
先っぽが筆先。膨らんだところが筆尻です。
筆尻は、書いた時に、
人のお尻のように、座ると重心や力がそこにいくことから、手の力がダイレクトにいくところ、「お尻」という認識で「筆尻」としています。
右下の絵みたいな感じで「尻」を浮かせて先っぽで書き、筆の向きを変えるところで、逆方向に「尻」を下ろす。

という風に書くと、一応書けると思います。
分からなかったら、取り敢えず、矢印の方向に筆先を合わせて書いてみてください。
文面での説明はこれが精一杯です。

参考までに、
「「の」の書き方・筆の返し方」の回答画像1
    • good
    • 7
この回答へのお礼

本当に本当に、どの参考書よりも詳しいご説明ありがとうございました。書道をがんばって勉強していきたいと思います。

お礼日時:2011/04/21 06:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半紙がにじみます

最近書道を始めました。子供の頃は墨汁を使っていて
滲みを気にしなかったのですが、今は墨をすっている
のですが、滲みが気になります。まず楷書を書いている
ので、滲まず綺麗にラインを出したいのです。
書道用品店で滲まないと薦められた半紙を試してみましたが、
やはり滲んでしまいます。
お薦めの半紙ありますでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お求めになった半紙は漢字用だと思いますが、漢字用半紙は程度の差こそあれ基本的ににじむものです。
そして、一般的には漢字用でも、手漉きはよりにじみ易く機械漉きはにじみ難くなります(例外はあります)。
対して、仮名用半紙は基本的に濃墨時ではにじみません。
あまりお勧めはしませんが、どうしても「全くにじませたくない」ということであれば、仮名用半紙の使用も検討してみたほうがいいかもしれません。

それから、他の回答者様も仰るとおり墨を濃く磨れば磨るほどにじみ難くなります(念のため、仮名用墨はどろどろになり難い)。
また、筆への墨の含みを減らしたり、これは慣れの問題になりますが運筆を早くすることでもにじみは軽減されます。

お薦めの半紙ということですが、実際には同じ半紙であっても販売店によって名前が異なります(勝手な名前をつけるため)ので、「これがお薦め」ということはできません。
ご了承下さい。

Q行書について

僕は19歳になるものですが、書道はもう10年ちょっとやっています。先生や周りの人にいつも結構ほめられ、どんどん上達してきたと思うんですが、ずっと前から行書という壁にぶち当たっています。上の人の行書と自分の書いた行書を比べると明らかに線の質が違うんです。僕は楷書が一番好きでじっくり見てじっくり書いていました。そのせいか行書において流れるような線じゃなくて、どうもボテボテっとした強すぎる線になってしまうんです・・・練習量の違いというのももちろんあると思うんですが、筆の運び方や入筆の仕方が違うらしく、いろいろと先生に教えていただくんですがなかなかうまくいきません・・・もっともっとうまくなりたいので、行書はどうやったらうまく書けるのか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

書道師範で、教室を開いている者です。

楷書から行書へと練習されているんですね。
行書はやはり王義士(義はちょっと違う字になります)の臨書を勧めます。
また、楷行草の3体、できれば隷書や仮名を学んでください。
行書が目標とはいえ、草書から書いてしまったほうが早く上達すると思います。
やわらかい線が出したいとのことなので…
総合的に勉強なさると、展覧会などにも自分らしい書が出せるようになると思います。
がんばってください。

Q羊毛の筆が使えない

通信教育で楷書のみを練習していました。

昨年から、先生について行書と草書を習っていますが、筆が思うように動かなくて悩んでいます。

穂先が利かない。穂先がすぐに弓なりになってしまう。墨をたっぷりつけても、一画目でにじみ、二画目でかすれるといった具合にすぐ墨が無くなってしまいます。

先生に聞いても首をひねるばかりです。

書き続けていれば、そのうちわかるだろうかとも思うのですが、なにに注意して書いたらよいのか分からず困っています。

どなたか、良いアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

筆の軸が垂直に立っていますか?

羊毛は毛が柔らかいですが、弾力があることに変わりありません。
手や指に力が入っていると、微妙な毛の弾力を感じることができずに、無理に紙に押し付けてしまっているのかもしれません。
書いている途中に、背後から筆を取ろうと引っ張られると、指から筆が抜けるぐらいで良いそうです。たぶん、肩の後ろまで、手がついていくまで握っている人が多いでしょう。

あくまでも、神経は穂先に。太く書くときも、神経は穂先です。
穂の根元に気持ちが行くと、弓なりのままになるのでは?

楷書でやられたと思いますが、縦、横、どこを穂先が通るか守ってください。行書、草書のように動きのあるものになっても、基本は同じです。

墨は、しっかり穂に含ませ、穂の外側だけ落とします。
表現が難しいですね。先生がかかれるとき、見て盗みましょう。
一筆で、最低でも一文字書きたいですよね。
紙の種類や、墨の濃さ、文字と筆の大きさの関係にもよりますが・・・

>先生に聞いても首をひねるばかりです。
・・・・・・私が首をひねります。大丈夫ですか?その先生・・・・・

筆の軸が垂直に立っていますか?

羊毛は毛が柔らかいですが、弾力があることに変わりありません。
手や指に力が入っていると、微妙な毛の弾力を感じることができずに、無理に紙に押し付けてしまっているのかもしれません。
書いている途中に、背後から筆を取ろうと引っ張られると、指から筆が抜けるぐらいで良いそうです。たぶん、肩の後ろまで、手がついていくまで握っている人が多いでしょう。

あくまでも、神経は穂先に。太く書くときも、神経は穂先です。
穂の根元に気持ちが行くと、弓なりのままに...続きを読む

Q書道。お稽古以外にどのように練習していますか?その他

小学生の頃親に習字を習わせてもらったのですが、先生になぜか級を取っている子と同じお手本を書くことを何度も拒否され(たぶん親が級を受けることを断っていた??)それでひねくれ挫折、30代になってから心機一転、子供と一緒に再び習字のお稽古を始めましたが、先生が女性(私も女性です)で気分にとてもむらのある方で、精神的に疲れてしまい挫折。

今回はとてもノンビリした優しいおじいさん先生で、先生ともとても気が合い、ペン習字、実用書道から入りましたが、書道をこれからの生涯学習としてずっと続けて行きたいと思うようになりました。

今までは仕事や他の資格試験の学習に忙しく、週に1度のお稽古に2時間集中して書くだけだったのですが、やはりそれではあまり上達はしないと思います。先生曰く、ある昔の偉人が中国にわたったときに、たった一年の間にものすごく上達したということ。その人は暇さえあれば筆を手に何か書いていたのじゃないか?と想像します。私に同じことはできませんが、何でも極めようと思ったら始終それに時間を費やし集中する時期が必要だと思います。

書道をかなり真剣にされている方は、週のお稽古以外に、どのように練習をされているのかとても興味があります。普段家でどのくらい練習をするか、いろいろな方からのやり方を教えていただきたいです。

上手になるために必要なことも、合わせて教えてください。

宜しくお願い致します。

小学生の頃親に習字を習わせてもらったのですが、先生になぜか級を取っている子と同じお手本を書くことを何度も拒否され(たぶん親が級を受けることを断っていた??)それでひねくれ挫折、30代になってから心機一転、子供と一緒に再び習字のお稽古を始めましたが、先生が女性(私も女性です)で気分にとてもむらのある方で、精神的に疲れてしまい挫折。

今回はとてもノンビリした優しいおじいさん先生で、先生ともとても気が合い、ペン習字、実用書道から入りましたが、書道をこれからの生涯学習としてずっ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。ふたたび書き込ませていただきます。
NO.2では何やら偉そうなことを言ってすみませんでした・・・。
「級や段を取ることに意味は無い」ようなニュアンスで書いてしまいましたが、
決して意味のないことではありません。
ただ、「位が上がったこと」と「自分の腕が上がったということ」を混同してしまうと、
本当に書を極めるということはできないだろうなということを言いたかったのです。
そのことをよく師匠に言い聞かせられていましたので^^;
私も今現在進行形でがむしゃらになっているところです。


私が書道を始めたのは小学3年生のころでしたが、
無理やり親に習わされたのもあり、いやいや通っていました。
上手く書くことができなくて泣いたり、怒られたり・・・
でもどんどん続けていくうちに筆で書くということが楽しくなっていました。
それから10年ぐらい続けていくあいだ、同じ頃に通った子たちはみんなやめていきました。

私は24歳ですが、現在も同じ師に教わっています。
これまでどうして私は書道をやめなかったかと考えると、
やっぱり好きだという気持ちが強いからだと思うんです。
好きだからこそ、学ぶことに貪欲になっていきます。
でもこの気持ちはもちろん最初からあったわけではなく、
ずっと続けていくうちに芽生えてきたものです。
minnnanouta33さんもこれから書き続けていく中で、どんどんそういう気持ちが強くなって
書に対する意識も変わっていくと思います。
だから今から無理に気負ったりせずに、せっかく気の合う先生に出会えたんですから、
「書く」ということを夢中になって楽しんだらいいと思いますよ!



さて、長くなりましたがご質問にあった「好きな句や短歌などを書く」についてですが、
これは誰かが書いたものを真似るということではなく、活字印刷されたものを自分の字で書くということです。
書店などに普通の小説などと一緒に文庫でよく置いてありますよ。
例えば石川啄木や北原白秋など。なんでもいいんです。
自分の好きな言葉や好きなセリフだっていいですし。

それを手本も何も見ずに、真っ白な紙の上に書き出すことはやってみると結構難しいんですよー。
普段は先生の書いたお手本というものがあるので、字の形や配置、バランスなどがわかりやすいのですが、
自分で一から書くとなると綺麗に書くことはなかなか困難です。
でもとても勉強になるし、楽しいと思うのでぜひ試してみてくださいね。

こんばんは。ふたたび書き込ませていただきます。
NO.2では何やら偉そうなことを言ってすみませんでした・・・。
「級や段を取ることに意味は無い」ようなニュアンスで書いてしまいましたが、
決して意味のないことではありません。
ただ、「位が上がったこと」と「自分の腕が上がったということ」を混同してしまうと、
本当に書を極めるということはできないだろうなということを言いたかったのです。
そのことをよく師匠に言い聞かせられていましたので^^;
私も今現在進行形でがむしゃらになって...続きを読む

Q小2へ「人権」を分かりやすく説明するには

小2の娘がいます。

今日、宿題で「人権に関する作文」というのがでました。
(提出は木曜日)
先生からは、人権についてなどの説明はなく、このような文章構成で書きなさいという指示だけあったそうです。

子供に「人権」の意味を聞かれました。
一緒に辞書を引き、一緒に考えました。
私は、「あなたが、あなたらしくいるために、大切にしなきゃいけないこと」「人を思いやることも、その一つ」などと教えましたが、うまく説明出来なかったな~と反省中です。
娘には、お母さんも、もう一度考えたいから、明日までの宿題にさせて、と言い、今日は作文を書きませんでした。

ずーっと、人権について考えています。
でも2年生の子供に、うまく説明できないんです。
もう少し大きくなれば、差別があるという現実も理解出来ると思いますが、まだ無理です。

小学校低学年に、人権を教えるとしたら、みなさんなら、どんな言葉で伝えますか。

Aベストアンサー

自分がされて嫌な事は人にはしちゃだめだって教えています。

Q書道の雅号について

書道の雅号を頂く事になりました。先生より 好きな漢字があるかと聞かれたのですが 好きな漢字というよりも 書道の雅号で良く使われる漢字を知りたいのです。素人が 好きな漢字を 先生にお伝えして 書道の雅号らしくなくなるのも 本意ではありません。皆さんのお知恵をお借りできませんでしょうか? よろしくお願い致します。 女性に向いている 漢字も知りたいです よろしくお願い致します

Aベストアンサー

取っている機関誌の上段者の蘭を見れば、大抵雅号なので良く使われる字がわかると思います。
先生の一文字と自分の本名の一文字を並べるパターンも多いですね。
季節なら春、秋。色なら紅、翠、桃、紫、白… 花、葉、華、香、美、苑、琴、芳、麗、光、風等が多いですね。
音の響きより字面の美しさを重要視された方が良いと思います。

因みに本名を気安く呼べるのは親くらい。他人が気安く本名を呼ぶものではないので雅号で呼んだ。本名より雅号の方が軽いのだ、と聞いたことがあります。気楽に考えてよいのでは。
因みに知人は先生に雅号をいただき「由来は?」と尋ねると、「近所の喫茶店の名前」と言われたそうです。

Q「はね・とめ・はらい」等の用語の総称について

初歩的な質問かと思いますが、「はね・とめ・はらい」等の用語の総称は、「筆使い」とか「運筆」などと言う言葉でよいのでしょうか?もし他によい言葉があるなら、どなたか教えていただければと思います。その場合「筆使い」「運筆」の意味も知りたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

運筆と用筆は混同され易いものです。

●運筆は、指、肘、腕など全身に及ぶ筆の運び方を言います。別の言い方をすると、緩急とか遅速などの筆の動かし方です。
●用筆は、点画の起(始)筆、送筆、収(終)筆の各部における筆使いをいい、撥鐙法や逆入平出など規範化されたものをいいます。簡単に言えば、強さとか弱さなどの筆の扱い方です。

これらを総称して、筆法といっています。

●筆使いとは、起(始)筆の入り方、送筆の速度、筆の開閉、収(終)筆(とめ・はね・はらい)など、筆をどのように働かせるか、どんな形、どんな方向になっているか、を指します。

難しい問題ではありますが、
ご質問の「とめ・はね・はらい」については、収(終)筆の種類の一つです。
また、筆使いの一要素でもあります。
なので総称は、「収(終)筆」、そして意味を限定すれば「筆使い」として良いと思います。

但し、「とめ・はね・はらい」等と、『等』がつくと、どう定義していいか分かりません。
永字八法の他にも、浮鵞(フガ・「元」の最後の画)、戈法(カホウ・「戈」の一画目)などがあります。なぜなら、永字八法とは、ほぼ直線的なものと点についてだけで、「折れ・曲がり」が含まれていないからです。

ですから、「とめ・はね・はらい」等、つまり「とめ・はね・はらい・おれ・まがり」とするなら、一種の筆使いとされ、収(終)筆は当てはまりません。

かなり細かい内容で、総称してしまうと、意味がだいぶ違ってきます。
(ある辞書では、運筆を「書き方」と言っていました。広い意味でとらえるなら、運筆もいいことになって、筆法もいいことになりますけれども、使い方に注意しないといけません。ややこしいですが。)

運筆と用筆は混同され易いものです。

●運筆は、指、肘、腕など全身に及ぶ筆の運び方を言います。別の言い方をすると、緩急とか遅速などの筆の動かし方です。
●用筆は、点画の起(始)筆、送筆、収(終)筆の各部における筆使いをいい、撥鐙法や逆入平出など規範化されたものをいいます。簡単に言えば、強さとか弱さなどの筆の扱い方です。

これらを総称して、筆法といっています。

●筆使いとは、起(始)筆の入り方、送筆の速度、筆の開閉、収(終)筆(とめ・はね・はらい)など、筆をどのように働かせるか、ど...続きを読む

Q筆の手入れについて

書道をはじめて5年くらいになりますが、1年ほどで筆の毛先が割れてしまい、すぐに筆をダメにしてしまいます。おそらく、墨をきちんと落とせていないことが原因だとは思うのですが、みなさんは毎回どのように、どれくらい時間をかけて筆を洗っていますか。特に小筆の場合は、根元まで筆を下ろしてしまわないように、気をつけなければいけませんよね?いい方法があればおしえて下さい。また、毛先の割れた筆を復活させる方法もご存知でしたらおしえて下さい。

Aベストアンサー

筆は大きく分類して
・「さばき筆」(買った時に穂がバラバラになっている筆)と
・「固め筆」(買った時に穂が固めてある筆)の2種類があります。
それぞれ手入れの方法は違いますが、ご質問内容から判断すると
「固め筆」の手入れについてのようですから、
「固め筆」の手入れについてのみ回答させていただきます。
1年程で穂先が割れる原因は、粗悪な筆か 
もしくは手入れに問題があるかのどちらかだろうと思います。
いろんな筆を買っても同様に穂先が割れるようでしたら
多分、手入れに問題がある可能性大です・・・。

一般的な手入れ方法 & 私なりの考えは次のようになりますので、
何かの参考にして下さい。

1、皿に水をため、筆の墨がついている部分だけ
水につけるようにしながら軽く洗います。
水がきれいになるまで繰り返します。
2、指で穂先に向かって形を整える。
3、反古紙(書き損じた半紙など)に穂の腹をかるくあてながら水分を拭き取る。
4、穂先を下に吊るして保管する。
(注、1の水洗いが不十分だと墨が穂先に降りてきて穂先が固まります。)

1年ぐらいで穂先が割れるのは、
多分 洗っている時に穂の内部の毛が乱れた状態のまま、
おりている部分とおりていない部分の境目で
墨が固めてしまっているからだと思います。
(一見してもよく分からない程度です)この状態から復活させる場合は、
境目以上までぬるま湯(40度~50度程度)に半日ぐらい漬けておいておくと、
固まった部分の墨が溶け出すので、その部分以上に余分に洗った後に
手順2、~4、のようにして一旦乾燥させます。

その後、穂に糊を付けて櫛で穂をすいて形を整えた後に吊るして
買って来た頃のような状態に仕上げて乾燥させます。
後は、新品の筆をおろすやり方で使えばいいです。
糊は、フノリ(海草のフノリ)を使用しますが、
大和糊(昔ながらの文具糊)でもかまいません。

蛇足ですが、私は筆洗いには水だけで
シャンプー及びリンスは使用しません。
筆は動物の毛を使用していますが、
筆の毛は死んでいますので油脂や汗などが付着することはありません。
髪の手入れとはまた別だと考えます。
ですから、シャンプーに含まれている界面活性剤などで
墨と油分を必要以上に落とす必要がないし、
洗剤で油分などを無理やり取ってパサパサになるから
次にリンスでグリコール等の油脂分を補うというやり方は
どうでしょう? 確かに穂の毛はサラサラにはなりますが、
しかし、その状態で墨をつけて書こうとすると
穂の吸墨量が若干少なくなるので
作品の味わいが微妙に違ってきます。(ごく僅かですが・・・)
逆に“かすれ”は出やすくはなりますが、
その“かすれ“を良しと判断するのかどうかの問題になる気がします・・・。
ご参考まで。

筆は大きく分類して
・「さばき筆」(買った時に穂がバラバラになっている筆)と
・「固め筆」(買った時に穂が固めてある筆)の2種類があります。
それぞれ手入れの方法は違いますが、ご質問内容から判断すると
「固め筆」の手入れについてのようですから、
「固め筆」の手入れについてのみ回答させていただきます。
1年程で穂先が割れる原因は、粗悪な筆か 
もしくは手入れに問題があるかのどちらかだろうと思います。
いろんな筆を買っても同様に穂先が割れるようでしたら
多分、手入れに問題があ...続きを読む

Q子どもの書道教室の先生の教え方

先日7歳になる子どもと書道教室の見学に行きました。
先生のご自宅で、6人ほどの同じ年頃の子どもがテーブルに向かって、
硬筆のテキストを見ながら練習をしていました。

子ども達のところを先生が見て赤エンンピツで手直しをしていく感じなのですが、
その時の注意の仕方が「あーダメダメダメダメダメ、癖が出てきちゃってるじゃないの~」
「あーこれじゃダメだわ、もっとここの部分は丁寧に。と言ったでしょう」
「うーん、ダメだわ」
とため息まじりのダメの連発で、見学している間殆ど褒められている子どもはいませんでした。皆、黙って集中して書いていますし、素人目からするととても上手です。

子どもは他にピアノも習っていますが、その先生は褒めて育てる感じで、上手くいくと
大げさに褒め、ちょっと失敗しても、「さ、もう一度ここを注意してね。」とサラっと言われるくらいです。なので、その注意の仕方に一瞬戸惑ってしまいました。

私の気にし過ぎでしょうか?
それとも書道の先生は厳しい方が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ。


私も7歳の頃から書道教室に通ってました。
その書道教室には、先生が教室を閉じられるまで10年間通い、


同時に、高校になってからは書道部に入り、
そこから本格的な書道の展覧会などに出品する様になりました。


書道教室の恩師も、
高校の顧問の恩師も、
ともに、とても優しく、
良い所は良い、悪い所は悪いときちんと説明してくれるタイプの方でした。

「ここはもうちょっと線を太く、長めに書いてみて。」
「ここはめちゃめちゃキレイに書けてるね~。」

という感じで、
かならず、どこかで成長した部分を見つけては誉めてやる気を出させてくれました。


最初は嫌々通ってた書道教室でしたが、
上手に書ける様になったことや、

先生や両親に誉めてもらえることはとても嬉しく、自信にもなりました。


この2人の先生に教えてもらったことは
私にとってとても大きく、
先生の様になりたいと、夢を抱き、
大学では書道コースに入り、専門的に勉強しました。


大学では、6人の書道の先生に教えてもらいましたが、
人柄も教え方もバラバラでした。

ある先生は、めちゃめちゃ誉め上手で、
とにかくノセてくれるタイプ。

ある先生は、とにかく嫌味で、
気に入らない字を書く学生には、異常に厳しいタイプ。

ある先生は、すんごく落ち着いて、もの静かだけれども、
厳しいことをさらっと言って、インパクトを残すタイプ。。。


評価の仕方も様々でした^^;


書道の先生といっても、
人ですから、
さまざまな方がおられますので、
一概にこうだとは言えないと思います。


私はもうすぐ30になりますが、
現在、高校の書道の先生(非常勤講師ですが)として働いております。

同時に、書道教室で、自分の親やおばあちゃん世代の方や、
幼稚園から中学生までのお子さんにも教えております。


教える側になってわかったことは、
教える対象の人の年齢やタイプによって
接し方を変えないと勤まらないということです。


とくにお子さんの場合は、
まず、“楽しい”とか“やる気”になれないと続けることがむずかしく、
下手をすればトラウマになってしまうので、

先生の教え方と人柄を、
お子さんが不満に思うようであれば、別の方に教えてもらう方がいいと思います。

やはり、相性は大事だと思います。


尊敬や、信頼、親近感など、
何かしらの好感をもてる先生でないと、
「やりなおし~」とか「もう1回」と言われても反抗してしまうと思うので。



私が書道の先生になったのは、
私自身が、
恩師達と出会ったことによって、

自分に自信をもつことができたことや、
将来の夢を見つけることができたことが嬉しく、

わたしも、
恩師達の様に、
自分が書道を通じて、教え子に何かを伝えられたらいいな、
きっかけになれたらいいなと思ったからです。

何かは、
書道とは関係のない物かもしれませんが、
それでもいいと思っています。



お母様としても、
お金を払われていますし、
大事なお子さんを預けるわけですから、
ご自身がまず、納得し、信頼できる先生を探されるといいかなと思います。

もしくはクチコミで
評判の良い教室を探されるとかですね。


そして何よりも、
お子さん自身が、1ヶ月程通った上で、
続けたい、通いたい、
先生や教室のおトモダチに会いたいと思える環境かどうかが大事だと思うので、
お子さんの意志を尊重し、判断してみてはいかがでしょうか?


親からみると不安がちょっとあっても、
子供が先生を信頼して頑張れるなら、続けさせてあげて欲しいなとも思います。


少しでもご参考になれば幸いです。

こんばんわ。


私も7歳の頃から書道教室に通ってました。
その書道教室には、先生が教室を閉じられるまで10年間通い、


同時に、高校になってからは書道部に入り、
そこから本格的な書道の展覧会などに出品する様になりました。


書道教室の恩師も、
高校の顧問の恩師も、
ともに、とても優しく、
良い所は良い、悪い所は悪いときちんと説明してくれるタイプの方でした。

「ここはもうちょっと線を太く、長めに書いてみて。」
「ここはめちゃめちゃキレイに書けてるね~。」

という感じで、
かならず、ど...続きを読む

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報