ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

liebe のie  と lebenのe 
の発音のしかたの違い(舌の位置など)
を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

”lieben”と”leben”の発音の違いは”ie”を”口を横に狭く広げてイー”と発音し”e”は”口をやや狭く横に広げエー”と発音すれば、一応それらしい音のなると思います。

 よく日本のクラッシクの歌手は”lieben”も”leben”も同じように”リーベン”と発音しがちですのようです。これは間違いです。ドイツ語の”eh”(エー)は日本語のイーとエーの中間みたいな音ですが、決して”ie”
としてはいけません。 意識して”イー”に近づけて”エー”と発音すれば良いと思います。東北弁の”エ”とも”イ”ともいえない音に近いのでは? 実際に身に付けるのには、発音の専門家に訓練を受けるのが良いのですが。
    • good
    • 0

ie は普通に「イー」でよいと思います。



長い e [e:] は結構厄介で、「イー」よりも舌を下げますが「エー」よりは高め。「イー」と「エー」の中間くらいの音です。

日本語の「エー」はむしろ ä に近く、つい *läben と発音しがちです。短い「エ e, ä [ε]」は舌の位置が低く大体日本語の「エ」と同じです。短い e [e] もありますが、これは主に外来語でアクセントのない位置に現れます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本語のアクセント記号をタイプできるものをご存知の方

私は普段、ワードに発音記号をタイプする時は、これを使っています。

http://archive.phonetics.ucla.edu/Language/ipa-pop-up-2.html

しかし、これには日本語のアクセント辞典等で使われている高低アクセントの横棒をつける機能がありません。

日本語を発音記号で表記する時に、アクセントも表記できるソフト等(無料w)をご存知の方がいたら、是非教えていただけませんか?

Aベストアンサー

その発音記号はIPA(国際音声記号)ですね。日本語のアクセント表記とは別物なのでなくて当然です。

アクセントの横棒というものがどういうものが分からなかったので検索してみたのですが、
http://www.dcaj.org/bigbang/mmca/works/04/04_033.html
ここにあるような上線でよいのでしょうか。
でしたら、少々煩雑ですがフィールドコードの編集で可能なようです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413444019?fr=rcmd_chie_detail

なお、IPAのアクセント記号を使う手もありますが、日本語の文字列の中にIPAを混ぜるのは不自然ですね。

Qドイツ語(?)の発音と日本語の発音

大学で少しだけドイツ語を学んでいて、疑問思ったのは日本になじみのあるドイツ語の発音の中に、「それでいいのか?」と思ってしまうものが結構あります。そう発音している日本人が間違っているのか、別にまちがってはいないのか、それが知りたくて質問してみました。

たとえば、
靴のメーカー m?bus    モーブス(⇒メーブスではないのか)
車のメーカー volkswagen フォルクスワーゲン(ヴァーゲンでは?)
神戸のカフェ FREUNDLIEB フロインドリーブ(フロイントリープでは?)

ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) 靴のメーカー m?bus    モーブス(⇒メーブスではないのか)
(2) 車のメーカー volkswagen フォルクスワーゲン(ヴァーゲンでは?)
(3) 神戸のカフェ FREUNDLIEB フロインドリーブ(フロイントリープでは?)

(1) 日本語の標準語ではアイウエオの母音五つです。ドイツ語には五つ以上あります。 o のウムラウトは、日本語の標準語にない母音ですから、古来先学が苦労され「ギョエテとは俺のことかとゲーテ言い」などという川柳も出来ました。正直に言えばモーブスもメーブスも外れ、いい加減に言えばどちらでもよいでしょう。

(2) ドイツ語のドッペルウーは、「v」(有声唇歯音)ですから、終わりの方はフォルクスヴァーゲンの方がドイツ語に近いですね。

(3) ドイツ語のデーは、語尾では「t」(無声歯茎閉鎖音)になりますが、前が「n」の有声音、後ろも「l」のような有声音に挟まれると、声帯が有声、無声、有声、と変わるのは面倒なので、有声の「d」に戻ります。ですからフロインドリープの方が、ドイツ語に近いと思います。

(言わでものこと) 日本語でも、名古屋方言では「さむい」が u のウムラウト、「あおい」に o のウムラウトに近い母音があります。仮名を見れば終わりの「い」がドイツ語の「あたま点々」と同じ働きをしているのが分かります。こんど「きしめん」を食べにいらっしゃったら、日本語のウムラウトも味わってください。

(1) 靴のメーカー m?bus    モーブス(⇒メーブスではないのか)
(2) 車のメーカー volkswagen フォルクスワーゲン(ヴァーゲンでは?)
(3) 神戸のカフェ FREUNDLIEB フロインドリーブ(フロイントリープでは?)

(1) 日本語の標準語ではアイウエオの母音五つです。ドイツ語には五つ以上あります。 o のウムラウトは、日本語の標準語にない母音ですから、古来先学が苦労され「ギョエテとは俺のことかとゲーテ言い」などという川柳も出来ました。正直に言えばモーブスもメーブスも外れ、いい加減に...続きを読む

Q発音記号の[z]について

発音記号の[z]について
[z]の発音がいまいちわかりません
英語耳という本を買って発音記号を学んでいます
[s]はできてると思うのですが[z]の声帯を震わすというのがいまいちわかりません
どうイメージすれば[z]が出せますか?

学校に行ってなかったので丸っきりの素人です、単語の発音などはできません
この本にはCDがついてるので音を聞くことは可能です

Aベストアンサー

1つだけ回答し忘れました。

>どうイメージすれば[z]が出せますか?

日本語でいちばん近い音は「ず」です。
「ず」では舌の先が上下の歯のかみ合ったところにありますが、その位置から舌の先を上の歯の付け根付近まで上げて、かつ舌の先を上の歯の付け根にすり寄せて、舌の先と付け根との間に狭い隙間を作ります。その舌の形でその隙間から息を吐いて声帯を震わせると出ます。

蛇足ですが、発音は自分1人で勉強するのは難しいと思います。#6でWebサイトを御紹介しましたが、このようなサイトやCDを聞いても、どのようにしてその音を出しているのかは分かりません。

それを知るためには、英米人の先生に1対1で直接に発音を教えて貰うことがどうしても必要です。目の前にいる先生の口と舌の形を見れば、瞬時に分かります。文字通り瞬時です。先生の口と舌を見て発音を聞きさえすれば説明は要りません。

お近くの英会話スクールで英米人と限定して、個人レッスンが可能かどうかお聞きになってはいかがでしょうか。最初の1時間はアルファベット26文字の発音だけしてもらい(26文字だけでも直して貰ったりしていると1時間くらいは充分かかります。50分だと1文字当たり2分もないですから。)、その次の2~3時間で簡単な単語と文の発音を教えて貰えば、後は自分でCDを聞いてできると思います。したがって、英会話スクールに通うのは1か月もあれば充分です。

ただ、日本人やドイツ人などでは母語のなまりが抜けてないので、正しい英語を習うのであれば先生は英米人に限定することがどうしても必要です。入学金が安くないかもしれませんが、できるだけ安いところを探します。これからの英語の発音の全てを決めるレッスンですので、1か月だけのために入学金を払っても値打ちは十二分にあると思います。

1つだけ回答し忘れました。

>どうイメージすれば[z]が出せますか?

日本語でいちばん近い音は「ず」です。
「ず」では舌の先が上下の歯のかみ合ったところにありますが、その位置から舌の先を上の歯の付け根付近まで上げて、かつ舌の先を上の歯の付け根にすり寄せて、舌の先と付け根との間に狭い隙間を作ります。その舌の形でその隙間から息を吐いて声帯を震わせると出ます。

蛇足ですが、発音は自分1人で勉強するのは難しいと思います。#6でWebサイトを御紹介しましたが、このようなサイトやCDを聞いても、ど...続きを読む

Qドイツ語の発音について:"sehen"のhを発音するのはどこの方言?

今東進ブックスの「いますぐ覚える音読ドイツ語」をやっているところです。いまディスクBを聞いているところですが、発音に関して疑問を持ちました。男性のナレーターが sehen と nahe をそれぞれ「ゼーヘン」、「ナーヘ」、 stehenを「シュテーエン」と発音し、女性ナレーターは男性のナレーターと同様に sehenを「ゼーヘン」と発音しているのです。これはどこの方言なのでしょうか?それともどちらもRPなのでしょうか?また、どうして男性ナレーターはstehenを「シュテーヘン」とは発音しなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

1. で回答した者ですが,修正いたします。stehen, nahe などのhを発音しないのが辞書が推奨する所謂標準的なものですが,ゆっくり発音すると "シュテーヘン",とか"ナーヘ”と言う人もまま見受けられます。No.2の方が書かれた,”ステーン”は,若しあれば,シュレスウィッヒ地方の人がHochdeutschをなまって発音したものと考えられます。所謂低地ドイツ語では"st"を”スt”と発音します。”h”を発音する傾向は色々と調べてみましたが,No.1で申し上げたことしか出てきませんでした。しかし,嘗てあるドイツ語コースで教えていたドイツ女性がその発音をしておったのを思い出しました。その人の出身地は覚えておりませんが。

Q発音を教えてください。

臨時代理大使の英訳は無く、フランス語の Chargés d'affaires ad interim を使うようですが、どう発音したら良いのでしょうか。

発音記号 と カタカナがあると助かるのですが。

どなたか、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

    #1です。補足です。

    書き忘れましたが下記のスピーカーの印をクリックすると発音がお聞けになれます。 
    http://dictionary.reference.com/browse/charge+d%27affaires?s=t
    http://dictionary.reference.com/browse/ad+interim?s=t

Q第二外国語についてですが、ドイツ語とスペイン語だったらどっちが学習しやすいですか? ドイツ語は、単語

第二外国語についてですが、ドイツ語とスペイン語だったらどっちが学習しやすいですか?
ドイツ語は、単語や発音が
スペイン語は、文法が
英語に比べて難しいと聞きましたが、本当ですか?

Aベストアンサー

ヨーロッパ系の言語で英語より難しいと感じますね。
というのも動詞の活用が多いので…

英語だと過去形、過去完了形、現在進行形
あとは三単現のsがつくぐらい。

スペイン語は、主語によっても変化します。
主語が一人称単数、二人称単数、三人称単数
さらにそれぞれの複数の場合で語尾が変化します。
慣れでもありますが。
フランス語もドイツ語もそうです


さらにそれぞれの主語に合わせた変化に時制に合わせた変化なんかもありますから。

そして名詞には性別があります。
英語は、a,an,theぐらいですが

スペイン語もドイツ語も、名詞に性別があるのでそれを覚えないといけません。フランス語もですが
さらに中性名詞もあります。

もうこの辺で嫌な感じしてきたかもしれませんが…

つまり、名詞が女性か、男性か中性か、単数か、複数か、で付ける冠詞がちがってきます。

また、名詞が格によっても変化します。

勉強すると「英語が国際語でよかったー」と思います。フランス語になるかもしれなかったので


発音はどうでしょう。聞きなれない、発しなれない音がありますが
スペルからの発音の決まり事を覚えたら知らない単語でも読み上げたりはしやすいですし。


また、「学びやすい言語」と「単位をとりやすい言語」は別ですね
担当教員によってかなり違いますから。

あとは興味のないことを学ぶのは、いくら楽な言語でも辛く
興味があることなら、多少難しくても苦ではないです。

好きな映画があるとか
好きなサッカーチームの言語が…とか
地域に南米人が多いとか
第九を歌いたいとかマーラーが好きだとか
何か自分の興味があるもので決めるという方法もありますよ。
そのほうが絶対お勧め

ヨーロッパ系の言語で英語より難しいと感じますね。
というのも動詞の活用が多いので…

英語だと過去形、過去完了形、現在進行形
あとは三単現のsがつくぐらい。

スペイン語は、主語によっても変化します。
主語が一人称単数、二人称単数、三人称単数
さらにそれぞれの複数の場合で語尾が変化します。
慣れでもありますが。
フランス語もドイツ語もそうです


さらにそれぞれの主語に合わせた変化に時制に合わせた変化なんかもありますから。

そして名詞には性別があります。
英語は、a,an,theぐらいですが

ス...続きを読む

Q英語と日本語発音: 同じものは

とかく英語と日本語の発音の違いばかりが強調されているために,
どの発音も日本語と違う,という錯覚から,英会話をすることに躊躇いが生じたり,変に英語っぽく発音しようとしている時があります.逆に,英語と日本語で発音が同じまたは似ている語があることが分かれば,少なくともその語については自信をもって話すことができ,全体として良い方向になると思いました.英語と日本語で発音が同じまたは似ている語についてご指摘頂ければと思いますが,いかがでしょうか.

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私にも私なりに書かせてもらいますね。

まず、英語の発音、と言うとは何か一つの標準的な発音があるように思われているのが日本で生き残っているようですね。

アメリカ人のようにしゃべりたい、と言う人も発音を気にしすぎなのです。 それぞれの国の人たち、それがたとえ英語圏と呼ばれていても、発音の違いはかなりあります。 教材で聞くような発音だけが英語の発音ではない、と言うことであるし、もっと大切なのは、ネイティブが理解できる文章を作る事をしっかり身につけて欲しいと思います。

しかしそれにしても、完璧ではなくても始めはいいのです。 何十年も文法だけは分かると言う人でさえおかしな英文を作っているのですから。

発音を気にしすぎるな、と言うと邪道だと思われがちですが、そんな事はありません。 イギリスにイギリスなりの発音があり、それが正しいと言うことではないですね。 イギリスの「訛り」がうるさく入っているわけです。 (イギリス英語派の人たちに怒られないように)アメリカにもアメリカ訛りがあるのです。 ただそれは、他の国の英語の発音と比べるとそう言う事になる、と言うだけのことであって、訛りと言うものが悪いと言うわけではないのです。

イタリア人やラテン系の人たちの英語はそれなりに日本語に似たような発音をするように見えるでしょう。 それは、日本語の発音に彼らの母語が似ているところがたくさんあるからでしょうし母音も日本語同じように数が少ないと言えるように分類されていますね。

それぞれの国の訛りで、そしてその国の中での各訛りでみんなお互いにコミュニケーションをしているのです。 これは日本でははっきり教えるべきだと思います。 日本に子供の頃から住んでいるセイン・カミュさんでも、カリフォルニア州知事の「シュワちゃん」ももちろんかなりの訛りがあります。 だからと言って不自由をしているとはまったく思えません。

一つの文章をそれぞれの国の「訛りで、つまり発音で」発音すれば違いは分かりますね。 しかし、「その文章の持っている意味合いは99.5%同じと言える」なのです。 言い換えると、そこで使われている単語や句や節や文章全体(リエゾン的に発音がくっつくので)での発音には「それなりに許容範囲」を持っている、と言う事を認識しなくてはならないと言うことなのですね。

いろいろな人とコミュニケーションすればするだけその許容範囲が広がっていくわけで、インド人との拘留が多い人はそれ分だけインド人の英語発音がその許容範囲に組み込まれていくわけで、イギリス英語もオージー英語もカナダ英語もアメリカ英語のすべての訛りに精通している人でもインド人の発音には慣れていなく聞き取れないと言う事は起こる可能性はありますね。 眉間にしわを寄せて聞き取ろうとしているのが分かるその瞬間です。

数年前にニュージーランドの映画を見る機会があったのですが(その時はニュージーランドの映画だとは知らずに)、ところどころ聞き取れない単語があるのに気がついたのですね。 面白い訛りだなと思いながら見ていたわけです。 オージーともちょっと違う、でもどこのかは分からなかったのです。 私自身が慣れていなかったからですね。

と言うことで、せっかくのご質問ですが、英語と日本語の発音の違い・にているところは「ない」とした方が結局は身のためだということになるのです。 しかし、私自身、イギリス人がイギリス訛りをアメリカ訛りのようにしないと言うのであれば、アメリカなりイギリスなりの一般人の教養範囲内の発音を身につければいい、と言うことになるのです。

つまり、京都女性の日本語発音・イントネーション(標準弁を言っているにもかかわらず)は可愛いと思いますし、イタリア系の男性の発音も好きです。 アメリカの南部の女性の発音も可愛いと感じますよ。 それだったら日本女性の発音もそれなりに可愛いと思わせるだけ日本語訛りがあったっていいじゃないか、と思うわけです。

カタカナ読みは100%使い物にならないわけですから、それを避け、ある程度の日本語訛りはあってもかまわないはず、と私は感じています。 もちろん仕事上「あなたの英語の発音はいいですね」なんていわれたら落胆はしますけど。<g>

完璧でなくても近づけるだけでいい、と言うことになり、最初から完璧を求める必要はまったくない、と言う事なのです。 

そんなに多くの母音と子音があるわけではないわけですから、アメリカン人だと思われるほどの発音なんてしなくてもだんだん出来るようになっていきます。 100%アメリカ人の発音だと認識されてもどうせイギリス人から、お前の発音はおかしい、と言われる可能性があるわけですし。<g>

それよりも、ネイティブが分からないような英文を教えるような事も、また、真偽を確かめないでそのまま正しい表現として鵜呑みにするようなことをしないで、使われている英語の表現力を高める方がもっともっと大切だと思うわけです。

そして、もっともっと多くの英語教師がネイティブと語り合えるだけの能力があれば、発音については中学一年ですべてカバーできるはずなのです。 しゃべれない英語教師がどうやって発音を教える事が出来ると言うのでしょう。 F/Vは下唇を噛む、とか、THは舌の先を噛む、と言うような教え方ではどうしようもないわけです。 でもいまだにそれを教えていると言うことを知り英語教育委員会の行動への疑問がさらに深まるわけです。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてくださいね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてくださいね。

アメリカに住んで40年目になりました。 私にも私なりに書かせてもらいますね。

まず、英語の発音、と言うとは何か一つの標準的な発音があるように思われているのが日本で生き残っているようですね。

アメリカ人のようにしゃべりたい、と言う人も発音を気にしすぎなのです。 それぞれの国の人たち、それがたとえ英語圏と呼ばれていても、発音の違いはかなりあります。 教材で聞くような発音だけが英語の発音ではない、と言うことであるし、もっと大切なのは、ネイティブが理解できる文章を作る事をしっ...続きを読む

Qドイツ語の筆記体を書けるようになりたいのですが、ドイツ語の筆記体の本は販売していますか? ドイツ語

ドイツ語の筆記体を書けるようになりたいのですが、ドイツ語の筆記体の本は販売していますか?

ドイツ語の筆記体は、戦後になって何回か変わったらしいですが、やはり一番新しい筆記体がスタンダードですか?

Aベストアンサー

>ドイツ語の筆記体を書けるようになりたいのですが、ドイツ語の筆記体の本は販売していますか?

現代のドイツ語の筆記体は、基本的には英語と大体同じです。違うところはありますが、日本でわざわざ本にするほどのものではないので、そのような書物はないでしょう。英語の筆記体と同じに書いても読んでもらえるので、その点では心配はありません。ただ、ドイツ人の手書きの文書を読む場合は、違いを知っていないと読みにくいことがあります。達筆な人の文字は判読がかなり困難な場合もあります。個人によっても書き方に違いがあるので、書物ではなく、実際に書かれたものを見て学ぶしかありません。たとえば、ä、ü、öなどのウムラウトも、楔のような二本の縦線を書く人もいれば、ā/ă/ō/ŏ/ū/ŭのような書き方をする人もいます。下のサイトに動画があり、現在のドイツの学校でどのように文字の書き方を教えているかを見ることができます。いくつかの文字で、英語の筆記体との違いがわかると思います。
http://www.swr.de/landesschau-rp/gut-zu-wissen/kulturgut-oder-ueberkommener-lernstoff-ist-schreibschrift-noch-zeitgemaess/-/id=233210/did=15905510/nid=233210/8ggx63/

現代の筆記体の基本的な字体はNormalschriftといいます。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/06/Deutsche_normalschrift_ab_01091941.jpg/471px-Deutsche_normalschrift_ab_01091941.jpg

英語の筆記体と比較してみてください。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/00/Cursive.svg

>ドイツ語の筆記体は、戦後になって何回か変わったらしいですが、やはり一番新しい筆記体がスタンダードですか?

昔のドイツ語の筆記体は、今のものとは全然違います。Kurrentschriftといって、特にオーストリアの役所などで使われたものです。時代によって大きく違いますが、日本の独和辞典などにドイツ語特有の筆記体として掲載されているものは、ルートヴィッヒ・ズュッターリンという人が1911年にドイツ文化省から依頼されて、それまでの筆記体をもとに学校教育用に考案したもので、Sütterlinschriftと呼ばれているものです。しかし、1941年にナチス・ドイツが、このSütterlinschriftや活字のフラクトゥールの使用を禁じ、先述のNormalschriftに切り替えました。Sütterlinschriftは、戦後も1980年代までは部分的に教えていた学校もありましたが、基本的には1941年以降はNormalschriftです。
あくまでも現代ドイツ語の実用範囲でのことなら、Normalschriftだけ知っていれば十分です。過去の偉人の手書きの原稿や書簡などを読みたい場合は別です。今のドイツ人の多くは、KurrentschriftやSütterlinschriftが読めないので、祖父母の残した手紙などが読めないというのはごく普通にあることです。
ただ、日本に書道があるように、ヨーロッパにもカリグラフィーという芸術的な文字の書き方があり、そこではSütterlinschriftはまだ応用されています。
http://www.stehsatz.com/portfolio/page/33/#2770

この古い筆記体は、17~19世紀に下のように変化しています。
http://www.suetterlinschrift.de/Lese/Kanzlei1.htm

これらをもとに1911年に考案されたSütterlinschriftの一覧が下のものです。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/59/Deutsche_Kurrentschrift.svg/524px-Deutsche_Kurrentschrift.svg.png

もしこういった筆記体の書き方に興味があるのなら、下のサイトのPDFをダウンロードして参考にしてください。
http://www.kurrent.de/_html/uebungen.htm

実際に書かれたものの読み方の例は下のサイトで見ることができます。
http://www.suetterlinschrift.de/Englisch/Sutterlin.htm

http://www.suetterlinschrift.de/Englisch/Tips_and_tricks.htm

>ドイツ語の筆記体を書けるようになりたいのですが、ドイツ語の筆記体の本は販売していますか?

現代のドイツ語の筆記体は、基本的には英語と大体同じです。違うところはありますが、日本でわざわざ本にするほどのものではないので、そのような書物はないでしょう。英語の筆記体と同じに書いても読んでもらえるので、その点では心配はありません。ただ、ドイツ人の手書きの文書を読む場合は、違いを知っていないと読みにくいことがあります。達筆な人の文字は判読がかなり困難な場合もあります。個人によっても...続きを読む

Qイラスト投稿サイトを探しています。

イラスト投稿サイトを探しています。
ブックマークをしていたんですがパソコンが壊れてブックマークから消えてしまいました。
幻想的な二次創作イラストがいっぱいある投稿サイトです。
探したくても投稿サイトの名前が思い出せなくて検索してみてもわかりません。。。
だれかわかる人教えてください!

Aベストアンサー

んー。情報不足ですね。

ただ、イラスト投稿サイトでほぼイコールで「ピクシブ」があげられると思います。
ここより参加者の多いところは無いでしょうね。
http://www.pixiv.net/

その他、ここに載ってないでしょうか。
http://d.hatena.ne.jp/gomi-box/20081017/1224236108

Qチェースとは英語では乾杯、ドイツ語ではさようなら?ですか?発音は違うと思いますが!

チェースとは英語では乾杯、ドイツ語ではさようなら?ですか?発音は違うと思いますが!

Aベストアンサー

英語のcheersとドイツ語のTschüs(チュース)を混同する方が多いのですが、この二つは全く関係のない別の言葉です。ドイツ語のTschüsは、最初から「さようなら」の意味です。英語のcheersは「さようなら」の意味でも使いますが、cheerの複数形で、語源は「顔」などを意味する古フランス語のchiereです(さらにさかのぼると、「頭」を意味するギリシャ語のkara)。ここから「気分」「精神状態」などの意味に広がり、よい意味でも悪い意味でも使っていたものが次第に良い意味にだけ使われるようになり、こんにちのような「万歳」などの意味で使われるようになりました。
ドイツ語のTschüss(チュース)は、古い時代にはAtschüss(アチュース)という形で、これはワロン語というロマンス語のadjüüs(アジュース)という語から来たものといわれます。現在でも、ドイツの一部の地域ではアジュースという発音が残っているそうです。これは、スペイン語のadios(アディオス)などと同様、フランス語のadieu(アデュー)が語源で、a + dieuの組み合わせ、aは英語のtoのようなもので、dieuは「神」(deusと同じ)を意味し、「神に委ねる」というような意味から別れの挨拶になったようです。

英語のcheersとドイツ語のTschüs(チュース)を混同する方が多いのですが、この二つは全く関係のない別の言葉です。ドイツ語のTschüsは、最初から「さようなら」の意味です。英語のcheersは「さようなら」の意味でも使いますが、cheerの複数形で、語源は「顔」などを意味する古フランス語のchiereです(さらにさかのぼると、「頭」を意味するギリシャ語のkara)。ここから「気分」「精神状態」などの意味に広がり、よい意味でも悪い意味でも使っていたものが次第に良い意味にだけ使われるようになり、こんにちのよ...続きを読む


人気Q&Aランキング