ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

http://cgit.freedesktop.org/xorg/util/macros/
から、
util-macros-1.6.0.tar.bz2
を、ダウンロードして解凍してみると、
autogen.shというものがあり、
./ autogen.sh
で、実行させてみると、configure.sh ができます。
./configure
で、コンフィグしたら、makeファイルができます。
ここで、makeと打ち込んでも、エラーになり先に進めません。
一体どうすればよいのでしょうか。
どうかご教授願います。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>make:"all"に対して行うべきところはありません



それはエラーではありません。
makeが終わったのにもう一度makeコマンドを実行すると出るメッセージです。
原因はいろいろ考えられます。

原因1:すでにmakeが終わっている

原因2:Makefileがおかしい

原因3:makeするときのディレクトリの勘違い
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答くださりありがとうございます。
おっしゃる通り、すでにmakeが終わっているようでした。
make install
と打ち込むと、無事インストールができました。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 02:26

そもそも、util-macrosのautogen.shを実行すると、通常CentOS5だとAutoconfのバージョンが2.60よりも古いのでエラーになってしまいます。


(CentOS 5のautoconf 2.59)
Fedora 3はCentOS 5よりも古いので、当然autoconfが2.60以上なはずもなく、autogen.shの時点でエラーが出てもおかしくないと思われますが…
(Fedora 3もautoconf 2.59)

だとすると、autoconfは2.60以上をどのようにして入れたのでしょうか?
(私はautoconf 2.60以上をインストールする方法は知っています。)
その他にも環境にも依存しそうなことがありそうな気がしますが。

No.3の回答にもあるとおり、そのメッセージは、いろいろ考えられますが、他にもgccがインストールされていないとか、開発環境が整っていない時にも出るようなので、もう少し調べられて、環境を整えた方が良いかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答くださりありがとうございます。
./configure
make install
で無事インストールできました。
実は、autoconfを、バージョンアップしたことを忘れていました。すいません。
今回何がしたかったのかというと、GTK+-2.8を、インストールしようとしています。
しかし、いろんなものが足らなくてこんがらかっていました。
今、Xorg-macros 1.6 を探しています。また、どこにあるのかわからなかったら質問するかもしれません。ご縁があればよろしくお願いいたします。このたびはありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 02:40

>make:"all"に対して行うべきところはありません


これエラーではありません。
この文ままの通りでmake のallターゲットで処理することがないと言っている。
連続してmakeしてないか?

Fedoraは7からの名称。6まではFedora Core
それと使っているのがサポートが大昔に終了したFedora Core 3?なぜそんな骨董品を使う?
Fedoraのサポート期間はだいたい1年ほど。それを理解して使っているんだよね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答くださりありがとうございました。
ちょっと変わったパッケージだったので、いつものように、
./configure && make && make install
では、うまくいきませんでした。
make install
と打ち込むとうまくいきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 02:31

ディストリビューションは何?


エラーって何が表示されたの?
その他、細かい情報は?

> 一体どうすればよいのでしょうか。

まず、人に情報を与えるというところから始めましょうか…

「お腹痛い」
これで、あなたは腹痛の原因を特定できますか?

この回答への補足

大変失礼いたしました。
こちらの環境は、fedora3です。カーネルあたりはいじってませんのでデフォルトのままです。
問題の、makeの件ですが、
make
と打つと、
make:"all"に対して行うべきところはありません
と表示され、makeができません。
Makeファイルはあるのに、できません。
makeファイルをエディタで開いてみても、さっぱりわかりません。
こんなことしか書けなくて恐縮なのですが、よろしくお願いいたします。

補足日時:2011/04/22 15:34
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qapt-get install ****** でinstallしたものをuninstallするには?

御世話になります。
vncserverだけをinstallするつもりが
誤って
apt-get install vncとうってしまいました。
これをuninstallしたいのですが
どのようにすればよろしいでしょうか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

# apt-get remove パッケージ名
では、設定ファイルは削除されずに残ります。

完全に削除するときは、
# apt-get --purge remove パッケージ名
です。

Qmake時に出てきたエラーメッセージの意味が分からなく困っています。

最近、Linuxを始めたばかりのLinux初級人間です。
出てきたエラーメッセージの意味が分からず、
次なる一手がどうしても判断できず、ご相談させていただきます。

現在、DHT技術に興味があり、
BambooDHTというものを、
自分のサーバにインストールしています。
そして苦戦しています。

banbooDHTをコンパイルするには、以下の手順が必要みたいです。

(1)JDKをインストール
(2)banbooをインストール
(3)makeでコンパイル

まずは、「wget」にて、下記javaのWEBページより、
「JDK 6 Update 6」よりダウンロードしました。

http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html

使用許諾所に「Yes」で回答し、インストール作業を行いました。
インストール作業後「完了(DONE)」の表示が出ました。

その後、JAVAの環境変数の設定を行い、
「java -version」にて正常にインストール作業完了の旨認識できました。

bambooのインストール作業を行い、
こちらも正常に作業が完了しました(DONEの表示あり)。

最期のstepとして上記(3)を実行しましたが、
以下エラー内容と共にコンパイルが成功しませんでした。
「javac がないからコンパイルできないよ!」という意味でしょうか?
JDK 6にはjavacは含まれていると認識しています。

これ以上、どうしていいか分からない状況です。
長々としてしまいましたが、
どなたか、アドバイスいただけるとありがたいです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
make -C src/bamboo
make[1]: ディレクトリ `/root/bambooDHT/bamboo/src/bamboo' に入ります
make[2]: ディレクトリ `/root/bambooDHT/bamboo/src/bamboo/www' に入ります
WebInterface.java
/bin/sh: /bin/javac: そのようなファイルやディレクトリはありません
make[2]: *** [WebInterface.class] エラー 127
make[2]: ディレクトリ `/root/bambooDHT/bamboo/src/bamboo/www' から出ます
make[2]: ディレクトリ `/root/bambooDHT/bamboo/src/bamboo/vis' に入ります
Vis.java
/bin/sh: /bin/javac: そのようなファイルやディレクトリはありません
make[2]: *** [Vis.class] エラー 127
make[2]: ディレクトリ `/root/bambooDHT/bamboo/src/bamboo/vis' から出ます
make[2]: ディレクトリ `/root/bambooDHT/bamboo/src/bamboo/dmgr' に入ります
make[2]: `all' に対して行うべき事はありません.
ASyncCore.java
/bin/sh: /bin/javac: そのようなファイルやディレクトリはありません
make[2]: *** [ASyncCore.class] エラー 127
make[2]: ディレクトリ `/root/bambooDHT/bamboo/src/bamboo/lss' から出ます
make[2]: ディレクトリ `/root/bambooDHT/bamboo/src/bamboo/api' に入ります
BambooLeafSetChanged.java
/bin/sh: /bin/javac: そのようなファイルやディレクトリはありません
make[2]: *** [BambooLeafSetChanged.class] エラー 127
make[2]: ディレクトリ `/root/bambooDHT/bamboo/src/bamboo/api' から出ます
make[2]: ディレクトリ `/root/bambooDHT/bamboo/src/bamboo/router' に入ります
CheckRunning.java
/bin/sh: /bin/javac: そのようなファイルやディレクトリはありません
make[2]: *** [CheckRunning.class] エラー 127
make[2]: ディレクトリ `/root/bambooDHT/bamboo/src/bamboo/router' から出ます
make[2]: ディレクトリ `/root/bambooDHT/bamboo/src/bamboo/util' に入ります
GuidTools.java
/bin/sh: /bin/javac: そのようなファイルやディレクトリはありません
make[2]: *** [GuidTools.class] エラー 127
make[2]: ディレクトリ `/root/bambooDHT/bamboo/src/bamboo/util' から出ます
make[2]: ディレクトリ `/root/bambooDHT/bamboo/src/bamboo/temu' に入ります
PublishData.java
/bin/sh: /bin/javac: そのようなファイルやディレクトリはありません
make[2]: *** [PublishData.class] エラー 127
make[2]: ディレクトリ `/root/bambooDHT/bamboo/src/bamboo/temu' から出ます
make[1]: *** [subdirs] エラー 2
make[1]: ディレクトリ `/root/bambooDHT/bamboo/src/bamboo' から出ます
make: *** [sources] エラー 2

最近、Linuxを始めたばかりのLinux初級人間です。
出てきたエラーメッセージの意味が分からず、
次なる一手がどうしても判断できず、ご相談させていただきます。

現在、DHT技術に興味があり、
BambooDHTというものを、
自分のサーバにインストールしています。
そして苦戦しています。

banbooDHTをコンパイルするには、以下の手順が必要みたいです。

(1)JDKをインストール
(2)banbooをインストール
(3)makeでコンパイル

まずは、「wget」にて、下記javaのWEBページより、
「JDK 6 Update 6」...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

メッセージの意味としては、javacが見つからないということでしょうね。
インストールしたことが間違いないのであれば、javacはどこのディレク
トリにインストールされていますか?
メッセージを見ると、Makefileでは/binにあることが前提となっている
ようですが、javacのインストールディレクトリを確認の上、Makefileの
javacのパスを修正して、再度makeすればよいのではないでしょうか?

QMakefile.inとMakefile.am

回路設計をするためにsystemCをlinux(centOS)にインストールしました。サンプルプログラムの入ったディレクトリがあってそのサンプルプログラムをコンパイルして実行したいです。ところがコンパイルの仕方がわかりません。

例)rsaというディレクトリの内容
[root@localhost rsa]#ls -l
-rw-r--r--. 1 root root 2023 11月 27 21:24 2012 Makefile.am
-rw-r--r--. 1 root root 16276 11月 27 21:24 2012 Makefile.in
-rw-r--r--. 1 root root 2072 11月 27 21:24 2012 README
-rw-r--r--. 1 root root 14137 11月 27 21:24 2012 rsa.cpp
-rw-r--r--. 1 root root 4644 11月 27 21:24 2012 rsa.vcproj

予想するに、systemCをインストールするときに
$./configure
$make
$make install
と打ったので、Makefile.inとMakefile.amがあやしいと思うのですが、これをどのように使ったらよいのやらわかりません。

教えてください。もしくは、参考文献などを教えてください。
すみません。

回路設計をするためにsystemCをlinux(centOS)にインストールしました。サンプルプログラムの入ったディレクトリがあってそのサンプルプログラムをコンパイルして実行したいです。ところがコンパイルの仕方がわかりません。

例)rsaというディレクトリの内容
[root@localhost rsa]#ls -l
-rw-r--r--. 1 root root 2023 11月 27 21:24 2012 Makefile.am
-rw-r--r--. 1 root root 16276 11月 27 21:24 2012 Makefile.in
-rw-r--r--. 1 root root 2072 11月 27 21:24 2012 README
-rw-r--r--. 1 root root 14137 11...続きを読む

Aベストアンサー

READMEにインストール方法書いてたりしませんか?

QLinux CentOS6.3 aptインストール

先日CentOS 6.3 Final (kernel-2.6.32-279.11.1.el6.i686)を
ノートPCにインストールしました
yum仕様だったのでUbuntu等で使っていたapt-getコマンドをインストールしようとしたら
(管理権限)
# yum install apt
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.iij.ad.jp
* extras: ftp.iij.ad.jp
* updates: ftp.iij.ad.jp
Setting up Install Process
No package apt available.
Error: Nothing to do
と出ました。どうすればaptをインストールできるでしょうか?
追加するリポジトリなど必要なことがあれば教えていただきたいです

Aベストアンサー

質問者さんは、別なことを質問しているのではないかと思います。
違っていればパスしてください。

Debian系の、
apt
Redhat系の、
yum
進化してきたので、以前のFedora Core3の時代は、aptとyumが併用できたのかは当方は検証したことがないので分からないが、Fedora Core3は、2004年頃のURLを参考にしてもだめだと思う。

Debian系は、
rpmパッケージをalienコマンドで、deb形式に変換して、dpkgコマンドで、deb形式を取り込めるというワンクッション必要ですね。
このことはご存知ですね。
これを行なえば、一般のrpmパッケージも、簡単にシステムに組み入れることができます。
こうした手続きを質問者さんは、聞いているのかもしれませんね。
CentOSだから、この逆のことを行なえばよいと思います。
基本的には、一般公開されているのは、rpm形式なので、上記のことしかWEB上にはないかもしれません。
逆の場合は、
Debian系のマシンで、deb形式のパッケージを下記のコマンドで、rpm形式のパッケージとして出力させることはできます。
alien -r xxxx.deb
詳細は、
man alien
で調査してください。

質問者さんの質問内容から、独断と偏見で曲げて解釈しています。
間違っていたら、パスされたし。

質問者さんは、別なことを質問しているのではないかと思います。
違っていればパスしてください。

Debian系の、
apt
Redhat系の、
yum
進化してきたので、以前のFedora Core3の時代は、aptとyumが併用できたのかは当方は検証したことがないので分からないが、Fedora Core3は、2004年頃のURLを参考にしてもだめだと思う。

Debian系は、
rpmパッケージをalienコマンドで、deb形式に変換して、dpkgコマンドで、deb形式を取り込めるというワンクッション必要ですね。
このことはご存知ですね。
これを行なえば、一般...続きを読む

Qcentosのglibcのアップグレード

CentOS 6.5にてプログラムを実行しようとしたら
/lib/libc.so.6: version `GLIBC_2.15' not found
という警告表示されて実行できないので、glibcのバージョンを確認したいところ
yum info glibc
version 2.12でした。

glibcを2.15までアップグレードするにはどうすればよろしいでしょうか。
多少のLinuxの操作は分かりますが、詳しくないため教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

どちらかというと、そのソフトが
2.12では動かないソフトなのか?
というところから確認すべきかもしれませんね。

CentOSやUbuntuなどの現在のLinuxディストリビューションでは
リポジトリーにあるソフトを使う前提で
ライブラリーなどのバージョンの整合性が得られるようになっています。

ですから、その外からソフトを持ち込むことが
想定外の運用ということになります。

ですから、リポジトリーにあるソフトを使うことが基本で
それより新しいバージョンを利用したければ
新しいバージョンのソースを入手し、手元でmakeを試みるのが第一の対策です。

これができないことはありますが、それでも、小さな修正で対処できる場合もあります。


もちろん、必要なライブラリーを入れていくという手もありますが
むしろライブラリーを手作業で追加するほうが、大きな手間がかかり
また、トラブル要因としても、より大きなものになる可能性があります。


最新志向であれば、Fedoraを半年ごとに更新して使う手もありますし
Arch Linuxのようなものを使う手もあります。

どちらかというと、そのソフトが
2.12では動かないソフトなのか?
というところから確認すべきかもしれませんね。

CentOSやUbuntuなどの現在のLinuxディストリビューションでは
リポジトリーにあるソフトを使う前提で
ライブラリーなどのバージョンの整合性が得られるようになっています。

ですから、その外からソフトを持ち込むことが
想定外の運用ということになります。

ですから、リポジトリーにあるソフトを使うことが基本で
それより新しいバージョンを利用したければ
新しいバージョンのソースを入手し、...続きを読む


人気Q&Aランキング