先物売りと空売りの違いを教えて下さい。
株価が暴落するのがわかっている時は空売りするのはわかっています。 この時に空売りではなくて先物売りをしても結果は一緒ではないですか? どちらも今の価格で売って安く買うので同じ気がします。
両者の違いをどなたか教えていただけたら嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

先物って何の先物でしょうか。


○○先物、その○○とはなんぞやをもう少し調べて見てください。

海外では一部の銘柄で個別株先物取引が行われていますが、日本では個別株先物取引は行われていません。

日経225先物とは東証1部上場銘柄の中の225社の指数です。
225社全体の傾向は似かよりますが会社ごとに株価横ばい、下落、上昇、と異なります。

>株価が暴落するのがわかっている時

「分かる」という判断が個別企業の場合は、個別株の空売りとなるでしょう。
 
    • good
    • 0

ひと言で申し上げますと、


「レバレッジ」です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空売りについて

貸借銘柄以外の空売りは、だれが
どのようにして行っているのでしょうか?
一般個人は貸借銘柄以外は空売りができません
しかし、制度信用銘柄、また、制度信用以外でも
空売り残がある銘柄が多数あります
だれが、どのようにして???

そもそも、証券会社自己はなんでもできるのですよね
例のジェイコムの誤発注のときも空売りでか?
証券自己は、信用買い、空売りもするのですか?
金利はどうしているのでしょうか?
証券自己は、現物は手数料なしですよね
でも、信用持ち越しは?

また、証券自己は売り禁銘柄でも空売りできるのでしょうか?
売り禁銘柄で、空売りが増えたりする場面が多々あります
両建ての人が信用買いをはずして、食い合い分の空売りが
相対的に増えて空売り増となるのはわかりますが
その増減高から、それ以外の要素が含まれているように
思えて仕方ありません

また貸借銘柄以外で、ここを売れば大天井で翌日から
下落と感じるときがありますが、個人は空売りでき
なくて、証券自己だけが
空売りできるのは、なんとなくフェアじゃないと思います
空売りには色々とわからないところが多くて勉強中です
よろしくお願いします

貸借銘柄以外の空売りは、だれが
どのようにして行っているのでしょうか?
一般個人は貸借銘柄以外は空売りができません
しかし、制度信用銘柄、また、制度信用以外でも
空売り残がある銘柄が多数あります
だれが、どのようにして???

そもそも、証券会社自己はなんでもできるのですよね
例のジェイコムの誤発注のときも空売りでか?
証券自己は、信用買い、空売りもするのですか?
金利はどうしているのでしょうか?
証券自己は、現物は手数料なしですよね
でも、信用持ち越しは?

また、証券...続きを読む

Aベストアンサー

確かに売禁銘柄でも関係なく売り浴びせてますよね。
日証金の貸借倍率がとんでもない状態(0.1以下)で高い逆日歩が付いていても全くお構いなく売り残を積み上げ、株価が売りの重みに耐え切れず崩落するまで徹底的に売ってきます。

私たち個人投資家は、制度信用取引の仕組みを利用して証券会社から株を借りて貸借銘柄に対してのみ空売りできるのに対して、一部の大口機関投資家は当該銘柄の一般の安定株主(生保など)から名目的に株を借りて空売りしてくるので、制度信用銘柄かどうかは関係ナシです。

また貸している安定株主側も貸し株で手数料収入を得ることを業務化している部署を置いているところもあるらしく、貸し株による手数料収入は増加するが、空売りで保有株式の時価が下落して含み損が増えると言う利益相反関係を生み出している問題がおきていると、今日ラジオ日経で記者が解説していました。

昨年11月株価対策の一環としてネーキッドショート(株式を確保せずに行う空売り)の禁止策が取られましたが、それまでは株を借りていない状態で青天井に空売りを仕掛けていたヘッジファンドもあったみたいです。
全く都合のいい話です。

ただ直近の株式市場は信用売り残高が株数ベースで記録的に積みあがった状態にあり、加えて年度末に向けて正規の株主に借りている株を返す必要があることから、ショートカバー(買戻し)が発生しやすい相場環境にあって、しかもかなり大規模な踏み上げ相場となる可能性もあるとの示唆があります。

確かに売禁銘柄でも関係なく売り浴びせてますよね。
日証金の貸借倍率がとんでもない状態(0.1以下)で高い逆日歩が付いていても全くお構いなく売り残を積み上げ、株価が売りの重みに耐え切れず崩落するまで徹底的に売ってきます。

私たち個人投資家は、制度信用取引の仕組みを利用して証券会社から株を借りて貸借銘柄に対してのみ空売りできるのに対して、一部の大口機関投資家は当該銘柄の一般の安定株主(生保など)から名目的に株を借りて空売りしてくるので、制度信用銘柄かどうかは関係ナシです。

...続きを読む

Q為替先物と原油先物のフォワードカーブの違いについて

こんにちは。
 為替先物と原油先物のフォワードカーブの違いについて質問します、為替先物は、ドル円ですと日米金利差に従って、バックワーデーションしていますが、原油先物はたとえば今年の12月まで高くなって、その後低下していくようなフォワードカーブになっています。コンビニエンスイールドという概念があるのはわかりますが、なぜ、単純なコンタンゴやバックワーデーションにならず、12月だけ高くなったようなフォワードカーブになるのでしょうか?
 先物の価格には、市況の予想は織り込まれないと聞いています。また需給のゆがみがあってもすぐ解消されると聞いているのですが、原油だけ12月だけたかくなるようなゆがみが解消されないのは、原油の現物の需要が、為替に比べて小さいからでしょうか?それとも他の要因でそうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

非常に回答の困難な質問ですが・・・
極論すると、両市場の性質の差が原因だと思います。

為替先物:
取引規模が大きく理論値が両通貨の金利差で計算できる市場です。
従って参加者の全員が長期先物の修練ポイントを理論として共有でき、
世界中の市場で裁定が瞬時に働きます。

原油先物:
これに対して、簡単に言うと原油市場は各限月の売り買いの需給
バランスが決定権を握ります。
基準とすべき理論値が存在しないからです。
この市場は、コモディティーとしては巨大ですが、通常の金融市場に
比べると市場参加者が限られており、理論値で計算できる長期先物の
修練ポイントは非常に不透明です。
従来は長期先物の修練ポイントは、非OPECが油田を新規開発する
場合の原油生産コストとされ、WTI原油で20ドル前後のレベル
でした。それ以上に原油価格が上昇すれば原油生産者は油田を開発し、
そのコストレベルに油価が修練されるというのは、理論としては成り
立っており、原油価格はこの20ドルを支点として、期近の需給が
タイトな場合は期近高=バックワーデーション=、逆の場合は期先高
=コンタンゴ=を形成してきました。
基本的には、98年などの暴落時期を除いては、フォワードカーブは
バックワーデーションの期間が長いのですが、この理由は長くなる
ので割愛。
ところが、昨今、世界的な石油需要の伸びに、油田開発や精製設備拡張
の投資が間に合わない状況が明らかになってくると、長期的に石油燃料を
購入し続ける必要のある需要家=極端な例は、代替燃料のない航空会社=
などが長期的な買いヘッジを行いこれが、期先を期近に近いレベルにまで
引き上げてしまいました。
また、超期先ものが上昇し始めたのを見た、年金ファンドなどの長期資金
運用者たちもこの市場に資金を投入しはじめましたが、彼らの戦略は
「トレンドの買い」であって、一旦購入すると、日々の上下には反応せず
長期保有がメインです。なかなか売りには回りません。
従って、昨今の期先需給は、実需家からも投機家からも、買いニーズは
あるが売りニーズは少ないというのが現状です。

60ドルを超える原油価格ってのは、プロの連中でも誰も経験のない
世界なので、このレベルは、バックやコンタンゴというフォワードカーブ
を語る状況ではないのですが、それでも、9月物より12月物が高値を
つけるのは、一つは9月ものは現物市場では手当てが可能でありパニック
買いをは発生していないこと、もう一つは12月は冬場の真っ盛りであり
北半球の需要地で厳冬になれば需要増加が見込めるためでしょう。

非常に回答の困難な質問ですが・・・
極論すると、両市場の性質の差が原因だと思います。

為替先物:
取引規模が大きく理論値が両通貨の金利差で計算できる市場です。
従って参加者の全員が長期先物の修練ポイントを理論として共有でき、
世界中の市場で裁定が瞬時に働きます。

原油先物:
これに対して、簡単に言うと原油市場は各限月の売り買いの需給
バランスが決定権を握ります。
基準とすべき理論値が存在しないからです。
この市場は、コモディティーとしては巨大ですが、通常の金融市場に
...続きを読む

Q空売りは悪ですか?

株を始めて2年目になります。
信用口座も開設済みで、空売りもよくやります。

掲示板などで、空売りの話をすると、
よく叩かれますが、なぜでしょうか?

今の相場なんかは、まさに空売り天国で、
私もけっこう儲けました。

でもなんか、空売りで利益を得ることが、
正当ではないかのような雰囲気を感じます。

空売りは悪なんでしょうか?

Aベストアンサー

株式投資の場合、基本的には「買う」と言う行為が先にあり、成長が見込まれる企業に株を買うことで出資し、更なる成長を促すことに主眼がおかれているので「空売りは悪」と評されることが多いようです。

日本人特有の考え方なのでしょうが、株などの投資で「楽して儲ける」=「悪(真っ当ではない)」なのでしょう。

投資の手法として信用売りが可能ですので、決して悪では無いと思いますし、ルールに従って投資をしているので他人からとやかく言われる筋合いのものではありませんよね。

Q空売り規制の目的がわかりません。

証券会社での業務を行う際、空売り(借り受け売り)に関して金融商品取引法か何かで

「直近の金融商品取引所の公表する価格(直近公表価格)以下の価格での空売りは禁止」

と決められていますが、これは誰が損をするからしてはしてはいけないのですか?

例えば(以下アップティックルール云々は無視します)

(その1)Aさんが証券会社から100万円分の株券を借りたとします。

(その2)そしてAさんがその株券を市場にて90万円で売る事は禁止。

ということで合ってますか?

もちろんAさんが証券会社に株を返すため買い戻す際それが80万円になってれば得をしますが、

このシーンでは誰が損をするから誰に対して規制しているのですか?

調べた限りでは「その会社の株価が暴落するからAさんに対して規制をする」

という印象を受けましたが疑問が残ります。

Aさんは100万円分の株券を90万円で売る事をして怖くないのでしょうか?

もし順調に値下がりしなかったら大損ですよね。むしろAさんが損をします。

誰が損をするから誰の行動を規制しているのですか?よろしくお願いします。

証券会社での業務を行う際、空売り(借り受け売り)に関して金融商品取引法か何かで

「直近の金融商品取引所の公表する価格(直近公表価格)以下の価格での空売りは禁止」

と決められていますが、これは誰が損をするからしてはしてはいけないのですか?

例えば(以下アップティックルール云々は無視します)

(その1)Aさんが証券会社から100万円分の株券を借りたとします。

(その2)そしてAさんがその株券を市場にて90万円で売る事は禁止。

ということで合ってますか?

もちろんAさんが証券...続きを読む

Aベストアンサー

基本的には売買の対象となる株を発行している会社と、その株を保有している株主の保護が目的でしょうね。
空売りの規制がなければ、その企業の実態に合わない価格で売却することが出来、また実際に所持していない
膨大な空の株を安値で売却し、市場の価格を暴落させて自らに有利な相場を作ることから「価格操作」となる
ことから法的に規制しているようです。
また、現状でそれぞれの国が法律化してまで規制しているのは、株価が乱高下することによる社会不安要素を
取り除いておきたいという意味合いが強いと思います。

>Aさんは100万円分の株券を90万円で売る事をして怖くないのでしょうか?
>もし順調に値下がりしなかったら大損ですよね。むしろAさんが損をします。

もちろん、何でもかんでも空売りで安値で売れば儲かるというものでもありません。
業績が上向いている企業の株で空売りしたところで、若干株価が下がることはあっても、すぐに回復してしま
います。
では、業績が安定していないor下向いている企業ではどうでしょう?
現状でわかりやすい例はJALですかね。
誰もが毎日のニュースでJALが赤字企業で国の支援を必要としているということは知っています。
そんな状況で大量の株が安値で売却されれば、他の投資家は損害を最小限にしようと保有株を売却しようと売
り行動に出て、さらに安値になります。
また株価が下がれば銀行などへの信用が落ちますから、新たな借金が出来なくなったりと資金繰りが悪化し、
企業実績と関係無いにも関わらず倒産してしまう危険もあります。

また、こういった状況を人為的に行おうとするケースもあるかもしれません。
2003年に1人の人間が知人に対して「佐賀銀行が26日に倒産する」といった事実と異なるメールを送り、それ
がチェーンメールとかし、取り付け騒ぎが起こっています。
他にも紀陽銀行が風評被害により取り付け騒ぎが発生し、数日で3000億円の預金が流出した例もあります。
普段であれば信用しないような「噂」であっても、この不況下であれば不安から極端な行動に出てしまうこと
も多いため、空売りをする際に利用されやすいとも言えます。


また、投資家自身を守る意味もあります。
株価が予想に反して上昇した場合、損害が天井知らずになります。
そういった意味でも、量的・質的に投資家自身も保護されていることになります。

基本的には売買の対象となる株を発行している会社と、その株を保有している株主の保護が目的でしょうね。
空売りの規制がなければ、その企業の実態に合わない価格で売却することが出来、また実際に所持していない
膨大な空の株を安値で売却し、市場の価格を暴落させて自らに有利な相場を作ることから「価格操作」となる
ことから法的に規制しているようです。
また、現状でそれぞれの国が法律化してまで規制しているのは、株価が乱高下することによる社会不安要素を
取り除いておきたいという意味合いが強い...続きを読む

Q空売りの極意

空売りで7613シークスと7313TSテックを保有していますが、連日の高騰で大損です。空売りする前は高すぎるな・・と思い空売りしたのですが・・。反省点としては損切りができなかった事、欲張りすぎた事、PBRがまだまだ低い事などが思いつきます。空売りで利益を稼ぐのに確認したほうがいいポイントをご教授していただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も空売りでは、さんざんだったくちですが・・・(^^ゞ

空売りって敵(機関投資家や大口)に丸見えなんですよ、
戦争でいえば、どの程度の部隊規模で、どのような武装をした兵が、どこにどのくらいいるか?が、バレバレってことです。

個人でも日証金を見ればどの程度の空売りが入っているのか推察できるので、ましてやプロには筒抜け同然ではないでしょうかね。

そうすると、大量に資金を動かせる方々は踏み上げられると判断すればねらって買いあがってくるでしょう。逆日歩も付きます。資金的に余裕の無い空売り個人は哀れにも、高値であわてて買い戻すハメになるでしょう。
それで株価は一転、すっ高値に急騰!!

空売りをいれるなら、上記の事は常に気を使わなければなりません。

時価総額が大きく、かつ、浮動株数が多い銘柄をねらう(ちょっとやそっとの買い上げでは、株価が上げられないからです)

貸借倍率の悪化した銘柄をねらう(逆日歩が付きづらいからです)

投資資金を少なくする(多少踏み上げられても踏ん張るためです、元来高値だと判断できるから空売りを入れていると思いますので、不自然な暴騰は長続きしません)

まだまだ注意点はあるかと思いますが、空売りは常に用心が必要なことをお忘れなく・・・・

参考URL:https://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/investment/in04_ondemand.html#skip6

私も空売りでは、さんざんだったくちですが・・・(^^ゞ

空売りって敵(機関投資家や大口)に丸見えなんですよ、
戦争でいえば、どの程度の部隊規模で、どのような武装をした兵が、どこにどのくらいいるか?が、バレバレってことです。

個人でも日証金を見ればどの程度の空売りが入っているのか推察できるので、ましてやプロには筒抜け同然ではないでしょうかね。

そうすると、大量に資金を動かせる方々は踏み上げられると判断すればねらって買いあがってくるでしょう。逆日歩も付きます。資金的に余裕の...続きを読む

Qどうして空売りをしたら、利益がでるのか、わかりません。

どうして空売りをしたら、利益がでるのか、わかりません。
何故なら、ないのにどうして売れるのですか?

Aベストアンサー

ある株を売る予定のない人から株を借りる(例えば1株につき100円を支払う)
→借りた株を大量に、一気に売る
→売り注文が増えたことで、需要と供給の関係から株価が下がる
→株価が下がったことで、株安を嫌う人が手持ちの株を売る
→株価がさらに下がる
→株価が目標の価格まで下がったところで、株を買い戻す(例えば1株あたり80円で買い戻す)
→最初の持ち主に株を返す(1株あたり100円を返してもらう)

こうすることで、最初に預けた100円 - 株を買い戻した80円の差し引き20円が1株あたりの儲けになります。
要は株安に誘導することで個人投資家に狼狽売りを起こさせ、その資産を吸い取る方法です。

Q空売りの50単元の質問

個人投資家が空売りする場合、1銘柄当たり50単元までとありますが、
翌日に同銘柄をまた空売りできるでしょうか?

1日目に1単元1株のA株を50株空売りする。
2日目に1単元1株のA株を50株空売りする(合計100株)。
前日のA株50株は買い戻ししないで持続。

上記の空売りは可能でしょうか?
それとも、違反になるのでしょうか?
教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1です。
すいません、肝心なことを忘れていました。
価格規制についてですが、基本的に現在値を下げるような注文が違反と
なります。細かく言いますと成行注文及び直近価格未満の指値、ただし
直近価格のその前の違う価格が直近価格を上回っている場合です。
後半部分はわかりにくいと思いますので、具体的に言うと、直近価格
(現在値)が100円の時、指値100円の空売り注文はその前の価格が
99円の場合は違反になりませんが、101円なら違反となります。
上記の価格規制が適用されるのは50単元超(51単元から)の注文です。
50単元以下(50単元まで)は適用されませんので、成行でも問題あり
ません。

Q日経225先物と日経225先物miniの前場、後場、夕場の寄付き時の売買について

日経225先物、日経225先物miniの
前場、後場、夕場の寄付き時の売買について質問です。

ザラバではテクニカル分析等検討しつつ
なんとか少し利益を出せたりしますが
寄付(とくに前場の)はとにかく動きも早いので、
恥ずかしながら、今の私は完全にコインを投げて裏表を当てることに
等しい売買しかできません。

寄り付きにうまく売買ができればかなり利益を上げられると
思います。寄り付きにうまく売買されている方、
各場寄付売買に関し毎回チェックしている情報や
実際の売買におけるコツ等がありましたら
教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>各場寄付売買に関し毎回チェックしている情報や実際の売買におけるコツ等がありましたら教えてください。

参考になるかどうか判りませんが、私の場合は、日経平均採用銘柄の各社気配値を参考にしておりますが…。

証券会社が提供しているRSSを使ってエクセルに225社の気配値を取り込み、各社のみなし額面に変換、そして日経平均除数の24.656を使えば、寄付き前の動きが判ります。

また、気配値だけでなく、RSSで現在値を引っ張ってくれば、1分毎に公表されている日経平均ではなく、秒単位での値段も計算できるので現物に引っ張られて先物が動く時などには重宝してますが…。

同じ事が出来るソフトを探してみましたが、やはり株価の取得の問題からか、汎用のソフトは見つかりませんでしたので、ご自分で作ってみるしかないかも知れませんね。

Q空売り規制の意味

株価下落抑制のために空売り規制をするということですが、空売り規制は抑制になるのでしょうか。

東1などの優良銘柄はほぼ貸借銘柄です、なので株価下がっても空売りの買戻しなどで株価が一方に振れない、安定した値動きになるいるともいます。

それが、空売りがなくなると、新興銘柄のように下落するときは一方通行になってしまうのではないでしょうか。

そもそも空売りはヘッジのために作られたものですよね、それを規制するということはヘッジなしの相場、投資家にリスクの増える環境になってしまうのではないでしょうか。

空売りができないなら、最初から買わないということにならないでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは、べつに普通の空売りを禁止しているのではありません。
大口のヘッジファンドなどが所謂「売り崩し」に使う、株価の手当もない架空の株式を売り立てる事を禁止するだけです。
ですから、普通の投資家が手持ちの株式の分だけを空売りしておく分にはなんら問題は無いかと思います。
そもそも、短期的にこの世に数量的に有りもしない株式を売れる事自体が、までポーカーのようで問題ではないかと思いますけれど。
流動性流動性とのたまうのは、空売りを提供して手数料を稼いでいる証券会社などからのアナウンスがほとんどで、普通の人は手持ちを売れば良いだけで、売るに売れない株式を保有している関係者などはごく少数で、それらの人が必ず空売りを入れている分けでは有りませんし、空売りを多数の会社が入れてたとすれば、現在発表たけなわの決算で、保有証券の評価損なんて無い訳ですからね。
だいたいヘッジファンドは最近出来立てで、空売りは500年も前から存在していたようですし。
まあ、反対に手当てしなければ売れない状態ならあり得ない、有りもしない株券を大量に売る事が出来るそのおかげで、ジェイコム事件のように大きく儲けた人もいますけれど。

こんにちは、べつに普通の空売りを禁止しているのではありません。
大口のヘッジファンドなどが所謂「売り崩し」に使う、株価の手当もない架空の株式を売り立てる事を禁止するだけです。
ですから、普通の投資家が手持ちの株式の分だけを空売りしておく分にはなんら問題は無いかと思います。
そもそも、短期的にこの世に数量的に有りもしない株式を売れる事自体が、までポーカーのようで問題ではないかと思いますけれど。
流動性流動性とのたまうのは、空売りを提供して手数料を稼いでいる証券会社などからの...続きを読む

Q国債先物と債券先物CFDとの違いは?

(ミニ)国債先物をショートしたいのですが、取り扱っている大手の証券会社が見つかりません。
仕方なく、債券先物CFDをしてみようかと思っておりますが、この両者の違いは何でしょうか。
仮に国債が暴落し、証券会社が潰れた場合も、元本は保全されるのでしょうか。

Aベストアンサー

>(ミニ)国債先物をショートしたいのですが、取り扱っている大手の証券会社が見つかりません。

「インタラクティブ・ブローカーズ証券」が扱っていたと思いま。
東証ではなく、たしかシンガポール証券取引所(SGX)の先物のはずですが。

『インタラクティブ・ブローカーズ証券』
http://www.interactivebrokers.co.jp/jp/main.php

>債券先物CFDをしてみようかと思っておりますが、この両者の違いは何でしょうか。

債券先物は「取引所取引」、CFDはCFD業者と顧客との「相対取引(店頭取引)」という違いがあります。
※FXもCFDの一種です。

>仮に国債が暴落し、証券会社が潰れた場合も、元本は保全されるのでしょうか。

○「取引所取引」の場合

「取引所取引」の場合は「証券会社」は顧客の注文を取り次ぐ単なる仲介業ですから建てているポジションや証拠金は取引所のルールによって管理されます。

ただし、単なる預かり金の場合は取引所は関係がありませんので日本の証券会社が破綻で足を出したら「投資者保護基金」のお世話になることになります。

『金融機関破たん時の金融商品の保護について』
http://www.shiruporuto.jp/finance/kinyu/hyakka/hk1401.html

○CFD(相対取引)の場合

CFDは証券会社以外でも扱っています。

前述のとおりCFDは相対取引ですから「原則」保障はありません。

顧客資産やポジションをどう管理するかは業者ごとに違っています。
厳格に顧客資産を管理しているところなら預り金だけでなく「含み益」まで考えて管理をしているはずですが明確なルールはありません。
そこが「相対取引」の特徴です。

いずれにせよ日本国債が本当に暴落したら金融システム全体が大混乱を起こしますので、上記の説明も「金融システム自体が破綻しなければ」という条件付きです。

(参考)

『相対取引』
http://www.exbuzzwords.com/static/keyword_1380.html
『取引所取引とは?』
http://fx-iiyone.seesaa.net/article/22250294.html
『外国為替証拠金取引(FX)には「店頭取引」と「取引所取引」の2通りがある』
http://moneykit.net/visitor/sbfx/first_fx03.html

『カバー取引とは』
http://www.finance-dictionay.com/2009/10/post_430.html

※不明点、間違いなどありましたらご指摘ください。

>(ミニ)国債先物をショートしたいのですが、取り扱っている大手の証券会社が見つかりません。

「インタラクティブ・ブローカーズ証券」が扱っていたと思いま。
東証ではなく、たしかシンガポール証券取引所(SGX)の先物のはずですが。

『インタラクティブ・ブローカーズ証券』
http://www.interactivebrokers.co.jp/jp/main.php

>債券先物CFDをしてみようかと思っておりますが、この両者の違いは何でしょうか。

債券先物は「取引所取引」、CFDはCFD業者と顧客との「相対取引(店頭取引)」という違いがあ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報