ciscoルーのshow interfaceでCRC errorのカウントを確認できますが、これはどのような時に発生するのでしょうか。また、1や2カウントアップしても、上がり続けなければ、特に問題ないものでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

CRCエラーと言うのはパケット中にビット誤りが見つかると1カウントです。


多少は有っても再送で修正されますが多いと通信速度低下の要因になります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qmultiple definitionというエラー

現在Ubuntu LinuxのgccでC言語のプログラムをやっています。

https://sourceforge.jp/projects/cc1101driver/scm/svn/blobs/2452/trunk/20140411/code.h

このツリーのcode.hに ”const sig_code2_t PVC_TCP_SIG_CODE[100] = {” というコードを追加してmakeを行うと次のようなエラーが出て実行ファイルが出力されません。



(エラー内容)

---------------(中略)-----------------
gcc -o exe main.o event.o env.o audio.o task.o comm.o menu_show_status.o mount.o net.o misc.o -lpthread
event.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
env.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
audio.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
task.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
comm.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
mount.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
net.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
misc.o:(.rodata+0x0): multiple definition of `PVC_TCP_SIG_CODE'
main.o:(.rodata+0x0): first defined here
collect2: error: ld returned 1 exit status
make: *** [exe] Error 1






この const sig_code2_t PVC_TCP_SIG_CODE[100] = {をコメントアウト正常にビルドできるのですが、




この問題を解決するにはどうすれば良いのかご教示頂きますようお願い致します。

現在Ubuntu LinuxのgccでC言語のプログラムをやっています。

https://sourceforge.jp/projects/cc1101driver/scm/svn/blobs/2452/trunk/20140411/code.h

このツリーのcode.hに ”const sig_code2_t PVC_TCP_SIG_CODE[100] = {” というコードを追加してmakeを行うと次のようなエラーが出て実行ファイルが出力されません。



(エラー内容)

---------------(中略)-----------------
gcc -o exe main.o event.o env.o audio.o task.o comm.o menu_show_status.o mount.o net.o misc.o -lpthread
event.o:(.rodat...続きを読む

Aベストアンサー

お約束の「ヘッダに実体を定義してはいけない」ってヤツです。

code.hに記述した内容はall_includes.hに適用されます。
all_includes.h内で#include "code.h"していますからね。

で、all_includes.hの内容はそれぞれ
audio.c、comm.c、env.c、event.c、main.c、misc.c、mount.c、net.c、task.cに適用されます。
つまり、code.hに記述した内容も
audio.c、comm.c、env.c、event.c、main.c、misc.c、mount.c、net.c、task.cに適用されます。
それぞれのオブジェクトファイルにPVC_TCP_SIG_CODE[100]が存在します。

リンクする段階でどのオブジェクトファイルのPVC_TCP_SIG_CODE[100]を使用したらいいのでしょうか?????
というエラーです。

extern宣言して、実体をどこかのソースファイルのみに記述する。
というのが一般的な対処方法です。
# static宣言にすればとりあえずリンクは通るかもしれませんが…無駄が出ますねぇ。
# 今回はconstなので、メモリに無駄が出るだけ…で済むかと思われますが。
http://d.hatena.ne.jp/saitodevel01/20110321/1300685958

お約束の「ヘッダに実体を定義してはいけない」ってヤツです。

code.hに記述した内容はall_includes.hに適用されます。
all_includes.h内で#include "code.h"していますからね。

で、all_includes.hの内容はそれぞれ
audio.c、comm.c、env.c、event.c、main.c、misc.c、mount.c、net.c、task.cに適用されます。
つまり、code.hに記述した内容も
audio.c、comm.c、env.c、event.c、main.c、misc.c、mount.c、net.c、task.cに適用されます。
それぞれのオブジェクトファイルにPVC_TCP_SIG_CODE[100]が存在します。...続きを読む

QCiscoルータのシリアルインタフェース

CCNAの勉強で2600と3600シリーズを使用してシリアル接続を実現しようと思っています。
DCEとDTE通信を可能にする場合ルータのモジュールとケーブルはなにが必要となりますでしょうか?
http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/service/tac/534/17-j.shtml
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2600と3600シリーズを使用してシリアル接続をしたいのですかね。

#1の補足にあったケーブルは、同期シリアルポート同士の直結で使用するタイプのものです。
このときに使用するのが俗に言うクロスケーブルです。
ただし、『DB60 - DB60 クロスケーブル』なので、両端のルータにこのケーブルを接続できるシリアルインターフェイスが必要です。

この接続の場合、DTE同士の直結なので厳密には『DCEとDTE通信』とは異なります。
# CCNAの勉強なら充分な環境だと思いますが。

予算が不明なので、最も安い方法だけ紹介しておきます。
AUXポート同士をロールケーブルでの接続です。
PPP等設定を適切に行うと通信が可能になります。
(多少設定には苦労しますが・・・・)

Qbear the definitions

bear the definitions
という場合、このbearはどういう訳となるのでしょうか?


Bold and capitalized terms not defined herein bear the definitions in the Competition Packet.
という文で使われていました。

「ここで定義していない太字と大文字表記は、Competition Packetに定義されている」という意味でしょうか?

Aベストアンサー

yes

Qciscoルータのアップリンク

ネットワークの構成について勉強しています。

クライアント-ciscoのスイッチ--ciscoのルータ--インターネット

という図で考えていました。
あまりに簡単な構成ですいません。
もっといろいろ間に入ると思いますがお許しください。

最近では1Gぐらいのスピードを事業所内で出す事も可能かと思います。
つまりクライアント--スイッチ間を1000BASEで運用することです。

それならば、
1.スイッチ--ルータ間はSFPなどを利用し、10Gぐらいで結ぶのでしょうか。
2.ルータ--インターネット間も10Gぐらいで結ぶのでしょうか?
3.2の時は光になると思うのですが、ルータからインターネットにつなぐ時もう一台ぐらい機器を挟む必要があると思うのですが、ONUとかになるのでしょうか。この点が一番わかりません。

もし、具体的に回線はメタル・光とかまで詳細に書いてあるWEBがあれば教えてください。
どうぞよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

御質問に回答致します。

1.スイッチ--ルータ間はSFPなどを利用し、10Gぐらいで結ぶのでしょうか。
 ⇒ルータの先にインターネットとありますが、そんなに大きなデータのやり取りをインターネットと頻繁にしているのですか?

外部ネットワークとそれほど通信をしないなら、10Gにする必要はないと思います。

社内でのデータ通信が多いなら、スイッチとクライアント間だけ、1000BASEにした方がいいのではないでしょうか。

2.ルータ--インターネット間も10Gぐらいで結ぶのでしょうか?
 ⇒上に同じです。

3.2の時は光になると思うのですが、ルータからインターネットにつなぐ時もう一台ぐらい機器を挟む必要があると思うのですが、ONUとかになるのでしょうか。この点が一番わかりません。答します。

 ⇒サービスプロバイダに聞きましょう。
  いろいろ教えてくれますよ。

  http://flets.com/company/

Qウィンドウズのアップデートで10月20日に、Definition Up

ウィンドウズのアップデートで10月20日に、Definition Update for wWindows Defender-KB015597(Definition 1.93.26.0)が2回インストールされましたが、そのあとにもう一つ「更新プログラムをインストールしています(50パーセント完了)」とありますが、今日で3日連続表示され、インストールが進みません。なにか解決方法はないでしょうか?PCは初心者クラスです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>今日で3日連続表示され、インストールが進みません。
ちょっと状況がつかめません。
毎日の起動時に同じ内容が表示されることが3回続いた、ということでしょうか。それとも、72時間の間ずっと「(50パーセント完了)」の状態なのでしょうか。

前者なら
http://menushowdelay.blog13.fc2.com/blog-entry-523.html
とその中のリンクを。
後者なら、とりあえず再起動しましょう。

QCiscoルータでのトラフィック分析の方法

ネットワーク設計を勉強中のものです。

既存ネットワークの記録を取るために、トラフィック分析を行うのですが、
使用する機能は、
Cisco NetFlow & CDP
Cisco NetFlow & MRTG
と2通りしかなかった場合は、どちらを選択しますか?
ネットワークは全てCisco製とします。

また、MRTGというのは、ネットワークトラフィックをグラフ化する、解析ツールと理解しても良いんでしょうか?

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あぁ、なるほど。

どこかで、聞いたことがある問題&選択肢だと思っていたんですが、
実際の話じゃなくて、CCDAの試験問題って事ですね。


下記URLの「QUESTION NO: 7」に回答があります。

なお、設問では、「CISCOルータの機能で」となっているので、
NetFlow & CDP 以外の選択子が残りません。


各選択肢の概要です。
・MRTG
グラフ化ツール
・NetMon
WindowsNT,2000Server等に付いているネットワークモニタツール
・NetFlow
言わずと知れた、NetFlow
・CDP
Cisco Discovery Protocol 隣接NW装置に認識させるためのプロトコル
・SNMP MIBコンパイラ
MIB定義ファイルからCソースコードを生成するソフトウェア


蛇足ですが、
CCNA、CCNP等の試験問題を1日1件メール送信してくれるサイトがあります。
http://jibun.atmarkit.co.jp/scenter/ittrain/index.html

頑張ってください。

参考URL:http://www.examnotes.net/archive32-2003-12-1026616.html

あぁ、なるほど。

どこかで、聞いたことがある問題&選択肢だと思っていたんですが、
実際の話じゃなくて、CCDAの試験問題って事ですね。


下記URLの「QUESTION NO: 7」に回答があります。

なお、設問では、「CISCOルータの機能で」となっているので、
NetFlow & CDP 以外の選択子が残りません。


各選択肢の概要です。
・MRTG
グラフ化ツール
・NetMon
WindowsNT,2000Server等に付いているネットワークモニタツール
・NetFlow
言わずと知れた、NetFlow
・CDP
Cisco Discovery Protocol ...続きを読む

QOn Error GoTo でエラーが発生する

Sub Macro1()

On Error GoTo ErrorTrap1
    '-エラーの発生するコード 1

ErrorTrap1:

On Error GoTo 0

   Do
   On Error GoTo ErrorTrap2
      '-エラーの発生するコード 2
   On Error GoTo 0
   Loop

ErrorTrap2:

End Sub

しかし、以下のようにSubで二つに分けるとエラーは出ません。

Sub Macro1()

On Error GoTo ErrorTrap1
    '-エラーの発生するコード 1

ErrorTrap1:

On Error GoTo 0

Call Macro2

End Sub
Sub Macro2()

    Do
     On Error GoTo ErrorTrap2
      '-エラーの発生するコード 2
    On Error GoTo 0
    Loop

  ErrorTrap2:

End Sub

「On Error GoTo 0」がうまく解除できていないのかと思い、いろいろ試してみました。
しかし、どういった理由かはわかりませんでした。
「On Error GoTo」は、Subでは、ひとつしか使えないのでしょうか。

Sub Macro1()

On Error GoTo ErrorTrap1
    '-エラーの発生するコード 1

ErrorTrap1:

On Error GoTo 0

   Do
   On Error GoTo ErrorTrap2
      '-エラーの発生するコード 2
   On Error GoTo 0
   Loop

ErrorTrap2:

End Sub

しかし、以下のようにSubで二つに分けるとエラーは出ません。

Sub Macro1()

On Error GoTo ErrorTrap1
    '-エラーの発生するコード 1

ErrorTrap1:

On Error GoTo 0

Call Macro2

End Sub
Sub Macro2()

    Do
     On Error G...続きを読む

Aベストアンサー

エラー処理の中でOn Error GoToを記述することはできません。


エラー処理の基本的な構造は、

Sub Macro1()

On Error GoTo ErrorTrap1
    '-エラーの発生するコード 1
On Error GoTo 0

Exit Sub

ErrorTrap1:
  'エラー処理
  Resume Next

End Sub


エラー処理が2つある場合は、

Sub Macro1()

On Error GoTo ErrorTrap1
    '-エラーの発生するコード 1
On Error GoTo 0

Do
  On Error GoTo ErrorTrap2
    '-エラーの発生するコード 2
  On Error GoTo 0
Loop

Exit Sub

ErrorTrap1:
  'エラー処理1
  Resume Next

ErrorTrap2:
  'エラー処理2
  Resume Next

End Sub


Resume Next でエラーが発生した行の次の行から再開します。
Resumeには他の構文もありますので、調べてみてください。

エラー処理の中でOn Error GoToを記述することはできません。


エラー処理の基本的な構造は、

Sub Macro1()

On Error GoTo ErrorTrap1
    '-エラーの発生するコード 1
On Error GoTo 0

Exit Sub

ErrorTrap1:
  'エラー処理
  Resume Next

End Sub


エラー処理が2つある場合は、

Sub Macro1()

On Error GoTo ErrorTrap1
    '-エラーの発生するコード 1
On Error GoTo 0

Do
  On Error GoTo ErrorTrap2
    '-エラーの発生するコード 2
  On Error GoTo 0
Loop

Exit Sub

...続きを読む

Qciscoルータ892JのDNSサーバ設定について

ルータに関して初心者です。
勉強をかねてcisco892Jルータの設定を行っています。
画像にあるように、892JのスイッチングポートにVlan10とVlan20を割り当てています。
Vlan20は内部ネットワークとしてクライアントを接続し、892JのDHCP機能によりプライベートIPアドレスを割り当てています。
Vlan10はDMZに設定し、外部に公開するWebサーバを配置しています。
892JにはグローバルIPアドレス133.**.**.**を設定し、Webサーバの名前はwww.aaa.bbb.jpとします。
上位ルータからは、133.**.**.**の属するネットワーク宛ておよびaaa.bbb.jp宛てのパケットが転送されます。
このとき、外部から133.**.**.**およびwww.aaa.bbb.jpでWebアクセスがあった場合にWebサーバのトップページが表示されるよう、DNSの設定を行いたいです。

いくつかのサイトなども参考にしたのですが、よくわからないので、教えてください。
現状、クライアントから外部へはNAT機能を用いてWebアクセスなどが可能な状態です。

ルータに関して初心者です。
勉強をかねてcisco892Jルータの設定を行っています。
画像にあるように、892JのスイッチングポートにVlan10とVlan20を割り当てています。
Vlan20は内部ネットワークとしてクライアントを接続し、892JのDHCP機能によりプライベートIPアドレスを割り当てています。
Vlan10はDMZに設定し、外部に公開するWebサーバを配置しています。
892JにはグローバルIPアドレス133.**.**.**を設定し、Webサーバの名前はwww.aaa.bbb.jpとします。
上位ルータからは、133.**.**.**の属するネットワーク...続きを読む

Aベストアンサー

> このとき、外部から133.**.**.**およびwww.aaa.bbb.jpでWebアクセスがあった場合にWebサーバのトップページが表示されるよう、DNSの設定を行いたいです。

DNSの設定であれば、aaa.bbb.jpのドメインを管理しているDNSサーバがどこにあるのかわかりませんが、
「www.aaa.bbb.jpのAレコードは133.**.**.**」という情報をそのDNSサーバに設定するだけです

ルータ(Cisco892J)の設定はDNSとは関係ありません

Qステレオミキサーの「realtek high definition a

ステレオミキサーの「realtek high definition audio 6.0.1.5490」より新しいバージョンのものはありますか?更新したいので。

Aベストアンサー

こんばんは。

現状ですと、[R2.47]の"6.0.1.6083"が最新のようです。
RealtekのOHPからダウンロードできます。
http://www.realtek.com.tw/downloads/downloadsCheck.aspx?Langid=4&PNid=24&PFid=24&Level=4&Conn=3&DownTypeID=3&GetDown=false

Qルータについての質問です。

ネットワークにおいて、ルータをルータ専用機として利用するのと、サーバをルータとして利用する違いが分かりません。
また、セキュリティーに強いのはどちらの構成でしょうか?
ご存知の方どうかお教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昔話を少々。

その昔、wwwが流行る以前のネットワークは、UNIXサーバが外部ネットワークとつながるルータの役割をしていました。

64k/bps接続や常時接続なんて、大企業の一部でしか効果で手が出ない時代の話しです。
9600bpsなんて高速な部類でした。
(常時接続かつ数10Mbpsの回線なんて使えるのは企業の基幹NWぐらいでした)

その頃から、UNIXマシンは安価なルータとしても使用されていました。
従って、サーバ管理者=NW管理者であることが多かったです。

最近になって、高速回線の低価格化やパフォーマンスが要求されるようになり、
専用機の需要が増え、複数のプログラムを同時に動かすサーバはセキュリティや管理の複雑さ等の理由でルータとしては使用されなくなってきました。

回答としては、パフォーマンス/セキュリティ/価格で専用機の方が有利であることは間違えありません。

ただ、容易/安価になった半面、人の知識/技術が不要になり、
(昔は)当り前立った事を知らずに使って、
痛い目に合う人も増えて来ているようですね。

昔話を少々。

その昔、wwwが流行る以前のネットワークは、UNIXサーバが外部ネットワークとつながるルータの役割をしていました。

64k/bps接続や常時接続なんて、大企業の一部でしか効果で手が出ない時代の話しです。
9600bpsなんて高速な部類でした。
(常時接続かつ数10Mbpsの回線なんて使えるのは企業の基幹NWぐらいでした)

その頃から、UNIXマシンは安価なルータとしても使用されていました。
従って、サーバ管理者=NW管理者であることが多かったです。

最近になって、高速回線の低価格化やパ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報