<村上龍の若き頃の写真> 村上龍は、昔ヒッピーだったそうですが、その頃の写真ってどこかのサイトなんかに載っていませんか? ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No2です。


もうひとつありました(上の写真の方)。こっちの方が写りが良いかも。
「限りなく透明に近いブルー」で主人公である村上龍を演じた俳優の三田村邦彦さんには似ていません。

参考URL:http://www.aivy.co.jp/BLOG_TEST/kobakoba/archive …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
多分、これが、最古(?)のものなのでしょうね。
満足致しました。。

お礼日時:2011/05/02 10:41

検索してみたらありました。

中国語のサイトのようなので内容は私にはちっとも分かりませんが、「文學成就」と言う所にある写真(下から3番目になる写真です)が若いときの村上龍さんです。
当時、対談で、髪が長くて小さかったからよく女に間違えられたと言っていたので、可愛い顔の人を想像していたのですが、文庫本に載っていた写真を見て、間違われるわけないだろと思ったことを覚えています。
私も、彼はヒッピーではなかったと思うのですが、あまり自信はありません。

参考URL:http://jp.mv-blog.org/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E9%BE%8D/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/02 10:42

え、そうなんですか。


ヒッピーといのは違うのでは?
(もしかしたら本人の弁かもしれませんが)

わたしは「限りなく・・」の新人賞のときに新聞に載った近影をよく覚えてますけど、
ヒッピーというよりフォークの人という感じでしたよ。
長髪を真ん中わけして、いかにもラッパズボンを穿いていそうな。
少なくとも1976年当時ではお洒落な大学生の部類ではなかった事は、確かです。
顔見て、あ、だめだなこの人は、と思ったのでよく覚えています。

その後、何がどう一大変化したのか「テニスボーイの憂鬱」からみるみる変わって来て。
雑誌「ブルータスでもてはやされ、リューズバーなどと自分の番組持って、
一時は大ファンだったことがありました。

その後、あんまりこの国この国いうから、バカらしくなったのと、
年取ってメロメロ調と変態SM調のブレンドだけが主流になったので今は読んでいません。
ラブ&ポップが最後の良作でしたね。
今は興味ない、っていうか「おとなのやさしさ」仕掛けの大トリックで子供を幻惑させる詐欺師みたいで、
変な奴かも。

すいません、質問に事寄せて全然回答じゃなく、意見をいってしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。。。
写真ありませんかね。。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/27 09:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q村上龍の若き頃の写真

<村上龍の若き頃の写真> 村上龍は、昔ヒッピーだったそうですが、その頃の写真ってどこかのサイトなんかに載っていませんか? ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No2です。
もうひとつありました(上の写真の方)。こっちの方が写りが良いかも。
「限りなく透明に近いブルー」で主人公である村上龍を演じた俳優の三田村邦彦さんには似ていません。

参考URL:http://www.aivy.co.jp/BLOG_TEST/kobakoba/archives/001742.html

Q昔に出ていた写真集なんですが・・・。

昔出ていた写真集で、女の人を死体みたいに撮る人の写真集を探しています。
何も覚えてないので、情報これだけなんですが、風の噂で真偽の程は分かりませんが、出版社がつぶれたという話も聞きます。
撮ったのは誰だったかだけでも、どんな小さな情報でも結構です。
ご存知の方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

書 名:死体のある20の風景
著 者:伊島薫
出版社:光琳社出版
ISBN :4-7713-0359-2
発行日:1999年2月
価 格:3,800円
取寄せ不可
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=30502039





http://www.asahi-net.or.jp/~dp5h-tn/pa99.html
http://www.ne.jp/asahi/haru/doll/favorite/art/sitai.htm
http://www.ya.sakura.ne.jp/~idkhouse/mani/book/book.htm
http://www.atc.ne.jp/seikindo/zenshitai.htm

http://shopping.yahoo.co.jp/books/
で、著者:伊島薫 で検索。

参考URL:http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=30502039,http://www.ne.jp/asahi/haru/doll/favorite/art/sitai.htm

書 名:死体のある20の風景
著 者:伊島薫
出版社:光琳社出版
ISBN :4-7713-0359-2
発行日:1999年2月
価 格:3,800円
取寄せ不可
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=30502039





http://www.asahi-net.or.jp/~dp5h-tn/pa99.html
http://www.ne.jp/asahi/haru/doll/favorite/art/sitai.htm
http://www.ya.sakura.ne.jp/~idkhouse/mani/book/book.htm
http://www.atc.ne.jp/seikindo/zenshitai.htm

http://shopping.yahoo.co.jp/books/
で、著者:伊島薫 で検索。

参考URL:h...続きを読む

Q村上龍さんの小説で性やドラッグを扱っていない小説はどれですか?

村上龍さんの「はじめての文学」という本の中の
「希望の国エクソダス」というのが面白かったので、
村上龍さんの小説を最初から読もうと思い、
「限りなく透明に近いブルー」を読み始めましたが、
性とドラッグの描写が生々しく、あまり入り込めません。

村上龍さんの小説の中で、性とドラッグを扱っていないもの、
「希望の国エクソダス」みたいな小説はどんなものがありますか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

村上龍さんの小説は、「希望の国のエクソダス」のような社会経済をメインに扱ったものと、
性やドラッグなどの社会風俗が多く使われているものと、
パターンがわりとはっきり分かれていると思います。

ota1978さんが読みたいタイプの小説は、
「愛と幻想のファシズム」→「希望の国のエクソダス」→「半島を出よ」
の流れで、出版されているという感じかと思います。
「希望の国のエクソダス」を読んだときは、「愛と幻想のファシズム」の
現代版だなあと思った記憶があります。
それから、私は読んでいないのですが、
「五分後の世界」とその続編の「ヒュウガ・ウィルス」も
似たタイプの小説ではないでしょうか。

「長崎オランダ村」や「共生虫」などもたしか性的な場面はでてきませんが
「希望の国のエクソダス」とは少しちがうカテゴリかもしれません。
(読んでみれば、面白いとは思います)

私も記憶が定かではないので、参考までに。

Q2008年頃から2009年頃にみかけた、漫画雑誌の名前を思い出す事がで

2008年頃から2009年頃にみかけた、漫画雑誌の名前を思い出す事ができずにいます。
○一般に良く知られている雑誌とかではないと思います。(勝手なイメージですが、ITANというコミック雑誌のような感じです)
○連載物が大半だったと思います。
○創刊されてすぐの頃だったと思います。
○季刊誌のように思います。
○掲載漫画が、オフィシャルページで数ページ試し読みできたのですが、覚えているのは、メガネ女子の運転する自転車の後ろに少年が乗っていて、叫んでいるような場面が数ページあったという事だけです。

上記の試し読み以外の記憶は、全てがそうだったかも…という程度の物なのです。非常に曖昧な情報ですが、このような漫画雑誌に多少でも心当たりがございましたらどうかお助け下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2008年創刊の季刊誌だと
・fellows!
http://www.enterbrain.co.jp/fellows/index.html

Q中学生の読書感想文で村上龍

「13歳のハローワーク」
「半島を出よ」
を読んで村上龍が大好きになった中1の男子です
村上龍作品を読書感想文でを書こうと思うのですが
まだ上の二作しか読んでいません
中学生が読書感想文に書くに相応しい
村上龍の作品を誰か教えて下さい

Aベストアンサー

私も、No.2さんと同様、セクシャルな表現が多いものは
避けたほうが無難じゃないかな~、と思いました。

既出ですがオススメは

「69」
映画化もされたばかりですし、周りの理解も得やすいかな?と。
青春!ってお話なので共感しやすいと思います。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087496287/qid=1122254427/sr=1-15/ref=sr_1_2_15/249-6288063-5225964

「希望の国のエクソダス」
中学生が大人たちの力を必要とせず、自分たちだけで事を始めるお話です。
最終的には通貨も作ってしまいます。
経済のことなど難しい部分もありますが、
面白く読んでいるうちに興味が出てくるかもしれませんよ(^^
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167190052/qid=1122254427/sr=1-16/ref=sr_1_2_16/249-6288063-5225964

あとは、
「走れ!タカハシ」
感想文にするには短編集なので難しいかもしれませんが、
中~高校生に読んでもらいたいな、と思います。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406184444X/qid=1122254919/sr=1-32/ref=sr_1_2_32/249-6288063-5225964

個人的には「ヒュウガウイルス~5分後の世界」
なんかも好きなんですけどね~(^^

私も、No.2さんと同様、セクシャルな表現が多いものは
避けたほうが無難じゃないかな~、と思いました。

既出ですがオススメは

「69」
映画化もされたばかりですし、周りの理解も得やすいかな?と。
青春!ってお話なので共感しやすいと思います。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087496287/qid=1122254427/sr=1-15/ref=sr_1_2_15/249-6288063-5225964

「希望の国のエクソダス」
中学生が大人たちの力を必要とせず、自分たちだけで事を始めるお話です。
最終的には通貨も作ってしま...続きを読む

Q村上氏の新作読んだ方へ

村上春樹氏の新作読んだ方、ぜひご感想を!

書評があまりないので、買うかどうか迷っております。

できれば、以下の基準で。

5⇒値段以上の価値あり
4⇒値段の価値アリ
3⇒普通
2⇒ん~~…
1⇒文庫本になるまで待った方がいい

Aベストアンサー

最低の選択肢が「文庫本になるまで待った方がいい」ですか。
ということは「読みたい」は揺るがぬ大前提で、かつ、
最低でない限り、できれば今すぐ読みたい、ということですよね。
だったら今すぐお読みになるのが精神衛生上よろしいのでは。

ハルキストのヨメに借りて読んだ僕の感想:まあまあ。

興奮の度合いで言えば「進撃の巨人」の足元にも及びませんが、しかも
「一言確認すれば防げたはずのすれ違い」が軸になってるという意味で、
はなはだテレビドラマっぽくて御都合主義な感じがするのですが、
それはそれとして、ぐっと来るものはありました。
あと、全体がチョーわかりやすいです。
どういう話だった? と聞かれたら、1分で簡単に説明できます。
その点、「世界の終わりと」とかとはぜんぜん違います。

村上春樹は基本的に「失ったものはもう二度と戻って来ない」という
喪失感を書くひとだと思うのですが、「多崎つくる」を読んで、たぶん
初期の村上マジックはもう二度と戻って来ないんだなー、と思いました。

あと、名古屋生まれの私見として、名古屋出身なら買いです。おもしろい。

Q村上龍の作品でお気に入り・お勧めは

私は村上龍氏と同郷で高校の後輩です。
社会人になって東京に住んでみたら、よく村上氏のことを聞かれたものでした。

これまで氏の作品で読んだことのあるものは「69」「走れタカハシ!」「長崎オランダ村」、いくつかのエッセイです。

ここでお聞きします。

村上龍の作品であなたのお気に入り・お勧めをお教えくださいませ。

その理由や思い出にについてもよろしければお願い致します。

Aベストアンサー

delaさん、こんにちは。

 村上龍、いいですね。おススメはきりがないほど。

『五分後の世界』
 パラレルワールドもののSF仕立てですが、そこには古き善き日本人への憧憬と愛情がいっぱいです。

『イン・ザ・ミソ・スープ』
 背筋も凍りつくような犯罪小説ですが、それだけではない深いものを内包しています。

『限りなく透明に近いブルー』
 この作品が芥川賞を獲った時は驚きました。情痴小説のようにも読めますが、そこには悲しみの通奏低音が流れているようです。

 とりあえず、日本人らしく3点挙げてみました。

Q村上春樹の「1Q84」が大人気な件 (´・ω・`)

図書館で借りようとしたところ、1702人が予約待ちであるようです。恐ろしいことです。

1703番目になるのが嫌なので、おとなしく買って読もうと思います。一時の品薄は解消されましたか。普通に買えますか。

Aベストアンサー

家の近くの本屋3店では普通に売ってました
図書館で前に待ち300人程度っての見て驚きましたけど
1702人って凄いですね、本を借りるのに何年かかるやら

Q村上龍に影響を与えたのは誰?

村上龍に影響を与えたのは誰?
村上龍って誰に影響を受けてるのかがわかりにくい気がします。
ご存じの方、教えてください。

Aベストアンサー

三島由紀夫、フォークナー、バロウズ、パトリック・ジュースキント

Q村上春樹さんのよさはどこでしょう?

村上春樹さんのノルウェイの森を読みました。
村上春樹さんは非常に有名で、このカテゴリーでもファンの方は多いようですが、
彼の小説のどのようなところが好きなのでしょうか?

非難するつもりではなく、単純にその魅力を具体的な言葉で知りたいのです。

ノルウェイの森しか読んでませんが、
私の感想では、、。
まず、主人公の人格ですが、あまり魅力が無いように思います。
実際にいても、友達が出来ず、人望も無いのでは?
と思ってしまうほどに感じます。
また、相手の女性方も、全員とは言いませんが、魅力に欠けます。

無くてもいいのでは?と思えるようなエピソードもたくさん出てきます。
冒頭の、多少苦しみながらの回想シーン、
これは小説の終わりに、冒頭の部分につながるはっきりとした何かが来るのかなと思えば、何もありません。
冒頭の部分がなぜ必要なのかもわかりません。
最後、年上の女性と肉体関係を持ってしまうのも
いったいこの本で何を表現したいのかと思ってしまいます。

他の作品もたくさん読んでみたいとも思うのですが、
迷っています。
村上春樹さんの作品を好きな方の魅了されている点を具体的に教えて頂けないでしょうか?

村上春樹さんのノルウェイの森を読みました。
村上春樹さんは非常に有名で、このカテゴリーでもファンの方は多いようですが、
彼の小説のどのようなところが好きなのでしょうか?

非難するつもりではなく、単純にその魅力を具体的な言葉で知りたいのです。

ノルウェイの森しか読んでませんが、
私の感想では、、。
まず、主人公の人格ですが、あまり魅力が無いように思います。
実際にいても、友達が出来ず、人望も無いのでは?
と思ってしまうほどに感じます。
また、相手の女性方も、全員とは言い...続きを読む

Aベストアンサー

どうも。#3で回答を入れた者です。
>質問の意図を踏まえた皆様方のご回答を心よりお待ちしています。
→と私の所の補足に加えられていた所から、前回の私の(質問者様が捉えた所の)勘違いなアドバイスは全くお呼びでなかった上に、質問者様の心証を害してしまったようで大変申し訳ありませんでした。お詫びに質問者様のご要望に沿った回答を入れてみたいと思います。

私は村上春樹さんの作品は近年発表された「ねじまき鳥クロニクル」や「国境の西、太陽の南」「海辺のカフカ」辺りは読んでいませんが、それ以前の作品は「ノルウェイの森」を含めてほどんど読んでいます。またいくつかのエッセイや安西水丸さんと共著の「日出る国の工場」なども読みました。
だからと言って自分が村上春樹さんのファンかというと微妙な所ですが…。

「ノルウェイの森」については自分では「好感を持てた」という以上に入れ込んで読んだので私にも一応回答権有りと勝手に解釈して進めます。

「ノルウェイの森」の魅力を一言で語るのは難しいですが、私個人の意見として捉えていただきたいと思います。

あくまで魅力の一つとして、この作品を読む事で得られる、私達が生きている現実の世界と、村上さんが「ノルウェイの森」で創り出す現実的非現実の二つの異次元世界の、あるのか無いのかもわからない境界線の間を行ったり来たりさせられるかのような心もとない浮遊感、もしくは何が本当で何が正しい事なのかだんだん判断が付かなくなるような麻痺を伴う心の痺れ、そういった日常生活からは余り得る事のできない不思議な刺激とも言える心の揺れでしょうか。

余りにも抽象的過ぎたでしょうか?
具体的にはノルウェイの森の登場人物の中で、誰が心を病んでいて、誰がそうでないのか?専門医に精神上の疾患有りと診断されたからその人がおかしいのか?もしくは自分は健全と思っている者こそおかしいのか?段々判断基準が麻痺してわからなくなってくるのです。そういう心の迷宮にでも迷いこむようなあやふやで行き場の無い気持ち。こういった気分は私は村上春樹さんの小説以外では得た事のなかったものです。

以前村上龍さんが「ノルウェイの森」を限定してだったのか、村上春樹さんの作品全般を指しての事だったのか失念しましたが、「神経症的な…」という風に評されていた事などからしてもそちらよりの小説である事が言えると思います。

以上簡単ですが、前回のお詫びと独断に満ちた見解を述べてみましたが、今度こそ少しでも質問者様の参考になれば幸いです。

どうも。#3で回答を入れた者です。
>質問の意図を踏まえた皆様方のご回答を心よりお待ちしています。
→と私の所の補足に加えられていた所から、前回の私の(質問者様が捉えた所の)勘違いなアドバイスは全くお呼びでなかった上に、質問者様の心証を害してしまったようで大変申し訳ありませんでした。お詫びに質問者様のご要望に沿った回答を入れてみたいと思います。

私は村上春樹さんの作品は近年発表された「ねじまき鳥クロニクル」や「国境の西、太陽の南」「海辺のカフカ」辺りは読んでいませんが、それ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報