先日、リサイクルショップでクラシックギターを安く手に入れました。

中のラベルを見ると、「大和」というモデル名とシリアルナンバー(漢字です)

「幸山」という作者(?)の名と落款が押してありました。

これはどういうモデルなんでしょうか?

まさかお宝では・・・と思い(笑)、質問させていただきました。

わかる方、よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

日本のクラシックギター製作の黎明期である1950~60年代には、そのように手書きの筆文字によるラベルが張られたギターがたくさんありました。

製作者も有名無名含めて数多く存在していました。
その中でももっとも有名なのは中出阪蔵という方で、既に20年近く前に亡くなっていますが今でも人気があります。現在は息子さんやご兄弟がそれぞれ中出○○という名前でギターを製作しています。

私は残念ながら「幸山」という作家は存じませんが、リサイクルショップではギターは結構飯のタネになる商品ですので、ろくに調べず安値をつけるということはほとんどありません。おそらく市場価値的には値段相応である可能性は非常に高いです。
ただし、楽器に限らずそのものの価値は、持つ人が決めればよいことだと思います。

裏・横板にブラジリアンローズウッド(通称ハカランダ)が使われていれば、数万~数十万で買い手がつくかもしれませんよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング