椎名誠さんお勧めのハイぺリオン~エンディミオンの覚醒(4部作)を読み、結構
はまってしまいました。
このような、進んでいて綿密なストーリーを持ち、読んで納得の出来る作品で、
お勧めのものがありましたら、ご紹介をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

わたしもハインライン大好きなのですが、



>進んでいて綿密なストーリー
>読んで納得の出来る

でしたら、(Yumikoitさんも挙げておられますけど)
まずはジェイムズ.P.ホーガンの
「星を継ぐもの」をオススメします。
どんなお話かというと....、

設定は、技術がだいぶ進歩してはいるものの、
ほぼいまのわれわれと変わらない(宇宙人や超能力者や
タイムトラベルは存在していない)世界です。

月面調査隊が月で宇宙服を着た"人間"の遺体を発見する
のですが、調査の結果、その遺体は5万年以上前に
死んでいました。
人類発生以前の遺体!?どう見ても現代の地球人なのに....。
一方、ガニメデ(木星の衛星)では、
地球のものではない宇宙船の残骸が見つかります。
いったいどういうこと?
てことで、あとは読んでのお楽しみ☆

ホーガンの代表作・出世作で、
「巨人三部作」と呼ばれるシリーズの第1作目です。
(名作と言われてますヨ。)
ワクワクするストーリーばかりでなく、なんといっても夢があります。

もしこれを面白いと思われたなら、三部作の残りの
作品や、他のホーガンの作品、どれもオススメですヨ。
(新しい作品はちょっと雰囲気が変わってきてますが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そのストーリー…確かに面白そうですね。ご紹介いただいたストーリで、すぐにでも
読んでみたくなりました。
先ず、最初に読む本として、ホーガンの「星を継ぐもの」を探します。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/24 19:14

MinmMinmさん>「巨人三部作」と呼ばれるシリーズの第1作目です。


あ。巨人三部作はね。シリーズ完結10年を経て1991年に第4作目が出ています。
「内なる宇宙」上下巻です。<創元。

いやこの手の続編って全シリーズの焼き直しというか
一気に面白くなくなるものも多いですが
さすがホーガン、4作目も名作でしたわ。

ホーガンだと「未来の二つの顔」もいいですね。
星野之宣氏が漫画にしています。
    • good
    • 0

田中由樹さんの「銀河英雄伝説」がお薦めです。


たぶん、SFだと思います。
ストーリーは綿密ですよ。そしてキャラが魅力的なんですよ~。
読んでいらっしゃらなかったら是非読んでみて欲しいです。

私のとっても好きな作品です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
本屋で探してみます。

お礼日時:2001/04/24 19:11

ハインラインも面白いですね。


私もハインラインは好きなんですが(^_^;)当たり外れが多くて。あ。でも「月は無慈悲な夜の女王」が一番好き。

私が最初にSFにはまったのはラリーニーブンでした。「リングワールド」にかかわる「ノウンスペースシリーズ」を読破されるとそのすごさがわかると思います。
ニーブンの入門編としては「無常の月」ですね。短編集です。

他には J.P.ホーガンの「星を継ぐもの」に始まる4部作(創元推理文庫),フレデリックポールの「マンプラス」と「ゲイトウエイ」シリーズ、V.N.マッキンタイアの「夢の蛇」、クリフォード.D.シマックの「中継ステーション」、少し古いですがハルクレメントの「重力の使命」など。

ここで 断り無きものはすべて ハヤカワSF文庫 です。

好みもあると思いますが私の好きなものはどちらかというとハードSFに分類されるものです。
他の方もかかれていますがヒューゴー賞、ネビュラ賞あたりの受賞作から あなたの感性に合うものを探して読まれると手っ取り早く面白いものにめぐり合えるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今まで私の知らなかった世界ですが、面白そうなものが多いですね。まさに宝の山というところ。
早川SF文庫は、最近本屋に行くと眺める様にしていたのですが、どこから手を出して良いのか、
迷ってしまっていました。先ずは、皆さんのお勧めのリストを作って、見つかったものから、
攻めてみたいと思います。
いろいろと、アドバイスをありがとうございました。

お礼日時:2001/04/24 19:08

回答ではなく、雑談なのですが、椎名誠さんの「アド・バード」は読まれました?


あれ、星雲賞をとっているので、SFといってもいいのでは。(ゴリゴリのSFファンは、何か言いたい事があるかもしれないですが^^ゞ)
で、緻密なストーリーという訳ではないのですが、「アド・バード」や「水域」に似た世界観で筒井康隆の「驚愕の曠野」というのがあります。椎名誠さんの、異形の生物の出る作品群が好きなら、ぜひ、一度御覧下さい。

前回書くのを忘れましたが、pokopenさんのおすすめオースン・スコット・カードでしたら、「エンダーのゲーム」がエンダーシリーズの1作目です。(ちゃっかり、HNにしております)
エンダーシリーズ以外に「反逆の星」や短編集「無伴奏ソナタ」も好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい。椎名誠さんのアド・バードに代表されるSF群は読みました。特に水域が好きです。
もともと、エッセイから入って読み進んだわけですが、彼の独特の世界は面白いですね。
日本の大御所という事で、筒井康隆さんも、最近気になっていましたが、やはり何から
手を付けていいのかで迷いますよね。お勧めの「驚愕の曠野」を入り口にしてみます。

お礼日時:2001/04/23 17:35

もう皆さんの回答をお読みになれば、わかると思うのですが、やはりハヤカワ文庫のSF(青い背表紙の文庫)は避けて通れません。

(^^ゞ
デヴィッド・ブリンの「サンダイバー」に始まる「知性化戦争シリーズ」、スティーブン・バクスター「天の筏」「時間的無限大」など「ジーリーシリーズ」・・・
ハヤカワSFで「ヒューゴー賞、ネビュラ賞受賞」と表紙に入っているものは、外れはないでしょう。(もちろん、好みはありますが^_^;)
ということで、ハヤカワ以外のお勧めはロイス・マクマスター・ビジョルド。創元SF文庫から出ています。「戦士志願」が日本で始めてのビジョルド作品ですが、これは「ヴォルシリーズ」として6冊。他に同じ世界の話で「自由軌道」があります。

あと、海外物はどうしても翻訳になじめない~、という場合があるので、国産SFから神林長平をあげておきます。って、この人の文体も独特のクセがあるんですが(^_^;)。「プリズム」「あなたの魂に安らぎあれ」は、入りやすいです。「敵は海賊」シリーズも大好きなんですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
シモンズで初めてSFを読み、こんなに面白いものなのかと認識をしたのですが、
彼がこれ以外の作品を書いていないので、これからどうしてくれるのと途方に暮れ
ていました。
これだけ読むべき作品を教えていただけると、当分暮らしていける貯金が貯まった
ようで、安心して生きていけそうです。
先ずはリストを作って、本屋に走ります。

お礼日時:2001/04/23 15:03

綿密というのとは少し違いますが、SFを読むのであれば一度ロバート・A・ハインラインの「夏への扉」と「月は無慈悲な夜の女王」は読んでみてはいかがでしょうか。

古典中の古典と言ってもいい部類なので古臭い感は否めませんが、ストーリー的にも美しく読み応えはあると思います。
それからアイザック・アシモフでは「銀河帝国興亡史」意外にも「われはロボット」、「ロボットの時代」、「サリーはわが恋人」等の短編集もお勧めです。こちらはよく練られたストーリーと結末に思わずにやりとさせられることもしばしばです。
それと、興味があったらジェイムズ・ティプトリー・ジュニアの「老いたる霊長類の星への賛歌」、「たったひとつの冴えたやり方」、「愛はさだめ、さだめは死」などの短編集も定番です。男性名のペンネームを使用してはいますが実際は著者は女性で、それだけに女性ならではの感性による不思議な世界観が魅力です。
それと、kaz22さまに補足させて頂きますが、「バーチャル・ガール」の著者はエイミー・トムスンです。この作品は私もお勧めします。あと、「緑の少女」などもかなりコンセプトが深く読み応えがあると思います。

と、私のお勧めはこんな所です。ちなみに、すべて早川書房から出版されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
アシモフ。それから、エイミー・トムスン、ハインライン、ティプトリーjr。
これだけあれば、当分楽しめますし、そのうちもう少しはSFのことが判ってくるかも
しれませんね。
先ずは、本屋に走ります。

お礼日時:2001/04/23 15:09

古典(?)でしたら アイザック・アシモフの「銀河帝国興亡史」シリーズ 最近でしたら オースン・スコット・カードの 「エンダー」シリーズが お勧め。


 アシモフさん SFの 大御所ですが 非常に 読みやすい。
 そして カードさん(最近の 私の お気に入り)。シモンズさんに比べれば 重厚さに かけると思われるかもしれませんが、これまた 「物語」を 堪能さしてくれます。
 ともに 設定の 綿密さ、膨大さには 満足していただけるとおもいます。 
 尚、両方とも ハヤカワ文庫に あります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
SFは私にとって新しい領域でした。早川SFもたくさん出ているので、正直言って、
どこから手をつけたらいいのか判らずにいました。
特にアシモフは先ずは読みたいと思っていましたので、入り口を教えていただい
たような気がします。

お礼日時:2001/04/23 14:50

「バーチャル・ガール」(早川書房)がオススメ。

ちょっと分厚い文庫ですが、
読み応えはあると思います。近未来のアメリカのお話しです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
ぜひ、探して読んでみたいと思います。

お礼日時:2001/04/23 14:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJAZZのバードランドについて教えてください.

「バードランドの子守歌」は知っていますが,「バードランドの夜」という曲はありますか?

アート・ブレイキーの「バードランドの夜」が聞きたいのですが,アルバムの名前だけ見つけられて,曲を見つけることができません.
バードランドの夜とは,子守歌のことですか?それとも原曲名は邦題とは関係のない名前なのでしょうか?
はたまたバードランドの夜っていう曲はないのでしょうか?

ご存じの方はお力をお貸し下さい.お願いします

Aベストアンサー

まず最初にあったのは、チャーリー・パーカーの愛称「バード」。
これにちなんで「バードランド」という名前のジャズ・クラブが1950年にできた。(1965年まで存続)
次に「バードランドの子守歌」という曲がこのバードランドにちなんで作られた。(ウェザー・リポートの「バードランド」という曲もあるが、これの謂れは知らないのでどなたかご存知なら補足を。ただし、バードランド閉店後、1977年に発表)
http://www02.so-net.ne.jp/%7Ejamtoast/birdland.html
「バードランドの夜」は#1さんのおっしゃるように、その実態はライブ・アット・バードランドなわけで、「チュニジアの夜」のような曲名ではなくて「バードランドの一夜(に行われたライブ)」というアルバムのタイトルですね。中身はこんな感じ。
http://homepage1.nifty.com/ModernJazzNavigator/chat/chat80.htm
似たようなアルバムのタイトル付けではたとえばソニー・ロリンズ「ヴィレッジ・バンガードの夜」とかも同類です。

まず最初にあったのは、チャーリー・パーカーの愛称「バード」。
これにちなんで「バードランド」という名前のジャズ・クラブが1950年にできた。(1965年まで存続)
次に「バードランドの子守歌」という曲がこのバードランドにちなんで作られた。(ウェザー・リポートの「バードランド」という曲もあるが、これの謂れは知らないのでどなたかご存知なら補足を。ただし、バードランド閉店後、1977年に発表)
http://www02.so-net.ne.jp/%7Ejamtoast/birdland.html
「バードランドの夜」は#1さんのおっしゃるよう...続きを読む

Q高校のうちに読んでおきたい本&お勧め

年上の人に、宮本輝とかあと誰かを紹介されて知らなかったら「有名だよ。文学に興味があるなら、これくらい知ってて当然だと・・・・」と言われました。
みんなが思っている「この作家のこの作品は」っていう常識的な本とか、お勧めの本ってありますか?

Aベストアンサー

まず、ぜひ読んでおきたい本について。
簡単に言うと、文学史に出てくる作家の作品全般です。
特に、夏目漱石「こころ」、太宰治「人間失格」、森鴎外「雁」、芥川竜之介「地獄変」、島崎藤村「破戒」、川端康成「雪国」あたりは必須だと思います。ただ、あまり読書に慣れていないうちにこれらを読むのは相当苦痛ですから、とりあえずは現代作家から入る方がいいでしょう。
高校生にオススメな物の中から、具体例をいくつか。
山田詠美「ぼくは勉強ができない」「風葬の教室」
川嶋誠「800」
村山由佳「天使の卵」
辻仁成「ピアニシモ」「海峡の光」
宮本輝「星々の悲しみ」
川上健一「翼はいつまでも」
浅田次郎「地下鉄(メトロ)に乗って」
乃南アサ「鍵」「窓」
南木佳士「ダイヤモンドダスト」
宮部みゆき「火車」
村上春樹「風の歌を聞け」
佐伯一麦「ア・ルース・ボーイ」
筒井康隆「家族八景」「七瀬ふたたび」「エディプスの恋人」
恩田陸「夜のピクニック」
こんなもんかな?

Qミュージックバードを受信する

HUMAXのCS5000のアンテナとミュージックバードのMDR2000のチューナーでミュージックバードは受信できるのでしょうか??

Aベストアンサー

#1の方のおっしゃるとおり、局部発振周波数が合わないと受信できません。
ミュージックバードチューナーは、古い機種だと局発11.2Ghz、新しい機種だと11.2Ghzと11.3Ghzだと思います。
局発とは衛星(JC-SAT2A)から飛んでくる高い周波数の電波を同軸ケーブルに流せるくらいまで低く下げてやる基準?のようなものだと私は思っています。

スカパーでは、チューナーとアンテナがセットになったものの多くは11.2Ghz、アンテナメーカーのものの多くは10.678Ghzです。
これをスカパーチューナーで設定してはじめて映るようになります。
チューナーとアンテナがセット品であれば、そのような設定は気にする必要はないかもしれません。
ですから、HUMAXのものが11.2Ghz以外であれば、ミュージックバードには対応しないと思います。

スカパーアンテナは偏波面電圧切替方式を採用しています。チューナーから送られる電圧がDC11Vであれば垂直偏波、DC15Vであれば水平偏波をアンテナが受信します。
ところが、ミュージックバード専用アンテナは垂直偏波固定です。古いチューナーはDC15Vをアンテナに送ります。新しいものはDC11Vへ設定変更できるかもしれません。
チューナーから15Vが出ていれば、スカパーアンテナが水平偏波を受信します。垂直偏波のミュージックバードは受信できませんね?
それと、スカパーアンテナはデュアルビームといって4度間隔で離れた2つの衛星(JC-SAT3、JC-SAT4A)を受信しています。二つの衛星の間に向けるのでしょう。
仰角に関してもおそらくずれるでしょう。
ミュージックバードの設置説明にある角度より若干ずれるはずです。

私の場合、中古のパーフェクTV用と思われるシングルビームアンテナCSA-451(11.2Ghz)を用意し、中古のDC15VのみのT-420CSというチューナーで受信しています。
そのままつなぐと受信できないので、間にDC15Vを11Vに下げてくれるAK-1511という変換器を入れています。
今日手に入れて、先ほど受信できることを確認したばかりですが・・・

原理的には、仕様さえ合えば、スカパーアンテナでミュージックバードが受信できてもおかしくないと思います。

#1の方のおっしゃるとおり、局部発振周波数が合わないと受信できません。
ミュージックバードチューナーは、古い機種だと局発11.2Ghz、新しい機種だと11.2Ghzと11.3Ghzだと思います。
局発とは衛星(JC-SAT2A)から飛んでくる高い周波数の電波を同軸ケーブルに流せるくらいまで低く下げてやる基準?のようなものだと私は思っています。

スカパーでは、チューナーとアンテナがセットになったものの多くは11.2Ghz、アンテナメーカーのものの多くは10.678Ghzです。
これをスカパーチューナーで設定してはじめて映...続きを読む

Q伝記を読んだら面白い!と思うお勧めの人物紹介して下さい。

先日、本屋さんに行き児童書のコーナーにたくさんの伝記ものがありました。

ジョン・レノンの生い立ちから成功、ジョンの生涯終えたときまでの
波乱万丈な人生を立ち読みで最後まで見てしまいました。
今どきはジョンも歴史上の人物になるんですね。

というわけで、もっといろんな人も読んでみようと思ったのですが、
たくさんあり過ぎまして、どうしようかしら・・・と悩みました。
この人の人生は私の中では一番面白いよ!是非読んでみて!という人がいましたら、
ちょっぴり人生をかいつまんで紹介して下さい。

(伝記になるくらいの人は全部波乱万丈だよ、面白いに決まっているじゃない、
というのはご勘弁下さい・・・)

Aベストアンサー

現代人じゃないし、フィクションでもあるのですが、いいでしょうか?ぜひとも読んで欲しいと思うので紹介したいと思います。

遠藤周作の「王国への道-山田長政」です。
日本を飛び出し、タイで何もない状態からスタートし、頂点に立つ姿を見事にそしてサスペンス性も含めながら書かれています。無からのスタートという意味では秀吉にひけを取らないのではないでしょうか?

同じ遠藤周作の「マリー・アントワネット」もおすすめです。

純粋な伝記をお求めでしたらごめんなさい。でもそれとは別にぜひ読んでみてください。

Qバードストライキとは?

空港でバードストライキ…

うんぬんと聞こえたので、想像するに
鳥が、関係して飛行機に影響がある、とかなんとか
いう意味だと思うのですが。
バードストライキの正確な意味を教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バードストライキとは、飛んでいる鳥が飛行機のエンジンに吸い込まれてしまう事です。
吸い込まれた鳥は、高速で回転するタービンブレードに砕かれて、ミンチになってしまい
かわいそうな話なのですが、これによりタービン破損/エンジン破損することになり、
修理するまでその機体は飛ばす事ができません。当然運行に影響が出ます。

Q「これは絶対読んだほうがイイ!!」と自信を持ってお勧めできる本 BEST3を教えて下さい!

あなたが「これは絶対読んだほうがイイ!!」と自信を持ってお勧めできる本 BEST3を教えて下さい!
ただし、図書館で手に入るようなものでお願い致します。
ドキドキ系、恐怖系、感動系などジャンルは何でもOKです!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

児童書ばかりを、3冊オススメします。
どの3冊にしようかな~、あ~でもないこ~でもない、と考えるのも楽しいです。しかし……どの3冊に決めても、未練が残りますね。
順位はつけられません。ですので、単に思いついた順に並べます。

「なるかみの午後」今村葦子/あすなろ書房
思わず、これが子供向けなのかよ!!と叫びたくなりました。
著者は児童書では有名な方ですので、地区内のどこかの図書館には置いてあると思います。
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=18729262

「夜の鳥」トールモー・ハウゲン/河出書房新社
ストーリーは忘れてしまったのですが、ノルウェーの風景がただの文字とは思えないほど、やけに鮮明に記憶に残ってます。
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31148467
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31148464

「大江戸妖怪かわら版 異界から落ち来る者あり」香月日輪/理論社
とりあえず、先月発行されたばかりなので。不覚にもボロボロ泣きました、本当に滅多には泣かない質なのに。押し付けがましくなくて良いです。
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31721864
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31721866

児童書ばかりを、3冊オススメします。
どの3冊にしようかな~、あ~でもないこ~でもない、と考えるのも楽しいです。しかし……どの3冊に決めても、未練が残りますね。
順位はつけられません。ですので、単に思いついた順に並べます。

「なるかみの午後」今村葦子/あすなろ書房
思わず、これが子供向けなのかよ!!と叫びたくなりました。
著者は児童書では有名な方ですので、地区内のどこかの図書館には置いてあると思います。
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=18729262

「夜の鳥」トー...続きを読む

Qトップパソコンのバードディスクについて

パソコンが壊れてパソコンを処分するのですが
バードディスクを外したのですが
これがバードディスクかもわかりません 涙
これがバードディスクなら、これでパソコンを処分して大丈夫なのでしょうか。
全く無知ですいません。

Aベストアンサー

ANo.1です。

外したハードディスクをすぐに処分する必要がないのなら
「ハードディスク用外付けケース」を買って、外したハードディスクをその中に入れておけば
そのハードディスクに残っているデータを新しいパソコンで使えるようにできます。

画像から、恐らく2.5インチのハードディスクだと思われます。
接続方式が「IDE」か「SATA」か分かりませんが
それはハードディスク本体のどこかに表記されているはずですから確かめられます。

「ハードディスク用外付けケース」とはこのようなものです↓

http://www.sanwa.co.jp/product/dosvparts/hddcase/

購入の際には
・「ハードディスクのサイズ」=「2.5インチ」か「3.5インチ」
・「接続方式」=「IDE」か「SATA」
に注意してください。パソコンとの接続はUSBでできます。


私は外したハードディスクはすべて外付けケースに入れて保管しています。
価格は1000~2000円くらいのもので充分です。これまでトラブルはありません。

捨てるのはいつでもできますから、パソコンを変えてしばらくの間は
古いハードディスクはそのまま残しておいたほうがいいでしょう。

ANo.1です。

外したハードディスクをすぐに処分する必要がないのなら
「ハードディスク用外付けケース」を買って、外したハードディスクをその中に入れておけば
そのハードディスクに残っているデータを新しいパソコンで使えるようにできます。

画像から、恐らく2.5インチのハードディスクだと思われます。
接続方式が「IDE」か「SATA」か分かりませんが
それはハードディスク本体のどこかに表記されているはずですから確かめられます。

「ハードディスク用外付けケース」とはこのようなものです↓

http://www....続きを読む

Qストーリーが分かり易く、面白い絵本を教えて下さい

 うちの3歳児は、足し算や地図を見るのは好きですが、絵本やテレビ番組のストーリーを追う事がまだ出来ないようです。絵本では何かを探す系は好きですが、ストーリーのある絵本はすぐに飽きてしまい、アンパンマンのテレビも歌は好きですが、本編は関心が無いようです。
 そこでストーリーを追う事が出来るようになるように、ストーリーがあってかつ分かり易く、展開が楽しくて引き込まれるような絵本を読み聞かせたいと思っています。
 丁度良い本は無いでしょうか?お勧めを是非教えて下さい。

Aベストアンサー

まず、定番系から
『おだんごぱん』
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784834000573

『てぶくろ』
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784834000504

そのほか・・・
『かたあしのひよこ』
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784593593132

佐々木マキ『ぶたのたね』
http://ehonkan.co.jp/ehon/book/112.html

長新太「キャベツくん」シリーズ
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784580811430

内田麟太郎『ともだちくるかな』
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784032049206

Qバードウォッチングについて

今、長く続けられる趣味を模索中です。
2年程前から東京近郊の山歩きを始め、日帰りで自然に触れることの楽しさにハマりました。
山登りは、まだ800メートル前後の低山しか経験がありませんが、これから少しずつ増やしていく予定です。
そこで、どうせ山に行くなら、とバードウォッチングにも興味を持ち始めました。
が、素朴な疑問があります。

・鳥を探しながら山を登る、というのは非現実的?
というのは、上りはきつくてハアハアしていてそれどころじゃなかったり、一緒に歩く友人やパーティの歩調を乱すのでは?
・よく、広い野原で野鳥待ちで望遠鏡を三脚で固定していたりする写真を見ます。登山とバードウォッチング両方、というよりも、バードウォッチングがメインなら山登りはサブ、と考えてゆっくり、立ち止りながら、という感じになる?
・小さい頃から手乗り文鳥を飼ってきて、大の鳥好き。仁王立ちする姿がたまらない。春の燕の巣の下で、2時間くらいずっとヒナを見ていたことがある、などの程度ですが、バードウォッチングにハマる要素というのはなんでしょう?ハマって自分のオリジナルノート作ってる、とか、○○してる、とか、具体的な何かを教えていただけると、一歩進めそうな気がします。
・バードウォッチングの年齢層が高いのはなぜ?
山登りは若い女性も増えてきていますが、バードウォッチングは中高齢者の趣味、というイメージがあります。なんでなんだろう?
・楽しみ方のコツ、続け方ノコツなど教えてください。

初心者で素朴な疑問を解決しながら、本当に自分に合っているかどうか見極めたいです。

今、長く続けられる趣味を模索中です。
2年程前から東京近郊の山歩きを始め、日帰りで自然に触れることの楽しさにハマりました。
山登りは、まだ800メートル前後の低山しか経験がありませんが、これから少しずつ増やしていく予定です。
そこで、どうせ山に行くなら、とバードウォッチングにも興味を持ち始めました。
が、素朴な疑問があります。

・鳥を探しながら山を登る、というのは非現実的?
というのは、上りはきつくてハアハアしていてそれどころじゃなかったり、一緒に歩く友人やパーティの歩調を乱すの...続きを読む

Aベストアンサー

仰るように、ある程度の高さのある登山とバードウォッチングの両立は難しいでしょうね。
楽しみ方は、ざっくり「観て楽しむだけ」「写真を撮る」「真面目に個体数を記録をして生態を調べる」等があると思います。
装備も、小鳥だけなら双眼鏡だけでも何とかなりますが
ワシ・タカをやるなら、単眼鏡と三脚は必須です。
まずは手軽に双眼鏡で小鳥をやられるのがよろしいかと思います。
それでも、最初は、なかなか双眼鏡の中に捉えられなかったりして
難しいと思います。
ただ、全身をバッチリ長い時間を観られることは、そんなにありませんので
観た特徴や時期、場所等で種類を推測するのはゲーム性があって楽しいものです。
後、日本全体で500種類ぐらいは観られるそうですし
私の住んでいる大阪でも250種類ぐらいは観られるそうですので
(私は今、120種類ぐらいです)
ちょっとずつ種類が増えていくのも楽しいです。

因みに、双眼鏡は倍率が7~10倍ぐらい
口径が30mmぐらいが良いかと思います。
そして、図鑑は「日本の野鳥」高野伸二(小学館)が素晴らしいですが
日本野鳥の会から出ている「フィールドガイド日本の野鳥」高野伸二
「野外観察ハンドブック 山野の鳥」「同、水辺の鳥」等が良いです。

仰るように、ある程度の高さのある登山とバードウォッチングの両立は難しいでしょうね。
楽しみ方は、ざっくり「観て楽しむだけ」「写真を撮る」「真面目に個体数を記録をして生態を調べる」等があると思います。
装備も、小鳥だけなら双眼鏡だけでも何とかなりますが
ワシ・タカをやるなら、単眼鏡と三脚は必須です。
まずは手軽に双眼鏡で小鳥をやられるのがよろしいかと思います。
それでも、最初は、なかなか双眼鏡の中に捉えられなかったりして
難しいと思います。
ただ、全身をバッチリ長い時間を観られるこ...続きを読む

Qダイアナ・ウィン・ジョーンズにはまる人ってどんなタイプだと思いますか?

こんにちは。
私は、ダイアナ・ウィン・ジョーンズの本がとてもすきなのですが、日本ではイマイチマイナーな作家さんな気がします…。

ダレンやハリポタくらいには面白い(私的にはそれ以上ですが)し、「ファンタジーの女王」と二つ名を持つほどなのに、本屋によっては一冊もおいていないところすらあったりして、ファンタジーブームで話題になった作家さんの中では実力のわりにあまり世に知られている印象がありません。

「魔法使いハウルと火の悪魔」が映画化される前は、ほとんど日本で翻訳がでていなかったし、映画化されたあとも「あの映画の原作書いてる作家さんが一番好き」と言っても、「へー、あれって原作あったんだ」という反応です。

また「ハウル」を読んだ人でも、インターネットのレビューを読んでいると、「結局子ども向けだよね」「ストーリーの意味がわからない」と言う人も結構いると思います(ジョーンズの本を「好き」と感じる人なら、「子ども向け」「子どもだまし」みたいなことは感じてないんじゃないかと思いたいのですが…)

また、周りに進めても、かなり本好きな友人でも「あんまりよく分からなかった」「自分にはあわないかな」という反応が多く、中学生くらいからファンをやっていますが、同士には2人くらいであったことがありません(現在大学院生です)。

10年前後ファンをやっている身としては「読み手を選ぶのかな?」と思うのですが…(ちょっと今手元にないのですが、『九年目の魔法』か『わたしが幽霊だったとき』のどちらかのハードカバー本の解説にジョーンズの本が読み手を選ぶ理由が考察されていたと思います)。

というわけで質問は次の2つです。

・ダイアナ・ウイン・ジョーンズの作品にはまる人は、どんなタイプの人が(この場合の『はまる』とは、”ハウルだけを読んで「結構おもしろかったなー」と思うだけじゃなくて、クレストマンシーやデイルマークやダークホルムにも手を出そうと思う”以上くらいでお願いします)?

・ジョーンズが日本でいまいちマイナーなのはなぜか?

皆様のご意見をたくさんお待ちしております。

(アンケートカテゴリーと悩んだのですが、こちらでお尋ねしたほうが濃い意見がいただけるように思いこちらに投稿させていただきました。「子どもの本」でいいのかは微妙なところですが…)

こんにちは。
私は、ダイアナ・ウィン・ジョーンズの本がとてもすきなのですが、日本ではイマイチマイナーな作家さんな気がします…。

ダレンやハリポタくらいには面白い(私的にはそれ以上ですが)し、「ファンタジーの女王」と二つ名を持つほどなのに、本屋によっては一冊もおいていないところすらあったりして、ファンタジーブームで話題になった作家さんの中では実力のわりにあまり世に知られている印象がありません。

「魔法使いハウルと火の悪魔」が映画化される前は、ほとんど日本で翻訳がでていなか...続きを読む

Aベストアンサー

なんだかうちの姉と同じようなことを嘆いていらっしゃいますね~。
D・W・Jファン共通の心の叫びなんでしょうか?

私は「お約束を外す」「ひねりと毒がある」というのがこの方の作品の特徴だとおもいます。
前提となる「お約束」がわかっているかどうかはたぶん小さい頃西洋童話に馴染んでいることが大切。たとえばハウルで語られる「長女は損をするもの」というお約束がすんなりと入ってこないと物語全体の軸のひとつ(ソフィの思い込み)がぼやけたままでわかりにくかったり、唐突で子供騙しだと感じるのではないでしょうか。
また勧善懲悪というのはとても爽快感がありますが、この方のってちょっと棘が残りますよね。ハウルが善かといわれればちょっと?ですし、キャットの姉グウェンダリンなんて極悪非道だけども本人の願いは(一応)叶ってます。
こういう点が児童文学に教訓的なものを求める日本ではあまり共感を得ないから、マイナーなんでしょうね。

この方の作品にはまるのって、たぶんある程度読書量があって
(1)練りこまれたちょっと変わった世界観が好き
(2)読みながら出てきた謎には自分でいろいろ推測するけど、それが外れていることも期待している(むしろ騙してほしい?)
(3)典型的に感じる登場人物が思いがけない側面を持っていても裏切られたとはおもわない。
こんな方ではないでしょうか。

私の姉は大好きではまってほぼ揃えていますが、日頃同じような読書傾向を持っていても私はちょっと距離を置いてます。
ときどきすごく読みたくなりますし好きなシリーズもありますが、(1)~(3)に疲れてしまうこともあるのです。
次に自分の中にダイアナさんが読みたい気分が来たら借りてあるデイルマークを一気読みつもりです。

なんだかうちの姉と同じようなことを嘆いていらっしゃいますね~。
D・W・Jファン共通の心の叫びなんでしょうか?

私は「お約束を外す」「ひねりと毒がある」というのがこの方の作品の特徴だとおもいます。
前提となる「お約束」がわかっているかどうかはたぶん小さい頃西洋童話に馴染んでいることが大切。たとえばハウルで語られる「長女は損をするもの」というお約束がすんなりと入ってこないと物語全体の軸のひとつ(ソフィの思い込み)がぼやけたままでわかりにくかったり、唐突で子供騙しだと感じるので...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報