よくある超能力モノではなく、ひとひねりした超能力がでてくる作品を教えてください。
漫画でも映画でもアニメでも小説でもなんでもいいです。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 津守時生さんの「喪神の碑」シリーズには、超能力者が何人も出てきます。

テレパシスト(テレパシー能力者)やサイキック(念動力者)が多いですが、「サイコ・レゾナンス(精神共鳴)」「念爆」と言った能力が登場します。
「サイコレゾナンス」は、一定能力以上のテレパシストと組むと、距離に関係なく情報を送ることができます。また、テレパシストのテレパシーを増幅する事ができます。
「念爆」は、字の通り、念動力で物を爆発させる能力のことです。

 アン・マキャフリィさんの「九星系連盟シリーズ」には、テレパシーとサイコキネシスを利用して、宇宙全体の物流を動かしている一族が登場します。

 山本弘さんの「時の果てのフェブラリー」には、「オムニパシー」能力を持つ少女が登場します。説明するととても長くなってしまうのですが、100%とも言うべき直観力の持ち主です。

 映画(アメリカン・コミック)の「X-MEN」にも、変わった能力を持った人間が大勢出てきます。気象制御や体内磁気によって金属を扱うことができたり、目から光線を発したりと、見ていただくとわかると思います。

 以上、思いついた物を挙げてみました。参考にしてくださいね、思い出したらまた追加します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々と詳しくご丁寧にありがとうございます。
追加がありましたらなにとぞよろしくお願いいたします。

お礼日時:2003/10/07 02:32

ご参考までに・・・



・団龍彦の「超女隊」シリーズ(集英社コバルト文庫)は、鉛筆くらいしか動かせないサイコキネシスなどの「チンケな」超能力を持つ女子高生3人組が活躍するお話です。

・中原涼「エスパー・ヤッちゃん ぬはは殺人者」(光風社出版アルゴ文庫)は、善いことにしか使えない超能力を持つ高校生兼ヤクザの組長(ハンサム)が、地上げしようと潜入した高校で起こった殺人事件の犯人探しをする話です。
    • good
    • 0

東野圭吾さんの「虹を操る少年」という小説をおすすめします。



ある超能力で、周囲の少年少女をトリコにしてしまう少年…。
ある意味カリスマですね。
その少年の持つ超能力も、ちょっと変わってます。
雰囲気は、宮部みゆきの「龍は眠る」にちょっと似ています。

是非どうぞ。

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=19980010
    • good
    • 0

・不定期エスパー


 主人公は発作のように時々超能力が発動する「不定期エスパー」
 超能力バトルとかではなく、心理描写がメインでしょうか。

・魔界都市ハンター
 いわゆる普通のPKやESPは全然出ません。
 相手の弱点となる「物」を発生させたり、猛毒の雨を降らせたり。

・サトラレ
 逆テレパス。自分の考えを周りに撒き散らしてしまう体質。
 本人はそのことを知らない。

・ジョジョの奇妙な冒険
 3部「スターダスト・クルセイダーズ」編からの「スタンド」能力。
 ほとんど魔法の領域じゃないとおもいますが。
    • good
    • 0

宮部みゆきさんの作品に結構あります。


「クロス・ファイアー」「龍は眠る」など・・。
    • good
    • 0

確か豊田有恒さんの角川文庫の「西遊記+α」というSF短編集の中の「超能力」という短編だったと記憶してるんですが、


自分の考えをTV電波のように周囲に撒き散らす「逆テレパシー」の持ち主のサラリーマンの話がありました、
この能力を狙われた主人公は工作員の弱点になる妄想を送りつけて危機を脱出するという話でした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q霊・超能力・UFO・細木・江原等を信じない人ってさ・・・

こら!正直に白状しちゃいなさい


超能力=人間に未知の能力が存在し得るって話しじゃな    く、“いわゆる”超能力ね
UFO=未確認じゃなく他の知的生命体が地球に来てる    って意味ね
細木おばちゃん&江原のおっちゃん
イタコ・霊媒師
占い
などなど

こういうの信じてない人ってさあ・・・・・

ぶっちゃけ、本音で言うと信じてる人のこと
アホ
って思ってるでしょ?

正直に言っちゃって

Aベストアンサー

結構ここでは質問文があまりに友だち口調だと怒られますよね。

Q遠藤周作の作品で比較的読みやすいモノは?

遠藤周作の作品で話の内容が分かりやすいモノを探しております。。。これまで『海と毒薬』など結構お堅いモノを読んだんですけど…

できれば簡単なあらすじをつけて、どなたか紹介して下さいませんか??お願いします。

Aベストアンサー

 読みやすくて面白いものなら『灯のうるむ頃』がおすすめです。
 小さな診療所で独り癌の特効薬の研究をしている老医師の活躍とその息子の恋愛などが語られていきます。高校生の頃夢中で読んだ記憶があります。

 相当昔・・・NHKで千秋実(七人の侍)主演でドラマ化されてました。山口百恵が可愛かったですね^^。

 

参考URL:http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000000976037&Action_id=121&Sza_id=F3

Q超能力などの不思議な力をつけたい

超能力や、気孔?などと言うんでしょうか、普通ではありえないような
力がほしいのですが、一般人でも練習などで身につけることはできるのでしょうか。
超能力以外にも何かそういう類のものがあったら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

>超能力や、気孔?などと言うんでしょうか、普通ではありえないような
>力がほしいのですが、一般人でも練習などで身につけることはできるのでしょうか。

何をもって超能力というかはさておいて

気功(気孔は葉っぱの裏にあります)は可能かもしれません。
web検索してみてください。

Qユニークな精神科医が出てくる本のタイトル教えてください。

ユニークな精神科医が出てくる本のタイトル教えてください。

ノイローゼの青年と精神科医との会話が面白くて笑える話だったのですが、
どなたかその本のタイトルしりませんか?

精神科医と話をしているうちに青年のノイローゼが治っていく。ストーリーでした。

もう一回読みたいので、知っている方がいたら教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

奥田英朗の「精神科医伊良部」シリーズではないでしょうか。
『イン・ザ・プール』『空中ブランコ』『町長選挙』の3冊が出版されています。
残念ながら質問者さんが読んだエピソードがどの本だったかは思い出せませんが…。

取り敢えず『イン・ザ・プール』の紹介ページへのリンクを貼っておきますので参照してみて下さい。
http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784167711016

Q超能力は、存在する?

超能力は、存在するか?
どうも最近、超マジックの方が凄く、超能力者は居ないのでは?
と思われている。
超能力者はいる?

Aベストアンサー

いますよ

私がそうです

でも、誰にも超能力を使って見せるつもりはありません

Q【去年の梅】は、竹西寛子さんの作品ではないですか?

去年の梅の文庫を買おうとして調べた所、立原正秋とでてきます。

内容は病院・病気だった気がしました。

Aベストアンサー

同じ名前の作品があるのだと思います。
竹西寛子さんの「去年の梅」は講談社文芸文庫の「春・花の下」、中公文庫・新潮文庫の「鶴」などに収められているようですが、いずれも絶版で入手は難しいようです。
著作全集にも入っていますが、こちらは大型本でかなり高価です。
http://books.livedoor.com/item/785204
http://kenkyuyoroku.blog84.fc2.com/blog-entry-636.html

他の文庫などに収録されていればいいのですが…。

Qフィクション内で使われる超能力と言えば……?

マンガや小説などで使われる「超能力」といえば、(とりあえず今現在自分の思いつく限りを挙げますと↓)

念力・テレパシー・未来予知・サイコメトリー・テレポート・透視・千里眼・念写・人体浮遊・パイロキネシス(発火能力)・ヒーリング(治癒)・アポート(物質転送)・念写

……などがありますが、これら以外ではどのような超能力がありますでしょうか?
特定の一作品でしか使われないオリジナルの超能力を除き、いくつかの作品で使われているようなものでお願いいたします。

Aベストアンサー

 サイコキネシスと似て異なるものでテレキネシス。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%82%AD%E3%83%8D%E3%82%B7%E3%82%B9

 あとは、ダウンジング、ヒュプノシス、リーディング、エレクトロマスター、タイムリープ、バリア、といったところでしょうか。

Q東野圭吾さんの作品で余談(本題に関係のない文章)が少なく読みやすく面白

東野圭吾さんの作品で余談(本題に関係のない文章)が少なく読みやすく面白いものを教えて下さい。

Aベストアンサー

余談ばかりと見せかけて
余談ではない
新参者
はいかがでしょうか?

面白かったし、章立てが比較的短いので
読みやすいと思います。

Qキリストの時代の超能力者の一般イメージはどんなものだったんでしょうか?

こんにちは、

実際にキリストが超能力者だったかどうかは、、、ともかくとして、、、

現代の人間にとって、、、「自分は超能力者だ!」というのも、「あの人は、超能力者だ!」というのも、、、決してまともな人間だったら言わないと思います。

なぜなら、超能力なんて、一部の変わった人を除いて誰も信じていません。

聖書を見ていると、キリスト自身が自分は超能力を持っていると言ったか、弟子達が勝手に言ったのか分かりませんが、、キリストは超能力者という事になっているように感じます。

現代だったら、どんなに尊敬していても「貴方は超能力者ですという噂を尊敬の印として流布しておきます。」なんてしないしな~。

何故このようになったのか不思議でしょうがないのです。

しかし、十字架刑になった事を考えると、やっぱりあの時代の人も「超能力者=うさんくさい」というイメージだったのかな? と考えたり、、、。

本当にどうでもよい事ですが、真剣に悩んでいます。

あの時代のあの地域の超能力者の一般イメージを教えていただけますか?

よろしくお願い致します。

こんにちは、

実際にキリストが超能力者だったかどうかは、、、ともかくとして、、、

現代の人間にとって、、、「自分は超能力者だ!」というのも、「あの人は、超能力者だ!」というのも、、、決してまともな人間だったら言わないと思います。

なぜなら、超能力なんて、一部の変わった人を除いて誰も信じていません。

聖書を見ていると、キリスト自身が自分は超能力を持っていると言ったか、弟子達が勝手に言ったのか分かりませんが、、キリストは超能力者という事になっているように感じます。

...続きを読む

Aベストアンサー

当時の超能力者のイメージは現在とあまり変わりません。
あなたが思い浮かべるイメージとそう遠くはないのです。

それなのに、これだけ多くの奇跡に関する記述が、あるということは、彼が本当に奇跡を起こしたかどうかは別として、少なくとも周りの人がそれを信じるに足る現象が実際に起きたというのが現在の聖書学の主流の考え方です。だから、現在の聖書学者は、奇跡の記述について信憑性を問うことはもはやありません。むしろ奇跡の種明かしのほうに熱心に取り組むのです。

例をあげましょう。ルカの書いた使徒行伝ですが、パウロが時の総督フェストに、イエスの起こした奇跡を長々と説明する文があります。(26章のあたり)それに対して、やはり奇跡を信じないフェストは
「気が狂っているぞ。パウロ。博学があなたの気を狂わせている。」
と、現代人と同じ反応を示すのです。

これに対するパウロの反応がこうです。
26:25
フェスト閣下。気は狂っておりません。私は、まじめな真理のことばを話しています。
26:26 王はこれらのことをよく知っておられるので、王に対して私は率直に申し上げているのです。これらのことは片隅で起こった出来事ではありませんから、そのうちの一つでも王の目に留まらなかったものはないと信じます。

つまり、パウロは、フェストが信じないのを承知で、それでも「あなたも同じことを見たはずだ」と確信を持っていうことができたのです。

これがイエスの実像です。
これを奇跡と考えるか、手品と考えるかでクリスチャンと非クリスチャンが分かれます。

それから、聖書は、他の方が指摘するようないい加減な信頼性の書物ではありません。現代の聖書学、考古学者は、真面目な研究をしている人なら、クリスチャン、非クリスチャンを問わず、古代史で群を抜いて正確で、具体的な文献であることを断言します。たとえば、ルカは、誰もが認める、超一級の歴史記述家であり、彼の記述は当時を知るもっとも正確な資料であり、今までに彼の書いた地名、年代、場所、人物など、確実に誤った記述は全く存在していません。もちろん、いくつか他文献と矛盾するようなものもあるのですが、過去のそういうものはすべて、新たな考古学的発見によって矛盾が解決されたり、他文献が間違っていることが示されたりしています。だから、考古学者は、当時の文献でルカをはじめとする聖書の記述と矛盾する古代文献があったとしても、基本的には聖書の記述を正しいと考える傾向があります。

また、成立年代も、イエスの死後20~30年以内に書かれたことがだんだんわかってきており、これは古代文献としては異様な早さです。例をとると、アレキサンダー大王の伝記などは死後500年たってから書かれたものです。
このように、イエスを実際に目撃した人が生きているうちに書かれた伝記は、基本的には奇跡物語が寓話として挿入されるなどということは考えられないのです。

例をあげましょう。イスラム教の聖典のコーランはモハメッドの死後すぐに書かれ始めたと考えられていますが、モハメッドの奇跡物語はひとつもありません。彼の奇跡物語が出てくるのは、死後200年以上たって書かれた「ハーディス」(言行録)です。

これは、他の世界の聖人も同じです。
イエスのように、目撃者第一世代が生きているうちに奇跡が記録され、それが万人に認められる人物は彼だけなのです。

長くなりましたが、結論だけ言うと、超能力者のイメージは現在とそう遠くありません。イエスを信じない人は、当時も彼を胡散臭いと思っていたのです。

当時の超能力者のイメージは現在とあまり変わりません。
あなたが思い浮かべるイメージとそう遠くはないのです。

それなのに、これだけ多くの奇跡に関する記述が、あるということは、彼が本当に奇跡を起こしたかどうかは別として、少なくとも周りの人がそれを信じるに足る現象が実際に起きたというのが現在の聖書学の主流の考え方です。だから、現在の聖書学者は、奇跡の記述について信憑性を問うことはもはやありません。むしろ奇跡の種明かしのほうに熱心に取り組むのです。

例をあげましょう。ルカの書...続きを読む

Qどんな組織を作ってもその中で人の能力差が2対2対6に・・・

分かれてしまうという理論があるらしいのですが、これに関する参考文献はないでしょうか。確か、堀場雅夫著「仕事ができる人 できない人」に書かれてあり、アリの理論と書かれていたように思います。
人があるグループを形成するとその中で、どうしても、2割の能力の高い人たち、2割の劣った人たち、6割の普通の人たちに分かれることになり、さらにその中で新たにグループを優秀な人たちばかりで作っても、同じ比率で分かれてしまう。もちろん、優秀でない人たちばかりのグループを作っても結果は同じ、ということなのだそうです。
ご存知の方いらっしゃればよろしく。

Aベストアンサー

私の持っている本も、そのようなことが書いてありました。
 若干の違いはありますが、
 A.なくてはならない人
 B.いてもいなくてもいい人
 C.いてもらってはこまる人
 ABCの割合は、2:6:2になっているそうです。
 たとえば、Aの人が辞めていなくなっても、Bの人達が成長して来て、新し
いABCができるようです。
 その場合の比率も2:6:2になるそうです。
 これをグループダイナミックスの現象と言います。
 「OJTのすすめ方」の本です。


人気Q&Aランキング