「ころもへん」と「しめすへん」で点を付けるか、付けないかをよく迷います。また「専」「博」などの点(右上)も迷います。何か見分けるポイントや覚え方などは無いでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

衣偏と示偏にする漢字の見分けの事でしょうか。


漢字は表意文字、特に偏というのは大まかの意味を表します。
例えば水関連は「三水」がつき、金物関連では「金偏」がつくように。
示偏に点がつくと確かに衣偏になりますが、この二つは持つ意味合いに、全く関連がありません。
ですから、漢字の持つ意味を考えればどちらなのかはよく解ります。

漢和辞典で衣偏を見ると解りますが、衣偏のつくだいたいのものは衣服関係です。その漢字の第二第三あたりの意味に、衣服関連の意味を持つものばかりです。
「裕」という字も「豊か、ゆとりがある」の意味の他に「着物がじゅうぶんな事」という意味があります。
深読みしなくては解らないかも知れませんが、
貧しい人はまず衣服を粗末にします。食と住がなくなっては死に直結するからです。
ですから、衣服にお金をかけられる、丈を長くできる、何枚も重ねて着れる。
それがつまり「裕福」という事であります。

ぱっと見て解らなくても、ちょっと考えてみると、意味で偏を判断できます。
ただ「初」はさっと見たところ、その類の意味合いは辞書に載っておりませんでしたので、これは覚えておかなくてはいけないと思います。

示偏。考えるのに困る気がします。示す、と言う字を偏にするのですから「何かを示す」字です。
示偏の漢字は神仏関連、幸不幸の兆しや事象などを意味します。
例えば福祉の「福」は、さいわい、祭りにそなえる肉、天の助け等々の意味が辞書に載っています。「祉」はさいわい、幸せ。

示偏には「示」と「ネ」の違いもありますが、迷った時
この漢字はどんな意味だろう。と、考えてみてはどうでしょうか。

専などは、最近の漢字の簡略化で点を付けないものが多くなってきています。
改訂されたものから点を付けなくなってきているので、最新の漢和辞典で一つ一つ調べてみてください。
辞書を選ぶ時は、もっとも編集日の新しいものを。
言葉は常に変化を続けますから、古いものを買うと現在の用法と違う時があるので、注意してくださいね。

三省堂「新明解漢和辞典」第四版から意味は抜粋させていただきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

漢字の意味を推測する力を付けたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/13 19:16

こんばんわ、疑問はつきませんね。



さてご質問の件ですが、すでに他の方から詳細なリプライがついていますね。

ころもへんとしめすへんですが、衣偏の衣は、着物のあわせを前から見た象形文字です。活字だとわかりづらいですが、金石文・甲骨文字を見るとすぐにわかります。「左前・右前」といった着物の前をあわせるところです。ですので、着物に関する漢字に用いられます。

一方、示偏の示すは、十五夜などにお団子を載せる、「さんぽう」の象形文字です。神様にお供えする供物を載せるためのものです。ですので、神様に関係する漢字に用いられます。

ただ、いずれも現代漢字ですと、かき分けが一画しかないので昔の意味がとりづらいですね。

また、「専」「博」ですが、これも常用漢字ではほとんど同じに書いてしまいますが、旧字では「博」の作りは、「甫」+「寸」です。一方「専」は車のような字に「寸」を下に書きます(詳細は漢和辞典をご覧ください)ようするに違う字なのですね。でも、これも常用漢字では区別がしづらいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

漢字の意味が理解できるように頑張りたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/13 19:13

確か薄とか「は行」で読めるものは点がつくんだと習いました。

例えば「博」とか。専とか読めないでしょ?なにぶん小学校ぐらいの時なので記憶が定かでないんですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その記憶が確かならとても心強いです。僕も確認してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/13 19:14

「ころもへん」と「しめしへん」同じと思っているなら間違いです。


「ころもへん」は衣の変形体で新字体では ネ と同じような形に書きます(次に使う神を参照してください)
神という字を「示へん」書いてあることも見受けますが正規の記述法ではないと思います。
「示へん」は取る点も、付ける点もありませんです。
以下は NO1さんの説明の通りです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2003/10/14 13:21

カミサマ(神事)にかかわっているのは、「しめすへん」って覚えてますけど・・・(^ ^;)


新字体だとわかりづらい場合、ありますよね。

http://homepage1.nifty.com/forty-sixer/simesuhen …
http://www006.upp.so-net.ne.jp/takagish/opinion/ …

この回答への補足

URPありがとうございました。とてもわかりやすかったです。 

補足日時:2003/10/13 19:19
    • good
    • 0

 ころもへんとしめすへんは、前者が衣服に関するもの、後者が神や祭礼に関するものに使われるへんです。

といっても見分けがつかないものもありますよね。そこで、つぎのサイトはどうですか。私も勉強になりました。

参考URL:http://www006.upp.so-net.ne.jp/takagish/opinion/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URLありがとうございました。よくわかりました

お礼日時:2003/10/14 13:20

jagabataさん、こんにちは



「ころもへん」と「しめすへん」については、元の字を考えてみましょう
「ころもへん」じゃ「衣」・「しめすへん」は「示」ですよね
この時に「示」を見ると4画で、「しめすへん」も4画ですので、画数で覚えるのはどうでしょうか?

右上の点は私も迷った時期がありましたが、#2さんの「専門家に点はなし」で覚えましたので、有効だと思います

この回答への補足

「ころもへん」と「しめすへん」については漢字を書くときに迷った時のことを知りたいです。

補足日時:2003/10/13 19:03
    • good
    • 0

>「ころもへん」と「しめすへん」で点を付けるか、付けないか



よく分かります。私もしゅっちゅう悩みます。
私の場合は例えば「しめすへん」なら左側を文字通り「示」という漢字に変えてみます。(要は旧字ですね。しめすへんの漢字なら示でもしっくりきます。)

回答にはなってませんが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/13 19:12

「衣」と「示」をへんの形に変形してみてください。


衣へんの方が1画多いのに気が付かれると思います。

この回答への補足

「ころもへん」と「しめすへん」については漢字を書くときに迷った時のことを知りたいです。

補足日時:2003/10/13 19:08
    • good
    • 0

「ころもへん」と「しめすへん」の点はほとんどニュアンス的に書いています・・・漢字の外観こんな感じだったかなー?みたいな感じです(笑)



あと、「専」と「博」についてですが、私は学校で
「『専門家』に点はなし!」と習ったので、書くときはいつもその教えを思い出しながら「専」の字を書いています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

点についてはそのように覚えたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/13 19:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢字のしめすへんの旧字体

漢字のしめすへんについてなのですが、旧字体のしめすへんははねないのでしょうか?

Aベストアンサー

はねません。
下記と同じ形です。
祀 祠 祗 祚 祕 祓 祺 祿 禊 禝 禧
文字化けするかも知れませんが、
神 祥 福 社 祉 祈 祐 祖 祝 禍 禎 視

『大漢和辭典』では、「示」「票」「禁」などもはねません。

Q日本文学で重要な変化点となった「言文一致運動」について2点質問です。

日本文学で重要な変化点となった「言文一致運動」について2点質問です。

明治時代に唱えられた「言文一致運動」で今まで文語体で書かれていた文学が口語体で書かれる様になりましたが,

1:どのような経緯から今までの文語体から口語体の文学になっていたのでしょうか?
2:口語体で書かれた文学と文語体で書かれた文学を共に読み比べてみると全くといっていいほど違う文章ですが,
やはり当時の口語と文語の違いは相当だったという考えでいいんでしょうか?

以上確認したくお願いいたします。

Aベストアンサー

>明治時代に唱えられた「言文一致運動」で今まで文語体で書かれていた文学が口語体で書かれる様になりましたが,

1:どのような経緯から今までの文語体から口語体の文学になっていたのでしょうか?

坪内逍遥をはじめ文学者から「言文一致運動」が唱えられています。坪内逍遥は東大の文学部英文学科卒業の文学士で、早稲田大学の教員ですから、英文学や海外の文学の影響を受けたのではないでしょうか。また、文語と口語の乖離を実感していただろうことや、明治という時代の雰囲気-今までを見直し、新規のことにチャレンジしてみるとの雰囲気。江戸時代は遅れており、改革せねばならないとの意識-の中にあったことも影響していると思います。坪内逍遥-二葉亭四迷のラインだけでなく、山田美妙などの言文一致運動もありますので、文語と口語の乖離を実感していた人は多かったのではないでしょうか。

2:口語体で書かれた文学と文語体で書かれた文学を共に読み比べてみると全くといっていいほど違う文章ですが,
やはり当時の口語と文語の違いは相当だったという考えでいいんでしょうか?

やはり相当違ったと思います。それを実感する人間がいたからこそ、言文一致運動が起こったのだと思います。ただ、評価はされていませんが、江戸後期の式亭三馬の「浮世床」などは、江戸弁という限定された言葉ではありますが、相当口語の江戸弁に近い表現を試みています。江戸時代でも、文語と口語の乖離について、感じていた人はいたのだと思います。

以上参考まで。

>明治時代に唱えられた「言文一致運動」で今まで文語体で書かれていた文学が口語体で書かれる様になりましたが,

1:どのような経緯から今までの文語体から口語体の文学になっていたのでしょうか?

坪内逍遥をはじめ文学者から「言文一致運動」が唱えられています。坪内逍遥は東大の文学部英文学科卒業の文学士で、早稲田大学の教員ですから、英文学や海外の文学の影響を受けたのではないでしょうか。また、文語と口語の乖離を実感していただろうことや、明治という時代の雰囲気-今までを見直し、新規のこと...続きを読む

Qネ、しめすへんに表と書いてなんと読めば良いのでしょ

ネ、しめすへんに表と書いてなんと読めば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

おそらく、示すへんではなく衣へんかと思われます。
この字でしょうか→「裱」

画数:13
音読み:ヒョウ
訓読み:ひれ
ピンイン:biao3
対応する英語:to mount maps or scrolls, to paste

ひょう‐ぐ〔ヘウ‐〕【表具/×裱具】
紙・布などをはって、巻物・掛け物・帖(じょう)・屏風(びょうぶ)・ふすまなどに仕立てること。表装。

中国では、紙を保護したり補修したりする技術「装裱」というものがあります。

Q月へんについて

身体の大事な部分には、月へんが、多いんでしょうか?
たとえば脳とか肝臓 心臓。

Aベストアンサー

体に関係する漢字については、「つきへん」というより「にくづき」といいます
http://www.jade.dti.ne.jp/~takigawa/itijikou/12.htm
など読まれると、少しは理解していただけるかと・・・

参考URL:http://www.jade.dti.ne.jp/~takigawa/itijikou/12.htm

QIMEパッドの漢字一覧をワードに取り込む方法について

よろしくお願いします。
IMEパッドで、総画数を指定すると、漢字が一覧表示で出ます。
その事について、この漢字一覧をワードに取り込む事は出来ないん
でしょうか?

IMEパッドからだと、漢字を一文字ずつしか取り込む事が出来ず、
例えば総画数を10画とかに指定して、漢字を一覧表示すると、
漢字を一文字ずつしかワードに取り込む事が出来ないため、
ものすごく労力がかかって、少しバカバカしい作業のような感じ
なんです。

例えば、検索や、エクスプローラーでファイルを探して、
ファイルを開いて、すべて選択、コピー、貼り付け、
って感じの操作は出来ないんでしょうか?
ファイル名が分からないため、どうすればいいんだろうと
困ってます。

他の方法でも全く構いません。
特に専門家の方でなくてもよろしいですので、
この漢字一覧の取り込み方法についてご存知の方がいましたら、
回答のほうをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1のmshr1962です。
A1に12321と入力されてますね。
A1を選択して「編集」「フィル」「連続データの作成」で
範囲を「列」に変更
停止値に「38526」を入力して「OK」してください。
1ずつカウントアップしてくれます。
(A2に=A1+1として下にコピーしてもいいですが数が多いので上の方法が簡単です)

B1の式をA列の38526までコピーしてください。
B列をコピーしてC1を選択
「編集」「形式を選択して貼り付け」で「値」を選択して「OK」で
C列にコピーできます。

C列を選択して「編集」「置換」で「検索する文字列」に「#VALUE!」
として「すべて置換」を押してください。#VALUE!がブランクに変わります。
そのまま「データ」「並べ替え」を実行すればブランクの行を詰めてくれます。

後はコピーしてワードに貼り付けしてください。

Q子どものころ読んだ本

子どものころ読んで、あいまいな記憶にだけ残っている本を探したいというとき、どんな方法があるでしょうか?本やお話について、質問できて、詳しい方が教えてくれる、というようなホームページがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

サイトではこれ!というものは「ここ」くらいなんですけど、
読売オンラインで「本の探偵」というところがあり(どうも読売新聞の紙上でそういうコーナーがあるらしい)、そちらの過去質問は見ることができます。
http://www.yomiuri.co.jp/book/kodomo/tantei/

こちらで回答されている「あかぎ かんこ」さんは「本の探偵」シリーズという本を出されていて、そちらは昔読んだ本の中の「たべもの」や「いろ」や「どうぐ」などから物語を探し出す、というものです。
http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/NS/CSfLastGenGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=1775217

サイトじゃなくて本の紹介になっちゃいますが、参考になれば幸いです。

Q漢字一覧にない文字の作成方法

祖母の名前が旧漢字なのか、変換しても出て来ないのですが、
自分で作成することは可能でしょうか?

至急で回答を頂きたいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

IMEパッドの手書きでも出てこない漢字なら、外字エディタで似た漢字を参照して作るしかないです。

Q虹は、どうして虫へんですか?

虹は、どうして虫へんですか?

Aベストアンサー

虹という字の虫へんの意味は、昆虫の虫の事ではなくて蛇(へび)の事です。

蛇といっても特別な蛇の事で伝説の生き物の龍を意味しています。

昔虹をを見た人々が不思議に感じて虹を龍の姿に見立てたのか、又は龍が翔んだ跡に尾を引いた光の痕跡だと考えたのかも知れませんね。

QPW-A7000を使って青のついた漢字を一覧したい

PW-A7000を使って青のついた漢字を一覧したいのですが出来ませんか?

Aベストアンサー

 私の電子辞書は他メーカーのものですが、同じ漢字源が入っています。私の辞書では漢字源を立ち上げると画面上に「部品読み」の入力欄がありますので、ここに「あお」と入れて検索すると青の部首がある漢字が表示されます。

 機種が違うと画面が違うようでしたらゴメンナサイ。

Q宮に初めてまいりたるころの品詞分解

宮に初めてまいりたるころの品詞分解を教えてください!

Aベストアンサー

ブラウザの関係ですかね・・・。
わたしのブラウザはグーグルクロームなんですが。
とりあえず、コピペしておきます。




に(格助詞)
初めて(副詞)
参り(ラ行四段活用・連用形)
たる(完了の助動詞・連体形)
ころ、
もの
の(格助詞)
はづかしき(形容詞・シク活用・連体形)
こと
の(格助詞)

知ら(ラ行四段活用・未然形)
ず(打消の助動詞・連用形)、

も(係助詞)
落ち(タ行上二段活用・連用形)
ぬ(強意の助動詞・終止形)
べけれ(推量の助動詞・已然形)
ば(接続助詞)、
夜々
参り(ラ行四段活用・連用形)
て(接続助詞)、
三尺
の(格助詞)
御几帳
の(格助詞)
うしろ
に(格助詞)
候ふ(ハ行四段活用・連体形)
に(接続助詞)、

など(副助詞)
取り出で(ダ行下二段活用・連用形)
て(接続助詞)
見せ(サ行下二段活用・未然形)
させ(尊敬の助動詞・連用形)
給ふ(尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・連体形)
を(接続助詞)、

にて(格助詞)
も(係助詞)
え(副詞)
さし出づ(ダ行下二段活用・終止形)
まじう(打消推量の助動詞・連用形のウ音便)、
わりなし。(形容詞・ク活用・終止形)

「これ(代名詞)
は(係助詞)、
と(副詞)
あり(ラ行変格活用・連用形)、
かかり(ラ行変格活用・終止形)。

それ(代名詞)
が(格助詞)、
かれ(代名詞)
が(格助詞)。」

など(副助詞)
のたまはす(サ行四段活用・終止形)。

高坏
に(格助詞)
参らせ(サ行下二段活用・連用形)
たる(存続の助動詞・連体形)
大殿油
なれ(断定の助動詞・已然形)
ば(接尾辞)、

の(格助詞)

など(副助詞)
も(係助詞)、
なかなか(副詞)

より(格助詞)
も(係助詞)
顕証に(形容動詞・ナリ活用・連用形)
見え(ヤ行下二段活用・連用形)
て(接続助詞)
まばゆけれ(形容詞・ク活用・已然形)
ど(接続助詞)、
念じ(サ行変格活用・連用形)
て(接続助詞)
見(マ行上一段活用・連用形)
など(副助詞)
す(補助動詞・サ行変格活用・終止形)。

いと(副詞)
つめたき(形容詞・ク活用・連体形)
ころ
なれ(断定の助動詞・已然形)
ば(接続助詞)、
さし出で(ダ行下二段活用・未然形)
させ(尊敬の助動詞・連用形)
給へ(尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・已然形)
る(存続の助動詞・連体形)
御手
の(格助詞)
はつかに(形容動詞・ナリ活用・連用形)
見ゆる(ヤ行下二段活用・連体形)
が(格助詞)、
いみじう(形容詞・シク活用・連用形のウ音便)
にほひ(ハ行四段活用・連用形)
たる(存続の助動詞・連体形)
薄紅梅
なる(断定の助動詞・連体形)
は(係助詞)、
限りなく(形容詞・ク活用・連用形)
めでたし(形容詞・ク活用・終止形)
と(格助詞)、
見知ら(ラ行四段活用・未然形)
ぬ(打消の助動詞・連体形)
里人心地
に(格助詞)
は(係助詞)、
かかる(ラ行変格活用・連体形)

こそ(係助詞)
は(係助詞)

に(格助詞)
おはしまし(サ行四段活用・連用形)
けれ(詠嘆の助動詞・已然形)
と(格助詞)、
おどろか(カ行四段活用・未然形)
るる(自発の助動詞・連体形)
まで(副助詞)
ぞ(係助詞)、
まもり(ラ行四段活用・連用形)
参らする。(謙譲の補助動詞・サ行下二段活用・連体形)


に(格助詞)
は(係助詞)
とく(形容詞・ク活用・連用形)
下り(ら行上二段活用・連用形)
な(強意の助動詞・未然形)
む(意志の助動詞・終止形)
と(格助詞)
いそが(ガ行四段活用・未然形)
るる。(自発の助動詞・連体形)

「葛城
の(格助詞)

も(係助詞)
しばし(副詞)。」

など(副助詞)
仰せ(サ行下二段活用・未然形)
らるる(尊敬の助動詞・連体形)
を(接続助詞)、
いかで(副詞)
かは(係助詞)
筋かひ
御覧ぜ(サ行変格活用・未然形)
られ(受身の助動詞・未然形)
む(意志の助動詞・連体形)
とて(格助詞)、
なほ(副詞)
伏し(サ行四段活用・連用形)
たれ(存続の助動詞・已然形)
ば(接続助詞)、
御格子
も(係助詞)
参ら(ラ行四段活用・未然形)
ず(打消の助動詞・終止形)。

女官ども
参り(ラ行よ・連用形)
て、(接続助詞)

「これ(代名詞)、
放た(タ行四段活用・未然形)
せ(尊敬の助動詞・連用形)
給へ(尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・命令形)。」

など(副助詞)
言ふ(ハ行四段活用・連体形)
を(格助詞)
聞き(カ行四段活用・連用形)
て(接続助詞)、
女房
の(格助詞)
放つ(タ行四段活用・連体形)
を、(格助詞)

「まな(副詞)。」

と(格助詞)
仰せ(サ行下二段活用・未然形)
らるれ(尊敬の助動詞・已然形)
ば(接続助詞)、
笑ひ(ハ行四段活用・連用形)
て(接続助詞)
帰り(ラ行よ・・連用形)
ぬ(完了の助動詞・終止形)。

もの
など(副助詞)
問は(ハ行四段活用・未然形)
せ(尊敬の助動詞・連用形)
給ひ(尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・連用形)、
のたまはする(サ行下二段活用・連体形)
に(接続助詞)、
久しう(形容詞・シク活用・連用形のウ音便)
なり(ラ行四段活用・連用形)
ぬれ(完了の助動詞・已然形)
ば、(接続助詞)

「下り(ら行上二段活用・未然形)
まほしう(願望の助動詞・連用形のウ音便)
なり(ラ行四段活用・連用形)
に(完了の助動詞・連用形)
たら(存続の助動詞・未然形)
む(推量の助動詞・終止形)。

さらば(接続詞)、
はや(副詞)。

夜さり
は(係助詞)、
とく(形容詞・ク活用・連用形)。」

と(格助詞)
仰せ(サ行下二段活用・未然形)
らる(尊敬の助動詞・終止形)。

ゐざり隠るる(ラ行下二段活用・連体形)
や(係助詞)
遅き(形容詞・ク活用・連体形)
と(格助詞)、
上げちらし(サ行四段活用・連用形)
たる(完了の助動詞・連体形)
に(接続助詞)、

降り(ラ行四段活用・連用形)
に(完了の助動詞・連用形)
けり(過去の助動詞・終止形)。

登花殿
の(格助詞)
御前
は(係助詞)、
立蔀
近く(形容詞・ク活用・連用形)
て(接続助詞)
せばし(形容詞・ク活用・終止形)。


いと(副詞)
をかし(形容詞・シク活用・終止形)。

昼つかた、

「今日
は(係助詞)、
なほ(副詞)
参れ(ラ行四段活用・命令形)。


に(格助詞)
曇り(ラ行四段活用・連用形)
て(接続助詞)
あらはに(形容動詞・ナリ活用・連用形)
も(係助詞)
ある(補助動詞・ラ行変格活用・連体形)
まじ(打消推量の助動詞・終止形)。」

など(副助詞)、
たびたび(副詞)
召せ(サ行四段活用・已然形)
ば(接続助詞)、
こ(代名詞)
の(格助詞)

の(格助詞)
あるじ
も(係助詞)、

「見苦し(形容詞・シク活用・終止形)。

さ(副詞)
のみ(副助詞)
やは(係助詞)
篭り(ラ行四段活用・連用形)
たら(存続の助動詞・未然形)
む(意志の助動詞・終止形)
と(格助詞)
する(サ行変格活用・連体形)。

あへなき(形容詞・ク活用・連体形)
まで(副助詞)
御前
許さ(サ行四段活用・未然形)
れ(受身の助動詞・連用形)
たる(完了の助動詞・連体形)
は(係助詞)、
さ(副詞)
おぼしめす(サ行四段活用・連体形)
やう
こそ(係助詞)
あら(ラ行変格活用・未然形)
め(推量の助動詞・已然形)。

思ふ(ハ行四段活用・連体形)
に(格助詞)
たがふ(ハ行四段活用・連体形)
は(係助詞)
にくき(形容詞・ク活用・連体形)
もの
ぞ。(終助詞)」

と(格助詞)、
ただ(副詞)
いそがし(サ行四段活用・連用形)
に(格助詞)
出だし立つれ(タ行下二段活用・已然形)
ば(接続助詞)、
あれ(代名詞)
に(断定の助動詞・連用形)
も(係助詞)
あらぬ(補助動詞・ラ行変格活用・未然形)
心地
すれ(サ行変格活用・已然形)
ど(接続助詞)
参る(ラ行四段活用・連体形)
ぞ(係助詞)、
いと(副詞)
苦しき(形容詞・シク活用・連体形)。

火焼屋
の(格助詞)

に(格助詞)
降り積み(マ行四段活用・連用形)
たる(存続の助動詞・連体形)
も(係助詞)、
めづらしう(形容詞・シク活用・連用形のウ音便)、
をかし(形容詞・シク活用・終止形)。

ブラウザの関係ですかね・・・。
わたしのブラウザはグーグルクロームなんですが。
とりあえず、コピペしておきます。




に(格助詞)
初めて(副詞)
参り(ラ行四段活用・連用形)
たる(完了の助動詞・連体形)
ころ、
もの
の(格助詞)
はづかしき(形容詞・シク活用・連体形)
こと
の(格助詞)

知ら(ラ行四段活用・未然形)
ず(打消の助動詞・連用形)、

も(係助詞)
落ち(タ行上二段活用・連用形)
ぬ(強意の助動詞・終止形)
べけれ(推量の助動詞・已然形)
ば(接...続きを読む


人気Q&Aランキング