昨日、小4の息子と同じクラスの子の母親から突然電話で2ヶ月前に退職した大手保険会社の同僚のため名義貸しをして欲しいと頼まれました。
そこの子とウチの子は仲も良く同じ野球チームにも入っています。彼女も保護者の中ではリーダー的存在です。彼女が在職中にも説明会等に何度か誘われていました。お付き合いで参加しましたが加入ははっきりお断りしておりました。退職されたという事でホッとしていたところでした。しかも彼女は「契約書に名前書くだけでお金は要らないし手続きも全ていらない。皆やっていることだから・・・」などと法律違反の名義貸しにも単なる社内の事務処理のような説明でした。
お断りしても他の人には頼めない、同僚が困ってるなどと諦めてくれません。彼女の性格からあまりむげにすると子供同士の関係にも差し障りそうです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

やはりお断りになるべきだと思います。



私の母の体験談になりますが、十数年前、同じように、名義貸しを頼まれました。「名義だけ貸してくれれば、保険料は払っておくから」ということで、軽い気持で承諾したようですが、一度承諾すると、次々と合計4回(4名分)も貸すことになったそうです。
数年間はその方が保険料を払って継続していたようですが、やはり払いきれなくなり、(当然ですよね?)いつの間にかそのまま支払わずに放置していたようです。その結果、詳しいことはわかりませんが、その保険会社に対して(他の会社に対してもか?)名義人がブラックリストのようなものに載ってしまい、自分が必要で掛けている保険にも影響するような状態になってしまうとその保険会社の別の人に言われ、慌てて解約したようです。解約時にも色々大変だったようですが、肝心の名義貸しを申し出た人は知らん顔、非常に腹立たしかったと言っておりました。
現在ではその人とは全く音信不通、近所なのでたまに顔は見かけますが、挨拶もしません。

さて、長々と体験談を書きましたが、hozuriさんの場合、お子さんの友達関係をご心配されているので、このことだけでのご判断は難しいと思いますが、お金が絡むと人間関係は思っていた以上にこじれたりするものです。まして、今回のことは客観的に見ても断ることの方が正統的。断ることが原因で機嫌を損ねてしまうような人とは、今後も又別の問題でもめることがあると思いませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私も説明会等に誘われた時に、現在加入している保険以外に加入する気がないことをハッキリ申し上げました。けれども、今回それを逆手にとられて「今後関わることがないからいいじゃないか」と言われてしまいました。でもmiwa-rinさんのおっしゃる通りお金にかかわる話ですから毅然とした態度でお断りします。

お礼日時:2003/10/15 16:36

 以前友人が名義貸しをした外務員の方が退職し困ったことがあります。


保険会社からは保険料督促の通知が来るし、ご主人からは問い詰められるし・・・。
軽い気持ちで名義貸しをし、不払いで解除されたり
解約をすると今後本当に契約する時に問題になると思います。

 最近、どこの保険会社もコンプライアンス(法令遵守)に神経を使っています。
架空契約、作成契約は外務員自身の進退問題にもなりますよ。
外務員のことはいいとしても、ご自身に汚点がつくことは毅然としてことわりましょう。
子供さんの友達の母親の一人や二人いなくても困りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様、たくさんの回答ありがとうございました。
こちらで、まとめてお礼を申し上げます。

この数日間ずっと悩みましたがどう考えても相手のおっしゃる『人助け』にはあたらないと思いますし、あとの代償を考えるとお受けするわけにはいかないと思い強い意思でお断り申し上げました。
相手の方は、『信頼を裏切られた』とか『そういう取り方をされるなんてあきれた・・・』などと言っておりましたが・・・。まだ尾を引きそうではありますが、これもよい経験だと思って諦めます(-_-;)

お礼日時:2003/10/17 10:03

毅然とした態度をとるしかないと思います。

「私は名義貸しはできません。人助けならあなた自身が名前を貸せば」と。
それから野球チームの他の保護者の方々に「○○さんにこんなこと頼まれて困っている」とそれとなく話しておくのもいいのではないでしょうか。その人との関係がこじれても、まわりの方々と円満な関係を続ければいいと思います。

大変失礼ですが、hozuriさんなら断りきれないとタカをくくっているのは間違いないと思います。
    • good
    • 0

こういう人って誰が一番丸め込め易いか良く知ってるんですよね。


嫌ですね。
真面目にやってる人が迷惑しますね。
多分優しいあなたは彼女にとって絶好の獲物なのでしょう。
生命保険の歩合はとてもおいしいものです。
やっぱ印税的収入ですからね。
だだし、確か契約者が3年以内で解約してしまうともらえなかったと記憶しています。
なんせ一生涯を通じて家1軒分相当のお金を払ってもらえるのですから、どでかい生保会社のビルが建ってもおかしくないですよね。
ところで断り方ですが、やはり親とか旦那を楯にするのが一番差し支えないと私も思います。
しかしこういう人たちは断られてからが本当のスタートといつも研修などでインプットされていますから、簡単には引き下がりません。
場合によっては「もし名義貸ししたら旦那に離婚と言われた」と言ってみるとか、最後手段として旦那からやんわりと直接彼女に言ってもらうとかもありじゃないでしょうか。
    • good
    • 0

しかし、親族や知人ではなく子供の友達の親に頼むとは・・・。


頼まれた人から良くは思われない確率100%ですよね。
人に名義貸しを依頼する事自体あまり気が進まない作業ですので、もしかしたら
そのノルマに苦しむ友人を助けるだけではなくて、契約成立のあかつきには謝礼
が出るのかもしれませんね。

ただ、結論はもう「断る」ということで出ているようなものですよね。
あとは、いかに要領良く断るかですね。
できれば、今回限りの断りではなく今後一切お願いされることがないように
したいですよね。
又、あわよくばこれを機会に距離を置ければなおさら良し。

私なら、断る理由はこんな感じです。

(1)旦那が無理だと言っている。(下の方も書いてますね、これが一番簡単かも)
(2)昔一度名義貸しで失敗しているからやらないようにしている。
(3)「ちょうど良かった。 私100万円を業者に借りようと思っているんだけど、代わりに
 その友人に名義人になってもらえないかな? こっちも名前書くだけだから。」
 と言ってみる。

個人的には(3)を言ってみたいものですが、現実的にはやはり(1)もしくは(2)でしょうか。

ちなみに、保険外交員はなぜああも商業的なんでしょうね。
人から一生涯にかけて何百万というお金を払わせる契約なのに、相手の状況などあまり
考えずに商品を押し付けますよね。(それも説明や商品比較など無しに)
    • good
    • 0

断るつもりなら、はっきりと「それって違法ですよね、違法行為には手を貸せません」といったことを言葉で伝えることです。

あいまいにしていると、相手はいつまでも勧誘してきます。
もちろん断りきれない事情とかはあると思いますが、こちらの意思を一度はっきりと伝えることが大切です。
    • good
    • 0

こんな人いやですね


貸しても貸さなくてもきっといやな気分になるから貸さない方がまし。私は親に相談したらダメって言われたからとか主人がだめだって。ごめん、とか言ってます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/15 16:39

どの部分が質問なんでしょうか?



こういった書き方をすると「質問者への指摘」ということで、回答・アドバイスを削除されるかもしれません。

契約するべきか否か、という判断でしたら、違法行為と認識された上での判断ということですね。あとのことは自己責任です。
細かくは書きませんが、最悪の場合は、将来本当に生命保険が必要となったときに、保険会社から契約を断られることも考えられます。

友人(?)の行為は、金融庁等に通告すれば友人自身だけでなく、その保険会社までもが処罰を受ける行為です。

この回答への補足

わかりにくい文で申し訳ありませんでした。

質問は断り方についてです。
私は法律違反行為でとんでもないことと思っていますが、彼女にはその意識がありません。人助けだというのです。

補足日時:2003/10/15 11:32
    • good
    • 0

確かにそういうことをしている方はたまに居ますよね。


でも、頼んできたのは保険会社で働いている方ですか?
毎月のノルマ性の会社みたいなんで,
大変なのは私も聞いたことがあるのですが、お金はいらないにしても
架空の契約を作る必要があるのでしょうか?
hozuriさんにとって要らない物ならば誠実にお断りしてみては?
他の人に頼めないことを何故私に頼むの?って私は言ってしまうと思います。
たとえ頼んできたのが子供のお友達の親で断った所で関係がまずくなるなら
それだけの人のように私は思います。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございました。

依頼者は彼女の勤めていたD生命の同僚で今月どうしてもノルマが達成できずにいるとのことでした。
もちろん私は顔も名前も知りません。
正直申しまして腹もたちますが、これまでの他のいきさつを考えてもよほど上手く断らないと後にひびきそうなのです。

補足日時:2003/10/15 11:30
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続した郵貯口座が故人名義のままになっている

7年ほど前に遺言によって郵便貯金口座を中身ごと相続し、弁護士に確認のうえ、通帳の名義と印鑑を私に書き換えてもらいました。
先日オークション代金の振込先にこの口座を指定したところ、先方から番号は合っているが名義人が違う(故人名のまま)ので振り込めないと言ってきました。
この通帳は現に私が使っているのに故人名義とは「ユーレイ口座」ではありませんか。郵便局へ行って暴れてみますが、郵政公社関係または郵貯事務経験のある方、何でこんなことがおきるのか教えてもらえませんか。

Aベストアンサー

郵政職員の単なる怠慢ではないでしょうか。
きちんと仕事をするように,大いに奮闘してきてください。期待をしております。
あるいはこれを機に口座を銀行等へ移してみてはいかがでしょう?

Q夫の名義貸し

結婚して3年になりますが、結婚の直前に夫が親の知り合いに頼まれて生命保険(明治安田生命)の名義貸しをしたそうです。
月々の掛け金はその方が支払うという約束で、たぶん今まで一円も払ったことはありませんが、夫名義の口座をその方が持っているようでかなり頻繁に引き落とし口座の残高不足の通知が届きます。
先日その方から保険を解約させてほしいとの連絡があり、保険証券がないから印鑑証明のカードを貸してくれといわれたそうなのですが、まさか他人にそんな大事なものを渡すわけにもいかないし、
正直そんな人に印鑑証明もあずけたくありません。
けれど名義貸しなんて一刻も早くやめてほしいので解約はしたいのです。
他によい方法はないのでしょうか。
ちなみに解約の書類等もこちらでは一切書いておりません。
加えて夫名義の口座も返してもらい、解約してしまいたいのですが解約金等が口座に振り込まれるものであれば勝手に解約するのも難しいような気がします。
夫はかなりだらしのない人なので、どの印鑑を使ったのか、口座は誰が作ったのかなど全て覚えていないというのです…。
夫に対してもその方に対しても怒りがおさまらない心境ですが、姑が以前その生保の所長で、その方はかわいがっていた後輩らしいのであまり事を荒立てたくもありません。なにか良い方法はありませんでしょうか。

結婚して3年になりますが、結婚の直前に夫が親の知り合いに頼まれて生命保険(明治安田生命)の名義貸しをしたそうです。
月々の掛け金はその方が支払うという約束で、たぶん今まで一円も払ったことはありませんが、夫名義の口座をその方が持っているようでかなり頻繁に引き落とし口座の残高不足の通知が届きます。
先日その方から保険を解約させてほしいとの連絡があり、保険証券がないから印鑑証明のカードを貸してくれといわれたそうなのですが、まさか他人にそんな大事なものを渡すわけにもいかないし、
正...続きを読む

Aベストアンサー

 まだまだこんな外交員がいるんですねぇ。だから日本の生命保険外交員の地位がこうじょうしないんですよねw(本来やってはいけないこと)

 さて、<保険証券がない>のは、質問者サマの自宅に証券があるから、その外交員の手元にないという事ですか?
 いずれにしても、印鑑証明のカードを渡す事は必要ありません。
 安全に解約手続きを行う為のアドバイスですが

1.解約に必要な手続書類一式をすべて送ってもらいましょう。
2.名義貸しの際、申し込みの記入をその外交員がしているのであれば、そのひとに記入してもらったものを貰ってください(筆跡が違うと手続きが進まないケースがあります)
3.書類が(印鑑証明含む)全て揃ったら外交員に、ではなく、明治安田生命本社に送ってください。
4.心配でしたら配達証明(書留)で送付してください。

 ちゃんと処理してくれれば送付から一週間程で手続き完了できるはずなのです。

>夫に対してもその方に対しても怒りがおさまらない心境ですが、姑が以前その生保の所長で、その方はかわいがっていた後輩らしいのであまり事を荒立てたくもありません

 いろんな意味で精神的不安をあたえられたんですよね。きっと質問者サマ以外にも迷惑をかけられた人がいるのではないでしょうかw思い切ってリークしちゃったらどうです?(真面目にやっている外交員にとっても、こんな人はとても迷惑!)スミマセン余談でしたネ。

 まだまだこんな外交員がいるんですねぇ。だから日本の生命保険外交員の地位がこうじょうしないんですよねw(本来やってはいけないこと)

 さて、<保険証券がない>のは、質問者サマの自宅に証券があるから、その外交員の手元にないという事ですか?
 いずれにしても、印鑑証明のカードを渡す事は必要ありません。
 安全に解約手続きを行う為のアドバイスですが

1.解約に必要な手続書類一式をすべて送ってもらいましょう。
2.名義貸しの際、申し込みの記入をその外交員がしているのであれば、...続きを読む

Q故人名義の建物を建て直す場合、相続人の承諾は必要か?

こんにちは。
法律、特に相続関係に詳しい方、よろしくお願いします。
私の住む家は、敷地は私と両親との3人の名義に、建物は20年前に亡くなった祖父の名義のままになっております。
この家を建て直す場合、祖父の遺産相続人(私から見ると父方の親戚)から承諾を得る必要はあるでしょうか?
祖父が亡くなった時点で、長男である父が祖父の遺産(農地を含む土地など)を相続し、その分祖母(現在も健在)の老後を引き受け、兄弟たちには現金で相続分を支払っております。そして土地については全て父の名義に変更されたのですが、建物だけは祖父名義のままになっておりました。
参考までに、この家は築70数年を経て老朽化も進み、売却してお金になるようなものではないと思われます。

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 故人が「建て直す」ことはできないので、ご質問の趣意は、正確には故人名義の建物を相続人なり権利者が滅失させて、新たに父なり自分達の名義で新築する、ということになるかと思います。
 相続時点での取り決め(分割協議)によれば、父が土地など現金以外の財産を相続されたようなので、これについて争いがなければ、権利関係の問題は生じないと思います。ただ、現在の建物の登記上の名義人は故人になっているということであれば、外見上その分割協議の内容は公示されておらず、この滅失登記の際に権利関係を証明する書類が必要になるかと思います。
 建物は、解体業者(一定の建設業者以外現在届出制になりました;余談)が解体後、滅失証明書というのを出しますので、その書類と上記の書類等でこの登記をし、その後、新築建物については、表示(印紙代無料)~所有権保存(登録免許税必要)をするようになります。
 なお、遺産の分割協議書など書面が残っていない場合は、他の相続人に対してやや慎重にしないと、時間の経過や他人の無責任な煽動などによって、建物に価値がなくとも法定地上権などを巡ってトラブルとなるケースがありますので留意してください。具体的には、「承諾」はどの道必要ですが、「承諾」を前面に出さすのではなく、していなかった登記「手続」のハンコをください、的に向けたほうがスムーズのような気がします。

 故人が「建て直す」ことはできないので、ご質問の趣意は、正確には故人名義の建物を相続人なり権利者が滅失させて、新たに父なり自分達の名義で新築する、ということになるかと思います。
 相続時点での取り決め(分割協議)によれば、父が土地など現金以外の財産を相続されたようなので、これについて争いがなければ、権利関係の問題は生じないと思います。ただ、現在の建物の登記上の名義人は故人になっているということであれば、外見上その分割協議の内容は公示されておらず、この滅失登記の際に権利関係を...続きを読む

Q生命保険の名義貸し

 会社負担で、生命保険に入るよう指示されています。
社員の名前を貸し、受取り人も会社になります。この中から一部退職金が支払われるというものです。
「保険金目当ての・・・」と自分の身に何かあったら怖いと思い、躊躇しています。このような制度は当り前のように存在するのでしょうか?不勉強で申し訳ありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

企業には様々な社内規程があります

退職金制度、弔慰金制度、お見舞金、社内融資、休暇制度etc 社員なら誰でも見ることが可能です

そして、福利厚生の一環として、企業負担のグループ保険や企業年金保険なども、社内規程に基づき契約が交わされるものです。

まずは、会社の(死亡)退職金制度から確認してみましょう。そして、ご加入の保険契約がどの制度のために運用されるのか確認できたら安心できますね。

全員加入タイプの保険であれば、従業員一人一人の同意や告知が省略されるものもありますが、#2、#3の方が言われるような保険であれば、被保険者の同意や診査(告知)が必要になります。その時に必ず説明があるはずです。

あまりご心配なさらなくても良いと思われます。

蛇足ですが、「生命保険の名義貸し」とは違いますね。名義貸しとは、作成契約の一種で、保険業法に抵触する、金融庁に報告義務のある大きな保険事故です。題名でビックリしました。

Q曾祖母(故人)名義の土地の相続

祖母が相続した、曾祖母名義の土地が名義変更されないまま放置され70年程になります。現在も曾祖母の名前で固定資産税の請求が来ており何ら支障のないまま相続人の私が払っております。祖母の実家の直系の相続人はこのことを承知していますがそれ以外に相続権のある人が48人ほどになり、中には祖続放棄する前になにがしか分け分を貰わないとと言ったり、理由も言わないまま放棄することを渋ったりする人がでてきました。祖父母も既になく92才の母が対応していますが司法書士の方も手続きが煩雑らしく10年近くになりますがなかなか解決して貰えません。年が経つほどに相続権のある人が増えていくようで困っています。母の存命中に何とか解決してやりたいと思います。ご助言下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは大変ですね。「現在92才になられるお母様の祖母名義」と言う事ですから、曾祖母は健在ならば140才前後の江戸時代生まれで、明治に入ってから、購入する等何らかの理由で土地を手に入れ、自分名義に登記したのでしょう。これを現在の相続人名義にするには、曾祖母の相続人が誰かを確定しますが、その相続人たちも他界しているでしょうから、更にその相続人が誰かを確定して、要は現存している末端の相続人たちで遺産分割協議をやってその土地の帰属を決めていくことになります。もちろん、相続人の中に相続放棄した者や特別受益を受けたもの等は除外します。これはかなり大変な事です。もちろんやって出来ない事ではありませんが。

それよりも、NO1さんが言われるように、「相続による取得」では無くて、「時効取得」を考えた方がいいと考えます。曾祖母の死後70年以上も経過しているため、その土地について、相続人なら様々な権利を主張できたはずですが、70年経過後の現在では、被相続人が相続財産を他人に贈与してしまい相続人の慰留分を害するためにする「遺留分減殺請求権」も、ある相続人が他の相続人を排除して相続財産を分けてしまった場合になされる「相続回復請求権」も、時効により消滅しています。

ただ、相続権により取得した所有権に付いては、時効では消滅しませんので、その土地の所有権は、「現在の末端の相続人の共有状態」ともいえるかもしれませんが、その相続人たち(更にその相続人も)は今回の土地について、質問者さんが固定資産税を払っていたことから、その土地に質問者さんに「自主占有」が認められる事、また質問者さんが固定資産税を払ってきたことについて、他の相続人が全く異議を述べていない事等から考えれば、20年以上固定資産税を払い続けているのであれば、時効取得している、と十分解釈できる余地がある、と考えられます。時効により所有権を取得するためには、現在の末端の相続人たちに、「時効を援用する」旨の内容証明郵便を」送る必要があります。いちど、弁護士に相談してみた方がいいと考えます。

それは大変ですね。「現在92才になられるお母様の祖母名義」と言う事ですから、曾祖母は健在ならば140才前後の江戸時代生まれで、明治に入ってから、購入する等何らかの理由で土地を手に入れ、自分名義に登記したのでしょう。これを現在の相続人名義にするには、曾祖母の相続人が誰かを確定しますが、その相続人たちも他界しているでしょうから、更にその相続人が誰かを確定して、要は現存している末端の相続人たちで遺産分割協議をやってその土地の帰属を決めていくことになります。もちろん、相続人の中に相続放...続きを読む

Q名義貸し(明治安田生命)

最近まで付き合っていた彼氏が生命保険会社で働いていて死亡保険の名義貸しをお願いされました
それは納得して名義を貸しました(悪いことだとは知ってます)
お金は全て彼が払っていて私に負担は無かったのですが・・・・
その死亡保険を解約することになった時、解約返戻金が4000円ほどあり私名義の銀行口座が必要だと言われました
私は諸事情で銀行口座を弁護士に管理されています
不正な入金があると困ります
その事情も彼は知っていたのに・・・・
ネットバンクなら使ってないのがあったのでそちらでお願いしたらシステムの関連で利用できないと・・・・
友人のお母さんが同じ会社で外交員してるので相談したら
「4月から使える様になる」
翌日には返事を貰えました
彼は所長をしています
その情報を知らなかったとは思えません
4月まで待てず早く処理をしたいのかも知れないけど執拗に銀行口座を聞いてきます
うんざりして口論になりケンカ別れしました
彼には未練は無いけど気持ちが納得できなくて
どうしても私名義の口座番号が必要なのでしょうか?
もし教えなかったらどうなります?
もう少し誠意ある対応があると思うのですが・・・・
本社の苦情センターにでも実名で電話してやろうかとまで悩んでます

最近まで付き合っていた彼氏が生命保険会社で働いていて死亡保険の名義貸しをお願いされました
それは納得して名義を貸しました(悪いことだとは知ってます)
お金は全て彼が払っていて私に負担は無かったのですが・・・・
その死亡保険を解約することになった時、解約返戻金が4000円ほどあり私名義の銀行口座が必要だと言われました
私は諸事情で銀行口座を弁護士に管理されています
不正な入金があると困ります
その事情も彼は知っていたのに・・・・
ネットバンクなら使ってないのがあったのでそち...続きを読む

Aベストアンサー

ずいぶんお困りのようですね。。。。。

でも、ただ一つ言えることがあります。

★あなたが悩むべき問題ではありません。★

相手に一言言ってください。
”ややこしい事したんやから、全部自分でケツふけアホ!”ってね。

言葉は乱暴ですが、これが正論です。

逆に言えば、ややこしい状態になる可能性が高い、借名契約、さらには不正入金(銀行口座を通さず、自分で領収書切って入金していた?)をしてて、ややこしくなってから自分でケツをふけない、さらにはお客さまの心証を害する人間は最低です。

あなたの採るべき方法としては、放置が一番いいのでは?放置でも、あなたは一切困りませんから。ちなみに、放置、というのが、#2様がおっしゃっている、失効状態です。

>”現在「失効」の状態で上司からどうなっているのかと言われたと”

勘違いしてはいけません。失効させておくのも、(一応)契約者たるあなた様の権利です。失効するかしないかを、たかが一保険会社のややこしい外交員、上司が決めることはできません。 その保険会社の都合は、あなたには全く関係ありません。都合を聞かなくても損はしません。
 
まあ、もし私の元にそういう相談が来たら、お得意の、親戚のふりをして、横に座って、元彼氏とあなたと一緒に話をして、途中から説教モードに入りますが。

なお、どんなことがあっても、あなたの口座番号を教えちゃ駄目ですよ! 

まあ、そんなこと悩まずに放置して、もっと前向きなことに頭を使いましょうよ!!

ずいぶんお困りのようですね。。。。。

でも、ただ一つ言えることがあります。

★あなたが悩むべき問題ではありません。★

相手に一言言ってください。
”ややこしい事したんやから、全部自分でケツふけアホ!”ってね。

言葉は乱暴ですが、これが正論です。

逆に言えば、ややこしい状態になる可能性が高い、借名契約、さらには不正入金(銀行口座を通さず、自分で領収書切って入金していた?)をしてて、ややこしくなってから自分でケツをふけない、さらにはお客さまの心証を害する人間は最低です。
...続きを読む

Q故人名義の登記のなされた土地の、相続

土地の登記と相続について、お聞きします。
(友人から頼まれて、こちらのサイトに投稿させていただきました。)
私も友人も、法律についての知識はほとんどないため、
用語の誤用や誤解釈があるかと思いますが、
どうかご容赦下さい。(ご指摘お願い致します。)

以下のような事例です。

A男さんB子さんは夫婦であり、子はいない。
A男さんもB子さんも、兄弟姉妹がいる。
B子さんは平成4年に亡くなったが、
自宅周辺の果樹畑の土地(以下「土地X」)の登記が
B子さんの名義のまま放置されている。
(A男さんも、B子さんの兄弟姉妹も、相続をした気がない。
 事実上管理していたのはA男さん。)
このたび(平成22年)、A男さんも亡くなった。

この場合、土地Xの所有者はだれになるのでしょうか。
当事者間で相続をした気がないとしても、
B子さんが亡くなった時点でB子さんの兄弟姉妹とA男さんが
土地Xを相続したことになり、
今回A男さんが亡くなったことによって、
さらにA男さんの兄弟姉妹が相続した
=現在の所有者はB子さんの兄弟姉妹とA男さんの兄弟姉妹
ということになるのでしょうか。
(※友人本人は、B子さんの兄の孫にあたるとのことです。)

不明な点がありましたら、その旨のレスをいただければと思います。


 ちなみに、「なぜ平成4年の時点で土地Xの登記を
 B子さん⇒A男さんに移さなかったのか」と聞いたところ、
 相続人の一部であるB子さんの兄弟姉妹の同意が
 必要である、と司法書士に言われたのだが、
 B子さんの兄弟姉妹の中に消息不明の人がおり
 (この時はじめてその存在が明らかになった弟など)、
 所在地もわからず連絡がつかなかったためらしい、とのことです。
 B子さんの兄弟姉妹の中で現在連絡がつく人々の間では、
 土地Xは「亡くなったB子さんのもちもの」という認識
 (つまり、誰も相続をした気はない)のようです。

 また、A男さんの戸籍上の兄弟姉妹は
 今まで音信不通に近い状況だったそうなのですが、
 最近になって突然現れて「土地Xはうちのものではないか」
 と言い始めたそうです。
 (法律の適用にはなんら影響を与えないでしょうが、念のため。)

 友人は、親戚間のいざこざで大変落ち込んでおります。
 それを見ていられなかったので、本人に相談の上
 こちらに投稿させていただいた次第です。

 余談を長々と、失礼致しました。

土地の登記と相続について、お聞きします。
(友人から頼まれて、こちらのサイトに投稿させていただきました。)
私も友人も、法律についての知識はほとんどないため、
用語の誤用や誤解釈があるかと思いますが、
どうかご容赦下さい。(ご指摘お願い致します。)

以下のような事例です。

A男さんB子さんは夫婦であり、子はいない。
A男さんもB子さんも、兄弟姉妹がいる。
B子さんは平成4年に亡くなったが、
自宅周辺の果樹畑の土地(以下「土地X」)の登記が
B子さんの名義のまま放置されている。
(A男さんも...続きを読む

Aベストアンサー

法律家ではないので、間違っているかもしれませんが・・・。

登記は第三者へ証明するための手続きであって、未登記であることから所有者がいないということにはなりません。
あくまでも、個別の相続(人が亡くなった時点)で法定相続分による相続が行われたと考えることになるでしょう。もちろん法定相続分でない遺産分割協議が整った場合には、相続開始時点に遡って所有者が変更となります。登記を行う日は、単なる手続き日に過ぎません。

登記が第三者に対抗するためのものですから、遺産分割協議などによる相続の確定作業が行われずにトラブルとなったときには、大変なことになるかもしれませんね。

結果、現在の所有者は、Bさんがなくなった時点で、Bさんの配偶者であるAさんとBさんの兄弟姉妹となり、Aさんが亡くなったことによりAさんの法定相続分に相当する権利をAさんの兄弟姉妹が相続したことになります。したがって、土地の名義を変更するためには、AさんとBさんの兄弟姉妹の自書による署名などと実印の押印(印鑑証明も)が必要となることでしょう。

兄弟姉妹と書かせていただきましたが、それぞれの相続時点で亡くなった方の親が存命の場合には、兄弟姉妹への相続権が発生せずに、Bさんの相続時には、配偶者であるAさんとBさんの親、Aさんの相続時には、Aさんの親に相続の権利があるでしょう。

さらに、親が存命でなく、兄弟姉妹が相続時に亡くなっているような場合には、その子どもなどが相続人となるため、甥姪が相続人になる場合もあるでしょう。

手続きが遅れるほど、相続時に存命していた方が手続き時に亡くなっていれば、相続人の相続人に権利が移ることになり、行方不明より面倒なことになることでしょう。
行方不明者などは裁判所での手続きで、とりあえずの相続手続きも可能だと思います。相続人(相続人の相続人などを含む)が増えることで手続きがものすごく面倒、最悪事実上の手続きができない状態(費用対効果とその手続きに必要な期間)になるかもしれませんよ。

私も親が受けた相続で、当時の司法書士の指摘がなかったことによる、それ以前の相続手続きのモレが何十年も発生し、私から見て5代ぐらい前の祖父さんの名義が残っていたのを整理したことがあります。
古い法律(相続当時有効の法律)を使っての家督相続による相続、現在の法律に基づく相続をあわせた相続登記を面倒でしたが行いました。円満な親族関係であったため、案外スムーズに手続きができましたが、必要書類は多かったように思います。

司法書士へしっかりと依頼されることをお勧めします。ご友人の親が亡くなった後の手続きとなれば、ご友人も当事者になりますからね。

法律家ではないので、間違っているかもしれませんが・・・。

登記は第三者へ証明するための手続きであって、未登記であることから所有者がいないということにはなりません。
あくまでも、個別の相続(人が亡くなった時点)で法定相続分による相続が行われたと考えることになるでしょう。もちろん法定相続分でない遺産分割協議が整った場合には、相続開始時点に遡って所有者が変更となります。登記を行う日は、単なる手続き日に過ぎません。

登記が第三者に対抗するためのものですから、遺産分割協議などによる相...続きを読む

Q生命保険の名義貸し

知人に生命保険の名義貸しを頼まれノルマが達成できないからとなきつかれ了承しました。
保険料はその人が払っていたのですが、あるとき入院することになって退院後に入院給付金の請求をしたら無事に支払われたのですが、その給付金をその知人がよこせとかいってくるのです。
確かに保険料はその人が払ってはいたのですが、渡さなければいけないものでしょうか。ちなみにその時の入院費をはらったのでもう手元にはありません。
その人が毎月報奨金として受け取ってる額より、毎月の保険料の方が低いとおもうのですが、どうなんでしょうか?その人が毎月自分の持ち出しをしてるなら、悪いのですぐにでも解約をしたいのです。

Aベストアンサー

>毎月報奨金として受け取ってる額より、毎月の保険料の方が低いとおもう・・・

保険料より高い報奨金を払っていたら保険会社が赤字ですし、報奨金は保険契約に対して出ますのでその保険に対してのは毎月は出ないと思います。
その知人さんも多少損してもノルマを達成したかったのだと思います。

いつ契約されたのか判りませんが、契約してからの解約が速すぎると担当にペナルティがつくこともあるので、そうならない時期になってから解約するつもりでいるかもしれません、解約時期は相談してからでよいと思います。

Q借地上の建物名義人が故人の場合の地代請求先は?

借地上の建物の名義人が故人であり、相続人が複数いた場合、誰に地代を請求できるのですか?

借地上の建物には10年くらい前に名義人の親族が住んでいましたが、すでにその建物で死亡しました。

その最後の住人の先々代くらいの男性が建物の名義人ですが、述べたとおり故人です。

相続人に名義変更されてないわけで、かなり前の故人の相続人は多数いると思われます。

遺産相続の協議がなされていない場合、つまり建物の相続人が、ひとりに決まっていない場合、

●地主は誰に地代を請求できるのでしょうか?

●最後の住人であった直系の子Aだけに請求できるのでしょうか?

●その子Aは相続人が決まっていないとの理由で地代の支払いを拒否できますか?

●地主は相続人全員に地代を請求しないといけないのでしょうか?

●地代が払われていないことを理由に建物解体の強制執行を裁判所を通じてする場合、
誰に言い渡すことができますか?最後の住人の子Aでしょうか?

教えて頂ければ幸甚です。

Aベストアンサー

土地の借主が死亡して、その相続人が誰かわからないのでしよう。
その場合は、相続人全員に請求する必要はないです。
相続人の1人に地代全額を請求してかまわないです。
(地代は不可分なので、1人に請求すれば全員に請求したことになります。民法430条)
なお、その者が支払わないと、契約解除して、建物収去土地明渡請求訴訟することになりますが、その場合は全員を被告とします。
誰が相続人かわからないので、法定相続人とします。
訴状があれば戸籍簿謄本を取り寄せることができますので、それで調べます。
その勝訴判決で、建物の居住者の明渡と解体の強制執行します。

Q生保名義貸し&立替え払い   生保レディはどうなるの?

タイトルにあるような契約が発覚した場合、担当の生保募集人はどのような処分を受けますか?

現在、妻が生保の担当の人に立替えて払ってもらっている状況です。
しかも、本人は下取りの件は全く知らないまま下取りされて
その後、新規に月2万円の保険へ加入させられました。妻はそんなに高額な保険払えないと断りましたが、いいから上乗せ分の1万円分は払って上げるから!と言われ現在立替えてもらっています。一年間支払ってくれると言っていました。その後減額して以前と同じくらいの掛金の保険に戻すから問題ないでしょ?と言われました。

客観的に見てこれはどうなのでしょうか?

そもそも、下取りの説明自体が本人が知らないと言っているくらいなので
保険の契約自体成立していないと思うので、なんとかちゃんと法的に処置できないものでしょうか?

妻がほんとうに下取りの件を知らないのであれば、それはどのように客観的に証明出来るでしょうか?たぶん知り合いの方だったので保険の知識がないのをいい事にいわれるがままにはんこを押したのだと思います。

Aベストアンサー

法的に対処したいと言う事は出るところに出て戦う覚悟と言う事で宜しいでしょうか。
保険業法では禁止行為が定められておりまして、立替払いというのは保険業法が禁じる特別な利益供与に当たります。(純粋な名義借りとはちょっと違うように思います。)その他、重要事項の説明義務も果たしていないようなのでこれも保険業法に触れます。
また、保険業法だけではなく商法以下様々な法律も絡んできまして、今回は消費者契約法に基づく説明義務も果たしていないようです。
消費者契約法では不実告知、不利益事実の不告知を禁じており、誤認させられたようですから消費者契約法を根拠に契約の取り消しが可能です。
保険は組んだ当時の金利で計算されるので、元の契約に終身保険や養老保険と言った貯蓄性の高い保険が含まれているなら下取り(=解約して付け直す)は低金利に置き換わるので全く持って不利です。
前の契約に戻させた上で、特約を全解約し、主契約だけ残すと有利な貯蓄として見る事ができます。その上で終身医療保険など別途手配すれば良いかと思います。
手順としては、弁護士に相談しても良いのですが、本社のお客様相談センター(カスタマーセンター)に苦情を申し立てる所から始めると良いです。これでどう出てくるか出方を見てみましょう。
ちなみに、当事者は業廃(=クビ)の公算が高いと思います。(それだけの事をしています。)

法的に対処したいと言う事は出るところに出て戦う覚悟と言う事で宜しいでしょうか。
保険業法では禁止行為が定められておりまして、立替払いというのは保険業法が禁じる特別な利益供与に当たります。(純粋な名義借りとはちょっと違うように思います。)その他、重要事項の説明義務も果たしていないようなのでこれも保険業法に触れます。
また、保険業法だけではなく商法以下様々な法律も絡んできまして、今回は消費者契約法に基づく説明義務も果たしていないようです。
消費者契約法では不実告知、不利益事実...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報