マトリックス パート1。

マトリックスの世界での戦闘なのですが、
エージェント側は勿論、ネオ側もあんな高度な練習プログラムが構築できるのに、
戦闘になると原始的な殴り合いになるのは何故ですか?

戦闘をするにしても複雑な兵器や、我々が及びもつかない道具を作れるのでは?

それにわざわざマトリックスの世界で戦闘しなくても、
コンピュータ上でハッキングのような事をして、
マトリックス世界を破壊したり歪めたり出来るのでは?

戦いに関しては、監督や製作者の強い意向(オマージュ)で、
カンフーやら柔術など取り入れたのは分かりますが、
物語として、なにかそうしなければならない必然があるのでしょうか。

パート1を見ただけの疑問です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1作目には、マトリックスを作った人間(機械)も、ザイオンを作った人間も、ネオの伝説を作った人間も、出てこないのです。


だからルールがよくわからない。
2作目3作目およびアニマトリックスで描かれています。

1作目でも一応説明していて、アニマトリックスの説明を加えてもSFマニアじゃないと理解が難しい為、2作3作ではだいぶ分かりやすい世界観に変更され、かつ、さらに理解の難しい世界構造が追加されます。

わかりやすくいえば、
マトリックスはゲームボードであって、現実世界でも戦争しているのものの局所戦闘の撤退戦しかできないため、人類が敵のコアであるエージェントと直接戦えるのはマトリックス上だけで、戦場と戦闘ルールは敵によって用意されているので、それに合わせた戦いしかできないのです。

ネオはそのルールを超越した存在な訳ですが、ネオにあわせて、エージェントも逸脱し始めるのが2作3作目。
だから1作目の最後にネオは飛び立って終わるのです。そこからマトリックスの物理現象が壊れはじめるので。1作目は覚醒編でしかないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パート1を見ただけの疑問がまだありました。
本当に高度な事ができる敵味方でありますが、
それだのに今のところ予言者の存在は謎ですね。
何を根拠に予言?
物語通しての善悪に対する潤滑油アウフヘーベン?

とりあえず、パート2・3及びアニマトリックスを観てみますね。


それから、
モーフィアスが「今吸っているのは酸素か?」と言いますが、
仮想世界では勿論、プラグを外した現実だと思う世界でも、
現実ではないかもしれないというメタファなのですかね。

彼らが現実と仮想現実を行ききする中で、今のこの状態が現実なのか仮想なのか、
またプラグを外した生身の状態がはたして現実なのか?
現実は誰にも判らないし、答えもない。
現実というものはそれほど重要ではない。

故に原始的な戦闘をしても現実では無いかもしれない。
ひょっとすると今もまだプラグに繋がれているかもしれない。
或いは別の方法で、管理されているかも知れない‥
元々何もないのかも。

なんだかご回答とは的外れなお礼になってしまいました。
続編観てみます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/06/30 07:41

それは、


「具体的に説明されないが
双方の技術で禁じあっていて工夫の余地が人的格闘しかない」
と考えられないことはないですよ。
矛盾点の序列としてはるかに大きいのは
人体発電は装置の消費電力の方が大きいことと、
そんな操作ができるなら火力や原子力発電を
機械だけでできるということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あまり人体発電の実用性に対する矛盾はよく判りませんが、
私の浅薄な考えでは、高度な技術革新の結果、辿り着いたものでしょうか。
1の素材を1000にする事が出来るとか…

私は、すごく高度な技術を持っているのに
何故か素手の殴り合いをするので、
んな、あほな!と単純に思いました。
実際銃火器も、より取り見取りズラリと並んでたわけですし。
せめて光線銃でも出してこいよと。

続編観てみます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/06/30 07:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今頃ですけどマトリックスの疑問です

最近、マトリックス三部作を見直して、ちょっと気になったことが出てきましたので、質問させてもらいます。
リローデッドのラストでアーキテクトはネオは6人目の救世主であり、現在のマトリックスはバージョン5だと説明していました。
そして過去の5人の救世主は、マトリックスの崩壊を防ぐためのソースへと続くドアを選び、マトリックスをリロードしてザイオンを再建する道を選んできたと言っています。
で、ここで気になるのは、つまりザイオンは過去5回滅ぼされ、その度に救世主が選んだ男7人と女16人によって再建されたことになりますけど、人間対マシンの戦いが一世紀程度とされていますから、単純に計算しても20年に一度はザイオンは壊滅していることになりますよね。
(過去の5人の救世主も、ネオと同様、対エージェント戦などの行程を経てアーキテクトの部屋に行き着いたと考えて良いんですよね?)
でも、その割にザイオン生まれの人間(ミフネやドーザー)が、年を取りすぎている気がするのですが。
仮に、多少は壊滅を免れて生き残った人間がいたにしても、それなら過去の壊滅を知っている人間がいるはずで、救世主の正体についても何らかの記憶があると考えるのが自然だと思うのです。
どなたか、私見でも構わないので、つじつまの合う説明をください。
(今のところ、ザイオン自体もマトリックスのプログラムだったという見方と、あくまで今回のザイオンの歴史が一世紀程度で、過去の5回のザイオンはそれ以前、という二つは思いついたのですが、やっぱりザイオンは現実だと思いますし、過去のザイオンを以前の歴史とするなら、劇中の実世界は2100年代後半どころか、2500年代ぐらいでもおかしくない気がします。でも、こんな説明をしているサイトは見つけられませんでした。まぁ大して探してもいませんが(^_^;・・・)
それとも、当方が物語のどこかで説明があったのを見逃してますかね。

最近、マトリックス三部作を見直して、ちょっと気になったことが出てきましたので、質問させてもらいます。
リローデッドのラストでアーキテクトはネオは6人目の救世主であり、現在のマトリックスはバージョン5だと説明していました。
そして過去の5人の救世主は、マトリックスの崩壊を防ぐためのソースへと続くドアを選び、マトリックスをリロードしてザイオンを再建する道を選んできたと言っています。
で、ここで気になるのは、つまりザイオンは過去5回滅ぼされ、その度に救世主が選んだ男7人と女16人によ...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんの疑問は正しいです
公開当時議論されつくされたネタなので考察サイトとかにないんだと思います
SFなので矛盾はたくさんありますが
それを考えるのが楽しんですよね~

結論としてマトリックスの舞台は2100年ぐらいではなく
数百年以上たっていると思われます、3000年越えてるかも知れません
正確な年号はわかりません
議論のネタとしてモーフィアスやタンク達の証言ではなく
船の製造年月日がやり玉にあげられてます(1でネオが目覚めるシーン)
これはウォンシャスキーのミス(2.3を作ると考えてなかった)
ホバークラフトはものすごく丈夫に作られていた
製造年月日そのものが嘘だった、といろいろ推測が飛び交ってます

6度目のザイオンでじいさんのセリフで
ある年齢以上の人間は救出しない、ここに来たとき子供であると語られています
あとじじいは救世主に助けられたとは言っていないので
と言うことはキッド(彼は自力ででましたが)のように
18歳前後の少年がじじいになる
プラグがついてないタンク、リンク、ドーザーが30前後であることから
最低ザイオンは半世紀以上の歴史があると考えられます

サイファーが裏切りのさい、「記憶を消し、有名人にしてくれ」と言っています
このことから夢を見させているぐらいなので記憶の操作は容易であると考えられます
プラグを持たない人間の記憶の操作ができるかは不明ですが
まったく誰も救世主の話を知らなかったとすれば
プラグを持つ人間十数名を選び記憶を消去し
ネオが助けたことにすればつじつまが合うでしょう

またモーフィアスが「銃弾をよけるまでもない」と言っていたことから
マトリックス内で「彼(ONE)」がマトリックスを操作できる力を持つことは知っていたようなのに関わらず
じじいどもはネオを特異体質のひととしか認識していないので
初期ザイオンのメンバーは生き残ってはいないと考えられます
これを何回もくり返しているのだから500年はたっていないとおかしいと考えるのは当然です

またアニマトリックスで語られる、ゼロの誕生や
なんとかストーム作戦で空を雲で覆う作戦が行なわれたのは
現代より後なわけで、短時間に機械があそこまで完璧な支配をしてるのは
手際がよすぎるなと思っていました
ザイオンが数度滅んでいるといるのはある意味納得でした

よーするのに2100年代後半ってのは機械が流したデマです
本当はもっと経っています。

質問者さんの疑問は正しいです
公開当時議論されつくされたネタなので考察サイトとかにないんだと思います
SFなので矛盾はたくさんありますが
それを考えるのが楽しんですよね~

結論としてマトリックスの舞台は2100年ぐらいではなく
数百年以上たっていると思われます、3000年越えてるかも知れません
正確な年号はわかりません
議論のネタとしてモーフィアスやタンク達の証言ではなく
船の製造年月日がやり玉にあげられてます(1でネオが目覚めるシーン)
これはウォンシャスキーのミス(2.3...続きを読む

Qマトリックスレヴォリューションズのラスト

昨日、マトリックスを見ましたが意味が解りませんでした。
そこでこちらで、調べて、世界観や内容などはわかったのですが
まだ、なぞのところがあるので教えてください。
1.ラスト。女の子がなぜネオの為に太陽を出せたのか。
 また、あのコは何者なのか?
 あと女の子がスミスに見つかってフェードアウトになったあと
 オラクルが出てきて「酷いこと」を…っていってたから
 死んだのだと思ったのですが…
2.スミスとのバトルで、どうやらネオが勝ったようなのだが、
 ネオがスミスになってしまったから負けたんじゃないの?
 スミスが最後光になった消えた後オラクルが出できたのはなぜ?
3.オラクルは何故預言者なのにマトリックスに住んでるの?

以上。お願い致します

Aベストアンサー

おはようございます。話せばとても長くなるのですが・・・
1について、彼女 ( サティ ) は最初に出てきたフランス人 ( だったかな? ) 夫妻の娘です。彼等はプログラムでありながら、サティという娘を持ちました。しかし、サティには仕事がありません。仕事、目的のないプログラムはソースに戻れば削除されてしまいます。彼等はそれを防ぐ為にメロビンジアンと交渉し、自分達を犠牲にして彼女をマトリックス内にEXILE ( 放浪者 ) として残す道を選択しました。オラクル ( 預言者 ) やサティは死んだのではなく、スミスによってプログラムを上書きされたと考えるのが妥当でしょう。つまりスミスというプログラムをコピーしたと。ちなみに最後でサティがネオの為に太陽を出したのは、マトリックスVer.7に於いてサティにも仕事が与えられたのではないかと考えます。太陽を出すという仕事を。スミスが破壊された時点でマトリックスVer.6が終了しました。あの朝の日の出はマトリックスVer.7の始まりを表しているんだと思います。

2について、ネオがスミスになってしまったから負けたのではなく、ああする事でしかスミスを破壊する事が出来なかったからです。スミスはあの最後の時点では、ネオはおろかデウス・エクス・マキナ ( ネオがマシンシティに着いた時に出てきた顔 ) ですら制御不能な存在となっていました。スミスを破壊するにはいわゆるアンチウィルスソフトを注入しなければいけない訳ですが、スミスにはプラグがついていません。そして同様に彼によってコピーされたスミス ( 例えばオラクル・サティ等 ) もコピーされた時点でプラグが外れています。プラグが外れているものには注入する事が出来ません。ではどうすればスミスを破壊する事が出来るのか?それは、対極の存在であるネオとスミスを同化させ、バランスを崩した上でネオもろとも破壊する。それをデウス・エクス・マキナとネオは知っていた、だからこそデウス・エクス・マキナはネオをマシンシティへと導いた。それに応えるようにネオも単身でマシンシティに行く決意をしたと考えます。そう考えれば、ネオが武器も持たずにマシンシティに行こうとした理由が解明されるのではないでしょうか。ネオはデウス・エクス・マキナが自分を必要としている、つまり自分は絶対に無事にマシンシティに辿り着ける事を確信していた訳です。そして最後の決戦でスミスはネオに自らをコピーさせた。この時ネオが何の抵抗もしなかったのは、これが自分の最後だと悟っていたからです。そこへすかさずデウス・エクス・マキナはプラグが接続されているネオにアンチウィルスソフトを注入し、ネオもろともスミスを破壊したという訳です。最後にオラクルやサティが出てきたのは、スミスが破壊された為、正常なプラグラムへ戻ったと考えるのが妥当でしょう。

3についてはNo.1の方を参考にして下さい。

おはようございます。話せばとても長くなるのですが・・・
1について、彼女 ( サティ ) は最初に出てきたフランス人 ( だったかな? ) 夫妻の娘です。彼等はプログラムでありながら、サティという娘を持ちました。しかし、サティには仕事がありません。仕事、目的のないプログラムはソースに戻れば削除されてしまいます。彼等はそれを防ぐ為にメロビンジアンと交渉し、自分達を犠牲にして彼女をマトリックス内にEXILE ( 放浪者 ) として残す道を選択しました。オラクル ( 預言者 ) やサティは死んだのではなく、...続きを読む

Qマトリックスのどーしてもわからない所(レボリューションズネタバレやや有)

初歩的な事かもしれませんが、よくわかりません。
サイトや過去の質問を読みましたが??なので、質問させて頂きます。

結局、ネオやザイオンはプログラムの一部だったと考えて良いのでしょうか。とすると、現実世界といわれている場所もプログラムの一部??ザイオンと戦っている機械や機械の国もプログラムの一部??
私たちが映画で見ていて現実世界だと思っていたものが、大きく考えると全て仮想だったんだと思っていいのでしょうか。全然違います…?
もしそうだとすると、全てを悟ったネオは、仮想だと知りながら共存という結末で妥協しようと考えたわけですか?
またこれらをプログラムしているのがアーキテクトだとすると、アーキテクトが設計するように指示しているのはどこの誰なんでしょう?

わかりにくくてすみません。
つまり質問は、現実世界でのネオ、ザイオン、機械達は本当に存在しているのか、していないのかという事。アーキテクトの裏に誰がいるのかという2点です。

Aベストアンサー

リローデットでソースに行ったときネオにアーキテクトが救世主も作られたものでザイオンも何代目かというような会話がありました。
多分この辺でネオもプトグラムかと考えてします要因があると思うのですが、ネオはプログラムではありません。
リローデットの最後にネオがセンチネルに対しパワーを使って倒したので、現実世界も実は仮想かと言う様な予測をした人が大勢いたようですが、結局ネオもザイオンもリアル世界の設定でした。
もちろんマシンシティもリアル世界です。

ここからは私の解釈になります。
ちょっと誤解しやすいのですが、マトリックス(仮想現実)は人の頭の中に構成されるものです。
プラグにつないでマトリックスに行く様な表現になっていますが、マトリックスのデータのあるコンピュータにアクセスしてデータを人の頭の中にダウンロード(又はインストール)して、展開される仮想現実(夢のようなも)のです。
夢と違うのは
1.コンピュータに見せられている管理された情報である。(ここで言う情報とは見る聞くなどの五感の刺激や物理現象などすべての情報)
2.私たちが見る夢は非現実的な、例えば空を飛ぶとか一瞬に移動するなどのことが可能(そおいう夢を見たことありませんか?)だが、管理された情報のため空を飛ぶとかは出来ない。

という様な制限があります。
丁度私たちがインターネットにつないでホームページなどのデータを閲覧している状態に似ています。
(閲覧とはインターネット上にあるデータを自分のパソコンにダウンロードしてIEなどのブラウザで表示してい状態。他人とのコミュニケーションも掲示板やチャットで出来ます。)

アーキテクトはザイオンが一定期間経つとマトリックスから脱落した人が増えこの人たちを放置すると危険なので一掃する。そして救世主によってマトリックス内から21人を選び新たなザイオンを形成するというサイクルを過去に5回行ってきている。救世主はその役目を果たすために他人への愛情を抱きやすような属性が与えられている。
と言っています。
これら一連のサイクルが行われるように仕組まれているということです。
救世主もその際の仕組みの一部です。

私が思うに救世主とは、コンピュータに選択された(選択基準はわかりませんが)、上記2.で書いたような制限を解除するプログラムをインストールされた人のことを言うのだと思います。(劇中の表現で言うと属性を与えられた人)
1作目で、マトリックスでの戦闘の際トリニティーがヘリの操縦方法をインストールした様にデータなどをインストールすれば能力が備わるという設定になっています。つまり外的操作が可能ということです。
そしてマトリックスに都合がいいような選択(プラグにつながれた人の命を救う為、今のザイオンを諦め新たなザイオンを作るという選択)をするように自分よりも他人への愛情を優先させるようにしてあったと言うことのようです。
しかし、ネオはこれまでと違う選択をし、現在のザイオンを救える唯一の選択をしたのです。これがマシンシティでの取引です。

ネオが現実世界で超能力を使えたのは仮想現実が肉体にも影響するという設定の延長上にあるからと考えます。「仮想現実での死は肉体の死」です。よって、仮想現実で使える能力が現実での能力を引き出しても不思議ではありません。実際の私たちの世界でも超能力者と言われる人はいます。また、すべての人が超能力が使える可能性を秘めているが、使い方を忘れてしまっているとも言われています。
ネオがマトリックスで能力を使えるように仕組まれていたことが現実世界に反映されたと考えてもいいと思います。

アーキテクトは人類をマトリックスという仮想現実で生き続けさせる事を目的に書かれたプログラムです。
「アーキテクトが設計するように指示」という表現だとアーキテクトがもともといて別の何者かが「お前やれ」と言っている様にとれますがそうではなく、発電所に人間をつなぐと言う構想がスタートした段階から仮想現実は必要であったはずですので、アーキテクトも発電所の開発と同時に書かれたプログラム考えます。よって、答えは発電所の開発をしたマシンシティにいる機械(又はプログラム)と言えると思います。
(それが誰だと言われても困りますが・・;・)


(ちなみに、そもそもザイオンの存在そのものが私にはよくわかりませんが・・・。異常をきたした人間は溶かして栄養に変えてしまえば排除できるのに、なぜ救世主に21人を選ばせ新たなザイオンを造らせるのかが理解できません。マトリックス世界の設定上の穴かな)

リローデットでソースに行ったときネオにアーキテクトが救世主も作られたものでザイオンも何代目かというような会話がありました。
多分この辺でネオもプトグラムかと考えてします要因があると思うのですが、ネオはプログラムではありません。
リローデットの最後にネオがセンチネルに対しパワーを使って倒したので、現実世界も実は仮想かと言う様な予測をした人が大勢いたようですが、結局ネオもザイオンもリアル世界の設定でした。
もちろんマシンシティもリアル世界です。

ここからは私の解釈になります...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報