出産前後の痔にはご注意!

6畳程の小屋を作ろうと目論んでおります。
傾斜地であるため独立基礎で高床式の建物にしたいと計画中です。

コストを考え、ボイド管による基礎を検討しておりますが、ボイド管に鉄筋を入れる必要がありますか?当初の予定ではウッドデッキなどで使用する羽子板束石を使用する筈でしたが、数があると意外に高く付いてしまうのでこの方法を検討しております。
市販の束石には鉄筋補強が入っているのでしょうか?

また6畳の小屋に必要な基礎数ですが、4×4の束柱を支える基礎を20個配置する予定ですが、もっと少なくても良いでしょうか?知識のある方ご協力お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

平屋ではかかる荷重は部屋に入れる物の重量次第です。


問題点は独立基礎ですから個々に沈下の度合いが違うということになります。
これは、工事のやり方とその受ける部分の広さに関係しますので、何とも言えません。
むしろこの方が心配ではあります。

束石状態の基礎コンがいくら丈夫でも、全体的にどうかということと、建物が
吹き飛んで行くのをどのように防止されるかです。少なくとも、風を受ける場所では、
単に束石の上に建物が載っているだけというようなことでは駄目です。

こういう場合、金具をコンクリートの中に埋め込んで施工しますが、そういった意味では
鉄筋などを十字に結んだ状態で絡ませたり、金具の先を曲げておいたりします。

また、基礎コンが地面からも引き抜かれないか検討の上、極端に長くなるようでしたら、
折れない工夫と、そばに別の杭を打ちこんでこの抵抗力で持たす方法があります。

もっとも、基礎の数はこれでOKです。
(根太の配置や材料の強さ次第では、必ずしも間中(半間毎)にしないでもよい時も
ありますが、今回は20個で行きましょう)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご教授頂き誠にありがとうございました。
専門的なご意見大変参考になります。
様々なケースに応じた対処が必要なことがわかりました。
重さのことしか考えていませんでした。まさか風の力まで…
建物と土台、応力をイメージし設計を再考したいと思います。

お礼日時:2011/07/25 11:32

ど素人ですが・・



> ボイド管に鉄筋を入れる必要がありますか?
不要かと思います。
独立基礎で引っ張り応力がさほど働かないし、素人なら鉄筋を上手く配置して、ムラ無くコンクリートを充填するのは難易度高くデメリットも大きいですね。
業者は塩ビ管使ってますが、素人なら一斗管が安上がりで良いかも。百均のでかいポリ容器も魅力的です。
ボイド管が安く手に入るなら問題ないですが・・

> 4×4の束柱を支える基礎を20個配置する予定ですが、もっと少なくても良いでしょうか?
普通はそのぐらい。でも、構造自体軽いし、根太をおごってやって9本ぐらいにしたいね。
設置に1本2時間かかるとするとえらい差になりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教授頂き誠にありがとうございます。
プロの視点には無い工夫ができるのがDIYの醍醐味ですね。
色々な方法があり大変勉強になります。
自分で出来ることの判断もきちんとする必要がありますね。
参考にがんばりたいと思います。

お礼日時:2011/07/25 11:18

傾斜地に独立基礎で高床式の建築は高度な技術が必要です。


独立基礎というものは、布基礎やベタ基礎と違い一個ずつが違った変化をします。沈下や傾斜が独自に発生します。これを最低限に抑えるにはしっかりとした地業を行うことです。
傾斜地ということは束の長さがばらばらになります。束相互を水平材や斜材で適切に連結し剛性を持たせることが重要です。基礎の頭部で水平面の剛性を持たせ独立基礎相互を連結することです。
高床式では風を床下に受け浮き上がりの外力が発生しやすくなります。基礎ごと吹き飛ばされないように基礎の根入れ深さや杭を打ち込むことを検討しましょう。束石の数や大きさ、強度はここで決まります。
六畳程度の小屋だからと言って安易に取り組んで、災害の原因を作らないようにしっかりと設計、施工してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご教授頂き誠にありがとうございました。
専門的なご意見大変参考になります。
傾斜地での施行をもっと確り考え、再考したいと思います。
こんなご時世です。安易な計画でなく遠回りでも強度、耐久性を考え進めて行きたいと思います。

お礼日時:2011/07/25 11:24

鉄筋は必須です


倒れないように柱(束石状のもの)の基礎もきちんとしたものが必要です

数は、3尺間隔ですから適切かと
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
必須なのですね。
どうも鉄筋と聞くと手間が掛りそうで敬遠しておりました。
簡単な方法で強度が上げられれば良いのですが…

お礼日時:2011/07/23 20:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q写真のような基礎を作りたいのですが

土の上だけコンクリートで固める訳でないのは解っています、埋まっている部分の処理が大事だと思いますが、どのぐらいの深さまでコンクリート流し込んでありどのような処理をするものなんでしょうか、
また布基礎などと違い、月日が経つとそれぞれの基礎が不等沈下を起こしてくると思いますが、その場合の処理の仕方など、3坪のログハウスの基礎として施工する場合の基礎の本数、注意点など解る方居られましたら教えてくださいませ、

Aベストアンサー

この基礎はホームセンターなどで売っている束石(銚子付)のまわりをコンクリートで補強して作ったものですね。

作り方としては

(1)束石を購入
お住まいの地域の凍結深度の深さ+地面からのはみ出し高さ以上の束石を選んでください
凍結深度とは冬期に地盤が凍結する最大の深さです(地盤が凍結すると基礎が凍上(浮き上がって)します。)
凍結深度は地域によって違います(氷点下にならない、もしくはなりずらい地域の方は関係ないです)
氷点下にならない地域の方は地面より40センチくらい埋まっていればいいんじゃないでしょうか

(2)穴を掘る
束石の下に砕石を10センチ程度入れるので束石の埋め込み深さより10センチ程度深くほってください
大きさは60センチ×60センチ×凍結深度+10センチくらいです・・・

(3)砕石を入れる
穴を掘ったら掘りすぎても土で埋めずに砕石を入れて高さ調整してください。
砕石(0-40という種類)は10センチ程度を目安に入れてください
ホームセンターだと高くつくので地元の土建屋さんか建築屋さんに頼んだほうが安く手に入ると思います
砕石をいれたらたこなどでしっかり転圧(締め固める)してください。
転圧したら深さがかわるので予定の深さになるまで砕石を入れ転圧をくりかえす。

(4)束石と型枠をセットする
所定の位置に束石をセットして束石が真中になるように型枠をセットします。
型枠とはコンパネで基礎コンクリートと同じ大きさで作った枠です。
そこにコンクリートを流して後日コンパネを取り外すときれいな四角いコンクリートが出来るんです
また型枠は40センチ×40センチ×深さ位でOKです
60センチ×60センチで大きめに穴を掘ったのは型枠をはずす時のクリアランス(隙間)を確保するためですね
穴を掘るのが大変な場合は型枠をしないで40×40×深さで掘ってそのままコンクリートを流し込んでもOKです。この場合は地面ぎりぎりまでの高さのコンクリートとなります。
写真では少し地面より飛び出てますが大した問題ないです

(5)コンクリート打設
束石と型枠をセットしたら次はコンクリート打設(入れる)です
コンクリートは40センチ×40センチ×深さ40センチ×9ヶ所として約0.6立米(りゅうべい)必要です
1立米=1立方M=1M×1M×1M←体積
なので中にある束石分を除いても到底一人でコンクリートを練るような量ではないです
地元の生コン屋さんに頼んで必要な量を貰ったほうがいいです
地域によって生コンの値段はさまざまですが1立米約15000円から25000円程度です
配合は?と聞かれますので「一番安いのください」でいいと思いますww
十分強度は出ますよ^^
不安であれば強度21スランプ18骨材25で頼んでください。
建築法で定められている強度で流し込むのに調度いい固さのコンクリートがきますよw

※立米の計算式 
(例1)40センチ×40センチ×40センチ×9ヶ所=0.4×0.4×0.4×9=0.576立米
(例2)40センチ×40センチ×60センチ×9ヶ所=0.4×0.4×0.6×9=0.864立米
となります

(6)埋め戻し
コンクリートが固まってから(2~3日後)コンクリートのまわりを埋め戻ししっかり転圧して完了です

基礎の高さ調整については省いて説明しています。
あくまでも基礎コンクリートの作り方として参考にしてくださいね

ちなみに基礎の高さは、まちまちでも柱の長さで調整出来るのでたいした問題はありませんよ
専門家としては死活問題ですがww

最後に柱の本数としては3本×3本の9本程度でいいのではないでしょうか。

この基礎はホームセンターなどで売っている束石(銚子付)のまわりをコンクリートで補強して作ったものですね。

作り方としては

(1)束石を購入
お住まいの地域の凍結深度の深さ+地面からのはみ出し高さ以上の束石を選んでください
凍結深度とは冬期に地盤が凍結する最大の深さです(地盤が凍結すると基礎が凍上(浮き上がって)します。)
凍結深度は地域によって違います(氷点下にならない、もしくはなりずらい地域の方は関係ないです)
氷点下にならない地域の方は地面より40センチくらい埋まっていればいいん...続きを読む

Q家庭用、簡単なブロック基礎の作り方(ブロック塀2~3段)

簡単なブロック基礎(ブロック塀2~3段)の作り方がわかりません。穴を掘り砂利を敷き、足で踏んでセメントを流してブロックを置きならべていくということですが平行にならないと思います。各ブロックはでこぼこになるとおもいます。また水平器や水糸を使ってどのようにして修正していくのでしょうか?実はホームセンターの人も詳しくは知らないらしく、こちらは家の周囲と犬小屋の塀(子犬がその中で自由になれる様に)をつくりたいのでこまっています。本が1冊だけあって取り寄せたのですが省略が多く、また専門用語だらけでむずかしいでしょう。詳しくわかりやすく超素人に教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。

ブロック積みは簡単そうに見えて実は案外難しいんですよ。

根伐り(掘削)したあといきなりモルタルを敷いてブロックを置いてませんか?

積む前にモルタルを平らになすって、一旦固めたほうが水平に積みやすいのでは


お話しから読み取ると少しモルタルが柔らかすぎるのではないのですか?少し水
の入れ方が多いような気がします。
モルタルの硬さはあまりべちゃべちゃにさせないようにします。

何段積むのか分かりませんが、1段だけ積むのなら基礎の厚みは50mm程度でい
いと思います。固まるまで次の日まで待ちます。

基礎がある程度水平な状態で固まったあと、まず最初に(ご存知かも知れません
が)一番大事なことは、並べていく方向に糸を張ること。コレを水糸といいます。

この糸を張るとき同時に1本目のブロックの天端(上面)の高さにしかも水平に
前もって出しておきます。このことを「水盛り」とか「遣り方」といいます。

この糸を張ることによって、水平器への依存度が減りますし、水平器だけを頼り
に積んでもまっすぐには絶対に積めません。

ブロックを積むときは基礎の上に敷くときは水少なめのモルタルを山盛りで敷い
て、その上にブロックを置き、上部をトントントンと左右軽く高さを合わせるよ
うに決めていきます。当然、水平垂直は水平器で気にしながらですけど・・・

またその横に同じ要領で糸に沿って並べて施工していきます。

分かるかな~?

参考URL:http://www.landes.co.jp/ext/diy/block.htm

こんにちは。

ブロック積みは簡単そうに見えて実は案外難しいんですよ。

根伐り(掘削)したあといきなりモルタルを敷いてブロックを置いてませんか?

積む前にモルタルを平らになすって、一旦固めたほうが水平に積みやすいのでは


お話しから読み取ると少しモルタルが柔らかすぎるのではないのですか?少し水
の入れ方が多いような気がします。
モルタルの硬さはあまりべちゃべちゃにさせないようにします。

何段積むのか分かりませんが、1段だけ積むのなら基礎の厚みは50mm程度でい
い...続きを読む

Q独立基礎での横板張りウッドフェンス施工方法を教えて下さい

■DIY初心者です。ウッドフェンスを立てたく思案中ですが、不安要素が多く着工に至れません。詳しい方アドバイスお願いします!■東西の隣地との境界ブロック(隣人所有)沿いに、独立基礎で130cm前後高のフェンスを立てたいと考えています。フェンス長さ西面4M東面13M。基礎は18×18×45cmのコンクリート基礎ブロックで、支柱間は100~150cmの間で悩んでいます。強度的に問題があれば基礎ブロック周りをセメントで固める事も考えていますが…それも必要かどうか分からず…。支柱は6×6cmのアルミ四角管、横板は厚み2cm幅12cmのアマゾンウリンを使用予定です。横板は2cmピッチで張っていくつもりです。■独立基礎、アマゾンウリン(2×12×長さcm)を使用、高さ130cm前後の条件はそのままで、その他の部分を調整して強度的に問題なく立てる寸法&方法を教えて下さい。■基礎・支柱の施工方法も教えて頂けると嬉しいです■セメントとモルタルの違いも教えて下さい■

Aベストアンサー

[アマゾンウリン」って結構重そうですね。

高さが130cmとの事ですから、根入れの深さも60cmは最低でも欲しいところです。柱の間隔は板の長さ(2m?)-3cm程度(好みにより柱からの出幅を調整)、4mだと柱3本@1.97cm、柱と柱の間に板繋ぎを入れる(2x12cmの板を半分に切った物(2x6cm)を利用:板のブレ止)

1.直径20cm位x深さ60cmの穴を掘り柱を立てる(底部に砕石を入れ十分に付き固める:柱が沈下しない様に!)
2.柱の根元にモルタル(セメント:砂=1:3)を厚さ20cm位入れ埋め戻す
3.地表面から30cmの深さにブロックの下端が来る様に、柱にブロックを通す(ブロックの端の穴に通し壁と直角にセットする:転等防止)
4.柱を通した穴にモルタルを詰める
5.地表面まで土をかぶせる(ブロックの周りは十分に転圧する)
6.モルタルが固まるまで板は張らない(翌週末まで我慢する)

※アルミの柱は中空でしょうか? 中空でしたら板を固定するビスが効き難いので防腐処理した垂木を中に入れます。垂木がグラグラする様でしたらスポンジ等を詰め込み、板を張る面に垂木を押し付けます。

[アマゾンウリン」って結構重そうですね。

高さが130cmとの事ですから、根入れの深さも60cmは最低でも欲しいところです。柱の間隔は板の長さ(2m?)-3cm程度(好みにより柱からの出幅を調整)、4mだと柱3本@1.97cm、柱と柱の間に板繋ぎを入れる(2x12cmの板を半分に切った物(2x6cm)を利用:板のブレ止)

1.直径20cm位x深さ60cmの穴を掘り柱を立てる(底部に砕石を入れ十分に付き固める:柱が沈下しない様に!)
2.柱の根元にモルタル(セメント:砂=1:3)を厚さ20cm位入れ埋め戻す
3.地表面から3...続きを読む

Qコンクリートの配合と必要量の計算方法が…。

今度DIYで、鉄のポールを埋め込むための基礎を作ることになりました。

そこでお詳しい方にアドバイスを頂ければと思うのですが。
コンクリート配合についての比率は何とか検索で調べることが出来ました。

色々配合はあると思いますが、セメント1:砂2:砕石(砂利)3~6ということでした。

この場合、水の量はどうなりますか?
適当に少しずつ追加して、自分なりの良い加減でOKなのでしょうか?
硬すぎず柔らかすぎず的な・・・。

あと、必要なコンクリートの計算なのですが、250mmの正方形で、高さが650mmあります。
これは具体的にはどのくらいの量になりますでしょうか?

立米とかではいまいちピンと来ないのですが、キログラムとかでも難しいですよね?
何か、「セメント●袋必要!」的に、直感的な数字を知ることが出来ればと思います。

どうぞ宜しくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

コンクリートの強度は、水セメント比が大きく関与しています。
モルタルだから強いわけではありません。
現場打ちのコンクリートの強度が弱くなる原因は、コンクリートを
軟らかくしたいために、水を多く加えるためです。
水セメント比を60%以下で作れば弱くなることはありません。
モルタルだけだと、かえって収縮割れが起きやすくお勧めしません。
施工性を上げるなら、砂利の粒径を40mmではなく20mmか25mmを使用し
砂利と砂の比率を10:10~10:9程度にすれば問題ありません。
質問時の6:3:1は貧配合と呼ばれるもので捨コンクリートなどの
強度や施工性、出来上がりを問題としない場合のものです。
3:2:1~2.5:2.5:1で水セメント比が適切ならば強度、施工性は十分と思われます。

QDIY 小屋の基礎間隔

お世話になります。
DIY初心者です。

この度、自転車の保管や整備を行う小屋をDIYしようと考えています。
ARCADを使って(これも初心者)図面から作成している段階です。

床面サイズは W×H 2000 × 3000 にしようと思っています。
また、基礎は独立基礎です。床材は針葉樹合板の予定です。

様々な雑誌やネットで情報を得ていますが、基礎の間隔、大引、根太の施行方法が様々で悩んでいます。

基礎間隔は概ね1200mm以内というのが原則と確認しました。

(1)このサイズの床で、大引、根太と施工すべきでしょうか?

(2)根太は2×6を考えていますが、上面から見て縦長の小屋の場合、横または縦、どちら向きに施行すべきでしょうか。

(3)根太を平行に施工した場合、(上から見て)垂直になるような根太施工は必要でしょうか。

(3)順番逆ですみません。束石は、4隅に配置後、どのように配置すべきでしょうか。

素人質問で大変申し訳御座いません。
以後、壁、屋根等の施工もしますので、お薦めの書籍、HP等ご紹介いただけると大変助かります。

宜しくお願い致します。

お世話になります。
DIY初心者です。

この度、自転車の保管や整備を行う小屋をDIYしようと考えています。
ARCADを使って(これも初心者)図面から作成している段階です。

床面サイズは W×H 2000 × 3000 にしようと思っています。
また、基礎は独立基礎です。床材は針葉樹合板の予定です。

様々な雑誌やネットで情報を得ていますが、基礎の間隔、大引、根太の施行方法が様々で悩んでいます。

基礎間隔は概ね1200mm以内というのが原則と確認しました。

(1)このサイズの床で、大引、根太と施...続きを読む

Aベストアンサー

独立基礎(束石)9個に 105x105の防腐土台で目の字に組合板24から28mmを直接張って床にしましょう。

シンプルで素人向きでしょう。 (2xを束石程度の土台に使用するのは止めましょう)

http://monooki.wakabagari.com/hoken/hoken5.html

http://www.diy-garden.net/garden-diy/monooki/
(サイズ的にここのマネを出来たらよいですね)

http://diy.11joho.biz/2006/06/8_1.html

http://www.gtyan-diy.com/fuzip/fuzip01.html

http://blogs.yahoo.co.jp/koheiji34_h/folder/489578.html

http://www15.plala.or.jp/m-kazoo/sub15.html

Qウッドフェンス、支柱の立て方について!

DIYで庭にウッドフェンスを作っている最中です。
既に、以下で見られるようなコンクリートのフェンスブロックを
http://dododay.jp/dopedia/word/detail/?word_id=76
を土中に埋め、あとはこのブロックに9cm角の支柱を立てる
ところまで、ようやく辿りつきました。
ブロックの水平は確認していますが、
支柱をブロックに入れるだけでは、支柱の垂直が保てません。
(支柱とブロックの口の大きさが完全に同じではないので)
ただ、支柱とブロックの隙はわずか(1-5mm位)なので、
モルタルを流し込むこともできないと思います。
垂直を保つように支柱をブロックに固定するには、どうすればよいのか?
教えて頂けますでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ただ、支柱とブロックの隙はわずか(1-5mm位)なので、モルタルを流し込むこともできないと思います。←後から流し込むのではなく、ブロックに少し柔らかいモルタルを入れてから支柱を差し込んで、数回上下に動かせば上手く行くと思います。
はみ出したモルタルは拭き取って下さい、
数本やってみれば、入れるモルタルの量も判ります。

垂直を保つように支柱をブロックに固定するには、←支柱を全部同じ側(手前や奥)に立てて、反対側の隙間に小さな石をモルタルの中に埋めて固定出来ると思います。

Qウッドフェンスに適した木材

DIYで ウッドフェンスを作るつもりです 地面からの高さは 100センチ程 1.5M間隔で支柱をたて 横板2枚に 立て板を8枚程 長さは10M位のフェンスです
どんな木を使えば良いのか迷っております 手軽に入手出来て 安くて
腐りにくい木ってありますか?
ホームセンターで見てきた所 杉が手頃かなぁと思うのですが 野地板? 表面がささくれ立っていて このまま塗装をするのは・・って感じです SPFだったかな? 防腐剤が注入されている木もありました
安いのは ホワイトウッドでしたが いかにも腐りそうです ホワイトウッドでもきちんと塗装すれば5年くらいは持つのでしょうか?

Aベストアンサー

 防腐剤を隔年で塗れば5年以上~10年ですかね?。
わたしは野地板や2x4(1x4)材などを使って大和塀やラティスフェンスパネル材を併用してウッドフェンスにしてます。
 5年程度の短期ならわざわざ米杉やそれ以上の耐久性のあるものを利用してももったいないですね。
 わたしがやった作業では日除けと雨避けを兼ねて60角柱材(杉3m、900円/本)+40x40x2m(200円/本)などを利用して木製テラスを6棟製作しました。
 水性塗料(スパーコートhttp://www.asahipen.jp/product/detail.php?top_cat=04&cat=01&middle_cat=01&item_code=20003)を1回塗りしただけの簡単なものですが結構もってますね。

>表面がささくれ立っていて このまま塗装をするのは・
  構わず塗装しても問題ありませんよ。 綺麗に仕上げたいというのであればサンドペーパーで研磨です。 さっさっさと簡単にやっただけで十分です。

>でもきちんと塗装すれば5年くらいは持つのでしょうか?
  乾燥と湿りが頻繁に繰り返されると腐食が進行します。 何もしなければ5年程度では間違いなく腐ります。 ボロボロになっていずれ蟻の棲家になるでしょう。
 
 
 
 

 防腐剤を隔年で塗れば5年以上~10年ですかね?。
わたしは野地板や2x4(1x4)材などを使って大和塀やラティスフェンスパネル材を併用してウッドフェンスにしてます。
 5年程度の短期ならわざわざ米杉やそれ以上の耐久性のあるものを利用してももったいないですね。
 わたしがやった作業では日除けと雨避けを兼ねて60角柱材(杉3m、900円/本)+40x40x2m(200円/本)などを利用して木製テラスを6棟製作しました。
 水性塗料(スパーコートhttp://www.asahipen.jp/product/de...続きを読む

Q束石の設置方法

全くの素人ですが何とか自力で木製カーポートを
作りたいと思っています。どうかアドバイスよろしくお願いします。
今回教えていただきたいことは基礎となる束石の設置方法についてです。
束石を設置するにあたりわからないところがありました。
下記の点でいくら調べても分りません。どなたか教えてください。

穴を掘り、砕石を転圧しながら入れるところまではわかりました。
そこからの作業工程ですが、
(1)捨てコンのモルタルとはそもそも何の為に入れるのでしょうか?
(2)また砂とセメントと水を混ぜるとの事ですがどの位の割合で混ぜたらよいでしょうか?
また、どの程度の硬さが目安でしょうか?
(3)捨てコンは砕石の上に何センチ位の厚みで敷いたら良いでしょうか?
(4)捨てコンの後束石を置くのに一度で高さが合わなかったらもう一度束石を取り出し
捨てコンの量の調整をするのでしょうか?それとも一度で合わせる方法があるのでしょうか?
(5)束石が上手く置けたら捨てコンが乾かないうちにコンクリートを入れないといけないのでしょうか?
それとも乾いてからコンクリート入をれても強度的には問題ないでしょうか?(コンクリートを
練るタイミングは束石を置いてからでも大丈夫でしょうか?)

以上ですがどなたか教えていただければ助かります。よろしくお願いいたします。

全くの素人ですが何とか自力で木製カーポートを
作りたいと思っています。どうかアドバイスよろしくお願いします。
今回教えていただきたいことは基礎となる束石の設置方法についてです。
束石を設置するにあたりわからないところがありました。
下記の点でいくら調べても分りません。どなたか教えてください。

穴を掘り、砕石を転圧しながら入れるところまではわかりました。
そこからの作業工程ですが、
(1)捨てコンのモルタルとはそもそも何の為に入れるのでしょうか?
(2)また砂とセメントと水を混ぜるとの事...続きを読む

Aベストアンサー

今更ですが・・・・
・束石を使用される目的は=柱の下部を水気から守り長持ちさせること。
 車の車輪の際が狭くなるので施工上はなくても良いし、外観上業者はお金を取れます。
 形状によっては、施工のやり方により、柱の下の配置寸法を将来にわたって確保しやすい。

・コンクリートを敷く目的は=床部分を清潔に保ち、平面的にして掃除し易くする。
 中に入れる車の重量や出し入れの回数にもよりますが経験的に、普通車の場合10CM前後でOK。

・その他、みなさんの回答内容をよく吟味されてください。
 何よりも、施工の一番は、風対策・雪の重みです。 少々の歪みは辛抱して使えます。


(1)捨てコンのモルタルとはそもそも何の為に入れるのでしょうか?
=材料的にコンクリートとの施工性を考え、砕石との密着性を確保したり、上層コンクリートの大波を防ぐ。
必ずしも、捨てコンとの2回施工にする必要はないと思います。
なお、モルタルとコンクリートは全く性状の違うものですから、もっと勉強して下さい。

(3)捨てコンは砕石の上に何センチ位の厚みで敷いたら良いでしょうか?
=モルタル施工の場合4CM、コンクリートの場合6CMくらいかな。
 上層のコンクリートとはセメントの配合が違いますので注意して下さい。

(4)捨てコンの後束石を置くのに一度で高さが合わなかったらもう一度束石を取り出し
捨てコンの量の調整をするのでしょうか?
=そういうことはやりません。必ず確保できる方策を用いてモルタルで調整して先にセットします。
 そのためには、水平を出す道具類と、配置を確認する方法が必要です。

<それとも一度で合わせる方法があるのでしょうか?
=技術的にはありますが、一度も見たりやったことのない人には、5MM以内のレベルは無理でしょう。
 失敗は、柱の方の長さで調整して下さい。

(5)束石が上手く置けたら捨てコンが乾かないうちにコンクリートを入れないといけないのでしょうか?
それとも乾いてからコンクリート入をれても強度的には問題ないでしょうか?(コンクリートを
練るタイミングは束石を置いてからでも大丈夫でしょうか?)
=大丈夫です。逆に乾いていないうちは、モルタルまたは捨てコンの強度が出ていませんので、足で踏んづけて壊すことになります。

それから、コンクリートの表面仕上げの方策については大丈夫なのでしょうか?
型枠面木の考え方・金こて仕上げ・木こての使い方・箒目などいろいろあります。
この使い分けが分かるまでは施工しないでください。

今更ですが・・・・
・束石を使用される目的は=柱の下部を水気から守り長持ちさせること。
 車の車輪の際が狭くなるので施工上はなくても良いし、外観上業者はお金を取れます。
 形状によっては、施工のやり方により、柱の下の配置寸法を将来にわたって確保しやすい。

・コンクリートを敷く目的は=床部分を清潔に保ち、平面的にして掃除し易くする。
 中に入れる車の重量や出し入れの回数にもよりますが経験的に、普通車の場合10CM前後でOK。

・その他、みなさんの回答内容をよく吟味されてください。
 ...続きを読む

Q生コンの配合比率について。

自分でガレージの基礎を作っているのですが、生コンの配合比率は、セメント:砂:砂利が普通は1:3:6または強度が欲しい時は1:2:4だと思うのですが、今日1:3:6で作ってみたところ、砂利ばかり目立ってとても生コンとはいいがたいような感じです。生コンというより、灰色の砂利みたいな感じです。砂利の大きさが大きいのでしょうか?砂利の大きさは大きいのが3センチ位です。基礎のステコン部分の生コンを作っています。もっと砂やセメントを入たほうがいいような気もします。砂利の大きさによって他に配合比率があるのでしょうか?どなたかアドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 
 
見かけの容積比で1:3:6は決して間違っていませんが、使用する粗骨材(砂利)の形状によっては空隙が大きくなり、おっしゃる状態になります。砕石など角張った骨材は空隙が大きい(実績率が低い)ので、標準的な配合より砂利が多く必要になり、セメントと水も多くなりますが、セメントと水だけを加えるのはひび割れ防止の上ではちょっと問題があります。

強度をそれほどシビアに管理しなくていいのであれば、砂利(砕石)少なめ、砂多め、セメントそのままかちょっと多め位でいいと思います。水とセメントの比率は変えないほうが良いでしょう。

 
一般的な普通コンクリート1立米の配合重量は
水:180kg
セメント:315kg
砂:780kg
砂利:1025kg

これで2.3tとなりおおよそ1立米になります。参考にしてください。

Q布基礎と独立基礎?

布基礎と独立基礎?

農村地帯の広めの土地に戸建住宅を計画しています。

現在のところ、木造平屋建て、高床式、切り妻屋根の軽量屋根材葺きで、ウワモノ重量を軽量化し、ローコストで耐震性を確保する計画です。

この上物に対する基礎としては、「コンクリートから人間へ」という時代に、べた基礎で大量のコンクリートを流し込むのは気に入りませんので、上物と同様、軽量化、ダイエットし、大地への負荷を軽減し、資源を節約し、耐震性を確保したいと考えています。(できれば私の予算も削減したい!)

そこで、布基礎か独立基礎かの選択となるのですが、建築数年後の床下乾燥に期待して高床式を採用するわけですから、布基礎の立ち上り部(GL+450mmぐらい)が床下通風をじゃまするのが気に入りません。
かといって、人通口のように、布基礎でありながら基礎の一部をカットしてしまう神経も理解できません。

「傾斜地に建っている別荘」などに使われている独立基礎は平地の平屋住宅では使えないのでしょうか?

ボイド管で柱の数だけ独立基礎を立て、その上に柱直建てができないかと考えています。

そこで、木造住宅の基礎の専門家に質問です。
1.平地の平屋建てに独立基礎が使われていない理由は何でしょうか?
(「基礎屋さんの売り上げ確保」って答えは無しですよっ!)
2.軽量住宅の基礎に独立フーチング基礎を使う場合の注意事項は何でしょうか?
3.土台無しの木造建築の建築確認を取るにはどうしたらよいでしょうか?
4.「傾斜地に建っている別荘」は次回の大地震の際に崩壊するのでしょうか?

追加の質問ですが、
5.梅雨時に工事されたべた基礎で、そのべた基礎に覆われた土中の水分は、その後、乾燥期になってもべた基礎の下や、防湿シートの下でウジウジしているのでしょうか?

布基礎と独立基礎?

農村地帯の広めの土地に戸建住宅を計画しています。

現在のところ、木造平屋建て、高床式、切り妻屋根の軽量屋根材葺きで、ウワモノ重量を軽量化し、ローコストで耐震性を確保する計画です。

この上物に対する基礎としては、「コンクリートから人間へ」という時代に、べた基礎で大量のコンクリートを流し込むのは気に入りませんので、上物と同様、軽量化、ダイエットし、大地への負荷を軽減し、資源を節約し、耐震性を確保したいと考えています。(できれば私の予算も削減したい!)

そこ...続きを読む

Aベストアンサー

・古建物で;玉石の上に柱が立ち 横架材は1階床梁でした
     古職人が言うのに 近頃は「よいとまけ」で地盤造りをしなくなった
     砂利+粘土+砂利+粘土・・幾層にも付き固めた上に 玉石を座らせた
・新潟地震のとき 古建物が横ズレして倒壊しなかった と
 布基礎にアンカーボルトで固定した部が割れたとか ベタ基礎は全体が揺られて不同変形したとか
・確認申請基準を作る人も全能ではない(基準法の改正=間違いに気付き訂正すること)事からも
 しかし、今の規制をクリアーしないと家が建てられません 古建物を見て勉強しています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング