ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

擁壁底板と柱状改良について
擁壁のある傾斜地に新築を予定しておりますが、地盤改良の必要性確認のため、先日スウェーデン式サウンディングの調査結果が出てきました。
6~8メートルの柱状改良が必要との結果でしたが、ある調査ポイントのデータと柱状改良の計画に疑問を持っています。

擁壁に近いポイントのデータなのですが、貫入深さ1.75mまではN値=1~3.5で、1.76mで急に500以上にN値が跳ね上がり、データはそこまでとなっています。
そして、この調査結果をもとに作成された地盤改良の計画を見ると、そのポイントに柱状改良を施すことになっています。

これを見てハウスメーカー担当に「擁壁底板の上に柱状改良を施すことになっていませんか?」と質問したところ、地盤改良会社に確認して出てきた回答は、「擁壁底板に当たっている可能性があるので、柱状改良のポイントを擁壁から離す側に移動する」ということでした。
この時点で、「プロがデータを確認した上で地盤改良の計画を立案しているはずなのに、素人の指摘であっさり変更するとは、そもそもどういうデータ確認をしていたんだ?」と疑問が湧いてきました。
また、そのポイントは計画中の建物の外壁の真下に当たる場所なので、最も荷重が掛かり、簡単に内側に移動されれば良いということではないような気がしてます。

さらに、その擁壁近くのポイントですが隣地との高低差が1.5mほどあり、もし1.76mで底板に当たっているとすると、隣地から見て擁壁底板は20cm程度しか埋まっていないことになります。
この点についてもハウスメーカー担当に問い合わせたところ、「今週末に地盤改良会社に現場で直接説明させます」との回答で、打ち合わせを予定しています。

私の疑問点は以下の3点ですが、どのように考えたら良いでしょうか?
 (1)擁壁の底板は、通常 表面からどの程度埋まったところにあるのでしょうか?
 (2)擁壁近くは調査ポイントを増やして、底板と改良ポイントの位置関係を正確に見極めるべきだと思いますが、通常1点だけの測定でそのようなことはやらないのでしょうか?
 (3)建物の外壁下に改良を施さず内部に移動させたら、片持ち梁のように荷重が掛かって強度低下するようなことはないでしょうか?


どうかアドバイス宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

理解が間違っていたようです、すいませんでした。


1) 擁壁に限らず重量物を支える下地は上部荷重を受けれる地盤の強度が必要になります。
 したがって支えられる地盤の場所まで掘削します。これはたぶん造成図があると思います
 造成図にレベル高さが記載されていると思います。このレベルと住宅予定地地盤と整合させて
 見て住宅地地盤(GL)からの高さ関係を検討します。したがって図面で確認なされた方がよいと思い
 ます。
2)通常は1点はとらないと思います(正式にいうと最低です)なぜかというと支持する地盤がどちら方向に傾斜 しているか、わからないためです。もしかすると隣地関係の地盤資料をもとにしているかもしれませんが?ただ改良等の場合は設計図の位置までオ-ガ-掘削するわけでなくオ-ガ-先端部分の土
が設計の土質かどうか確認するので、必ず支持地盤まで改良されると思います。
3)柱状改良というのは、なんという工法ですか? 工法はいろいろあると思います。
 オガ-掘削機械で掘削し新しい土をオ-ガ-逆回転でしめつける方法ですか?
 通常は基礎の下にくるようにすると思います(住宅だと布基礎だと思いますので外壁下になると
 思います。 通常は擁壁を含めた断面図を作成し、改良杭があたらないように(中心から地盤改良径/2+ 施工精度 0.1m 程 度)の位置に中心位置を合わせて位置決定するのが多いと思いますが。
 地盤改良杭の場合も同様だと思います。
 ビルものの場合も同じですが、隣接地に擁壁がある場合は、既存擁壁に悪影響がないか等、資料等があれ 検討を行い、それでおよそ位置を設定します。叉資料図面位置がない場合は、試験掘削を2点おこない、 擁壁底面位置を確認して位置決定を行 い ます。杭の場合も同様です。柱状改良径は改良杭のオ-ガ- 径で決定します。ハウスメ-カ-に隣地側擁壁と住宅地部分の基礎断面図をかいてもらい問題ないですよ というお返事をい ただ ければ納得されるようなきがしますが。びるものをあつかって設計事務所さん が監理されている 場合も同じやり方で建物位置を決定しています。
    • good
    • 0

RC 擁壁だとたぶん鉄筋D3 程度で底盤と立ち上がりを組と思います。


そうすると底盤にのっている土が下側底盤を押さえつけ転等しない構造が必要だと思います。
計算していただいて決定した方がよいと思います。
土かべり20cmだと 仮に土比重が1.6t/m3 かぶっている巾が1mだとしてV=1.6*1*0.2=0.32t
320kgしかかかっていない気がしますが。土圧を支える構造耐力が必要だと思います。
擁壁根入れも検討が必要になると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私の説明が分かり難かったかもしれませんが、自分の土地より低い隣地側から見ると底盤まで20cmほどかと思われますが、底盤は自分の土地の方に延びているようなので、載っている土の厚さは1.76mあるかと思われます。
その場合は十分なのかどうか素人の私には想像つきませんが。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/22 00:06

 まず用語の訂正を。


 擁壁の場合は「底板」→「底版」です。

(1) 擁壁の根入れについては、道路用擁壁と宅造用擁壁とで適用する基準が違います。宅造用の鉄筋コンクリート擁壁の場合、「宅地造成等規制法施行令」では具体的な基準値は設けられてはいませんが、一般的には同施行令における練積み擁壁の基準(第八条第四項)を準用します。

「擁壁を岩盤に接着して設置する場合を除き、擁壁の前面の根入れの深さは、擁壁の設置される地盤の土質が、別表第四上欄の第一種又は第二種に該当するものであるときは擁壁の高さの百分の十五(その値が三十五センチメートルに満たないときは、三十五センチメートル)以上、その他のものであるときは擁壁の高さの百分の二十(その値が四十五センチメートルに満たないときは、四十五センチメートル)以上とし、かつ、擁壁には、一体の鉄筋コンクリート造又は無筋コンクリート造で、擁壁の滑り及び沈下に対して安全である基礎を設けること。」

 別表第四における第一種とは「岩、岩屑、砂利又は砂利混じり砂」、第二種は「真砂土、関東ローム、硬質粘土その他これらに類するもの」のこととなります。
 従って、この基準からいえば最低でも35cm以上の根入れは必要ということになります。
 通常、宅造擁壁の底版の厚さは、プレキャスト製でも10~20cm程度はあります。地表から176cm付近で底版の上面に当たるのであれば、底面までの深さは200cm近くあることになります。つまり根入れ深さは50cm程度確保されていることになるので、十分基準を満たしていると言えます。

(2) 擁壁の製品高さが判れば、底版の幅もだいたい判ります。従って、縦壁から底版端部までの位置もおおよそ判るので、底版までの深さがわかればこれらのことも推測できます。
 擁壁の底版幅はメーカーや適応土質によって違うので、一概には言えませんが、だからといって闇雲にサウンディングをすればよいという物でもありません。ただ、底版の位置を推測して、そこを避けた位置で改めて調査する必要はあったかも知れませんね。というか、普通はやるはずですけど・・・

(3) 布基礎かべた基礎かで違ってきますね。べた基礎の場合は基礎底版全体で荷重を受け持つので、杭の位置が多少ずれてもあまり影響はないです(もちろん、配置の見なしは必要ですが)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
実は過去、建物のプラン検討の際に複数のハウスメーカーで無料の地盤調査(いずれもスウェーデン式)を実施してもらっており、その調査では、擁壁底版の幅を探るため数十cm間隔で複数のポイントを測定し、比較出来るデータを取っていたため、今回の調査は「雑」という印象を持っていました。なぜそうしなかった等、問い詰めようかと思います。
今回はべた基礎で予定していますが、当初出てきた杭位置から1m以上 移動させる代案を出してきています。どんな根拠で代案を出してきているのかも不明です。そこも問い詰めようと思います。
回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/07/21 01:07

擁壁の構造はなにでやるのでしょうか


コンクリ-ト擁壁、PC擁壁、間知ブロック とかいろいろあると思います。
通常擁壁部の構造は土木を基準にしていると思います。
したがって土木基準にのっとって施工するのが普通だと思います。
ただ20cmだとまるっきりすくないような気がしますが?
叉住宅の外壁部分というのは、住宅の基礎がある部分、通常は連続フ-チング基礎(布基礎)
部分にあると思います。したがってその部分に地盤改良等がないと、おっしゃるように片持ち梁になると
思います。そうすると受け部分に常時荷重がかかることになります。
当然配筋もそのことが考慮されていないと考えられます。
通常びるものの場合でも擁壁があり、擁壁上部分や下部分に建物がはなれて立つような場合があります。
通常は擁壁は土木工事業者が行います。建築工事業者はその上に基礎杭を打のですが、土木やさんから
もらった図面をもとにして基礎断面図をおこし杭位置を決定します。
そうしないと擁壁基礎 L形擁壁等は建物がわに擁壁の底盤がきます。
したがって前もって、擁壁底盤と建物基礎の施工検討をしないと干渉します。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

調査レポートによると、擁壁は「RC擁壁」と説明されてます。
回答を頂いて、素人の自分が感じた素朴な疑問は、それほど的外れではなかったと思えてきました。
皆さんに頂いた回答から、計画初期の調査が不十分だったとの思いが強く湧いてきました。
おかげで週末の打ち合わせには、強い態度で臨めそうです。
有難うございました。

お礼日時:2010/07/21 00:54

疑問点>(1)擁壁の底板は、通常 表面からどの程度埋まったところにあるのでしょうか?


 (2)擁壁近くは調査ポイントを増やして、底板と改良ポイントの位置関係を正確に見極めるべきだと思いますが、通常1点だけの測定でそのようなことはやらないのでしょうか?
 (3)建物の外壁下に改良を施さず内部に移動させたら、片持ち梁のように荷重が掛かって強度低下するようなことはないでしょうか?

回答
(1)宅造法では、35cm~45cmですね。今回は段差1,5mにつき宅造認可はなしでしょうか。
一度確認してみてください(市町村建設関係部署)、2m以上が許可必要ですね。通常は高さの15%、25cmですね。その場合はOKです。

(2)擁壁の底板付近を試験掘(しけんぼり)を基本計画の最初に行うべきです。擁壁の底板長さが違っていたか。チェックをしなかったか(単純に境界より最短距離にしたか)ですね。技術者の計画段階でフォローが間違っていますね。
至急に、擁壁の底板の端部の試験掘削を行い、現地で、外壁芯、杭芯(径)、ベース端部と関係をチェック確認することが重要です。
予定の、>「地盤改良業者に説明させる」は責任回避です。絶対に相手の口実に乗らないことです。技術者として、専門企業としてミスをしていながら他人に回避させています。今後は文書をでのやり取りが必須です。現地は写真記録、立会い記録、協議記録、指示書、回答書、質問書で対応遵守(記名捺印サイン)ですね。

(3)移動はどなたの提案でしょうか。安易なHMからの提案でしょうか。貴方からでしょうか。安易な提案は受けない、言わないことです。(特に貴方からの提案の場合は貴方に責任が発生します。注意)
まず、相手に、文章、図面、計算書で、変更案を起案するように指示、3案くらい、協議に臨むべきです。
採用に当たっては、品質、価格、工程、安全、地盤保証確保、建築瑕疵担保確保の条件を設計士がクリヤーさせて、監理技術者(第三者、または地盤、改良は土木系の技術者、設計者、経験者のお墨付き)の承諾を経て、◎、○、△で総合評価を行い、提示、説明責任義務(納得が行くまで、中途半端は不可、インフォームドコンセントの趣旨)を遵守してもらうべきです。
案1.建物位置を変更する(位置をずらす、杭が壁のベースにw構造的に影響しないこと)
案2.そのままの位置で、擁壁の底板を壊し改良杭を所定位置に打ちこむ(縁を切ること)擁壁の底板は補強計算を行い、鉄筋の補強、杭補強を行う。施工工期は、改良杭前となるため大幅に新築工事の工程が伸びる。
案3.張り出し基礎構造に変更(杭は変更なし)
基礎幅を広げて基礎梁構造(外壁基礎、中壁基礎、べた基礎)として、設計変更して構造計算を行う。
あわせて、杭にかかる荷重状態が変更になるため(曲げ、水平力、垂直荷重)杭と基礎梁の計算チェックも行う。(場合によっては、鋼管杭への変更も検討、頭部での基礎梁との一体化構造)
Hmの建築構造は、耐震設計で、杭と構造体は一体化されて電算計算によって実施、それにより杭の認定を取得しているのが現状であり、杭、構造変更が計算的、認定されているものと合致するかが重要おいポイントになる。(Hm技術陣の計算と認定申請の処理対応が必要)

(4)その他
今後は、すべて文書によるやり取りにすべきですね、記名、捺印、このままでは、問題がうやむやになりますね。Hmの狙っているところですね。
今回の、重大な初歩的なミスですが先が思いやられますね。疑念を抱くとどこまでも続きますね。この際たっ当社を変えてもらうことを提案すべきです。(文書依頼、理由は今回の不適合対応ですね.ISO業者ですか。それであれば、まったく駄目ですね)すっきりしますね。そして再発防止の陳謝念書文を提出してもらうことです。一番大事な段階です。がんばってください。
当方の意見は、建物位置を変更移動、して、擁壁の底板と荷重、応力的にも縁を切る事を採用しますね。
他の変更は、いずれも特殊な設計対応が必要です。ジレンマに陥った場合、シンプル方法が一番です。
「擁壁底板と柱状改良について」の回答画像3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳細なご説明ありがとうございました。
今回疑問に思っている擁壁は高さ2m以下ですが、その隣の擁壁は2m以上あるので、市役所の方に確認してみようと思います。
柱状改良ポイントの移動の話ですが、ハウスメーカーからの提案です。
アドバイス頂いた建物位置の変更を本命に据え、メーカー・業者からの安易な変更案に乗らないようにしようと思います。
おかげで週末の打ち合わせにどのように臨むべきか分かりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/21 00:32

>(1)擁壁の底板は、通常 表面からどの程度埋まったところにあるのでしょうか?



基準となる根入れ深さはないと思いますが、通常は300mm~1000mm程度で20cmは浅いほうだと思います。


>(2)擁壁近くは調査ポイントを増やして、底板と改良ポイントの位置関係を正確に見極めるべきだと思いますが、通常1点だけの測定でそのようなことはやらないのでしょうか?

普通は擁壁底版位置を何らかの方法(図面、調査等々)で調べてから実施の設計を行います。


>(3)建物の外壁下に改良を施さず内部に移動させたら、片持ち梁のように荷重が掛かって強度低下するようなことはないでしょうか?

(2)番と関連しますが、その結果として基礎の補強が必要な場合は当然有ります。補強の必要性を見極める意味でも底版位置の把握は必要です。

HMの担当者に聞いてもわからないと思います。本社には判断できる技術者がいるのはずなので、その旨を強く言うしかないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
当日は建物の設計者(1級建築士)も同席で業者の説明を聞く予定になってます。
実は、建物のプラン検討の際に複数のハウスメーカーで無料の地盤調査(いずれもスウェーデン式)を実施してもらっており、データレポートが手元に複数あります(今回は3回目の調査)。
まずは、それらの結果を突き合わせて、腹落ちするまで説明を求めようと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/21 00:15

先般 建築条件付き購入のお客さんの


第三者設計相談が近似した例です

当初表土改良の見積もりでした
造成地と言う事と擁壁があると言う事で再確認した処
ご質問文内容の回答が返ってきました
疑問呈したら地盤調査は客側で遣って呉れとの業者の答え

そもそも支持地盤までの地盤改良は考えておらず
当然 擁壁底盤に建物荷重を見込んでいない
解決方法を幾つか提示したが 結局業者は非理解

先ず 擁壁の設計図・構造の考え方を知る
スウェーデン式は支持地盤及び地質調査には不足
データが揃った上で地盤改良か基礎工法かを考える

HM営業マン氏には技術的な知識や考慮は無い
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実は、建物のプラン検討の際に複数のハウスメーカーで無料の地盤調査(いずれもスウェーデン式)を実施してもらっており、データレポートが手元に複数あります(今回は3回目の調査)。
まずは、それらの結果を突き合わせて、腹落ちするまで説明を求めようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/21 00:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q適格擁壁なら擁壁から1mの所に建物を建てても安全?

こんにちは。素人ですので専門用語や基礎知識に乏しいのですが、どなたかアドバイスいただけたら助かります。
この度、土地を購入し新築の家を建てることになりました。
都市計画における区画整理事業で整備された地区で、購入した土地が北側のみ1.5mほど盛土した土地になります。
L字型の適格擁壁も設置され約10年ほど経って地盤も安定しており、柔らかい地盤ではないそうなので杭打ちなどの基礎工事の必要もないとのことでした。
今、軽量鉄骨の住宅でHM2社と競合させている段階なのですが、1社は擁壁から1m30の所から建物を建てても問題ないとプランをあげてきたのですが、もう1社は絶対に必要ではないけれど数十年後のことや地震などを想定すると2.5mは擁壁から後退させて作る方が安全だといっています。
土地に限りもありますのでできれば1m後退で建てられたらありがたいのですが、地震や数十年後の安全が不安定なら・・と悩んでいます。
適格擁壁でもやはり数十年後のことを考えるなら大きく擁壁から後退させて建物を建築させたほうがいいのでしょうか?
ご意見・アドバイスいただけたら助かります。
よろしくお願いします。

こんにちは。素人ですので専門用語や基礎知識に乏しいのですが、どなたかアドバイスいただけたら助かります。
この度、土地を購入し新築の家を建てることになりました。
都市計画における区画整理事業で整備された地区で、購入した土地が北側のみ1.5mほど盛土した土地になります。
L字型の適格擁壁も設置され約10年ほど経って地盤も安定しており、柔らかい地盤ではないそうなので杭打ちなどの基礎工事の必要もないとのことでした。
今、軽量鉄骨の住宅でHM2社と競合させている段階なのですが、1社は擁...続きを読む

Aベストアンサー

No.4です。
補足ありがとうございます。
およそ想像がついていました。

1方のHMが擁壁からの離れを2.5m確保する提案は、「適格擁壁」とは明言しても、必ずしも保証はできない証拠でしょう。
ただ、ごり押しをしない、良心的な担当とも思います。

前述のように、絶対安全というものは家にしろ擁壁にしろ、なかなかありません。
いつやってくるのかわからない天災の規模や被害は、なかなか想定でみませんし。
湯水のように費用をつぎ込めればいいのでしょうが、敷地の面積や形態の制限もありますしね。

ここではあなたの敷地の情報や建物の情報が足りません。
ですので、あなたを安心させる回答はおそらくできません。
一番は、信頼のおけるHMの担当に、場合によっては営業だけでなく設計をしている建築士から直接説明を聞いたほうが妥当と考えます。
過大なセットバックを必要としない考えのHMの側も、建築士の判断を直接聞けば参考になりそうです。
中途半端な回答で、誠に申し訳ありません。

最後に、

>大地震などに備えて2,5m離して建てた方がより安全

この場合は、
・擁壁を安全にしたいのか
・建物を安全にしたいのか
・双方を安全にしたいのか
で、考え方や対処方法が変わりそうですね。
言葉の上げ足を取るようで申し訳ありませんが、漠然とした「安全」との表現では、「適格擁壁」と同じ表現で一般の方には「全て大丈夫」と誤解を受けそうです。

No.4です。
補足ありがとうございます。
およそ想像がついていました。

1方のHMが擁壁からの離れを2.5m確保する提案は、「適格擁壁」とは明言しても、必ずしも保証はできない証拠でしょう。
ただ、ごり押しをしない、良心的な担当とも思います。

前述のように、絶対安全というものは家にしろ擁壁にしろ、なかなかありません。
いつやってくるのかわからない天災の規模や被害は、なかなか想定でみませんし。
湯水のように費用をつぎ込めればいいのでしょうが、敷地の面積や形態の制限もありますしね。

ここ...続きを読む

Q擁壁と建物の距離

注文住宅を検討しています。

ほぼ正方形の土地で北側の1辺が擁壁(高さ1.8m)があって、
自分の土地が高くなっています。

建物を擁壁から1.5mの距離に立てる予定なのですが、近すぎませんか?

・建物は2階建て(ほぼ平屋で、一部のロフトのため2階建て)
・擁壁はRC造のL字で、L字擁壁の大きさは高さ2.0m。
 (下のほうが埋まっているので、外観は1.5m)
・L字擁壁は基礎の上に乗っている。その基礎は、8mの杭で支えている。
・ボーリング調査では、杭の先端は、N値20-30で十分支持層には届いている。
 (ボーリング調査は、住宅を建てるための地盤調査①とは別に、造成工事のための地盤調査②として  実施。なので調査地点は、①とは異なる地点)

情報が足りないかもしれませんが、わかる範囲でコメント、
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

多分、大丈夫でしょう。

住宅の基礎の深さは(小さいほうの「不明」部分)は、大体45センチ位かと思いますが(もっと浅くても結果は変わらないと思います。)
その場合、北側隣地と住宅基礎下端との距離(高低差)は、(1.5ー0.45)=1.05Mとなります。

さて、建物の重さの地面への影響範囲は、乱暴ですが、建物基礎端部から45度方向だと考えれば良く、
実際に、その線を引いてみると、その斜めの線は、隣地との段差を考慮しても、地上に出ることはありません。

確かに、この住宅の重さによる力は、この擁壁を北側に押す、と考えられますが、その向こうには、やはり地面があるので、
擁壁が動くのを防止してくれます。

L字擁壁の底盤に荷重は掛かるでしょうが、杭があるので、問題ないと思います。
(むしろ、擁壁に影響を与えない部分の住宅基礎が、沈下しないように、施工に留意が必要でしょう。)

私は、構造が専門ではないので、いい加減ですが、提示されている隣地からの距離1.5Mは、恐らく、
その辺りを含んでの数値だと思います。

Q擁壁が高くて軟弱地盤の土地について

南側約3m、東側約5mの高さの擁壁がある土地(約70坪)についてご相談があります。

この擁壁はL型擁壁と呼ばれるかなり強度のあるものらしいのですが、盛土なので、地盤がかなり弱いらしく隣地では、7~8mの鋼管杭での改良を行ったそうです。

このような軟弱地盤でかつ擁壁が高い土地に家を建てるのは危険でしょうか?
また、安全面で、東側の擁壁のどれぐらい近くまで寄せて、家を建てることが可能なのでしょうか?

不同沈下などで、東側に倒れたりなんかしたら、しゃれになりませんよね…。

Aベストアンサー

 実は私もつい最近建設された擁壁について似たような経験があり、L型の擁壁構造、隣地の基礎構造を含めた調査、施工土木会社の施工記録調査等実施しました。ただし、擁壁高さ、底板長さはほぼ一緒ですが、敷地に沿った長さが15m以上あるものです。日照等他の条件はばっちりでした。でも売れていませんでした。
 結論としては、決め手は「擁壁の寿命」です。
コンクリート構造物の寿命は設計・施工・使用環境で大きく左右されるようですが、一般論としては例えば大きな地震等無ければ、100年程度ということです。
 仮に、100年の寿命を全うしたとしましょう。土地は子孫にも受け継ぐことが可能な財産ですが、100年後にはこの擁壁を土地保有者が新築しなければならない可能性がかなりあるということです。(擁壁再建設のコストは私のケースではいくらになるのか分かりませんが・・・)
 実際には地震等ありますし、更に早い時点で家屋建替え時に、擁壁に対する何らかの対応が求められる可能性もあります。
 土地は色んなところにあるわけですから、わざわざ選んで、擁壁の上を買い、種々のリスクを負う必要は感じられませんでした。
 なお、底板上に支持する方式は(1)擁壁にそのような局所荷重をかけてよいのか(2)支持をとる以上擁壁の下の地盤が本当に大丈夫かどうかを確認出来るのか。(3)万が一擁壁が転倒した場合は上部構造物に大きな影響が発生する。以上3点の問題があると思います。(1)は前出の通り。ただし、支持荷重と擁壁構造から比較的容易に是非の判断がつくかもしれません。(2)については厄介です。擁壁建設時に当然擁壁自体の支持目的のために地耐力調査は実施されているはずです。しかし、擁壁+家屋の荷重となると、擁壁荷重と比較し微々たる増加かもしれませんが、なかなか証明は難しいでしょう。(3)は万が一の話でこのようなリスクをどのように考えるかです。私の見た場所では、擁壁ぎりぎりに建てているのは、不思議といわゆる二流メーカーだけでした。しかも、擁壁に基礎を支持!
 擁壁前提で基礎を検討し上部構造物を建設するわけですから、ハウスメーカーにも責任の一端が発生します。ある大手メーカー営業曰く、擁壁についての懸念は比較的最近メーカーサイドで重要視されてきた話題であり、大手以外ではチョット気にしていないところもあるかも・・・とのこと。何ら利害関係の無いその営業マンは私の質問に即答してそのように答えました。
 擁壁ギリに建てる残された方法は、杭+キャンテ(片持ち)基礎です。多分コストアップは避けられないでしょう。
 他の方はどのように考えられますか?寿命後を考えるのは考えすぎでしょうか?
 これさえ考えなければ、最近の建設とのことで、建築確認もあり、構造計算書もあり、想定外の地震等無ければ、計算上は何ら問題ない構造と説明することも可能なのでしょうが・・・。私としては上記理由で採用出来ませんでした。

 実は私もつい最近建設された擁壁について似たような経験があり、L型の擁壁構造、隣地の基礎構造を含めた調査、施工土木会社の施工記録調査等実施しました。ただし、擁壁高さ、底板長さはほぼ一緒ですが、敷地に沿った長さが15m以上あるものです。日照等他の条件はばっちりでした。でも売れていませんでした。
 結論としては、決め手は「擁壁の寿命」です。
コンクリート構造物の寿命は設計・施工・使用環境で大きく左右されるようですが、一般論としては例えば大きな地震等無ければ、100年程度ということです...続きを読む

Q擁壁がある土地を購入した方

新築を建てる土地を探しており、
探しているエリアに気に入る土地が見つかりました。
南ひな壇の土地で、隣地と接しているのは南のみ。北、東、西は道路となっている三方道路の土地です。
南と西に高低差があり、南は1メートルほどなのですが、西は2メートル近い間知ブロックの擁壁です。昭和40年頃の施工だそうで、当時の資料は残っておらず、いわゆる不適格擁壁です。
東日本大震災の際に震度6を経験したエリアですが、岩盤の上のエリアのため、周辺の同じ擁壁で崩れたりしたところはありません。
自分でもできる限りの自己チェックはしましたが、大きな亀裂やズレなどは見当たりませんでした。
土地の広さは100坪ほどあり、擁壁から離して家を建てれば建てることは出来るのですが、将来的なメンテナンス費用を考えると踏ん切りがつきません。
擁壁がある分、周囲の平地の地価より300万ほど安いです。建築家と擁壁の施工経験者に現地を見てもらいましたが、地盤が強ければ、擁壁は古いがやり直すほどではないと言われました。
実際に擁壁のある土地を購入した方に、購入して後悔などしなかったか?
また、メンテナンスに予想外の費用がかかったなど、購入に踏み切る点で注意点などありましたら教えていただきたいです。
また、購入して良かったという意見もありましたら聞かせてください。

新築を建てる土地を探しており、
探しているエリアに気に入る土地が見つかりました。
南ひな壇の土地で、隣地と接しているのは南のみ。北、東、西は道路となっている三方道路の土地です。
南と西に高低差があり、南は1メートルほどなのですが、西は2メートル近い間知ブロックの擁壁です。昭和40年頃の施工だそうで、当時の資料は残っておらず、いわゆる不適格擁壁です。
東日本大震災の際に震度6を経験したエリアですが、岩盤の上のエリアのため、周辺の同じ擁壁で崩れたりしたところはありません。
自分でもでき...続きを読む

Aベストアンサー

私ととても似ている事例だったので思わず書き込みしました。

私も自宅土地購入時、擁壁についてはさんざん悩みました。欲しいエリアは坂ばかりでまともな土地がほとんどなかったからです。(ちなみに7年探したのも同じです。)

で、結局購入した土地は南側に古い間知石積み擁壁が最短でも3.5mある土地でした。
やはり擁壁からかなり離して家を建てることにより万一の時でも家族の命は守れると判断しました。
私の場合は、地震などで擁壁が崩れたらきっとこの辺りは全て同じ状況になるため、行政から補助が出るかもしれないし、ま、その時考えればいいか、っていうのんきな考えで決めてしまいました。
他にいい土地が見つかりそうになかったし、その他の条件が希望にかなっていましたので。

そして、今の感想ですが、とても満足しています。
メインの開口部が抜けているということは想像以上に気持ちのいいものでした。
庭が結果的に広くなったのも快適ですし、(今は畑になっている)隣に建物が建っても日当りに影響なさそうですし。

価格も安いようですし、場所に後悔がないのなら購入してはいかがですか?
住んだら古い擁壁は自分から見えないので何も気になりませんよ。メンテナンスにお金って必要ですか?
でも、きっと盛土なので柱状改良はまず必要でしょうね。
当方も地盤は強いエリアですが、うちは100万位かかりました。

私ととても似ている事例だったので思わず書き込みしました。

私も自宅土地購入時、擁壁についてはさんざん悩みました。欲しいエリアは坂ばかりでまともな土地がほとんどなかったからです。(ちなみに7年探したのも同じです。)

で、結局購入した土地は南側に古い間知石積み擁壁が最短でも3.5mある土地でした。
やはり擁壁からかなり離して家を建てることにより万一の時でも家族の命は守れると判断しました。
私の場合は、地震などで擁壁が崩れたらきっとこの辺りは全て同じ状況になるため、行政から補助が出る...続きを読む

Q擁壁の費用ってこんなものでしょうか?

永年の夢を叶えるべく、最近家の間取りを建築屋さんと打合せを始めました。
すると敷地に高低差があるため(家が高く、庭が低い)、家から庭に行くためには庭を擁壁で上げなくてはいけないと言われました。
費用は概算で100万というのです。たいした高さの擁壁でもないのにかなり値段がするなぁと感じてしまいます。
擁壁は高さ1m、コの字型の長さ16mでL型擁壁で行うと建築屋さんが言うように100万円くらいかかるのでしょうか?
どうか教えてください。

Aベストアンサー

#1です、ちょっと補足して。

基礎と同時だとすると、基礎までの地盤は出来上がってて後工事としても考えられるので、あとはどんな土入れるかなんですが、8mx4mとして目一杯黒土入れたらそれくらい行くかも知れませんね。

現況がどうなってるかなんですが、砕石分は家の基礎掘ったとこで出るから積んでおいて足りない分をダンプで入れ、あとでユンボで均すとして、黒土を30cmくらいだとすると+15~20万程度のはず。

まぁ現況次第もありますが100万は高いな~って感じですね。

#3さんへ。RC擁壁はメートルあたり3万が相場です。高さ方向へも同じ。単価ベースなら1mx1mなら3万、2mx2mなら12万ということです。

Q擁壁2m以上の建築確認

擁壁2m以上の建築確認申請?は必須ですか?
自治体による違いがあるのでしょうか。

見積した業者に、申請はしますか?みないな風に聞かれたので、
確認させてください。

駐車場を拡張するために、道路やお隣などに接していない部分を
作り直します。
高さは2.5m位です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

2m以上(高低差)の擁壁の場合は、建築ではなく工作物ですので
工作物の確認申請が必要になります。
これは、構造物の高さではなく敷地の高低差が2m以上ということです。

宅地造成等規制区域内であれば、宅造の許可が必要です。
この場合は確認申請は必要ないはずですが・・・。
(自治体によって違うんですかね?)

Q住宅の基礎の根入れ深さについて

住宅の基礎の根入れ深さについて

 現在、擁壁で造成した更地に木造2階建ての住居を新築工事中
です。

 基礎工事の開始を数日後にひかえ、ふと何気に図面を見ていて
気がついたのですがベタ基礎(地盤調査の結果は良好なので地盤
改良等は無しです)の根入れ深さが設定GLから250mmと書いて
ありるのですがよくよく考えると現状のGLからだと50mmしか入
っていない事がはじめて分かりました。
(ちなみにベタ基礎の下は石を敷くみたいです)

 ハウスメーカーに確認をしてみると現状のGLからは確かに50mm
しか入らないのですが後で基礎工事の際に掘削した土を現状GLから
200mm埋め戻しして、最終的な根入れ深さは50mm+200mm=250mmと
なり建築基準である120mmは十分クリアしていますので大丈夫ですと
の事でした。

 また、コンクリート擁壁より盛り上がった200mm分は擁壁沿いに
100mm厚のコンクリートブロックを土留めとしてアンカー施工するので
土も擁壁から流れ出す事もありませんので問題ないですとの事でしたが
正直それで本当に大丈夫なのかどうかが心配でなりません。

 確かに最終的には根入れ深さは120mm以上(凍結深度はまだ未確認です)
ありますが一度掘削した土を現状GLから埋め戻して天圧した所で地震の
横揺れや激しい台風などでも基礎が横にずれたりしないものなのでしょうか。

 また、その埋め戻した土の土留めで使用した100mm厚のコンクリートブロ
ックで基礎の横ずれや土の流れ防止用として使用して激しい地震や台風等の
際に不具合などは生じないものなのでしょうか。


 もう少しで基礎工事が始まってしまうのですが、これで本当に問題がない
のかどうかが素人の私にはよく分かりません。

 ただ、これで建築許可もおりているので私の取り越し苦労かもしれませんが、
せっかく建てる新居なのでこの先地震や台風がくるたびにビクビクせず安心し
て過ごすためにも、誰か詳しい人がいたらどうか教えていただけませんでしょ
うか。

 何卒よろしくお願いいたします。

住宅の基礎の根入れ深さについて

 現在、擁壁で造成した更地に木造2階建ての住居を新築工事中
です。

 基礎工事の開始を数日後にひかえ、ふと何気に図面を見ていて
気がついたのですがベタ基礎(地盤調査の結果は良好なので地盤
改良等は無しです)の根入れ深さが設定GLから250mmと書いて
ありるのですがよくよく考えると現状のGLからだと50mmしか入
っていない事がはじめて分かりました。
(ちなみにベタ基礎の下は石を敷くみたいです)

 ハウスメーカーに確認をしてみると現状のGLからは確かに50mm...続きを読む

Aベストアンサー

1.>ハウスメーカーに確認をしてみると現状のGLからは確かに50mmしか入らないのですが後で基礎工事の際に掘削した土を現状GLから200mm埋め戻しして、最終的な根入れ深さは50mm+200mm=250mmとなり建築基準である120mmは十分クリアしていますので大丈夫ですとの事でした。

回答
1.設計図はGLマイナス250mmですね。先でも、あとでも、この埋め戻しされた土砂の強度が地盤強度と同じように確保(転圧、地盤改良)されることが必須の条件ですね。同等に施工されたことが証明(載荷試験実施)されれば問題はないですね。
なぜならば、設計で地盤改良なしでの良好な地盤との条件ですからね。故に埋めた土も同じ強度を確保する必要がありますね。是非このことを、この工事の設計士、設計事務所設計士、品質管理者に文書で質問、文書で回答を得てください。

2>また、コンクリート擁壁より盛り上がった200mm分は擁壁沿いに100mm厚のコンクリートブロックを土留めとしてアンカー施工するので土も擁壁から流れ出す事もありませんので問題ないですとの事でしたが正直それで本当に大丈夫なのかどうかが心配でなりません。その埋め戻した土の土留めで使用した100mm厚のコンクリートブロックで基礎の横ずれや土の流れ防止用として使用して激しい地震や台風等の際に不具合などは生じないものなのでしょうか。

回答2
ここに問題があり、設計士に文書確認の必要があります。
1)既存の壁(コンクリート擁壁)は、貴方の敷地内、貴方の所有ですか。確認ください。通常は壁の下側が境界ですが?
2)既存の壁の高さをブロックで200mm嵩上げするわけですが、この壁の変更は今回の確認申請の対象になっているでしょうか。通常条例にもよりますが2m以上であれば、変更には申請許可が必須です。
3)問題は、この壁が200mmプラスの土砂に対して強度計算をされているかどうか確認ください。家の基礎高さを関連づけした横断面図でその計算が適正か?ごまかしになっていないか。別途、第三者監理の方にチェックしてもらってください。強度計算でOkであれば新築の家の基礎部分の地盤の崩壊、移動、壁の転等等は問題なしですね。
4)問題の追加で、200mm上がった壁自体の強度チェック(壊れないか)です。ブロック(アンカー固定の強度チェック計算含む)強度の確認も必要ですね。ブロックはコンクリートとの耐久性に問題があり、本来ならばコンクリートで嵩上げ(樹脂アンカー施工)を施工すべきです。(無論10年は問題はないですが)

3.>基礎の横ずれや土の流れ防止用として使用して激しい地震や台風等の際に不具合などは生じないものなのでしょうか。
回答3
埋めた土砂、壁の嵩上げ、に対して大雨などについてですが、上記の埋め戻しの適正な品質管理、確保、文書での報告確認、段差(上と下)に対する強度計算の確認、壁の強度計算確認を行い、文書で回答を得て残すことです。無論、自身に対する計算において確保されていなければなりませんね。
次に。雨に対しては、設備衛生工事の設計、雨水樋、排水管、排水溝、排水管、排水桝の適正な設計と世故運も確保です。水が溜まるようでは不可です。又既存の壁+200のブロック(コンクリート壁)の裏込め排水管の適正な配置と施工です。
要は、表面水、地盤に浸透した水の適正な処理が行なわれる設計、施工で、安全、安心が確保されます。
十分に、設計士、設計者、品質管理者、第三者監理の方に質問、納得が行くまで、なぜ、なぜ問答で確認ください。逃げるのは技術者でないですね。とことん確認してください。技術者は、素人に対して、インフォームドコンセント(説明責任、納得を得る責任義務)義務があります。メーカもCSR、行動規範、社会規範を掲げて専門企業として社会に受け入れられていますね。よく理解して旨くやってください。

1.>ハウスメーカーに確認をしてみると現状のGLからは確かに50mmしか入らないのですが後で基礎工事の際に掘削した土を現状GLから200mm埋め戻しして、最終的な根入れ深さは50mm+200mm=250mmとなり建築基準である120mmは十分クリアしていますので大丈夫ですとの事でした。

回答
1.設計図はGLマイナス250mmですね。先でも、あとでも、この埋め戻しされた土砂の強度が地盤強度と同じように確保(転圧、地盤改良)されることが必須の条件ですね。同等に施工されたことが証明(載荷試験実施)されれば問題はない...続きを読む

Q擁壁内の地盤改良

高さ約7mの擁壁(L型、構造計算書不明、完成確認検査は済)に3方を囲まれ15mほど接道する土地(舞台のように張り出すような土地)に新築(地下1F、地上2F、施工床面積200m2を計画中です。本年6月にJIOより基礎仕様計画書として小口径鋼管杭を支持層GL-11m以深で121本以上を満たすこと、との判定が出ました(そのときには柱状改良には○はついていませんでした)。しかしHM側から契約当時の見積もりでは実際足りないとの理由で昨日某工務店に別な方法(柱状改良 600径 長さ6m 空堀2m 38本)を計画しJIOに打診しそれも可能だとの回答を得たとのことです。そこで質問です。
1.改良方法について素人目にみても強度が全然違うような気がしますがいかがでしょうか。
2.JIOでは判定結果を変えることがあるのでしょうか。
3.上記柱状改良費用が230万円ですが妥当でしょうか。
4.たとえば家が20cm不同沈下した、測ると擁壁が5cm傾いていた、という場合、瑕疵保証の対象になりますか。あるいはごくわずかでも擁壁のせいにされてしまい免責になるのでしょうか(JIOに訊けばいいのですが土日休みのため。急いでいるもので書き込んでいます。)
5.JIOは倒産しないのでしょうか。最近瑕疵保証検査を9月で締め切ったり、Q&Aが工事中だったりしています。
6.そもそも擁壁に対する保証機関は存在しないのでしょうか。擁壁が傾いたら泣き寝入りでしょうか。
以上地盤の杭を抜かれたようで非常に心配です。どなたかご教示いただければ幸いです。

高さ約7mの擁壁(L型、構造計算書不明、完成確認検査は済)に3方を囲まれ15mほど接道する土地(舞台のように張り出すような土地)に新築(地下1F、地上2F、施工床面積200m2を計画中です。本年6月にJIOより基礎仕様計画書として小口径鋼管杭を支持層GL-11m以深で121本以上を満たすこと、との判定が出ました(そのときには柱状改良には○はついていませんでした)。しかしHM側から契約当時の見積もりでは実際足りないとの理由で昨日某工務店に別な方法(柱状改良 600径 長さ6m 空堀2m 38本)を計画しJIO...続きを読む

Aベストアンサー

1、方法が違うので性能は違います。しかし、住宅を支えるのに十分な設計をするので強度が不足することはないでしょう。不足なら設計ミス。
2、私も最適なのは鋼管杭だと思います。擁壁が開発などで安全が確認されているものであれば柱状も使えるかもしれませんが、高低差のある時に擁壁が老朽化したり、莫大な水圧で擁壁に何かあっても保てるのは深さのある鋼管だと思います。一番最適です。
柱状は2番手以降ということで考えます。柱状改良も湿式ではちょっとと思いますが、乾式なら支持杭に近い効果はあります。しかし、現場の丁寧さが必要だと聞いています。製品安定からいえば鋼管の方が確実性は高いですがお値段も高いようで比較的安い乾式柱状が採用されたのだと思います。
工法は最適なものをすすめるので、JIOも保証に差し支えなければ2番手がダメとは言えないはずです。差し支えると考える工法はOKを出しません。
3、高。とは思います、でも現場状況もあるしね。何とも。
4、何センチで・・というのはわかりませんが、今回の計画は擁壁に建物による土圧をできるだけかけない方法になっているのだと思います。ですから、施工済みの擁壁が傾くのはJIOの保証には入らないでしょう。擁壁が傾いたせいで家が傾けば擁壁のせいですしね。問題は原因です。調査で明確にすることでしょう。
5、これは法律改正に伴う業務変更の過程です。でも、民間ですから倒産しないとは言えません。
6、作った人が設計施工の責任があるのですが、擁壁の場合は所有者になったら所有者に管理責任があります。どんな構造であるかは通常設計図と施工時の検査両方ないと保証するという会社のある可能性はゼロです。民法638条により、10年間は請負人(施工者関係)に責があるとみなされるので損害賠償できると思います。でも、なにかあってから1年以内に賠償請求をしなければいけません。
何十年もたっていれば泣き寝入りというか所有者責任です。

>地盤の杭を抜かれたようで非常に心配です
ご自分の費用で建てるのです。鋼管杭にしたければ見積もりをもらい工法のちがいの説明を専門家にきき、比較して納得してから決めましょう。心配を覚悟に変えてからでないと10年過ぎて保証もなくなり何かあったときに後悔しますよ。

1、方法が違うので性能は違います。しかし、住宅を支えるのに十分な設計をするので強度が不足することはないでしょう。不足なら設計ミス。
2、私も最適なのは鋼管杭だと思います。擁壁が開発などで安全が確認されているものであれば柱状も使えるかもしれませんが、高低差のある時に擁壁が老朽化したり、莫大な水圧で擁壁に何かあっても保てるのは深さのある鋼管だと思います。一番最適です。
柱状は2番手以降ということで考えます。柱状改良も湿式ではちょっとと思いますが、乾式なら支持杭に近い効果はあり...続きを読む

Qペントハウスは述べ床面積に入る?

容積率の算定に必要な延べ床面積は、
各階の床面積の合計、となっています。
水平投影面積の1/8以下の最上階のエレベーター機械室などのペントハウスは階とはみなされません。
だから延べ床面積の合計に算入しなくていいのでしょうか…。
って都合のいい解釈はできますか。

Aベストアンサー

回答が真っ二つに分かれていますが、No.2の「どんな人:一般人」の方が正解です。
「階数には入らないが、やはり述べ床面積の算出の定義、「階の合計」の「階」には入る、と解釈ですね?」で正解です。
一方で「階(数)に入らない」と言っていて、「各階の床面積の合計」なのだから、算入しなくても良いのでは、私も昔、そう思ったことがありましたが、ダメでした。
結果としては「残念ながら」ですね。

Q擁壁工事の費用が適正なのかわかりません。教えてください。

南ひな壇の42坪のアパートの新築見積りをある鉄骨ハウスメーカーにお願いしました。
建物本体の価格より驚いてしまったのが、擁壁工事費用550万円かかるという点でした。
アパートの解体撤去費230万円というのも予算オーバーでしたが、主人はこのハウスメーカーと契約してしまいそうです。
この価格は妥当なのでしょうか。

すみません。何の知識もありません。よろしくお願いいたします。

南ひな壇はおおや石で、このままでは建築許可がでない。
東側と西側ともに4メートル道路と隣接していて、擁壁工事をぐるりと
コの字形にしなければいけません。
道路からの高低差は一番高いところで1メートル70センチくらいはあると思います。

ご専門の方、わかりやすく、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 #1です。

 見積りの内容を見ると、現場打ちですね。通常このくらいの高さであればプレキャストを使った方が工期が短く、見た目もきれいなのですが。
 ただ、ここに出された数量だけでは規模(長さ)が分からないので、適正かどうかの判断は出来かねます。
 ちなみに、プレキャスト擁壁(宅造用)だと1.5m位の高さ(根入れ含む)でだいたい4~5万くらい(1本/2m)です。設置手間は2.5~3万/mといったところでしょう。ただし、土工事(掘削、埋め戻し、残土処分)などは別になります。又、設置手間も高さによって異なってきます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング