「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

公認野球規則には、「スリーフットレーンを示すラインはそのレーンの一部であり、打者走者は両足をスリーフットレーンの中もしくはスリーフットレーンのライン上に置かなければならない。」とあります。
打者走者が本塁-一塁間で、野球のタッチを避けるために、スリーフィートラインから片足を完全にはみ出したらアウトになるのでしょうか?
あるいは、そのはみ出た足が少しでもスリーフィートラインに触れていれば、スリーフットレーンのライン上に置かれていたとみなされ、アウトにはならないですか?

また、本塁-一塁間の本塁寄りのスリーフィートラインが引かれていない場所では、野手のタッグプレーに対して、打者走者は、タッチを避けるときの基準線は、ファウルラインですか?それとも実際に走っている走行ラインですか?また、その場合、避けることのできる範囲は、その基準線の左右両方のスリーフィートまででしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

・スリーフットライン


打者が走行する基準となるライン。
これをはみ出て走行して送球を妨害した場合、守備妨害となる。

・スリーフィートライン
守備側からの触球を避けるために左右3フィートをはみ出るとアウト。

軽く調べてみましたがこういう感じでいいと思います。

>打者走者が本塁-一塁間で、野球のタッチを避けるために、スリーフィートラインから片足を完全にはみ出したらアウトになるのでしょうか?
触球を回避するためにスリーフィートをオーバーしてるのでアウトです。

>はみ出た足が少しでもスリーフィートラインに触れていれば、スリーフットレーンのライン上に置かれていたとみなされ、アウトにはならないですか?
理屈ではアウトにはならないはずですが、スリーフィートラインオーバーは審判の主観によるものです。ですのでいくらアピールしても、審判がはみ出てたといえばそこまでです。

>本塁-一塁間の本塁寄りのスリーフィートラインが引かれていない場所では、~(略)
これもスリーフィートです。ファウルラインから左右3フィートまでです。

ともかくタッチを避ける基準はどの塁間でもスリーフィートです。
スリーフットは一塁線と平行に引かれている、主にキャッチャーゴロからの送球を避けるためのラインです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
質問の意図をご理解いただき、明解な回答をいただき、感謝します。
たいへん、すっきりしました。

お礼日時:2011/09/19 19:02

>「スリーフットレーンを示すラインはそのレーンの一部であり、打者走者は両足をスリーフットレーンの>中もしくはスリーフットレーンのライン上に置かなければならない。


>打者走者が本塁-一塁間で、野球のタッチを避けるために、スリーフィートラインから片足を完全にはみ>出したらアウトになるのでしょうか?
>あるいは、そのはみ出た足が少しでもスリーフィートラインに触れていれば、スリーフットレーンのライ>ン上に置かれていたとみなされ、アウトにはならないですか?

公認野球規則の方には「スリーフットライン」となっていますよね。でも質問者さんは「スリーフィートライン」と書かれています。ここからすでに認識の間違いが起こっているんですよ。
スリーフットとは直訳の通り「3歩」というこです。スリーフィートは当然「3フィート」ということですので3歩とは違います。

スリーフットとは、つまりボールを持った守備側の選手がいる所を起点にして3歩以上走塁するべきラインから離れたら、それでアウトになりますよというルールです。
よくフィートとフットを間違うんだと、以前解説者が説明してました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/19 19:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q野球の3フィートラインルールについて。

先日の楽天×ロッテ戦での嶋選手の本塁突入を見て疑問に思ったことがあるので質問させていただきます。

ニコニコ動画で見ていると議論を起こしているのは「タッチを避けてないから適用外」「本塁付近は適用外」ということでした。

前者に関してですが、3フィートルールを調べてみると、”野手の触球を避けようとして走路を外れた場合”と書いてあります。嶋選手がコースを大きく外れたのは捕手によるタッチをさけるためであるので、私はこの例外は適応されないものと考えています。

質問の本題は後者なのですが、本塁付近というのはどの範囲のことを言うのでしょうか。審判の裁量なのでしょうか。

Aベストアンサー

>「タッチを避けてないから適用外」「本塁付近は適用外」ということでした。
こんな例外はないですよ。

3フィートルールは、野手がタッチプレーの動作をした時点から適用されます。
その時点でランナーが左右に3フィート以上逃げた場合は、審判がアウトを
宣告できます。
これは、野手がタッチプレーに入った瞬間から適用されます。
2塁からホームベースに走るときにように、大きく外側にふくらんで走った場合は、
捕手がタッチに入った時点のランナーの位置から左右に3フィートということに
なります。ですから、累間の直線は関係無いのです。
また、このルールは厳密に計測されるものではなく、多分に審判の勘に頼ります。
ですから、イチローのように走塁が巧みな選手はアウトを宣告されないことが多いです。

Q野球のルール(走塁)

野球の走塁について、質問があります。
1.
打者ランナーが本塁から一塁に向かう際に、ラインの内側を走っていると守備妨害ですが、この線引きが不明です。
例えば、足はラインの外側で、手だけがラインの内側にあった状態のときに、捕手から一塁への送球が手に当たると守備妨害でしょうか?
2.
振り逃げで、ボールが一塁ベンチ側に転がって、ラインの外側を走っていた場合、捕手が一塁へ投げた球がバッターランナーに当たると守備妨害でしょうか?

3.
三塁からホームに走る場合、ラインの内側を走っていて、三塁手からの送球が三塁ランナーに当たった場合、守備妨害でしょうか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.
打者ランナーが本塁から一塁に向かう際に、ラインの内側を走っていると守備妨害ですが、この線引きが不明です。
例えば、足はラインの外側で、手だけがラインの内側にあった状態のときに、捕手から一塁への送球が手に当たると守備妨害でしょうか?

この場合の「ライン」とは「1塁と本塁を結ぶライン」のことと思いますが、打者走者の義務は「本塁から1塁へ向かうとき、その後半半分は3フィートラインの中を走らねばならない」というものです。3フィートラインとはご存知かとは思いますが、1塁と本塁を結ぶラインの外側のファースト側1/2に3フィート(約90cm)幅のエリアが示されています。その範囲のことです。足が3フィートライン内を走っていれば、故意に腕を送球にめがけて当てたりしなければ、送球に腕が当たっても守備妨害ではありません。

2.
振り逃げで、ボールが一塁ベンチ側に転がって、ラインの外側を走っていた場合、捕手が一塁へ投げた球がバッターランナーに当たると守備妨害でしょうか?

これも打者走者が「3フィートライン内」を走っている限り、守備妨害はありません。

3.
三塁からホームに走る場合、ラインの内側を走っていて、三塁手からの送球が三塁ランナーに当たった場合、守備妨害でしょうか?

この場合、三塁側には3フィートラインの表示はありませんが、同じ位置を走るべきで、三塁と本塁を結ぶラインの内側を走っていて、送球に当たれば守備妨害をとられます。

1.
打者ランナーが本塁から一塁に向かう際に、ラインの内側を走っていると守備妨害ですが、この線引きが不明です。
例えば、足はラインの外側で、手だけがラインの内側にあった状態のときに、捕手から一塁への送球が手に当たると守備妨害でしょうか?

この場合の「ライン」とは「1塁と本塁を結ぶライン」のことと思いますが、打者走者の義務は「本塁から1塁へ向かうとき、その後半半分は3フィートラインの中を走らねばならない」というものです。3フィートラインとはご存知かとは思いますが、1塁と本塁を...続きを読む

Q野球のスリーフィートラインについて

スリーフィートラインは、何故ファーストベースを超えてからも少し延長して引くのでしょうか?

Aベストアンサー

スリーフィートラインは本塁-1塁間と3塁-本塁間だけでなく、
1塁-2塁間と2塁-3塁間にも適用されているからです。
しかし、いちいちその線をひかずに、省略したため、
基準として見るためにファーストベースを超えてからも
線を引いているのです。

Qテイクワンベースとは何ですか

昨日 小学校のグラウンドで少年団の試合がありました。その試合の中で二つの疑問がありました。 一つは ノーアウト 一塁で打者がショートゴロを打ち遊撃手が捕り一塁に送球しましたが悪送球で一塁手が捕れずボールが転々と転がりファールゾーンを越えてしまいました。線審が二塁を指差しテイクワンベースと言っていました。ランナーは2塁3塁で試合は進行しました。
二つ目は、1アウト 一塁で投手が一塁に牽制しましたが悪送球になり一塁手が捕れずボールがファールゾーンを越えてしまいました。ランナーは二塁に行きました。また、テイクワンベースと言っていました。
上記のようにテイクワンベースとは何なのでしょうか
内野の悪送球でのテイクワンベースと投手の悪送球でのテイクワンベースの違いが判りません。
野球のルールがあまり詳しくないのでわかりやすく説明願います。

Aベストアンサー

すみません、質問をよく読んでいませんでした。

一つめのケース、これは野手からの送球がデッドラインを越えたので、野手が送球当時に達していた塁からテイクツー、となります。すなわち、打者走者は走者となったばかりなのでまだ1塁に達しておらず、本塁からテイクツーで2塁を与えられ、1塁走者は1塁からテイクツーで3塁を与えられます。
ボールがデッドラインを越えた時点で判断するのではありません。あくまでも、野手がボールを投げた瞬間に走者が達していた塁が起点となります。

二つめのケース、投手からの牽制球は、プレートをはずしていなければテイクワンで、1塁からテイクワンで、1塁走者には2塁が与えられます。もし、プレートをはずして牽制球を投じたのであれば、野手と見なされて、1塁走者にはテイクツー、つまり3塁が与えられます。

すなわち、一つめのケースについては、結果的に与えられた塁は正しいですが、テイクツーベースが正解です。
二つめのケースについては、おそらく投手がプレートに付いたまま牽制球を投じたのだと思われます。ですので、テイクワンベースで正解です。

すみません、質問をよく読んでいませんでした。

一つめのケース、これは野手からの送球がデッドラインを越えたので、野手が送球当時に達していた塁からテイクツー、となります。すなわち、打者走者は走者となったばかりなのでまだ1塁に達しておらず、本塁からテイクツーで2塁を与えられ、1塁走者は1塁からテイクツーで3塁を与えられます。
ボールがデッドラインを越えた時点で判断するのではありません。あくまでも、野手がボールを投げた瞬間に走者が達していた塁が起点となります。

二つめのケース、投手...続きを読む

Q軟式少年野球 低学年の練習方法。

幼稚園年長から小学2年生まで計12人の子供に、野球を教えています。 子供のレベルに差があり、指導方法・練習方法に困っています。

2年生でも大人顔負けのボールを投げる子もいれば、山なりで1メートルも投げれない子もいます。

他のコーチからは基本を教えてくれと言われていますが、まだまだきちっとものごとが出来る年齢ではありません。
経験者の方、どの様な練習方法をされていますか?

Aベストアンサー

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボールもいいのですがお互いとれない投げられないですからすぐにはできません。
大人がトスしてあげます。それを取る。取ったものはもう一人の大人に投げさせます。
次から次にいわゆる順番ノックみたいにさせます。
ものすごく近いところからさせます。

このとき投げ方だの取り方だの技術的なことは一切教えなくていいです。とにかくボールにさわらせ自己流で投げさせることです。

必ず1日の練習の中でこの時間を取って下さい。

基本などまだ全く必要ありません。
ボール感覚、つまり空間認知能力に乏しいのです。
どのくらいのスピードで自分に向かって来てるのか、どこに落下するのか、どのくらいの力で投げればそこまで行くのか、などなど全くといってほど認識できないのです。

ですから取り方などまだ先の話で、まずはボールのスピードに慣れることです。一番いい練習は「壁当て」です。
自分のボールが跳ね返ってくるわけですから、投げるキャッチするという機会は通常のキャッチボールの倍になります。空間認知、投げたり取ったりにはこれが一番!倍の速さで上手になっていきます。

子供の癖は、5年生になってもわりと早く直ります。一日で治ることもあります。

ですから自己流で投げたり取ったりでその程度の時は全くかまいません。
なんでもいいからボールにさわっているウチにうまくなっていきます。

おそらく今大人顔負けのボールを投げるという子も
お父さんが3っつ4っつ頃からボール遊びをさせたおかげでしょう。


基本を教えるのはそれからです。
片手でも、ボールの正面でなくてもとれるようになったら
基本を教えましょう。
そのころの基本とはおそらくキャッチングは体の真正面で取る、両手で取ることぐらいだとおもいます。


投げる方は難しいですが、上体を前につっこませない
ことなんですが、これをわからせるのは6年生になっても難しいです。

年少にもわかる基本とすれば、(右投げの場合)左手を目標に向けて出してからなげろ、程度です。

投げ方は、また質問して下さい。細かい技術はそのときにします。(一時代を築いた(エースとなったときもある)巨人軍の某ピッチャーの受け売りですが・・・)

それから、なにが大事かって、コーチ、監督が必ず手本を示すことです。いついかなる時でもいい加減な投げ方や取り方をしないことです。
キャッチボールの相手になってあげたとき近いからといって手首だけでぴょんと投げたり片手でチョイと取ったりしないこと、基本に忠実に取ったり投げたりしないと
子供は見て覚えることもたくさんありますので
まね、というより自然と同じことをしようとします。

どこのチームでも大人が基本に忠実ではありません。
やればできるのに子供相手だからとチョチョイとやってしまいます。これが一番上達を遅らせます。

もう一つ、うまくいったときには徹底的にほめましょう。
ミスしたときはけなしたりしかったりするのは絶対にやめて下さい。野球はおもしろい!と思わせるのが上達への近道です。

少年野球はお父さん連中のコーチの資質で左右されます。
お父さん方も本で勉強したり、高度な野球(高校野球や大学野球を見に行ったりしてください。(試合ばかりでなく練習も見にいってくださいね。早慶戦など10時から開門でそれぞれのチームが練習しますからそれをみにいってください。)
コーチが何人いるかわかりませんが、教えることを統一して下さい。あのコーチはこういった、このコーチはこうしろという、ではいけません。お父さん同士のミーティングで技術などについては十分統一を図ってください。

さらに注文ですが、筋トレとランニングなんぞ必要ないです。その時間があったらボールにさわらせてあげて下さ。
ランニングは体ほぐす時だけで十分です。

ボールをとれない子も、上記を実行してもらえれば2mしか投げられない子も来年の今頃は野球の形で試合ができるくらいにまでなります。

少年野球はついつい守備(取って投げる)練習に偏りがちです。実は野球は点を取るゲームです。打てなければ勝てません。3/5は打つ方の練習をして下さい。

打つ練習をしているチームはメチャ強いです。
今はまだ2年生が一番上のようですので素振りとティーバッティングくらいでいいと思います。時間も2/5でいいと思います。




上手な子供は分けて集めて練習させればいいです。

それから、全員をピッチャーの練習、サードの練習、外野の練習も忘れずに。特にピッチャーの練習をやることで
投げる基本がしっかりします。
セカンドしかやらない子はいつも横からチョイとファーストに投げる癖がついてしまいます。
大きなフォームから投げられるよう全員ピッチャーをさせて下さい。

少年野球監督歴20年の、大人には口やかましいジャイキチでした。

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボール...続きを読む


人気Q&Aランキング