【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

新幹線の乗り継ぎ割引は、
新幹線特急料金が、
一番安い、自由席の840円のときでも適用されますか?

使いかたによっては、お得なことになると思うのですが……

〈例〉特急サンダーバードで新大阪→富山に行くとき

  通常 指定席特急料金3030円

  新幹線京都→新大阪(自由席)の特急券を同時購入する場合

   乗り継ぎ割引適用(新大阪→富山)1510円
    新幹線京都→新大阪(自由席)  840円

     合計2350円となります。

無駄に、乗らない新幹線の特急券を買ったら、安くなった、ということがあってもいいんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

よく気がつきましたね。



参考URL:http://www.saiin.net/~uesho-line/tabidati/hjyasu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わあ、ありがとうございます。

お礼日時:2011/09/20 16:06

No4です。



>乗車券を所持していないと、
>新幹線特急券・乗り継ぎ割引特急券
>は、発券できないですかね?

No4の回答でもちらっと書きましたが、切符売り場の係員さんによって対応が分かれるのが実情だと思います。

発券機の仕様だけをみると、特急券を発券するときに乗車券も同時に発券しないといけないとか、購入者が乗車券を既に所持している場合はその情報を入力しなければいけないとかいうことはないので、乗り継ぎ割引を含めた特急券のみの発券はできます。

問題は係員さんが乗車券の提示または同時購入を購入客に求めるかどうかです。
このへんが人によって対応の変わるところです。
利用者としてはどの係員さんも同じ対応をしてほしいのですが…

以上は窓口で特急券を買う時の話です。
JR西日本には「みどりの券売機」のある駅があり、この券売機ならたしか特急券だけ買えたと思います。
乗継割引を適用した特急券も買えるのではないかと。

なお、ご質問の例の場合、新幹線の特急券は新神戸→新大阪を購入したほうが安くつきます。
料金表を見ると新神戸→新大阪の新幹線自由席特急券は830円、京都→新大阪のものより10円安いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

券売機なら確実に特急券だけでも買えそうですね。
なぜかJR西の新幹線は840円じゃなく、830円ですね。

お礼日時:2011/09/25 23:56

無駄に、乗らない新幹線の特急券を購入するよりこのような購入する方法が良いです。


新大阪→京都の特定特急券(新幹線)840円
京都→富山の乗継割引適用1410円
合計2250円で100円安くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まあ、実際は、それが合理的ですね。
だけど、今回言いたかったのは、無駄に、
乗らない新幹線の特急券を買ったとしても、
それが逆にお得になることです。

お礼日時:2011/09/25 23:54

乗継割引は適用されますが、特急券の区間をカバーする乗車券を持っているのが前提です。



ですから、ご質問のケースでは新大阪→富山の乗車券にプラスして京都→新大阪の乗車券も必要となります。
「乗車券は既に買って持っています」と言えばそれだけでご質問のような特急券を買えることもあるかもしれませんが、それはラッキーなことと思っておいたほうがいいと思います。
ご質問のケースでは新大阪で折り返しという不自然な行程を取るので、京都→新大阪の乗車券の購入もまず間違いなく求められると思います。

まあそれでも京都→新大阪の乗車券は540円ですのでそれを足しても新大阪→富山の特急料金より安いですが。

もっと安いのは新大阪→京都を新幹線、京都→富山をサンダーバード利用にして乗り継ぎ割引を使うことです。
京都駅で乗り換えるのが面倒ですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

乗車券を所持していないと、
新幹線特急券・乗り継ぎ割引特急券
は、発券できないですかね?

お礼日時:2011/09/20 23:11

こんにちは


JRで働いていました。

確かに乗割になります。新幹線特急券が安くてもその日の内に特急に乗り継ぎするのであれば在来特急のきっぷは半額になります。
あと例えば10月1日に在来特急乗車 2日に新幹線乗車でも特急券は割引になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

新大阪だけでなく、大阪から特急列車に乗る場合も乗り継ぎ割引になりますね。

お礼日時:2011/09/20 17:36

適用できます



JRの運賃や料金は 継ぎ足し継ぎ足しで規則を増やしたために複雑化してまして「知ってると得する」ものや「こっちの区間で使えたのでここでも使えると思ったら使えない」という規則や例外ルールが結構あります
中には鉄道マニアの間でも どう解釈してよいか意見が分かれるものまであります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました

お礼日時:2011/09/25 23:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q入場記録がない時の自動改札の対応

自動改札機に改札口に入った時の記録がなかったら
通ることができないのですか?

無人駅、自動改札がないところではスタンプになったりして
必ずしも自動改札機で入場した時に開く穴がないこともあると思うんですが。
スタンプが認識できるかどうかは気になります。

また、入場した駅に自動改札があるかないかにも対応は変わるのでしょうか。

Aベストアンサー

磁気対応の切符でしたら入場が有人改札(もしくは無人駅)であっても下車駅の自動改札は通れます。機械はスタンプを認識するのではなく切符の磁気情報を読み取れるからです。
そのため、やり方によってはキセル乗車が可能になってしまいますので車内検札が存在します。
ただ、実際はずっと普通列車やワンマン列車に乗ってれば車内検札はありません。(もちろんキセルしてもいいという訳ではないですよ。)
それでも磁気対応の切符であれば(1)下車駅が目的地の切符、(2)発駅から下車駅までの料金(もしくはそれ以上)の切符、(3)その駅で途中下車が可能な切符という条件にあっていれば自動改札は通れます。((3)は地域によって有人改札しか通れない場合があります)

地方からの列車が到着するターミナル駅だと出口の改札に「裏の白い切符(磁気対応していない切符)は有人改札をご利用ください」という案内があります。

Q自由席と乗継割引

ふと思いついたことなのですが質問させてください。
例として、9月1日から有効の山陽新幹線(自由席)→小倉駅でソニック号(自由席、乗継割引)を想定します。
自由席特急券は有効期間2日なので、新幹線に乗る日が9月1日だろうが9月2日だろうが乗継割引は適用されるように思います。

質問1:この場合、9月1日に新幹線に、2日にソニック号にという使い方では乗継割引のルール違反ですが、券面だけでは使用可能であるかのように思ってしまうような気がします。
ところで、特急券にこのケースは使用不可能であると明記されているのでしょうか?

質問2:もし新幹線(指定席)→ソニック号(自由席)という使い方ならば、自由席特急券には乗継割引のルールから『9月1日から2日間有効』ではなく『1日間有効』と明記されているのでしょうか?

Aベストアンサー

乗継割引は在来線の特急券の値段を半額とする制度です。詳細はご存じでしょうから割愛します。

さて、自由席特急券でも乗継割引は当然適用されます。
この時、乗継割引は単に自由席特急券を半額としたに過ぎません。

このため、乗継割引の適用とならない乗り継ぎ、例えば新幹線から翌日の在来線のケースでは、購入時に乗継割引となりません。
しかし、当日乗継の在来線で購入した場合でも、自由席特急券の有効期間が2日間であるため、翌日の利用も可能となります。

このように、購入時には乗継の条件を満たさないと乗継割引として発売しませんが、発売後の乗継割引の自由席特急券は、有効期間を1日としていないため、乗継割引であっても自由席特急券の効力は翌日に及びますから、翌日であっても利用できます。当然、翌日の変更や払い戻しも可能です。

この点については、割引きで発券する条件と、購入後の使用条件に相反しますが、規則上から割引きの自由席特急券の有効期間を制限できませんので、ご質問の場合、翌日であってもソニックに乗車できます。ただし、翌日乗り換えで購入した場合は乗継割引にはなりません。
自由席同士の乗り換えで乗継割引の場合など、先乗列車の利用日の特定が困難であることから、JRでもこのような発売条件と使用条件の相反は仕方のないこととしています。乗継割引の自由席特急券の有効期間を1日に制限するなどはしていません。
また、通常、九州新幹線関係を除き、乗継割引の特急券を1葉で出すことはありません。2枚の特急券の両方に継割と印字されます。

購入時に乗継の日を偽って申告して購入した乗継割引の特急券を利用することは不法行為となりますが、都合で申告日以外の有効期間内に利用することは仕方ありません。
ただし、このような虚偽の申告により購入するケースは相当数あると想像できますし、そのことは正当な購入者に対しての公平を著しく欠くものですから、JRとしては規則を改正すべきでしょう。

ちなみに、旅客営業規則第57条の2についてですが、「有効期間の開始日」と「有効期間」によって利用できる日程が確定されます。従って、「有効期間の開始日」を「先乗列車の有効期間の開始日」として発売した自由席特急券(2日間有効)は、開始日とその翌日に利用できます。「開始日」と「有効期間」はイコールではありません。
なお、この点はANo.7として寄せられた回答に対する議論を要求するものではなく、解釈を説明したものとご理解ください。

乗継割引は在来線の特急券の値段を半額とする制度です。詳細はご存じでしょうから割愛します。

さて、自由席特急券でも乗継割引は当然適用されます。
この時、乗継割引は単に自由席特急券を半額としたに過ぎません。

このため、乗継割引の適用とならない乗り継ぎ、例えば新幹線から翌日の在来線のケースでは、購入時に乗継割引となりません。
しかし、当日乗継の在来線で購入した場合でも、自由席特急券の有効期間が2日間であるため、翌日の利用も可能となります。

このように、購入時には乗継の条件...続きを読む

Q「えきねっと」では乗継割引されないのでしょうか?

今回初めて「えきねっと」で新幹線(東京→京都)と乗継特急(山陰線:京都→福知山)の指定券を同時に購入しました。

受け取りは自動販売機でしたのですが、特急券が乗継割引が適用されずに通常価格で発券されました。
今まで窓口で購入していたので、今回初めて乗継割引されなかったため残念で仕方ありません。

京都で途中下車して少し観光をする予定なので、乗継の特急は新幹線が京都駅に着いて4時間後くらいという背景もあり、割引がなかった理由として考えたのは、
(1)時間が空きすぎて乗継割引がされなかった。
(2)「えきねっと」で予約した。
(3)自動販売機で受け取った。
いったいどの理由からでしょうか?

「えきねっと」は「2つの列車を同時に予約」→乗継、というメニューから予約しました。
今後もよく買う切符なのでご指導よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(3)自動販売機で受け取った。
からだと思います。
参考URLの「お受け取りについて」の項に

※ 指定席券売機では、乗り継ぐ列車それぞれが別の特急券として発券されるため、乗継割引や新幹線の改札内乗り継ぎ等はご利用いただけません。

と、あります。

参考URL:http://www.tabi.eki-net.com/riyou/jr_ticket/discount_n.html

Q特急の乗り継ぎと乗継割引について

京都から城崎温泉に行くときに福知山で特急を乗り継いでも料金は通しでいいとありますが、
これと新幹線との乗継割引は重複できるのでしょうか?

↓こんな場合です↓
東京(のぞみ29号)京都(はしだて5号)福知山(北近畿13号)城崎温泉
京都~城崎温泉の特急料金が半額?

Aベストアンサー

質問者様のお考えの通り、京都~城崎温泉の特急料金が半額になります。

QJRの新横浜駅と横浜駅は同一駅扱い?

東京都区内→大阪市内の乗車券で、東海道線を利用し横浜駅で途中下車して、別の手段(タクシー・地下鉄等)で新横浜駅まで移動し、新幹線で新横浜駅からその乗車券を続けて使用することができますか?
新富士駅で途中下車して富士駅から続けて使用できるように、新横浜駅と横浜駅でも同じ取り扱いが適用できるのかを教えてください。できる場合は、その根拠(規則等)も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、質問にあるような東京→横浜(別手段で移動)新横浜→大阪
という乗り方は問題なくできます。こちらは(27)ですね。そして、
東京→東神奈川→(横浜線)→新横浜→大阪という乗り方も出来ます。
こちらは(28)です。

さて、前の方の回答のお礼にある文ですが、
>28の(東海道線経由、新幹線及び横浜線経由)とする部分は、(東神奈川・横浜間、東神奈川・新横浜間)(小田原・新横浜間、小田原・横浜間)と同じと考えるべきなのでしょうか。

現場レベルで対処できるかは別として、
規則の文の上では意味が違います。
>(東神奈川・横浜間、東神奈川・新横浜間)(小田原・新横浜間、小田原・横浜間)
これだと、新子安→東神奈川→新横浜と乗車後に、
新横浜→小田原の代わりに横浜から小田原まで東海道線に乗れることになってしまいますが、
>(東海道線経由、新幹線及び横浜線経由)
こちらではそのような乗り方は認められないと読めます。

(27)は品川~新横浜・横浜と新横浜・横浜~小田原の二つをまとめて書いたもの、
(28)は東神奈川~小田原の一つを書いたもので、横浜駅とは無関係と解釈するのが妥当だと思います。

まず、質問にあるような東京→横浜(別手段で移動)新横浜→大阪
という乗り方は問題なくできます。こちらは(27)ですね。そして、
東京→東神奈川→(横浜線)→新横浜→大阪という乗り方も出来ます。
こちらは(28)です。

さて、前の方の回答のお礼にある文ですが、
>28の(東海道線経由、新幹線及び横浜線経由)とする部分は、(東神奈川・横浜間、東神奈川・新横浜間)(小田原・新横浜間、小田原・横浜間)と同じと考えるべきなのでしょうか。

現場レベルで対処できるかは別として、
規則の文...続きを読む

Qサンライズ出雲の個室に最安で乗る裏ワザ・アイデアはありますか?

サンライズ出雲の個室に最安で乗る裏ワザ・アイデアはありますか?

下記条件があります。
■乗車人数2人
■個室に乗りたい(安価ならば一人は簡易ベッドでも構いません)
■東京と出雲の往復
 東京~熱海~大阪~出雲 
 「熱海を経由」「大阪を経由、宿泊」する事が出来ます。
 乗継割引などを上手く使用出来るでしょうか?
■大阪往復は高速バスを使用して、
 大阪⇔出雲間だけでも乗れれば良いです。

東京~出雲を往復出来て、「一部区間でも良いので安くサンライズ出雲に乗車出来る方法」をご教示して頂けると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>>「大阪を経由、宿泊」する事が出来ます。
それでしたら全区間乗り通した方がよいのでしょうか?
宿泊費を考えるとあまり変わらないような気がします。
個室は距離によって料金が変わる物ではありませんし、特急料金も新幹線ではないので、途中で料金が上がらなくなります。
安くする方法はNo.1の方がおっしゃっているとおりです。

大阪ー出雲市を乗りたい場合
大阪に宿泊していたら最初の停車駅姫路(5時台発車)に合わないです。
出雲市ー大阪を乗りたい場合
大阪に0時30分頃の到着になります。

片道東京ー出雲市

運賃11,660円(往復同じ経路(列車はサンライズでなくてもかまいません)でしたら往復割引が使えます。片道の料金1割引で10.490円)
特急券3,150円
計14,810円
これに
ソロ 6,300
シングル 7,350
シングルツイン 9,170
補助ベッド使用時の追加料金 5,250
サンライズツイン 14,700
シングルデラックス 13,350
ノビノビ座席 310 510 710(時期による)
を追加した料金が片道の料金となります。

片道 姫路ー出雲市
運賃5,250円 往復割引は効きません
特急料金2,520円
計7,770円+個室料金


部屋の種類はこちらなどで見ることができます。
http://www.jr-odekake.net/train/sunriseizumo_seto/accommo.html

安くすましたいのでしたら片道はノビノビ、片道はシングルが良いかと思います。(ノビノビは床が硬いですが安くすませるためならこのくらい大丈夫だと思います。)(またaveco1様はどちらかは分かりませんが、ノビノビ座席は女性の方も自分の乗ったときには4割ほど、多いときには5割ほど乗っていたこともあるので男性でも女性でも同じくらいの人数で雰囲気的には安心できると思います)

ソロはノビノビ座席車同様モーターもついていますし2階はブレーキのたびにプーンという音がするうえ、非常に狭いのであまりお勧めできません。

シングルツインは上下方向には広いですが、面積は一人個室と同じです。車両の端にあり揺れる上、台車からの音も結構聞こえてきます。(シングルでも端にある物はありますが)
サンライズツインは部屋数が4部屋だけで、発売日でも取るのが難しい場合があります。

>>「大阪を経由、宿泊」する事が出来ます。
それでしたら全区間乗り通した方がよいのでしょうか?
宿泊費を考えるとあまり変わらないような気がします。
個室は距離によって料金が変わる物ではありませんし、特急料金も新幹線ではないので、途中で料金が上がらなくなります。
安くする方法はNo.1の方がおっしゃっているとおりです。

大阪ー出雲市を乗りたい場合
大阪に宿泊していたら最初の停車駅姫路(5時台発車)に合わないです。
出雲市ー大阪を乗りたい場合
大阪に0時30分頃の到着になります。
...続きを読む

Qどうして米原・新大阪間の新幹線が近郊区間に含まれているのか?

大都市圏では、乗車駅から目的駅までの経路が複数あり、どの経路にも多頻度の列車が運行していることから、乗客の利便性の向上を図るため、一定のエリア内では乗客が列車や経路を自由に選択できるように、大都市近郊区間制度を設けています。

ただ、この制度、乗客の利便性向上もさることながら、JR側にとって、乗客の実際乗車経路の確認が困難ということも、設けた理由の一つだと思います。

実際、大都市近郊区間には、原則として新幹線区間は含まれていません。これは、新幹線を利用する場合は、必ず新幹線専用の改札を通るので、乗車経路の特定ができるから、ということだと思います。

しかしながら、唯一の例外として、東海道新幹線のうち米原・新大阪間が大阪近郊区間に含まれているのですが、これはどうしてなのでしょうか?

Aベストアンサー

>唯一の例外として、東海道新幹線のうち米原・新大阪間が大阪近郊区間に含まれているのですが

東海道新幹線といえばそうですが、山陽新幹線の西明石~相生間も近郊区間に含まれます。

>実際、大都市近郊区間には、原則として新幹線区間は含まれていません。

現状を見ればそう感じるかもしれませんが、過去の経緯から見るとむしろ逆です。
歴史を振り返ると「どうして米原~新大阪、西明石~相生間しか近郊区間ではないのか?」
のほうが疑問としては正しいような気がします。

そもそも近郊区間設定時は、新幹線を含むかどうかは幹在が同一か別線かで決まっていました。
東京~小山(後に宇都宮)、東京~熊谷(後に高崎)、京都(後に米原)~新大阪は
幹在同一区間であったため、在来線とともに近郊区間に設定されており、
東京~新横浜、新大阪~西明石は幹在別線のため、もともと近郊区間未設定でした。

これは幹在同一別線の原則が近郊区間の特例にも符合しており、わかりやすいものでした。
ところが2004年にJR東日本は、管内の在来線と並行する新幹線は無条件に近郊区間から外したため、
全体的には近郊区間に含まれる新幹線が少なくなってしまったのです。
そのため本来幹在同一である区間まで、幹在で効力(途中下車や有効日数等)が異なるという、
きわめて不自然な状態になっています。

したがって質問の回答としては、
本来幹在同一かどうかで決まっていたものが、JR各社の思惑の違いで差が出ている、
といったところが実態ではないでしょうか。

余談ですが、近郊区間以外にも運賃計算に用いられる電車特定区間の設定も絡んで、
幹在同一別線問題は非常に複雑となっています。

>唯一の例外として、東海道新幹線のうち米原・新大阪間が大阪近郊区間に含まれているのですが

東海道新幹線といえばそうですが、山陽新幹線の西明石~相生間も近郊区間に含まれます。

>実際、大都市近郊区間には、原則として新幹線区間は含まれていません。

現状を見ればそう感じるかもしれませんが、過去の経緯から見るとむしろ逆です。
歴史を振り返ると「どうして米原~新大阪、西明石~相生間しか近郊区間ではないのか?」
のほうが疑問としては正しいような気がします。

そもそも近郊区間設...続きを読む

QJR特急の同一列車内における指定席の移動について

JR特急の同一列車内における指定席の移動について
特急列車などで途中駅まで全席自由席で途中から指定席が設定される場合、通しで特急券を発行することはできますか?
また、同一列車内で途中から指定席を移動する場合、通しで特急券を発行することはできますか?

Aベストアンサー

在来線特急の場合で同一列車内の場合は、途中駅で自由席から指定席へ変わったり、途中駅で指定席から他の指定席に変わったりしても、特急券自体はその特急列車の乗車駅から降車駅まで通しで作ってくれますよ。同一列車で指定席を変わる場合は、(1)金額の入った「○○駅~××駅:特急券」と(2)金額なしの「○○駅~△△駅:指定席券」、(3)金額なしの「△△駅~××駅:指定席券」の3枚セットで作ってくれると思います。在来線の特急列車の場合は、同一列車又は併結列車でないとこの扱いはできなく、一旦途中駅で下車して後続の特急に乗る場合はその駅で特急券自体が分かれてしまい、割高になることが多いです。ところが、新幹線の場合は在来線との乗り換え改札を出ることなく、新幹線ホーム内で他の後続列車と乗り継いでも1枚の特急券として扱ってくれ、金額なしの指定席券のみ複数列車分作ってくれますよ。
 同一列車内で、好き好んで指定席を移動する場合は稀ですが、多客期で通しで指定席が取れないときよく使う技です。「東京~博多」の指定席を聞いて満席と言われたら、例えば「東京~新大阪」で空席のある列車を探してもらい、さらにその列車の「新大阪~博多」を聞くと取れることがあります。このように、東京~博多間同じ席で取れなくても、席を移動すると取れることが多いので、多客期に1人で指定席を取る時に「満席」と言われても、あきらめず区間を分けて移動しながらなら結構取れますよ。料金的にも通しの場合と同額です。

在来線特急の場合で同一列車内の場合は、途中駅で自由席から指定席へ変わったり、途中駅で指定席から他の指定席に変わったりしても、特急券自体はその特急列車の乗車駅から降車駅まで通しで作ってくれますよ。同一列車で指定席を変わる場合は、(1)金額の入った「○○駅~××駅:特急券」と(2)金額なしの「○○駅~△△駅:指定席券」、(3)金額なしの「△△駅~××駅:指定席券」の3枚セットで作ってくれると思います。在来線の特急列車の場合は、同一列車又は併結列車でないとこの扱いはできなく、一旦途中駅で下車して後続...続きを読む

Qマルスでの発券の経路数制限について

マルスでの発券の経路数制限について

前置きが長くて申し訳ありません.

JR岐阜駅のみどりの窓口で下記の片道乗車券(1周切符)の発券を依頼したところ,
「マルスでの経路数オーバーのため発券できません,手書き乗車券になりますが早くて明朝の発券です」
と断られました.

[東京・長岡回りルート]
木曽川→(東海道本線)→
名古屋→(東海道新幹線)→
東京→(京浜東北線)→
大宮→(川越線)→
高麗川→(八高線)→
倉賀野→(高崎線)→
高崎→(上越新幹線)→
長岡→(信越本線)→
直江津→(北陸本線)→
米原→(東海道本線)→
木曽川

確かに経由駅と路線名を合わせてカウントすると「21」と数えるのでしょうか?マルスでの上限「16」を超えています.

しかし,数週間前にJR名古屋駅で下記のような片道乗車券を申し込んだときには,あっさりと120mm券で発券してくれました.

[岡山・鳥取回りルート]
彦根→(東海道本線)→
神戸→(山陽本線)→
相生→(赤穂線)→
東岡山→(山陽本線)→
岡山→(津山線)→
津山→(姫新線)→
東津山→(因美線)→
鳥取→(山陰本線)→
綾部→(舞鶴線)→
東舞鶴→(小浜線)→
敦賀→(北陸本線)→
米原→(東海道本線)→
木曽川

こちらの乗車券の方が明らかに経由地は多いのですが,発券時には何ら支障ありませんでした.
残念ながら後者の120mm券は手元に残っていないため,経由がどう記載されていたのか確認できません.

質問です.

Q. 後者のルート(岡山・鳥取回り)がJR名古屋駅のマルスからあっさり120mm券で発券されたのに,前者のルート(東京・長岡回り)がJR岐阜駅のマルスで「経路数オーバー」で発券不能だった理由は何が考えられるでしょうか?

1. 名古屋駅と岐阜駅のマルス端末の機能差?(そんな話聞いたことないですが)
2. 「16」の経路をオーバーしてもマルスで発券する特殊な方法があって,名古屋駅ではそれを実行してくれた?
3. 「岡山・鳥取回り」の乗車券では経路入力で駅名もしくは路線名のいずれかを省略することで「16」以内に収めて発券してくれた?(係員の能力の違い?)
4. その他の理由?

何しろ「岡山・鳥取回り」の券面が残っていないため真実は確認できないのですが,なぜ発券可能・不可能の違いが生じたのか,想像でも結構ですのでお教えいただければ幸いです.

マルスでの発券の経路数制限について

前置きが長くて申し訳ありません.

JR岐阜駅のみどりの窓口で下記の片道乗車券(1周切符)の発券を依頼したところ,
「マルスでの経路数オーバーのため発券できません,手書き乗車券になりますが早くて明朝の発券です」
と断られました.

[東京・長岡回りルート]
木曽川→(東海道本線)→
名古屋→(東海道新幹線)→
東京→(京浜東北線)→
大宮→(川越線)→
高麗川→(八高線)→
倉賀野→(高崎線)→
高崎→(上越新幹線)→
長岡→(信越本線)→
直江津→(北陸本線)→
米原→(東...続きを読む

Aベストアンサー

10路線の利用で十分収まるだろう範囲だったにもかかわらず発券できなかったのは、
新幹線と京浜東北線を指定したことで、経路数が膨らんだのが原因だと思われます。

まず京浜東北線ですが、システム上の東北本線は東京~尾久~盛岡の路線であり、
日暮里~田端は山手線、田端~赤羽は京浜東北線となります。
http://www.jreast.co.jp/mobilesuica/pamphlet/mobilesuica/
(定期券ではありますが、23ページに経路について説明が載っています)
その結果、日暮里・田端・赤羽でそれぞれ路線が変わり、経路が3つ追加になりました。

あと、乗換駅(高麗川・直江津など)に関しては基本的には経路にカウントされませんが、
新幹線と在来線との乗り継ぎ駅に関しては経路にカウントされているはずです。
(名古屋・東京・高崎・長岡)
これで、経路がさらに4つ増え、合計17の経路となりました。

この結果、経路が16を超えてしまったため、即時の発券を断ったんだと思います。


新幹線区間を並行在来線経由とするか、
田端経由を尾久経由にするだけで機械発券できたと思われます。

10路線の利用で十分収まるだろう範囲だったにもかかわらず発券できなかったのは、
新幹線と京浜東北線を指定したことで、経路数が膨らんだのが原因だと思われます。

まず京浜東北線ですが、システム上の東北本線は東京~尾久~盛岡の路線であり、
日暮里~田端は山手線、田端~赤羽は京浜東北線となります。
http://www.jreast.co.jp/mobilesuica/pamphlet/mobilesuica/
(定期券ではありますが、23ページに経路について説明が載っています)
その結果、日暮里・田端・赤羽でそれぞれ路線が変わり、経路が3つ追加...続きを読む

Q乗車変更後の同一列車内座席位置変更の扱いについて

こんにちは。
JR指定席券の乗車変更などについての質問です。
乗車変更をした指定席券を持っています。この指定席券を、同一列車・同一区間・同一種別の他の席に変更することを考えています。具体的に言うと、ドアに近い席から車両中心に近い位置に変更するようなことです。
この場合、払い戻しをして、改めて指定席券を買いなおす、すなわち払戻手数料がかかりますか?
それとも、乗車変更の扱いではないので、2度目の乗車変更ではなく、払戻手数料無しで、「乗変」印を押された新たな券をもらうことになりますか?
できれば、明文化された条文などとともにお答えいただけるとありがたいですが、経験則からのお応えなどでも構いません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経験から。
一度「乗変」した指定券を同一列車の別の席に変更してもらったことがあります。
手数料はかかりませんでした。
そのときは「同一列車での座席変更は乗車変更に当たらない」ということを窓口に言われました。

また別の機会に今度は乗変してない指定券で同一列車の別の席に変更してもらいました。
手数料はもちろんなし。ただこのときには「乗変」の文字が入った券が発券されました。
前回の窓口の話だと乗車変更ではないので、一瞬「あれ?」と思いましたが、まあ特に
その後乗車変更する予定もなかったのでそのまま使ってしまってました。
なので、そのときの窓口の扱いが誤りであったかどうかは不明です。


人気Q&Aランキング