ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

こんにちは。
VC++2008Expressでプログラムをしようと思っている初心者です。
以下、変な疑問があり、お尋ねしたいと思います。
よろしくお願いします。

Windowsアプリケーション Win32API
クラスで別スレッドを作成して、そのスレッドからのイベントを
WinMainループで受け取る方法ですが
通常皆様はどういう風にするのでしょうか?
クラスは、その他のプログラムでも流用可能で様々なアプリに対応しやすいようにしあげたいのですが。。
別スレッドでイベント発生時にWinMainにどのように教えるのが普通のやり方なんでしょうか?

僕の考えでは、WinMain関数内のループ内で常時イベント発生していないか
以下のように監視させるか

eventloop el;
while(GetMessage(&msg,NULL,0,0))
{
  TranslateMessage(&msg);
  DispatchMessage(&msg);
  
  if(el::boolEvent){
    イベント処理へ
  }
}

とするのが良いか?
これだとクラスの関数、変数の使い方さえ分かるようにしておけば流用は簡単
なのかなと思いますが。。
メインのループ内にこんな監視を入れるようなプログラムをみたことないので
ナンセンスなのではと思います。

次に考えられるのは、クラスのイベント発生で作成したSendMessageを送って
メッセージ処理でイベント処理をさせるのが良いのかなって思いますが
これだと、流用するときに対応したMessage(キュー?ですかね)を作成しないといけなく
私的に分かりにくいなーって思います。。。

変なことで悩んで先に進まないのですが、皆様はどのようにコーディングされるのでしょうか?
ちなみにイベントというのは、RS232Cで受信があって、そのデータを加工したあとで
メモリに格納して格納しましたよってイベントです。

どうかよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>メインのループ内にこんな監視を入れるようなプログラム


これは普通に行われます。定期的かつ、高頻度で更新しなければならないゲームなんかだと常套手段です。
ただし、GetMessage関数はメッセージ来ない間はブロックするので、その間イベント処理が実行されません。
このため、PeekMessage関数を使います。
while(true)
{
  if ( PeekMessage(&msg,NULL,0,0,PM_REMOVE) ) { // メッセージを取得した場合0以外が返る
    if (msg.message == WM_QUIT ) break; //終了。メッセージループを抜ける。
    TranslateMessage(&msg);
    DispatchMessage(&msg);
    continue;
  }
  // メッセージがない場合はイベント処理を行う
  if(el::boolEvent){
    イベント処理へ
  }
}

メッセージループと異なるスレッドからメッセージを送る場合SendMessage関数よりPostMessage関数が推奨されます。
二つの関数はメッセージを送って処理されるまでの仕組みが若干異なります。
表面的な動作的の違いは、SendMessage関数は送ったメッセージが処理されるまでブロックし、PostMessage関数はメッセージを送ったら直ちに返ります。
また、メッセージを使ってスレッド間でやりとりする場合、独自のメッセージを定義しなければなりませんが、これにはRegisterWindowMessage関数を使います。
WM_USER以降の番号で固定で割り当てる方法もありますが、他のライブラリやなんかとバッティングする可能性もあるので汎用性を求めるならあんまりオススメしません。

最後に、ループで処理する場合のイベント通知方法ですが、ブール変数1個ではうまく動かないはずです。
なぜなら、メインスレッド側で、「イベント処理したよ!」という通知をしなければ、「イベント着たよ!」というフラグを解除できず、永久にイベント着たよ状態になってしまいます。
この目的では、とりあえず「イベント同期」という仕組みがウィンドウズにありますので、それを使うことになります。
CreateEvent関数、SetEvent関数、WaitForSingleObject関数あたりを参照してください。


APIの説明はこんなところとして、ループ内で処理するのとメッセージどっちが良いかですが、判断基準の一つは受信したデータをメインループへ送る頻度です。
余りに高頻度にイベント処理が送られると、そのイベントメッセージでメッセージキューが埋まってしまいます。
そうすると、ウィンドウのためのメッセージが処理されづらくなり、反応が悪くなる原因になります。
上のループ内処理の場合、受信スレッドからのイベントを一つ処理するごとに、メッセージを確認しているのでその辺の問題は起こりづらくなります。
わかりやすさとしては、どっちもどっちかなぁ…と。
ただ、ループ内で処理すると、スレッド間同期が絡むと思うのでその辺はメッセージ使うより厄介かもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございました。だいぶ悩んでおりお礼が遅くなりすいません。ループで監視するか、メッセージにするか。。。
大変、参考になるご教示ありがとうございます。
かなりの初心者ですので、まだ慣れない言葉もあり勉強します。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/03 09:17

スレッド間の情報の受け渡しに方法には、大きく分けて2種類あります。



・メッセージ
・同期オブジェクト

今回の質問ではメッセージを前提として書かれていますが、妥当でしょうか。
というところから設計します。

私の使い分け方は、GUI関連ならメッセージ、それ以外なら同期オブジェクトで検討します。

それはさておき、メッセージの場合でしたら、ワーカースレッドからPostMessage()でメッセージを投げるのがシンプルです。
メッセージループ内で、フラグチェックはビジーループ(CPU使用率100%)になるので、NGです。
スレッドが待ち状態の時に、いかに処理を止めるかも考慮してください。
メッセージなら GetMessage(), 同期オブジェクトなら WaitForSingleObject() など、待ち中にCPU資源
を消費しないAPIが用意されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございました。だいぶ悩んでおりお礼が遅くなりすいません。ループで監視するか、メッセージにするか。。。
大変、参考になるご教示ありがとうございます。
待ち中にCPU資源を使用しない方法として、まだ悩んでおりますが。。。
また、質問させていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/03 09:29

> 別スレッドでイベント発生時にWinMainにどのように教えるのが普通のやり方なんでしょうか?



設計思想と絡んでくると思うので、やりたいように、というのが答えなんですが、
考え方のとっかかりとして、一例を挙げてみます。
例えば、会社の役職を考えてみてください。
「社長」「部長」「課長」「担当」などがありますが、
このような概念を、設計に持ち込んでみます。
以下は、私が勝手に定義してみました。
社長→OS
部長→アプリケーション(WinMain)
課長→rs232cの受信状況を管理するスレッド
担当→rs232cの受信処理を行うスレッド

どの仕事を誰の責任範囲でやるか考えてみると、
社長が担当の状況を知っているべきか?→No
部長が、担当のことを知っているべきか?→No
などという風に考えることができます。

>その他のプログラムでも流用可能で様々なアプリに対応しやすいように
あなたは、この「責任範囲の分担」について悩んでいるのではないでしょうか。
例えば、WinMainで、受信スレッドの処理経過を把握するとなると、
他のアプリで受信機能を利用しようとしたときに、WinMainからソースコードを
抜き出して、持っていかなければなりません。あまり美しくはないですね。

上記のように、私なら「受信状況を管理するスレッド」を別で用意して、
必要に応じて、受信状況の問い合わせに応じられるようなメソッドを用意しておきます。

> これだと、流用するときに対応したMessage(キュー?ですかね)を作成しないといけなく
> 私的に分かりにくいなーって思います。。。

それは慣れの問題かと思いますよ。
もし、その場限りで使い捨てるようなプログラムであれば、テキトーに作成すれば
良いですし、流用できるような構造にするなら、ある程度、綺麗に設計する
必要が出ることと思います。

プレハブ小屋を建てるのと、一戸建てを建てるのに、緻密な設計が必要かどうか、
と同じです。

前回のご質問から、1オブジェクトが1スレッドの面倒を見るのは、
分かりやすくて、不具合が起きた時にも、対処し易いでしょう。

スレッド間の通信を行うなら、そのように、責任範囲を明確にしておかないと、
流用することが難しくなったり、不具合が起きた際の原因究明が難しくなります。

その辺りを、どう設計するかが、腕の見せ所かと思います。
スレッド間のメッセージ通信については、#1の方の情報などを参考にしてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございました。
だいぶ悩んでおりお礼が遅くなりすいません。
ループで監視するか、メッセージにするか。。。
大変、参考になるご教示ありがとうございます。
それぞれの役割を考えてコーディングしたいと思います。
素人なのに、簡単に組めばいいのに、何か譲れないものがあり、未だに何もできないで試行錯誤のみで終わってます。
管理スレッドなど作成してみたいと思います。
No.1の方への補足欄に間違って本お礼を入力してしまいました。
大変失礼致しました。ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/03 09:27

No1の追記です。



>最後に、ループで処理する場合のイベント通知方法ですが、ブール変数1個ではうまく動かないはずです。

とか書いてしまいましたが、ここは問題にはなりませんね。完全にミスです。
同期イベントも、プロセス超えるわけではないのですし、メッセージ処理するために常にループしてるので大げさでした。
(イベントが無い間何もすることが無い場合、ビジーループになるのでWaitForSingleObject関数のようなOSの待機命令を使った方がシステム全体としては効率的ですが)


再考してみると、ウィンドウメッセージを使った場合でも、引数に渡せるのはwParamとlParamだけなので、データがこの8バイトに収まらないのなら、バッファから引き出すときに同期が必要です。
結局、同期処理の複雑さとしてはどちらも変わらないかもしれません。

また、通信開始、データ受信、通信終了、などのイベントは複数あると思いますが、この辺の通知する仕組みを実装する手間は、ウィンドウズのメッセージを使った方が省けますし、一貫してウィンドウプロシージャで処理できるので、把握はしやすいかもしれません。


整理し切れていない回答になってしまいました。申し訳ありません。
結構なボリュームになってしまったので、個々の説明が雑で、参考URLも載せられませんでしたが、ご了承ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございました。だいぶ悩んでおりお礼が遅くなりすいません。ループで監視するか、メッセージにするか。。。
大変、参考になるご教示ありがとうございます。
それぞれの役割を考えてコーディングしたいと思います。
素人なのに、簡単に組めばいいのに、何か譲れないものがあり、未だに何もできないで試行錯誤のみで終わってます。
管理スレッドなど作成してみたいと思います。

お礼日時:2011/10/03 09:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCStringからchar*への型変換について教えてください。

以前の質問に

int型 → CString型/char型

がありましたが、

CString型をchar*型に変換する方法を
教えていただければありがたいです。

MSDNで「LPCTSTRキャスト」が説明されていましたが、
例が載ってないのでよくわかりませんでした。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

目的にもよりますが一時的にchar配列として使いたいならCString::GetBuffer()が利用できます。
char配列としての利用が終わったらCString::ReleaseBuffer()する必要がありますが。

直接CString内の文字列を扱う必要があるならCString::operator LPCTSTRで文字列ポインタが得られます。
ただし、CStringオブジェクトをいじると無効ポインタなる可能性があるので気をつけてください。

MSDNのMicrosoft Foundation Classリファレンス→CString→クラスメンバで確認してください。

QcharからLPTSTRへの変換方法

リストコントロールにchar型の変数の値を数値として表示させたいのですが、charからLPTSTRへの洗練された変換方法がよくわからないです。

char tempChar;
CString tempString;
tempString.Format("%s", tempChar);
LPTSTR lpsz = new TCHAR[tempString.GetLength()+1];
_tcscpy(lpsz, tempString);

こんなプログラムを考えてみたのですが、汚いような気がします。もっと簡単で洗練された変換方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

wsprintfを使ってはどうでしょうか?

char tmpChar = 100;//表示する数値
TCHAR buf[5];
wsprintf(buf, "%d", tempChar);

QCString から LPCTSTRの型に変換

visual studio 2013 VC++を使用していますが、WINDOWSの関数に渡すためにCString からLPCTSTRに変換する必要があります。実際にどのようにするのかわかりません。
例えば、以下のサンプルは他の質問コーナーの回答をアレンジしたものです

CString str = _T("ABC");
int siz = str.GetLength()+1;
LPCTSTR pszFName = new TCHAR[siz];
_tcscpy_s( pszFName, siz, str );

で変換するのですが
LPCTSTRからwchar_t*へ変換できませんとエラーがでます
_tcscpy_s()は使用できないのでしょうか

Aベストアンサー

>APIはCStdioFile の Open()でファイル名を与えるところ

APIではないようですが……。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ee247566.aspx
ならば、そのままCStringの変数渡せば、よろしく処理してくれると思いますけど。

Qコンボボックスでデフォルト値の設定

コンボボックスのデフォルト値を設定しようとして
以下のコードを書いたのですが、コンパイルがとおり
ません。どうしたらよいでしょうか?

private: System::Void Form1_Load(System::Object^ sender, System::EventArgs^ e) {
//費目初期値
array<System::String^>^himokudata = {
"通信費","光熱費","住居費"
};

for (int i=0; i < himokudata->Length; i++) {
comboBox1->Items->Add(himokudata[i]);
}

comboBox1->Text = comboBox1->Items->default;
<---ここが通らない。textに表示されるデフォルト
値として通信費を入れたいのだが
}

Aベストアンサー

comboBox1->SelectedIndex = 0;

Qコンボボックス表示文字列を取得する場合

VC++ver6.0を使用しています。

コンボボックスのドロップダウンリストより
表示されている文字列を取得しようと思い、
下記のようにコーディングを行いました。


コンボボックスメンバ変数名:m_combo_year
ON_CBN_SELCHANGE(IDC_COMBO_HYOJI_SEIREKI, OnSelChangeComboHyojiSeireki)

void CKoyomiDlg::OnSelChangeComboHyojiSeireki()
{
 CString strComboYear;
 m_combo_year.GetWindowText(strComboYear);
}

実行すると、
ドロップダウンリストを
初期値2007 → 2006選択 → 2005選択
と、2回選択した場合
取得する値は
起動せず → 2007 → 2006
と、「選択した値」ではなく「表示していた値」を取得してしまいます。

何か解決策はございますでしょうか。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

> m_combo_year.GetWindowText(strComboYear);
m_Combo_year.GetLBText(m_Combo_year.GetCurSel(), strComboYear);

Qボタンの表示の色、フォントを変更したい

VC++でプログラミングしています。
MFCのダイアログベースのEXEを造っています。
ダイアログにはボタンとエディットボックスを貼り付けています。
私がやりたいのは以下のことです。

・ボタンの色を設定したい
・ボタン、エディットボックスに表示する文字の色を設定したい
・ボタン、エディットボックスに表示する文字のフォント(サイズ)を設定したい

プロパティでサイズ変更すると全体に反映されてしまうので、個々の
コントロールについて制御したいと思っています。

ヘルプで調べて、それらしい関数を見つけるのですが使い方がわかりません。
VCを始めたばかりで、クラスの理解がまだ浅いです。。。
関数の説明は理解できても、「じゃあ、コードはどう書くの?」という状態です。
「○○ は ×× のメンバではありません」と、よく怒られてます。。。

識者の方、ご教授願います。
コードがどうなるのか知りたいので、簡単なサンプルコードがあると助かります。

また、質問ではないのですが、「この関数は○○をする」というのではなく、
「○○をするにはこの関数を使う」という様に調べられる、お勧めの書籍、
Webなどがありましたら教えてください。
今後の勉強に役立てたいと思っています。

VC++でプログラミングしています。
MFCのダイアログベースのEXEを造っています。
ダイアログにはボタンとエディットボックスを貼り付けています。
私がやりたいのは以下のことです。

・ボタンの色を設定したい
・ボタン、エディットボックスに表示する文字の色を設定したい
・ボタン、エディットボックスに表示する文字のフォント(サイズ)を設定したい

プロパティでサイズ変更すると全体に反映されてしまうので、個々の
コントロールについて制御したいと思っています。

ヘルプで調べ...続きを読む

Aベストアンサー

下2つについては以下でいけると思います。

class CMyDlg : CDialog
{
public:

  CFont m_cFont; //Dlgクラスのメンバとして用意
/*
  他のメンバ
*/
  virtual BOOL OnInitDialog(); //初期化

};


BOOL CMyDlg::OnInitDialog()
{
  //TODO:ここでFontを設定しておく(文字の色、サイズなど)

  //Fontを設定
  ((CButton *)GetDlgItem(IDC_BUTTON))->SetFont(&m_cFont,TRUE);

  //TODO:その他の初期化

  return TRUE;
}
//見易さのために、全角スペースを使っています;;

一番上はBitmapを貼り付けるか、CWndのメンバ関数を使って
塗りつぶすかどうかだと思います。

MFCではなく、C++Builderのページなのですが、少しいじればMFCでも使えるので、参考URLに示しておきます。

参考URL:http://market.agr.tottori-u.ac.jp/ken/tech.html

下2つについては以下でいけると思います。

class CMyDlg : CDialog
{
public:

  CFont m_cFont; //Dlgクラスのメンバとして用意
/*
  他のメンバ
*/
  virtual BOOL OnInitDialog(); //初期化

};


BOOL CMyDlg::OnInitDialog()
{
  //TODO:ここでFontを設定しておく(文字の色、サイズなど)

  //Fontを設定
  ((CButton *)GetDlgItem(IDC_BUTTON))->SetFont(&m_cFont,TRUE);

  //TODO:その他の初期化

  return TRUE;
}
//見易さのために、全角スペースを使って...続きを読む

Qボタンが押された時にループから抜けるには

VC初心者です。

MFCのアプリでダイアログのプロジェクトを作りました。
そこで別のクラスを作成し、無限ループをしているのですが、
ボタンのイベントが発生しません。
どのようにすればボタンのイベントが発生するのでしょうか?

Aベストアンサー

その手の質問は過去に何度かでているので調べてみるといいでしょう。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=362155
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1378154

解決方法は色々ありますが
1.マルチスレッドにする。
2.PeekMessageを使う。
3.OnTimer(WM_TIMER)等を使って無限ループにならない仕組みにする。
などです。

QDWORDの実際の型は何でしょうか

VC++.NETの環境です。
DOWRD dw1 = 1;
int i = 2; と定義し
ここで
if ( i > dw1 ){
何かの処理;
}
とコーディングすると
warning C4018: '>' : signed と unsigned の数値を比較しようとしました。
のワーニングがでます。
これは、DWORDがint型でなくunsigned int型のようにも見えます。
ある本によれば(VC++.V.NET逆引き大全500の極意)
DWORD はint型であると記述されています。
もし、int型ならこのワーニングはでないはずなのですが、
なぜでるのでしょうか。又、DWORDの実際の型は何なのでしょうか。ご存じのかたおりましたら、教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

型定義が知りたいのならば、宣言ファイルを見れば疑問を挟む余地もありません。
DWORD型はwindef.hで
"typedef unsigned long DWORD;"
と宣言されています。

Visual Studioを使っているのならば、知りたい型の上にマウスポインタを置いて右クリック、ポップアップメニューの「定義へ移動」または「宣言へ移動」で簡単に知ることが出来ます。

QCStringのFindで文字列検索を行いたいのですが

こんにちは。
いつもお世話になっております。

CStringのFindメソッドで文字列検索を行っているのですが、文字列ではなくコードで検索が行われてしまい困っています。
-------------------------------------------------------

CString TargetStr;

TargetStr = "ハヒフヘホ";
if(TargetStr.Find("z", 1) != -1){
return FALSE;
}

-------------------------------------------------------

上記で文字"ホ"のコードが「837A」で"z"が「7A」のため、
文字列が存在するという結果が帰ってきます。
コードではなく文字そのものの検索をするにはどうしたらよいでしょうか?
基本的なことで申し訳ありませんが、ご教示下さい。

<環境>
Windows 2000, VC6.0

Aベストアンサー

CString::Findメソッドは、1バイトごとの検索を行うので、そのような結果になってしまいます。

このような処理を避けるには、CString::Findではなく、_mbsstrを利用します。
詳しくは、MSDNを参照のこと。
http://msdn.microsoft.com/library/ja/default.asp?url=/library/ja/vclib/html/_crt_strstr.2c_.wcsstr.2c_._mbsstr.asp

どちらかといえば、_tcsstrを利用してUnicodeとMBCSの両方に対応できるようにしておいたほうがいいです。
#この場合、_UNICODEもしくは_MBCSのどちらかが設定されていないと正しく動きません。

*注意*
この関数はANSIに互換性がないようですので、Windows以外では利用できない可能性があります。


また、上記のような関数を使わず、自分で実装するなら、以下の参考URLを参考にしてください。

参考URL:シフトJIS文字列の文字検索

参考URL:http://katsura-kotonoha.sakura.ne.jp/prog/c/tip0002d.shtml

CString::Findメソッドは、1バイトごとの検索を行うので、そのような結果になってしまいます。

このような処理を避けるには、CString::Findではなく、_mbsstrを利用します。
詳しくは、MSDNを参照のこと。
http://msdn.microsoft.com/library/ja/default.asp?url=/library/ja/vclib/html/_crt_strstr.2c_.wcsstr.2c_._mbsstr.asp

どちらかといえば、_tcsstrを利用してUnicodeとMBCSの両方に対応できるようにしておいたほうがいいです。
#この場合、_UNICODEもしくは_MBCSのどちらかが設定されていないと...続きを読む

Qファイルやディレクトリの存在確認を行う方法

ファイルをオープンするのはfopenでOKですが、ファイルやディレクトリの存在確認を行う方法が知りたいです。

何か組み合わせて作るものなのでしょうか?
perlとか便利な演算子があるのですが、C/C++って器用ではないですね。
これは処理系?依存の内容ですか?

私の環境は VC6, VC2005 Windows2000です。

Aベストアンサー

int access(const char* path, int mode);
int stat(const char* path, struct stat* sb);

かな?
MSDN を引くと _access_s() を使えとか書いてあるけど。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報