痔になりやすい生活習慣とは?

今、猫も杓子もTPPですね。
いろいろな分野がありますが、一番注目されているのは農業とりわけ「お米」の問題です。

さて、TPPの行く末はともかくとして、皆さんは、安い外国米vs高い国産米だったら、どちらを食べますか?
ちなみに、外国米においても、味は国産米と遜色ない、ほとんど変わらないものとします。

一度外国米を買ってみて、特に問題なさそうだったらシフトしますか?
日本人だったら、たとえ高くても国産米という感覚ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (24件中1~10件)

色々と考えるところは多いのですが…TPP、放射能汚染、農家の存亡…。



しかし、外国産を買ったところで、儲けるのは外国と商社関連だけです。
国内米ならば、国内にお金は落ちるわけですから、国内産を買うでしょう。

しかしさりとて、日本の農家の未来は、ハッキリ言ってリスキーそのものです。
日本人だから日本のもの、という考え方に甘えていたなら、アッというまに「黒船」に駆逐されることでしょう。
消費者は安全で、美味しくて、安いものを常に欲してるわけですから「その条件に合うように」改善・改革がはかれないようであるならば、米農家も衰退の憂き目に会う可能性は高いと思います。

そういった理由もあって「市場拡大」を狙うならば、TPPも果たして「アンチばかりで良いのか?」とも考えます。
先立つものは必要ですので、これから国内米を買うのならば、私は「戦費」として払うつもりで買うことになるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「その条件に合うように」改善・改革がはかれないようであるならば
そうなんですね、そういう力をつけていたならば何も大騒ぎすることもなかったはずですが、いろんな思惑で「あえて力をつけなかった」事情が裏目に出た格好ですね。
かつてのウルグアイラウンド対策費も「農業力」を養う目的に使われるはずでしたが、訳の分からない温泉スパなどに化けるケースもあって、何ら効果をあげませんでした。
見方によっては、今回の右往左往は自業自得という感じも受けます。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/14 09:04

私は国産米しか食べません。


そして国産米を全世界に売りつけましょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>国産米を全世界に売りつけましょう
そうですね、そういう活路を今までは真剣に考えてこなかったような気がします。
これからはそれがますます必要でしょうね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/14 09:20

ちなみに、外国米においても、味は国産米と遜色ない、ほとんど変わらないものとします



味が変わらないという前提で、見た目も変わらないなら、外国産だよ。
これは、経済学上、消費者は、外国産を選ぶ。しかし、問題は、価格差がどれぐらい出るのか?ということと、代替品の質、個人の商品選好などにも影響を受けると思います。

昔、アメリカでカリフォルニア米を食べていましたが、炊き方が悪かったのか、それとも炊飯器が悪かったのか、それとも、米の品質が悪かったのか?水が悪かったのか?良く分かりませんが、カリフォルニア米は、日本の米と味が違いました。食べられるのだけど、味が違う。米国の牛どんや(日本でも有名な店)の米は、日本の店と同じぐらいの質で、ぶっちゃけて言えば、安米という感じで、家では食べたくないという感じ。

結局、問題は、価格差ということだと思います。どれだけ価格差があるのかで、消費者が、カリフォルニア米を選ぶのか?国産米を選ぶのか決める。国産米がコスト削減に出て、売価を下げれば、国産が勝つと思うし、品質で勝負するなら、農協など通さないで、農家の人たちが、直販すればもっと売れるはず。

タイ米は、100キロ1円でも御免蒙る。タダでもいらない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結局は四六時中米を食べている国民が、その慣れている味に対して、外米にどれだけの味の差異と価格の差を許容できるか次第でしょうね。
>農協など通さないで、農家の人たちが、直販
そういう流通ルートが確立されれば充分に勝算がありそうですが、JAはとことん抵抗するでしょうね。そういう農家に対しては肥料や何やらは卸さない・・みたいな圧力がかかりそうです。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/14 09:18

「味がほとんど同じ」という前提ですが、やはり「こしひかり」等の米の味は、外国のジャポニカ米と違うため、一般家庭(主婦)は国産米を買うと思います。



しかし、外食産業はコスト重視のところが多いので、輸入米が主流になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>外食産業はコスト重視のところが多いので、輸入米が主流
そうですね、家庭では国産米、外食産業は外米というような「棲み分け」ができるかもしれませんね。
テレビでもやっていましたが、弁当でも「外米」「国産米」があって選べるようなスタイルになる・・ということになって、その時の懐具合で選ぶようになるかも知れません。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/14 09:12

味が同じなら国産に拘る理由がなくなるので安い外国米を買うと思います。



現状は国外産は口に合わないものが多いので、どうしても国産になってしまいますけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

安かったら試しに買ってみようか・・という人は必ずいると思いますから、そこで味に問題なかったらそのまま定着するような気もします。
こればかりは実際に手にしないと分からない部分ですね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/14 09:07

古米ではないカリフォルニア米の玉錦あたりのものが10キロ¥2500ぐらいで買えるのなら、迷わずそれを買います。

カリフォルニア米の上位品種は普通に美味しいですから。それ以外の外国米なら国産米を買います。

国産=安全、外国=危険とつい思いがちですが、はたして国産食品は安全なのでしょうか? ”暫定”基準値という言葉のトリックで、その場その場で結局は誤摩化していますし、これまで表沙汰になった偽装事件だって山ほどあります。米も含めて国産というだけでは正直100%信用はできないです。 国産米、外国米に関わらず価格に見合った品質を重視して選びたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>米も含めて国産というだけでは正直100%信用はできないです
なるほど、JAに集荷されて管理してそれ経由というと何だか信用しそうですが、本当のところはどうなのかと言ったらなかなか分からない部分もありそうですね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/14 08:58

そりゃ外国米ですお(^    ω    ^)



何と言っても「安い」のが最大条件ですお(^    ω    ^)

味も変わらないんなら、外国米ですお(^    ω    ^)

お(・    ω    ・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

安さで言えば外国米にはかなわないですお!
味もよければなおさらいいですお!

回答を頂き、ありがとうございました。

お(〇з〇)

お礼日時:2011/11/14 08:47

国産米(ジャポニカ種)と変わらないのなら、安全が保障されているのならはっきり言ってどちらでもいいです。

そのときの自分の懐具合で決めます。
しかし、長粒米(インディカ種)が東南アジアから安く入ってくるのなら迷わずそちらを選びます。今もインディカ種は入って来ていますが関税のおかげでとんでもなく高くめったに食べられません。
非国民と言われようが、インディカ米の味が好きです。別に東南アジア料理をしたわけでなく普通に炊いて食べたいと思います。仕方がないので現状は国産米を水をギリギリまで少なくして炊いているくらいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

インディカ米というのはパラパラに仕上がるタイプでしょうか?
それが好みの人は、日本米のねっとりした感じは苦手かもしれませんね。
かつて日本が米不足に陥った時に入ってきましたが、その時は明らかに“入っているな”と分かりました。
私は特に違和感なく食べられましたが、いつのまにか見かけなくなりましたね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/14 08:45

よほどお金に困らない限りは国産の北海道産米です!!!



遜色が無いといわれてもやっぱり地元(北海道です)のものを食べたいのです。

米ではないのですが、しいたけが中国産すでに国産のものより安いですよね。
でもやっぱり多少高くても地元産を選んでしまいます。

ブレンド米がブレンド米ではない米の約半値で味もそんなに変わらないものが売られていますが、なんかブレンド米は買いづらいですね。


そういえば外国産の食物って放射能どうなんでしょう?
空輸の場合って結構放射能浴びますし。。。
訳の分からない農薬とか遺伝子操作とかも怖いです。
運輸方法と農薬などのことを考えたら外国産が怖くて手が出せません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遜色ないといっても、外国産は国内産と全く同じものではないので、消費者がその差をどこまで許容するかでしょうね。
ブレンド米といってもどこまでブランド米が入っているのか、なかなか分かりにくい部分がありますね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/14 08:19

外国産米が安ければ外国産を購入すると思います


もし同価格で販売されていたら、食べ慣れた日本産を購入します
他の製品はグローバル化が進み、日本以外の製品を使うことに拘りがない昨今なのに
なぜ米だけがここまで問題となるのか理解に苦しみます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>なぜ米だけがここまで問題となるのか
稲作農家の存在があるのでしょう。
05年の農水省の資料ですが、全農家のうちの稲作農家は69%だそうです。
それから数年経っていますから割合はもっと減っていると思いますが、それでも稲作農家の占める割合はまだまだ相当なもので、それはイコール農業の将来と密接に結びついているし、また票田となるから政治家も話題にするのでしょうね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/14 00:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお米の相場が知りたいです

現在一人暮らしをしており、最近自炊を始めました。
先日スーパーにお米を買いに行ったところ確か5kg2千円くらいで
10kgが4千円くらいだっと記憶しています。
とりあえず5kgを買いました。
自分でお米を買ったのは今までそんなにないのですが、買うお店がいつも同じなんでお米の相場がどんなものなのかよくわかりません。
そこでお聞きしたいのですが、5kgと10kgそれぞれの値段でいくらくらいで買えればお得だと思いますか?
もちろんお米の種類もピンキリなんで価格差は出ると思いますので、平均値でお願いします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

きょうはディスカウントスーパーで富山県産コシヒカリ無洗米5kgを1,980円で買いました。いつもよりちょっと高め。
いつもはスーパーの特売で10kg 3,000円未満になったものをよく買います。銘柄は千葉県産や茨城県産のコシヒカリか、あきたこまちが多いです。
新潟魚沼産コシヒカリは高すぎて買う気がしません。値段が2倍でも2倍おいしいわけではない(と思う)ので。


世間の標準はどんなものでしょう。

農林水産省の食料品消費モニター調査結果
http://www.maff.go.jp/soshiki/syokuhin/heya/moniter.htm

平成17年度第3回 「米の消費及び購入動向等について」 (平成18年3月調査)
 問5-3 最近購入した米の値段(10kg換算)
   2,500円未満 …………………  6%
   2,500円以上 3,000円未満 … 20%
   3,000円以上 3,500円未満 … 22%
   3,500円以上 4,000円未満 … 21%
   4,000円以上 4,500円未満 … 12%
   4,500円以上 5,000円未満 …  7%
   5,000円以上 5,500円未満 …  5%
   5,500円以上 6,000円未満 …  3%
   6,000円以上 …………………  2%

年代別、地域別の詳細なデータは、Excelの集計表に載っています。

きょうはディスカウントスーパーで富山県産コシヒカリ無洗米5kgを1,980円で買いました。いつもよりちょっと高め。
いつもはスーパーの特売で10kg 3,000円未満になったものをよく買います。銘柄は千葉県産や茨城県産のコシヒカリか、あきたこまちが多いです。
新潟魚沼産コシヒカリは高すぎて買う気がしません。値段が2倍でも2倍おいしいわけではない(と思う)ので。


世間の標準はどんなものでしょう。

農林水産省の食料品消費モニター調査結果
http://www.maff.go.jp/soshiki/syokuhin/heya/moniter.htm...続きを読む

QTPP参加による外国米の値段

現在778%の関税がお米にはかかってるみたいですが撤廃すれば10キロ約400円弱の値段になる計算です
本当にそんな値段でお米売られるんでしょうか?

Aベストアンサー

米の関税は、従価税ではなく従量税で、基本税率が「1kgあたり402円」、WTO加盟国に対して適用される税率が「1kgあたり341円」です。
http://www.customs.go.jp/tariff/2011_8/data/i201108j_10.htm

「この従量税率を従価税率に換算すると、778%に相当する」ということであって、778%という率で決まっているわけではないのです。(換算のベースになっているのは、国際価格の標準とされているタイ産米の価格です。)

だから、関税が撤廃された場合、現在の制度で課税輸入した場合と比べると、WTO加盟国からの輸入の場合で1kgあたり341円、それ以外の国からの輸入の場合で1kgあたり402円安くなるという計算になります。

ただし、これだけ関税が高いと、関税だけで国産米よりも高くなってしまうので、課税輸入の実績は0であり、現在、国内流通している輸入米は、全て関税非課税(ただし、売渡価格にはマークアップという内外価格差調整分が上乗せされています)の国家輸入米ですので、現在の国内価格よりも上記金額分安くなるわけではありません。

現在、国家輸入米を、国がどれくらいの価格で買い上げているかというと、アメリカ産の中粒種米で「1トン当たり消費税込6万3千円程度」ですので、1kgあたりにすると約63円です。
http://www.maff.go.jp/j/soushoku/boueki/nyusatu/n_marice/pdf/23ma5.pdf

関税が撤廃されれば、民間卸売業者も、ほぼ同等の価格で輸入できるようになると思われます。

なお、国産米も、卸売業者への販売価格は1kgあたり200円程度であり、この価格と末端小売価格との差分は国内流通コストとしてかかるということですから、消費者が1kg63円で購入できるわけではありません。

米の関税は、従価税ではなく従量税で、基本税率が「1kgあたり402円」、WTO加盟国に対して適用される税率が「1kgあたり341円」です。
http://www.customs.go.jp/tariff/2011_8/data/i201108j_10.htm

「この従量税率を従価税率に換算すると、778%に相当する」ということであって、778%という率で決まっているわけではないのです。(換算のベースになっているのは、国際価格の標準とされているタイ産米の価格です。)

だから、関税が撤廃された場合、現在の制度で課税輸入した場合と比べると、...続きを読む


人気Q&Aランキング