痔になりやすい生活習慣とは?

今月末から来月にかけて友人がスペインに行きます。
そこでルイヴィトンかシャネルの財布を頼もうかと思っています。
今ユーロ安ですし、ルイヴィトンはメイドインスペインのものもあるので日本で買うより安いかなぁと。
実際日本で買うよりもどれ位安く買えますか?
スペインは税金が10何%かかりますよね…日本よりだいぶ高いですが、税金免除の申請をすれば戻ってくると聞きました。その申請は現地で簡単にできるものですか?
また、ルイヴィトンは空港の免税店と街中で買うのはどちらがお安いですか?免税店でなくてもブランドショップで日本円で計算していただくことは可能ですか?(日本円でいくらまでだったら買ってきてと頼もうと思っているので)
詳しい方いらっしゃいましたら、是非お教えください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

スペインといっても広いですが・・・


頼まれた側の心境も考えてあげてくださいね。お友達が「買ってきてあげるからほしいもの言って」と言ってくれたんですか?それなら言いだしっぺの責任なのでいいですが、普通はそういう「お使い」は、(海外旅行経験の少ない方以外は)安請け合いしないものです。
お友達の行動範囲の中にそのブランドショップに立ち寄る時間的余裕があるのか、まず考慮してあげてください。
普通に人々が生活している街ですから、ハワイやグアムとは違って、ホテルの目と鼻の先にブランドショップが立ち並んでいるわけではありません。
もし安いツアーで行くのならホテルは繁華街から遠かったりします。わざわざ電車を乗り継いで行かなければならないようなところにお店があるのなら、買い物を頼むのはものすごく迷惑になります。
googleマップ等で世界中の住所と位置調べられますよね。
お店まで行かせておいて、価格を聞いてみてもし高かったらやめるなどというのも、頼まれた方にとっては甚だ迷惑です。
また、スペインのマドリッドやバルセロナのような街では、ブランドショップのロゴが入った紙袋を持って歩いただけでスリやひったくりのターゲットにされます。
税金免除の申請手続きは、一度覚えれば簡単ですが初めてのレベルの方にはたいへん手間で面倒です。
以上を聞いた上で、それでもお願いするのなら、「空港免税店の○○の財布でこれぐらいの価格帯のがもしあったら買ってきて、なかったら買わなくてもいい」ぐらいにしてください。

外国製品を安く購入できるのは、外国に旅行した本人だけの特権と思ってください。旅行しない人のために日本のお店があるのです。
せっかくの外国旅行、時間は限られていて貴重です。あまり細かく面倒なお使いは頼まないようにお願いします。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブランド品の購入は、パリ・スペインどちらが特?

来週水曜から、月末まで、フランス(パリ)とスペイン(バルセロナ・マドリッド)を旅行しようと考えています。
セール時期だと思うのですが、ブランド品を購入するのはパリとスペインはどちらがとくでしょうか?

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

ブランドとはどのあたりのでしょうか?
例えばスペインならロエベ、フランスならルイヴィトンやシャネルなどのスーパー・ブランドの事?
ユーロ圏では極端な価格差はあり得ないと思いますが、基本的にはブランドの大元の国の本店で購入されるのが一番種類も多く、安価とは思います。
ファッションアパレル系ならシーズンのある物はセールになっていますが、ヴィトンなど定番系のバッグなどは元からセール対象外です。
高額品ならば必ず税金の還付手続きを忘れずに。

Qバルセロナでヴィトンを購入する場合の注意

バルセロナを初めて観光するのですが、
グラシア通りにあるルイヴィトンでバッグを購入するつもりです。
しかし中心地から少しはずれたところに宿をとってしまったため、
宿に夜帰るまで買ったものを持ち歩くことになってしまいそうです。
そのためスリが心配なのですが、実際のところ危険な行為なのでしょうか?

念のため、ブランドのショップバックを隠せるように大きい袋を持っていくつもりですが…。
それとも出費が嵩んでも現地で郵送してしまったほうが賢明でしょうか。
アドバイスいただけたら幸いです。

Aベストアンサー

2年前にツアーで行きました。
スペインは治安が悪いとは聞いていましたが、「注意すれば大丈夫」と軽く考えていました。添乗員の方にマドリードバルセロナは危ないので過剰なまでに注意されました。
・持ち物に注意
・お金などは一所に入れないで、分けて持つように
・地下鉄も危ないので行きたい所があるならタクシーで行ってタクシーで帰るように
・シエスタの時間(午後2時~4時)ぐらいはとても危ない
・裏通りにははいらぬように

それでも添乗員の方は責任持てないから過剰に注意するのかな?
とも思っていましたが、
フリータイムにゴシック地区のカタルーニャ音楽堂の東ぐらいのところで
お菓子屋さんに道を聞きに入ったところ、親切なお店のあばちゃんが
「ここは危ないよ、バッグを脇にしっかり抱えて、早く歩きなさい」
とスペイン語なのではっきりわかった訳ではありませんが
身振り手振りでそう言っている事がわかりました。
やっぱ危ないんだ、と実感しました。

グラシア通りの表は日本の銀座通りのようで比較的安全な気がします。
カタルーニャ広場を下ると一気に様子が変わります。
ゴシック地区でもどこがすごく危なくてどこがそうでもないのか?
よくわからないのですが、先ほどの危険地帯は抜けて
カテドラル付近のバルでタパスとお酒を飲み、タクシーで帰りました。

ルイヴィトンのお店がグラシア通りのどこらへんにあるかわかりませんし、
何時頃、どのぐらいの大きさのバッグを買って、夜何時まで持ち歩くのか?
大きな荷物を持っただけでも注意が散漫になります。
荷物を持って夜のバルなども邪魔だし危険です。
「ヴィトンの紙袋を持った日本人」は狙ってくださいと言っているようなものです。
>ブランドのショップバックを隠せるように大きい袋
そんなに大きくなければいい方法だと思います。
空港の免税品店とかじゃだめなんですか?

タクシーは安全だと添乗員の方が言っていました。
すぐにひろえるし、安いし
スペインの夕食は9時過ぎから始まります(バルはやっているけど)
買い物を済ませたらタクシーで一度ホテルに置きに帰り、
夕食はそれからまたタクシーで出かけるとか?
でも、バルセロナは一方通行が多いので、
タクシーが目的地の反対に走っても疑わない様に

2年前にツアーで行きました。
スペインは治安が悪いとは聞いていましたが、「注意すれば大丈夫」と軽く考えていました。添乗員の方にマドリードバルセロナは危ないので過剰なまでに注意されました。
・持ち物に注意
・お金などは一所に入れないで、分けて持つように
・地下鉄も危ないので行きたい所があるならタクシーで行ってタクシーで帰るように
・シエスタの時間(午後2時~4時)ぐらいはとても危ない
・裏通りにははいらぬように

それでも添乗員の方は責任持てないから過剰に注意するのかな?
とも思って...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Q成田空港内の免税店というものは、どの程度安いのでしょうか?

成田空港内の免税店というものは、どの程度安いのでしょうか?

世の中様々なファッションブランドがありますが、正規ブランド物を安く買おうと思うと免税店がいいのかなと思いまして、
そのようなお店がどこにあるのかネットで検索致しましたところ、
日本国内では成田出国エリア(改札内)と、沖縄に、免税エリアがあると書いてありました。

そこで質問です。
成田空港内の免税エリアにて販売されているブランド物は、普通の直営店などに比べて、どのくらい安いのでしょうか?
だいたい何%引きくらいですよ~~という感覚でお教えいただけると幸いです。

成田に行く機会はなかなかありませんので、海外へよく行かれる方、ぜひ教えて頂けると幸いです!


(※ややマルチポスト気味ですが、沖縄エリアの免税品店をご存知の方、ぜひそちらも教えて頂けると嬉しいですhttp://oshiete.goo.ne.jp/qa/5907274.html)

Aベストアンサー

正直、洋服やバッグが目的なら成田や沖縄ではなく海外にいってしまったほうが選択枝も多いし、円高の今であれば断然安いでしょう。空港のDFS(沖縄も含め)各ショップは意外と小さく品揃えは決してよいとはいえません。

とはいえ、国内、海外問わず絶対欲しい目当ての品があれば見つけたじてんで即買いが鉄則。よく、成田と海外でどちらが安いですか?という質問があるのですが、両方で同じ商品が必ずしもあるとは限りません。なので、手に入らないリスクと少しくらい高いかもしれないリスクを天秤にかける必要があります。

また、DFSといってもどんなブランドでもあるわけではありません。ヴィトンなどそもそも免税店にない店もあります(沖縄DFSにはありますが免税にはなっていません)。ですが、海外ではDFSを利用しなくてもTAXフリー制度、為替差益をうまく利用して国内より安く手に入れられることが多いです。
ブランドの生産国が一番安く手に入れられる傾向がある反面、同じ海外でも東南アジアなどで買うヨーロッパ製品などはさほど値ごろ感なかったりします。ただ、シンガポールのようにブランドショップがしのぎを削るような国では、街中のブランドショップが日本では考えられないようなセールをしますので、そう言う時期にあたればDFSなんかよりはるかに広い選択枝のなかから安く、手に入れる事ができます(もちろんDFSでもセールありますが)

国内で正規品を手に入れるには、やはりアウトレットか直営店のセールでしょう。ただ、あくまでもシーズン落ちや、わけあり品になりますが。
以下参考に
プレミアムアウトレット http://www.premiumoutlets.co.jp/
サンフェア http://sunmotoyama.co.jp/sun_fair/index.html(以前はエトロなどあったんですが、最近はどうだろう)
http://luxeyfashion.jp/special/

正直、洋服やバッグが目的なら成田や沖縄ではなく海外にいってしまったほうが選択枝も多いし、円高の今であれば断然安いでしょう。空港のDFS(沖縄も含め)各ショップは意外と小さく品揃えは決してよいとはいえません。

とはいえ、国内、海外問わず絶対欲しい目当ての品があれば見つけたじてんで即買いが鉄則。よく、成田と海外でどちらが安いですか?という質問があるのですが、両方で同じ商品が必ずしもあるとは限りません。なので、手に入らないリスクと少しくらい高いかもしれないリスクを天秤にかける必...続きを読む

Q★6月1日からのスペイン旅行(お土産・お店・洋服等)何でも結構です、教

★6月1日からのスペイン旅行(お土産・お店・洋服等)何でも結構です、教えて下さい。
6/1からスペインに10日間で母(60歳)とツアーで行きます。場所は【マドリッド・トレド・セビリア・ロンダ・ミハス・グラナダ・コルドバ・ラマンチャ・クエンカ・バレンシア・バルセロナ・モンセラート】です。ちなみにパラドール(ロンダとクエンカ)に泊まります。

質問一:自分用のお土産お勧めは何でしょうか?
質問二:10人位の女性一人一人に配る安いお土産は何がありますか?売っている所はどの辺り?
質問三:40人位に配る安いバラマキ菓子は何がありますか?売っているのはどの辺り?
質問四:この時期の洋服は何が良いでしょうか?
質問五:(全て食事つきではありますが)お勧めのバルや、ちょっとしたアイスなどのおやつ等でお勧めな店を教えて下さい。
質問六:ブランド品は安いですか?
質問七:ココならではのお土産等ありますか?たとえばバルセロナならグエル公園のタイルトカゲ等・・。
質問ハ:何か持っていくと良いものございますか?(例えば、蚊が多いから虫さされの薬・・とか)
質問九:どのような事でも結構です、スペインの事宜しければ色々教えてください!お願いします。

★6月1日からのスペイン旅行(お土産・お店・洋服等)何でも結構です、教えて下さい。
6/1からスペインに10日間で母(60歳)とツアーで行きます。場所は【マドリッド・トレド・セビリア・ロンダ・ミハス・グラナダ・コルドバ・ラマンチャ・クエンカ・バレンシア・バルセロナ・モンセラート】です。ちなみにパラドール(ロンダとクエンカ)に泊まります。

質問一:自分用のお土産お勧めは何でしょうか?
質問二:10人位の女性一人一人に配る安いお土産は何がありますか?売っている所はどの辺り?
質問三:...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。2年前に一人旅でバルセロナ、バスク地方、セビージャ、コルドバなどを回りました。

回答1: 人それぞれ好みがあるので何とも言えません。

回答2: 私は友人(女性)4~5人用に下記ショップの石鹸を購入して帰りました。
見た目もおしゃれですし香りも良かったので好評でした。
確か当時の地球の歩き方にも掲載されているお店でした。
http://www.shnos.com.ar/

回答3: お菓子等でしたら、空港にもたくさんありますが、私はエル・コルテ・イングレスで
安いチョコレートや缶詰、ハムなどを買いました。エル・コルテ・イングレスの食料品売り場は
ちょっとのぞくだけでも楽しいですよ。

回答4: バルセロナ市内は良いですが、モンセラートは山ですので天気が変わりやすいです。
私が登った日も朝は土砂降りでしたが、お昼頃に日が出たりしました。
防水で薄めのウィンドブレーカーなどあると便利かもしれません。
私が旅したのは5月中旬でしたが、アンダルシア地方は既に日中の日差しがきつく感じられました。
それと埃っぽいのでこまめに水分補給した方が良いと思います。

回答5: ツアーガイドさんに尋ねるのが良いと思います。

回答6: -

回答7: -

回答8: ポケットティッシュ、ウェットティッシュは必需品ですね。あとは滞在先の部屋で
食事する場合用のお箸やプラスチックのカトラリー。日焼け止めも。

質問9: バッグはハンドバッグでもショルダーバッグでも必ず手でおさえるもしくは抱えるように
して持った方が良いと思います。現地の女性たちもみなそうしています。
地方の都市ではありませんでしたが、バルセロナなどの大都市では日本語で話しかけてくる
変な輩もいますので女性は気をつけてください。また、地下鉄などの運賃が安く大衆的な乗り物は
犯罪に遭う可能性も高まりますので、特に夜などはできればタクシーをホテルやレストランに
手配してもらって移動した方が良いです。安全はお金で買えます。

スペイン旅行、楽しんできてください♪

こんにちは。2年前に一人旅でバルセロナ、バスク地方、セビージャ、コルドバなどを回りました。

回答1: 人それぞれ好みがあるので何とも言えません。

回答2: 私は友人(女性)4~5人用に下記ショップの石鹸を購入して帰りました。
見た目もおしゃれですし香りも良かったので好評でした。
確か当時の地球の歩き方にも掲載されているお店でした。
http://www.shnos.com.ar/

回答3: お菓子等でしたら、空港にもたくさんありますが、私はエル・コルテ・イングレスで
安いチョコレートや缶詰、ハムなどを買いました。...続きを読む


人気Q&Aランキング