飛行機は乗り物の中で一番安全と言われています。

しかし、疑問があるんです。乱気流や悪天候の中の
飛行は、本当に安全なのでしょうか。また、俗に言う
エア・ポケットに入っても飛行機自体には何ら
問題はないのでしょうか。

大きく揺れたりすることがありますが、どこまで
飛行機自体は安全なのか教えていただければ嬉しいです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

その答えは、やっぱい相対的にみる事が大事ではありませんかね。


飛行機の墜落の確率ってやつですよ。その数字を見れば確率的に
かなり低い。墜落の確率が低いって事は、安全性も高いって判断
ですよね。
例えば国内だけを考えて見た場合、年間の飛行時事故の回数と飛行機の
運行回数を考えれば、かなり確率は低くなります。
エアーポケットは、あまり危険性はないのですよ。
それよりも危険なのは、ダウンバースト。着陸態勢の不安定な飛行機を
襲うのですから、そりゃ危険です。
確率問題で考えれば、日本の場合は新幹線が最も安全な乗り物になる
はずです。
    • good
    • 0

>俗に言う


>エア・ポケットに入っても飛行機自体には何ら
>問題はないのでしょうか。

問題が無いかといえばある場合もあるでしょう。通常、機体を設計するときにはどの程度のG(力)に耐えうるかを想定してからはじめます。あまり丈夫に作りすぎると重くなり過ぎて色々問題も出てきますから、通常予想されうる乱気流(エアポケットとは呼びません)から受ける最大の外力に安全係数をかけて決めているようです。かなり以前にBOACの旅客機が富士山によって生じる強い乱気流に巻き込まれ墜落したこともあります。墜落にいたらなくとも機体の各所に歪や亀裂なども起こる可能性もあります。そのために定期整備や大きな揺れの後では、異常の無いことを確認している訳です。旅客にとって怖いのは晴天乱流(CLEAR AIR TURBULENCE)で、まったく揺れていなかったのに急にくる激しいゆれです。ですから揺れていなくてもシートベルトはいつでもしておいたほうが安全です。これが旅客が取れる唯一の対策でしょう。Have a nice flight!
    • good
    • 0

飛行機は設計、試作機、認可の過程で非常に過酷な耐久試験を行います。

テスト飛行でも運航時に感じるような揺れ以上のテストや各粉飛行条件、天候などで行われますのでエアポケットにはいっただけで壊れたりはしません。
ただし中の人間は大丈夫かというと安全ベルトを締めていないと大けがをしたり死亡したりすることもあるでしょう。
飛行機に乗っている間は指示が無くてもベルトをしておくと良いでしょう。
    • good
    • 0

相対的に他の乗り物と比べて安全と言う意味ではないですか?


交通事故と飛行機事故の発生割合見ても全然違うでしょうし。

天候の問題であれば、地上でも悪天候の時は本当に安全ですか?さすがに地上にエアポケットは無いでしょうけど。
    • good
    • 0

空飛ぶんだから、当然安全じゃない。

(と思う)

台風とか来たら欠航になるし、危ないのか・・・
大きく揺れるのは、乱気流に入りかけたのかも。
会社に問い合わせてみては?

良く乗られるんですか?
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q飛行機の揺れと墜落について

仕事で月に4往復ほど国内線を利用しなければいけないのですが、その度、飛行機の揺れで身が縮む思いです。飛行機事故で死ぬ可能性は宝くじ3億円より低い…といわれており、頭では納得しているつもりなのですが、毎回揺れるたび「こんなに激しく揺れたら、落ちるのではないか?」という恐怖が頭をよぎります。紙飛行機のように、風に飛行機がグルグル巻き込まれ、自制が聞かなくなり落下してしまうような感じに…。でも、今後も乗らなければいけないわけですし(実は明後日も)この恐怖感を払拭したいのです。

どうか私に分かりやすくイメージさせてください。
ジェットコースターのように胃がふぅっとなったり、ドリンクサービスが行われなくなる程度の揺れでは
墜落に結びつく危険性はないと考えて大丈夫なのでしょうか? 多少揺れても、例えば車ででこぼこ道を走ったときに「ガタンゴトン」と揺れるのと同じと考えていいでしょうか?

どなたか、私に心の安定を~。 

Aベストアンサー

 ほとんどのことは皆さんがお答になっていますが、ひとつ言えることは、飛行機の揺れというものは、中に乗っている乗客にとっては大変大きなものと感じる程度でさえ、外から見ることができればほとんど揺れを目視できないほどの小さなものです。もちろん揺れることで機体が破損することはまずありません。

 これと同じような現象として、少し荒れた海を航行するフェリーなどでも、岸壁などから見ているかぎり、フェリーは滑らかに航行しているように見えても、実は船の中では乗客が不安になったり気分が悪くなったりするほどの揺れを感じているということもあります。

 つまり、機体の強度は大丈夫なのに、大丈夫でないのが乗客という人間の方というわけです。

 このほかにも、主翼が作った乱気流が胴体の後部を叩くバフェッティングという細かく連続する揺れがありますし、もともと飛行機は主翼を中心としてスリコギ運動をする性質がありますから、これらもまた飛行機恐怖症の方には不安のタネになっているようです。このような現象を少しでも避けたいなら、なるべく主翼に近い席をお勧めします。

 また、揺れるととかくキャビンの天井パネルがギシギシ軋んだり、主翼がバタバタしたり、エンジンがブラブラ揺れていたりと、こうしたことも恐怖心を煽りますが、機体というものは基本的に柔構造なのだ、変形しながら応力をいなしているのだとお考えになれば気分も多少は良くなることでしょう。

 ただ、こうした揺れによって機体に繰り返して応力がかかったり、あるいは飛行の度に繰り返される気圧や温度の変化によって、長い間には機体のどこかに亀裂が入ったり、外板の強度が下がるといったトラブルが出るのは事実です。過去にはこうしたことが原因で、当時としては原因不明とされた突然の空中分解と墜落に至ったこともありました。
 しかし今日では、「繰り返し応力による金属疲労」については解析が進み、設計に取り入れられるとともに、これらは定期的に検査されていますし、出発の直前にも整備マンやコクピットクリューの目で確かめられてもいます。

 あとはエンジン、最近では4基のエンジンを搭載したB747(ジャンボ)のような機種は減り、長距離便でさえ2基のものが増えてきました。これはひとえにエンジンの信頼性が上がったということに他なりません。ただ、信頼性とは飛行時間とその間に発生するトラブルの統計的な確率をもとに算出されたもので、これによって整備のサイクルを決めていますので、その間絶対に大丈夫とも言えないかもしれません。

 しかし驚かないでください。2基のうち1基が停止したとしても飛行も着陸も十分に出来ますし、2基とも停止するという確率はそれこそ宝くじの一等当選の確率の数百倍にも達するでしょう。
 もちろん過去にはそうした例がないこともなく、極端で珍しい例としては、火山の近くを飛んだB747のエンジンが火山灰を吸い込んだ結果一度に4基全部のエンジンが停止してしまったといった事故例はありましたが、これとて回復操作によって再始動出来て、無事飛行を続けています。

 とにかく、大気はとても不安定でけっして均一なものではありません。しかも、高速で飛ぶ現代の旅客機にとっては、空気もまた大変硬い物質になってしまいます。 プールにお腹から飛び込んで水の硬さを体験されたことがあればそのことがお分かりになると思います。

 まあ、ルームアテンダントが聖書を片手にコクピットに向って走って行かない限り、現代の旅客機は大丈夫な乗り物です。これでいかがでしょうか、umari様ご自身の安定感のほうは。

 ほとんどのことは皆さんがお答になっていますが、ひとつ言えることは、飛行機の揺れというものは、中に乗っている乗客にとっては大変大きなものと感じる程度でさえ、外から見ることができればほとんど揺れを目視できないほどの小さなものです。もちろん揺れることで機体が破損することはまずありません。

 これと同じような現象として、少し荒れた海を航行するフェリーなどでも、岸壁などから見ているかぎり、フェリーは滑らかに航行しているように見えても、実は船の中では乗客が不安になったり気分が悪く...続きを読む


人気Q&Aランキング