【アプリ版】サポートOS変更のお知らせ

国際線に乗るとたった2時間のフライトでも機内食が出ます。
以前中国の国内線でしたが40分のフライトなのに機内食が出ました。
軽食やおつまみだけの時もありますが、基本的に何かしら出ますよね?

長時間のフライトでは大変ありがたいですが、数時間のご飯時でもないフライトですとありがた迷惑な事もあります。

これって法律や何か決まりがあるのでしょうか?
いつから始まったサービスなのでしょうか?

以前人から、「トラブルで到着が遅れる事がある為必ず食事を積む事が決まっている。なのでせっかくだから客に出す。」
という話を聞いたのですが、調べてもソースらしきものは見当たりません。

電車の様に必要な人は弁当を買って持ち込むor必要な人には有料で販売するという形じゃないのが疑問で仕方ありません。
美味しくないこともあるし、機内食を期待していたら軽食程度だったりその逆もあったり・・・。

どなたかお分かりになる方いらっしゃいますでしょうか?

gooドクター

A 回答 (3件)

ソースがなかなか出てきませんが、確かにIATAの規定で一定時間を越えるフライトについては機内食を出す義務規定があります。


あくまでも参考ですが:http://www.as777.com/class/first/10/term_2.htm
とか
http://www.tsukuba-g.ac.jp/library/kiyou/2009/05 …
でもそれに触れています。たぶん英語で検索しないと出てこないんじゃあないかな・・

それはともかくとして、理由は覚えています。
飛行機がジェット化・大型化されるに従って長時間のフライトがふえ、乗客によっては食事の機会がフライト中にだけになってしまうことがあるため、一定時間以上のフライト時間が予定される場合は、食事をださなければならない、と定められたのが最初です。
もちろん客は拒否することも出来ますし、ジェットスターのようにあらかじめ告知することで、機内食を省くことができます(もっとも機内でリクエストされたときのために、必ず機内食は載せているはずです)
    • good
    • 0

ここ何年か前から日本-オーストラリア間を飛び始めたJetStarは機内食はオプションです。



予約の際に機内食を希望し、その代金を払って初めて提供されます。 
機内食以外のドリンク、エンターテイメント、枕、ブランケットも全てオプション(別料金でした)
もちろん飛行中にドリンクや軽食を直接購入することも可能でした。

手荷物だけなら(チェックイン荷物が無ければ)チケットもさらに安く!

フルサービスを無くし、無駄なコストをを下げ(ブランケットなどの洗濯)、添乗員を減らし、荷物を減らし、燃料を少なくすませ、さらに安いチケットを提供しているのだと思います。

私はお弁当持参で飛行機に乗りました!

逆にフルサービスの飛行機は食事提供時間以外でもカップヌードルやサンドイッチなど持ってきてくれますねー。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そんな航空会社もあるんですか!

まさに理想かもしれません。
今の機内食は出てくるから食べているだけで
あんまり満足している人は居ないと思いますので。。
断る事もありますが結局捨てられてしまうわけであんまりよろしくないですよね。

でも上の方の法律で決まっているというのと矛盾してしまいますが。。

お礼日時:2010/01/08 23:36

国際線では、機内食の提供ということが、法律で、決まっているということです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

ソースはありますでしょうか?
日本だけの話でしょうか?
出来ればどの様に義務付けられているのかを知りたいです。

補足日時:2010/01/08 19:59
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング