樋口一葉と半井桃水、島崎藤村と佐藤輔子や姪、国木田独歩と佐々木信子、倉田百三と小出豊子

とその他数人、幸徳秋水と菅野すが、北原白秋と松下俊子、平塚らいてうと森田草平や奥村博(博

史)、大杉栄と神近位子、田村俊子と鈴木悦や窪川鶴次郎、武者小路実篤と飯河安子や真杉静

枝、有島武郎と波多野秋子、宇野浩二と村上八重、中原中也と長谷川泰子、岡本かの子と堀切茂

雄や新田亀三、谷崎潤一郎と根津松子,斎藤茂吉と永井ふさ子、堀辰雄と矢野綾子、立原道造と

水戸部アサイ、太宰治と山崎富栄その他多数、、、、

恋愛結婚した人は抜きましたが、谷崎氏・武者小路氏は結婚したと思います。
恋愛の百花繚乱です。
無論、不倫は数知らず。
何故、昔の作家(作家に限定しましたが)はこれ程情熱的に、恋愛を
謳歌したのでしょうか。
正解はないと思いますので、自由なご意見をお聞かせ下さい。
猶、名前等に誤字があった場合はお許し下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

男と女が成熟すれば恋愛感情が現れるのは古今東西変わらないと思います。

文学者、特に小説家は自分の経験を物語りに描くことが多く、強烈で切実な体験である個人の恋愛が彼らによって作品になり、それがまた実体験に反映するのは自然なことではないでしょうか。
日本独自の私小説の発展や、北村透谷などが主唱した恋愛至上主義などの影響もあって、そういった傾向が流行したことも原因のひとつだったかもしれません。現在は小説家も知識人として社会的影響が大きくなり、彼らが不倫などをすると、こざかしいマスコミ社会が商売ねたにして騒いだりして許さないというような変な傾向もありますし、難しくなっています。
明治、大正のゆったりした自由な空気、ある意味寛容な社会(時の総理大臣も本妻でない女と白昼堂々デートしたようです)が仰るようなひとつの時代を作ったということかもしれません。そういった伝統は一般には「火宅の人」を書いた壇一雄で終わったとも言われていますが、
今でもそういったテーマは継続して描かれていると思います(生島治郎氏のシリーズなど)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに寛容な時代でしたね。
あのロリコンの黒田清隆が妻のせいを殺し、それを
大久保利通が助けたというのは事実なのでしょうか?

今はマスコミが騒ぎますが、当時もマスコミ(新聞)は健在だったと思います。
むしろ、個人情報を重視する現在よりも
その内容は、よりイヤらしく、相手のみならず、伴侶や子供の実名を堂々と掲載しましたよね。

初めに小説があり、次に恋愛だったのでしょうか。
作品の為に、恋愛をしたのでしょうか。
では、心中した有島(太宰は毎度のことなので)は、どうだったのでしょうか。

いずれにしても、大変貴重なご意見を頂き感激しています。
どうもありがとうございます。

お礼日時:2012/02/28 19:44

《恋愛の百花繚乱です。


無論、不倫は数知らず。

何故、昔の作家(作家に限定しましたが)はこれ程情熱的に、恋愛を
謳歌したのでしょうか。》

あなたから見れば《百花繚乱》でも、漱石鴎外はもとより、太平洋戦争前ではいちばん自由な雰囲気の高かった大正期に、志賀直哉、芥川龍之介、宮澤賢治など、純情を生きた人が数多いと、僕は認識しておりました。

 この程度の恋愛しかしなかった作家たちを、ことさら取り上げるのは、恋愛が不自由だからでしょう。

 だから、あなたに百花繚乱と思わせた伝記類や、それらを信じたいあなたの意見は、満たされない恋愛願望を抱えていたり、恋愛コンプレックスで自身の行動がままならず、《恋愛を謳歌》できない人の特殊な考え方のように思います。

 有島武郎や中原中也などは、純情、不自由故の悲劇かと思っていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

芥川は純情でしたか?他の作家も、分からないでしょう。
なぜなら、昔はお金さえ出せば、女性が買えたからです。
面倒な恋愛などしなくても、そういう隠れ蓑があったからこそ、
私は、恋愛をした彼らに拍手を送りたいのです。

ところで、最後の方の、
「だから、あなたに~考え方のように思います」
・・・そう、思われますか?

返事が遅れてすみません。大変感謝しています。

お礼日時:2012/03/01 10:59

日本の長い歴史における「幕藩体制」が崩壊し、明治維新を向かえ、日本は一気に西洋の文化を取り入れてきました。

世界で活躍する作家達の本が流通しだしたのもこの頃で、日本の文学も西洋文学の影響を多大に受けていたと思われます。俺が考えるに、当時の作家は今で言う「人気芸能人」みたいなもので、庶民の憧れの的であったと思われます。庶民は、数々の作家達が描く作品に読み耽っていた事でしょう。実際、そういったものしか「娯楽」は無かったのですから。

そんな中で、文学を通じて入ってきた「西洋的恋愛」は、特に人気があったと思われます。そんな恋愛小説なんか気軽に読める様になったのは、この頃からですから。

そういった「庶民に夢を売る」作家に傾倒していった女性は多かったと思います。また、書く側も同じく傾倒していったのでしょう。そこで作家のロマンスが沢山できたんだと思います。

文学を通じて夫婦になった代表例に「与謝野鉄幹」と「与謝野晶子」がいますが、やはり小説・俳句・短歌で「恋愛」というものを「想像」するだけでも心がときめく時代だったのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ただ気になる所があります。
「庶民は、数々の作家達が描く作品に読み耽っていたことでしょう。実際、そういったものしか「娯楽」はなかったのですから。」
尋常小学校もまともに行けない庶民も多かったと思います。
学問に重点を置く人達は富裕層の極一部ではないでしょうか。
庶民の娯楽は、トップだとは思いませんが、「性交」だったのではないでしょうか。
それが証拠に、どの家も子沢山でしたよね。
一般庶民が、わざわざ本を買って読んでいたとはとても考えられないのですが・・

お礼日時:2012/02/26 21:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q谷崎潤一郎。

谷崎潤一郎の 「高血圧症の思い出」
がおさめられている全集を探しています。
何巻か分からないのです。
どうか宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www2u.biglobe.ne.jp/~kinko/tanizaki.htm

上記の中央公論社1981~83年刊30巻では第18刊にあります。
お確かめください。

Q島崎藤村「まだあげ初めし前髪の…」がわからない

「初恋」の冒頭です。
意味はわかりますが、正しい日本語でしょうか?

「まだ」に引っかかります。必要ないし、あるとおかしいんじゃないかと。
「まだ」を入れたいのなら、あげ初めし「ばかり」の前髪、というふうに「ばかり」に相当する言葉がないと不自然に感じます。

文語に詳しい方、文法的に変ではないか、その点だけ教えてください。

Aベストアンサー

beat118さんの文法感度(?)はするどく、現在の共通語(「標準語」って呼ばれたりしてた)としてはたしかにちょっと島崎藤村はヘンでしょう。

>名詩といわれるような作品ですから、おそらく文法的な間違いはないのでしょう。

これが、違う、違うよ!!!

まず、わたしもそんなに詳しいわけじゃありませんが、
司馬遼太郎先生もおっしゃっている(らしい)ですが、

明治以前は勿論、その後も、なかなか、

「日本語の文法」は、整理されていなかったのです。
文法らしき文法がなくても、とりあえず通じるのが、日本語のいいところでもあり、悪い(??)ところでもあり。
そういう文化なんです。

司馬遼太郎先生によれば、「日本語」と呼ぶべきもののなかった時代に、あれだけ整った、日本のどの地方の人にも読みやすい、思考の深い、また内容も素晴らしい文学の書けた、明治の文豪は、凄いらしい!!特に、夏目漱石ですね。

話はそれますが、英語のつづりを見ると、「なんでこの発音?」って思うことがよくあるでしょう。英語はつづりと発音が、別の地方出身者たちによってなんとなく決まってしまったという歴史があり、ああなっちゃっています。また、単語の絶対数が少ない。そのぶん、文法はわりとしっかりしてます。

話を戻します!

>名詩といわれるような作品ですから、おそらく文法的な間違いはないのでしょう。

この考え方は、非常に良くない。

まず、文法の確立途中であったということは先に述べましたが、それ以降も、文法が間違っていても名作と呼ばれるものは、実はものすごーーーーーく多いんですよ!

魅力は、文法をも超えるときが多々ある。

また、わたしが個人的に言いたいのは、ちょっと飛躍ですけど、

>法律だから正しいんだろう
>国が定めたんだから国全体にはそのほうが良いんだろう
>校長先生が良いって言ったんだから良いんだろう

みたいに、なんでもかんでも完璧に決まっていると思うのは、この先の人生にお勧めできない、ということです。

beat118さんの文法感度(?)はするどく、現在の共通語(「標準語」って呼ばれたりしてた)としてはたしかにちょっと島崎藤村はヘンでしょう。

>名詩といわれるような作品ですから、おそらく文法的な間違いはないのでしょう。

これが、違う、違うよ!!!

まず、わたしもそんなに詳しいわけじゃありませんが、
司馬遼太郎先生もおっしゃっている(らしい)ですが、

明治以前は勿論、その後も、なかなか、

「日本語の文法」は、整理されていなかったのです。
文法らしき文法がなくても、とりあえ...続きを読む

Q中原中也でどの詩が好きですか?

中原中也の詩で、一番気に入っている詩を教えてください。
タイトルと、何故気に入っているのか、どこが他と比べて抜きん出てるのか、というより違うのか、等々教えてください。

Aベストアンサー

「生ひ立ちのうた」です。
~私の上に降る雪は 真綿のやうでありました~
(1)
幼少時・・真綿のやうでありました
少年時・・みぞれのやうでありました
二十三・・ひどい吹雪とみえました
二十四・・いとしめやかになりました・・・

わずか三十年の人生を生き急いだ中也ですが
弱冠二十四歳にして悟りの境地なんて
悲しすぎますね。
この詩の(2)も
純真無垢な詩人の魂が感じられて
とても心にしみ入ります。

日々の雑念、煩悩に追われる中
彼の詩を読むと自分に素直になれる気がします。

Q谷崎潤一郎の「春琴抄」の論文について

「春琴抄」についての論文を探しているのですが、
論文のリストなどが載っているHPがあれば教えていただけないでしょうか?
検索して探してみましたが、見つからなかったので・・・。

また、論文を探す方法にはどんなものがあるのでしょうか。
できれば新しい論文をたくさん読みたいのですが・・・
具体的に教えていただけないでしょうか。

上記の質問のうち、どちらか1つでもかまいませんので
御回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

もう探し出してるかもしれませんが、谷崎関係の
論文本を紹介します。(すこしですが・・。)

「谷崎潤一郎論ー伏流する物語」/永栄啓伸著
双文社出版/1992

「谷崎潤一郎ー母性への視点」/永栄啓伸著
有精堂/1988

「谷崎潤一郎」/秦恒平著/筑摩書房/1989

論文を探す方法には、データベースを使う方法と、
目録・年鑑・雑誌を使う方法があります。

まず、データベースですが、NACSIS Webcat
というオンライン上のサービスで目録を検索できます。
URLは http://webcat.nacsis.ac.jp です。

国立国会図書館が出しているCD-ROMも使いやすいです。
「雑誌記事索引CD-ROM for windows カレント版」
では、昨年までの雑誌掲載論文が検索できます。

こういった電子ものでの検索は便利なのですが、綿密さにかける
という点もあります。

本になっているものでは、
「日本文学研究文献要覧」
がオススメです。
調べたい作家の名前でひくと、その作家について発表された
ほとんど全ての論文の題・著者・発表雑誌名・何ページに
のっているかまで記載されており、便利です。

雑誌では、
「国文学 解釈と鑑賞」
「国文学 解釈と教材の研究」
「日本近代文学」
は必須でしょうね。ざっと毎月の表紙だけ見ていって、
谷崎の特集が組まれている号があれば(あるとおもいます)
こっちのものです。


もっと緻密にいこうと思うなら、やはり「国文学年鑑」
になってしまいますね。これを几帳面にひろっていくのが
最も手堅いです。毎年発刊されていますので、去年
までの論文はこれでひろえます。
これで、「春琴抄」についての論文がどんな雑誌に
のっているか調べます。

あとは、論文の入手手段ですね。
近くの公共図書館や大学図書館にその雑誌があればいいですが、
ない場合もありますね。
そんな時には、
「学術雑誌総合目録 和文編」
があります。雑誌名でひくと、その雑誌をどの大学(公共図書館)
が持っているか調べることができます。また、上記のwebcat
でもリサーチ可能です。

あとは、ほしい雑誌を所蔵している所へ出向いていく、
もしくは、コピーして送っていただくなどして、論文
をゲットします。

参考になりましたでしょうか?

もう探し出してるかもしれませんが、谷崎関係の
論文本を紹介します。(すこしですが・・。)

「谷崎潤一郎論ー伏流する物語」/永栄啓伸著
双文社出版/1992

「谷崎潤一郎ー母性への視点」/永栄啓伸著
有精堂/1988

「谷崎潤一郎」/秦恒平著/筑摩書房/1989

論文を探す方法には、データベースを使う方法と、
目録・年鑑・雑誌を使う方法があります。

まず、データベースですが、NACSIS Webcat
というオンライン上のサービスで目録を検索できます。
URLは http...続きを読む

Q岡本かの子の作品?

以前読んだ短編で鑑賞用の鯉を育てる青年の話を読んだのですが、何という本に入っているかわかりません。
確か「長年夢見た理想の鯉をどうしても完成せず諦めてしまったとたん、偶然にその鯉ができてしまう」といった話で岡本かの子の「鯉」という作品だったと思います。もう一度読みたいのでどの本に入っているか教えて
いただけないでしょうか?全集にしか入っていないのであれば何巻かわかるとうれしいです。

Aベストアンサー

お探しのお話が鯉の話だったのであれば違うと思いますが…。
金魚の話であれば、あらすじが全く同じ話を知っています。
「金魚繚乱」という小説です。
恋しい女性のイメージに似た新しい金魚をつくり出そうとするが、思うようにいかず、失敗した金魚を投げ捨てたところ、数年後理想の金魚となって泳いでいた…というような話です。
ちくま文庫の「岡本かの子全集4」に入っています。

岡本かの子の「鯉魚」という小説もありますが、こちらは読んでいないので分かりません。ご参考までに。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報