ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

避妊手術は基本的にした方がいいのでしょうか?避妊手術をしなかったことでかかる病気が子宮蓄膿症を始め多々あるのは知っているのですが、逆に手術をしたことで現れるアレルギー等の問題もありますよね。中には避妊手術をして子宮を縛っていた糸がとれ化膿性肉芽腫という病気にかかったという実例を耳にしたこともあります。現在、避妊手術を考えているのですが(ミニチュアダックス)このような意見をみていると、果たしてどちらが良い選択なのか迷ってしまいます。ご意見、聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

私は避妊手術はしたほうがいい派です。



長年、愛犬家をしていますが、私の周りで避妊手術をしていなかったメスで子宮蓄膿症や乳腺腫瘍を発症した子の多いこと多いこと。
避妊手術でのトラブル等に比較しても、手術しない子の発病のほうが圧倒的に多いかと思います。
歳を取り、子宮蓄膿症などになって体力も低下しているところでの全身麻酔・・・考えただけでも恐ろしいです。
ましてや小型犬となれば、年齢とともに心臓病のリスクも高まります。
私の知人の愛犬は、7歳になって子宮蓄膿症を発症し、弱り切ったところで心臓も悪かったため手術ができませんでした。
そのような状況になった話もよく聞いていたので、若くて元気で、一度も生理を迎えないうちに避妊手術をする!というのが我が家のモットーとなっています。

No.3の方の愛犬も、手術なしで結局乳腺腫瘍になってしまっているんですよね?
乳腺腫瘍だって、生理を一度も迎えずに避妊手術していれば防げる病気です。
元気なうちに子宮摘出する手術より、病魔に侵されてからの手術は、愛犬にとっても辛いものだと思います。

そして、発情期のストレスは寿命を縮めるとさえいいます。
人間だって生理中は嫌な気分です。
犬だって、それはそれはストレスを感じるし、疑似妊娠などしてぬいぐるみを子供に見立てて大事にし、周囲に気が立つなど・・・本当に子供を産むわけでもないのにそんな思いをさせるのはとても不憫です。
私は初めて飼った犬がオスだったので去勢をしないでいたら、発情期は見ていられないほど可哀想でした。
夜も眠れないほど興奮してヒーヒー鳴き、室内をひたすらウロウロし、こんなにストレスがかかるなら何故手術してあげなかったんだろうと後悔し、すぐに去勢手術しました。
その子は結局6歳で心臓病を発症し、以後は心臓のケアをしながら10歳で寿命を全うするまで手術などできる状態ではなかったので、結果的にあのとき去勢しておいて良かったと心底思ったものです。

避妊のリスクと将来の病気のリスクなら、後者の方がずっと大きいと私は考えます。
ぜひご検討されてください。
    • good
    • 37
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
手術を本当にしていいものか?そう質問しておいてこういうのも何ですが、正直、私も全く同意見です。
手術をしなかった先代犬の子のことを思うと絶対に手術せねば!そう思い、(少々、誤解されている方もいるようですが…思いも寄らない方面からの指摘に傷つきました)色々と調べた結果、同時に手術したことで起きる色々な問題のことを知り、ついにどちらがいいものか皆様の意見を聞かせていただいた次第です。

お礼日時:2012/05/24 11:52

避妊手術はあくまで任意のものではありますが、将来子宮蓄膿症や乳腺癌といった疾患になるリスクを下げられるという点では十分に価値があるものだと思います。

避妊手術に対して迷われている理由として、アレルギーや化膿性肉芽腫を挙げられていますが、まず避妊手術をすることとアレルギーの関連性があるといった学術的な報告は個人的には無かったかと思います。また、化膿性肉芽腫という言葉は存在しません。おそらくダックスフントで見られる縫合糸反応性肉芽腫のことであろうと思いますが、ミニチュア・ダックスフントなど一部の犬種では体質的な問題(免疫の異常)でごくまれに手術に用いた縫合糸に過剰に反応して腫瘤を形成してしまうことがあると言われています(肉芽腫)。しかしこれはかなり稀なケースです。施設によっては縫合糸を使わない方法で手術を行うこともできますので、ご希望の場合は動物病院の獣医師に問い合わせてみてください。避妊手術は比較的日常的に多く行われているものではありますが、全身麻酔下で行う手術ですので、あくまで飼い主様がしっかりと納得、合意の上で行われるべきものですので、手術を行う獣医師とよくご相談してくださいね。
    • good
    • 8

専門家紹介

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する獣医師が回答。
※教えて!goo内での回答は終了致しました。
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

避妊去勢手術は、非常に難しいテーマですよね。


犬と言葉が通じればいいのになぁ、と思います。

>本当にするべきなのでしょうか?
結論から言うと、「避妊去勢手術をするかしないかは飼い主(一般的な)の責任なので、手術をした場合も、手術をしない場合も、どちらの場合も飼い主(一般的な)が『責任が取ることができる』のであれば、どちらを選択してもいいし、強制されるべきものではない」
と、私は考えています。
手術をするかしないか、どちらもメリットがあり、またデメリット(リスク)があると思っています。

犬にとってどちらが良いのだろうか、と私も非常に悩みましたが、
「今は手術はしない」という選択をしています。

・獣医師さんの「麻酔から帰ってこれない子もいるからよく考えて」と。

・ネットや本を拝読し、「健康な体にわざわざ傷をつけない」ということ。
(どこで読んだかは覚えてないです。こちらの過去の回答だったかな?)

・過去の犬達(オスですが)は去勢手術をしなかったが、それによるデメリットは全くなかった。

・それから(これはあまり書きたくないのですが…書いている今も悩みますが…)、
人で病気で同様な手術を受けた場合、ホルモンバランス等が崩れ、
大変な状況を見ると、、、
犬も人も同じ動物なので、、、(専門的には分かりませんが)
将来かかるか分からない病気等の為に、「今、健康な体」に
わざわざメスを入れるというのはどうかと感じました。

また、ペットブームなので、ショップや動物病院なども乱立していますし、
人間の健康保険のようなものもなく、
疑わしき目で見ることも必要かもしれないなと。

例えば、昔は〇〇ワクチンなんてなかったんですが、
要は、お金儲けのために〇〇もあるらしいとか。

ちょっとそれました。

ご自分の中で、手術をするかしないか決めたなら、その決心にぶれないことも
大事だと思います。

私が選択して差し上げてよろしければ、、、私だったら手術はしません。

(ちなみに今はオスメス室内犬を飼っています。)
    • good
    • 60
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
本当に難しい問題だと思います。
私も知人の友達の方が子宮を摘出した後、体調が崩れ大変な状況になっているということを聞いたことがあり、人間とは構造が違うけれど、おっしゃられる通り、同じ生き物なのでそんなに違いはないのでは?とも考えました。しかし今は若くて健康な体ですが、年をとった時に病気になり手術が必要と言われた場合、しかもその手術が若く健康でダメージが少ない頃にしておけば済んだものだった場合…果たして手術をしない選択をしたことを後悔せずにいられるのかと考えると、そこから先の決断に進めません。勿論、必ず病気になるとは限りませんが、ならないとも限りません。ちなみに獣医の解答は雌で避妊手術してない結果、子宮系統の病気にかかる確率は70~80%と言われました。しかし獣医によっても本当に様々ですよね。例えば薬ですぐに治す獣医もいれば食べ物で治療しようという獣医もいるし。。本当に犬と言葉を交わせたらなぁ……。

お礼日時:2012/05/24 10:36

私は避妊去勢手術は飼い主の責任だと考えています。


病気でもない身体にメスを入れることへの躊躇は理解できますし、手術自体のリスクもあります。
しかし他の方々が仰っているように病気の予防やストレスの軽減など手術することのメリットはとても大きいと思います。
万が一の脱走や有事の際、望まない妊娠をすることもあります。
全ての命に責任が持てるのであればいいのですが、意図せず産まれたからといって処分するのは無責任です。
不幸な命を増やさない為にも必要なことかと思います。

愛犬の為に情報が偏らないよう多方面から知識をつけて、良くお考えの上ご決断下さい。
    • good
    • 33
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
多方面からの情報を見すぎて、頭の中がややフラフラですが、どうにか良い決断にたどり着けるよう頑張ります。

お礼日時:2012/05/24 10:41

penpenmalさんは、ひとつ抜け落ちてませんか?



避妊しない場合は、毎年二回、犬に精神的苦痛を強いることになるということが。
以前飼っていた犬に、かわいそうなことをしているとは思いませんでした?
    • good
    • 57
この回答へのお礼

hime14さんは、よくこういったご回答の仕方をなさるんでしょうか?ひとつ、抜け落ちていないでしょうか。軽率な言葉は自分で思っている以上に人を傷付けるということを。先代犬のことを後悔するあまり、同じ過ちを二度とおかさないためにした質問でしたが、深く傷つきました。

お礼日時:2012/05/24 12:13

避妊手術に関しては、獣医師の中でも、両意見あるようですよ。



ダックスという犬種ですので、他の犬種とは危険度も変わると思います。

ダックスは、アレルギーを持っている子が多い犬種のひとつです。
よく耳にするのが、狂犬病予防ワクチン、混合ワクチン、フィラリア予防薬で、アナフィラキシーショックを起こすと言う話です。食物アレルギーを持っている子も多いですね。

ただ、避妊手術でなく、別の場合でも、手術前に獣医師は、血液検査をします。その時に、使う薬に対してのアレルギーがあるかなども調べるのが、普通です。ダックスだけでなく、どの犬種でも。

それと、耳にした化膿性肉芽腫ですが、糸アレルギーと言われたりもしますが、手術の糸によって起こるアレルギーの病気ではないんですよ。腫という文字でもお分かりのように、癌です。ダックスと言う犬種では、かかりやすい病気の一つと言われています。
もし、両親犬、祖父母犬など、血統を遡る事が出来るのだったら、アレルギーがあるか、腫瘍で亡くなった犬はいないか聞いてみるのもよいと思います。

それと、最後は、飼い主の判断です。

手術をした時の予防率と、手術の危険性、費用。
手術をしない時の発病率と、発病した場合の手術の危険性、費用。

そう言った事を、かかりつけの病院や、近所の病院など、数軒に問い合わせて見て、じっくりと検討した方が良いと思います。

うちのダックスは、腫瘍で亡くなっています。
    • good
    • 17
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
アレルギーって色々あるんですね。
どうやらうちの子はワクチンや食べ物に対するアレルギーはないようですが手術によってそういった体質も変わってしまうんでしょうか……。ダックスのかかりやすい病気の筆頭としてヘルニアや外耳炎はよく目にしたことがあるのですが、アレルギーをよく持っている犬種というのは初めて知りました。病気のことを調べ始めると本当に切りがなく、しまいには何が最も良い選択なのか分からなくなってきます。

お礼日時:2012/05/24 11:03

ANo.3です。



ANo.4様へ ですね。失礼しました。
>No.3の方の愛犬も、手術なしで結局乳腺腫瘍になってしまっているんですよね?
    • good
    • 56

ANo.3です。




ANo.2様へ
>No.3の方の愛犬も、手術なしで結局乳腺腫瘍になってしまっているんですよね?

ここで間違ってはいけないことは「避妊手術をしなかったから乳腺腫瘍になった」わけではないということです。

うちの犬だけで言うと2匹中1匹なので50%の確率となりますが、実家でメス1匹、叔母の家でメス2匹居ますがいずれも乳腺腫瘍にも子宮の病気にもなっていません。
実家の向かいのメスは子宮の病気になって摘出しました。裏のメスは病気になっていません。

私は犬の訓練に通っていますが一緒に訓練を受けている犬のうちメスは6匹。うちが2匹なので合計8匹。
そのうち避妊しているのは2匹。
8匹中、6匹は避妊していませんが、乳腺腫瘍になったのはうちの1匹だけです。

ただし、他の病気で手術してる子はいますよ。
尻尾の骨肉腫で断尾した子や、胃捻転で開腹手術をした子はいます。

いま例に出した子だけでも避妊していない犬11匹中、関係する病気になったのは2匹ということですね。

避妊をすると病気は防げるのは確かですが、しないから病気になるというものではありません。
病気を防ぐために手術をするか、できるだけ手術はしたくないという選択をするかは飼い主次第ですよ。
    • good
    • 17
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「手術をしていないことで病気になったわけではない」とのことに関して、私も同じことを獣医に尋ねた所、こう返って来ました。
病気が必ず出るわけではないが、後に病気を出す可能性の高いものを極力、減らすことで病気を回避しようーと。子宮関連の病気が出るのはシニア入りしてからが最も多いので、その時にかかるダメージが主な理由でした。「病気にならない子もいるんですよね?」と尋ねたらそれはひとつの運だと考えて下さいとのこと。つまり、病気にならなかったーそれは幸運ですよね、とはいえても病気にかかった子はそれは残念でしたねーではすみません。そういった運に任せて手術をする、しないかを決めていいものか、統計的に可能性が高いと出ているものを予防するために健康な体にあえてメスを入れるのか。どのみち病気になれば手術することになるかもしれません。その時に最も願うのは、やはり愛犬へ負担がかからないこと。老体か若い体か、ダメージが少ないのは?今のところ私の頭の中にはそんな方程式が出来上がっております。。

お礼日時:2012/05/24 11:35

うちには2匹のダックス♀がいますが、1匹は避妊して、1匹はしていません。


片方だけしている理由は乳腺腫瘍ができてしまい腫瘍の除去手術のときに避妊手術も一緒にしました。

もう1匹が避妊をしていないのは手術をしなくて済むのであればできるだけしたくないと思ったからです。

妊娠の心配をされる方も多々おられますが、ヒート中は自宅の庭でも放し飼いをしない、ドッグランに行かない、犬が多く集まるところは行かない、散歩中にノーリードの犬が近づいてきたら抱き上げる、オスを一緒に飼わないなど、しっかり管理ができるのであれば大丈夫です。

もちろん手術をしないことで子宮の病気をする可能性はありますがしない可能性もあります。
それにダックスは避妊をすると毛質が変わります。
どのような毛質になるのか文章では説明しにくいのでドッグランなどに見にいかれるといいかと思います。
体重に関しては避妊してもしていなくても太るとヘルニアになりやすい犬種なので体重管理をしないといけないのは一緒かと思います。

病気の可能性を考えると避妊をするかしないかどちらが「良い」とは言えませんが、個人的には手術をしなくて済むならそれに越したことはないかと思います。
    • good
    • 20
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
果たして手術をしないですんでよかったのかが分かるのが、十数年後のことでないと助かるのですが。

お礼日時:2012/05/24 11:59

私は、避妊手術は行ったほうがいいと思います。



避妊手術にも色々なやり方があるはずですが、後で卵巣が再生してヒートが起こり妊娠する可能性がある卵巣のみの摘出や、子宮を縛って妊娠できなくする避妊手術ではなく、
子宮と卵巣の両方を一気に摘出するタイプの避妊手術
の方がいいかと。

確かに、
手術時の全身麻酔のリスク
や、
手術後にホルモンバランスの関係から太りやすくなる
というリスクもありますが、
ダックスならば、よほど体重が軽い場合を除き、麻酔のリスクはパグやペキニーズなどの短鼻種の犬のように高いわけありませんし、
体重も飼い主さんがきちんと管理していれば、肥満になる事も少ないはずですから。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
避妊手術といっても色々なやり方があるんですね。参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2012/05/24 12:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメス犬の避妊手術 するべき?

本当に迷いに迷って決断できずにここへ相談へ参りました。最近は、子供をとるつもりがないのなら、メス犬は避妊手術をするのがよりよい判断的な事があちらこちらで言われています。私も今のわんこから子供をとるつもりがないので、初めは獣医さんの勧めに従って早めに避妊手術を済ますつもりでおりましたが、周囲に手術反対派が多い為迷いに迷っています。特にワンコ好きの義母の干渉がしつこく、室内で飼ってるんだから必要ない、痛い思いをさせるのは可哀想、と言ってきます。実際ヒート中どの程度ソファなど家具や衣服がわんこの血で汚れるか、見た事もないのに「うちで飼ってた柴犬はそんなに血はでなかった」といい(義母は日中は基本外飼いで、夜になると室内に入れる、という飼い方をされてたので血を見る事が少なかったのは当たり前なのですが、飼い方の相違が理解できないようです)おむつをはかせる事にもいちゃもんをつけてきます。室内飼いで8.5kgのマメタイプの黒柴.メス1歳2ヶ月で、先週2度目のヒートがきました。頭を撫でるのは勿論、体を触られる事が好きではない子なので、服は勿論マナーパンツも嫌がり、正直ヒート中は血の始末が大変です。おむつをつけると嫌がって暴れる、という訳ではなく、おしりの違和感でテンションがだだ下がり(耳も左右に開いてぺちゃんこになります)しばらくみじろぎもせず、そのうち体中を緊張させたような感じで寝てしまいます。わんこにとっては大変なストレスかもしれませんが、少しずつマナーパンツに慣らせて血の始末が楽になるなら避妊手術もしなくてもいいのかな?とも思ったり、使わない子宮を体内に留めておくせいで病気の発症のリスクがあがる、とも聞いているのでやはり手術をした方がいい、と思ったり。みなさんはメス犬、速やかに避妊手術されてますか?されていない方は、ヒート中の血の対策どうなさっていますか?多くの方に意見が聞けると嬉しいです。よろしくお願い致します。

本当に迷いに迷って決断できずにここへ相談へ参りました。最近は、子供をとるつもりがないのなら、メス犬は避妊手術をするのがよりよい判断的な事があちらこちらで言われています。私も今のわんこから子供をとるつもりがないので、初めは獣医さんの勧めに従って早めに避妊手術を済ますつもりでおりましたが、周囲に手術反対派が多い為迷いに迷っています。特にワンコ好きの義母の干渉がしつこく、室内で飼ってるんだから必要ない、痛い思いをさせるのは可哀想、と言ってきます。実際ヒート中どの程度ソファなど家...続きを読む

Aベストアンサー

元動物看護師です。

子宮蓄膿症や乳腺腫瘍は早期に避妊手術をすればほぼ確実に予防することができる病気です。
ですから動物の健康を守るのが役目である獣医さんが勧めるのは当然のことかもしれませんね。
ただ、多くの方が健康な身体にメスをいれることに抵抗があるのも事実ですし、病気を予防するために手術をしたのに麻酔の事故で亡くなってしまった子がいるのも事実ですから…正しい答えというのは難しいですよね。

私個人の考えとしては、避妊・去勢手術には賛成です。
子宮蓄膿症は珍しい病気ではありませんし、発症してつらそうにしている子や、破裂寸前の子宮を何度も見てきたので、この病気の怖さもよく知っています。
乳腺腫瘍に関しても、再発しやすく、何度も手術を繰り返していた子を見てきましたし、術後の傷跡は本当に痛々しいものでした。こういったことを考えると、自分の子にはあんな思いをさせたくないと思ってしまいます。

難しい問題ですが、その子の為にも頑張って決断なさってください。

Q成長はいつまで続きますか?

あと10日で生後5ヶ月の子犬がいますが子犬って何ヶ月まで体高は成長しますか?

体重は生後何ヶ月~何ヶ月が1番増える時期なのでしょうか?

Aベストアンサー

1~3ヶ月が幼児期。
4~6ヶ月が少年少女期。
7~9ヶ月が思春期。
10ヶ月で成犬。

人間の場合、思春期に身長が伸びます。
が、犬お場合は、少年少女期が一番伸びます。
6ヶ月目で成長曲線がなだらか傾向を見せます。
7~9ヶ月目で成長曲線はほぼ10度から0度に。
小型犬はこの頃に成長がストップし大型犬は1歳過ぎまでに一回り大きくなります。

私は、毎日、壁に体重の変化の推移グラフを張って最終を予測しました。
まあ、これも楽しいものですよ。

Qメス犬、避妊手術をしても生理は一生つづくのですか?

メス犬は避妊手術をしても生理がくるのですか?それも年老いてもつづくのですか?
子宮までとってしまったら生理はきませんよね?通常の手術ではどうされてるのでしょう。
年に2回数週間続くのですよね。
あまりおむつをしている犬をみかけませんがメス犬をかわれてる方はどうされてるのですか?
参考に教えてください。

Aベストアンサー

避妊手術においては、先生によってやり方が違うみたいです。今は、一般的において「子宮・卵巣摘出術」
のやり方を取られている先生が大半だと思いますが。

しかし中には卵巣だけを取り出して子宮は、残したまま、とか、其の両方を残し、卵管を括る等して、着床阻止と言う形を取られている方もいる様ですし。

”両方を残し、着床だけ阻止”は、その場合だとやはり生理は来るようです。でも其のやり方は、残された子宮と卵巣に可也の負担を掛ける事になるみたいで、後々やはり疾患に見舞われる可能性が高いようです。

ですから、避妊を考えられるなら、全摘出をやっておられる先生の方が良いかと思います。因みに家も子宮全摘出と言う形でされました。

多分、オムツされていない個体が多いというのは、既に全摘出で取られているか、外飼いされている方が大半かと思います。外飼いだったら、生理でも汚れないし、避妊手術の方法も全摘出なら、生理は、当然来ない。

だから「避妊手術をしても、生理は続くのか?」と言うスレに対しては、獣医師が取っているやり方によっては、それもある、と言う事です。妊娠させない、させたくないとお考えならば、私は、全摘出をして貰う事をお願いした方が、良いと思いますね。

避妊手術においては、先生によってやり方が違うみたいです。今は、一般的において「子宮・卵巣摘出術」
のやり方を取られている先生が大半だと思いますが。

しかし中には卵巣だけを取り出して子宮は、残したまま、とか、其の両方を残し、卵管を括る等して、着床阻止と言う形を取られている方もいる様ですし。

”両方を残し、着床だけ阻止”は、その場合だとやはり生理は来るようです。でも其のやり方は、残された子宮と卵巣に可也の負担を掛ける事になるみたいで、後々やはり疾患に見舞われる可能性が高いよ...続きを読む

Q犬の生理の出血の期間は・・

もうふぐ7ヶ月のメスの柴をかっています生理になりはじめ2週間がたちましたがまだ出血があります最初の4.5日は本当に数的でしたが段々量がふえてきて今は大分少なくなってきました本でみると10日くらいとあるのですがいつまで続くのでしょうか?陰部の腫れは終わると元に戻りますか?このごろ散歩にいくとかなり離れた場所にいるオスにとても興味を示して全くその場から動かないでいます。あと1番したの4歳の娘の足にしがみついて何度も腰をふります。この状態はいつぐらいになったらおさまるでしょうか?

Aベストアンサー

犬の種類にもよりますが、柴くらいの大きさの子では、1週間から2週間、長い子だと3週間くらいは発情出血が見られます。最初の1週間は、メスが妊娠可能な時期ではないので、オスを避けますが、出血の色が薄めになってきたころ、(1週間から2週間)の時期が妊娠しやすい時期なので、オスにもそれをアピールするようになります。オスの方も、生理になっているメスのおしっこの匂いとかおしりの匂いで発情しますので、お散歩の時は十分に注意して下さい。オスはメスの発情のせいで一晩中鳴いて寝れない子もいるくらいです。だいたい1ヶ月くらいはちょっといつもと様子が違うと思いますが、食欲や元気があるようなら、そのままでも良いと思います。
 陰部の腫れは、生理が終わってしばらくすると元に戻ります。その間に、本人(犬)が舐めてしまうと、赤くなってしまうこともありますが。気にしなくても大丈夫だと思います。
 また、生理の時期は、子宮の入り口が開いているので、感染を起こしやすくなります。おしっこの回数が増えることも見られますが、あまりにも頻繁だったり、血尿になっていたら、病院へ行って、膀胱炎になってないかどうか診てもらうことも必要ですね。
 その他、なにか気になることがあれば病院へ行って見てもらって下さい。

犬の種類にもよりますが、柴くらいの大きさの子では、1週間から2週間、長い子だと3週間くらいは発情出血が見られます。最初の1週間は、メスが妊娠可能な時期ではないので、オスを避けますが、出血の色が薄めになってきたころ、(1週間から2週間)の時期が妊娠しやすい時期なので、オスにもそれをアピールするようになります。オスの方も、生理になっているメスのおしっこの匂いとかおしりの匂いで発情しますので、お散歩の時は十分に注意して下さい。オスはメスの発情のせいで一晩中鳴いて寝れない子もいる...続きを読む

Q避妊手術をさせるのですが、心配で心配で…

こちらで度々お世話になっております。

わが家の生後6ヶ月半の室内飼い♀犬を、2週間後に避妊手術をすることになりました。
(現在ヒートは今のところまだです。生後約7ヶ月での手術になります)

お散歩でお目にかかった犬の飼い主さん方に、手術についてお話しをお聞きしたり、
かかり付けの動物病院のお医者様にもご相談をして、手術について詳細をお聞きして、
主人とも随分話し合った結果、手術を決意しました。

執刀を頼む先生は、たいへん評判も高く、事実とても丁寧で真摯なお医者様です。
また私の犬も、先生にはよく懐いています。
なので、信頼しておりますので手術自体に不安は無いです。
ただそれでも。
小さな犬の体に、全身麻酔で手術という事実に対して、
痛いことをさせる上、病院へ預けて不安がるだろうと思うと、可哀想で心配で。


そこでお聞きしたいのです。
♀犬の避妊手術を経験された方にお尋ね致します。

(1)避妊手術後、その病院では犬の様子を見て、先生のご判断により
 日帰りになるか、1泊になるか、です。
 (いずれにしても、飼い主の希望が有れば聞いて頂けます)
 連れて戻る方を選ばれたのか、あるいは病院泊を選ばれたのか。
 その理由と、その判断の良し悪しを。

(2)術後の看病は、術後4日間は仕事を休み、まるまる犬に付き添いますが、
 5日目には出勤になりますので、同じ町内に住む義理の両親に
 様子を見て貰うよう頼んで有ります(日ごろから犬の面倒は頻繁に見てくれています)。
 このような準備で大丈夫でしょうか。
 また、何か有った方がよいと思われたモノなど、お聞かせ頂きたく。

(3)術後のみなさまのお宅のワンちゃん達の、術後数日間の経過は
 どのような具合だったのか。
 例えば傷の回復の様子ですとか、
 あるいは排便の様子や、食欲がどうだったか、など。
 ネットでは粗相をするようになったとか、おとなしくなったとか見ました。
 目に見えて『術前・術後』の違いなど、何かありましたでしょうか。

(4)術後に気をつけられたことや、注意すべき点などありますでしょうか。
 
(5)その他、避妊手術をされた前後の経験談を、広くお聞かせ頂けましたら幸いです。

病院と言えば眼科くらいしか主人も私も行かないので、
ましてや手術、ましてやこんな小さな体で…と思うと、とにかく心配で心配でなりません。

実家で長年暮らした犬達は、避妊手術をせずに、一生幸いにも子宮関係の病気知らずに
天寿をまっとうしましたので、♀犬の施術については、飼い主として初体験です。
何事もお医者様にお聞きして、ご指示通りにとは勿論思っておりますが、
ご経験なさった方の、手術のご感想やアドバイスなど頂けましたらと思いまして。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

こちらで度々お世話になっております。

わが家の生後6ヶ月半の室内飼い♀犬を、2週間後に避妊手術をすることになりました。
(現在ヒートは今のところまだです。生後約7ヶ月での手術になります)

お散歩でお目にかかった犬の飼い主さん方に、手術についてお話しをお聞きしたり、
かかり付けの動物病院のお医者様にもご相談をして、手術について詳細をお聞きして、
主人とも随分話し合った結果、手術を決意しました。

執刀を頼む先生は、たいへん評判も高く、事実とても丁寧で真摯なお医者様です。
また私の犬...続きを読む

Aベストアンサー

no4です。

投稿してから、ちょっと心配させるようなことを書いてしまったかな・・と。
すみません。
たいていの子は手術後も特に変りないようですよ。
うちの犬も病院はちょっと苦手になってしまいましたが、
ペットホテルは平気ですし、毎日とても元気で過ごしています。
それから、術後しばらく食欲が落ちて、体重が少し落ちましたが、
またもとに戻りました。
あまり心配すると、それがそのままワンちゃんに伝わり、
かえって不安にさせてしまいますよね。
手術の日もその後もいつも通りに接するのが一番良いと思います。
手術の後、それまで以上に愛おしく感じるようになると思いますよ。

Q子犬ですが、ケージの外に出すと、トイレを失敗してしまいます

我が家に来て二週間、生後二ヶ月の子犬です
最初の10日間位、ずっとケージにいれてトイレを教えましたので、
ケージの中だと、ほぼトイレシートの上で、トイレをするように覚えたのですが、
ケージの扉を開けて、自由に出入りできるようにしたら、ケージの外でトイレをしてしまうんです・・・
ケージ内のトイレマットに戻ってするときもあるのですが、ケージ外にいる時は、だいだい戻らずその辺でしてしまいます

どうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。我が家にも生後4ヶ月の子犬がいます。
私も子犬を迎えて2週間目くらいの時はケージ外のトイレについて悩んでいました。
我が家の子犬も来た時からケージ内にいる時のトイレは完璧でしたが
外に出すとあちこちにするんですよね。。。
ティッシュと消臭スプレーが手放せませんでした><
犬は寝床から離れた所でトイレをするのが習性なので
ケージから外に出すとどこでもトイレ!って状態らしいです。
まずは外に出して遊んでいる時は目を離さない事。
基本ケージの外に出してる時間を15分~30分の間にして下さい。
(↑トイレをする間隔で時間は調節してください。)
遊んでいてトイレをしたくなると床をクンクンと臭いますよね?
その行為をしだすと一度ケージに入れます。
そしてケージに戻してトイレが出来たらオーバーなくらいに褒めて
フードを1粒与えたり、外に出してあげたりします。
子犬の頃はトイレの回数も多いので覚えてくれやすいと思いますよ。
トイレトレーニングは失敗させない事が大切らしいです。
成功を繰り返して犬に自信をつけさせてあげると良いみたいなので
サークルの外に出している時は目を離さないで子犬のトイレの前兆行動を見逃さないように頑張って下さい。
我が家の子犬はこの方法で大体1ヶ月くらいで8割の確率でケージの中のトイレに戻ってするようになりました。
質問者さんのところはまだ2ヶ月の子犬なので焦らず教えてあげてください。赤ちゃんですから失敗は当たり前ですよ^^
これはケージの中に戻ってトイレをさせる場合になりますが、
宜しければ参考にして下さい。

こんにちは。我が家にも生後4ヶ月の子犬がいます。
私も子犬を迎えて2週間目くらいの時はケージ外のトイレについて悩んでいました。
我が家の子犬も来た時からケージ内にいる時のトイレは完璧でしたが
外に出すとあちこちにするんですよね。。。
ティッシュと消臭スプレーが手放せませんでした><
犬は寝床から離れた所でトイレをするのが習性なので
ケージから外に出すとどこでもトイレ!って状態らしいです。
まずは外に出して遊んでいる時は目を離さない事。
基本ケージの外に出してる時間を15分~30...続きを読む

Q犬の避妊手術後、傷開いてます

犬の避妊手術後、傷開いてます
10/4(月)に7ヶ月のトイプードルに避妊手術をさせました。
術後、傷口を舐めないようにするような物は勧められませんでした。
「舐めちゃうと思うんですが大丈夫でしょうか?」と聞くと、
「大丈夫だそんなのほっとけばいい」とおっしゃったので、動物は傷口を舐めて治すと聞くし大丈夫なんだろうと判断しました。
翌朝、見ると2針縫ってもらったうちの一針の糸が取れていて傷口がパックリ。内臓(どの器官かは分かりませんが)らしきものも開いている傷口から見える状態でした。傷口の大きさは2cm弱。
すぐに病院に電話して状況を伝えると、
「そんなの大丈夫だからほっとけばいい、糸が取れたってどうってことはない。とりあえず傷口を見せに来て。あと化膿止めの薬も渡すから」
と言われました。なので犬を病院に連れて行き、先生に診てもらうと、
「あぁ、大丈夫」とのこと。
「でも傷口から内臓も見えてるんですが・・・」と言うと、
「私はずっとこれでやってきてますから。大丈夫です。」と言われました。

ちょっと癖のある先生ですが、腕はいいという評判で何より良心的な病院です。
些細な診察では診察料を取りません。フィラリアのお薬も「これを飲ませればいい」と言って、お金を取らない先生です。今回の避妊手術も、とりあえずまだいいからと言って支払っていません。
ただ、他の病院に浮気をすると、今後一切見てもらえなくなります。
俺にも患者を選ぶ権利があるとおっしゃる先生で、そこは徹底しています。

私自身生活にゆとりがないのですがどうしても犬が欲しくて背伸びをして買いました。
なのでそこの動物病院はとてもありがたいし、今後もそこでお世話になりたいと思っているのです。
でも、手術をして5日たちますが、相変わらず傷口はパックリ開いたまま。糸が取れていない一針分は傷口がふさがってきている感じです。先生からもらった化膿止めのお薬は明日で最後です。明後日の月曜日は祭日なので火曜日にまた見せに行くつもりですが、
傷口って開いたままでも大丈夫なのでしょうか?
開いた傷口から内臓の方には影響は出ないのでしょうか??
自然治癒力で手術の傷口ってふさがるものなのでしょうか???

相変わらず変化のない開いている傷口を見るたびに不安になります。
分かる方どうぞ教えてください。

犬の避妊手術後、傷開いてます
10/4(月)に7ヶ月のトイプードルに避妊手術をさせました。
術後、傷口を舐めないようにするような物は勧められませんでした。
「舐めちゃうと思うんですが大丈夫でしょうか?」と聞くと、
「大丈夫だそんなのほっとけばいい」とおっしゃったので、動物は傷口を舐めて治すと聞くし大丈夫なんだろうと判断しました。
翌朝、見ると2針縫ってもらったうちの一針の糸が取れていて傷口がパックリ。内臓(どの器官かは分かりませんが)らしきものも開いている傷口から見える状態でした。...続きを読む

Aベストアンサー

(^^)お礼文ありがとうございました。再度の回答です。

なるほど・・・ワタシのすんでいる東京の病院では、まったく考えられないことなのでビックリですが。地域によっては、それがフツウもありうるのですね。

(゜o゜) ひたすら おったまげた・・・というか、再認識ですが。

うちの主治医は、最近老眼ぎみなので万が一ミスしたら申しわけないからと犬の避妊手術は近頃は、辞退して他病院に任せるようにしているという完全主義。

ある意味では繊細な先生なので・・・対極かもしれませんね(笑)
(ちなみに、うちの主治医も、けっこう変人系デス)

ほとんどの病院では術後はエリザベスカラーをつけさせるのが一般的と思います。

主治医は、ときどき現役で手術していたときの経験談を話してくれます。、エリザベスカラーをストレスに感じるワンコもいるので、やはりつけない方針だったそうでした。ストレスの軽減のため入院もさせなかったそうです。でも、かわりにお腹を保護するサポーターのようになる、特殊なネットのような伸びる包帯のようなものを使っていたそうです。
そういう医療用具があるのです。もう使わないけどと、これは便利なんだよっと、ワタシに見せてくれました。ワンコはやはり舐めたりかじったり・・・起用に後ろ足で掻いたり・・・個体によっていろいろだからねって。

うちのワンコもやもえず、他病院での手術でしたのでエリザベスカラーのお世話になりました。手術の説明を受けましたが、身体の中にそのまま溶けて消えてしまうタイプの特殊な糸と、あとで抜糸をする必要のある糸との2種類を使っておこなったそうです。
だからでしょうか?最近の手術アトは、縫ったアトがあとかたもなく消えてなくなるほどキレイです。

トイプーちゃんの内臓が見えてる・・・でも大丈夫・・・ですかぁ・・・ワタシには考えられませんが。そういう判断もこの世にあったのですね。
でもワンコが糸をかじって解いてしまった犬の死亡例の話はエリザベスカラーの説明に、たいていつきものです。たしかに万人が、安心する先生とは違うようですね。

地元で名医と評判が高いとのことなのでしたらば・・・経験値で、きっと大丈夫なのじゃないですか。獣医と愛犬家も相性があると思いますが、そういうタイプの先生にはトコトンついていくか、ゆかぬかハンパは許されない、覚悟が必要ですね。

地域性を存知えなかったものですから、こちらの常識で語ってしまい失礼しました。また東京の多摩には実際に動物にデタラメな手術をして、たくさんの動物を切り刻んで殺した悪質な獣医も実在して、裁判で有罪になり実名報道でニュースになりました。動物の医療過誤や殺傷被害はなかなか一般のニュースに出にくく、何も知らない飼い主が次から次へと、当該病院を訪れてしまい被害が拡大し続けてしまったケースがありましたの。

てっきり、またかとカンチガイしてしまいました。

<(_ _)>かさねてお詫びいたします。

(^^)お礼文ありがとうございました。再度の回答です。

なるほど・・・ワタシのすんでいる東京の病院では、まったく考えられないことなのでビックリですが。地域によっては、それがフツウもありうるのですね。

(゜o゜) ひたすら おったまげた・・・というか、再認識ですが。

うちの主治医は、最近老眼ぎみなので万が一ミスしたら申しわけないからと犬の避妊手術は近頃は、辞退して他病院に任せるようにしているという完全主義。

ある意味では繊細な先生なので・・・対極かもしれませんね(笑)
(ちなみに、...続きを読む

Q室内犬のヒート中、みなさんはどうしていますか?

10ヶ月のトイプードルです。
はじめて生理になりました。量はそれほどでもありませんが、一応パットをあててパンツをはかせています。
この場合、おしっこをするときはみなさんどうしているのでしょうか?タイミングをみてパンツを脱がせて…とも思ってやっているのですが、うまくいかず、パンツの中で…という状態です。
失敗した後にパンツを脱がせていると、やはり少し床やラグマットなどについてしまいます。
女の子を飼うのが初めてなので、こういう場合にはみなさんどういう風にしていらっしゃるか教えていただけますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

うちのこにはヒト用の紙おむつをはかせてます。
市販の犬用生理パッドは、どうしてもなめようとするので、ずれてしまうし、値段も高いです。

しっぽのところは▼に穴を開けて(吸収剤がここから漏れますから、テープで端面をフタします)
腰がどうしても合わないときはテープで留めなおします。

おしっこはそのままさせられます。
その子のする量によるでしょうが、1日分くらいは1つのおむつで大丈夫かと。
うんちだけは、様子でわかるので急いで脱がせます。

ヒートが始まると大量にしっぽ穴加工してストックします。
ヒートじゃなくても、お呼ばれした時や人混みに連れ歩くとき、車に乗せるときなどあるので
おむつをいつもお散歩バッグに入れておくと使えますよ。

このやりかたはいかがです?

Q生理を迎えた犬の避妊手術

お久しぶりです。
生後8ヶ月のパピヨン♀の話なのですが、
獣医師さんの話によると生理を迎える前に避妊手術をした方が良いということで、3月14日に手術をする予定でした。
しかし、先日の東日本大震災の影響で手術ができない状況になってしまい、予定を1週間以上過ぎた今でも手術ができていません。そんな中、今日愛犬が初めての生理を迎えました。生理を迎えてから避妊手術をしても大丈夫なのでしょうか?何かリスクなどはありますか?また、生理を迎えた場合、どのタイミングで手術を受ければ良いでしょうか?(生理が終わってから、など)回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

全然心配する必要は無いですよ。
うちには、2匹の女の仔が(3歳3ヶ月・5ヶ月)居ますが、上の仔は初めてのヒート後にしました。12月末にヒートが来て、3月の初め頃に手術しました。
定説では初ヒートが来る前にするって言う事に成っていますが、1回ヒートが来ても将来に生殖器関係の病気になる確率は、ヒート前とほんの数%違うだけです(3~5%位)
掛かり付けの病院の先生は、避妊・去勢に関して権威のある先生ですが、1回ヒートが来てからでないと手術しません。理由は、生殖器関係の臓器が大人になってからの方が、手術のリスクも減りますが、ヒートが来る前の仔に比べると、将来歳を取ってから頻尿やお漏らしをする事が少ないそうです。
でも、2回目以降のヒート後ですと病気になる確率はかなり高くなってしまうそうです。

結論は初めてのヒート前でも後でも大して変わらないんでそんなに考え込まなくても大丈夫です。今ヒートが来たんで、その2ヵ月後くらい後が良いと思います。ギリギリ梅雨や夏場に掛からなくて良かったですね。梅雨や夏の暑い時期は、化膿しやすく治りも遅いって聞きました。
あとは、掛かり付けの獣医さんと話し合って決めてください!!

全然心配する必要は無いですよ。
うちには、2匹の女の仔が(3歳3ヶ月・5ヶ月)居ますが、上の仔は初めてのヒート後にしました。12月末にヒートが来て、3月の初め頃に手術しました。
定説では初ヒートが来る前にするって言う事に成っていますが、1回ヒートが来ても将来に生殖器関係の病気になる確率は、ヒート前とほんの数%違うだけです(3~5%位)
掛かり付けの病院の先生は、避妊・去勢に関して権威のある先生ですが、1回ヒートが来てからでないと手術しません。理由は、生殖器関係の臓器が大人にな...続きを読む

Q犬はいつごろから落ちつきますか。

1歳のトイプーです。散歩の時や家の中でも走り回ります。この頃、吠えることを憶えて怖い時に吠えたり、遊びの時に唸ったりします。しばらくすれば落ち着いてくるのでしょうか。

Aベストアンサー

今まで小型から大型まで何匹も犬を買ってきました。

怖い時、吠えるのは本能です。

物音がしても吠えても怖くないと安心すれば吠えなくなりますし、犬も慣れてきます。

唸るのも遊びが楽しくってエキサイトしているんですね。かわいいですね。

トイプーは、元は狩猟犬。

小動物を追いつめ飼い主に知らせるお仕事をしていました。

だから、元来吠える犬種ではないでしょうか?(勿論大人しい子もいますが)

今ウチのトイプーは、3ヶ月の時に里親募集で里子にもらい現在2歳半。

とても元気ですが、2歳過ぎからだいぶ落ち着いてきました。

周りの犬の友達も口を揃えるように2歳位で大人しくなると言います。
(大型犬は、成犬になるのが少し遅いのでまた違うかもしれません。)


でも、それは、それで少しさみしいですよ。

遊びに誘っても乗って来なくなりずーっと寝てばかりの日が何年かしたら来てしまいます。
(たまに例外のコもいますが…)


人気Q&Aランキング