痔になりやすい生活習慣とは?

先日、父が亡くなりました。
約3ヶ月の闘病生活。
最後は実家で母、兄夫婦に看取られ、静かに息をひきとりました。

男性の平均年齢を超え、何より苦しまず眠るように楽に逝けたのは
本人にとっても、本当に幸せな事だと思っています。

突然の死ではなく、約一ヶ月の入院、二ヶ月の自宅療養がありましたので
私も少なからず看病でき、その間沢山話しが出来ました。

闘病生活が始まってから、父の人生を考える事が多くなりました。
人生で楽しい時期である青春時代を戦争で失くされ、戦争から帰って来たら
自分の父が逝き、一家の大黒柱として弟妹を一人前にし嫁がせ、一息つく間もなく
今度は自分の子供を育てる為に一生懸命働き・・・入院するまで働いている人でした。

父の一生はなんだったのだろう?
幸せだったのだろうか?
父に楽しみがあったのだろうか?
もっともっと、元気な内にいろんな所に連れて行ってあげれば良かった。

後悔ばかりです。
父が入院してから、ずっとずっとこんな事ばかり考えて胸が苦しくなります。
いつかは、別れの日がくるって分かってたし覚悟してた事だけれど
とても悲しいです。

シニア世代の方は、ご自分のご両親を見送った方も多いと思います。
親がいなくなるって、どんな気持ちだったのでしょうか?
「親孝行した。」って、後悔の無い方って沢山いるのでしょうか?

順番で行けば、次は母です。
後悔の無いようにっていっても、すでに高齢ですので大した孝行はできません。
切ないですね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんばんは。


大変でございました。

私は両親を亡くしてすでに10年が過ぎました。
命ははかないですね。
親を亡くして信じられない気持ちになったことを思い出しております。

ただ、後悔はしておりません。
後悔してもどうしようもありませんから・・・。
何故かと言うと、私は仏教徒ですので、信仰によって現在でも親孝行ができますから・・・。

父親のことを想う貴方様ですから、お父様は幸せだったんだと思います。
親は子供に何をしてほしいと願うでしょうか。
旅行に連れて行ってあげたら喜んでくれますか?
美味しいものを食べに連れて行ってあげたら喜んでくれますか?
たしかに、その時は喜んでくれるのかもしれませんが、本当に喜んでくれるのは貴方様が精一杯に生きる姿を見せることではありませんか?

子供に恵まれ、お父さんにならせてもらえたことが喜びです。
そして子供の笑顔を見ることが親の喜びです。
一緒に生活をすることも喜びです。
悩んだり、喧嘩をすることも喜びです。
すくすくと育つ子供を見ることが出来れば幸せです。
家族のために働くことも喜びであり生きがいです。
貴方様がこの世に存在したことが、すでにお父様には親孝行をしているのです。

ここからは信仰が無ければ難しいお話です。
仏教的見かたのお話になりますが、お許しください。

仏教ではこの世を卒業したのちは極楽に生まれます。
この世の役目を終えられたら、今度は極楽でのお役目が始まるのです。
極楽でのお役目は仏様のお手伝い。
家族親族を見守るというお役目が待っています。
お父様は極楽からいつも私を見ておられます。
この世に命のある貴方様はこれから先も跡継ぎとしてお父様の喜んでもらえる生き方を心がけるというお役目があるのです。
いつまでも悲しんで、後悔している姿を喜んでくれるでしょうか?
前を向いて、胸を張って歩む姿をお見せすることが、これから唯一して差し上げられることなのです。
貴方様が後悔の少なくなるような人生を歩むことが一番の親孝行なのです。

これからは、お父様の御守の中、しっかりと毎日をお歩みいただきたいと思います。

最後に、お母様と同じ時間を大切にお歩みください。
必ず、貴方様を仏様と一緒にお父様は、お見守りくださっています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございます。

父は高齢でしたので、いつ亡くなっても不思議ではない事は分かっていたのに
何故か、何時までも傍にいてくれるような気になっていました。

「今、お父さんが息を引き取った。」と連絡をもらい駆けつけて、安らかな父の顔を
見た時は、闘病中の苦しい顔を見ていた私は「これで楽になったね。」としか
言えませんでした。

寡黙な父でしたが、闘病中の三ヶ月は人が変わったのかと思うくらいおしゃべりに
なっていました。

現役を退いてからも田舎ですので結構な広さの畑があり、いつも外で仕事をしていました。
終戦後シベリアで捕虜になり、「その時の悲惨さを思えばどんな事でも我慢できる」と
言っていました。
70才前後は何年もの間、自分の母親の介護を黙々とこなしていました。
父の全てに頭の下がる思いで一杯です。

私も2人の娘を持つ親ですので、親は子供の幸せが一番の幸せ・・という気持ちは
実感できます。
ただ一つ後悔のないのは、私が結婚生活で危機が来た時も、絶対に家庭の愚痴は言わず
「私は○○(主人)と結婚できて幸せだよ。」といい続け、幸せな娘を演じきれた事だけは
親孝行できたかな?と思っています。

父のお棺の中に
「今すぐには行けないけど、私も将来お父さんの傍に行くから又甘えさせてね。」
と、手紙を入れました。

今も時々父を感じることがあります。すぐそこにいる様な気がします。
49日を過ぎれば、極楽から私達を見守っていてくれるのですね。
今、私は幸せです。この幸せな私を見てもらえるのですね。
もっともっと幸せな姿を見てもらいたい。
少し力が沸いてきました(^v^)

最後まで世間知らずな母を心配していた父でしたので、母を大切にして行きたいと
思います。

とてもお優しいご回答ありがとうございました。
心が軽くなってきました。

お礼日時:2012/08/17 21:26

父との永遠の別れ



本当に悲しいことですね お察しいたします。

自分はもう30年以上も前に父を亡くしましたが
今でもその時のことをはっきりと思い出すことができます。
親の死というものはいつまでも心の中から消えることはないと思います。
ですから、pompok0pomさまのおっしゃる通り生前に悔いの無いように
親には尽くしてあげることが大事ではないかと思います。

pompokopom様は母上がご健在のようなので、今後はお母様にその分
を尽くしてあげることで父上様も遠くから喜んで見ていてくれると
思います。

毎日お母様と暮らせることに感謝しながら孝行してください。

なにしろ、孝行したくても墓に布団は掛けられないですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございました。

質問文にも書きましたが、父は男性の平均寿命を超えていました。
70代後半の頃から「いつお迎えが来ても想い残す事はない」と
言っていました。
死への準備も全て完璧で、入院した頃兄に全て託し、託された兄は
「何も抜かりない。すごいなぁ。」と感心していました。

体位を少し変えるだけでも、呼吸が苦しく寝たきり状態の父でしたが
最後の日の朝は、自分でベッドに座り庭を眺める事ができたそうです。
前々日見舞った時は、苦しくて苦しくて「疲れた。早くあっちへ行きたいよ。」
と、つぶやいておりましたので心配でその翌日(死の前日)顔を見に行きました所
その日は思いの他元気で、昼食に父の好物を作ってあげたら全て食べてくれました。
今思えば神様、仏様が父にこの世とのお別れに少し元気な時間をくれたのだと思います。

息引き取る直前まで普通に会話していたそうです。そして、目を瞑った時には
もう息をしていなかったそうです。
本当に蝋燭の炎が自然に燃え尽きたように亡くなったようです。
父の最期に会えなかったのは寂しいですが、こんな幸せな最後はないですよね。

何時までも消える事の無い親の最後が幸せな最後で良かったと、今心から思います。

ここに質問をし、皆様からの優しい回答を頂き親の死を乗り越えて行けそうです。

母の時に少しでも後悔のないよう、尽くして行きたいと思います。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2012/08/18 19:38

私も両親は亡くなり今は親孝行も出来ません(姉、兄、私三兄弟)



父親がなくなりました 膵臓のがんで病院に運ばれ 一週間でなくなりました

一週間ベッドで看病しての亡くなりで不思議とそのときは涙も出ませんでした

葬式のときからだんだんと涙があふれてきました

その時考えたんですが、高校のときはバイクがほしいとダダをこね無理してバイクを

買ってもらいました

社会人になって 地元で人身事故を起こしたり 車が好きで改造に多額の借金をし

親にもだいぶ迷惑をかけました

時間がたって今の家内と(一人娘)と結婚するとき(婿さん)、親父にTELで「みよじが変わって

もいいかな?」って言ったとき「お前に人生だから」って言ってくれました

その後、実家に彼女を連れて行って(親父が日本酒が好きなので持っていった)酒を

酌み交わしたとき「今までで一番美味しいお酒だ」って言ってくれました

そのときの言葉は今でも残っています

結婚話も着々と進み 婿さんだからと早く結婚式を挙げようと早め日取りが

決まっていきました(10月に結婚式)

日取りが決まり連絡をしたとき その時父親が「来年の3月まで待ってほしい」と

言ってきました

でもかみさんの親は早い方が言いと10月に結婚式を挙げました

その時も親父は「またおいしいお酒が飲める」なんていっていましたが

それからまもなく次の年2月に親父が亡くなりました

3月まで待っていたら結婚式には出れなかったでしょう

後から兄に「三月には銀行の定期が満額になるからそれまでは」って聞かされました

親父が亡くなるまえに結婚式を挙げられたのは親孝行したのかなって思います

今は母親もなくなり 儀父母と同居していますが 本当の親みたいな感じで(実親に

ダブらせて)親孝行したいと思っています

長々と私のことになりましたが、質問者の母を後悔しないように親孝行をすればいい

のでは?

後は人生の伴侶をもらったときに伴侶の親をいかに大事にするかですね

親の居るうちは親の苦労知らず、親はすねをかじられて何ぼのものです

誰だって自分の親には孝行したいけど後悔先に立たず、死んで始めて親のありがたみを

知るの言葉通り、今居る親(母親)に自分なりに親孝行すればいいんではないでしょうかね

孝行しても仕切れない事だと思いますよ

長文とまとまりのない文章で失礼しました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございます。

回答者様の文章を読んでいて涙があふれました。

回答者様のお父様の「お前の人生だから」と、言えるお心の深さ、大きさ。
父も、心の大きな人でした。大きな心で私達子供を包んでくれていました。
実感していたのに、甘えるばかりだった自分が情けなく今後悔ばかりです。

回答者様、お父様がご存命中に結婚式が出来て良かったですね。
回答者様もお父様のようにお心が深く大きな方だと思います。
奥様、奥様のご両親は幸せですね。そして、その方達の幸せが、又、回答者様の
幸せにもなるんですね。
そのような息子さんを育てたお父様・・子孫を育む。
親にとってこれこそが大切な事なのでしょうね。

父の人生楽しい事はあったのか?と言う思いに囚われすぎているような気がしてきました。
父のありがたみに感謝して供養したいと思います。
そして、残された母を自分なりに孝行していこうと思います。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2012/08/17 20:09

大往生です。


弟妹はもとより家族を支え育て上げたことは、何者にも勝る達成感と充実感を父上にもたらしたと思います。
家族のために身を粉にすることをは、決してつらいことではありません。
親にとっては自分の幸せ以上に子供の幸せがたいせつです。その幸せをもたらした自分自身の人生を誇ることは、あっても悔いることは、絶対にありません。貴方にできることは、それは後悔ではなく感謝です。本当に親を慈しむなら、父上のように自分も家族を作り、そして皆を幸せにするため行動してはいかがでしょうか。さすが私の息子だと父上に言わせるような人になることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答、ありがとうございます。
弟妹、そして家族を支え育て上げたことは、何者にも勝る達成感と充実感・・
そうですよね。すごい事を成し遂げたんですよね。

因みに・・私は既に50を過ぎ、娘2人を嫁がせ孫もいます。
そして息子ではなく娘です。
誤解させてしまう文章ですみませんでした。

今の私の幸せも父母、そして主人の父母あってのものですね。
今の私に出来る事は、後悔でなく感謝・・この言葉が、とても心に沁みます。
回答者様の一言一言に涙が出ます。
心にずっとのしかかっていた重たい物が、少しづつ軽くなってきました。

今まで父の写真に、「お父さん幸せだった?楽しい事あった?」なんて
問いかけては涙していましたが、これからは「わたしに幸せをくれてありがとう。」
と、感謝の言葉をかけたいと思います。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2012/08/17 19:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもう逝く父を看取ります何て言葉を父に言えばいいのか

もう、ほとんど毎日、投稿しています。

父が3月11日に、

「余命1週間」と主治医の先生から言われています。

今日はもう、15日です。 たぶん?もう、父の時間が無いんですね…


私は匿名ですが、「nao913」です。

何度も質問をしているので、「質問履歴」を「公開」にしています。
http://okwave.jp/mypage/question/history
これで、見れるか分かりません。

それか、私のネームの「nao913」のところをクリックして貰えれば、見れるかと思います。

どうか、ご参考にしてください。



大好きな父の最期を、何としても「看取る」思いでいます。

私と母と弟の3人は、もう時間単位、分単位で、考え、動いています。

かなり極限状態かと思います。冷静さも無いかと思います。



でも、大好きな父の最期に、悔いを残したくなく、

大好きな父の最後に、何て言葉をかけてあげればいいのか分かりません……


父は3日前に、とうとう、言いました。

「ありがとう…… お世話になりました……」 って…

父さん!何言ってるの?! 世話になったのは私なのに。 

私と弟を育ててくれたのは父なのに。

父が働いて、私と弟を食べさせてくれたのに……


「運命は、運命は… 運命は、すべて天に任せるわぁ……」 と。

そうです、もう神様しか知らないことです。医師にも分かりません。

でも、時間が無い… 父が居なくなってしまう……


弟が家族を連れて、東京から関西に来てくれました。 間に合いました…

転院を考えていましたが、もう、そんなこと考えてなんかいられない状況になりました…

ヒゲを剃ってやりたいと思っていましたが、なんて「残酷」なことをしようとしていたのか、

「おばさん」から教えて頂き、やっと解りました…

医療関係者の方から、貴重な意見も頂きました。


もう、今までにたくさんの方から、良いアドバイスを、こんな私にかけて貰いました。


耳は最期まで聞こえる。と。

父が私たち2人の息子を育てるのに、どれだけの時間とお金と労力を使ったのか…と。

私たち子供が、父に孫を抱かせるまで育っただけでも、

私と母が、ずっと父の病室に居るだけでも、父は満足じゃないか?と。

「おばさん」からは、洒落者だった父の伸びたヒゲを剃ってやろうとしたら、

<今>、<生きている>、父に、そんな、「死の準備」みたいなことは、

父に<酷>と。 そう、悟らされました…


その他にも、いっぱい、いっぱい、いっぱい、貴重な、有り難い言葉を貰いました…

本当に皆様、ありがとうございました。 m(_ _"m)


冷静になって書きますね。


父は肝硬変末期で、肝性脳症で倒れて、2月1日に入院しました。

2月18日に、食道の静脈瘤破裂で血を吐いて、個室に移されました。

それ以後、水しか飲んでいません。 ゼリーも嫌がります。

点滴の栄養は1日、200キロカロリーです… 

主治医から、「餓死」することも考えてと…

腹水は3回、抜きました。 先週の土曜日が3回目。

でも、もう、腹水で、パンパンです。 脚もパンパンです。

昨日の体温が35.7度

血圧は、下が50台、上が100台

呼吸は特に変わったことが無いように思います。

母が24時間体勢で看てくれているので。

尿の量が、

3日前が360g 2日前が160g

160gと聞いて、看護師さんに「少ないですね…」と言われました。

昨日の18時の時点で、まだ80gでした……

以上です。 こんなこと、冷静に書いている自分が信じられないです…


父に、

「ありがとうね。」
「しんどいね。」
「大好きだよ。」
「ごめんね。」

とか言ってきました。
毎日、病院に行ってますので…

でも、本当の最期に何て言えばいいのか????


私のことですが、高校の時、父との確執があって、
国立のO大学をでて、有名家電メーカー勤務の父を、
全面的に、父の人格まで全て否定してしまいました。

そして、私は、鬱病(抑鬱神経症)になって、
大学は出たものの、就職も出来ず、家庭教師のアルバイト…
そんな私に父はどれほど失望させてしまったか…

幸い、今の妻と結婚出来たけど、
妻の収入で生活しています。 私は「主夫」です。

孫娘2人を抱いてもらいました…

いっぱい、いっぱい、「ありがとう」と「ごめんなさい」があります…

父に懺悔したい私
父に感謝したい私
口下手で思ったことが言うに言えない私

です…

父になんて言ってやれば良いですか???


雑な分で、本当に申し訳ありません・・・・・・・ m(_ _"m)

もう、ほとんど毎日、投稿しています。

父が3月11日に、

「余命1週間」と主治医の先生から言われています。

今日はもう、15日です。 たぶん?もう、父の時間が無いんですね…


私は匿名ですが、「nao913」です。

何度も質問をしているので、「質問履歴」を「公開」にしています。
http://okwave.jp/mypage/question/history
これで、見れるか分かりません。

それか、私のネームの「nao913」のところをクリックして貰えれば、見れるかと思います。

どうか、ご参考にしてください。



大好きな父の最...続きを読む

Aベストアンサー

おばさんです。おはようございます。

昨日はお疲れ様でした。
毎日挨拶をするお位牌ですから、満足いかれるものがみつかり良かったですね。

少しずつでも手続きを進めることによって、気持ちの中に静かに静かに<受け入れ>が忍び込んできます。
でも、それは決して<忘れる>ことを促すわけじゃなく、極限の気持ちの救け(?)になっていってくれるものなんだと思っています。

無理をされませんように。

またね。

Qがん末期の非常に危険な状態とは

がんの末期において危険な状態の血圧の低下というのはいくつぐらいまで下がっていくと危険なのでしょう。また呼吸の浅さはどうやってわかるのですか。酸素吸入の目盛りを上げると血圧が上がるのはなぜですか?脈拍数の低下の非常に危険なボーダーラインというのはいくつなのでしょうか。他に油断を許さない危険な状態というのは何で判断するのか教えて下さい。

Aベストアンサー

 兄が脳腫瘍で亡くなりましたが、そのときの状況でも。

 病院で血圧を測定する機械に触れましたが、上が60を切ると機械が電子音を出して緊急性を表していました。
 また、血中の酸素濃度が95%を下回ると危険な状態と言えるようです。逆に言うと、95%を上回るように酸素を送り込む必要があります。
 こういった状態のとき、脈拍数は180と非常に高い数値を示していました。血圧や血中酸素濃度が低いにもかかわらず脈拍数が落ちてきたら非常に危険だと言えるでしょう。

 本当に死の直前では、呼吸が見るからに弱弱しくなり、呼吸が止まることがどんどんと多くなりました。呼びかけると思い出したかのように呼吸を始める感じでしたが、まさに「息を引き取る」という表現そのままに死へ至りました。

 全体としては、「血中酸素濃度の低下」「急激な血圧の低下」「呼吸の力強さの低下」の順で危険度が増す感じでした。
 あくまで脳腫瘍の例ですが、参考になればと思います。

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q父が亡くなり、心にぽっかり穴が・・・

父が亡くなり、悲しくて心にぽっかり穴があいてしまっています。

4月3日に、父ががんで亡くなりました。
私はひとり暮らしで、実家も電車で30分くらいの距離にあります。
父が元気だった頃は親子関係は良かったものの、父が無口だったせいもあり、あまり実家に帰っていませんでした。
父のガンがわかったのは昨年12月で、それ以来家族3人(母、弟、私)でできる限りそばにいて看病をしました。こんなに一緒の時間を過ごしたのは成人して以来初めてで、父も母に「子供達は本当によくやってくれる」と言ってくれていたようです。

その父もとうとう天国へ行ってしまいました。
それ以来、私は心に穴があいたようで本当に辛く、悲しく、まだ信じられない気持ちです。
離れて暮らしていたので、今でも実家に帰ったら父がいるようで・・・
父の事を思い出して、いつも泣いています。

母は一人暮らしになったので、私よりもっとさみしく感じていると思います。(弟も実家を出ています)
母親を励まさなくてはいけない私が、こんな感じでいいのか情けないです。

このどうしようもない気持ちは、時間が経てば少しずつでも癒されていくのでしょうか?
今はただただ辛いです。

父が亡くなり、悲しくて心にぽっかり穴があいてしまっています。

4月3日に、父ががんで亡くなりました。
私はひとり暮らしで、実家も電車で30分くらいの距離にあります。
父が元気だった頃は親子関係は良かったものの、父が無口だったせいもあり、あまり実家に帰っていませんでした。
父のガンがわかったのは昨年12月で、それ以来家族3人(母、弟、私)でできる限りそばにいて看病をしました。こんなに一緒の時間を過ごしたのは成人して以来初めてで、父も母に「子供達は本当によくやってくれる」と言って...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
同じような境遇なので思わず返信しています。

私の父も、昨年の4月に他界しました。膵臓癌でした。
こうして返信を打ってはいますが・・私もまだ、父が居ないことが信じられないでいます。
実家に帰れば仏壇もあるし、父の葬儀や納骨も見たはずなのに。
それなのに、まだ父に逢えるような気がしています。
時々、「逢いたいけど逢えない」現実に苦しくもなります。
逢えないことが分かっていても、もう1度だけ逢いたいと思います。

私も、亡くなって毎日、何ヶ月も泣きました。
今でも泣きます。・・今も、泣いています。
悲しくて苦しくて、どうしようもない日もあります。
だって、大切な大切な父親です。
優しい優しい、大好きな父親です。

でも・・・
こうして父が亡くなって1年経ってみて。
悲しみは癒えないけど、苦しみはまだやってくるけど。
それでも、父との思い出を思い出したり、
父ならどう言うか、どう振る舞うかと考えてみたり、
今年も父の誕生日を皆でお祝いしたり・・・
ちょっとした拍子に父を思い出し、
母や妹と「お父さんは〇〇だったね」と話したりしています。
そして最近、これがいつまでも心の中で生き続けるということなんだと気付きました。

父は色褪せません。
いつも優しく心の中にいてくれます。
父が亡くなり1年が経ち、泣く日もあるけど、思い出に笑う日もあります。

きっと質問者様のお父様も素敵な方なんですね。
最期まで看病出来て、親孝行が出来ましたね。
ああしていればよかったと後悔がもしかしたら出てくるかもしれません。
私は、未だに後悔の念に苦しむこともあります。
でもその時はそれで精いっぱいやったのだからと、言い聞かせています。
そして心で父に謝っています。

ただただ辛いお気持ち、本当によく分かります。
でも、質問者様のお父様も、質問者様の心の中、記憶の中で生き続けていますよ。
今は思い出すことすら辛いかもしれませんが、
きっとその思い出が愛おしく、忘れたくなく、思い出したくなる時が来ます。

なんだかちっともアドバイスにも答えにもなっていませんが・・・
質問者様が今はただただ辛くて当たり前で、
でも、今の私は父を亡くした頃よりは元気に過ごせるようになっています。
父を忘れたのではなく、父と一緒に生きているから。

すみません、こんなことしかお伝え出来ませんが・・・
お父様も質問者さまも、ひとまずは本当にお疲れさまでした。

はじめまして。
同じような境遇なので思わず返信しています。

私の父も、昨年の4月に他界しました。膵臓癌でした。
こうして返信を打ってはいますが・・私もまだ、父が居ないことが信じられないでいます。
実家に帰れば仏壇もあるし、父の葬儀や納骨も見たはずなのに。
それなのに、まだ父に逢えるような気がしています。
時々、「逢いたいけど逢えない」現実に苦しくもなります。
逢えないことが分かっていても、もう1度だけ逢いたいと思います。

私も、亡くなって毎日、何ヶ月も泣きました。
今でも泣きます...続きを読む

Q両親の死が辛い

母が突然亡くなりました。父は勿論、私と娘は何が起こったのか分からないまま葬式をしました。なぜ、どうして母が…と云う思いで信じられず、でも会社も行かなければならないし、家にいる年老いた父の事が心配なので昼休みには帰って食事の用意をし、夜も急いで帰ってました。がその父も母が亡くなって49日目に亡くなりました。それからの日々は、二人の遺影を前に、何をしても何を見ても悲しいと言う想いを語り、泣いています。急に4人家族が2人になって寂しいです。

若い時から内職をして家計を支え、本当に気のいい母でした。少し口やかましいところはありましたが。私が子供をつれて実家に戻ってからは、ずっと食事など皆の世話をしてくれました。
娘にとっては、祖母であり母親でした。私は小さい時から母が大好きで「一緒に死ぬ歳まで待って」と言ってましたが先に逝ってしまいました。当然です、21歳違いですから順番からは親が先です。

父も自分が先に逝くはずだったと嘆き、「寂しい」とションボリしている日が続いていました。昨年末に手術・退院後は回復に向かって喜んでいましたが、やはり体力は弱っていたのでしょう。母の急死で気が弱り余計に菌を受け付ける体になっていたのです。母の法要の後に入院し5日後に亡くなりました。
続けて二人を送り、私は気が動転し何も興味がなくなりました。
今は、夕暮れ時になると母を思い出し、そして父が亡くなる前に世話になったと書き残した言葉と顔を想い辛く悲しく、気が変になりそうです。
また、自分もいつか天国へ行く日が来る、今度は娘たちが同じ想いをする、させてしまうと思うと、どうしようもなく悲しく、それまでに身辺整理をしなくては…とあせってしまいます。
みんな生まれると、必ず死が待っている事は分かっているのですがなかなか立ち直れなくて、もう一度会いたい、声を聞きたい、話がしたいと云う思いに胸が押しつぶされそうです。

迷惑ばかりかけていたとは思いません。母も「お前たちと暮らすようになって生活に張りが出来た」と言ってくれていました。父の病院通いにも毎日行きました。母は元気でした。元気に見えていました。血圧降下剤は飲んでいましたが、それが悪かったかも…と言う人もいます。もっと早く気付いていればこんな事にならなかったのに。もっと手助けをしていれば、もっと早く帰って母との時間を持っていれば…、など色々悔やまれる事ばかりです。
今日は母の4回目の月命日です。もう4ヶ月たちました。まだ4ヶ月なのかも…当初は何がなんだか分からず泣いたり後悔や自責の日々でしたが、今は忙しくしている時や会社にいる時などは忘れる時間があります。
こういう時は両親に対して罪悪感に似たような気になってきます。少しずつ落ち着いてきたので良いのかな?と思ったりもしますが、夕暮れ時や、何もないのに突然悲しくなったり、会って誤りたいと落ち込みます。こんな事を繰り返しながら日々を送り、いつの間にか普段の生活に戻るのかなあとも思います。
もっと若くして親と死別した方々もおられますが、私はもういい歳です。60です。次は自分の事を考えなければならない歳です。娘が嫁ぐと一人になります。その時こんな気弱でどうしていけばいいのでしょうか?
世間では親の歳を聞いて「大往生」と言いますが自分の親なら、大事に思っているからなおさら「大往生」だとは思いません。母は病気で寝込んだ事はないのです。夜中に一人で逝ってしまったのです。
82歳でした。まだまだ一緒に買い物も遊びにも…

私は娘に心配をかけまいと頑張り、仕事と家事で疲れています。これはかえって悪いのかもと思いますが今はまだ「気分転換にどこかへ」という気になれません。

会社のストレスもあり(小さい会社で休むのもままならないです)早く辞めて家の事だけにしたいと思いますが、そうなると収入も減るので大変です。

両親とか大切な人との別れを経験した人はどのようにして、どれくらいの年月でこの辛さがマシになるでしょうか?
私のようにいい歳をして、いつまでもクヨクヨしていてはいけないのでしょうか?

宜しくお願い致します。

母が突然亡くなりました。父は勿論、私と娘は何が起こったのか分からないまま葬式をしました。なぜ、どうして母が…と云う思いで信じられず、でも会社も行かなければならないし、家にいる年老いた父の事が心配なので昼休みには帰って食事の用意をし、夜も急いで帰ってました。がその父も母が亡くなって49日目に亡くなりました。それからの日々は、二人の遺影を前に、何をしても何を見ても悲しいと言う想いを語り、泣いています。急に4人家族が2人になって寂しいです。

若い時から内職をして家計を支え、本当に気...続きを読む

Aベストアンサー

40代既婚者男です。

>私のようにいい歳をして、いつまでもクヨクヨしていては
>いけないのでしょうか?


そんな事はありませんよ。
年齢なんて関係ありません。最愛の人を失った時の喪失感や
悲しみ、寂しさは、何歳になろうと同じだけ辛いものです。
世間では、高齢者が旅立つと大往生という言葉で片付ける
風潮があるのは確かですが、あなたの仰るように、身内にしたら
そんな言葉で整理できるほど単純ではありませんよね。
あなたも理解しているように、人は生を受けた以上、必ず死を
迎えます。
そして寿命というものがあり、親から先に旅立つのは必然です。
しかし、そんな事は頭で理解できることであり、決して心では
理解などできないのが本音だと思います。
私の両親はまだ健在なので、まだ死別の悲しみを味わったことは
ありません。
ただ、大好きだったお婆ちゃんとの別れは経験しました。
肝臓癌が判明してから、あっという間でした。
本人には知らせていなかったので、遠く離れて暮らしていた僕が
急に何度もお見舞いに行くと、おばあちゃんが自分の病を疑う
かもしれないと思い、泣く泣くお見舞いの回数を減らしました。
今思えば、愚かな気遣いであったと後悔しています。
何であろうと、毎日でも会いに行けばよかった。そしてたくさん
話をすればよかったと悔やみます。

人は大切な人を失って初めて、いろんな後悔に押し潰されます。
あの時こうしていたら、あの時もっと・・・・。尽きることは
ありません。
でも、悔やんだところで、亡くなった人は戻ってきてはくれ
ません。
それも頭で分かっているのですが、複雑な思いでした。

私はいつも近しい人とのお別れを経験する度に、思う事があります。
それは、人の死というのは、最後にその人から教えられる
愛なのだということです。
人は死というものがいつも身近にありながら、中々そこを見よう
とはしません。
ですから、そうした愛する人の死を目の当たりにすることで、
そこで改めて、死について見つめることで、それまで気付かなかった
事に気付くのです。
自分がその時を迎えた時、どんな思いで旅立つのだろうか?
思い残すことがあるのだろうか?
残していく大切な家族へどんな思いなのだろうか?
などと、リアルに感じることができます。

私も、41歳となり、結婚して妻も子供もいます。
あなたが言うように、私もいつかその時が来るのです。
妻や息子を残して旅立った後、妻や息子が私の死を悲しみ
苦しみ、毎日を泣いて暮らしていたならば、きっと心配で
心配で、残してきたことを悔やみ、きっと次なる場所へ行けなく
なってしまうと思います。
故人への一番の供養とは、故人に心配させないような生き方を
することだと、ある人から教わりました。
そうすることで、故人は思い残すことなく、次へと向かうこと
ができるのだそうです。
私は、その言葉を頂き、それからは、おばあちゃんに対して、
いつも「ありがとう。僕なら心配ないからね」って伝えるように
なりました。

この世へ誕生することをそばで見守ってくれた親へ、今度は
あの世へ向かう時に、そばにいて見守るのが、子供としての責任
だと思っています。
今度はあなたが、子供さんへ教えてあげる番です。
しかしあなたはまだお若いですから、まだ見えない先のことを
考えて悲観的にはならないでください。
そして、また今度会いに行けばいいでは無くて、会いたいと
思えたら、すぐに会いにいくのです。
伝えたい言葉があれば、すぐに伝えるのです。
それが後悔の無い人生というものです。
あなたのお母さんとお父さんがいてくれたから、今のあなたがあります。
そして、子供さん、お孫さんへと命のリレーはどんどん繋がって
いるのです。
私の祖母も祖父と二人で人生をスタートさせてから、今では30人という
家族たちができました。
そして今もなお、増え続けています。
そうした歴史も踏まえて、それぞれのドラマがあります。
辛い事、苦しい事。そして楽しいこと、嬉しかったこと、涙が出る
ほどの幸せな思いを感じてきたのです。
今はとにかくとことん泣いていいと思います。
気が済むまで泣けばいいのです。
そしていつか、涙を拭いて、新しい一歩を踏み出して下さい。
お母様とお父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

40代既婚者男です。

>私のようにいい歳をして、いつまでもクヨクヨしていては
>いけないのでしょうか?


そんな事はありませんよ。
年齢なんて関係ありません。最愛の人を失った時の喪失感や
悲しみ、寂しさは、何歳になろうと同じだけ辛いものです。
世間では、高齢者が旅立つと大往生という言葉で片付ける
風潮があるのは確かですが、あなたの仰るように、身内にしたら
そんな言葉で整理できるほど単純ではありませんよね。
あなたも理解しているように、人は生を受けた以上、必ず死を
迎えます。
そして...続きを読む

Q兄(42歳)が末期の肺がんで入院しております。緩和ケア病棟に入っており

兄(42歳)が末期の肺がんで入院しております。緩和ケア病棟に入っておりここ2週間の間に食事が殆ど摂れなくなり点滴だけで命をつないでおります。ところが最近になり主治医の先生からその点滴は水分に電解質が少し混じっただけのものであるとゆう事を聞きそれではどんどん痩せ細っていくばかりではないかと今でも望みを捨てていない本人と家族は危惧しております。先生曰く兄の体は摂取した栄養分が癌に行ってしまう癌悪液(益?)質になっているとの事で栄養分がある点滴をうつ事は逆に癌を進行させてしまうので今の状態が一番良いと言っています。ですが少し以前は少量ですが食事を摂っていましたしそれが許されていたのに栄養分のある点滴がうてないとゆうのはどうも矛盾している様な気がしてなりません。ちなみに病院側からは兄に残された時間は残り少ないと何度も言われており最後まで望みを捨てていない私達からするともっと出来る事がある筈なのにそれをしていないのではないかと感じられる事があり点滴の件はその一つなのですが末期の癌患者にあえて栄養分を与えないとゆうのは癌の進行を抑える為に妥当な方法なのでしょか?またそれはもしかしたら回復するかもしれないとゆう事も視野に入れても有効な手段と言えるでしょうか?専門分野の方、もしくは同じ様な経験をお持ちの方からのアドバイス又は御意見を伺えると大変に助かります。どうぞ宜しくお願い致します。

兄(42歳)が末期の肺がんで入院しております。緩和ケア病棟に入っておりここ2週間の間に食事が殆ど摂れなくなり点滴だけで命をつないでおります。ところが最近になり主治医の先生からその点滴は水分に電解質が少し混じっただけのものであるとゆう事を聞きそれではどんどん痩せ細っていくばかりではないかと今でも望みを捨てていない本人と家族は危惧しております。先生曰く兄の体は摂取した栄養分が癌に行ってしまう癌悪液(益?)質になっているとの事で栄養分がある点滴をうつ事は逆に癌を進行させてしまう...続きを読む

Aベストアンサー

栄養が少なくて痩せるのではなく、体が栄養を受け付けなくなって、栄養をとることがかえって体の負担になるため、食欲が減るのです。からだは栄養を受け付けないため、これまで蓄えた栄養を取り崩すことを行います。
この状態をがん悪液質といいます。

栄養が不足=飢餓状態とことなり、食欲がわかずに、筋肉が痩せてくることが特徴です。

がんが体の細胞一つ一つの栄養代謝を乱すため、細胞が摂取した栄養を使用できなくなります。
栄養はいったん胃腸でエネルギーを消費して消化吸収され、肝臓でエネルギーを消費して体で利用できるように組み立てられます。ここまではエネルギーになりません。しかし、その後利用できなければ、再びエネルギーを消費して肝臓で分解され、腎臓から排出しなければなりません。

つまり、体が利用できないのに栄養を口から又は点滴で投与しても、かえって体のエネルギーを浪費するだけに終わります。また、肝臓や腎臓の機能が落ちていることが多く、余った栄養を処理できずに肝性脳症や尿毒症になり、栄養点滴が原因で昏睡になることもあります。そこまで行かなくても、栄養点滴はむくみの原因となり、肺浮腫などで呼吸状態が悪化したり、腹水の増加につながるなど、いいことが全く亡いために、現在では行われなくなっているのです。

「癌が成長してしまう」は、上記のようなことを患者さんやご家族が理解しにくいために昔から使われているロジックですが、実際には栄養点滴が百害あって延命の効果は全く見られないことが研究でおおよそ分かっています。

私は過去に、1日200mlの電解質の点滴だけで2ヶ月間頑張られた方を担当したことがあります。

残念ながら、現在の医学ではいったん減った進行癌の体重や体力を元に戻す方法は見つかっておらず、そのような時期には無駄に体力を減らさない(含む抗がん剤)がとても重要となります。

栄養が少なくて痩せるのではなく、体が栄養を受け付けなくなって、栄養をとることがかえって体の負担になるため、食欲が減るのです。からだは栄養を受け付けないため、これまで蓄えた栄養を取り崩すことを行います。
この状態をがん悪液質といいます。

栄養が不足=飢餓状態とことなり、食欲がわかずに、筋肉が痩せてくることが特徴です。

がんが体の細胞一つ一つの栄養代謝を乱すため、細胞が摂取した栄養を使用できなくなります。
栄養はいったん胃腸でエネルギーを消費して消化吸収され、肝臓でエネルギーを...続きを読む

Q後期高齢者(83歳)で末期癌なのに、症状が無い!!

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父はまだ頭もはっきりしているので、長生きしてほしいと思っていました。

 最近、「足の付け根が痛い!」と言い出しているそうです。
 父は癌からきているんじゃないか、骨にまで転移してるのではないかと思うそうです。
 これは初期症状のはずですか?
 
 紹介状を書いてもらって、9月6日に市民病院へ持って行くそうです。そして、検査をするか決めるそうです。
 検査も相当苦しいそうで、父はどうせ長く生きられないのなら、残りの時間を自宅で、今まで通りの普通の生活をさせてやりたいと思っているそうです。

 余命を告げられ、とてもショックでした(涙)今も頭がボーっとしています。毎日でも会いに行きたい気分です。

 末期癌で全身に転移しているのに、『症状が無い』ことってあるのでしょうか?20年以上前に胃癌の手術で、胃を半分取ったので、38キロ前後と細いですが、食欲も変わりないようです(主に栄養ドリンク)。足の痛みが出たのは最近ですが、外出もしたいようで元気です。

 これから苦しむことになるのでしょうか?

 祖父母は今、2人暮らしなので、心配です。祖母には、まだ癌のことは伝えていません。

 末期癌で余命4ヶ月でも、祖父のように、たまたまレントゲンを撮ったら”末期”そして”無症状”という方はおられるのでしょうか?
 あり得ないと思いますが、私は誤診であって欲しいです。

 長文ですみませんが・・・宜しくお願いします。

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父は...続きを読む

Aベストアンサー

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが確実に痛みは来ますし食事も食べれなくなります。体力が落ちれば体の機能も低下します。きつい言葉で書き記しましたが私も医師から告知を受けちょうど3カ月で他界しました。奇跡を信じてあれもこれもと手を尽くし高額の健康食品も健康飲料も結局は効きませんでした。飲みにくいのと飲むことのストレスで今想えば反省だらけです。癌に効く薬は抗がん剤だけのようです。母は持病のリウマチですでに強い薬を服用していることも有り免疫を上げる治療も難しく抗がん剤治療は出来ませんでした。御祖父様が自宅で闘病生活をされたいとのお考えなら要介護認定を受けているのでしたら早速、ケアーマネージャーを通して往診の医師と看護ケアの手続きをして下さい。少しでも普通の生活に近い生活をさせてあげる場合は家族の協力が無いと無理です。最終的に点滴の交換やら排泄など家族が手を掛けます。緩和ケア病棟をエントリーするのも大切だと思います。私の場合は緩和病棟(ホスピス)は県内14棟の内、受付不能病棟多数。1~2ヵ月先の外来予約待ち、その後空きがあれば入院可能と言われたのが13棟です。残り1棟は数日中には入所可能だがとても古く、病院まで距離も遠く、私の場合は母の最期は県立病院の個室で最後の一月を過ごしました。告知を受けて一月後に家族で1週間の沖縄旅行に行きました。この時まで体力もあり痛みもなく本当に奇跡を信じていました。帰宅後数日で体力は落ちて行きました。
今後の御家族の方向性に少しでも役立てて頂けると幸いです。

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが...続きを読む

Qガンで余命一ヶ月の父にしてあげられること

二週間前体の調子がおかしいと入院した父(59)が検査をしたところ大腸・肝臓・肺にガンがあることがわかりました。
それもかなり進行していて手術は出来ないといわれました。
抗がん剤等の治療も肺に水がたまっているため、危険が伴うとも言われました。
父にはガンであることは告げたのですが、余命一ヶ月ということは言っておりません。
父は腰が痛く、そして、体を寝かすと苦しいようでずっと上体を起こしたままでいます。
夜も眠れずそうとう参っているようです。
こうなってしまった父に今私がしてあげられることって何があるでしょうか。
糖尿病でもあるので何か作っていって一緒にご飯・・・というのも酷なのです。
もちろん毎日付き添っていたいと考えています。

来月、姉の結婚式もする予定だったのですが父親として出してあげたほうがいいのでしょうか。。。(出れなければ中止にする予定です)
父の体力も持つのか心配ですし。(病院側は可能といっています)
でも娘の結婚式には出たいことでしょう。
このまま病院で過ごすよりは・・・と、家族は考えているのですが。

どなたかご意見よろしくお願いします。

二週間前体の調子がおかしいと入院した父(59)が検査をしたところ大腸・肝臓・肺にガンがあることがわかりました。
それもかなり進行していて手術は出来ないといわれました。
抗がん剤等の治療も肺に水がたまっているため、危険が伴うとも言われました。
父にはガンであることは告げたのですが、余命一ヶ月ということは言っておりません。
父は腰が痛く、そして、体を寝かすと苦しいようでずっと上体を起こしたままでいます。
夜も眠れずそうとう参っているようです。
こうなってしまった父に今私がしてあ...続きを読む

Aベストアンサー

 お父様、体調の方はいかがですか?
 
 私の父と似たような状況なので思わず書き込みさせて頂きました。
 
 私の父(58歳)は1年半前に大腸癌の告知を受けました。が、既に肝転移していました。一応オペにて全て切除できたのですが、その半年後肺転移。現在は抗ガン剤治療を行なっています。1年半前の告知当初、医師からは「何もしなければあと4ヶ月」と言われました。
 
 mikachinさんのお父様の場合、2週間前の体調不良以前・・、特別自覚症状はなかったのでしょうか。私の父の場合、告知当初も何ら自覚症状などなく、既に転移しているにも関わらず、1年半経った今もなお健康そのものです。もっと早くに受診していれば・・という後悔は募りますが、そうばかりも言っていられません。改めて自覚症状なしに進行する癌という病の恐ろしさを痛感します。
 
 話がそれてしまいましたが・・・。
 mikachinさんご自身、まだ告知から日も浅く、今はただただ現実を受け入れるのに必死なのでは!? でもどうか焦らずに・・。癌と闘う患者・家族に不安は尽きません。現に1年半経過した私達 家族でさえ、日々人にいわれぬ不安を抱え過ごしています。
 でも父の件以来、今まで以上に父の事が大好きになりましたし、家族の絆も深まりました。取り立てて特別な関わりを持つのではなく、今までと何ら変わらない時間を過ごす事・・きっと何よりの親孝行ではないかと。
 
 余命告知など気にせず(とはいえ、気になってしまいますが)、お父様の生命力を信じたいものですね。
 辛い事ですが、どうか前向きに・・。共に頑張りましょう♪
 
 私の父との闘病の日々を綴った個人的なHPですが・・・もし気が向いたらお立ち寄り下さい。同じような「癌家族」を主体としたMLも運営しております。 

参考URL:http://cancer.soc.or.jp/

 お父様、体調の方はいかがですか?
 
 私の父と似たような状況なので思わず書き込みさせて頂きました。
 
 私の父(58歳)は1年半前に大腸癌の告知を受けました。が、既に肝転移していました。一応オペにて全て切除できたのですが、その半年後肺転移。現在は抗ガン剤治療を行なっています。1年半前の告知当初、医師からは「何もしなければあと4ヶ月」と言われました。
 
 mikachinさんのお父様の場合、2週間前の体調不良以前・・、特別自覚症状はなかったのでしょうか。私の父の場合、告知当初...続きを読む

Q肺炎の急変について

先日父(76歳)が誤嚥性肺炎で亡くなりました、その病状の進み方についてご意見を頂きたく質問を致しますので宜しくお願いします。

父の病状の経過
今年の初めに脳梗塞で入院(10日間で退院、運動障害はないが、服を切れない文字が読めない等の高次機能障害かあり)

退院10日後脳出血で再入院(失語、嚥下障害、自発的な行動はなくなりましたが、運動障害はなく歩ける状態でした)

入院中は点滴、鼻からチューブによる栄養補給で治療を継続し約40日後にリハビリのため専門の病院に転院がきまりました。

転院の前日に38度強の熱が出ましたが主治医は転院は問題ないとのこでしたが転院当日先方の病院へ経過を連絡し確認したところ経過観察のため転院を延期し検査を依頼されました。(当日は熱は下がっていました)

その依頼により、胸部レントゲン血液検査が行われました、結果炎症反応9とかなり高状態で1週間程度の経過観察と言われました。

その翌日の朝、病院から態急変したとの連絡で駆けつけたところ父は酸素マスクをつけ呼吸も浅く非常に苦しそうにしておりました、意識はない状態で、一時的に心停止に近い状態であったと伝えられました。

その後医師より、レントゲンを見せられ昨日の朝のレントゲンでは肺炎の大きな広がりはなかったが、今朝のものは胸いっぱいに肺炎が広がっており非常に厳しい状態ですと言われ、現実に翌日の夕方に息をひきとりました。

そこで、ご意見をお願いします
1.誤嚥性肺炎だろうと言われました、肺炎は僅か半日足らずで死にいたるほど急激に症状が進むものですか?

2.転院の2日前に(亡くなる3日)に付き添っていたとき息が苦しそうで肩で息をし、手足が先日までとは違いすごく冷たくなっていました、これは肺炎の兆候として治療に反映はできなっかたのしょうか?

3.入院中37度強の熱が1日をとうして出たり出なかたりしていましたが。これは肺炎を起こしているサインとして予防的な治療の目安にはならなかったのでしょうか?

高齢での肺炎は非常に厳しいものとは分かっているつもりですが、なにかもやもやしたものが拭い去れずこの場をかりて質問をさせて頂きました、出来れば医療関係者のかたの率直な意見を頂ければと思います

宜しくお願いします。

先日父(76歳)が誤嚥性肺炎で亡くなりました、その病状の進み方についてご意見を頂きたく質問を致しますので宜しくお願いします。

父の病状の経過
今年の初めに脳梗塞で入院(10日間で退院、運動障害はないが、服を切れない文字が読めない等の高次機能障害かあり)

退院10日後脳出血で再入院(失語、嚥下障害、自発的な行動はなくなりましたが、運動障害はなく歩ける状態でした)

入院中は点滴、鼻からチューブによる栄養補給で治療を継続し約40日後にリハビリのため専門の病院に転院がきまりました。
...続きを読む

Aベストアンサー

1、まず誤嚥性肺炎、特に高齢者の場合は予後が悪く、急激に換気障害に陥り、あっという間に死亡してしまうことは確かにあります。うっかり喉にものが入っただけのように感じるかもしれませんが、極めて重病なのです。ましてや、脳梗塞などがあり、異物を排除できない上に高齢という極めて状態がよくない場合はなおさらです。
2,3、高齢の場合は肺炎の兆候は出にくく、発熱も殆どない場合も少なくありません。手が冷たかっただけではサインとしては目安にはならなかったと思います。看護師が定期的に体温を測っているはずで、急激な低下や上昇があれば通常は主治医に報告がいきます。このあたりは主治医に詳しく再度説明して頂いてください。その方が納得いくと思います。

Q死んだ親を思い出して寂しく思う時はどうしたらいい?

数ケ月前、母を亡くしました。父はすでに亡くなってるので私(男です)は天涯孤独になりました。

もともと母と私は別居してましたが、母は体調を崩すことがあったので、母のことが心配になり母と二人で同居してました。

母とは喧嘩することもよくありましたが、母と私は仲は良かったです。

しかし、ある人に「いい歳を男が母と仲が良いだなんて甘えてる」と言われたことがありショックを感じました。
甘えてると思いますか?

あと世間の人は死んだ親を思い出して寂しさを感じたとき、どうやってその寂しさを紛らわしてるのでしょうか?

(結婚したら?という人もいますが、当面は結婚する気にもなれないのです。)

Aベストアンサー

こんにちは。
色々皆さんが回答されてるので僕はひとつだけ。
気を紛らわすのはいいですが、やはり強くなるのが一番かと。
あなたの周りの友達や同僚、後輩や部下、上司でもかまいません。
あなた体験談を聞かせてあげてみてはどうですか?まだ、親が生きているうちにやるべき事、後悔しないようにした方がいいこと。
聞いたほうは煙たがるかもしれませんが、なかにはそれを聞いて人生がかわる人もいるかもしれない。
決して恥ずかしいことではないですよ。
みんな頭ではわかっていても親孝行とかなかなか出来ずに後悔してしまいます。それを背中を押してあげるようになれば、あなたはきっと強くなっていくし、そんなあなたを見てる両親はきっと誇りに感じてると思いますよ。
あなたは優しい人です、みんなにもその優しさを…
長くてごめんなさい!


人気Q&Aランキング