プロが教えるわが家の防犯対策術!

動力用柱上変圧器が設置されている電柱の隣が電灯用柱上変圧器が設置されている電柱であったとします。二つの電柱間には低圧線が高圧線の下に水平に2本、さらに下に縦に3本張られています。この区間からは三相200Vと単相200V、100Vの三種類が取り出せるのでしょうか?
縦3本の一番上が中性線である場合、この区間は単相しか取り出せない気がしたのです。
それともこの線は動力トランスの二次側から線が出ていて繋がっているので200Vの電気が流れているとして三相200Vが取れても単相が取り出せないという事なのでしょうか?
2個の単相変圧器のV結線は分かったのですがここがイマイチ分かりません。

http://dende777.fc2web.com/denkou/ginou/trance/t …
(一番下の図)

「低圧配電線について」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

No.5です。



>完全2相短絡が0Vなのが分かりません。
>これって柱上の単相変圧器1個に引き下げる時と同じ事じゃないのですか?

完全2相短絡が0Vとなるのは、2相間の線間電圧が0Vになります。実際にはそこまで達しませんが、理論的に2相間の線間電圧が低くなります。

>よく考えたら一般的には66kV/6.6kV変圧器の2次側は内蔵Δ結線で中性線は非接地のようですがこれなら一線完>全地絡の場合でも6.6kVではないのでしょうか?しかし配電用変電所の地絡関連の保護継電器には
>3810Vと書いてあった気がします。
>要するに「66kV/6.6kV変圧器の2次側は内蔵Δ結線で中性線は非接地」でそこから街中の配電線に出て行き柱上>変圧器一次側のV結線、あるいは単相の結線に至りますよね。

電力会社の66kV/6.6kVの変圧器は、Y-Y-△です。仰られている内蔵△結線は、私のいう3次巻き線のことでしょうか?内蔵△結線は、3次巻線となりますが。需要家の変圧器だと電力会社の電圧と同じようにY-△というのがありますが。
非接地の場合は、接地変圧器(EVTまたは、GPT)というものを6.6kVの母線に接続し、2次巻線にて母線電圧を検出測定し、3次巻線にて地絡電圧を検出します。オープンデルタというものです。
Yだろうが、△だろうが完全一線地絡の電圧は、3810Vです。静電容量分の電圧で決まるため、目に見えないコンデンサのスター結線のため、△結線でも6600Vではなく3810Vとなります。
配電用変電所の地絡継電器に3810Vと書かれておりません。EVTに、6600/110/(190/3)というのはみたことありますが、継電器にはそういう風に書かれていなかったと思います。


>もっと言えば送電系統では超高圧変電所では275kV/66kV変圧器ではY-Δ、送電線を通って配電用変電所の66kV/6.6kV変圧器に至る訳ですがΔ結線を出てY結線に至るまでの送電途中に相電圧、線電圧、対地電圧の関係が変わってくるのではないかと思ったのです。

超高圧変電所のバンクはY-△ではありません。
Y-Y-△です。275kV(154kV)/66kV/22kVとなっています。22kVは、調相設備や、所内電源として使われています。電圧階級により相電圧、線間電圧、対地間電圧はもちろん変わります。
中性点接地方式も違ってきて、事故時の検出方法もケースにより変わってきます。

>常に対地電圧=相電圧と誤解していたようです;
>なお、対地電圧と線電圧がΔ結線・V結線の時は同じなのは知っていました。
http://www.kdh.or.jp/safe/document/advice/01/33.
>v相の相電圧の確認ですがコイルから接地線分岐点までが200Vでそれ以降は負荷に至るまでは0Vですか?
>それとも一貫して200Vなのでしょうか?
>後者だったとしたら理屈に合わない気がします。なぜなら東電管内郊外で一般的な動力2線+電灯3線の配電方式>の場合、電灯の中性線を動力線は共用するので相電圧が200Vであったとしたら一般家庭に引き込まれた時に中性>線が200Vで使用不可になっていまう気がしたのです。
>それとも「対地電圧が0Vだから共用はOK」なのでしょうか?

△とV結線は、相電圧=線間電圧です。線間電圧が200Vとしたら、相電圧も200Vです。
負荷に至るまで相電圧は0Vではありません。200Vとなります。添付されたものと同じです。接地された相については、対地間電圧が0Vとなるだけです。
相電圧が0Vだったら、欠相となります。

>以下のサイトの「そう、低圧動力線は三相交流なのに電線が二本しかないのである。あとの一本はどうするのか。」がこの質問の発端でした。
http://www.tl.cc.uec.ac.jp/~takata/Power/LowVolt
理論的に考えると疑問が湧いたもので。

私は、配電屋さんではありません。主さんが配電屋さんになるのであれば、このような低圧配電線を理解することはいいのだと思いますが、実際のところ一般的な電気屋さんになられているのかなるのか存じませんが、電力会社の方式と一般需要家の方式をごちゃごちゃにしてしまうとわかりにくくなります。
まずは、普通の変圧器の結線方法を十分マスターしてから、このような質問をした方がいいかと思いますが。

この回答への補足

詳しい解説ありがとうございます。
という事は動力線v相電圧=200v(単相三線の中性線と共用)、電灯線r(t)相電圧=(-)100vですね。
この場合の線電圧は200-100=100Vで一般家庭に単相三線を引きこみ100Vを使用できますね。
間違っていますか?

補足日時:2012/09/17 16:39
    • good
    • 0

No.5です。



どれか一本を供用することで間違いはないと思います。どれかと言われてもケースによって違うと思います。
配電系をやられている方でないとわからないでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私の住んでいる街では一般的ではありませんが典型的な低圧線である灯動共用三相四線式等解説の多い事例を中心に学んで基礎をしっかり固めて行かねばなりませんね。

お礼日時:2012/09/17 21:32

どうも私のほうにも理解不足があったようです。



このような地域でも5線式を使うのですね。
動力と電灯を別々のTRで構成して、それぞれを別々の配電線で送る方法です。
ただし接地側線を共用することで電線を1本節約するという方法ですね。
電灯の中性線はほとんど電流が流れないことを利用して動力の設置側線と共用しようという方法です。

あと、動力需要は現在はいろんなところにあります。
事務所の空調や場合によっては住宅でも大型の空調機で使われています。
    • good
    • 1

なんか2の方も誤解があるようですので補足します。



>つまり、主に小規模の高圧受電の需要家用の結線なので、動力をほとんど必要としない低圧需要家用の電柱上の結線とは別のものです。

電力会社の低圧配電線は同じ電柱から複数の動力需要と電灯需要を供給します。
ただし、通常は電灯需要のほうが多いため電灯主体の配線となります。
ところがその中に動力需要が分散して存在します。
場合によっては電灯のみの地域に動力の新規需要が発生します。

従って電灯TRを主体に形成し、必要に応じてもう一台の単相TRを設置して異容量V結線にて動力需要に対応します。
また隣接(近くの)電柱にV結線変圧器があれば動力専用線1本の延線にて容易に需要に応じることができるようになっています。
電力会社の配電設備は需要の新増設に容易に対応できることが必要ですので、上記のような配線方法をとっています。

ただし、引き込み線は電灯+動力の需要家であっても動力と電灯の引き込み線を設置します。


動力専用TRを設置するのは非常に大きな動力需要が発生した場合や電灯需要家に影響を与えるような動力需要がある等特殊な場合です。

この回答への補足

写真でいうところの奥にある電柱には同容量の単相変圧器40kVAが2台設置されていました。
古い木造住宅主体の地域なのに動力需要があるのか謎ですがとにかくそうなっていました。
二次側は3本の線を出している一般的なV結線のようでしたから動力専用変圧器という事になるのでしょうね。写真手前は単相変圧器50kVAが1台設置となっています。ありふれた電灯専用変圧器でしょうね。

なお、写真に写っていませんが右側にはホームセンターありましてここには6.6kV高圧線が構内第一柱に向かって伸びていてそこから地中にケーブルで引き込まれていましたので動力専用変圧器が何のために設置されているのかは不明です。

補足日時:2012/09/15 22:52
    • good
    • 0

>見づらい写真で申し訳ありません。

実は写真手前の電柱には動力線は掛けてあります。
>手前側でも動力を取れるのかが知りたかったのです。

写真に写っている手前の電柱まで4線ということでしょうか。
(写真では3線しか見えませんが)

だとすればこの電柱から三相200Vを引き出すことが可能です。
むしろ、既に三相200Vを引き出しているのだと思います。

この回答への補足

いえ、5線です;
動力線が横水平に2本、すぐ下に電灯線が縦垂直に3本となっています。
私の住んでいる地域ではもっとも多く見掛ける典型的な低圧配電線の張り方でした。

補足日時:2012/09/15 22:35
    • good
    • 0

質問主さんは、まだ3相交流を理解されていませんね。


前の回答の補足のコメントからわかります。

>昨日、短絡と地絡では結線方法によって電圧が異なることを学びました。例:公称電圧三相三線6600Vの短絡電圧は6600V、地絡電圧は3810Vこのことと関係があるかもしれません。

と書かれておられますが、誤解をされています。
公称三相三線6600Vの短絡電圧は、6600Vではありません。実際は、6600V以下となります。もしも完全2相短絡となった場合は、0Vになります。そこまで行きませんが、線間電圧は低くなります。
また地絡電圧については、完全一線地絡となった場合は、3810Vになります。
三相三線6600Vのスター結線の場合であれば、相電圧は6600/√3であるため、3810Vとなります。
線間電圧は、もちろん6600Vですが。


>結線方法によって相電圧と線電圧の関係が変わる事を知りました。
>接地した場合その線の相電圧は0Vになっても線電圧はしっかりあるのですね。
>だから動力専用に使用される単相変圧器2台の2次側をV結線とし、一線を接地することで得られる三相200Vの場合、
>3本の線電圧はu相-v相、v相-w相、u相-w相ともに200Vですが相電圧はu相とw相は200Vなのにv相は0Vですね。
>相電圧0Vというのに抵抗がありましたが線電圧によって負荷が作動することを考えると何ら問題ないのですね。
>だからこそ三相三線の縦張り低圧線の一番上の中性線は0Vなので動力線のv相と共用出来るのですね。
>実に奥が深いです。


デルタおよびV結線の線間電圧=相電圧であると理解されていますか?
また対地間電圧というものについて理解されていない様に思えます。V結線の相電圧は、すべて200Vです。
相電圧=線間電圧です。接地が繋がれている相の相電圧=0Vではありません。
相電圧ではなく、対地間電圧=0Vとなるはずです。
V結線は、接地をしたから、三相とも200Vになるのではなく接地をしなくても、三相とも200Vになります。V結線の中相のv相に接地を繋いだ場合は、線間電圧のu-v,v-w,w-uはそれぞれ200V、相電圧は、線間電圧と同様なので、200Vです。対地間電圧は、u-E=200V、v-E=0V、w-E=200Vとなります。
三相交流は、そう簡単に覚えられるものではありません。ベクトルオペレーターを覚えて、結線方法や相電圧、線間電圧の位相差や、そのほかに相電流や線電流(線間電流)の意味を理解して、ベクトルの向き(電位の大きさ)などを相互的に見て理解しないとわからないものです。

この回答への補足

ベクトルや数学などの基本的知識を先に身につけなければならないようです。
しかし気になったもので。

完全2相短絡が0Vなのが分かりません。
これって柱上の単相変圧器1個に引き下げる時と同じ事じゃないのですか?

よく考えたら一般的には66kV/6.6kV変圧器の2次側は内蔵Δ結線で中性線は非接地のようですがこれなら一線完全地絡の場合でも6.6kVではないのでしょうか?しかし配電用変電所の地絡関連の保護継電器には
3810Vと書いてあった気がします。
要するに「66kV/6.6kV変圧器の2次側は内蔵Δ結線で中性線は非接地」でそこから街中の配電線に出て行き柱上変圧器一次側のV結線、あるいは単相の結線に至りますよね。
もっと言えば送電系統では超高圧変電所では275kV/66kV変圧器ではY-Δ、送電線を通って配電用変電所の66kV/6.6kV変圧器に至る訳ですがΔ結線を出てY結線に至るまでの送電途中に相電圧、線電圧、対地電圧の関係が変わってくるのではないかと思ったのです。

常に対地電圧=相電圧と誤解していたようです;
なお、対地電圧と線電圧がΔ結線・V結線の時は同じなのは知っていました。
http://www.kdh.or.jp/safe/document/advice/01/33. …
v相の相電圧の確認ですがコイルから接地線分岐点までが200Vでそれ以降は負荷に至るまでは0Vですか?
それとも一貫して200Vなのでしょうか?
後者だったとしたら理屈に合わない気がします。なぜなら東電管内郊外で一般的な動力2線+電灯3線の配電方式の場合、電灯の中性線を動力線は共用するので相電圧が200Vであったとしたら一般家庭に引き込まれた時に中性線が200Vで使用不可になっていまう気がしたのです。
それとも「対地電圧が0Vだから共用はOK」なのでしょうか?

以下のサイトの「そう、低圧動力線は三相交流なのに電線が二本しかないのである。あとの一本はどうするのか。」がこの質問の発端でした。
http://www.tl.cc.uec.ac.jp/~takata/Power/LowVolt …
理論的に考えると疑問が湧いたもので。

勉強して日が浅いものでして可笑しな事ばかり聞いてすみません;

補足日時:2012/09/15 22:24
    • good
    • 0

No.2です。


追記します。

動力と電灯の中性線は、碍子の色を見れば分かります。
その色は、青色になっており、特別な中性線である事を意味しています。
その他、横引きの動力線が茶色、縦引きの電灯線が白色の碍子を施設しています。
こちらは全国共通の色で、200Vが茶色、100V若しくは100/200Vが白色とされており、引込み線もこれにならっています。

一般的に低圧供給を行う需要家は、一部商店や事務所もありますが、住宅がほとんどです。
つまり、電灯の供給量の方が多いのです。
その為、多くの電灯用変圧器を施設する必要があり、添付ページの図のような不要な動力を必ず結線する必要はありません。
その為、一部の需要家に向けてのみ、動力用変圧器を別個に用意しています。

添付ページの図は、電灯と動力を同時に使用したい需要家であり、変圧器を単相用2台を使用する事で、安価で省スペースを狙ったものです。
つまり、主に小規模の高圧受電の需要家用の結線なので、動力をほとんど必要としない低圧需要家用の電柱上の結線とは別のものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解説ありがとうございます!添付ページの図は灯動共用三相四線式というやつですね。

結線方法によって相電圧と線電圧の関係が変わる事を知りました。
接地した場合その線の相電圧は0Vになっても線電圧はしっかりあるのですね。
だから動力専用に使用される単相変圧器2台の2次側をV結線とし、一線を接地することで得られる三相200Vの場合、
3本の線電圧はu相-v相、v相-w相、u相-w相ともに200Vですが相電圧はu相とw相は200Vなのにv相は0Vですね。
相電圧0Vというのに抵抗がありましたが線電圧によって負荷が作動することを考えると何ら問題ないのですね。
だからこそ三相三線の縦張り低圧線の一番上の中性線は0Vなので動力線のv相と共用出来るのですね。

実に奥が深いです。

お礼日時:2012/09/13 22:21

一般的な電力会社の低圧配電線は質問のURLの一番下の形態をとります。



2の方の回答のような電灯と動力変圧器を分ける方法は電力会社の配電方式ではむしろ特殊な例です。
(高圧需要家の低圧配線は電灯TRと動力TRを別けるのが一般的です)

柱上で単相変圧器2台をV結線して電灯・動力を両方取り出します。
従って低圧線は4本です。
写真のような縦引き配線の場合URLの図のように上から動力専用線・電灯線・中性線・電灯線となります。

中性線を除く3線で三相3線200Vを引き出します。

ちなみに写真の例では低圧線が3線のみですので動力専用線がありません。
すなわちこの場所には動力需要(三相3線200V)が無いため電灯配線のみとなっているようです。
写真を見ても住宅地のようですので動力需要は無いのでしょう。
URLの図で言いますと左側の変圧器が無い状態の配線ということです。

したがって、この区間からは単相200V、単相100Vおよび単相3線100/200Vが取り出せます。

また中性線は3本のまん中の線です。

この回答への補足

見づらい写真で申し訳ありません。実は写真手前の電柱には動力線は掛けてあります。
手前側でも動力を取れるのかが知りたかったのです。

昨日、短絡と地絡では結線方法によって電圧が異なることを学びました。
例:公称電圧三相三線6600Vの短絡電圧は6600V、地絡電圧は3810V
このことと関係があるかもしれません。

補足日時:2012/09/13 23:13
    • good
    • 0

柱上変圧器の結線は、添付されているページの一番下の図とは違います。


以前にもお話しましたが、動力変圧器と電灯変圧器とを別々で用意してあるので、結線も動力線と電灯線を別々で取り出しています。

まず別々で取り出した配線を、電柱に敷設したと思ってください。
上側に動力線三相3線式が3本、下側に電灯線単相3線式が3本になります。
この時、動力変圧器と電灯変圧器の両方に、B種接地を施設した接地極配線が必ず1本ずつあります。
これらの接地極配線は、どちらも0Vの同電位であるので、共有すればどちらか1本は無駄として省く事ができます。
こういった理由で、動力線と電灯線の中性線として1本にまとめています。

ちなみに添付ページの図は、省スペースの際に設置される受電設備の結線です。
つまり、高圧受電のキュービクル内の結線なのであり、最小限のスペースとしたい為、変圧器の数も最小限の2台しかありません。
その為、目的が違うので電柱上の結線とは違ってきます。
受電設備の方は負荷に応じて容量を設定するので、動力と電灯の容量バランスに変化は余りありませんが、電柱上の変圧器は新築や改築などで、動力や電灯の容量が別々に変化する可能性があります。
それらに対処する為に、変圧器を動力と電灯を独立させて設置し、容易に容量変更できるよう結線しているものと思われます。
    • good
    • 0

配電線の施工方法は、電力会社によって異なるためお住まいの電力会社を書かないと正確な回答はできないと思います、また東京電力エリアでも都心部と郊外で配電の方法が違います。

一般的にV結線で結線されているトランスであれば3相3線式200Vと単相3線式100/200V両方供給可能です、トランス1台で両方供給可能な灯動共用トランスもありますので単にトランス1台=電灯のみではありません。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
補足させていただきます。

東電の郊外です。

補足日時:2012/09/12 00:31
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q配電柱から作られる三相200Vについて

街中で普通に見かける6kV高圧線から3本の線で引き下げて単相変圧器2台をV結線にして三相200Vを作る場合についてですがこれって完全な三相200Vではない気がするのですが?
完全な三相200Vを作るには変圧器が3台、あるいは自家変電設備にあるような大型のコイルが3個入っている三相三線式変圧器でないと実現不可能に思えるのですがやはりそうなのでしょうか?

Aベストアンサー

 >低圧線は5本ありますが水平に張った2本は間違いなく動力線ですがその下の縦3本のうちの一番上の中性線が電灯線と共用になっているので完全な三相200Vとどこか違う気がするのです。
 >完全な三相200Vには中性線などないので。


仰る通り、縦引き3線の一番上は電灯、動力の中性線になっています。
これを使用し、上3線で三相3線式、下3線で単相3線式を取り出せます。
このような結線で動力と電灯を取り出せる理由は、動力と電灯をそれぞれ専用の変圧器としている為です。
その為、低圧配電線は動力、電灯共に並走していますが、電源となる変圧器の場所は、電灯用電柱と動力用電柱と別々になっています。
これらの変圧器にはB種接地は必須なので、それぞれの変圧器の1極に接地を施しています。
全ての接地極は同電位なので、これらを中性線とし、一本にまとめて配線しています。
以上の事から、電柱上の変圧器の結線は、通常のV結線から得られる三相4線式とは違っています。

ちなみに上記理由から、完全な三相3線式でも中性線はありませんが、接地極はあります。

QDV電線とOW電線

電気工事の素人です。

今回1点教えてください。
内線規程などには、
OW電線・・・低圧架空配電線用
DV電線・・・低圧架空引込線用
の記載がありますが、次の2点について疑問があります。

1.OW電線を架空引込線に、またDV電線を架空配電線に使用していないのはなぜでしょうか。わざわざ引込用と架空用に分けなくても、どちらの電線も架空配電線、引込線に使用できそうに思うのですが・・・
2.DV電線はメッセンジャーワイヤーを使用せずに施工できますよね。一方、OW電線はメッセンジャーワイヤーを使用して電柱間を敷設されているのをよく見かけますが、メッセンジャーワイヤーを使用せずに、OW電線を電柱間に張るような施工をすることは出来るのでしょうか。

Aベストアンサー

>OW電線も、DV電線同様、がいしで直接引っ張るのでしょうか
その通りです。

>DV電線を低圧架空配電線に使用することについては問題ないのでしょうか
1スパンづつ引留めなければならないし、撚り線部分では分岐接続出来ませんが、問題ないと思います。
電力会社は使用しないでしょうが、構内の低圧架空配電線に使用する場合はあります。

Q電灯と動力の違いってなに?

今更ですが電灯と動力の違いって何ですか?

単に対地電圧の差を区別する為の符号ですか?
電圧はトランスの巻き数比でいかようにも変化しますよね?

高圧受電で3相で取り込むか単相で取り込むかの違いですか?

基本的な事なんでしょうが考えてみると分からなくなってきました。
どなたかご教示ください。

Aベストアンサー

電灯と動力の大きな違いは、位相です。

電灯は、単相三線式の三本線でも赤~白~黒までの間で120°です。
電灯がそうなる理由は、高圧の三本の内の二本を取り出し、変圧器で200Vにさせているからです。
そして、変圧器の丁度真ん中からもう一本取り出したのが、白線です。
低圧側両端の赤と黒で200Vですから、半分に割った所の白は100Vとなる原理です。
そのため三本の線は、赤から60°ずつズレて白、黒となり、次にもどって赤になる間では、240°ズレています。

これに対して動力は、高圧をそのまま低圧にした物で、三本がそれぞれ120°ずつズレて順繰りに回転していくようになっています。
その為、発電機で発電した電源を、効率よく使用できるのが動力です。
主に電動機を駆動する回路に使用されています。

電灯も動力も、伴に高圧が低圧に流れ込んでこないようにする為、変圧器の低圧側で電線の一本を接地に接続しています。
B種接地と呼ばれ、どちらも白相に接続されますが、電灯と動力とではこの接地との間の電圧が違います。
電灯は先述のように白相が半分の位置である為、黒、赤相と白相との電圧が100Vですので、大地との電圧も100Vになります。
動力では、赤~白~黒の全てが200Vなので、大地との電圧も200Vになります。

このように、変圧器での変圧のやり方が根本的に違います。
200Vではどちらも同じ感じがしますが、大地電圧が違うので注意が必要です。

電灯と動力の大きな違いは、位相です。

電灯は、単相三線式の三本線でも赤~白~黒までの間で120°です。
電灯がそうなる理由は、高圧の三本の内の二本を取り出し、変圧器で200Vにさせているからです。
そして、変圧器の丁度真ん中からもう一本取り出したのが、白線です。
低圧側両端の赤と黒で200Vですから、半分に割った所の白は100Vとなる原理です。
そのため三本の線は、赤から60°ずつズレて白、黒となり、次にもどって赤になる間では、240°ズレています。

これに対して動力は、高圧をそ...続きを読む

Q電気回路の中性線とアースについて

気になったのでどなたか教えてください。


一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、
単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ
必ず接地されているそうですね。


で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって
いるとの事ですが、ここで疑問です。


家電製品などによくアース線というものが付いています。
(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
ないのですか?


また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、
次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか?
(危ないので絶対にしませんが、考え方としてどうか?をお聞きしたいです)


赤、白、黒の3線のうち、白を中性線とし、赤と白の2本がコンセントとして
きている場合、白を外してアース線に繋いだ場合。
(添付画像参照)


よろしくお願い致します。

気になったのでどなたか教えてください。


一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、
単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ
必ず接地されているそうですね。


で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって
いるとの事ですが、ここで疑問です。


家電製品などによくアース線というものが付いています。
(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
ように接地するものだという事ですが...続きを読む

Aベストアンサー

>家電製品などによくアース線というものが付いています。
>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
>ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
>中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
>蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
>ないのですか?

まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。

漏電は、電気を逃がしても解決しません。
漏れてはいけないものです。
火事や感電の原因になりますから。

静電気は中性線はおろか電力会社から来ている電源と無関係で、
普通、何の対策もしなくても人体への危険はありません。
但し機器を壊したり、
火花が発火事故の火元になったりすることはありますから、
それを防止するのに対策することはあります。
機器から電荷を逃がすというより、
どちらかと言えば人間から電荷を逃がします。
導電性の靴を履き床を導電性にしたりします。
電子部品なんかは導電性の袋に入れたりします。
これは静電気による帯電で例えばICチップのピン間に
何千ボルトという静電気由来の電圧がかかったりするのを
防止する為です。

次は家電製品についているアース線と、電源系統の中性線ですが、
これは全く別のものです。

アース線も電源系統の中性線は正しく接続すれば同電位です。
しかし目的が違います。

アース線は家電製品の表面や筐体などに、
故障や不良により、
内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまったような場合、
それを逃がす為の線です。
こうしてあれば、
内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまっても、
とりあえず電流はアース線を通って大地に逃げます。
人間が触れてもアース線と人体とでは、
圧倒的にアース線の方が抵抗が小さいので、
人間には電流はほとんど流れません。
これで人間を守ろうというのです。

ちなみにこれは3線式に限りません。2線式でも同じです。


>また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、
>次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか?

まともに動かないと思います。
確かに大地の電位と給電線の中性線は同電位ですが、
大地には抵抗がありまともに給電できない可能性が高いですね。

また仮にこれで家電を動かすだけの電気が流せたとしても、
これは漏電になります。
漏電遮断器が動作すると思います。

>家電製品などによくアース線というものが付いています。
>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
>ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
>中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
>蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
>ないのですか?

まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。

漏電は、電気を逃がしても解決しません。
漏れてはいけ...続きを読む

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

Q電力ケーブルと弱電ケーブルの離隔距離

電力ケーブル(VVFケーブル)と弱電ケーブル(LAN・電話等)の電線間の

相互の離隔距離って法的に決まっているのでしょうか? 強電と弱電は 

離して置かなければいけないと思うのですが 具体的な数値がわかりませ

ん。 ご指導願います。

Aベストアンサー

こんにちわ
本物の電気屋さんです

ずばり、お答えします

電力ケーブル(VVFケーブル)と弱電ケーブルの
離隔距離の規定は、きちんと明確に記述されております。

離隔距離の規定は、
直接接触しないように布設する。
が正解です。何cmとの規定はありません
接触していなければOKです
離隔1mmでも、10cmでもOKなのです。

ご質問の電力ケーブルがVVFケーブルであるため
電圧種別は、間違いなく低圧で、ケーブル配線となります。
ガイシ引き配線の場合は、
裸線と弱電線は、30cm
絶縁電線と弱電線は、10cmです
ケーブル工事の場合は、接触しなければOKですので
心配はいりません
強電ルートと弱電ルートを別々に作って布設すれば
何ら問題ありません

Q絶縁抵抗測定の使用方法

まだまだ電気の知識が初心者なので、教えてください。
1、絶縁抵抗測定とはなんですか?
2、使用方法ですが、どんな時に使用し、何ボルトではかればよいのですか?
3、絶縁抵抗が0の時にかんがえられることはなんですか?
説明不十分ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.絶縁抵抗測定とは絶縁抵抗測定器(通称メガー)で、測定するもので、主に電路と対地間で測定します。その基準値は電気設備に係る技術基準で以下のように規定されいます。
 ・使用電圧が300V以下で、対地間電圧が150V以下の電路:0.1MΩ
 ・使用電圧が300V以下で上記以外の電路:0.2MΩ
 ・使用電圧が300Vを超える低圧電路:0.4MΩ

2.メガーの測定電圧を規定しているものは特にありませんが、内線規定で以下のように推奨しています。
 ・100V電路 : 125V
 ・200V電路 : 250V
 ・400V電路 : 500V
これは、昔(といっても、私の会社も3年前まではそうでしたが)は低圧回路は500Vメガーで、高圧回路は1000Vメガーで測定していました。
しかし、100Vや200Vの回路に対地間とはいえその数倍の直流を印加した場合にインバーター等の半導体機器の損傷や雷ガード付OA用コンセントのショックアブソーバー機能などにより、正常にもかかわらず放電されることにより、あたかも不良かのような値が測定されてしまう(500Vメガーで、0.2MΩだが125Vメガーではinf)事が頻発したので、現在年次点検の際は、前述した通り、当該回路の使用電圧に近い電圧で測定しています。したがって、回路によっていちいち測定電圧を変える為、測定器は4レンジ(125V,250V,500V,1000V)のものを使用しています。

3.絶縁抵抗値が0MΩであれば、対地間では完全地絡、線間では短絡であると考えられ基本的にはいずれの場合もブレーカトリップとなると考えます。しかし、その値がメガーによるものであれば、0MΩと表示されても幾分かのインピーダンスがあると思われますので、遮断には至らない場合もあります。
ご質問の”絶縁が0”と言うのがどういう回路かにより説明が異なってきますので、宜しければもう一度投稿していただければ再回答致します。

1.絶縁抵抗測定とは絶縁抵抗測定器(通称メガー)で、測定するもので、主に電路と対地間で測定します。その基準値は電気設備に係る技術基準で以下のように規定されいます。
 ・使用電圧が300V以下で、対地間電圧が150V以下の電路:0.1MΩ
 ・使用電圧が300V以下で上記以外の電路:0.2MΩ
 ・使用電圧が300Vを超える低圧電路:0.4MΩ

2.メガーの測定電圧を規定しているものは特にありませんが、内線規定で以下のように推奨しています。
 ・100V電路 : 125V
 ・...続きを読む

QR相 S相 T相について

初心者な質問をするかもしれませんがわかるのでしたら教えてください。
(1)R相 S相 T相とはどこをみてR相と判断するのですか?
(2)R、S、T相は何の略ですか?
(3)同じようにモーターのU、V、Wとはなんですか?
U、V、Wは何の略ですか?

Aベストアンサー

第一線、第二線、第三線の代わりに其々R,S,Tと呼んでいるだけで別に意味はありません。  U,V,Wも同じです。  配電方式によって第二線が接地線のときもあります。

Q中性点とアースの違い

配線図を見ると、トランスの中性点から、接地線が「アース」がとられていますが、中性点とアースは、同じなのでしょうか?中性点から、アースをとっても、同じなのでしょうか?地中から、トランスに電流を逃がすのと、直接中性点に逃がすのと、違いは、?あるのでしょうか?

Aベストアンサー

中性点とアースは、同じなのでしょうか?
@どちらも大地に接地極を埋設しているのですが目的は全く違います。変圧器内で高圧と低圧が混食すれば電灯やコンセントの100V回路に6,600Vの高電圧が印加されて大変危険です。B種アース(トランスの中性点のアース)があれば高圧側(変電所等)でその電流を感知して地絡継電器が動作し高電圧を遮断できます。
中性点から、アースをとっても同じなのでしょうか?地中から、トランスに電流を逃がすのと、直接中性点に逃がすのと、違いは、?あるのでしょうか?
@中性点にアースを接続しては絶対ダメです。もし接続すれば電源線から負荷を通じて中性線に流れる電流(負荷電流)がアースを接続したところから分流して漏電電流になります。当然漏電ブレーカーはトリップします。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む


人気Q&Aランキング