『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

私の父は膨大とも言えるクラシックのレコードを持っていました。
数年前に父は亡くなり、そのレコードが残りました。
レコードと言っても、勿論、針を置いてステレオで聴くものです。
多くのレコードは厚い箱に入っている何枚組かのものが多いです。
当時の値段は全く分かりませんが、とても高価な物だったと思います。

父が使っていたステレオのアンプとか機械もありますが、それを使っていまどきレコードで音楽を聞こうとは私も思いません。

処分するのは忍びないのですが、そうした方が良いと考えています。

そこで、どれだけの値段になるのか?
なんでも鑑定団でレコードが出てきたというのは私は知りませんが、ときどき昔の物(ウルトラマンのおもちゃとか)でものすごい値段になるものがあります。レコードでもそういう値段がつく場合もあるでしょうか?

どちらにしても、売るにしても、どうやって売るのか、数が数だけにどうしようかと迷っています。

リサイクルショップとかに持っていけば一番簡単でしょうが、そうなると、ビックリするほどの高価な物が入っていた場合(知らなければそれでいいのかしれませんが)、父もあの世でオイオイと思ってしまうかも知れません。

そこで皆さんのお知恵を借りたいと思って質問させていただきました。
どうやって売ったら一番よいでしょうか教えてください。

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

すでに結論が出ているようですが、トンチンカンな回答も混じっているので付言します。



クラシック、ジャズといったアクースティック音楽のファンは、CDよりもLPを尊重します。なぜなら、1950年代のアメリカ盤、60~70年代のイギリス盤やドイツ盤、1980年前後の日本盤LPは、同じ音源を復刻したCDより音質がはるかに優れているからです。

CDのフォーマット自体が悪いわけではありませんが、古い録音をCDに焼き直すと、LPより音質が悪くなってしまうのです(理由を説明すると長くなるので省きます)。

ただし、60~70年代に世界中で流行した疑似ステレオLP(モノラル録音にリバーブを掛けるなどして、人工的に広がりを出したもの)は、二束三文の値打ちもありません。

LPマニアは、コレクターの遺族が価値に気づかずに宝物を放出してしまうことを、舌なめずりしながら待っています。貴重品をうっかりドブに捨ててしまわないよう、オークションで価値を確認することを私も強くお勧めします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

えっ?そうなんですか?
父のクラッシックのコレクションは、日本の物は日本にステレオレコードが出来たくらいからの物があります。汽車が右から来て左に走る様子とか。クラッシックの日本製の1980年代なんで大量ですたぶん一番多い気がします。アメリカ盤やイギリス盤やドイツ盤はよく分かりません。

音質に関しては確かに子供の時から素晴らしいとは思っていました。なんという表現か分かりませんが、LPはそこにオーケストラがいてその間の空気感のようなものを感じます。CDはその空気感がなくて理論的にはおかしいですが真空の部屋で聞いている感じがします。

質問して良かったです。本当にありがとうございました。
ちなみにレコードの量は6畳の部屋が段積みして埋まるくらいで、図書館に寄付した本は数万冊(採用されたのは1万冊余り)でした。
でも、オークションに出すのにどれくらい時間がかかるやら…。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2012/10/08 15:42

レコードは貴重な文化遺産です。


ジャズとクラシックのLPは値段が付きます。
けっして1kgいくらという目方で買い取るようなところには売らないで下さい。

東京であれば、diskunionが正しい価格で買い取ってくれます。
1枚50円~数百円です。
遠方であってもご質問者が送料を負担すれば、見積りをしてくれるはずです。

ただし、ご質問者がこれは貴重なLPで、
もっと高価な値段が付くということが分かっていれば、
ヤフーオークションの方が良いと思います。
1万数千円という値段が付きます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

オークションってすごいですね。
皆さんの回答を見てオークションを見直しました。
参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/08 15:45

手間を惜しまないのであれば、オークションへ。


また、yahooオークションを覗いてみて
同じものがあれば、出した場合の相場が想定できると思います。

お父さんがレコードや機器がそれほどお好きだったなら
懇意にしていたレコード用品店があるのでは?
たとえば年賀状やイベントのはがきが届いていたりしませんか?
オーディオ機器の専門店などは中古品も扱っていますので。

レコードについては必ずしも組み物が高価とも限りませんが
希少価値、マニアなど需要と供給の形で値段が高くなることもあるでしょう。
店舗だとコスト面もあるのでどうしてもすごく高値がつくということには
ならないかと思います。
かといって膨大な数をオークションに出すのも大変ですしね…。
もしオーディオ機器のお店と機器についてやり取りをされることになったら
その中で、お勧めの中古レコード店などを聞いてもいいかもしれませんが…。
クラシックを専門にしてるところに鑑定してもらうとか
オークションなどで相場がつかめていて高値が見込めるものだけは
オークションで売って、残りは処分するよりは、という形で中古店に持っていかれては。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やっぱり相場を知る必要がありますね。
その方法は今のところオークションになりそうです。(お店はよく分かりません)
参考にさせていただきます。丁寧なご回答をありがとうございました。

お礼日時:2012/10/07 11:42

箱にはいっている?というのはセット物ということでしょうか?


レコードの価値はまず初版で有ること。状態が良いこと。貴重で有ること。です。
つまり流通が少ないものがキレイな状態で有れば高いと言うことです。
クラッシクは貴重なものが少ないのですよ。何故なら貴重なら最初から保護されているからです。
カラヤンの録音を消してしまうレコード会社も無いです。ところがロック、歌謡曲、その他は当時はクズのような音源でも今見直されるものが多い。ところが録音さえ消えているどころか原盤もないと言うようなものも有るのです。
しかも売れなくて市場にも出回らなかった物が沢山有ります。
クラッシクの箱物は殆どが初版ではありません。まずこれがネッ
ク。それと市場にも多くのファンがいて出回っている。さらに音質を追及するのでCD にシフトした人が一番多い。
ということで、期待は出来ませんが千枚に一枚お宝が有ることも有るので、ヤフーオークションとかに出すしかありません。
そのときはリストを提示して百枚単位でまとめたほうがよいでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

セットものですね。私は中を見てはいないですが3センチとか5センチぐらいですかね。
オークションですか?ハードルが高そうですが仕方ないとは思うものの大量にあるので困っています。
蔵書は父の生前に図書館に寄付するという意思があったので図書館に寄付しました。
そのとき、あんまり大量なので整理する時間が必要でしたが、整理する人件費の予算がついたので寄付が実現できました。
本については多くの人に喜んでもらえるので価値がありますが、レコードとなると…。

オークション、参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/07 11:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実家から出てきたレコード盤やソノシートの価値が知りたい。

 我が家の実家が引越しをした時に、昔集めていたレコード盤がたくさんみつかりました。
 おにゃんこクラブのLP/EP盤・TOMCATなどちょっと前にレコードなど・・・。
 でも、これらなら、実際に中古レコード店に持っていけば価値がある程度判りますし、インターネットオークションも結構あります。
 ところが、それと一緒に出てきた、いかにも古い外国の人のレコードとか島倉千代子の若い時の物、それからソノシート盤に至っては、戦後すぐぐらいのもので、歴史上の人物の声(エジソンとかガリクソン・ヒットラー)などやらが入っているような不思議なものがいくつかあります。
 母いわく祖父が集めていた商品らしいのですが、こういうのの価値ってどこで調べたら判りますか??お宝なんでしょうか??

Aベストアンサー

> いかにも古い外国の人のレコードとか島倉千代子の若い時の物

これは恐らく、EPやLPよりも古い、
SPレコードと呼ばれるフォーマット(78回転)ではないかと思われます。
SP盤を扱う中古レコード店は「富士レコード社」が有名なようです。
http://www.fuji-recordsha.co.jp/
そこに問い合わせれば価値がわかると思います。

ソノシート盤は、テレビ東京の「なんでも鑑定団」にでも出してみてはどうでしょう。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/

Qビートルズ レコード レアの見分け方は?

中学生で、ビートルズファンです。
つい最近、良いCDショップを見つけました。そこには、LPも売っています。
そこで、オークションでレアなら高く売れると思い(オークション代行店にやってもらいます。)、店員にレアなLPはどこか聞くと聞くと、ここら辺はレアです。と、いわれました。値段は1000円~6000円ほどでした。
これまでのオークションを見ると、レアなものは30000円ぐらいで落札されていました。そこで僕はオークションは、レコードの店より安くで買えるから人気があるのでは?と、疑問に思いました。なので、ビートルズの30000円ぐらいで売れる(オークションの場合)LPのなまえ、特徴などを教えてください。
できれば写真もお願いします。
PS.LP限定でお願いします。確かすべてステレオだったと思います。唯一覚えているのはホワイトアルバムで、ナンバーは万単位でした

Aベストアンサー

「ビートルズ」でレアと言えば、日本盤(東芝音工)プレスでは、非常に少ないですが、(ファースト・プレス)の{瓢箪帯}の物。
「レット・イット・ビー」の{ボックス}盤
(東音工)盤の(ファースト・プレス)の赤盤
後、かなり後になって発売された、(ビートルズ・イン・イタリー)
ぐらいで、種類は少ないです。ですから国内盤は、まず、帯がある事。帯が無いと価格が下がります。といっても、{国旗帯}{フォーエバー帯}色々ありますが、ほぼ価格は、その当時の定価ぐらい。\2,800前後。
(イン・イタリー)で \7~8,000 ぐらい。
レア物の代表は、やはりアメリカ(キャピトル盤)の「ブッチャー・カバー」
\100,000~\300,000
イギリス(UK)盤の(パーロフォン盤)のファースト・プレス 通称(ゴールド・パーロフォン)と呼ばれています。
\50,000~\200,000 ぐらい。
その他、「ビートルズ」の物は数え切れない程あります。
クリスマス・レコードなども。
私が見た中では、「ホワイト・アルバム」のシリアル・ナンバー が <000032>とゆう、なんと二桁台の物で、\1,350,000 しました。
当然、枚数は持ってますが、高額な物は余り持ってません。
写真といっても、見てもジャケットは同じなので、ごく普通にある国旗帯の日本盤が、帯がなく、古く痛んでるだけなので、意味は無いと思います。

「ビートルズ」でレアと言えば、日本盤(東芝音工)プレスでは、非常に少ないですが、(ファースト・プレス)の{瓢箪帯}の物。
「レット・イット・ビー」の{ボックス}盤
(東音工)盤の(ファースト・プレス)の赤盤
後、かなり後になって発売された、(ビートルズ・イン・イタリー)
ぐらいで、種類は少ないです。ですから国内盤は、まず、帯がある事。帯が無いと価格が下がります。といっても、{国旗帯}{フォーエバー帯}色々ありますが、ほぼ価格は、その当時の定価ぐらい。\2,800前後。
(イン・イタリー)で \7...続きを読む

Q古いレコードは売れますか?

朝から大掃除。古いレコードが出てきました。
・氷の世界(LP)井上陽水。
・二色の孤独(LP)〃。
・禁じられた遊び(45RPM)山口百恵。
・東京ブギウギ(45RPM)笠置シズ子。
など約40枚。
この手のレコードはオークションで値が付きますか?

Aベストアンサー

保存状態次第でしょうね。
ただ、書かれているようなポピュラーなものは欲しい人はすでに持っているだろうし、値が付くかどうか微妙かもしれませんね。

※私はネットオークションが普及する前には、レコード中古市の情報を探しては関東圏を走り回ってました。
手持ちの物より程度が良ければ同じ物でも買う方です。
正直、レコードの状態が目視できないネットオークションでは絶対に買わないですね。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q京都市内でレコード買い取りしてくれる店

お世話になります。
京都市内でレコードを買い取りしてくれる
店を探しています。
買い取りと言っても、お金にしたいわけではないので
引き取りをしてくれるだけでもかまわないのですが・・。
今時、何を捨てるにしてもお金のいる時代ですからね(^_^;)

京都市内で心当たりがなければ、近畿圏、もしくは
国内で郵送で買い取りを受付してくれる店の情報
でも結構です。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

京都市左京区の東山二条の北行きバス停留所前に
古いですが「太陽」と言う名前のお店があります。
ただ、営業時間が確か昼過ぎからという難点がありますが、結構京都では古くて有名なお店です。
お店の扉にはハート型のレコードがデコレーションしてあります。

お店名:太陽中古レコード専門店
電話番号:075-771-7475
住所:京都市左京区岡崎徳成町10
最寄りのバス停:「東山二条」
地下鉄東西線「東山駅」からでも徒歩10分程度。
こちらは出張可能か、電話のみのお問い合わせになります。

あともう1軒は「ジェットセット」
地下鉄東西線「京都市役所前駅」から徒歩2分程度。
こちらはHPのURLを書いておきます。
100枚以上の大量処分の場合は送料着払いでの買い取りもしてくれます、(300枚以上なら出張だそうです)

参考URL:http://www.jetsetrecords.net

Qクラシック音楽のレコードが聴きたい

掃除をしていたら30年ほど前のクラシック音楽のレコードが出てきました。
ただプレーヤーはもう家にありません。
そこで質問ですが、よくクラシックはレコードで聴くのが良いといいますが本当でしょうか?
30年前はまだ子供で親が買って聴かせていたので記憶がありません。
またレコードプレーヤーを買う場合、1万円くらいの安いものでもCDを聞くのよりいい音で聴けるのでしょうか?

1.CDとは違うから安くてもレコードプレーヤーを買うべき
2.CDのほうが劣化しないからレコードは捨ててCDを買いなおすべき
3.その他の意見

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もCDで買い直したりしますが、
レコード盤も捨てずに持っていますし、たまには聞いています。

レコードは文化遺産です。
機能とか精度とか、そりゃ手作りと量産品を比べるようなもので、
同じ土俵で論じるのはおかしいです。
骨董品と同じです。

そういう気持ちで接してやればいいのではないでしょうか。
骨董趣味は無いというのであれば、かさばって置き場所に困るので、
手元に置く必要はないですね。
でも捨てずに、中古LPショップに売って下さい。

Q古いウイスキーに価値はあるのでしょうか?売り方がありますか?

自宅に古いウイスキーが10本ほどあります。
母が30年以上前に、空港の免税店で購入したものです。
当時1本7000円~10000円ほどしたそうです。

我が家は誰もお酒を飲まないのですが、「ウイスキーを長く置いておいたら熟成しておいしくなるはず」と母が思い、大切に保管していました。
しかしここ5年ほど、湿気の多い場所においてしまったため、ウイスキーの瓶自体は未開封ですが、箱やラベルがボロボロになってしまいました。

このウイスキーを、「そろそろ価値が出てきたかもしれないから、売ったりできないかな。インターネットのオークションで売れたらすごく嬉しいんだけど」と母に相談されました。


お酒のことがさっぱり私にはわからないので、以下のことを教えていただけたらと思います。

1.ウイスキーは長くおくほど価値がでてくるものなのですか?
  むしろ、古いと価値がないのでしょうか・・? 
 (未開封の瓶のウイスキーです)

2.もし価値があるとするなら、オークション以外に売る方法はありますか?

3.箱やラベルがボロボロのウイスキーは、たとえ未開封でもオークションで売るべきではないのでしょうか?(食品衛生上の問題で。)


どれかひとつでもいいので教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

自宅に古いウイスキーが10本ほどあります。
母が30年以上前に、空港の免税店で購入したものです。
当時1本7000円~10000円ほどしたそうです。

我が家は誰もお酒を飲まないのですが、「ウイスキーを長く置いておいたら熟成しておいしくなるはず」と母が思い、大切に保管していました。
しかしここ5年ほど、湿気の多い場所においてしまったため、ウイスキーの瓶自体は未開封ですが、箱やラベルがボロボロになってしまいました。

このウイスキーを、「そろそろ価値が出てきたかもしれないから、売ったりで...続きを読む

Aベストアンサー

1.瓶詰めでは熟成しません。
 栓がしっかりして、日に当てなければ品質の悪化は無い
 でしょう。悪化か維持か、どちらかです。

 価値は希少なものがあるかどうかです。
 例えば、数十年前のグレンリベット12年物は今の12年
 物と品質の悪化が無ければ同じ価値です。
 数十年前は免税店でなければ1万円以上したと思います。
 今は3千円ほどで買えます。2千円切ったこともあります。

 なので、殆どは買った時よりも安くなっていると考える
 のが自然です。
 ただもう生産が終了して、世界に何本も無いような酒であ
 れば、当時安くても話は違います。
 アブサンとかは当時でも無かったでしょうが、今、1本出て
 きたら幾らの値段が付くか想像出来ないです。凄い高値で
 しょう。

 ボロボロでもラベルを読み、何の何年のものかを明らかに
 するのが先決でしょう。何年ものというのが樽で熟成され
 た年数です。
 ワインと違って作られた年は関係が無いです。
 またウィスキー以外も混ざっているかもしれませんね。

2.分かりません。なんらかの方法で価値のあるものが
 安く出ていたら私は買いたいです。情報が得られるか
 どうかでしょう。

3.栓さえしっかりしていたら関係ないでしょう。
 何かが分からないほどにボロボロだったら、まあ価値はほぼ
 ゼロでしょうけど。

1.瓶詰めでは熟成しません。
 栓がしっかりして、日に当てなければ品質の悪化は無い
 でしょう。悪化か維持か、どちらかです。

 価値は希少なものがあるかどうかです。
 例えば、数十年前のグレンリベット12年物は今の12年
 物と品質の悪化が無ければ同じ価値です。
 数十年前は免税店でなければ1万円以上したと思います。
 今は3千円ほどで買えます。2千円切ったこともあります。

 なので、殆どは買った時よりも安くなっていると考える
 のが自然です。
 ただもう生産が終了して、世界に...続きを読む

Qレコードプレーヤーによる音の違いはあるか

現在、デノンのDP-1300IIを使っています。

季刊アナログ誌によるとプレーヤーによって音が変わるとのことですが、納得がいきません。
音を決めるのはカートリッジのはずです。

勿論、1~2万円のプレーヤーでは難しいと思いますが、ある程度(DP-1300II)以上なら余程悪い環境でない限りは99%位はカートリッジが支配することになるはずです。

趣味としてガチガチのプレーヤーを使用することを否定するものではありませんが。

そんなにプレーヤーによって音が変わるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

「音に違いがあるか?」「音の良い・・・は?」の質問が本当に多いですね。どのように感じ取れるかは人それぞれ違うでしょうが、音に違いがあることは間違いない事実ですね。ただそれが良い音とどう関係するかは、人それぞれの好みになるいますから、別の問題と思います。
50年オーディオにかかわってきましたが、ブラインドテストをすると、その評価のばらつきに唖然としてしまいます。フェアな形(価格帯も分けずにランダムに)でのブラインドテストが行われれば、おそらくカートリッジ以外での聴き分け(評価)は相当にばらつくものと思います。その観点からすれば、ご質問者のご意見には賛同します。
しかし、ココで重要な事は何かと言うと、趣味としての所有する喜びが、各々の機種にあるかと言う事です。特にアナログプレイヤーは手にふれる、調整するなど、趣味性の高い分野です。たとえば、SMEのアーム、ガラードやトーレンスなどのターンテーブルは触れる眺めるなどの点から、音を度外視してしまう魅力があります。
ハイエンドの世界ではダイレクトドライブよりベルトドライブに人気があるのは、音の違いよりもその構造から来る魅力であると言えます。違いが分かると言われる方もいますが、フェアなブラインドテストで行ったら全く違う結果が出る事を何度も経験しています。
ダイレクトドライブでもエクスクルーシブP3が別なのは、あの重量感とデザインが大きく所有感をくすぐるからです。マイクロの8000などもその部類ですが、マシーン的な外観が所有欲を注がれる人とそうでない人を分けると思います。
ご質問と違う話になってしまいましたが、DP-1300IIであれば、余り評価を気にせずにカートリッジの変化でいろいろな音を試されたらと思います。

評価から逃れる方法はただひとつ、良い音とか、自分の好きな音とかではなくて、そのプレイヤー本体にあなたが寄り添う事に尽きます。DP-1300IIにあなたが寄り添えるならば、もう何も必要ないでしょう。しかしご質問されている事自体から、寄り添うべきプレイヤーではないと言う事になります。
データ上の進歩はあっても、所有欲を満たすものと言うのは本当に少なくなりました。私であれば、アナログ全盛の時代のトーレンスやガラードにSMEやオルトフォンのアームを選択し、聴くと言う事以外に手入れや調整に楽しみを見つけます。ただこの場合は、アンプやスピーカーもそれに見合った物でないとバランスが悪いでしょう。このバランスと言うのは音の観点よりは、所有欲と言う事になります。低価格でも品位の高いアンプやスピーカーは新製品でもあるでしょうが、最近の日本製品には見当たりませんが・・・。マッキントッシュ(アンプ系)、クウォード(アンプ、コンデンサーSP)など、この辺りの程度の良い中古品で組みなおしてアナログを楽しめば、評価の呪縛から逃れられると思います。
そして、現代のオーディオにはPCオーディオをプラスする。PCオーディオは超デジタルゆえ、雑誌で言われるほどの音の差は出ませんし、出ていようがどうしようが、なんといってもアンプ、SPがそんな些細な違いを超えた世界を作ってしまいますから。

所有する喜び、その機器に自分が寄り添う事。この事でオーディオの世界が一変します。毎日手入れが楽しいですよ。

「音に違いがあるか?」「音の良い・・・は?」の質問が本当に多いですね。どのように感じ取れるかは人それぞれ違うでしょうが、音に違いがあることは間違いない事実ですね。ただそれが良い音とどう関係するかは、人それぞれの好みになるいますから、別の問題と思います。
50年オーディオにかかわってきましたが、ブラインドテストをすると、その評価のばらつきに唖然としてしまいます。フェアな形(価格帯も分けずにランダムに)でのブラインドテストが行われれば、おそらくカートリッジ以外での聴き分け(評価)...続きを読む

Q最高に音の良いCDプレーヤーはなに?

実際にお聞きになられた中で最高に音の良かったCDプレーヤーはなにでしょうか?

Aベストアンサー

一体型プレーヤーならば、思い浮かぶのがCH PrecisionのD1です。
http://www.zephyrn.com/products/ch/01_d1a.html
聴感上の物理特性もさることながら、無機的なところがまったく見当たらず、コクのある音像が展開されて、いつまでも聴いていたい気にさせてくれます。

ただし価格は360万円です。ほとんどの人は買えません(笑)。それと外観はセンスは良いとはいえ、見た目はそんなに高価な機器とは思えません。また電源スイッチが後面に付いていたりして、使い勝手も良いとは言えないでしょう。

トランスポートとDACとの組み合わせならば、47研究所のModel 4704/04 CD Transport “PiTracer”( http://www.47labs.co.jp/4704.html )とMARANTZのProject D-1( http://audio-heritage.jp/MARANTZ/etc/projectd-1.html )とのコンビを挙げたいです。ショップのスタッフ曰く「この音を聴いたら、誰でもSACDなんか不要だと思うでしょう」とのことでしたが、それも頷けるほどのハイ・クォリティなサウンドです。

ただし、Project D-1は今は生産していないので、組み合わせるDACはSOULNOTEのsd2.0B( http://www.soulnote.co.jp/lineup.html )でもいいと思います。

あと、そんなに高価格ではないけど印象に残っている機器として、MICROのCD-M2があります。
http://audio-heritage.jp/MICRO/player/cd-m2.html
アナログプレーヤーの専門メーカーとして知られていたMICROが出したCDプレーヤーで、高解像度よりも芳醇で味わい深いタッチを狙った音作りで、さすがと思ったものです。

一体型プレーヤーならば、思い浮かぶのがCH PrecisionのD1です。
http://www.zephyrn.com/products/ch/01_d1a.html
聴感上の物理特性もさることながら、無機的なところがまったく見当たらず、コクのある音像が展開されて、いつまでも聴いていたい気にさせてくれます。

ただし価格は360万円です。ほとんどの人は買えません(笑)。それと外観はセンスは良いとはいえ、見た目はそんなに高価な機器とは思えません。また電源スイッチが後面に付いていたりして、使い勝手も良いとは言えないでしょう。

トランスポート...続きを読む

Q昔の50円硬貨(穴あき、穴無し)の価値をおしえて

おばあちゃんが集めていた昭和30年頃の、50円玉を、
ほしい方がいたら売りたいと言っているのですが、
どのくらいの価値があるのか、また、何処へ持っていけば
良いのか、わかりません。
詳しい方がおいででしたら、どうぞ教えてください。

Aベストアンサー

 「昔の50円」という事は昭和41年までの50円という事ですよね。

  昭和30年~昭和33年:穴無し
  昭和34年~昭和41年:穴有り

 となっていますが、一般の家庭にあった物として判断した場合、昭和35年
以外の50円にはプレミアは付かない、と思って間違いありません。
 (最近は収集家も少なくなっており、市場に大量に残っているのが実情です。)


※理由と現在の引取価格目安

 昭和35年:発行枚数が少なく、プレミア対象になっている。
       おおよそ500~2500円程度で引き取ってもらえる。
       (状態によって価格差有り)

 その他年号:プレミア無し(存在量が多く、どのお店にも大量の在庫有り)
       額面通りの価値


 その他に、一般年号でもプレミアが付く可能性があるのは、俗に言う
「エラーコイン」です。一般的なものは下記です。

・角度ズレ
 表裏の角度がずれているもの。
  通常は±10度以上ずれていないと、「角度ズレ」として評価してもらえない
 場合がある。

・穴ズレ(昭和34年~昭和41年)
  穴が中心になく、ずれているもの。
  穴の縁が切れる程ずれていれば確実。
  少々のズレでは評価してもらえない場合が多い。

・穴なし(昭和34年~昭和41年)
  穴が無いもの
  前述の二つよりも評価が高い。

 エラーコインの場合、エラーの度合いにより評価が異なります。
 (価値もピンからキリまでです。)


 処分の方法ですが、下記の方法が考えられます。

1.古銭屋さん
  買取価格は何処でもほとんど同じと思って良い。
  当然プレミアも加味した金額となるので一番無難です。

2.骨董屋さん、リサイクルショップ屋さん
  古銭が弱いお店の場合は、全て額面という場合があるので注意。
  リサイクルショップ屋では引取らないお店もある。
  通常は高値の期待はしない方が良い。

3.インターネットオークション
  熱くなってくれる人が入札してくれると高値になる場合がある。
  (出品方法に一工夫が必要)
  自分だったらこの方法を選びます。

4.フリーマーケット
  安く買い叩かれる場合や、売れ残ってしまう場合の方が多く、
  値付けが難しい。
  手間を考えると個人的には絶対にしません。

5.銀行
  プレミア等一切関係なく、額面で引取ってもらえます。


 こんな所でしょうか。
  




 

 「昔の50円」という事は昭和41年までの50円という事ですよね。

  昭和30年~昭和33年:穴無し
  昭和34年~昭和41年:穴有り

 となっていますが、一般の家庭にあった物として判断した場合、昭和35年
以外の50円にはプレミアは付かない、と思って間違いありません。
 (最近は収集家も少なくなっており、市場に大量に残っているのが実情です。)


※理由と現在の引取価格目安

 昭和35年:発行枚数が少なく、プレミア対象になっている。
       おおよそ500...続きを読む


人気Q&Aランキング