『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

『役不足・確信犯』の正しい意味を知っている方にお聞きします。

普段、この言葉を正しい意味で実際に使っているのでしょうか。
それとも、誤解を恐れてこの言葉を使わないようにしているでしょうか。
それとも、正しい意味は知っているけど、一般的に使われているほうの
意味で使っているでしょうか。

私は、この言葉の正しい意味をこのサイトで知りましたが、それ以前は
間違った(一般的な)使い方をしていましたが、正しい意味を知って
からは、誤解される可能性を考えて(恐れて)実生活では全く
使わなくなりました。
特に『役不足』は、全く正反対の意味になるので、絶対に使えません。

他人がこの言葉を正しく使っているのを見聞きした事がないような
気がしますが、やっぱり誤解を恐れて使っていない人が多いのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

当方、年齢(年令ではありません)は66歳(66才ではありません)の男です。

ご質問とはチョット離れますが、かようにウルサイ男です。「才」は教科書でも使われているようで、一般化しているとも言えましょうが、「歳」の略字でもなく、(私は)正しいとは思いません。新聞では使われません。
「役不足・確信犯」の正しい意味は、ご質問者が認識しておられるので、その説明は省きますが、間違った使い方イコール一般的という認識を、私は有していません。間違った使い方のほうが、あるいは世間では多いのかもしれませんが、少なくとも「一般的」とは言えないと思いますが・・・。
私自身は、「確信犯」という言葉を使う機会はまずありませんが、「役不足」は(多くはないにしても)使うことがあり、またこの言葉を耳にする機会も少なくありません。
交際範囲が年齢的に近いこともあって、正しい使い方をされている方が大半です。ただ、自分では、意識して、できるだけこの種の言葉は避けるようには、心がけています。
なお、これらには2つの意味がある(一方は誤り)わけですが、意味(言いたいこと)は1つで、2つの言葉があります。「汚名挽回」と「汚名返上」です。つい最近もラジオで「汚名挽回」を聞きました(多分テレビでも使われているでしょうが、テレビはほとんど見ないので・・・)。
汚名を、返上はしてもいいでしょうが、これを「挽回」したら、イッタイどうなるのでしょうか???
言葉には、十分に気を付けたいものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「一般的」という表現は、自分でも少し変かなと思いましたが…やっぱり変ですよね。
あまりにも間違った使われ方が多いので、つい使ってしまいました。
ChMさんも、やはりこの言葉は避けますか。私も気をつけたいと思います。

お礼日時:2004/02/24 23:26

誤用の多い単語を数え上げるときりがないですね。


カタカナ語も和製英語も疑い始めると、、、どれも怪しく思えてきます…

でも、このご質問を見るまで、
悪いと知っていて、
わざとやってる、というのが確信犯だと思っていました!

それはさておき、八方美人、というのも、悪い言葉のようですが、このサイトで、「どこから見ても美しい」という意味があると教えてもらいました。

辞書的な意味は知らずに使っていることが多いです…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
『確信犯』の正しい意味を知ってもらえて良かったです。

お礼日時:2004/02/25 18:35

こんばんは。



「役不足」や「確信犯」は議論の余地があって良いですね。これを機に正しい使い方がされてほしいものです。

かわいそうなのは「独壇場」という「一人勝ち」を意味する言葉です。もともと「独擅場」(どくせんじょう)という歌舞伎の言葉だったのが、「擅」を「壇」と間違えた人々のため、誤解がまかりとおってます。

でも言葉って進化するものですからねぇ。「ほんとはこうなんだよ」とトリビア的に楽しむのが良いのではないかと考えてます。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C6%C8 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>「ほんとはこうなんだよ」とトリビア的に楽しむのが良いのではないかと考えてます。

社会人としては、そうも言ってられないと思いますが…。
でも、そのぐらいの「心の余裕」は欲しいですよね。

「独壇場」の事は初めて知りました。へぇ~ですね。

お礼日時:2004/02/25 00:11

私は時々使いますけど・・・


役不足や確信犯は有名になったからまだいい方です。わたしは、最近まで辞書に載っているのと逆の意味で使われていると知らないでいましたから・・・小説とか読書する人は大抵辞書での意味を知っているのでは?ことわざ・慣用句も結構誤解されているみたいですし(「情けはひとの為ならず」とか・・・)、日本人の日本語力は確実に落ちているように思いますが・・・(老若男女問わず)
世代間で意味が違うと、コミュニケーションが取れません。「ヤバい」とかって、いい意味には使いませんよ、私(オジサン)は。「先公が来た、ヤバイ」とは言いましたが、「このケーキ、ヤバイよ」なんていったら、「なんだ、腐ってるのか?」って言われましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
使いますか…変に誤解されていないかちょっと心配です。
正しく使っているのを実際に見聞きした事がないので、ちょっとだけ驚きました。

お礼日時:2004/02/24 23:49

私は「ただしい言葉などない」という立場です。



私は「言葉は通じればいい」という立場でもあります。また「美しい言葉を使いたい」とも思っています。

ですから、私は「役不足」も「確信犯」も使いません。
昔からの意味とは正反対の意味に捉えている人に、この言葉を話したら、その時点で、相手に大変な誤解を与える恐れがあります。
ひとことでいって「通じない」わけです。

英語を理解できない人に英語の単語をいわないように、通じない人に話しても意味がないでしょうし、危険です。

もし、どうしてもこれらの言葉が妥当で、これ以外に表現がないという理由で使いたければ

「割り当てられた役が本人の実力にあわず、役のほうが足りないときに『役不足』といいますが、まさにそういう状態ですね」



「法律的には間違いでも、それをすることがただしいと確信してやる、まさに確信犯ですね」

といった使い方をします。
これなら、通じますから。

でも、こんな持ってまわったようなことをいうつもりはあまりありませんから、やっぱり普段は使いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私と同じで「誤解を与える恐れがあるから使わない」という考えですね。

お礼日時:2004/02/24 22:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較