『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

現在新築を予定しています。せっかくなので、地下をオーディオルームにしたいと思っています。
オーディオルームと言っても機器に何百万もかけれないので、スピーカーとアンプで50万程度のレベルの部屋を目指しています。

そこで数点質問させてください。
(1)オーディオルームとして半地下と全地下どちらが良いのでしょうか
(2)換気用ファンのみの窓なしの部屋の方がよいでしょうか。

(3)スピーカーはELAC 243がいいなと思ってますが、地下のサイズが3m x 3.6m で高さが1.5~2mくらいなので、少々不安です、他にこのサイズの部屋に合うお勧めのスピーカーご存知でしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

1半地下、全地下の差は周囲に音がどれだけ漏れるかの差です、いずれも壁面がコンクリートになるため、反射が強くなります、本来なら吸音材を貼るのが良いですがコスト高になるので、厚手のカーテンのような素材でも十分吸音可能で、天井は布をテントのように貼れば吸音はある程度可能です。


実際上はノートPCとなるべくフラットな特性のマイクとスピーカー+アンプとFrieve Audio
http://www.pasocon110.com/db/
を使って、周波数特性を測定できるので、試しながら布を貼る位置スピーカーの位置などを、合わせるしかありません。
ELAC 243でよろしいのではないでしょうか?スピーカーの位置、吸音の方法等で合わせこめば全く問題は無いです。
又部屋の天井の四隅はかどを見えないように布を貼ることで反響を低減できます、床面の四隅は大きなクッション等で反響音は吸音できます。
位相差を見るならFrieve Audioでもある程度判断出来ますが、ソフトオシロを使ってステレオマイクで測定すれば可能です。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se376225. …
Audacityを使えば任意の周波数の正弦波を発生できます
http://audacity.sourceforge.net/?lang=ja
    • good
    • 0
この回答へのお礼

予算が厳しいのでカーテンでとりあえずはやってみようと思います。天井四隅は角がないほうがいいのですね。勉強になります。その他クッションなどをおいて調節してみたいと思います。ありがとう御座いました。

お礼日時:2013/01/17 21:09

はじめまして♪



地下構造の室内ですと、部屋の外へ逃げる音が減って、室内での反射音が多く成りがちです。
特に、低域共振、定在波が多めに発生しがちですので、場合に依っては低域過多と成る可能性が高まります。

半地下と完全な地下、どちらにもメリットとデメリットがありますし、それらに対する対処が行なえないならどちらもデメリットが目立ち、対処出来ればメリットが目立ってくれます。
外部への音漏れを少なくする、と言う場合は完全な地下構造の方が圧倒的に有利ですが、天井高が低く成り過ぎたんでは音響空間容積が小さく成りデメリットと成りそうです。
そもそも、1.5mの高さって、歩けないじゃぁないですかぁ(笑)

換気扇のみ、その換気扇の先も消音ダクトとかですよね。
さらに、万が一の際を考慮し、完全地下室なら出入り口は複数確保しておきましょう。
半地下で窓部で出入り可能なら、問題ないと思われますしね。

スピーカーの候補、なかなか良いと思いますよ。大き過ぎませんし、扱い易いと思います。

実際に部屋が完成して、そこで音を出した場合でも、半年から1年くらいは構造物の影響なのか、音が変化して行く傾向が大きいので、そのつどチューニングを必要としてしまいます。
最初から動かしがたい大掛かりな音響チューニング対策は行なわず、少しずつ変化出来る様なチューニング手法をお勧め致します。

低域処理は大掛かりに成りますし、本格的に考えると大きな場所も取ってしまいますので、適度な所で妥協するのが良いと思います。

石井式リスニングルーム を いちど眺めてみるのも良いと思いますよ。
http://homepage2.nifty.com/hotei/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

消音ダクトなるものがあるんですね。探してみます。1.5メートル高さだと地下を掘ってもそんなに予算がかからないらしいのです。倉庫扱いで。。。スピーカーの選択は良さそうで安心しました。石井式リスニングルーム勉強になります。ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/17 10:11

 地下室にオーディオ専用ルームですか。

うらやましい限りです。

 私には全く地下室の経験がありませんが、コンクリート打ちっぱなしの地下室は、やはり「残響」が問題かと思います。
 窓は、「音を逃がす」ことよりも「外部からの音の侵入を防ぐ」ために設けない方がよいと思います。その方が、部屋の音響の改善を内部だけで完結できますので。ただ、明かり取りや換気の目的もありますので、周囲が静かであれば半地下で窓を設けるのもよいと思います(音響面でではなく、居住性の面で)。

 地下室にした場合には換気方法を考える必要がありますが(酸欠や暖房で一酸化炭素中毒になるとまずいので)、この場合は空調機・換気扇の回る音、風切り音などの影響も考えた方がよいと思います。

 地下室・半地下とも、特に部屋の面積・体積が小さいようなので、壁面からの残響過多になると思います。反射をやや活かす壁(スピーカ背面)、反射を抑える壁(スピーカ正面)・床、反射をコントロールする壁(左右)・天井などを決め、材質、吸音材や厚手のカーテン、乱反射させるための表面の凹凸・家具・CDラック・本棚などのレイアウトをいろいろ工夫してみることが必要と思います。事前に概略決めておき、おいおい音を確認しながらチューニングして行く、それもまた、一つの大きな楽しみでもあると思います。
 リスニングルームの調整が、スピーカやアンプの選定以上に重要になると思います。アンプの影響はそれほどないと思いますので、お好きな、気に入ったスピーカを置いて、それが聴きたい音量でよい音で鳴るよう、時間をかけて部屋のセッティングを進めていくのがよいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。コンクリートの壁には厚手のカーテンを取り付ける予定でした。やはり窓なしが良さそうですね。静かな換気ファンを探してみたいと思います。この考える過程も楽しいですね。

お礼日時:2013/01/17 10:06

音漏れによる近隣への騒音問題がありますからやはり防音仕様にするしかないでしょうね。


コンクリートで囲まれていると反響するのでその対策も必要かと思います。
半地下なら窓はペアガラスにしないとダメでしょう。
完全な地下にすれば出入り口以外は防音になりますから反響しないように作るだけでいいんじゃないでしょうか?
機器も大事ですが電源もしっかりとしておいた方がいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

完全地下なら出入り口だけ固めればいいですね。もちろん電気工事もしっかりやるつもりです。ありがとうございます。

お礼日時:2013/01/16 22:56

その大きさでは6畳を少し超える程度ですね。

その場合完全な地下だと遮音は良いのですが、室内の容積としては少し不足気味だと思います。
また当然壁や天井はコンクリート等の堅い材料でしょうから、残響も共振が出やすいと思われます。
必ずしも音響的に良いかは疑問です。
一般の住宅では6畳といっても隣の部屋があるので実質的な空間は結構大きいのですが、地下はそれが無いですね。
ということでは半地下で窓から音が少し抜ける程度のほうが音響的には良いと思います。

スピーカーはその大きさであればたいていのものは使えます。ただあまりサイズが大きいと圧迫感が出ます。
通常のブックシェルフかトールボーイタイプが良いのではないかと思います。

具体的にはこれは個人の好みなので、店頭でご自分で試すのがベストです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど半地下にして窓を開けて音の逃げ場を確保した方が良さそうですね。近隣との遮音性とのバランスがむずかしいですね。

お礼日時:2013/01/16 11:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安価なオーディオルームの作り方

現在新築を検討しております。
半地下にオーディオルームを作ろうと考えています。

残念ながらオーディオルームと言いましても何百万円もかけれません。
そこで出来るだけ安価で音楽が楽しめる空間を作りたいと思っています。

高さや面積は決まってしまって変えられないのですが、壁/床/天井にはどのような素材(断熱材や仕上げ材など)を使用すれば良いのでしょうか。高価なオーディオ用ではなく既製品で安価なものを探しています。

以下仕様です
壁と床はRC造の上に断熱の為断熱材を仕上げ材を付ける予定です。
天井は木造なのですが、同じく断熱材と仕上げ材を貼ります。
半地下の面積は4x4メーターくらいの小さな部屋ですが、正方形ではありません。
スピーカはelac 330ce いづれは、500lineに行きたいと思っています。

断熱材や仕上げ材が決まればあとはカーテンなどで微調整するつもりです。

お手数ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。お礼ありがとうございます。

音響は、建築士の試験内容に含まれているのすが、残念ながらこれが出来なくても合格できるのです。優先度が低いとみなされてるんでしょうかね。
穴あきボードに限らず、建築用音響部材の多くは効果が特定の音域に偏っていたり、必要以上に強力だったりしますので、安易に使うと音を台無しにしてしまいます。適量という匙加減がなかなか難しいのです。
配置や綿密な音響計算無しにそれらを使うのであれば、むしろ普通の施工で床・壁・天井を作ったほうがマシな音に成ります。(音以外の住環境として普通だし、結構、音響設計の標準的ノウハウが一般施工に反映されている。ただし、個別に計算しないので偶に合わない場合も有り得る。)
そのあたり、こちらの記事を参照してください。個人的には若干異論もあるのですがリスニングという視点で書かれていますので参考になると思います。
http://www.lab-ssk.com/journal/enumeration/acoustical_env/index.php
特集の配置が逆順なので下から読み進んでください。
私も、上記記事の通常建材による全壁面同一素材案には基本的に同意できます。

また、前回答で触れた容積と表面積の関係ですが、表面積の比率が大きいほど吸音率(吸音面積)が高まります。家具を持ち込むとあまり吸音性でなくても部屋自体の残響が減ってゆくのが当然です。ただ、乱反射や回折効果などによりリスニングポジションで受ける影響は更に大きなものになります。このリスニングポジションというのが、音楽練習室を作る場合より楽な処です。部屋全体ではなく、スポット的に良ければ済みますので。
入れ物(部屋)自体はライブ気味(残響多め)に作っておき、家具やカーテン(天井から床までで一壁面がゆったり覆えるカーテン、左右に分かれるほうが使い勝手が良い)で調整するのが良いでしょう。特にコーナーは振動の節になる場所なので、そこに吸音性のものを置くと効果的吸音ができます。カーテンも壁一面に広げた場合は、(カーテンの材質やカーテン裏の空気層に影響されますが、充分な重量がある布と仮定します。これも結構な金額になりますね。デザイン的に許せば下部にスリット=隙間を作っても良い)全音域~中高音(裏の空気層が少ない場合低音は吸収されにくい)。カーテンをコーナーに寄せた場合は主に低音吸収というような使い分けができます。配置は、スピーカーの背後壁かスピーカーの対抗壁で、側壁に使うと音の潤いが損なわれてしまいます。壁からカーテンまでの距離というのが結構シビアに効きます。(音大受験生の防音とコンサートステージ対策で、四方全面カーテンを薦めて喜ばれた事を思い出しました。もちろん合格されました。)

ところで、建築でいうところのグラスウール断熱材は=吸音材です。スピーカーボックス内にも多く使われています。壁面ボードの裏側に入れるのは、壁表面仕上げのボードの面振動(一般的に低音)を吸収する為です。これにより部屋内の低音吸音に繋がります。保温と室内音響改善の一石二鳥です。(現在は一般化されてローンの条件にまで成っているのですね。)
逆に低音吸収をあまりしないでおくと、小口径や密閉型スピーカーのように普通では低音の量感が出しにくいスピーカーで、量感たっぷりな低音が出せることにもなります。あまり大音量にしなければ。
でも、予定していらっしゃるスピーカーは、サブウーハーが必要ないくらい低音が出るスピーカーだとか。

元に戻って、音響設計に疎い建築士さんだと、音響計算などと持ち込むとヘタに音響部材を使ってごまかす(=結果が悪い)方向に行きかねませんので、その対策として、リンク先の記事を熟読して置かれる事をお奨めします。
協力的な建築士さんなら一緒に部屋作りできると思いますよ。

No.2です。お礼ありがとうございます。

音響は、建築士の試験内容に含まれているのすが、残念ながらこれが出来なくても合格できるのです。優先度が低いとみなされてるんでしょうかね。
穴あきボードに限らず、建築用音響部材の多くは効果が特定の音域に偏っていたり、必要以上に強力だったりしますので、安易に使うと音を台無しにしてしまいます。適量という匙加減がなかなか難しいのです。
配置や綿密な音響計算無しにそれらを使うのであれば、むしろ普通の施工で床・壁・天井を作ったほうがマシな音に成ります...続きを読む

Q最近のスピーカーは良い音がしますか?

長年、古いスピーカーで満足(我慢)しているアラカン親父です。

最近のスピーカーは多分良くなっていると思いますが、我が家の古いスピーカーたちと比較して、本当に良い音がするのか気になるところです。
実際に購入して、今までの古いものと比較した経験のお有り方、その感想を是非お話し頂きたいと思いと思います。

当方が現在使用しているのは、タンノイ・アーデン、スペンドール・BCII、KEF・304、ロジャース・LS3/5A等です。
今はこの4機種がお気に入りで、ジックリ聴き込んでいます。
ジャンルは、女性ボーカルを主に、ソフトなジャズや小編成のクラッシックが多いです。
60年代のポピュラーや映画音楽もよく聴きます。
大音量が出せない環境なので、交響曲などはあまり聴きません。

昔買ったタンノイとロジャース以外は、中古で安価に購入したものです。
システムに金をかける余裕が無いので、高額の新品はなかなか買えません。
せめて、話だけでも最近の製品の良さを味わいたいと思います。
また、いま手持ちの物の良さも確認できれば、更に幸せかと思います。
宜しくお願いします。

長年、古いスピーカーで満足(我慢)しているアラカン親父です。

最近のスピーカーは多分良くなっていると思いますが、我が家の古いスピーカーたちと比較して、本当に良い音がするのか気になるところです。
実際に購入して、今までの古いものと比較した経験のお有り方、その感想を是非お話し頂きたいと思いと思います。

当方が現在使用しているのは、タンノイ・アーデン、スペンドール・BCII、KEF・304、ロジャース・LS3/5A等です。
今はこの4機種がお気に入りで、ジックリ聴き込んでいます。
ジ...続きを読む

Aベストアンサー

補足を頂きありがとうございました。メインに聞いているのが、50年代から60年代の
一部モノラルを含む、あのルディ・バン・ゲルダーの録音のものが多いので、ffとppの
音量差にはあまり気にかけなくて良いものが音源のメインです。ルディ・バン・ゲルダーが
デジタルリマスターしたCDも聞きますが、そんなにレコードとの差はありません。というか
アナログをかけたりひっくり返すのが面倒になりました。MP3ファイルも使って圧縮音源で
半日聞き流すという事もあります。2トラ38など昔の夢のような世界です。

P610のラジオですか、羨ましいです。
LF8Tも探しましたが、程度の良いものはもう手に入りません。4312の30cmは確かに魅力ですが、
現時点では、サイズと重量で、置く場所が無い状態です。

ニアフィールドで聞く機会も少なく、
BGMとしてリビングに流しています。トランペットのミュート、ビブラフォン、ピアノにドラムの
ブラッシュワークがきちんとそれらしく出て、ウッドベースが背後にあるという状態が好きです。
デキシーのバンジョーの音などは、スピーカーによってかなり違います。最近のスピーカーは、
アンプのパワーを生かして、低能率で広帯域にしているものが多く、ffとppのバランスが、
アンプの影響(電源か?)を受けます。
高能率のスピーカーにはそれなりの良さがあると思います。特に、2Wayの場合には、クロスオーバー
周波数を気にされないと、2Wayかフルレンジ+スパーツイターか分らない製品も出ています。

小型で、音楽を流す、時々ニアフィールドでも聞いてみるかという状況では、小型コンパクトな
現代版スピーカーは、それなりに便利ですが、気に入られたシステムを大切にされた方が良いと
思います。
4301は、純正補修が不可能となり、オリジナルを壊してまで再生する気になれなかったのが、交換の
ひとつの理由でしたが、好みの音の系譜はJBLとして生きていたので、ホッとしています。
SANSUIのアンプを修理できなくて手放しての環境維持に苦労しましたが、良い思い出です。

補足を頂きありがとうございました。メインに聞いているのが、50年代から60年代の
一部モノラルを含む、あのルディ・バン・ゲルダーの録音のものが多いので、ffとppの
音量差にはあまり気にかけなくて良いものが音源のメインです。ルディ・バン・ゲルダーが
デジタルリマスターしたCDも聞きますが、そんなにレコードとの差はありません。というか
アナログをかけたりひっくり返すのが面倒になりました。MP3ファイルも使って圧縮音源で
半日聞き流すという事もあります。2トラ38など昔の夢のような世界です。

P610...続きを読む

Qオーディオ用電源工事について教えてください(新築)

またオーディオ歴は浅いのですが、将来はデビアレを導入しようと考えています。

現在新築を計画中でして、どうせやるなら上流からオーディオ的考慮をしたいと思っています。
こだわりる人はとことんこだわるようですが、財力が無いので
「オーディオ専用の部品ではなく一般部品を用いてどのようにオーディオ的考慮が出来るかに興味があります」

以下他のホームページなどを見ながら、まとめさせていただきました。

電柱~分電盤
電柱から家までの引き込み線は38スケア

分電盤
屋内のオーディオ専用分電盤へは22スケア
オーディオ用の分電盤に電気を引き込み、ここでオーディオ用の電源と一般機器用の電源を分けて、この下流に一般用の分電盤を置きます。オーディオ用コンセントまでは5.5スケア
分電盤の型番はなにがよいのでしょうか。


分電盤~コンセント
WN1318
一般用のコンセントは通常のものを使用予定です。

アース
一般用回路とアースとは別に設置する。
コンセントから最短距離で接地棒を地面に埋める。その周りに木炭を埋める

一般用配線
赤白と黒白の電力を均等に
極性をあわせる

ご指摘やアイデアなんでも結構ですので、アドバイス頂けたらと思います。よろしくお願いします。

またオーディオ歴は浅いのですが、将来はデビアレを導入しようと考えています。

現在新築を計画中でして、どうせやるなら上流からオーディオ的考慮をしたいと思っています。
こだわりる人はとことんこだわるようですが、財力が無いので
「オーディオ専用の部品ではなく一般部品を用いてどのようにオーディオ的考慮が出来るかに興味があります」

以下他のホームページなどを見ながら、まとめさせていただきました。

電柱~分電盤
電柱から家までの引き込み線は38スケア

分電盤
屋内のオーディオ専用分電盤へは2...続きを読む

Aベストアンサー

>2Pでも左右のどちらかがアースになっていると思います。
なってません。どちらかでもアースに接続したら漏電ブレーカーが落ちます。
コンセントの穴が大きい方(線の色は白)が接地側、穴の小さい方(線の色は黒)がホット側です。
接地はアースとは違います。

音云々の前に、電気関係はあくまで安全の為にいろいろな決まり事があることを知ってください。
一度電気工事士の勉強でもされることをお勧めします。(そんなに難しくありません)
そうしないと、屋内配線をやる電気屋とまともに話が出来ず、不本意な工事をされることにもなりかねません。

ちなみに日本でのアースはあくまで「感電事故を防ぐため」の物です。
機器自体もそういった設計で作っていますので、音質には基本良い影響はありません。
インレットが3Pプラグになっていても、単に金属シャーシに接続されているか、または接続すらされていない場合がほとんどです。

なお、外国の製品の場合はシャーシ内のアースの仕方が日本の機器とは違うので、混ぜて使うとシャーシに漏電したり、ノイズが乗ることもあります。
日本国内では、よっぽど確信的な知識と設備が無い限り、アースは一切接続しない方が音質面に良い影響をもたらします。

ちなみにオーディオ用の電気工事をよく分かっている電気屋で無いと、ご質問の様な話はさっぱり通じません。
「素人が訳の分からん事を抜かすねぃ」と馬鹿にされて無視されるだけです。とにかく「オーディオ用に専用回路でぶっとい線を這わせろ、他の回路と絶対混ぜるな、余計な事もするな」と訴える事でしょう。

>2Pでも左右のどちらかがアースになっていると思います。
なってません。どちらかでもアースに接続したら漏電ブレーカーが落ちます。
コンセントの穴が大きい方(線の色は白)が接地側、穴の小さい方(線の色は黒)がホット側です。
接地はアースとは違います。

音云々の前に、電気関係はあくまで安全の為にいろいろな決まり事があることを知ってください。
一度電気工事士の勉強でもされることをお勧めします。(そんなに難しくありません)
そうしないと、屋内配線をやる電気屋とまともに話が出来ず、不本意...続きを読む


人気Q&Aランキング