【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

厳密には文学の範疇ではないのかもしれませんが……


北原白秋の『桐の花』にある有名な短歌についてです。
君かへす朝の舗石さくさくと雪よ林檎の香のごとく降れ

多くの解説書では姦通罪の際の獄中詠であるとあり、僕もその意見に左袒するものです。
ただ、その解釈のあとに「収監中、面会に来た俊子を獄中から送り帰すときの心情」ということを書いてあるのを時折目にします。

獄中詠であるとすると、相手の松下俊子女史は特にお咎めなし、すなわちシャバにいるのでしょうか?当時の姦通罪は決して女性を保護するような法令ではないような気がするのですが……
それとも、獄中詠ではあっても光景自体は獄中ではなく後朝の別れを歌ったものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

別れの歌」に関するQ&A: お別れの歌

A 回答 (1件)

歌集『桐の花』において、この歌のある「春を待つ間」の章は、明治43年3月頃から、同年9がつの青山原宿移転を挟んで、44年2月に木挽町に移った頃までが載っており、更に細かくは「III(3) 雪」の項に分類されていることからして、青山での晩夏における隣家付き合いが恋愛の発端でもある経緯から、明治44年春の作と思われます。



一方、京橋に移り住んでいた白秋のもとに恋人俊子が走ったことから姦通罪で告訴された明治45年7月6日時点以降の歌は「哀傷篇」の「III(3)」には次のような歌があります。

志みじみ涙して入る君とわれ監獄(ひとや)の庭の爪紅(つまぐれ)の花

最初に女が馬車から降ろされ、続いて男囚群の一番最後に白秋が飛び降りようとしたが、紐で数珠つなぎに繋がれているため躓きそうになった。その時に見た爪紅の花や、その無様さを俊子に見詰めれていることに気付いたことなどを「やっこらさのさ」といった言葉と共に、悲しみ極まった挙句の「面白き」印象として記してもいます。

裁判は7月16日で、その結果は慰謝料300円を支払って免訴となっています。結局2週間ほどの未決監滞在だったようです。
その後については、俊子との再会と結婚は大正2年4月だが翌夏には離別、、大正5年5月から大正9年5月の間は江口章子と、大正10年4月には更に佐藤菊子と結婚しています。

セカンドソースやネット風評に惑わされず、まずは原典を愉しみましょう。
「桐の花 : 抒情歌集」東雲堂書店(大正2年)
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/907273
参考:「日本の詩歌 9 北原白秋」(中央公論社)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変遅くなりまして申し訳ありません。

ご回答ありがとうございました。

誠にその通りでして、獄中詠だからと言って獄中のことと考えなくても良いわけですよね。
参考になりました。

お礼日時:2013/04/04 23:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q俳人としての北原白秋について

北原白秋は童謡や詩人として有名な印象があるのですが
俳人としてのなにかの話をご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。
以前、「俳人としては優れなかった」というような文章を読んだことがあるのですが…

Aベストアンサー

 
以下は記憶で記すことです(インターネットのページで調べるのなら、「北原白秋 俳句」とでも入れて、以下の Google で検索すれば、色々出てくるでしょうし、そこに記されていることを繰り返しても仕方ないことだとも思います)。

白秋は「邪宗門」で詩人として鮮やかな作風でデビューし、次々に詩集を出して、新しい境地を開き、大詩人になったとも言えます。ただ、白秋の詩人としての名声が高すぎて、彼が色々な文芸活動を行っていたことは、あまり印象にないようです。

童謡の歌詞を書いたのはよく知られていますが、彼は「マザーグース」も日本語に訳しています。無論、彼一流の詩になっています。

白秋は、「邪宗門」で、隠れキリシタンなどを題材に取り上げたぐらいで、かなり国際意識があり、日本の文芸の行く末のようなことをまじめに考えていました。

俳句を作りはじめたのは、確か名声が確立した後で、詩を書くよりも、晩年は俳句の創作にいそしみました。弟子か友人が、すでに名声を得ている先生が、あまり認められることもない俳句の創作に没頭するのは、惜しいのではないか、というようなことを述べたとき、白秋は、「自分が頑張らなければ、誰が頑張るのか」というようなことを返答したそうです。

「俳句第二芸術論」と時代が重なっていたのかどうか、いまよく分かりませんが、白秋は日本の伝統文芸の一つとして俳句を高く評価していて、これを再興隆せねば、廃ってしまうという危機感を持っていたようです。

白秋は高名な詩人であり、その彼が、義務感のように創作を続けたのですから、俳人としての評価、その作品の評価は、どうであったかという疑問があります。別の仕事で名声を持ちながら、同時に俳人としても高名な人もいますから(折口信夫がそうです)、白秋の俳句は、やはり、俳人としての才能に彼があまり恵まれていなかったのだとも考えられます。

>Google
>http://www.google.com/
 

参考URL:http://www.google.com/

 
以下は記憶で記すことです(インターネットのページで調べるのなら、「北原白秋 俳句」とでも入れて、以下の Google で検索すれば、色々出てくるでしょうし、そこに記されていることを繰り返しても仕方ないことだとも思います)。

白秋は「邪宗門」で詩人として鮮やかな作風でデビューし、次々に詩集を出して、新しい境地を開き、大詩人になったとも言えます。ただ、白秋の詩人としての名声が高すぎて、彼が色々な文芸活動を行っていたことは、あまり印象にないようです。

童謡の歌詞を書いたのはよく...続きを読む

Q北原白秋の短歌の訳について

【北原白秋】

茶の煙 かすかなれかし 幽かなる

け古なれども 目にしみるもの



上記の訳を 教えていただけないでしょうか?
よろしく お願い致します。

Aベストアンサー

 まず、北原白秋は昭和17年(1942年)没ですから引用しても著作権問題はクリアですよね。

 歌集『雀の卵』に「茶の煙」と題された4首があります。

>   茶の煙

> 茶の聖(ひじり)千の利休にあらねども煙のごとく消(け)なむとぞ思ふ
> 茶の煙幽(かす)かなれども現身(うつしみ)の朝餐(あさげ)の料(しろ)に立てし茶の煙
> 茶の煙消(け)なば消(け)ぬべししまらくをたぎる湯玉の澄みて冴〔さ〕えたる
> 茶の煙幽かなれかし幽かなる煙なれども目に染(し)みるもの

 ということで、最初は木から摘んだ茶の葉を炒(い)る〔あぶってこがす、油を使わずに炒(いた)める感じ〕時の煙かなと思っていたのですが、どうやら朝ご飯に飲むお茶を沸かすときの薪(たきぎ)の煙のようですね。

 以下、上の4首の、私の自己流解釈。

 私は茶の聖人の千利休(のような覚悟のできた人間)ではないけれども(俗世に執着など持たず、いさぎよくあっさりと)茶を湧かすときの煙のように消えようと思う。

 茶を沸かす時の煙(そのもの)は、かすかではあるが、間違いなく存在する肉体を持つ私の朝食に飲むためのものとして立てた(確かな存在としての)茶を沸かす煙である。

 茶の煙が消えるのならば消えてしまえばいい、しばらくの間、沸騰した湯(からでる泡?)は澄んで、澄み切っている(そういうお湯を沸かした煙だから、消えていったとしても存在した価値はあったのだ)。

 茶の煙はかすかであってほしい。かすかな煙ではあるけれども目に染みるもの(であるから)。(すばらしい煙だといっても、けむたいものはけむたい。)

 「幽かなれかし」は「かすかである」という意味の形容動詞の命令形に、強調の意味を持つ終助詞の「かし」が着いたもの。直訳すると「かすかであれ」と命令する感じ。

 そうそう、御質問の方では「け古なれども」になってますが、私の見た本では「煙なれども」になっています。「け古」だとすれば、「け」は「けだるい」などというときの「け」のように「なんとなく」という意味の接頭語で、「なんとなく古めかしい趣(おもむき)はあるけれども」ということでしょうか。

 まず、北原白秋は昭和17年(1942年)没ですから引用しても著作権問題はクリアですよね。

 歌集『雀の卵』に「茶の煙」と題された4首があります。

>   茶の煙

> 茶の聖(ひじり)千の利休にあらねども煙のごとく消(け)なむとぞ思ふ
> 茶の煙幽(かす)かなれども現身(うつしみ)の朝餐(あさげ)の料(しろ)に立てし茶の煙
> 茶の煙消(け)なば消(け)ぬべししまらくをたぎる湯玉の澄みて冴〔さ〕えたる
> 茶の煙幽かなれかし幽かなる煙なれども目に染(し)みるもの

 というこ...続きを読む

Q北原白秋の詩が読めるサイトありませんか~?

今、急に北原白秋の詩が読みたくなっちゃいました~!
無料で北原白秋の詩が載ってるサイトを
どなたか知ってたら教えてほしいですぅm(_ _)m

それか、北原白秋の詩って
何だか不思議な感じのが多いと思うんだけどぉ
その謎について書かれてあるようなサイトでもイイので
知ってたら教えてくださ~い!
よろしくお願いしますぅm(_ _)m

Aベストアンサー

もちろん一部ですが、こちらなどで紹介されています。
http://www.konan-wu.ac.jp/~kikuchi/akiko/tokyo.htm

他には、下記でも紹介されています。

「北原白秋」「詩」「紹介」で、たくさんでてきますから、
あとはご自分で探してみてください。

参考URL:http://plaza25.mbn.or.jp/~R2FISH/newR/ssi/kitahara/kitahara01.html

Q北原白秋の歌について

北原白秋の「昼ながら幽かに光る蛍一つ孟宗の薮を出でて消えたり」という歌の訳や読み方など、できれば具体的に教えてください!!!

それと、「蛍」が消えたあと作者の目に残ったものとは何だったのでしょうか?

Aベストアンサー

 
白秋は、独特なリリシズム(叙情性)の世界を築いた詩人です。彼のリリシズムには、中国的というか、純日本的というか、日本・中国というような文化での「東洋的叙情性」があります。とりわけ、中期の「水墨集」(という名前だったはずです)のなかの作品には、中国人を主人公にして、静謐な、繊細な、しかも雄渾な作品があります。

このうたに関して言うと、「水墨集」のなかの作品に感じるのと同じような、繊細で、静謐で、無為自然を尊ぶ、雄渾なリリシズムが感じられます。

>昼ながら幽かに光る蛍一つ孟宗の薮を出でて消えたり

(ひるながら かすかにひかる ほたるひとつ もうそうのやぶを いでてきえたり)

孟宗の藪とは、竹の種類に「孟宗竹」というものがあり、孟宗竹の藪という意味です。

わたしとしては、孟宗竹が鬱蒼と茂る林のなかでのできごとと考えると、幽玄さがまし、リリシズムが一層深みを持つようにも思いますが、「藪」とうたっていますから、それほど大きな茂みではないでしょう。

>昼日中であるが、孟宗竹の茂みのなかの薄暗がりのなかで、幽かに、光を放っている何かがある。それは蛍ではないか。一匹の蛍が薄暗がりのなかで光を放っているのである。ああ、自然とは、このように偉大で幽玄なものかと、幽かな光の蛍を眺めていると、蛍は藪から飛びだし、昼の光のなかに出、蛍の光も見えなくなってしまった。

「かすかに」には、「かすかに」「微かに」「幽かに」と主に三つ表記法があります。原作で、「幽かに」を使っていたとすれば、蛍の光が、単に「弱い光」だという事実だけでなく、そこに「幽玄」を垣間見たという作者の心理が述べられています。

薄暗がりのなかで、玄妙な幽かな光を放っていた蛍。昼の光のなかに入ると、蛍の光も見えなくなってしまった。自然とは、玄妙で不思議なものである。

「幽かに」というような言葉遣い、また「孟宗竹」という、いかにも中国の仙人が隠棲する仙境を思わせる言葉。たまたま、白秋が、こういうことを経験した、出会っただけかも知れませんが、それをうたに詠むというのは、これらの情景に、作者が感銘したということでしょう。

昼の光は「陽」であり、薄暗い藪のなかは「陰」、「陰」のなかの幽かな光である蛍は、「陽」で、「陰」のなかで「陽」は、幽かに姿を示すが、大いなる「陽」のなかでは、溶け込み、透けて消えてしまう……無為自然的な幽玄のリリシズムのように感じます。

>「蛍」が消えたあと作者の目に残ったものとは何だったのでしょうか?

なお、薄暗さをうちに持つ藪と、昼の光に満ちる、蛍を溶かし込んだ昼の情景の対比でしょう。蛍の光が溶け消えた、昼の光が、目に残ったとも言えますが、同時に、「陰」である、孟宗竹の藪もまた、目に残っていたはずです。
 

 
白秋は、独特なリリシズム(叙情性)の世界を築いた詩人です。彼のリリシズムには、中国的というか、純日本的というか、日本・中国というような文化での「東洋的叙情性」があります。とりわけ、中期の「水墨集」(という名前だったはずです)のなかの作品には、中国人を主人公にして、静謐な、繊細な、しかも雄渾な作品があります。

このうたに関して言うと、「水墨集」のなかの作品に感じるのと同じような、繊細で、静謐で、無為自然を尊ぶ、雄渾なリリシズムが感じられます。

>昼ながら幽かに光る蛍...続きを読む

Qオープンキャンパスに参加していません。

おはようございます。
第一志望の゛退学に指定校推薦をいただき来週に面接があります。
でも、参加する予定はしていましたが都合がつかずにオープンキャンパスに参加していません。
オープンキャンパスでない日に通学路の確認やキャンパスを見には行きました。
学校の資料はよく読みました。
私の住んでいる地方では誰もが知っている有名な大学です。先輩も多く受験されていますし入学されています。
オープンキャンパスに参加していないからマイナス点となり不利になることはないのでしょうか?
周りの人は、オープンキャンパスに参加、不参加は関係無いって言います。ましてや、指定校推薦だから大丈夫だとも言ってくれます。
もし、面接でオープンキャンパスに参加しましたか?って聞かれたらどう答えたら良いのでしょうか?
オープンキャンパスに参加していませんが別の日に見学に来ましたって言えば良いでしょうか?
でも、オープンキャンパスに行ってないことがちょっと不安ななりました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かにオープンキャンパスに行ったと人の方が面接官に良い印象を与えることがあるかもしれません。でも行ってないからといって悪い印象を与えることはないでしょう。
聞かれたら正直に「別の日に見学に来た」といえばオープンキャンパスに行ったのと同じように入学の意欲があると見なされるでしょう。わざわざオープンキャンパスの日でもないのに見学に行ったのですから。下手に「行った」と言ってボロが出るよりマシです
というかそんなに面接は心配いりません。私の先輩も「面接の時は圧倒されてしまい結果が心配だったけど、結局受かった」と言ってました。そんなに気負いしなくていいです。だいたい指定校なんて落ちる人なんてほとんどいないんですから。リラックスして普通にしてればいいんですよ。

Qあなたの好きな短歌をいくつか挙げて下さい

あなたが感動を覚えた短歌を5つくらい挙げて下さい。
5つを超えても結構です。(10でも20でも)

余力のおありの方は訳を(新古今以前の物の場合です。)
もっとおありの方は注釈を・・・と思いましたが、

純粋にたくさんの歌に触れたく存じますので、
挙げることにどちらかとすれば専念して頂き、
多くの方のご参加を賜りたく存じます。

宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

#4です。
和歌の方も幾つか。
展轉び恋ひは死ぬともいちしろく色にはいでじ朝貌の花      作者不詳
東の野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ 柿本人麻呂
若の浦に潮満ち来れば潟を無み葦辺をさして鶴鳴き渡る     山部赤人
蒼海原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも    阿倍仲麻呂
春の苑紅にほふ桃の花したでる道に出で立つ乙女        大伴家持
秋きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる 藤原敏行
心なき身にもあはれは知られけり鴫たつ沢の秋の夕暮         西行
つかのまの闇のうつつもまだ知らぬ夢より夢にまよひぬるかな 式子内親王
紅のちしほのまふり山の端に日の入るときの空にぞありける    源実朝
風は清し月はさやけしいざともに踊りあかさむ老の名残に       良寛

 


人気Q&Aランキング