こんにちは。 部活でa-saxをやっているモノなんですが
、最近全体練習でよくスケール練習をするんです。
そのとき、音名をドイツ語??で言うのですが、それが良くわかりません・・・涙   
一応、Bがソ、Cがド、と言う音名自体は覚えているのですが、スケールになると、シャープを何処に何個付ければいいのか??混乱してしまいます。 
どうしたら、分かるようになるでしょうか??
教えてください。よろしくお願いします。。

A 回答 (5件)

こんばんは。


多少ややこしいですが、ドイツ音名はまずピアノの場合(C)で仕組みを覚えた方がいいと思います。
理由はピアノの白鍵にあたる音はアルファベット一文字で表現され、黒鍵にあたる部分を「何とかの#」と呼ぶ場合はisがついて、逆に♭の場合はesがつく、という法則があるからです。(Bは例外)
まず、ピアノの場合のドイツ音名はこんな感じになります。(これが全てではありません。そしてEやAなど、英語と発音が違う音があるので気をつけて下さい)

【ピアノの場合】
ド    C・ツェー
ド#   Cis・チス  (レ♭ Des・デス)
レ    D・デー
レ#   Dis・ディス (ミ♭ Es・エス)
ミ    E・エー
ファ   F・エフ
ファ#  Fis・フィス (ソ♭ Ges・ゲス)
ソ    G・ゲー
ソ#   Gis・ギス  (ラ♭ As・アス)
ラ    A・アー
ラ#   Ais・アイス (シ♭ B・ベー)
シ    H・ハー

法則はおわかりいただけたでしょうか。
…で、アルトサックスは移調楽器なので、これが半音階で4つぶん(No.4の方の表現だと3つぶん)、音がずれるわけですね。

【アルトサックスの場合】
ド    Es・エス   (シ# Dis・ディス)
ド#   E・エー    (レ♭ Fes・フェス)
レ    F・エフ
レ#   Fis・フィス (ミ♭ Ges・ゲス)
ミ    G・ゲー
ファ   As・アス   (ミ# Gis・ギス)
ファ#  A・アー
ソ    B・ベー
ソ#   H・ハー    (ラ♭ Ces・ツェス)
ラ    C・ツェー
ラ#   Cis・チス  (シ♭ Des・デス)
シ    D・デー

音階でつける#や♭については、参考URLをどうぞ。
でも学校には音階の調号を記した教則本が必ずあると思うので(どの楽器のでも構いません。ト音記号で書かれていれば楽だと思いますが)、それを練習して覚えてしまうのが一番効果的です。

なお、Cはラ、アルトサックスはEs管ですよ。(私は正式な音楽教育を受けていないので、解釈方法にあまり自信がないですが、「“ド”の音がEsならEs管、CならC管」と覚えると簡単です)

がんばって下さい。

参考URL:http://www.mmjp.or.jp/music-access/gakuten/gakut …
    • good
    • 2

No..1&2です。

3回もすみません。。。私も去年(中3のとき)吹奏楽入ってたので、どうしても気になっちゃって…(^^;
ピアノのミ♭がサックスのドなら、ピアノのドはサックスのラですよね。

Cドゥア→ラシド(#)レミファ(#)ソ(#)ラ
Dドゥア→シド(#)レ(#)ミファ(#)ソ(#)ラ(#)シ
Eドゥア→ド(#)レ(#)ミ(#)ファ(#)ソ(#)ラ(#)シ(#)ド(#)
Fドゥア→レミファ(#)ソラシド(#)レ
Gドゥア→ミファ(#)ソ(#)ラシド(#)レ(#)ミ
Aドゥア→ファ(#)ソ(#)ラ(#)シド(#)レ(#)ミ(#)ファ(#)
Bドゥア→ソラシドレミファ(#)ソ

移調の仕方は、一番簡単なのは「何個上がったか」で考えるやり方です。半音上がったら1上がったとします。ピアノのミ♭がサックスのドにあたるのだったら、ピアノからサックスに移調するとき、レ、ド#、ド、と、3つ下げたことになりますよね!そしたら、サックスも3つ下げればいいんです。シ、シ♭、ラ、と。そんな感じでやっていけばいいとおもいます。
    • good
    • 1

3.各調の楽器と音名


http://www2.chokai.ne.jp/~yurisui/yougo.html#3

チューニングする時に、7yukiさんはアルトサックスなので・・・
アルトサックスは、べー(B)=ソ
フルートは、べー(B)=シ♭
クラリネットは、べー(B)=ド
Fホルンは、べー(B)=ファ
の音を鳴らしますよね?

表を参考にして、アルトサックスの音階を、紙に書き出して練習すると良いかも。

参考URL:http://www2.chokai.ne.jp/~yurisui/yougo.html#3
    • good
    • 0

#1です。

すみませんでした!!!
でも、移調すれば↓のを適応できると思います。アルトサックスが何管かわかれば(ピアノのドがアルトサックスの何の音に対応するかがわかれば)。。。アルトサックスはB管でしたっけ。。。

この回答への補足

アルトサックスはB菅です。  サックスのドがピアノのミ♭になります。 良ければ、移調の考え方も教えていただきたいのですが...。

補足日時:2004/03/07 20:59
    • good
    • 0

こんばんは!基本は、



Cドゥア(ツェードゥア)→ドレミファソラシド
Dドゥア(デードゥア) →レミファ(#)ソラシド(#)レ
Eドゥア(イードゥア) →ミファ(#)ソ(#)ラシド(#)レ(#)ミ
Fドゥア(エフドゥア) →ファソラシ(♭)ドレミファ
Gドゥア(ゲードゥア) →ソラシドレミファ(#)ソ
Aドゥア(エードゥア) →ラシド(#)レミファ(#)ソ(#)ラ
Bドゥア(ベードゥア) →シド(#)レ(#)ミファ(#)ソ(#)ラ(#)シ

だと思います!もしまちがってたら本当にすみません↓↓

この回答への補足

これは、ピアノでですか??
a-saxなのでちょっと違っているような気がします。。 
回答ありがとうございました。。

補足日時:2004/03/07 20:33
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二胡の番号の覚え方と音階について

こんいちは、僕は今度二胡を始める初心者です。

そこで質問なんですが、音階はD,G,F調だけですか?

あと難しい曲になるとD,G,F調など混ざったりするのでしょうか?

指と番号の覚えやすい覚え方・暗記の方法ありませんか?

入門教本を見ても、分かりませんでした。
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>音階はD,G,F調だけですか?

多用するのはその3つです。
Dが基本。(チューニングがDとAなので)
その次にGを習います。(音階の音が、Dと一つだけしか違いません)
そして、F。
その他にはCや、Bb、A、E、なども使います。
可能性としては、12種類の調をすべて使うことが出来ます。

>難しい曲になるとD,G,F調など混ざったりするのでしょうか?

途中で転調することもあります。
もともと中国に昔からある民謡などではまずないと思います。
多いのは、最近のポップスを二胡で弾く場合や、クラシック曲を弾く場合。

>指と番号の覚えやすい覚え方・暗記の方法ありませんか?

質問の意図をくみかねるのですが…。
番号というのは、ドレミの音階のことでしょうか。調によってどこを弾けばドやレになるのか、ということですか?
一度に「暗記」するものではありません。
順を追って学んでいくうちに、自然と覚えていくものです。頭だけで覚えるものではありません。
大切なのは、
1.自分が今、何調を弾いていて、
2.開放弦の音は音階でいう何の音になるのか
3.その調でのドはどこになるのか
をきちんと頭の中で整理しながら弾くこと。

しかし、質問者さんは、まだそのようなことを考える段階ではないようですね。これから、始められるということですから。
まだ初めてもいないのに、教則本を見ても理解できない、それはそうです。
まず、弓の練習をし、D調での音階練習をして、簡単な曲(中国の民謡など)が弾けるようになりましょう。それから、G調を勉強する。
まずはここまでを目標にしてみてください。
自然と覚えられますから(^^)

教本だけだと、何かとわかりづらくて、大変だとは思いますが、がんばってください。

>音階はD,G,F調だけですか?

多用するのはその3つです。
Dが基本。(チューニングがDとAなので)
その次にGを習います。(音階の音が、Dと一つだけしか違いません)
そして、F。
その他にはCや、Bb、A、E、なども使います。
可能性としては、12種類の調をすべて使うことが出来ます。

>難しい曲になるとD,G,F調など混ざったりするのでしょうか?

途中で転調することもあります。
もともと中国に昔からある民謡などではまずないと思います。
多いのは、最近のポップスを二胡で弾く場合や、クラ...続きを読む

Qスケール練習の図の意味や具体的な練習方法が分かりません

ギター初心者の者です。
スケール練習をしてみたいのですが、調べてみても、サイトに載っている図の意味が分かりません。

例えば、私の理解力不足のため、↓のサイト様の図や解説を見ただけでは、実際にどこを押さえて弾いて練習すればいいのかが分かりません。
http://www.linkclub.or.jp/~zeppelin/BasicScale/PentaTonic1.html
http://www.musicians-st.com/scale/major.html
http://hw001.gate01.com/yu-o-watanabe/scale1.htm


解説も、↓のサイト様のように、

http://morioka.cool.ne.jp/jingles/index1_1.html

>このフォームで3度の音の組み合わせ
>R-2-3-R、2-3-4-2、3-4-5-3…の組み合わせ
>トライアドのアルペジオ
>R-3-4-5-6-5-4-3
>でパターンをつくり練習する

などと具体的に書いていただいているのですが、私の理解力不足のため、「R-2-3-R」や「2-3-4-2」の意味がさっぱり分かりません。


大変申し訳ございませんが、スケール練習に出てくる図(ポジションと言うのでしょうか?)の見方や、具体的な練習方法(どこを押さえて弾けば良いのか)を教えていただけないでしょうか。

または、スケール練習用のタブ譜があり、その通りに弾くだけでスケール練習になるようなサイトがありましたらURLを教えていただけないでしょうか(本当に初心者ですみません)。

1つだけでも構いませんのでご回答よろしくお願いします。

ギター初心者の者です。
スケール練習をしてみたいのですが、調べてみても、サイトに載っている図の意味が分かりません。

例えば、私の理解力不足のため、↓のサイト様の図や解説を見ただけでは、実際にどこを押さえて弾いて練習すればいいのかが分かりません。
http://www.linkclub.or.jp/~zeppelin/BasicScale/PentaTonic1.html
http://www.musicians-st.com/scale/major.html
http://hw001.gate01.com/yu-o-watanabe/scale1.htm


解説も、↓のサイト様のように、

http://morioka.cool.ne.jp/jingle...続きを読む

Aベストアンサー

スケール練習については、スケールの構成音を一定のパターンに沿って、一定のテンポで昇降する練習になります。
例えば、メジャースケールの音をドレミファで表せば、

ドレミファ レミファソ ミファソラ ファソラシ ソラシド ラシドレ・・・

のように上っていったり、

ファミレド ミレドシ レドシラ ドシラソ シラソファ・・・

のように下ってきたりと、このような一定のパターンをなぞって繰り返す練習になります。
あるいは、はじめの内は順番に「ドレミファソラシド・・・ドシラソファミレド」とストレートに上り下りして音を確認してみるのも良いでしょう。

それぞれのスケールの構成音の配置を表した図については、どのポジションでもいいので挙げられているページにある図表の印のあるところを指板上に写して考えてみるのが良いでしょう。 コードダイアグラムの表で押えるポジションが点で示されるのと同じように、スケールの中に含まれる音が出るポジションに、その印がつけられています(スケールの時は、それを総て同時に押える必要はありません。 総てを同時に押えることは、当然ながら無理です)。
また、ギターでは押えるポジションを平行移動することで移調をすることが可能です。 例えば、
http://www.musicians-st.com/scale/major.html
こちらのページを参考にするとしたら、Pattern-4の右側を参考にするとして、この一番下のRと書かれているポジションを6弦8f(=C)に合わせてこの形通りにポジションを順に追えば、Cメジャースケールになります。 また、その押えるポジションの形をそのままに、2f分上に平行移動すると、一番下のRと書かれているポジションが6弦10f(=D)になり、こちらはDメジャースケールになります。 実際に音を出しながら確認してみると良いでしょう。
こちらのページで示されている図表は、具体的なポジションを表記しているのではなく、相対的なポジションの配置関係を図表化したものです。 ですので、その基準になる位置を変えることで、相対的な音の配置は同じで、基準となる音程が異なる12個のスケールに対応できる図表ということになります。

これらの図に関しては、とりあえずは形として把握し、それを指板上に置き換えて考えてみるのが良いでしょう。 まずは、形から押えていくことをお勧めします。
具体的に押えるフレット番号については、手始めには自分で弾きやすいポジションを選択して構いません。 内容が理解できるようになってきたら、いろいろと考えてみると良いでしょう。

>「R-2-3-R」や「2-3-4-2」の意味
については、音の相対的な関係を数字で表現したものになります。 これはスケールの基準となる音(ルート音=R)からいくつ目の音かを数字で表現した物で、仮にCメジャースケールでこの表記をそのままドレミファの音に置き換えると、ルート音(R)はC=ドになり、「R-2-3-R」は「ドレミド」、「2-3-4-2」は「レミファレ」というパターンになります。

スケール練習については、いろいろと工夫しながらやってみるのが良いでしょう。 あまりポジションを追うことばかりに気を向けすぎず、音に耳を傾けてみたり、リズムが一定かどうかを確かめたりしながら、丁寧に追ってみると良いと思います。 なお、できればメトロノームを併用して行うと、より効果的な練習になると思います。


だいぶ雑然とした説明になったのでわかりにくいところも多いかと思いますが、とりあえずわからないことばかりだという場合は、サイトで何もかも賄おうとするよりも、教本などを探してみるのが良いと思います。 このあたりは少し音楽理論を絡めて理解に努めた方がわかり良いでしょうし、そういう面では教本を手元に置いておいた方が把握しやすいでしょう。

参考になれば。 長々と乱文失礼しました。

スケール練習については、スケールの構成音を一定のパターンに沿って、一定のテンポで昇降する練習になります。
例えば、メジャースケールの音をドレミファで表せば、

ドレミファ レミファソ ミファソラ ファソラシ ソラシド ラシドレ・・・

のように上っていったり、

ファミレド ミレドシ レドシラ ドシラソ シラソファ・・・

のように下ってきたりと、このような一定のパターンをなぞって繰り返す練習になります。
あるいは、はじめの内は順番に「ドレミファソラシド・・・ドシラソファ...続きを読む

Qピアノのハノンで音階の覚え方を教えてください

ピアノのハノンで音階の覚え方を教えてください。
理屈?で教えてください。
それと、なぜ1つの調(ニ短調など)、2つの弾き方があるのですか?
最後に弾く和音はなぜ、スケールが終わった最後の音の4番目

になるんですか?
あと音階に出てくる和音はどうやって覚えればいいですか?
たくさん弾いて覚える以外に私は理屈というか、そういうので説明していただきたいのです。

また、こういった事の書いておるサイトはありませんか?
楽語辞典にこういったことは書いてありますか?
おすすめの楽語辞典はありますか?
とても困っているので、小さいことでもなんでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

ハノンを弾いたのがかなり昔、手元に楽譜がないので回答が質問主旨からずれているかもしれませんが。
以下の文章は白・黒鍵を1つずつ、ドから上のドまで12個とカウントしてください。

>ピアノのハノンで音階の覚え方を教えてください。
ドレミファソラシドが調がずれると分からなくなる、という意味と理解して回答します。
上りの場合、長調は1つ目の音から順に、2、2、1、2、2、2、1
短調は基本的に、2、1、2、2、1、2、2 で移動します。
下りはともにこの逆です。

>なぜ1つの調(ニ短調など)、2つの弾き方があるのですか?
#や♭がついたりつかなかったりする場合がある、という意味と理解して回答します。
成り立ちなどを踏まえて回答すると大変な量の文章になるので割愛しますが、
普通の曲では短調でもよりメロディーが流れやすいように音を一部長調の音に差し替えてあるものが多く、
音階でもそういう差し替え音に踏まえているものがあります。
普通の曲をスムーズに弾くための指の運動として音階を弾くのだとすれば、
その方が適切だからです。
「旋律的」短音階とか、「和声的」短音階とか呼ばれています。
「和声的」の場合、先程の進行は、上りが2、1、2、2、1、3、1、
「旋律的」は上りが2、1、2、2、2、2、1
です。何故か下りは上のほうに書いたので変わりありません。

>最後に弾く和音はなぜ、スケールが終わった最後の音の4番目になるんですか?
すいません、「最後の音の4番目」がどの音のことを差しているのか分からないので
割愛させてください。

>あと音階に出てくる和音はどうやって覚えればいいですか?
左手と右手を分けて覚えましょう。
左手は音階の4番目→5番目→1オクターブ下→元の音(指使いで2→1→5→3)
右手は上が音階の8番目を2回→7番目→8番目
   中が音階の6番目→5番目→4、5番目→5番目
   下が音階の2番目→3番目→2番目→3番目
専門的な表現をすると、II7→I→V7→Iという進行です。

余談ですが、何故そうなるか、というのは、
まあいってみれば起立-礼-着席の時の音みたいな決まりごとです。
ちょうど起立-礼-着席は音階の和音の2つ目から4つ目までの部分ですので、
まずはどの調でも起立-礼-着席ができるようになる、あたりから
練習をしてみれば、弾きやすくなるかな、と思います。

>おすすめの楽語辞典はありますか?
本は「楽典」とタイトルがついたものの中から簡単なものを選んで、
調や和声について書いてある部分を見ると良いかと思います。
ものすごく子ども向けですが、「ぽこあぽこ」という本はかなり分かりやすかったです。

ハノンを弾いたのがかなり昔、手元に楽譜がないので回答が質問主旨からずれているかもしれませんが。
以下の文章は白・黒鍵を1つずつ、ドから上のドまで12個とカウントしてください。

>ピアノのハノンで音階の覚え方を教えてください。
ドレミファソラシドが調がずれると分からなくなる、という意味と理解して回答します。
上りの場合、長調は1つ目の音から順に、2、2、1、2、2、2、1
短調は基本的に、2、1、2、2、1、2、2 で移動します。
下りはともにこの逆です。

>なぜ1つの調(ニ短調な...続きを読む

Q各キーのメジャースケールの音名の覚え方。

楽譜を見てギターを弾く時、キーがAメジャーなら

Aメジャースケールのポジションを頼りにギターを弾いています。


この方法だと調合を気にせずにスケールポジションに合わせて

ドレミファソラシド等を弾くだけで良いので、

キーがAメジャーだからファとドとソに#をつけて弾く等と

考える必要がなくて良いのですが、


違うキーを弾く時は同じスケールポジションのおなじ指位置でも

音名が違うのでメジャーならスケール12キーすべての音名を覚えなくてはいけなくて

どうすれば覚えられる物かと悩んでいます。


スカイプレッスンの先生は楽譜を見て弾くのにスケールは必要ないといっていました。


僕の方法は良くないのでしょうか?

調合を覚えておいて何の手がかりもなく音を選んで弾くなんてとても出来そうにありません。


プロを含めて上級者の方はどうやっているのでしょうか?

Aベストアンサー

>スケール12キーすべての音名を覚えなくてはいけなくて
>どうすれば覚えられる物かと悩んでいます。

スケールを12調全部覚えるなんて、実際にやってみれば、たいした手間ではないです。
1日(1~2時間)あれば普通にできます。
悩んでいる暇があったら、さっさと覚えてしまったほうが早いです。

ギターはずらせば弾けてしまうので、「スケールを12調、覚えたほうがいいですか?」って質問をしがちですが、答えは「覚えたほうがいいに決まってます」
また、ギター以外の楽器の人は、そんな質問をするまでもなく全て覚えています。(指をずらせないので、覚えなければ弾けない)

Qスケールの覚え方について

エレキギター(ロック、ポップス系)をやっている者です。

突然ですが、スケールについて、
1、覚える利点
2、多くのスケールを覚える覚え方
について、よく分からないので困っています。どなたか教えてください。

2については、スケール事典というものを買って覚えようと思ったのですが、それは音階ごとに書かれている物で、そればっかり練習しても実際「スケールを使おう」というときに、また「ド」から導き出さなきゃいけなくなってしまいます。また、多くのスケールを覚えるとき、どうしても以前覚えたスケールを忘れてしまう気がするのです。
これらの事について触れていただけると幸いです。

Aベストアンサー

スケールを覚える利点についてですが、弾こうとするフレーズの展開の基準を持てることで、先の展開を読みやすくなるという点は挙げられると思います。使用するスケールを特定することで、そのスケール内の音とスケールを外れた音とを分けることができ、使いやすい音程と使いにくい音程とを峻別しておくことができます。これは、曲作りでメロディーを練る時や、アドリブでフレーズを弾く時などには良い基準になると思います。
また、既存のメロディーなどを分析する時などには、スケールに当てはめて考えることで、より整然とフレーズの分析をすることもできるようになるでしょう。コードとの関連やコード進行との関連、あるいは他の楽曲やメロディーとの比較などの上では、メロディーが展開しているスケールを特定することで見えてくる部分も多いと思います。
あと、曲の耳コピをする際に、間接的な方法として、聴き取ろうとしているフレーズの先の音遣いをスケールに当てはめて考えることで、先読みをする形で利用することも可能ではあります。耳コピは本来的には予想などを差し挟まずに純粋に感覚に頼り、聴き取った音をそのまま捉えて再現できるのが理想ですが、先の展開をある程度予想しておくことで絞込みをして手間を省くと言うことも実際的な対処の一つではあります。
その他にも、いろいろと利点は多いと思います。音楽を理論と関連付けて捉える上では、スケールは良い手掛かりになるでしょう。


スケールの覚え方については、あまり一度に詰め込もうと頑張りすぎないのが良いでしょう。地道に少しずつ覚えていくつもりで向かうのが良いと思いますよ。
とりあえず、スケールを覚える上では、まずはより基礎的な音楽理論についての知識を蓄えておくのが便利だと思います。音階における度数表記の読み方、コードの構成やコードネームの付け方、コード進行についてのセオリー、ダイアトニック・コード群、トニック・コード、サブドミナント・コード、ドミナント・コードの機能など、こうした知識について触れておくと、スケールを覚える上でも応用が利くと思います。
また、基本として長音階と短音階の違い、短音階の3つの種類、スケール上で特別な性格を持つ音程(主音・属音・下属音・導音など)などを把握することからはじめるのも良いと思いますよ。

スケールを覚えるやり方のアドバイスとしては、スケールを捉える時には、主音を基準とした相対的な音程差でスケールの構成音を捉えるのが楽だと思います。そうすることで、主音が移動した同じスケールについてはその相対関係を平行移動させることで把握することができるはずです。ギターは特に、ポジションを平行移動することで移調できる楽器なので、そうした捉え方をするのに向いた楽器ともいえます。
また、音程差の度数表現について把握しておくと楽だと思います。相対的な音程関係を表現する上では、度数表現は便利です。コードの構成音を読む時などにも必要な知識ですし、これは踏まえておくと良いでしょう。
スケールを記憶する上では、まずは基準となるスケールをきちんと把握するのが良いでしょう。新しいスケールを読む時には、その基準として把握してあるスケールと比べて、どれが一致している構成音になり、どの構成音がどう移動している・どこに構成音が追加されている・どの構成音が欠けているなど、比較して関連性を持たせることでスケールの特徴を把握すると、覚えやすくなると思います。
例えば、基準としてメジャースケールとナチュラルマイナースケールを覚えたとしたら、各スケールをそれと比較して捉えると判りやすくなると思います。マイナーペンタトニックスケールは、ナチュラルマイナースケールの第2音と第6音が欠けた5音のスケール、メジャーペンタトニックスケールはメジャーペンタトニックスケールの第4音と第7音が欠けた5音のスケールと表現できます。また、リディアンスケールはメジャースケールの第4音が半音上がったスケール、ドリアンスケールはナチュラルマイナースケールの第6音が半音上がったスケールというような把握もできます。このように、記憶したスケールを基準にして共通点と相違点を見つけ、関連性を持たせて把握すると、バラバラに独立して覚えようとするより見通しやすくなると思いますよ。

多くのスケールを覚えようとした時に、以前覚えたスケールを忘れてしまうような気がすることについては、忘れてしまったらまた覚えなおすようにするのが最善の対処になると思います。一回で丸々覚えなければいけないと言うことはありませんし、それがステータスになる訳でもありません。何度も復習を重ねて、記憶の中に染み付かせるように刻み込むのが良いでしょう。繰り返し読み返したり、なぞり直したりすることで、じっくりと身につけていくことをお勧めします。

参考になれば。長々と失礼しました。

スケールを覚える利点についてですが、弾こうとするフレーズの展開の基準を持てることで、先の展開を読みやすくなるという点は挙げられると思います。使用するスケールを特定することで、そのスケール内の音とスケールを外れた音とを分けることができ、使いやすい音程と使いにくい音程とを峻別しておくことができます。これは、曲作りでメロディーを練る時や、アドリブでフレーズを弾く時などには良い基準になると思います。
また、既存のメロディーなどを分析する時などには、スケールに当てはめて考えることで...続きを読む

Q【ベース】ロングスケール・ミディアムスケール・ショートスケール

ロングスケール・ミディアムスケール・ショートスケールのベースについていくつか質問があります。

1、それぞれのメリット・デメリットを教えて下さい。

2、それぞれ何フラットぐらいありますか。

3、見分け方を教えて下さい。


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.慣れればどれもあまり変わらないけど、女子などでかなり手が小さい方はミディアムかショートがいいと思う。男子は全く気にする必要なし。

2.フレットのことを訊いているのなら、だいたい20から24フレットある。

3.だいたい次の4種類あるので、メジャーを当てて計ってみれば分かるよ。 
・スーパーロングスケール(35インチ=約890mm)
・ロングスケール(34インチ=約864mm)
・ミディアムスケール(32インチ=約814mm)
・ショートスケール(30インチ=約762mm)

楽器店なら店員さんに訊けば、ちゃんと教えてくれるよ。

QちょっとHな化学記号の覚え方

 質問の場所が ここでいいか わからなかったので ここで 質問します

 化学記号の 覚え方に 横の列は「すいへーりーべ ぼくのふね 」
って 水素 ヘリウムの 順序を 覚えるのは みなさん ご存じだと
思います

 ところが 今日 小耳にはさんだのに タテの列の覚え方は 少し
色っぽい 覚え方が あると 聴きましたが どういう 覚え方かは
知りません

  He Ne Ar Kr Xe Rn この元素の覚え方 で そういうの 知ってる方
おられたら 教えてください

Aベストアンサー

私はこんなのを教えてもらいました。

(縦第1列)
H Li Na K Rb Cs Fr
変な淋病何故かゆい、ラブしすぎてフラフラ
(縦第15列)
N P As Sb Bi
ニッポンの朝は酢豚にビール
(縦第16列)
O S Se Te Po
オスの性器はテッポウだ
(縦第17列)
F Cl Br I At
ふっくらブラジャー私もアタック

ご参考まで

Qピアノでド・ミ・ソ・ドってどの指番号で弾くんですか

ピアノで分散和音の弾き方を教えてください。ド・ミ・ソ・ドってどの指番号で弾くんですか?

鍵盤感覚が全然なくて苦労してます。
ブラインドタッチができません。パソコンのキーボードならチョロイんですけど。

下記のサイトに鍵盤感覚の磨き方みたいなのがあったのでトライしてみました。
つまづいたので、誰か助けてください。

「両手の定位置に、下からド・ミ・ソ・ドとのぼり、ド・ソ・ミ・ドと降りてきましょう。うまくできるでしょうか。他にもパターンを増やして、ド・ファ・ラ・ド・ラ・ファ・ドや、シ・レ・ソ・シ・ソ・レ・ソなどでやってみましょう。」とありました。

ド・ミ・ソ・ドってどの指番号で弾くんですか?とくに最後のドはどうやって弾くんですか?


参考にしたのは「上達のヒント  鍵盤感覚」 
http://piano-advance.com/read/read01.html
です。

-----------
初心者。バスティンレベル1。都合により独習者です。

Aベストアンサー

私の場合

右手:ド(親指) ミ(人差し指) ソ(中指) ド(小指)
左手:ド(小指) ミ(薬指) ソ(人差し指) ド(親指)

ド・ファ・ラ・ド だと、左手のファは中指、シ・レ・ソ・シだと、右手のソは薬指になるかなぁ~

5歳から10年以上ピアノを習っていただけで、別に専門家とかではありません。悪しからず・・・。

Q干支の覚え方

月の異名(睦月、如月、弥生・・・)の語呂的な覚え方は教えて!gooであったのですが、干支の覚え方(子、丑、寅・・・)の語呂的な覚え方はありませんでした。
やはり「ね、うし、とら、う、たつ・・・」の王道(?)で覚えなくてはならないのでしょうか。
もし語呂的な覚え方があれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

同じ悩みを抱えていた方々が、過去にいらっしゃいましたね。(笑)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2455736
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=147875

やはり、前半後半それぞれ6個1組で覚えるのがよいんでしょうね。


もうご存知の情報でしてたら、すみません。

Qsaxの練習後の道具の分解で

mouth pieceにreed+ligatureを付けたままにしておきたいのですが、
かまいませんか。
組み立てと分解の面倒さがかないませんので
少しでも操作を減らしたいのです。

Aベストアンサー

SAX、そんなに分解組み立てが大変ですか?

リードを装着したままにしておくと、カビ、錆、雑菌の繁殖が心配だし、
マウスピースの中も拭き取れないでしょう。

楽器と自分の体を大切にするのなら、分解して、水分を拭き取って、
乾燥した状態で保管するほうがいいですよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング