位置情報で子どもの居場所をお知らせ

高校の吹奏楽でテナーを吹いてる者です。PCで調べても分かりませんでしたので質問させていただきます。

楽譜にSが左右逆になっていて、横になっている記号があるのですが、(たぶんターンという記号名です)これはどうやって吹けばいいんでしょうか?譜面はシとミに♭がついていてミの上のその記号がついています。

僕は音楽初心者で説明が不十分だと思いますが、どうかよろしくおねがいします。

A 回答 (4件)

こんにちは。


ターン記号は私は次のように演奏します。
この場合でミ(♭)にターン記号があるなら
「ミ♭→ファ→ミ♭→レ→ミ」

考え方はターン記号の音を中心に全音(1音)上と全音(1音)下に
ターンを描くように演奏する、で如何でしょうか?
    • good
    • 0

turnが音の真上にあるときは原則「2度上」から弾き始めます。


シとミに♭ということは、変ロ長調またはト短調です。
装飾音符は原則としてその調のスケールを行ったり来たりしますので、

変ロ長調なら「ファ、ミ♭、レ、ミ♭」(ファが拍に来ます)
ト短調なら「ファ♯、ミ♭、レ、ミ♭」(ファ♯が拍に来ます)

と考えて正しいと思います。

もしturnが音符と音符の間に来る場合は違ってきます。
    • good
    • 0

下記参考URLにターンの演奏例がありますので、それをみて考えてみてください。


言葉の説明は以下です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%94%E5%A5%8F% …

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%85%E9%A3%BE% …
    • good
    • 0

「ターン記号」で過去ログサーチはしてみましたか?



 ターン記号について質問です
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2641363.html
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qターン記号について質問です

 きらきら星変奏曲を弾いている生徒がいるのですが、Var.11の中のターン記号の所で、生徒が書きこんだターン(∽←これの逆)の音がありました。

 ド(~)レ ミ(~)ファ で、ド(シドレド)レ ミ(レミファミ)ファ と書いてありました。

 いやいや、それは逆だろう、~の(ような)上からのターンだから
ド(レドシド)レ ミ(ファミレミ)ファ だよ、と(私もそう弾いていましたし)言ったところ。
 彼女が持っていた楽典の本を見せてくれ、ここには自分が書いたようになっているのだと言うのです。確かに、そう書いてありました。例題も実に ド(~)レ ミ(~)ファ で、きらきら星変奏曲そのままでした。

 あれぇ?そうだっけ?と思いつつ、レッスン時間も過ぎていたので、そう書いてあるならそうかも...とそのままにしました。

 が、どうにも納得できなくて、空き時間なってから自分の「楽典 理論と実習」で調べたところ、 ド(レドシ)ドと上の音からの記述になっていました。 さらにネットでも調べられるだけですが調べてみたところ、やはり上からの音でした。

 どちらが正しいのでしょうか。また、きらきら星変奏曲 ヴァリエーション11ではどちらを弾けば良いのでしょうか。
 
 よろしくお願いします。

 きらきら星変奏曲を弾いている生徒がいるのですが、Var.11の中のターン記号の所で、生徒が書きこんだターン(∽←これの逆)の音がありました。

 ド(~)レ ミ(~)ファ で、ド(シドレド)レ ミ(レミファミ)ファ と書いてありました。

 いやいや、それは逆だろう、~の(ような)上からのターンだから
ド(レドシド)レ ミ(ファミレミ)ファ だよ、と(私もそう弾いていましたし)言ったところ。
 彼女が持っていた楽典の本を見せてくれ、ここには自分が書いたようになっているのだと言う...続きを読む

Aベストアンサー

下から入るターンは今までに経験がないです。
記号の形が表すように,上からではないでしょうか。

変奏曲のVAR.11ですが,
平成3年1月~3月 NHK教育で「ピアノでモーツァルト」講師:ワルター・クリーンの放送がありました。
モーツァルトはよく研究なさっている方だと思いますが,そのテキストと録画が残っていました。
ターンのところは,リピート記号の後の3小節目かと思いますが,
この楽譜では,ターンではなく,装飾音で表されています。
ド(レドシド)レ   ミ(ファミレミソ)ファ
2拍目の方には5つの音が入っています。
その2拍目の箇所の録画を見てみると,ミ(ファミレミ)ソファという感じで,
ソファのところに気持ちが込めてありました。
装飾音は小さく,そして,こう弾かなければならないというものではなく,
即興性をもって自由に変化させて…というような内容でした。

最近のスーパーレッスンの初回(元祖)の番組だったように記憶しています。

Q辻井伸行のリアルな実力はどんなもんでしょうか?

昨日奥さんと辻井伸行のコンサートに行ってきました。

奥さんは非常に感激しておりました。

私は、ジャズのピアノならある程度、好き嫌いとかわかるのですが、クラシックはさっぱりです。
もちろんコンサート自体は楽しいものでしたが。

ウチの奥さんは辻井氏のハンディキャップに萌えているだけなのでしょうか?
それとも、辻井氏はピアニストとして相当なレベルの人なのでしょうか?

クラシックに詳しいか、ピアノに詳しい方のご意見を宜しくお願いいたします。

ちなみに、チケットの料金はステージのすぐ横の2階席で一人13000円でした。
一階は10000円以下だったそうです。

昨今、音楽以外の物語を音楽家に求める人や関係者が多い気がして、質問した次第です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

障害云々で芸術やクリエイティビティを語りたくないので、率直に言います。

一演奏者としては、(問題が明るみになる前の)佐村河内さんと同じ印象・・・ごめんなさい。辻井伸行は前者と違って実際に演奏しているのは確かですから、「世間的評価」の点でです。「障害者のプロピアニスト」という設定で素人の気を引く以上の価値は感じられません。彼の作曲なんてもっと酷いものです。
(言葉は厳しいとお思いかもしれませんが、ヨーロッパでの芸術家・音楽家に対する批評なんてものはこんなものです。ハンディなんかで芸術の評価が左右されるべきではない、と主に考えるのです。勿論「理想的には」の話ですが。)


辻井伸行の演奏を初めて観たのは自分が好きなラヴェルの曲か何かだったと思います。非常にマニュアル通りな演奏というか、アカデミックというか、世界的プロピアニストの演奏とはかなり傾向が違う・・・そういう印象が強かったです。

ヨーロッパの多くのピアノコンクールというのは、独自性のある演奏が重んじられるそうです。大家のクラシック曲を普通にうまく演奏するだけの演奏なんて過去にやり尽くされていますし、今となってはそんな演奏をするのは「プロ」もっと言うなら「アーティスト」にあらず、と判断される訳です。
(ただアメリカのコンクールではそうでもなく、今でも昔ながらの演奏スタイルが好まれる傾向にあるようです。ヨーロッパとアメリカの芸術に対する姿勢の違いかもしれません。)
こういう点からも、前の方の話に出ているように「クライバーンだから入賞できた」けど「ヨーロッパのコンクールでは入賞できないと言われている」のだとしたら、まぁその通りなのでしょう。

彼の即興を聴いた限りだと・・・ジャズも本場を目指すならかなり、いえ相当に、厳しいかな。そんな感じでした。


大きなお金やメディアを動かせるということと、「一アーティスト」「一クリエイター」として成功するいうことは、全く別次元という現実をよく示してくれていると思います。まぁこれは今の時代に限ったことではないと思いますけどね。

障害云々で芸術やクリエイティビティを語りたくないので、率直に言います。

一演奏者としては、(問題が明るみになる前の)佐村河内さんと同じ印象・・・ごめんなさい。辻井伸行は前者と違って実際に演奏しているのは確かですから、「世間的評価」の点でです。「障害者のプロピアニスト」という設定で素人の気を引く以上の価値は感じられません。彼の作曲なんてもっと酷いものです。
(言葉は厳しいとお思いかもしれませんが、ヨーロッパでの芸術家・音楽家に対する批評なんてものはこんなものです。ハンディなん...続きを読む


人気Q&Aランキング