【初月無料キャンペーン中】gooドクター

AutoCADLT2008です

なめらかにうねる曲線を連続した円弧で滑らかにつなげて描き、等間隔にオフセットしたいのですが、
目測で滑らかになるようにつなげても、それらの円弧をオフセットすると端点が離れてしまいます。
連続した円弧を一定の幅でオフセットしたときに端点が一致した状態を保持できるように
描く方法を教えてください。

フィレットでつなげた部分はオフセッットしてもつながっているのですが。
良い方法が解れば助かります。
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

はあ~い、何を設計しているんですか?


CADの特徴は簡単に端点を繋げることができることにありますよ。
 それができなければCADではない。

 あなたが言わんとしている内容がイマイチわからないですが、円弧を連続して描く場合には三つの方法がありま

 ひとつはポリラインを使用する、

 二つ目はタンジェント接続で円弧を描きトリムする。

 三つ目は、あなたが既に行ったフィレットで行う。

 四つ目とは言わないが、スプラインを使用しても自由曲線は描けます。

 ポリラインを使用する場合、先ずToolsの中で、DraftingSettingを選び、Snap and Gridで目的の円弧の大きさを求めます。空間域の中ですから、あなたの鮮明な計算が必要ですね。

 その決められたGridをF7で表示、F9でヒットするようにして’、描き始めます。
 先ず、Commandからポリラインを選択し、目的の位置に横でも縦でも線を引きます。
  二点間をヒットしたならば、次にRキーを押しEnterします。すると直線に円弧がスムースに繋がって現れてきますね。その後は目的の寸法に合わせたGridにヒットさせ高さと円の大きさを見ながら繋がった円弧を描いていきます。直線に戻す場合はLキーを押しEnterすれば良いでしょう

 もうひとつは、Tangent' Commandを使用する場合です、同様にしてGridを決め、目的とする円弧の大きさと、距離を得て二つの円弧を先に描きます。
 その後、DrawからWindowを引っ張り下げ、Circleをヒット、新しいWindowが現れ、その中にTanTanRadiusのCommandがあり、それをクリック。
 後は描かれた最初の円弧の目的な位置に、二つのともクリックすれば、円弧の大きさを聴いてきますから、半径を入れれば自動的に接続円弧を描かれます。
 そのご、要らないところをトリムCommandで消せば良いですね。

 そのような方法で描かれた繋がった円弧は、Offsetしても離れることはありません。
 あああGridoを使用しなくても’網目のように線を描いてから、Object Snapでヒットさせてもよいですよ。

 参考になるかなあ~、ならなかったらごめんね、じゃあ~ね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、描いてみます。
どの方法がよいか試してみます。
詳しいご説明、ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/02 23:38

arc[Enter]


(クリック)(クリック)(クリック)
[Enter][Enter](クリック)
[Enter][Enter](クリック)
[Enter][Enter](クリック)
[Enter][Enter](クリック)
[Enter][Enter](クリック)
[Enter][Enter](クリック)
  ・
  ・
  ・
  ・
の手順で曲線を描くと、オフセットしても端点はつながっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに、その方法でもいけますね。
助かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2013/04/02 23:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング