定形外郵便を送るので、家で重さを量ったら、100gちょうどくらいだったので、微妙だな...と思って、郵便局で重さを量ってもらったら
「100g以内なので140円ですね。」
と言われ、手持ちの切手を3枚貼って、郵便局員さんに渡しました。
すると、今度は
「1.2gオーバーしていますから、200円になります。」
と言われ、結局、60円足して、送料が200円になってしまいました。

最初に郵便局員さんが「140円」と言ったのに、切手の重さ分で規定のグラムを超えてしまったのがなんだか釈然としないのですが...。
(もし、自分で切手を貼らないで、局員さんに最初から切手を貼ってもらえれば、140円で済んだのかな?と思ったりもするのですが)

郵便物を送る際、切手の重さもやっぱり、送料に入ってしまうということでしょうか?
ゆうびんホームページを見てもわからなかったので、どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

郵便物の重さには、


切手や送付票などすべてが含まれます。

今回については、
郵便局員さんに問題ありですね。
事前に、「切手も重量に加わる」ということを
伝えてくれればいいのに。
あるいは、そう言わなかった、その時点で気づかなかったことをちゃんと謝罪するべきですよね。

とにかく切手の重さも送料に含まれます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ああ、やっぱり、切手の重さも、重量に含まれるのですね。
そんな気はしていたのですが、切手を貼らず出すと、ほとんどの場合、最初に請求された金額ですんでいたので、その辺が不思議だったのです。
mukukoさんがおっしゃるように、局員さんが、そういう対応をしてくれるとわかりやすくていいなぁと思いました。
大変参考になりました。ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2004/03/20 12:03

元・郵便局員です。



残念ですが、局員氏のお取扱が正解です。

郵便物の重量には、
郵便切手・料金証紙・各種送付ラベル(ゆうパックラベルや代引、翌朝10時郵便ラベルなど)・書留郵便物、配達記録郵便物等のバーコードシール・差出人が承認を受けて私製した配達証、その他諸々を含めた重量が「郵便物の重さ」になります。

このことは、一般的に閲覧できる約款などには記載されていませんので、きちんとしたアナウンスがあってしかるべきなのですが・・・。
で、何処に書いてあるかといえば、取扱マニュアル(旧・取扱手続)に記載されています。

この回答への補足

●ご回答下さった皆様へ●
皆様、ご回答をどうも有難う御座いました。
局員さんによって、多少、対応が異なるようで、その辺は運のようですが(^^;)
基本的には「切手の重さも入る」ということがわかって、大変、勉強になりました。
次回から、差出の時には重量により、気を遣って出そうかな?という気になりました。
皆様からのご回答、全部、参考になったのですが、ポイントは残念ながらお二人の方にしか差し上げられないので、今回は最初に的確な回答を下さったNo.1の方に良回答を、水分のことなど目から鱗だったNo.3の方に次点を差し上げることにしました。
ポイントを差し上げられなかった皆様、ごめんなさい。

個々へのお礼は少し遅くなるかもしれませんが、必ずしますので、少々お待ち下さい。
皆様、この度は丁寧なご回答、本当に有難う御座いました。

補足日時:2004/03/20 11:30
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
元、局員さんからのご説明、わかり易く大変参考になりました。
しかし、そういうことが一般の人にわかる場所に記載されていないっていうのも、困ったものかもしれませんんね。(^^;)
実は当たり前すぎることだったのでしょうか?(^^;)

話が質問からそれて申し訳ないのですが、郵便物関連のご質問でTravelsavingさんのご回答、よく拝見させていただいております。
いつも丁寧でわかり易く、密かにファンでした。(^^)これからも頑張って下さい。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2004/03/23 10:15

局によって対応は差がありますが、基本的には切手やテープも含めると思います。

皆さんが仰るとおり、計量後言われた金額を支払って終了するのがベストでしょう。

近所の郵便局は切手を貼る前、貼った後の2回、必ず計量します。

数キロの小包で、1gや外周2cmオーバーくらいなら、目をつむってくれるところもありますが、断固として追加要求する局もあります。まあ、規定ですから。

規定は規定ですが、海外へ送るのに手製のダンボール箱で0.5cmオーバー(外周合計90cmのところ90.5cm)のため「小形包装物」扱いできず、500円近く余計に取られた時には、閉口しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
okowaさんが差し出す郵便局はとても対応が細かいのですね。
本来は、そういう対応が当たり前なのかもしれませんね。
今度からそのつもりで自分も郵便物を出そうと思います。
ダンボールのお話も参考になりました。
0.5cmの違いで500円!!って凄いですね。(^^;)
細かいことですが、大切なことなのかもしれませんね。
私もダンボールを使うときは気をつけようと思います。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2004/03/23 10:08

>もし、自分で切手を貼らないで、局員さんに


>最初から切手を貼ってもらえれば、
>140円で済んだのかな?と思ったりもするのですが

その通りです。私はいつもそうしています。

当然切手の重さも送料に含まれますので、
水のりで湿った状態だととても重くなるので
乾いてから出せば重量オーバーになる可能性は
低くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
水のりで湿った状態など考えていなかったので、それも失敗したと思いました。
今度から、少し乾かしてから差し出したいと思います。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2004/03/23 10:04

「切手そのものを重さに入れるかどうか」は何らかの決まりはありそうですが、実状は「ハカリに乗せて出た金額」で決まってしまうようです。



ですので、以下のような「どうして金額が違うの?」なケースが起きます。

ケース1
切手を貼らずに量ったら99.9グラム。140円。
そこで、手持ちの切手を使わず、140円を現金で支払う。
郵便局員は切手の代わりに「140円の証紙」を貼って、量り直さずに引き受け。
結局、140円で済む。

ケース2
切手を貼らずに量ったら99.9グラム。140円。
そこで、手持ちの切手140円分を貼る。
郵便局員は、切手が足りてるか確かめる為に量り直す。101.2グラムで200円と言われる。
仕方なく60円切手を足す。
結局、200円かかる。

そういった訳で、重さがギリギリの場合、下手に切手を貼ると重さをオーバーするので、手元に切手があっても現金で払って、証紙を貼ってもらいましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
ケース別でのご説明、大変わかりやすかったです。
本来は切手や証紙の重さも加わるようですが、やはり、ほとんどの場合は、その場の計りで出た重さで決まってしまうようですね。
未使用の切手が沢山あるので、懲りずに次回も切手を貼ってしまいそうですが(^^;)ギリギリの時は気をつけようと思います。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2004/03/23 10:02

まぁ、結果的には、入ってしまうと思いますよ。



逆に、切手が貼ってあるものに対して、
切手の分の重さを抜く計量というのが、おそらく不可能なんじゃないかと思います。

そういうときは、おっしゃるとおり、切手を貼らずに、
直接その切手で料金を払えば、重量オーバーせずにすみます。
(細かい話ですが、切手は貼りたてだったら当然水分の重さを含みますが、貼ってから時間がたてば張り合わせたときの水分が飛んで、少々軽くなるでしょうし…)

ちなみに、だいぶ前に小包を作成し、
量ってから郵便局へ持っていったら、
思っていたより料金が高かったので、
おもわず 「えっ!?量ってきたら、○○kg以内だったのに…」っていったら、
「あ、今日は雨だから、ダンボールが水分を含んで重くなっちゃったんですね。
じゃぁ、○○kg以内にしておきます。」って、言ってもらえました。

というわけで、
(1)切手は、局員さんに貼ってもらう。
(2)雨の日は、出来るだけ小包を出さない。
のが、いいみたいですね ^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> 逆に、切手が貼ってあるものに対して、
> 切手の分の重さを抜く計量というのが、おそらく不可能なんじゃないかと思います。

ああ、確かにその通りですよね。(^^;)
妙に説得力があって、納得してしまいました。
切手を貼るときの水分のことなど、考えたことがなかったので、目から鱗でした!
そういえば、その時は、海綿の水をたっぷりとぺたぺたしてから、切手を貼り付けたような気がします。
あれも失敗の元だったのか~!という感じです。

小包もよく出すので、ダンボールのお話も参考になりました。
梅雨時に差し出すときは特に注意が必要な感じですね。
体験談、参考になりました。ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2004/03/20 12:22

自分の経験から言って自分で貼らなければ、その金額で送ってもらえます。

というか、最近は定形外郵便はその場で清算して自分では切手を貼らないものですから^^;

ただ、今回の場合は言われたからそこ切手を貼ったのに何で再度測りなおすんだ?という疑問も残りますね。
もしかしたら「渡された最終状態の重さ」が金額の対象となっているのかもしれません。だとしたら、鬼畜です・・・・(笑

ということで、詳しい方に後はお任せします・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> だとしたら、鬼畜です・・・・(笑

というのに、笑わせていただきました。(すみません)
ちょっと、釈然としないなぁと思っていたところだったので、utataneさんのご回答で和ませていただきました。(^-^)
私も前は、定形外郵便はその場で清算していたのですが、今、家に半端な切手がいっぱいあって、さっさと処分したかったのもあるんです。(^^;)
今回は3枚も貼ってしまったのが失敗だったのかもしれません。
体験談、参考になりました。ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2004/03/20 12:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q郵便物の重さについて

封書の重さが微妙だったので家で計ってみたら26gでした。
定形郵便物は25gまで80円、50gまで90円ですよね。
26gだとやっぱり90円じゃなきゃダメですかね~。
家には80円切手しかなく郵便局に行くのも面倒なんです。(爆)
このまま80円切手貼って出したら絶対追加料金発生ですか?
郵便局ではすべての郵便物の重さを自動計測しているんでしょうか?微妙な重さの場合は見逃してくれたりするんでしょうか?たとえば25.5gだったらどうなんでしょうか?
郵便局の事情に詳しい方、教えて下さい!

Aベストアンサー

元郵便局員です。

以前に回答したことがあるのですが、郵便物の重量の計測は、全ての郵便物を対象にしていません。が、25gと26gとでは、たった1gの違いでこそありませんが、手に取った感覚でその違いを見抜くことができます。
計り始めるのは、私の場合、24gぐらいからだったと思います。
この際、天秤を用いて重量を計りますので、確実に料金不足郵便物として処理いたします。見逃すことは・・・ありませんね。

郵便料金体系については、
25gまでのもの 80円
25gを超え、50gまでのもの 90円
という解釈になります。

25.5gの場合は、25gを越えていますので90円、25.0gの場合は25gまでですので80円です。

○郵便法
第一条 (この法律の目的)  この法律は、郵便の役務をなるべく安い料金で、あまねく、公平に提供することによつて、公共の福祉を増進することを目的とする。

この規定の通り、公平である必要があります。

コンビニエンスストアなどの郵便切手類売捌所では、10円切手もお取扱いしていることがありますから、どうかお求めいただき、郵便物に貼り付けて投函してください。

#6さんの回答中
>不足分のほかに20円払わされたと思ったんですが
以前は手数料を頂戴しておりましたが、現在はいただいておりません。

>料金不足なので局まで取りに来て下さい
取集めの郵便局で消印を押す前に気付き、その郵便局の配達区域内に差出人住所がある場合は、差出人に一旦お返しし、消印を押してしまっているあと・差出人がその郵便局の配達区域内に住所がない場合は、消印を押して、料金不足のお知らせの
葉書をつけて受取人様に配達しています。
以前は、取りに来ていただいておりましたが、消費税導入の頃、料金不足郵便物が増加した為、なるべく早く受取人に郵便物を配達する為に出来た制度です。
勘違いではありませんよ。

#5さんの回答中、
>ただしそのまま放っておいても催促は無いらしいです。
一応、記録は残しております。放って置いても記録は残りつづけます。

元郵便局員です。

以前に回答したことがあるのですが、郵便物の重量の計測は、全ての郵便物を対象にしていません。が、25gと26gとでは、たった1gの違いでこそありませんが、手に取った感覚でその違いを見抜くことができます。
計り始めるのは、私の場合、24gぐらいからだったと思います。
この際、天秤を用いて重量を計りますので、確実に料金不足郵便物として処理いたします。見逃すことは・・・ありませんね。

郵便料金体系については、
25gまでのもの 80円
25gを超え、50gまでのもの 9...続きを読む

Q切手は余分に貼ってもいいものでしょうか?

こんばんはー。
とあるハリウッド俳優さんにファンレターを出してみたいと思ってるんです。
で、ハガキで(ポストカード)で出すことにしました。
ハガキで出すには70円切手でって事は知っているんですけど、
手元には80円切手しかありません。
郵便局にも売ってないんです。
切手不足ではないから80円切手で送ろうかな~と思いましたが、
ちょっと不安になって(^^;)どなたか教えてください。

Aベストアンサー

元、郵便局職員です。

切手を過剰に貼り付けて投函することは、何ら問題はありません。

・差出の際に郵便局の窓口で過剰分の料金の還付を受けることができます。
 料金還付のご請求の際には、切手を貼った郵便物と印鑑をお持ちください。
 投函後の料金の還付は受けられませんのでご注意ください。

・内国郵便物・国際郵便物ともに、料金過剰を承知で投函される際には、
「料金10円過納承認済」と切手の脇に記載していただけると有り難いと思います。

Q定形外郵便について教えてください

落札された商品を定形外で発送するのですが、
自宅のはかりで測ると100gちょうどで、
ぎりぎり140円でいける重さでした。
家に140円分の切手があるので、
できればそのまま投函したいと思っています。

収集された郵便物は仕分けするときに
もう一度、重さを測りなおすのでしょうか?
もし、収集後に測りなおして
重さが100gを超えていた場合、
切手不足で落札者に郵送された時に
落札者が不足分の切手を払うことになりますよね?
これは落札者に失礼にあたりますか?

Aベストアンサー

郵政公社の郵便ホームページのQ&Aには・・・

Q.3. 料金不足の手紙はどうなるの?
 料金不足の郵便物の場合、1)受取人に届く前に差出人に返送される場合、2)受取人に届いて不足額を支払う場合、3)受取人が不在だったり、支払いを拒否したりすると差出人に返送される場合があります。返送されると肝心の用件が伝わらないことになりますし、受取人に不足料金を払わせるのは少額とはいえ失礼にあたることでしょう。特に慣れない速達や定型外の手紙を出す場合は、郵便局の窓口へお持ちいただくのが確実です。

と書いてあります。
万一、不足ですと、落札者が「非常に悪い」の評価をつける恐れがあります。

参考URL:http://www.post.japanpost.jp/navi/mame_faq.htm

Q郵便局では投函された郵便物をひとつひとつ計量するのですか

、私の家にはアナログのはかりがあって、それで計量して郵便物の料金を計算して出すのですが、何しろアナログなので、デジタルで計ると1グラムオーバーしてたりとかあると思うのですが
郵便局内部でちゃんと計量して、貼られている切手が合っているかどうか、誰かが見てくれているのでしょうか?
その場合、1gオーバーだと返送されてきたりしますか?
アナログのはかりなので、微妙なんです。
切手など、細かい金額のものを大量に貼ったときなど
「これちゃんと郵便局の人が目算してるのかな??」
と純粋な疑問として以前から持っていました。

郵便局内部のことをご存知の方、教えて下さい

Aベストアンサー

郵便局員もそれ程暇では有りません。まずポストから集めてきた郵便物は大きなテーブルの上に広げます。
そこで大型、小型郵便物に仕分けします。その段階で機械にかかる物と手区分に分けます。その作業をしながら適正な額の切手が貼られているか見ます。アキラカニこれは重量オーバーだろうと思われる郵便物は、はかりにかけますが数グラム位は、目こぼしです。
封筒にはメダルやコインを入れた場合は重量オーバーになります。また機械にかけられた場合機械の金属探知機が反応します。また封筒が破損する恐れが有ります。メダルやコイン、ポイントカードの類は封筒の切手の下あたりに赤字で手区分と書いてください、
郵便局のご利用をお願いいたします。

Q郵便物の重さの測り方 はかりを使わずに

郵便物を送りたいのですが、身近な物を使っての重さの測り方を教えてください。
はかりはないので、それ以外の方法です。

定形郵便物・定形外郵便物 は
25g 50g 100g 150g 250g 500g ・・・
で料金が分かれているので、どの区分に入るのかがわかればいいです。

Aベストアンサー

下記のようなものを自作
www.geocities.co.jp/Athlete-Athene/8198/articles/arti028.html

おもりは、硬貨を洗濯バサミに挟む。

500円硬貨-7[g]
100円硬貨-4.8[g]
50円硬貨-4[g]
10円硬貨-4.5[g]
5円硬貨-3.75[g]
1円硬貨-1[g]

Q定形外郵便の紛失事故調査、どのくらいの確率で見つかりますか?

度々お世話になります。落札商品が郵便事故にあってしまい、紛失事故調査を郵便局にしてもらおうと思うのですが、この調査というのはどのくらいの確率で見つかるのでしょうか?聞くところによると、調査とは名ばかりで、してもしなくても一緒ともいいます。無駄でしょうか?

Aベストアンサー

過去4回郵便事故に会いました!!
内1回郵便局で置き去りになっていました(笑)なんか、郵便局員が変なところにおいてそのまま放置になっていたらしいです・・・(まぁ~見つかるだけましかな・・・)あと3回は見つかりませんでした・・・
因みに郵便局へ郵便事故の申請をしにいくと見つかりませんよとしか言われません。ホームページの専用ページに書いたところちゃんと調査してくれたみたいです。3回手紙で中間結果が来て1回電話で謝罪がありました・・・結局見つからなかったけど・・・

Qこんな状態の切手は使えますか?

はがきに貼り付けたものの、思い直してはがしたところ
破れてしまった未使用の切手があります
また、未使用だげど強い折れ目がついてほとんど折れ目部分で
切れそうになっているかんじの切手もあります
どのていどの破れ方、破損の仕方でしたら使用可能なのでしょうか?

フチの白い部分より内側まで破れたらダメなどときいたことが
あるようなないような。。詳しくわからないので教えて下さい


また、きっての上に専用機械でしかみえないマークがおされるというのは本当なんですか?

私製ハガキで〒番号の枠がナイ場合は曲居なさ那覇扱いずらいのでしょうか?
できれば扱いやすい書き方をしたいと思っています

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

元郵便局員です。
ここには時折いい加減なウソの回答が出るのでご注意を。

切手は基本的に汚れたり破れたりした物は一切使用不可です。
破れた切手どうしを張り合わせて新品に見せかけたりするのを防ぐためです。
汚れた切手も同様、消印の後をごまかそうとするのを防ぐためです。

稀にほんの少し欠けたり汚れたりした程度の物なら
窓口で実際に郵便を差し出す際に使用する場合に限り
見逃してくれる場合もありますが
あくまでも窓口担当者の善意です。
使用できるからと言って他の切手やハガキに交換を願い出れば確実に断られます。

>また、きっての上に専用機械でしかみえないマークがおされるという
>のは本当なんですか?

ウソです。
ここの回答でもたまに堂々と回答してる方がいますが
目に見えないマークは機械で区分処理された際に印字される
郵便番号や住所、番地などのデータバーコードです。
バーコードの中にはどこでいつ差し出されたかという情報も含まれます。
紫外線を当てると浮き上がるバーコードを読むことで
機械で宛先の番地やマンションなどの部屋番号順にまで
区分けが行われるのです。
住所番地を示すためのものなので
切手などの無い住所を書いてある位置に近い場所に印字されます。
あくまでも郵便物の区分けに使用されるバーコードで
切手に押す消印とは全く異なるものです。
まして年賀状の消印省略とはなんの関係もありません。
年賀状は「年賀特別郵便」というもので
法的に官製のハガキに対してのみ消印の省略を認めたものです。

本来消印とは正当料金の収納の証、
および差し出した場所や時間を証明する「公印」ですので
目に見えない物は存在しません。

元郵便局員です。
ここには時折いい加減なウソの回答が出るのでご注意を。

切手は基本的に汚れたり破れたりした物は一切使用不可です。
破れた切手どうしを張り合わせて新品に見せかけたりするのを防ぐためです。
汚れた切手も同様、消印の後をごまかそうとするのを防ぐためです。

稀にほんの少し欠けたり汚れたりした程度の物なら
窓口で実際に郵便を差し出す際に使用する場合に限り
見逃してくれる場合もありますが
あくまでも窓口担当者の善意です。
使用できるからと言って他の切手やハガキに交...続きを読む

Q郵便物に赤字の注意書きは有効か?

通常の普通郵便によく赤い字で
「天地無用」「折曲厳禁」
「取扱注意」「加圧禁止」
「落下厳禁」「上積厳禁」等書いて
注意を促しますが、これは有効なのでしょうか?
(ちゃんとそのように取り扱ってくれるのか)

また、上記の限りでなく「カードが入っているので
折らないで届けてください」など
上記のよくある定型文以外で
書いても有効でしょうか?

Aベストアンサー

「有効か」という点に関しては少なくとも普通郵便に関しては「どちらともいえない」といか言いようがないと思います。というのも、例えば「「天地無用」と書かれた郵便物は絶対に上下逆さにしてはならない」といった規定は存在しないからです。そのため、その郵便物に何らかの形で関わった局員次第ということになります(よほどいい加減な人でない限り、注意するとは思いますけど)。また、定形郵便物で区分機を通すものはその時点で破損等の可能性があります(確率的には非常に低いですが・・・)。ちなみに、これは宅配便にもいえることですね。

ちなみに、#7さんが回答しているシールですが、あれは基本的に「ゆうパック用」のものです。おそらく、その局で便宣的に貼ってくれているのでしょうから、どこの郵便局でも貼ってくれるとは限りません。

Q小額で小さいサイズの「こわれもの」どうやって送っていますか

小さいサイズで、落札価格も小額で、「こわれもの」の場合どうやって送っていますか。

例えば、コップ一個を100円で落札された場合、ゆうパックなど使ったらせっかく安い商品でも送料が高くついてしまいますよね。

私は、小額のものの出品しかしてないので、通常(こわれる心配のないもの)は定形外郵便も引き受けています。今までこわれものは、千円以上の商品の出品しかしたことがなかったので、必ずゆうパックで送っていましたが、あまりに小額商品で小さいサイズの場合、何かいい方法はないかなと思っています。

こわれものでも、補償がないことを但し書きして定形外郵便でもいいですよ、という出品者さんもたまに見るのですが・・・。郵便物って、局内で振り分け作業する時に分別カゴに投げ入れていると聞いたことがあり不安です。

定形外郵便でも、よく見える位置に「こわれもの」と書いていたら、少しは大事に扱ってくれるのかなとも思いますが「こわれもの」って書くくらいなら、ゆうパックで出せばいいのにって(局員に)思われそうな気がします。

定形外郵便に、「こわれもの」表示を書き込むのはアリでしょうか。もちろん中身は厳重にプチプチなどで梱包するつもりです。


定形外郵便以外でもいいです、何かいい案ありませんか?

小さいサイズで、落札価格も小額で、「こわれもの」の場合どうやって送っていますか。

例えば、コップ一個を100円で落札された場合、ゆうパックなど使ったらせっかく安い商品でも送料が高くついてしまいますよね。

私は、小額のものの出品しかしてないので、通常(こわれる心配のないもの)は定形外郵便も引き受けています。今までこわれものは、千円以上の商品の出品しかしたことがなかったので、必ずゆうパックで送っていましたが、あまりに小額商品で小さいサイズの場合、何かいい方法はないかなと思っ...続きを読む

Aベストアンサー

私もこの件に関しては少し悩んでいます。
私はオークション中級者です。取引自体は600件を超えています。
半分くらいは小額のものです。その中でこわれものは余りありませんが、確かに小額で終わりそうなものの場合、商品説明に「ゆうパック以外はダメ」的な事を書くと、それでも「定型外できますか?」といった質問がありますし、入札が減ったりします。
落札者としては、商品が小額であれば尚の事、振込手数料や送料の負担を少なくしたいのは当然ですよね。
一度は「落札者が負担を軽くしたいと思うのは当然の事だと思いますが、どうして定型外郵送を対応してくれないのですか?落札者の気持ちを考えて下さい」などと言って来た人もいました。
問題は「補償なし」の理解度ですよね・・・。
私がいつも出している郵便局は「こわれもの」とか「取り扱い注意」と目立つように書いてある荷物を「定形外で」といって渡すと、「補償はありませんがゆうパックにしますか?」と必ず聞いてきます。
業務の一環として確認する事も大事なのだと思いますが、「え・・・っと。定形外で結構です・・。」といいながらとても不安になるのは正直な所ですね。
ちなみに「ビン類」と書くと定型外では取り扱ってもらえませんでした。

送料の兼ね合いと補償の部分を、出品者と落札者で確認して取引するしかない所かもしれません。

私もこの件に関しては少し悩んでいます。
私はオークション中級者です。取引自体は600件を超えています。
半分くらいは小額のものです。その中でこわれものは余りありませんが、確かに小額で終わりそうなものの場合、商品説明に「ゆうパック以外はダメ」的な事を書くと、それでも「定型外できますか?」といった質問がありますし、入札が減ったりします。
落札者としては、商品が小額であれば尚の事、振込手数料や送料の負担を少なくしたいのは当然ですよね。
一度は「落札者が負担を軽くしたいと思うのは...続きを読む

Q定形外郵便の重量の測り方について

こんばんは。
お世話になります。

以前からオークションで出品をしているのですが、なるべくゆうパックなどを使って発送しています。
しかし、定形外郵便の指定を受けることが多く、このような時は、郵便局へ行き、計測してから自宅に持ち帰って、連絡後、また郵便局へ行き発送しています。ハッキリ言って、手間がかかるので、キッチンスケールを購入し、自宅で計測してから郵便局へもって行こうと思います。

以前、自宅で計測後郵便局へ持って行っていたのですが、自宅のスケールと郵便局のスケールが、どうも合わず、余計手間がかかったので、上記のような対応になりました。ちなみに、その時はアナログ式のキッチンスケールで計っていました。洋服などの大きいものの方が、アクセサリーなどの小さいものより誤差が大きかった気がします。

みなさんは、どのような計りで計測しているのでしょうか?
お勧めの計りを教えてください!

Aベストアンサー

私はたくさん出品するので、無印のデジタルのスケールを使用しています。
定形外で誤差が出たことはほとんどありません。

郵便局に持ち込んだ時、相手に提示した金額よりも安くなってしまった場合は、証紙でなく切手を貼って対応し、多目だとしてももらった金額を貼ってしまいます。

高くなった場合は自腹で負担しますが、そうならないように、もしギリギリだなと思うときは、テープを多く貼ったり、厚紙を添えたり、エアークッションを増やしたりして梱包を厳重にして調整しています。

宅急便やメール便の場合は担当者によって違うので、少なめになったときは「少なくとも一段階上の料金でやって下さい」とお願いしています。

落札者は品物に貼ってある金額と自分が支払った金額が合っているかチェックする方はいますが、受け取ってすぐ重さを量ってみる方はほとんどいません。
トラブルを回避するためには、
・予想金額よりも少ない場合⇒料金違いでも頂いた金額を貼ってしまう。
・予想より多くなりそうな微妙な時⇒梱包を丁寧にして明らかに多くしておく。

ご参考までに。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報