【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

小さいときにビデオテープで借りて見ていた、凄く気に入っていた洋画アニメ映画のタイトルが思い出せません。
うろ覚えですが、主人公が妖精のようなもので
親指をパッチンとならして岩や壁に触るとお花が生い茂る、緑の親指?という特別な力をもっているお話しです
作中で幼い兄弟が登場していて
妹はブロンドのお下げでした(兄は覚えてません)
その兄弟が、悪い魔女に追われていて緑の親指とは対称的にその魔女はゆびパッチンして触れるとふれたものが石になったと思います!

ここまで覚えていて、登場人物の名前もタイトルがどうしても思い出せません

ご存知の方がいらっしゃったら教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「セントラルパークの妖精」かもしれません。


よろしければこちらの画像でご確認を。
http://www.tsutaya.co.jp/works/10003491.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわあああ!多分これです!助かりました!

お礼日時:2013/06/18 20:43

お探しの洋画アニメは、



「チスト -みどりのおやゆび」

では、ありませんか?

主人公は妖精ではなく、人間の少年であり、
妹が登場するのかどうかは、わかりません。

主人公は、チストという名前の男の子で、
チストの親指が触れたところには、次々と花が咲き乱れる。
という力を得ます。

あとは、

「セントラルパークの妖精」

でしょうか。

質問者さまが書かれている内容からすると、

「セントラルパークの妖精」

かもしれませんね。

心優しい妖精スタンリーは、触れただけで花を咲かせることが出来る魔法の親指を持っている。
しかし、国では花が禁じられていたため、何でも石に変えてしまう親指を持つ
邪悪なノーガ女王により、スタンリーは、大都会ニューヨークに追放される。
しかし、スタンリーが行き着いたのは、花咲き乱れ、緑あふれるセントラル・パーク。
そこでスタンリーは、ガス少年と、その妹ロージーと出会う。

というお話のようです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます!セントラルパークの妖精でした! もう一度みたい映画のタイトルがわかってスッキリしました!

お礼日時:2013/06/18 20:46

妖精


ブロンド
お花が生い茂る

というのから想像すると「ティンカー・ベル」と娘が自信を持って答えてます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん違いますね(汗) ディズニー映画ではなかったです!

お礼日時:2013/06/18 20:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む


人気Q&Aランキング