七五三の四つ身をみていて思ったのですが・・・

しごきと呼ばれるふさがついた帯を、結び帯の下にしている写真をよくみかけます。
個人的に変だと思うのですが普通ですか?

色も着物と全く違う色で目立って、何の意味があるのかと思います。

詳しい人、色々教えて下さい。

「七五三、四つ身の「しごき」帯について」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まあ、普通ですね。


昔からあるものです。晴れ着の時に用います。
花嫁衣裳に用いる場合もあります。

時代劇を見ていると武家の女性などは着物の裾をはしょらずにお引きずりの状態で着ていますね。
そして外出する際には裾を持ち上げて帯の下でもう一本の細帯で固定したのです。
それが「しごき帯」の原点です。
今でもお引きずりの衣裳を切る芸妓さんや舞妓さんがそのような使い方をします。

今は実際にはあらかじめおはしょりをして着付けますので装飾的な意図で用いられるようになりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
早々に回答していただいたのに、お礼が遅くなりました。
大事な意味があるんですね。

お礼日時:2013/08/23 08:18

#1のかたに付け加えて、七五三のときから、こしあげはしない、つくりも、四枚の布地を横にぬいあわせて、


子供の着物ではない、長さも、長い、長着ですよ・・・・という
目印です。

実際には、こしあげして、肩上げもして、やはり、コドモ仕立てで着せてますけど。
オトナになるという、通過儀礼としての着物の違いを目立たせるためなので、余計に装飾的になってる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。何度か見ているうちに馴れてきたというか…別におかしくないような気もしてきました。
意味があるのなら尚更。
大事なものなのですね。
勉強になりました。

お礼日時:2013/08/23 08:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q11月生まれの七五三について。

11月生まれの七五三について。
2005年11月下旬生まれの息子の七五三は今年で良いのでしょうか?
『満』や『数え』が良く分からないのですが・・・

よく「五歳になってから」と聞きますが、七五三の日(11月15日)にはまだ4歳です。
15日かそれ以前にお参りに行く予定なんですが、それでは満5歳という事にはなりませんよね?
だとしたら来年の11月にやるべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

息子さんの場合、2005年11月下旬生まれで、七五三の11月15日には満年齢で4歳、数え年で6歳ですね。
数え年は生まれた年(息子さんの場合には2005年)を1歳、翌年の元日で2歳という計算です。満年齢はご存じのように、生年月日で0歳、以後誕生日ごとに1歳ずつ増えます。本来、七五三は数え年で祝うものですから、息子さんの場合には昨年です。しかし、最近は満年齢で、学校の学年と同様に考えてお祝いしますから、今年で結構ですよ。これは成人式でも同じです。その年の3月までに20歳になる人が成人式に出席するんですから、成人式に19歳という人もいます。

Q着物、6歳で三つ身は変ですか?

6歳になったばかりの娘がいます。

七五三の3歳で着た被布のある三つ身を腰あげの糸をとったら、まだ着られないこともないです。

そこで質問なのですが、6歳にもなって着られるとは言え、被布を着たような状態で着せることはおかしいでしょうか?

一応、7歳の四つ身も持っていますがこちらはかなり腰上げしなければ着られない状態です。

どうするのが良いでしょう?

Aベストアンサー

たとえばお家のなかで過ごすような場合なら良いと思います。
でも晴れ着として着せて外出するには向かないと思いますね。

子供の着物には肩揚げ腰揚げを必ずするのが正式だそうです。
それはこれからまだ成長するという意味。
肩揚げや腰揚げをしない着物を着せるのは、もう成長しない=死を暗示させるもので縁起が悪いのだそうです。
昔は子供が無事に育つのが難しかったから神経質だったのかもです。
七五三はここまで無事に成長したというお祝いですからね。

とは言っても私もお正月にウールの三つ身アンサンブルの揚げをおろして着せられた写真など残ってますので、あくまでも正装の場合という解釈で良いと思うんですけどね。

Q来年の11月の七五三の対象年月日教えて下さい。

来年の11月の七五三の「三」の対象年月日をご存知の方、
教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

>来年の11月の七五三の「三」の対象年月日
とありますが ちょっとわかりづらいです

要するに
来年 子供が3歳前後なのだが 七五三は何歳からが対象になるのか
ということでしょうか
お子さんの現在の年齢もわからないので…多分まもなく2歳ぐらいでしょうか

いつからいつまでが対象になるのか…という正確な期間で答える事は難しいです
ご家庭のしきたりなどもあると思いますが 普通は「数え年」で行うことが多いです(なので来年の11月前には2歳になっているということ)
しかし「数え年」だと小さすぎて 着物や洋服などを着せても「汚してしまう」とか「じっとしていない」とか いろいろと難しい年齢でもあります
ですから 実年齢(11月頃に3歳になっている)で 行うご家庭も多いです

我が家の子供たちは3歳になってから「実年齢」で行いました
なので お子さんの成長具合で 数えで出来そうならば2歳で まだ幼かったりする場合などは実年齢の3歳でも良いと思いますよ

Q結婚式参列時の帯締めと帯揚げについて

40代、友人の結婚式に参列予定です。

色無地かおとなしめの色の訪問着を着ようと思っているのですが、合わせる帯締めの色柄で悩んでいます。

手持ちの着物、帯の色柄から、出来れば白の帯締めをしたいと思っているのですが、
下記のような帯締めについてご教示ください。

(1)真っ白の丸ぐけ
(2)真っ白に金糸
(3)色付きの丸ぐけ
(4)色付きの平組(金糸も銀糸も入っていないもの)
(5)色付きの平組(金糸か銀糸が入ったもの)


いろいろなサイトなどで調べると下記のような意見をよく目にします。

(1)花嫁専用
(2)留袖専用
(3)カジュアル専用
(4)訪問着ではカジュアルすぎる
(5)訪問着の人はこれにすべき


(1)~(4)の帯締めはお呼ばれの結婚式において色無地や訪問着には着用してはいけないのでしょうか。やはり(5)が常識的なのでしょうか。

あくまでお答えくださる方の主観で構いませんので、違和感がある、地元の慣習はこうだ、絶対的なルール、などのご意見、ご教示お待ちしております。


また、下記サイトのページ中ほどにある「礼装時の小物」の画像にある帯締めや帯揚げは、上記の調べた結果とは異なり、結婚式の参列に白を、とおっしゃっています。いかがでしょうか。
このサイトに載っているような帯締め、帯揚げに関するご意見もお待ちしております。

http://kbr.seesaa.net/article/132327813.html

以上、よろしくお願い致します。

40代、友人の結婚式に参列予定です。

色無地かおとなしめの色の訪問着を着ようと思っているのですが、合わせる帯締めの色柄で悩んでいます。

手持ちの着物、帯の色柄から、出来れば白の帯締めをしたいと思っているのですが、
下記のような帯締めについてご教示ください。

(1)真っ白の丸ぐけ
(2)真っ白に金糸
(3)色付きの丸ぐけ
(4)色付きの平組(金糸も銀糸も入っていないもの)
(5)色付きの平組(金糸か銀糸が入ったもの)


いろいろなサイトなどで調べると下記のような意見をよく目にします。

(...続きを読む

Aベストアンサー

<絶対的なルールとしてではなく、あくまで「個人的なご意見」を伺いたいのですが…

承知しました。ご参考までにお答えさせて頂きます。

<「丸ぐけがアンバランス」とは、丸ぐけはカジュアル向け、ということでしょうか。

丸ぐけがカジュアルという定義や感覚は私にはありません。
白の丸ぐけは花嫁に限らず昔は喪服(黒紋付)にも用いました。
振袖なとの晴れ着には色物、刺繍入りなど用いますね。どちらかというとむしろフォーマルです。
ただ、どうしても古典的な着物、大正ロマン風と言いますか、レトロチックな感じは否めないと思います。
なので現代的な色無地やさっぱりした訪問着にはアンバランスでは?と思いました。
もしも用いるなら刺繍入りなどのボリュームある半襟や伊達衿でバランスをとる必要があると思います。

<もし単なる真っ白な平組の場合、バランスが良ければ着けても良いかもしれないが、花嫁の方が着ける真っ白の丸ぐけにかぶってしまって失礼とか、そういった感じは受けられますか?

平組と丸ぐけでは質感も雰囲気もちがいますので花嫁とかぶる感覚というのはないですし、たとえかぶってもフォーマルなのですから当然といえば当然です。
結婚式は神事ですから昔は花嫁もそれ以外の参列者もそろって白の丸ぐけ一辺倒だったわけですし。
真っ白の帯締め、私は観世を持っているのですが結婚式に限らずオシャレとして使います。
平組の白に金糸入りのものはセミフォーマル以上で使いますね。

<また、白地に金糸は留袖専用では無い、とお考えですか?

はい。専用と考えることはないと思います。
訪問着以上の正装で用いるものという位置づけで、留袖にも「使える」ということです。
ただし上等のものほど留袖用を意識して作られています。
つまり小物自体にも格の上下(=品質の良し悪し)があるので、やはりそこのバランス感覚なのですね。

<絶対的なルールとしてではなく、あくまで「個人的なご意見」を伺いたいのですが…

承知しました。ご参考までにお答えさせて頂きます。

<「丸ぐけがアンバランス」とは、丸ぐけはカジュアル向け、ということでしょうか。

丸ぐけがカジュアルという定義や感覚は私にはありません。
白の丸ぐけは花嫁に限らず昔は喪服(黒紋付)にも用いました。
振袖なとの晴れ着には色物、刺繍入りなど用いますね。どちらかというとむしろフォーマルです。
ただ、どうしても古典的な着物、大正ロマン風と言いますか、レトロチ...続きを読む

Q七五三の件です。 双子の息子がおります。 11月13日に七五三のお参り

七五三の件です。 双子の息子がおります。 11月13日に七五三のお参りを予定しております。 もんつき・はかまをお借りしたいです。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

URLのような写真館が大都市圏にはありますから、予約されてお出でください。

参考URL:http://www.studio-alice.co.jp/

Q帯締めを帯留めに通したい

和服初心者です。

先日、帯留めを購入したのですが、帯締めの通し方が分かりません。(>_<)
房が邪魔というか障害になり思考錯誤しましたが、帯締めを傷めてしまいそうであきらめました。
それに、帯締めにもどっちが上下左右とかあるのかなぁ・・・と、疑問にもなりました。

すごく恥ずかしい質問ですが、どうかコツみたいなものを教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

房のボリュームがあるんですね
http://tsukishiro2005.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-893f.html
こちらに通し方が書いてありますのでどうぞ

金属の金具が小さいと通らないです
あと帯留めが好きならブローチを帯留めにする方法もあります

http://www.suzutoyo.com/obidome_kanagu/index.html

Q七五三を11月にします。

七五三を11月にします。
ご挨拶に伺うと千歳飴を差し上げますよね?
いがいと千歳飴って食べないでそのままって事があるので、違うもの(金平糖など)を
考えています。

皆さんは、七五三といったらやっぱり長い千歳飴ですか?

Aベストアンサー

>七五三といったらやっぱり長い千歳飴ですか?

はい。そうですね。

うちは近所の神社にお参りに行くといただけるので、
それを持って記念撮影などをしました。

やはり千歳飴があるとそれっぽく映ります。

Q振袖の帯について 頂き物の帯ですが、手持ちの振袖に合わせられる物なのか自分で判断出来ません。 画像を

振袖の帯について

頂き物の帯ですが、手持ちの振袖に合わせられる物なのか自分で判断出来ません。
画像を貼りますので、アドバイス頂けないでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

袋帯ですよね?良いと思いますよ。
お着物は絞りでしょうか。現代風のシックな振袖ですね。
昔はお花の着物にお花の帯という合わせ方はしなかったのですが、昨今はドレス感覚でこのような合わせ方もありになってます。
古典的な合わせ方ではありませんが、お花の雰囲気や大きさなどもよく合ってるので、これはこれで大丈夫と思います。
帯結びはシンプルな結び方にする方がいいと思いますよ。

Q11月生まれの七五三について

友人の子供の七五三で相談されて過去の質問を参考にしようと思ったら・・・ますます分からなくなってしまいました!どなたか助けてください。

平成11年11月下旬の生まれの女の子です。
”数え年”だと現在もう4歳なんですよね?
で、”満年齢”だと今年の11月下旬で満3歳?
ということは、来年の11月にお祝い???・・・でいいのでしょうか?でもそれだと、数え年で5歳のお祝いになってしまうから、女の子だとちょっと変???

なんてアドバイスしたらいいんでしょう???
困ってます。ぜひよろしくお願いします。
年の数え方あってますか?そのあたりのご指摘もぜひお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは♪
我が家は12月生まれ。
七五三の時は、やはり「いつやるべき?」と悩みましたネ。

なぜそんなに悩んだかと言うと、
七五三という行事は、実家等と共に祝うことが多いので、
昔ながらの考えをもつ、おじいちゃん、おばあちゃん達は当然、
「数え年でやる」と考えていたからです。

まわりの友人や、育児の先輩達に聞くと大抵、
「秋~冬生まれの子だったら、3才の祝いは、満年齢の方がいいよ」
と言われます。
数え年(満年齢2才時)でやったら、
着なれない着物や帯でぐずったり、
足元は歩きにくい草履なので、抱っこばかりだったり、
昼寝の時間にかかってくると泣きじゃくったり、
祝いの膳で落ち着いて食べれらなかったり…
とっても大変だった!という意見ばかり聞きます。

よって、私的には早々と「満年齢でやろう!」と決めていました。
でも、いざとなると、
風習を重んじる祖父母達を説得させるのは、大変でしたよ~。
そんなことでもめるのもバカバカしいので、
皆で良く話し合った方がいいですネ。

でも、今よーく考えると、
数え年(満年齢2才時)でやった方がいい場合もあると思います。
例えば、3年保育の幼稚園に預ける予定がおありだったら、
それまでずっと家庭内にいた免疫力のない子にとっては、
七五三の時期がちょうど、入園1年目の寒くなる時期にあたるので、
風邪や伝染病が非常に流行ってるんです。
ウチも水ぼうそうを直前にもらってきて、
写真撮りを予約してた日までに治るか?ハラハラしましたね~。
ご実家等と一緒にお祝いすることがなければ、
「出来る時にやってしまう」というのも一案でしょう。

一方、7才のお祝いは、数え年でやりました。
それは、前回の3才の時のこともあるので、
祖父母の意見を採用するという意味がひとつと、
その頃になると、本人が、
自分より誕生日の早い園のお友達(同学年)はもうやったとか、
気にするようになるので、こういう結果となったのです。
一人前になる儀式という、7才の祝いの本来の意味を考えても、
小学校にあがる前にやる方が、妥当かもしれませんね。

但し、場合によっては、兄弟児の祝いに合わせて一緒にやるとか、
次の出産を計画されていたら、無理ない範囲で考えるとか、
出費が大きい行事なので、金銭面で大丈夫か?とか、
いずれにせよ、ご家族ご実家全体で結論を出されるべき
問題だと思います。

とにかく、用意は早いに越したことありません。
お友達にどうぞ、そう、お伝えくださいネ♪

こんにちは♪
我が家は12月生まれ。
七五三の時は、やはり「いつやるべき?」と悩みましたネ。

なぜそんなに悩んだかと言うと、
七五三という行事は、実家等と共に祝うことが多いので、
昔ながらの考えをもつ、おじいちゃん、おばあちゃん達は当然、
「数え年でやる」と考えていたからです。

まわりの友人や、育児の先輩達に聞くと大抵、
「秋~冬生まれの子だったら、3才の祝いは、満年齢の方がいいよ」
と言われます。
数え年(満年齢2才時)でやったら、
着なれない着物や帯でぐずったり、
足元...続きを読む

Q「付け帯」をどう思いますか?

私は、日常的に着物を着るタイプです。
しかし、最近、五十肩になり、後ろに手が回しづらくなりました。
帯を結ぶのも難儀です。

いままで、カジュアルな着物には「付け帯」をしていましたが、
割とお値段の張る着物の時は、ちゃんとお太鼓を結んでいました。
でも、今はそれが難しいです(涙)

思い切って「ちゃんとした着物用の帯」も
「付け帯」に作り変えてしまおうかと思ったりしますが、
ウン十万する帯を「付け帯」にするのに、なんとなく躊躇いがあります。

今まで、付け帯をしていて「付け帯だね」と指摘されたことはありません。
また、それほど器用ではないので、結び方にバリエーションをつけたりもしません。
だったら「お高い帯」でも、着用しないより「付け帯」にしたほうがマシかとも思います。
何年かすれば五十肩は良くなるかもしれませんが、「それを待つのもなぁ・・・」と。

皆さまならどうなさいますか? ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

特に、どうとも思いません。
付け帯かどうか気づく人も少ないでしょうし、気づいても何とも思わない人がほとんどではないでしょうか。

私自身は、先の回答者さまと似たようなのか折るだけですので、二部式が背負えるなら、帯を締めるのも変わらないです。

お高い帯も使いたい、でも付け帯でないと難しい、付け帯にするのに抵抗がある、と仰るなら、切らない作り帯を試してみられてはいかがでしょうか?
私は一度チャレンジして、これだと締める方が楽だ、と戻ってしまいましたが、この方法が楽だと仰る方も多いようですよ。
着物雑誌にも、似たようなものが時々紹介されているようです。

http://blog.goo.ne.jp/tombo624/e/0764c1716045fe02ddf9c7144419aeb7


人気Q&Aランキング

おすすめ情報