旅立ちの合図か何かだと私は思っているのですが、
其れだけではない、何か深い理由があるような気がしてなりません。
気になってしょうがないので何方か教えて下さい。宜しくお願いします。

A 回答 (4件)

jj3desさんも書いてらっしゃいますが、船が出航する時や


何か行事が有る時、祝砲や礼砲を打つことがあるそうです。軍隊なんかでも、慶事や弔辞を表すとき、空砲を打っているのを映画や小説で見たことがあります。
それに準じて、亡くなられた方への弔意を表すために鳴らすのではないでしょうか?
    • good
    • 0

最期の別れを演出するために鳴らす物だとおもいます。

    • good
    • 0

港を離れるときの船の汽笛のように


「行って来ます」の意味に捉えていました。(さようならという意味も含まれるとは思います。)

冥土へ「旅立つ」という言い方をするので、あながちはずれではないかと...。
    • good
    • 0

列車が発車するときの汽笛と同じというと余りにもあまりですよね。



私も葬儀に参列する度、あのクラクションが何かを訴えてるような気がしていました。でもまだ、それが何かつかめません。雑多な考えの一端を。
(1)死者の今生の別れの(感謝)の代弁
(2)運転手が責任を持って送り届けますという決意
(3)遺族の感謝の気持ちの表れ
(4)遺族に未練を断ち切ってもらうためのけじめの合図
ほんとになんなんでしょうね。決してふざけているわけではありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報