ネットが遅くてイライラしてない!?

日本の美術館は、静かな空間であることが多いですし、静かにしないといけないような雰囲気があると思うのですが、海外の美術館でもそうなのでしょうか?

海外の美術館では、そうでない場合、何が日本と違うのでしょうか?

詳しい方いらっしゃいましたら、回答よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

既にご回答にあるように、大きな美術館で人が多ければ多少ざわついたり、ガイドさんが解説していたりしますが、騒がしいというほどではないです。

「うるさいなぁ」と困った記憶はないので・・・・・基本的には落ち着いた空間です。

ミュージアムでも博物館はそんなに静かではないかな。騒いではいませんけど。
日本と似たようなものだと思います。

ヨーロッパで、子供が遊んでいたのか、邪魔になるところで床に座っていたか何かしたら、美術館スタッフ(学芸員かな)がたしなめていました。こういうところは「スタッフと客」でなく「大人と子供」な感じがします。

それ以外で違いといえば、

・フラッシュ無しなら写真OKという美術館が結構ある(しかし撮影禁止の美術館もあるのでその都度確認)

・写真OKでもビデオ撮影はダメなことが多い(なぜなのか知りませんが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

日本との違いもあるんですね。
ガイドさんか学校の先生の解説は、日本でもみたことがあります。

お礼日時:2013/11/15 15:21

 海外の美術館も、ほとんどのところは静かだと思います。


 ただし、いわゆる観光ルートで、美術愛好家でもない観光客が大挙してくるような美術館は、けっこうザワザワ、ガヤガヤしていることもあります。(特に、某大陸大国の方が多く行くような美術館)

 比較的静かな美術館でも、学校の生徒や、一般市民のセミナーみたいなもので、絵の説明などをしている場合があり、そこでは当然説明者が声を出して説明しています。
 特にうるさいほどではありませんが。

 基本は、他人の鑑賞を妨げないように、静かに観賞するということでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

日本と同じで、他の方の鑑賞を妨げないのがマナーが国際的なのですね。

お礼日時:2013/11/15 15:18

パリの有名な美術館は、世界中から観光客が集まってきますから、当然人が多くなり、様々な言語が聞こえてくるという状態になります。


人が多いですから「鑑賞」というより「見る」ということになりますね。

また、小学校低学年からの課外授業に利用されることも多く、ちいさい子供達の話し声も聞こえます。

地方に行くとガラッと変わります。
人があまりいなくて好きなように鑑賞できますから、皆さん静かに鑑賞していますね。

監視員の方々の仕事は、作品に危害を加えられないようにチェックする、ということだと思います。
小さな話し声でも、大人数になれば相当ざわざわします。
それを注意することなんてできないですから。

日本でも世界的な名画や有名作家というと人が殺到します。
海外で人が殺到するということはないのかもしれませんが、人が多くなれば「静かに」はムリでしょうね。
日本人はマナーがよいと評判なのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

海外でも有名展だと、ざわつくんですね。
海外は、会話をしながらの鑑賞もありなのかと思いましたが、時と場合によるんですね。

お礼日時:2013/11/15 15:20

昨年、NYのメトロポリタン美術館に行きましたが、あまり静かではありませんでした。



撮影禁止のマークがあるにも関わらず、美術品と記念撮影する観光客も少なくなく。
監視員?案内員?も特に注意せず、見知らぬふりをしていました。

日本の美術館の監視員の人は、おしゃべりがうるさい人がいたら注意したり、美術品に近づきすぎたら注意したり、よく目を光らせているというか仕事をきちんとしてる人が多いのではないでしょうか。

お国柄? あくまで私見ですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

他の方の回答にもありましたが、都会の美術館は結構ざわついているみたいですね。

お礼日時:2013/11/15 15:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q美術館ってなぜ静かに鑑賞するのがマナーなのでしょう?

美術館を回る時、静かに鑑賞するのがマナーですね。でも、友人と一緒だったりすると、気に入った作品について少し話したいと思う時もあります。そもそも静かに鑑賞するのはなぜなのでしょうか?

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

教えて! goo を頼りに、木下優樹菜さんが3/18(水)東京へ、
遼河はるひさんが3/21(土)・22(日)金沢へ旅行に行きます!
あなたの回答で、素敵な旅のプランが出来上がる!?
旅の様子はサイトで随時更新されるから是非Checkしてみてね!

教えて! goo TRAVEL
https://travel.oshiete.goo.ne.jp/

Aベストアンサー

作品を通して、鑑賞者と制作者は対話するのです。

制作者は、ある意図を持って、その意図を作品に込めることによって表現します。

ところが、出来上がった作品は、制作者の意図を100%表現できていないかもしれませんし、意図とは別のものが現れてしまうかもしれません。

つまり、制作者は何らかのメッセージを発するのですが、それが意図通りに伝わるとは限らないということです。

当然、鑑賞者もその意図を読み解こうとしますが、正しく読み解けるかどうかは分かりませんし、別の意味を見出すかもしれません。

これは、完全に個人の鑑賞者と作品の間で行われることですから、その精神作業を邪魔しない、邪魔されないために静かにするのですね。

Q劇場や美術館に幼児連れで来る親

歌舞伎座や美術館・博物館によく行くのですが、
時折、どうみてもまだお芝居や美術館賞はムリ、という幼児を連れた親を見かけます。
しかも夫婦連れだったり、親(おじいちゃん、おばあちゃん)が一緒のケースが多く、
こちらは怒りを通り越してあきれ返ってしまいます。

もう一人大人がいるのなら、一人が子供を預かっておいてその間もう一人が会場に入るなり、
他の人に迷惑をかけない方法はいくらでもあると思います。

子供は何もわからないから、広い展示室を走り回ったり、キャーキャー騒いだりしても、
たいていの親は、大した注意もしませんね。
お芝居の最中に子供が騒ぎ出しても、一向に席を立とうとしない親も結構います。
私は、その場の環境があまりにも乱されていると思ったら、会場の係りの人に注意してもらっています。

幼児連れを承知で、無条件で会場に入れる施設の方にも責任の一端はあると思いますが、
やはりこれは連れて行く方の意識の問題だと思うのですが。

実際にこういう被害に遭った方、
または自分がこういうことをした、という方、
ご意見をお聞かせ下さい。

歌舞伎座や美術館・博物館によく行くのですが、
時折、どうみてもまだお芝居や美術館賞はムリ、という幼児を連れた親を見かけます。
しかも夫婦連れだったり、親(おじいちゃん、おばあちゃん)が一緒のケースが多く、
こちらは怒りを通り越してあきれ返ってしまいます。

もう一人大人がいるのなら、一人が子供を預かっておいてその間もう一人が会場に入るなり、
他の人に迷惑をかけない方法はいくらでもあると思います。

子供は何もわからないから、広い展示室を走り回ったり、キャーキャー騒いだりし...続きを読む

Aベストアンサー

皆さんの意見に大体同じになります。

私自身以前児童劇団に所属しており、小学校を中心に
公演活動をしていました。
それと同時に親子劇場での公演も多かったのですが、
一般公演ももちろんあるわけです。
その時に差が大きいですねえ・・・(^^;
学校公演は思ったほど一時期言われた「学級崩壊」の所は少なかったです。(つまり、公演中はしっかり見ているところがほとんどだった)
親子劇場も母子観覧室がしっかりしていたり、託児ももちろん、係員もお母さん方なのでそういうことに対するマナーはしっかりしていましたね。
ただ、一般公演では・・・子供対象の芝居なのでやはり乳幼児を連れてくるお母様方も多いわけですよ。
で、そういう人たちに限って自分たちが芝居の世界に入り込みすぎて子供が泣いても外に出てくれなかったりするんです。
は~やりにくいなあ・・・と言うのが演者としての意見です。

さて、母親としての意見ですが、
#3さんの意見がとても参考になりました。
そして私もそう思います。
ようは、自分のことを殺す必要はないですけど、
どれだけ他人に思いやれるかって事なんだと思います。
自分が楽しみたいがために他人に迷惑掛けて良いなんて意見はおかしいですよね?
権利権利って・・・て思いますし(^^;
私だったら注意しちゃいます(笑)。
「迷惑だから静かにしてね」って。
(実際にしたこともあります)
やはり芝居なり美術館なり、「対象年齢」という物があって、それに見合った行動を親が取らなければ秩序はなくなってしまいますよね。
大体「権利」を振り回す人に限って、「相手の権利」を考えてないんですよ。

皆さんの意見に大体同じになります。

私自身以前児童劇団に所属しており、小学校を中心に
公演活動をしていました。
それと同時に親子劇場での公演も多かったのですが、
一般公演ももちろんあるわけです。
その時に差が大きいですねえ・・・(^^;
学校公演は思ったほど一時期言われた「学級崩壊」の所は少なかったです。(つまり、公演中はしっかり見ているところがほとんどだった)
親子劇場も母子観覧室がしっかりしていたり、託児ももちろん、係員もお母さん方なのでそういうことに対するマナーは...続きを読む

Q絵画鑑賞の礼儀作法について教えてください。

私は年間に15回ほど絵画や芸術作品鑑賞に行きます。
先日高〇百貨店で絵画を二度鑑賞してきました。

そこで気になるのは、日本人は絵画の横に説明文を熱心にみるということです。
絵本体よりもです。

それから、展覧会のお土産コーナーに夢中だということです。

更に絵画を見るときにべちゃくちゃとおしゃべりをして煩いということです。

日本は世界有数の名門の絵画展が開かれる国です。
それはお金があるからですが・・

しかしこのような状況からはたして日本人は文化大国と言えるのだろうかと
最近疑問に思うようになりました。

おばちゃん達は1000円の入場料を支払うのだからそれなりの
文化的たしなみはあるのだと思うのですが・・・

はたして日本は文化大国なのでしょうか?

Aベストアンサー

61歳の「男子」です。

私もあなたとまったく同感!!

特に有名な画家の展覧会には大勢の
解説を読みに来る人々が押し寄せ
絵を鑑賞するに非常に障害となっています。
いっそのこと解説などいっさいやめてしまうか
せめてどこか一箇所にまとめるかなどすればいいのに
とおもいますね。
だいたい解説をしげしげとよみ
作品はチラッと一瞥するだけのことが
文化的意識の高さの現れであるとはとても思えない。

ぺちゃくちゃしゃべるのは自由じゃないですよ。
気が散って迷惑する人がいるんですから。
どんな見方も自由という人は
たとえば走り回って見たり逆立ちして見るということがあっても
それは自由というのだろうかね。
バカも休みやすみ言えといいたいね。

私も表現者ではありますが
表現者というものは当然のことながら
作品で全てを語ろうとおもっており
自分の個人史やら言葉にしたことなどは
逆に作品に関連付けたくないものなのですよ。
だから作品の横にその「解説」をつけるなどということ自体ばかげたことで
ある意味表現者に対する冒涜行為のような気さえしますね。

もっとも主催側としては集客数の多寡により成否が判定され、
また高額な費用の回収もかかっているので
マスコミを通じて膨大な宣伝費のもと
これでもかという宣伝広告によって
ミーハーを動員させないといけないのでしょう。
そして会場では作品のすぐれていること
を言葉で大仰に示そうとする。
近年その傾向が顕著です。

実際世の中でミーハー、軽薄な人々というのは
あらゆる意味でハタ迷惑な存在であると
私は常日頃思っております。
まあものは買いますがね。

したがって私はいやな思いをしたくないので
そのような有名画家の大規模展には
ほとんど行かないことにしています。

そもそもいい作品を一度に大量に見るのは
時間的にも体力的にも不可能なことで
あまりいい見方ではないという気もします。

現在の日本では
ほとんんどの古今東西の有名画家の作品を
数は限られているかもしれないが
どこかで見ることができる。

それをじっくりよーく見ることのほうが
私にはよほどためにたるのですよ。
特別展でなければ
特別展に出ているような作品がおいてあっても
ガラガラにすいていますしね。
ある意味ミーハーは付和雷同するばかりなので
それをかわすのはチョロいところもあるのですよ。

61歳の「男子」です。

私もあなたとまったく同感!!

特に有名な画家の展覧会には大勢の
解説を読みに来る人々が押し寄せ
絵を鑑賞するに非常に障害となっています。
いっそのこと解説などいっさいやめてしまうか
せめてどこか一箇所にまとめるかなどすればいいのに
とおもいますね。
だいたい解説をしげしげとよみ
作品はチラッと一瞥するだけのことが
文化的意識の高さの現れであるとはとても思えない。

ぺちゃくちゃしゃべるのは自由じゃないですよ。
気が散って迷惑する人がいるんですから。
どんな見方...続きを読む

Q絵画の見方について・・・

絵画を鑑賞する上でみなさまが最大限に知的に楽しむために
留意している点があれば教えてください。

絵画や彫刻を鑑賞する上で素人とは一歩違う、
他の視点や楽しみ方、鑑賞の方法があれば
教授していただけませんか??

何か自分の楽しみ方はあくまで表層的なものいすぎないのではないかと
思えて損をしている気がするのですが・・・


自分は昔はただ見るだけだったが年輪を重ねて
こういうように見るようになって楽しみ方が奥深くなった
という方がいらっしゃれば、おしえてくださいませ。

Aベストアンサー

こんにちは^^

『絵画を鑑賞する上でみなさまが最大限に知的に楽しむために留意している点』はいくつかあります。
一つは,第一印象を大事にする。
作家の生きた背景や何を使って描いたかも大事ではありますが,絵は目の前にある物が絵です。予備知識によって目の前の絵が変わって見えると本当の絵を見ることにはなりません。絵を見て最初に感じたものが貴方のその絵に対する絵画観・価値観になりうるのです。

二つ目は,他人の意見を鵜呑みにしない,と言うことです。
つまり誰がなんと言おうと自分はこう思う,こう感じると言うことを大事にする。よく『絵画の見方』とか『右脳で見る絵画』云々,のような本が出まわっていますが,はてその本を書いた人はと著者を見てみると,まったく絵を描いたことも無いただの゜評論家゜の名前があるだけ。
絵画は映画とは違います。映画は素人でも評論はできますが,しかし絵は絵描きにしか評論はできないと思っております。(実際絵を本や電波によって論ずることは危険極まりないことですが)
しかしだからこそ,絵は貴方の考えや感じ方だけで十二分の楽しみ方になるはずなのです。
私が芸術を志して一番大事だなと感じたこと『一つの物事から他人よりもどれだけのことを考え・感じることができるか。それは絵を描く場合でも,普段生活する上でも,人と会話する時も,TVのお笑い番組を見るときでさえも・・・すべての物事に懐疑的になり,なおかつ受け入れまた疑うことを繰り返す』
大げさな話,凡人(芸術に関わりの無い人)が石ころを見て「三個の思い」を抱いたなら私は「無限の思い」を抱かなくてはならない,とまで感じております。
殊に,絵画を見るとなると芸術に携わらない人であっても「奇怪な思考・突飛な考え」が浮かんでくるものです。
そんな中でこそ私はどう感じるか?という素直な気持ちが大切ではないでしょうか。

最後に,これが一番絵画の楽しみ方や絵画感・価値観を一変する方法があります。
あなた自身も絵や彫刻,デッサンを始めることです。
これは絵の見方が180度変わることもある,いたって簡単であり難解な方法であります。
もし,質問者様がすでに絵を描いたりすることがある方でしたら,二つ目に述べた『懐疑的思考』を大事にして絵を描いたり,また普段の生活を送ってみることをお勧めいたします。

長くなりましたが,参考になれば幸いです^^

こんにちは^^

『絵画を鑑賞する上でみなさまが最大限に知的に楽しむために留意している点』はいくつかあります。
一つは,第一印象を大事にする。
作家の生きた背景や何を使って描いたかも大事ではありますが,絵は目の前にある物が絵です。予備知識によって目の前の絵が変わって見えると本当の絵を見ることにはなりません。絵を見て最初に感じたものが貴方のその絵に対する絵画観・価値観になりうるのです。

二つ目は,他人の意見を鵜呑みにしない,と言うことです。
つまり誰がなんと言おうと自分はこ...続きを読む

Qルーブル美術館 模写

先週、フランス、ルーブル美術館へ行ってきました。 何点かの有名作品の前で模写をしている人が数人いました。 模写を許可してもらう条件などあると思いますがその条件を知りたいです。 模写されている方の年齢はまちまちでした。

Aベストアンサー

許可が必要です。

ご存知のように
展示作品を改変できるような
絵の具等の持ち込みは禁止ですから

詳しくは2005年6月24日に変更された
ルーブル美術館訪問の規則
Reglement de visite du musee du Louvre
第五節
TITRE VI: PRISES DE VUE, ENREGISTREMENTS, COPIES ET ENQUETES
写真・録音・模写・調査
第35条に規定されております。

模写を希望する人は、事前に
Le President-directeur de l'Etablissement(館長)に
許可を求めなければなりません。その受付は
bureau des copistes(模写事務所)でなされます。
その際の用紙の最大はdimension maximale de 50 cm x 40 cm です。

その際に、他の鑑賞者の妨げとならないことは
お分かりのように、最低限のマナーとなっております。

Q子供と美術展に行きたい。

タイトル通りなのですが、

現在三歳の子供と一緒に、美術展に行きたいと思っております。
おっとりとして自由気ままな発想が面白い子です。
上の子はスポーツをしているのですが、この子は「型にはまらない」ところが良いと思っておりまして、「何が好きか」を見極めている段階です。

今のところ、運動系にしろ、文科系にしろ、「想像」「創造」がキーワードになりそうだね、と夫と話しております。

私自身は小さい頃から、頻繁では無かったですが、美術館、博物館に親しんでいます。
育児に追われて数年、遠離っておりましたが、私も「また行きたくなって」来ましたし、この子の「興味分野」の「新規開拓」も兼ねて。。。。と目論んだ次第です。

特別に子供に「理解」させるつもりはありません。
絵や像の前で

息子「なんか怖いよ」
私「そう、怖い?」
息子「この人、何してるの?」
私「何してるんだろうね?」
息子「○○かなあ?」
私「そうかも知れないね(笑)」。。。

なんて、「ひそひそ」お話し出来たら楽しいかな。。。と思っています。
子供は私が「静かにして」と頼めばしていられますし、「時間切れ」は「事前察知」で対応出来ますので、館内の休憩スペース等を活用して「のんびり」見て回るのは可能だと思うのですが。。。

質問は、
私自身、しばらく「縁がない」状態で過ごしてきましたので、美術館の「空気」の中で
*「ひそひそ話」はだいじょうぶでしたでしょうか?
*東京近郊で「幼児連れ」は「避けた方が良い」美術館はありますでしょうか?
*また「ここは使い易い」と言う館がございましたら、教えてくだされば嬉しいです。

タイトル通りなのですが、

現在三歳の子供と一緒に、美術展に行きたいと思っております。
おっとりとして自由気ままな発想が面白い子です。
上の子はスポーツをしているのですが、この子は「型にはまらない」ところが良いと思っておりまして、「何が好きか」を見極めている段階です。

今のところ、運動系にしろ、文科系にしろ、「想像」「創造」がキーワードになりそうだね、と夫と話しております。

私自身は小さい頃から、頻繁では無かったですが、美術館、博物館に親しんでいます。
育児に追われて...続きを読む

Aベストアンサー

国立現代美術館は建物自体も芸術的ですし、隣接する公園であそぶ事もできて子供とのんびり訪れるのにもいい美術館だと思います。
…が、今はジブリ展が開幕されたばかり。ちょっと混雑が予想されますのでご主旨にあわないかも知れません。
堂々と子供連れで行けますけどね。
http://www.mot-art-museum.jp/

どちらにお住まいの方がわかりませんが、地元の美術館にはもう行かれましたか?
たとえば埼玉ですと県立近代美術館があります。
http://www.momas.jp/1.htm
子供にも親しめる常設展や様々な企画を年間を通して行っていますので、子連れで訪れても違和感なく楽しめると思います。

都内で人気の美術展に訪れるととにかく混雑で、小さい子供には絵など心に入ってこない状態になります。
ジブリのような人気の展示に思い切って出かけるのも一興ですが、小さい子の場合はできるだけ混雑を避ける方法が得策だと思います。
それと、やはり3歳は少し小さすぎるかなあ?と思います。完全な大人向けの展示ですとシーンと静まり返って見ることが多いですから(人気の展示は別ですが)ひそひと話もちょっとはばかられる事もあるかも知れません。
まあとにかく近年の美術館は「混んでいる」のです。
上野あたりの美術館は平日から大盛況。夏休みの今はなおさらでしょう。
もうずいぶん前になりますが小学校低学年の子供にモネを見せたくて頑張って出かけましたが、とても心に響くような鑑賞にはなりませんでした。
高学年くらいになればそれでも何か感じ取れるようになるんですが、3歳では難しいことと思います。
ちょっと郊外の静かな美術館を探してみることをおすすめします。

国立現代美術館は建物自体も芸術的ですし、隣接する公園であそぶ事もできて子供とのんびり訪れるのにもいい美術館だと思います。
…が、今はジブリ展が開幕されたばかり。ちょっと混雑が予想されますのでご主旨にあわないかも知れません。
堂々と子供連れで行けますけどね。
http://www.mot-art-museum.jp/

どちらにお住まいの方がわかりませんが、地元の美術館にはもう行かれましたか?
たとえば埼玉ですと県立近代美術館があります。
http://www.momas.jp/1.htm
子供にも親しめる常設展や様々な企画を年...続きを読む


人気Q&Aランキング