アメリカとイギリスの違いを描いた映画ってありますか?(言葉だけでなく、文化や考え方、食事など色んな違い)

それか、典型的な”アメリカ”を描いた作品、典型的な”イギリス”を描いた作品などありませんか??

映画を通してアメリカとイギリスの違いを知りたいのです。

よろしくお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ダニエル・デイ・ルイス主演の『イングリッシュマン・イン・ニューヨーク』


(原題:STARS&BARS)なんていかがでしょう?
監督はアイルランド出身のパット・オコナー。
主題曲はスティングの『Englishman In New York』です。
「コーヒーより紅茶がいい。英語のアクセントでわかるだろう?」と歌ってます。
イギリス名門大学出身で絵画の買いつけのためにアメリカにやって来た主人公が、言葉使いや生活スタイルの違いにとまどいながらもがんばるというコメディです。


あと『GO!GO!L.A.』(原題:L.A.wituout a Map)なんかもいいかも。
スコットランドで葬儀屋をやっている主人公が、観光で来ていたアメリカ人女性にひとめぼれして、彼女の後を追ってロサンゼルスに行き、そこでがんばるというお話。
脇でヴィンセント・ギャロやジョニー・デップが出てます。

参考URL:http://
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!

かなり参考になりました!うれしいです^^
「イングリッシュ~」とてもおもしろそうですねー。しかも内容がとても参考になりそうです。
「GO!GO!~」は以前借りようか迷いました(こんなことを調べる前です)

早速ビデオ屋さんに行ってきますね。

ほんとありがとうございます!

お礼日時:2004/04/21 21:44

すみません。

No.5の回答で間違えた所の訂正です。
GO! GO! L.Aの原題「L.A. without a map」です。
あと、参考URLが途中でした・・・。
ごめんなさい。

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD31818/index …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、全く問題ないですよー!
気になさらないで下さいね!

わざわざありがとうございます^^
早速サイトの方にも行ってみます!

お礼日時:2004/04/21 21:45

「永遠の愛に生きて」とか。



違いを描いたというよりも、描かれている場面もある、ということですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど~。

早速チェックしてみます。
ありがとうございました!!

お礼日時:2004/04/21 21:39

英米の違いですか。


思いつくのが『ワンダとダイヤと優しい奴ら』
ですね。パッケージには「英米文化のすれ違いを
思い切り笑い飛ばす!」みたいなことが書いて
あったんですが観た感想は「そうでも…」(汗)
とはいえ観て損はしませんよ。出演はモンティパイソンのJ・クリーズ、K・クライン、J・L・カーチスです。

最近でいえば『ケミカル51』もそうだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

とっても参考になりそうです!
早速ビデオ借りにいってみますね。

ありがとうございました!!

お礼日時:2004/04/21 21:38

質問の回答にそれますが、


最近映画館で見た「グッバイ、レーニン!」は
統一前の東西ドイツの違いをコメディにしてしまった秀作でした。

これのイギリス・アメリカバージョン…
う~ん、思いつかなんだ。

「アメリカン・ビューティー」あたりが現代のアメリカの家族というものを描いていましたっけね。
それでいて、監督はイギリス人だったような…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アメリカンビューティーはあたしも参考にしようと思ってましたよー!

ありがとうございました。

お礼日時:2004/04/21 21:37

 私の個人的な物なのですが、「モンティ・パイソン」の様なものを、よく観ていたので、イギリスは、ブラックユーモア的な作品をイメージしてしまいます。


アメリカは、ナンセンスギャグ(ドタバタコメディー?奥様は魔女など。)って感じがします。

 あくまで、個人的な主観ですので。ご参考まで。(^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あたしもasunaro5さんと同じイメージがあります。実際はそんなこともないのかもしれないですが、比較的そういった傾向あります・・・よね?

ありがとうございました!

お礼日時:2004/04/21 21:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイギリスで撮影された映画にアメリカ俳優が出ていたらイギリス・アメリカ合作ですかアメリカ映画ですか

イギリスで撮影された映画に、アメリカ人の俳優・女優が出ていたら、イギリス・アメリカ合作映画なのですか、それとも、アメリカ映画ですか。

Aベストアンサー

撮影された場所や、出演者の国籍は関係なく
どこの国の製作会社がその映画を制作したかによって決まります
例えば「007」はイギリス映画ですが
1983年公開の「Never Say Never Again」は
007シリーズ第4作目「007 サンダーボール作戦」のリメイクなのに
アメリカ映画で、「007」を冠せられず、
単なるスパイアクション映画扱いです

Qvampiresa の典型な女性が描かれている映画

vampiresa 魔性の女、の典型的な姿が描かれている映画を紹介してもらえますか?
スペイン語圏の映画でも、そうでなくてもいいです。

Aベストアンサー

映画

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=14649

http://www.adictosalcine.com/ver_pelicula.phtml?cod=2524&titulo=El%20abrazo%20de%20la%20muerte

http://peliculas.cine.hispavista.com/kibris/argumento


http://www.mundoreggaeton.com/liricas/395/Johny_Prez/Vampiresa.htm

Qアメリカ映画、ドラマ、小説に描かれるユダヤ系アメリカ人に興味があります

アメリカ映画、ドラマ、小説に描かれるユダヤ系アメリカ人に興味があります。
映画『ゴーストワールド』の主人公ドーン、小説『ティファニーで朝食を』のホリー、『ライ麦畑でつかまえて』のホールデン、ドラマ『Lの世界』のジェニーなど、映画やドラマで描かれるユダヤ人は、「少し一般社会からずれていて情緒不安定だけどとても魅力的な人物」であることが多い気がします。
これだけで一般化することなどできないとは思いますが、アメリカにおける差別やユダヤ人家庭のなかで形成される人格とはどのようなものなのでしょうか。
また、戦争もの以外で、アメリカにおけるユダヤ人の生活や文化が描かれている作品を教えて頂けたら嬉しいです。

Aベストアンサー

ユダヤ人が製作することの多いアメリカ映画、ユダヤ人はごまんと出てきますが、その生活や社会まで描いている作品は意外と少ないんですよね。以下、「ああ、ユダヤ人だな」と意識できるような、アメリカが舞台、もしくはユダヤ系アメリカ人が主人公の映画を挙げてみました。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」
20世紀初頭、ニューヨークのユダヤ人移民の生活が描写されています。
ギャングものではありますが、新天地でアウトサイダーとしてたくましく生きていく少年たちの姿と、街の中を普通に歩くウルトラオーソドックスの服装のユダヤ人たちの日常生活が垣間見られる映画でした。

「プロデューサーズ」
ニューヨークの演劇界を皮肉ったコメディミュージカル。ヒトラーを崇拝するドイツ人一人を除き、登場人物が全部ユダヤ人です。ユダヤ人がエンターテイメント界を牛耳っていて、出資するのもユダヤ人。ユダヤ人を怒らせるような演目を上映して舞台をコケさせ、浮いた制作費をふところへ入れてしまおうと、悪賢いプロデューサーがヒトラーを賞賛するようなテーマのミュージカルを企画する、というストーリーです。

「夏休みのレモネード」
カトリックの少年が、異教徒を改宗させれば天国へ行ける、という兄の言葉に従いユダヤ教会に通いはじめ、ユダヤ人の少年と仲良くなっていくというストーリーです。

「イン・ハー・シューズ」
わかりづらいですが、登場人物が皆ユダヤ系です。マイアミのユダヤ人は裕福な老人が多く、主人公たちの祖母もマイアミの非常に設備の整った老人ホームに入居しています。中盤では、キリスト教にユダヤ教徒を改宗させるという新興宗教に目覚めた女性が登場し、その家族をやきもきさせます。主人公の彼氏もユダヤ人で、当然ユダヤ式の結婚式も描かれます。

「僕の大事なコレクション」
ユダヤ系アメリカ人の青年が、自分のルーツを探るためウクライナを旅して回るコメディです。

「刑事エデン/追跡者」
ニューヨークのユダヤ人街で起きた事件を捜査する女性刑事の物語。ウルトラオーソドックスの宝石商が多く住むエリアに馴染めず、思うように捜査が進まない様子が描かれています。

「ミート・ザ・ペアレンツ」
厳格なキリスト教の女性側の家族と、極めて自由奔放で性に寛容なユダヤ人の男性側の家族のちぐはぐなやり取りが描かれています。新郎vs新婦の親、という切り口の他に、ユダヤvs非ユダヤという切り口がある作品です。

「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」
苗字からわかるように、ユダヤ人一家を描く作品です。

「僕たちのアナ・バナナ」
ユダヤ教のラビとカトリック神父の主人公二人が、同じ女性に恋をします。しかし、ラビはユダヤ教徒としか結婚できず、カトリック神父はそもそも結婚できない。。というラブコメディ。

「リバティ・ハイツ」
1950年代のボルチモア、「黒人・ユダヤ人お断り」という看板が堂々と掲げられていた時代に、ユダヤ人の男子高校生が黒人の女子高校生に恋をするストーリーです。

「バグジー」
実在のユダヤ人ギャング、バグジー・シーゲルが、ラスベガスの繁華街の基礎となったホテルを建設し、富豪へとのし上がっていく様子を描く作品です。

「ジャズ・シンガー」
1927年の映画なので、当時のナマのユダヤ人社会が見られます。正統ユダヤ礼拝も見られます。

「アニー・ホール」
ユダヤ人監督ウッディ・アレン、ほぼ毎回ユダヤ人を前面に出しますが、アニー・ホールは映画単体としてもおすすめします。

「青春の輝き」
1955年、ニューイングランドの名門校に転校してきた男子生徒が、スポーツで学校の英雄になりますが、ユダヤ人であることがバレていじめを受けるストーリーです。

ご参考になりましたら幸いです。

参考URL:http://inri.client.jp/hexagon/floorCXF/cxf4000.html

ユダヤ人が製作することの多いアメリカ映画、ユダヤ人はごまんと出てきますが、その生活や社会まで描いている作品は意外と少ないんですよね。以下、「ああ、ユダヤ人だな」と意識できるような、アメリカが舞台、もしくはユダヤ系アメリカ人が主人公の映画を挙げてみました。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」
20世紀初頭、ニューヨークのユダヤ人移民の生活が描写されています。
ギャングものではありますが、新天地でアウトサイダーとしてたくましく生きていく少年たちの姿と、街の中を普通に歩...続きを読む

Qアジア圏・アメリカ・イギリス以外でお薦めの映画

アジア圏・アメリカ・イギリス以外でお薦め(あまり古い映画でないもの)の映画を紹介して下さい。

ここ1・2年ですが、映画(専らレンタルですが)にハマってしまいました。
映画っていいですね。
好みとしてはミニシアター系が好きみたいです。
ジャンルはヒューマンドラマ、ラブストーリーが好きなのですが、それ以外でも構いません。
因みに私の好みの映画は
「キッチン・ストーリー」「8人の女たち」「男と女」「レセ・パセ」
です。「奇跡の海」や「息子のまなざし」のような重ための映画も好きです。


よくある質問で申し訳ないですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

昨年劇場で見た作品の中で印象に
残ったのが
尊厳死をテーマにしたスペイン映画
海を飛ぶ夢 (2004)   でした。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=321732

他に下記もお薦めです。

ファイト・ヘルマー監督のドイツ映画
 「ツバル (1999)」
 http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=162877
 「ゲート・トゥ・ヘヴン (2003)」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=320422

ヒルデ・ハイエル監督のノルウェー映画
 「はじまりはオペラ (1999)」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=235966


下3つはネット完全無料放送「ギャオ」
http://www.gyao.jp/cinema/

で近年放送
されたものですが、
現在「ギャオ」のCINEMA VOYAGE コーナー
で放送中の

太陽の誘い (1998) スウェーデン映画
家路 (2001) ポルトガル&フランス

もお薦めです。
無料で最近の作品を見られるので「ギャオ」は
ありがたいですね。

昨年劇場で見た作品の中で印象に
残ったのが
尊厳死をテーマにしたスペイン映画
海を飛ぶ夢 (2004)   でした。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=321732

他に下記もお薦めです。

ファイト・ヘルマー監督のドイツ映画
 「ツバル (1999)」
 http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=162877
 「ゲート・トゥ・ヘヴン (2003)」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=320422

ヒルデ・ハイエル監督のノルウェー映画
 「はじまりはオペラ (1999)」
http...続きを読む

Qフランス映画で音楽家を描いた作品

フランス映画で音楽家を描いた作品でオススメのものはありますでしょうか?
「愛を弾く女」を十数年ぶりに観て、久しぶりにフランス映画が観たくなりました。
古典・現代のもの問わず、良い作品があれば、是非観てみたいです。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「めぐり逢う朝」 Tous Les Matins Du Monde (1991年:仏)
監督:アラン・コルノー
17世紀の音楽家マラン・マレ(ただ音楽のみを追求する師)と、その師サント・コロンブ(名声と富のために師事する)、その弟子を愛する師の娘。
確か師弟を実の親子で演じていたと思います。

「ワーグナーとコジマ」 Richard & cosima (1986年:西独、仏)
監督:ペーター・パザック
指輪等で名声を勝ち得たワーグナーとリストの娘(有名音楽家の夫人)に哲学者ニーチェとか舞台女優とか、、、。

「愛と哀しみのボレロ」 Les Uns et Les Autres (1981年:仏)
監督:クロード・ルルーシュ
確か第二次大戦から現代にいたるまでの音楽家たちの人生を描いた映画。踊りシーンがよかったのと上演時間が長かったことしか記憶にないのですが…。(もともとが映画ではなくTVシネマ)。邦題も「愛と…」だし。でも見ごたえあります。

「幻想交響楽」  La Symphonie Fantastique (1944年:仏)
監督:クリスチャン・ジャック
ベルリオーズの伝記音楽映画。(たぶん入手困難)
ベルリオーズおよび彼の曲がお好きなら。

製作が仏でなくてもよいなら作曲家リストを描いた映画を私はお薦めしたいです。「フランツ・リスト 愛の夢」(ソ連・ハンガリー)、「わが恋は終りぬ」(米)とか。

「めぐり逢う朝」 Tous Les Matins Du Monde (1991年:仏)
監督:アラン・コルノー
17世紀の音楽家マラン・マレ(ただ音楽のみを追求する師)と、その師サント・コロンブ(名声と富のために師事する)、その弟子を愛する師の娘。
確か師弟を実の親子で演じていたと思います。

「ワーグナーとコジマ」 Richard & cosima (1986年:西独、仏)
監督:ペーター・パザック
指輪等で名声を勝ち得たワーグナーとリストの娘(有名音楽家の夫人)に哲学者ニーチェとか舞台女優とか、、、。

「...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報