先日レンタルして「スワロウテイル」を観ました。
感想はいろいろありますが、ふ~ん・・・。という感じでした。思わず目をそらしてしまったシーンもあったけれど、救われるシーンもあり70点くらいかな・・・と。
三上博史さんが好きで観た映画でした。やっぱりいい演技をするなぁ、とますますファンになりました。

さて質問です。話の冒頭のシーン(アゲハの母親の葬儀)がラストの伏線になっていると聞いたのですが、なにがそうなのかがわかりません。
ラストって伊藤歩さん演じるアゲハが江口洋介にテープを渡すシーンのことなのかな?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

でも、アゲハのお母さんが死んだ時お金を燃やす事。


それがアゲハの中に残っていて、好きだった人が死んだ時に同じ事をしてあげる、って言う意味があるような気がします。
あの映画ってアゲハの中で母親への感情が結構強く描かれてましたよね?胸に刺青彫るシーンとか・・・・。
勝手な憶測ですが、そう感じます。
又、大切な人を亡くしたって言う意味合いと言うか・・・・。
すみません。分りませんがちょっとそう感じましたので・・・・。度々失礼しました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

きっとそうでしょうね。
大切な人と言うのがミソでしょうか。アゲハとしてはみんなとまた暮らすためにお金を作ったのに、それが叶わなくなってお金なんて意味のないものになってしまったのでしょうね。

お礼日時:2004/04/27 00:00

前の方と大体同じですが、


やはり三上博史の葬儀のシーンではないでしょうか。

死を悲しむイェンタウン、お金、白いお花をもやす。
それを見て驚く日本人。(最初のシーンは警官、最後のシーンは代理のオーナー?の日本人)
「おい、お前ら何やってんだよ!!」
と、両者ほぼ同じセリフを吐いていた気が。

最後のシーンに例の日本人オーナーはいらない気もしますが、傍らに日本人を置いて、セリフを言わせることで最初のシーンとよリンクしやすくなるかな。と。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ちなみに私はなぜか「円」が日本円のことではなくてもっと他のものだと思っていました。
映画を見て「あ・・・、円ってその円ね」って。

日本人とイェンタウンの違いをはっきりさせたかったのかも。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/04/27 00:03

う~ん、初めて聞きました。


よく分かりませんが、三上博史の葬式ではなくて?
お金を投げ込む・・・・。
違うかな?
冒頭でアゲハのお母さんに、偽者のお金燃やしてますよね?
それとは違いますかね~・・・・。
ちょっと、その辺しか思いつかないです・・・。回答になってないようですみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。そのシーンのことだったんですね。
納得しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/04/26 23:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江口洋介 妻夫木 宮崎あおい出演で興行収入 2億7000万円は赤字?

昨日WOWOWで放送された2008年の作品で「闇の子供たち」を
録画し、先程みました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%97%87%E3%81%AE%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%81%9F%E3%81%A1
地方ですのでこの映画の存在すら知らなく、上映もしていなかったと
思います。
さて、扱ってる内容は割愛しますが、国内主役級の豪華キャスト、
主題歌桑田佳祐で興行収入 2億7000万円は、やはり赤字ですよね?

それと最初から興行収入を見込めない題材にもかかわらず豪華な
キャスティングが全く理解できません。どういった意図があると予想できますか?

Aベストアンサー

商業映画というものは、企画段階で
キチッと計算されて興行規模も想定
して、製作にとりかかります。

プロデューサーとしては、はじめから
損するような映画は製作しません。

予想できることは、阪本順治監督に
賛同してくれた、スタッフ、キャストが
ノーギャラもしくは、お車代程度で出演した
のではないでしょうか。

完成した映画が、あまりにも「悲惨」なので
公開を希望する劇場が、手を下げた可能性もある。

さらに、日本映画の多くは、ヒット=興収10億を
めざしていますが、ヒットするのは年間数本程度。

つまり、多くの映画は、製作費を下回り損をしています。
それでも、映画製作を続けられる不思議。
つまりは、その程度の損は、最初から見込んでいる
とも考えられるかもしれません。
年間数億の黒字会社にとって、数千万くらい、どうと
いうことはない‥

Qハウルのラストシーン

ハウルの城感動しました、しかし大きな謎が残ります、ハウルが人間の心をとりもどしたとき、国の后は「戦争をやめましょう」といった、それは、ハウルが人間の心を取り戻したからなのか?だとしたらその理由は?それともハッピーエンドをみて、私達も戦争なんかやめようとおもったのか、それが大きな謎です。教えてください

Aベストアンサー

先日、DVDで見直したところです。
カブ頭のかかし、彼の魔法がとけたことで、彼が隣の国の王子(おそらくは戦争の相手国)で、自分の国に戻れることになったのをサリマン先生が知りましたよね(国の后ではありません。王宮づきの魔法使いで、魔法で王宮を守っていました)
隣国の王子が、ソフィーたちのおかげで元の姿に戻り帰国したので交渉の余地ができたとみたのではないかと思いました。
戦争の原因が何かはわかりませんが、王子が行方不明だったことが原因なら簡単です。
また、王子が原因でなくても、国で王の次に強い発言力のある者が帰国したわけですから、戦争をやめる交渉もしやすくなったのかなというカンジです。

Q「秘密」のラストシーン

今更ですが、東野圭吾さんの「秘密」をレンタルして見ました。

ラストシーンで平介が藻奈美に「おまえだったのか」と言ったあと
藻奈美はどういうリアクションをとったのでしょうか。
うなずいた・首を横に振った・違うわと言った、等教えてください。

ちょうどその一瞬が(傷で?)飛んでしまって見れませんでした。

もうひとつ。
エンドロールで東野圭吾さんのお名前を拝見しました。
検索すると「大学教授役で出られていた」そうなのですが、
医学部の入学式で話をしていたのが東野さんでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 何も言わないまましばらくうつむいていた後、顔を上げて平介の顔を見つめると少し微笑んだような感じです。
 東野圭吾さんはオリエンテーションを担当していた大学教授役ですからその通りです。

Qホワイト アウトのラストシーンで・・・・

4日に録画していたのが失敗し織田ゆうじが松嶋ななこを負ぶって現れるシーンまでしか観られませんでした。ラストはどうなるの??教えて下さい。

Aベストアンサー

救助隊の姿を確認して、織田裕二も力つきて倒れ、
その後ヘリに収容されて、移送されることになります。
そのときに松嶋なな子が気づき、自分を運んできてくれたのが
織田裕二だと確認。そこで長見署の署長(中村嘉葎雄)が
「彼は『吉岡を頼む』と言っていた。記憶が混乱しているようだ。
 彼は今度は間に合ったんだ、少し遅れたけどね」(だったかな?うろ覚えです)
と松嶋ななこに言います。
移送中のヘリの中で織田裕二の手に、吉岡からもらったコンパス(from CHIAKI)
を見付け、それを手に取ろうとしますが、意識がないながらも織田裕二はそれを
離そうとせず、それを見て松嶋ななこが涙ぐむ...
というラストシーンだったと思います。

Q【ネタバレ】着信アリのラストシーン【注意】

どうして映画の中で山下さんに着信が来ていないのに呪い殺されたのでしょうか?
どなたかお答えください。

Aベストアンサー

ネタばれですのでご注意ください。

山下さんは呪い殺されたのとはちょっと違います。
着信アリ2の中である言葉が出てきます。
「中村由美はみみこちゃんに取り付かれたのではなく・・・魔性を目覚めさせてしまった・・」
由美は小さいときから虐待をうけていたので、みみこちゃんと共鳴したのか、それともみみこちゃんに人間性や理性の部分を殺されたのか・・・。
あくまでも私の考えですが。
私も疑問なので、ノベライズを読んでみようと思っています。

代理ミュンヒハウゼン症候群(だったかな)は幼児期の虐待が原因で起こることの多い、子供を傷つけては看病する精神の病気です。 シックスセンスに出てくるキキのお母さんもそうですね。
大切な人を傷つけるなんて、悲しい病気です。 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報