『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

20代後半男性です
幼いころおそらくおたふく風邪のウイルスによって右耳が全く聞こえなくなりました。
(気づいたのは小学5年くらいのころ)

初めはこのことについて全く気にしていませんでしたが中学生になって球技(自分は部活で野球部とバレーボール部に入っていました)が全くできなくて周りからバカにされコンプレックスになりました。
最初は自分の運動神経が極端に悪いのだと思ってましたがそれ以外にも左の脇腹が痛くなったり顎がずれたりそれに伴い顎関節症になったり右の股関節が極端に硬くていくらストレッチしても全く開かないなどいろんな問題が同時に出てきてその原因が(右耳が聞こえないことに関連していることがわかりました。(
右側の音を左耳で聞くために体の右側を軸にして左側を極端にひねるために右側だけが固くなってしまう、左右も均等でなくなる(筋肉のつき方など)、これを幼いころから無意識にやっていたそうです)

野球部やバレー部に入っていたのに全くできないことからコンプレックスになってしまい人付き合いも出来なくなりました。また仕事でも販売員をしていましたがコミュニケーションに苦労し、退職してしまい、今は警備員をしています。でも本当はやりたいわけではありません。また同じような問題が起きるのではないかと不安で何をするにも躊躇してしまいます。
自暴自棄になってしまいました。運動ができないのは男として恥ずかしいですし(自分は体格が良くて一見すると運動ができそうに見えるみたいでそのギャップもつらいです)

こんな若いのに警備員になってしまいまともなキャリアももう期待できません。何もかも失いました。

片耳が聞こえない人や知り合いにそのような人がいて何か知ってる人がいたら相談に乗ってください。どうかお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私の親友(男)が生まれつき右耳が聞こえません。



普段は特別扱いされるのが嫌なので、誰にもそのことを話さずに生きてきたそうです。
なので、飲み会とかで右側から話しかけられたときには相談者さんのように無理やり身体をひねって左耳を使って聞いているそうです。友達から携帯電話を右耳にあてられた時には、さりげなく持ち替えて左耳に持ってきたりと苦労しているみたいです。

そんな彼は音楽プロデューサーを経て今は会社の取締役をしています。

レコーディングのときにステレオの音が聞きにくいのと、会社の聴力検査で右耳が聞こえないのがバレないようにするのが大変だったと笑いながら語っています。

なので、相談者さんもコンプレックスに思わず、普通に自分のやりたいことを見つけて頑張ってみるのが良いのではないでしょうか。
    • good
    • 2

運動が出来ない事は男として恥ずかしい事ですか。


私はそうは思いませんがね。
でもあなたは片耳が聞こえないから運動が出来ないんですよね。
やろうとしても出来ないんだから、出来ない理由がちゃんとあるんだから
あなたは運動が出来なくても仕方ないんじゃないですか。
ネガティブになることないと思います。
片耳が聞こえないことでネガティブになったら全てがネガティブになってしまいますよ。
持病みたいなもんなんですから仕方ないですよ。
あなたは両耳が聞こえることを知りませんよね。
逆に言えば幸せなのかもしれませんよ。
元々聞こえていた記憶がある中、片耳が聞こえなくなった時のショック、想像つきますよね。
それに比べたら持病として諦められる。
いや、諦めるのではなく
持病としてそんな自分に付き合っていかなければならない、面倒看てあげなければいけない。
自分の身体なんだから。
辛くなったら自分より辛い思いしてる人はたくさんいるって思ったらいいですよ。
    • good
    • 1

聴覚障害をもつ子供を育てています。


まだお若いのに残念です。
パラリンピックはご覧になりましたか?
選手の方はハンディキャップをものともせず、持てる能力を生かし育てて素晴らしい成績を残されました。
国の為ではなく、自分の為に、血を吐くような努力をされたのだろうと思います。

今の日本は、「障害者は弱者」と決めつけています。更には、「障害者は健常者に遠慮しろ」という社会です。だから、貴方も方耳が聞こえない自分は「何も出来ない障害者」と思ったり、「健常者には分からない」と僻んだりするのだと思います。
「方耳が聞こえていれば支障はない」と判断する医師は多いですよ。あくまで「言語修得」という意味ですが。

貴方は、「方耳が聞こえない事」の辛さを知っている人です。そして「理解されない事」の辛さも知っている。
だからその辛さを「聴いて理解してあげられる」職種を探してみてはどうですか?
沢山いると思います。分かってもらえない辛さを吐き出したい、共感して欲しい人。
貴方と同じように、「軽くみられてしまう事」に憤り、絶望を感じる人と、声を挙げても良いと思います。
自分自身の受けた経験を生かし、役立てる機会があると私は思います。
健常者だって、家庭の事情や低学歴や年収の低さやイジメや容姿の良し悪し等、考えられるイロイロな理由を付けて、「出来ない自分は仕方ない」と思っています。
「健常者が贅沢言うな!」と言うでしょう。でも相手も貴方に「贅沢なのはお前だ」と言いますよ。何故なら「自分が一番可哀想」だからです。
耳のせいにする、貴方の心の問題です。
私の子供は重度ですが、子供が「耳のせいだ」と言ったら、同じ事を言います。

貴方にしか出来ない事が、ある、と言うことです。貴方にしか分からない事です。経験を生かして、役に立てる道を探してみるのは如何ですか?
    • good
    • 0

『こっちは聴こえないので』と言いたくないお気持ちはよくわかります。


ですが、周囲に気づかれないタイプの障がいは他人には見えない、存在しないものです。
それも実はよくわかっていらっしゃると思います。
どんなに痛くても他人の痛みを感じることは出来ません。
言ってもらわなければその人が痛みを感じていることすらわからないこともあります。


>男として恥ずかしい

その価値観をどうにかできませんか?
こうあるべき理想と違う自分が恥ずかしいというのがモチベーションになればいいのですが
そうでないなら悩むだけエネルギーの無駄だと思います。

私の実父は片耳失聴で義父は難聴者でした。
聞こえないことを冗談にすることはあっても
二人とも耳の障がいでどうこうという話をしたことはあまりないです。
父も義父も何度も壁にぶつかって打たれ強くなったのだと思います。
耳のせいで不自由はありますが、家族もそれが自然と受け止めています。

まだまだお若いのですからいろいろ試してみてくださるとうれしいです。
今の悩みや苦労が実になる日が来ると思います。
回答になってなくてすみません。
    • good
    • 1

数方存じ上げております。


仔細なことは、プライバシーの問題があるので、ここでは書けません。
大変大まかな話になってしまいますが「障害を克服するパターン」というのは「人それぞれなんだな」というのが、彼等を見てきての私の感想です。

中途で障害を負った方は、自分の夢をすっぱりと諦め、全く違う道に進みました。
仕事内容な直接聴力を必要とはしませんが、根気のいる仕事です。

幼い時より障害があった方は、それが普通というか、変えることが出来ないことなので、迷いは色々とあったとは思いますが、現在は人生を大変にエンジョイされているようです。
他者にはわからないゆえの誤解とかは、今でもあると思いますが、それで凹んでいたら自分の夢には届かないわけですから、割り切っているのかもしれません。
もちろん、心が痛くないわけなど無いでしょうが。

ここからは、それを踏まえた私の意見ですが、こう思うわけです。
「夢を見ることは力なんだ」と。

夢が叶うかどうかではなく、夢を見ていく姿勢こそが生きる力になる。
前者の方は、当初とは違う形で夢を手に入れています。
後者の方は途上ということですが、私が見ても本当に素敵な生き方をしているなぁ、と感動させられます。
好きなことをし、好きなことを夢見ることは、それだけで十分な「生きがい」です。

もう一方、ご紹介しますね。
「持田昭俊さん」
http://ganref.jp/m/mochida-photo/portfolios/phot …

プロの鉄道フォトグラファーです。
記述が見当たらないのですが、彼も聴覚障害があります。
私が驚嘆したのは、彼の代表作でもある「新幹線」の写真。
新幹線は、トップスピードで300キロ近くの速度を出しているわけです。
ですから、写真のような「一瞬を捉える」ようなものの場合、列車に合わせて正確に、しかも何度も、レンズを振らなければいけません。
おまけに、鉄道写真は大概の場合「視界が悪い場所」で撮ることが多いのです。
しかも、新幹線は高架だったり、トンネルだったりで、撮れるポイントはものすごく限られてしまいます。
それ故に、時に車の屋根に登ったり、しかもその上に脚立を立てたりして、高さを稼いだりします。
更に、車両に近づくことは困難ですし、列車が歪んでしまいますので「広角」があまり使えないのです。

重たい超望遠レンズを、足場の悪い場所で、猛スピードの列車に向けて複数回振るんですよ?。
しかも、平衡感覚が取りづらい、聴覚障害を持った身で、です。
ブレないように、水平に、機械のように振るのです。

私が思うにはですが、それを可能にしている「根源」は、きっと「彼が鉄道が好きだから」ということだと思うのです。
好きこそは力、です。
ハンディキャップを越えようともがくのは、大変なばかりで、実になりづらいと思います。
しかし、まず優先するものを「夢」と規定してしまうならば、ハンディはその時、初めて「二の次」となります。

諦めるのはまったくもって早すぎますよ。
あなたは、夢を、好きなことを、手にしたいと思いましたか?。
手にすることに貪欲になった時間はありましたか?。

ハンディとは、それを自分が認めたとき、ハンディと認識されるのです。
認識はもう済みましたから。
後はそれを「重荷」として恨みつつ生きるのか、背中には背負っても、多く振り返らず、走ろうと決めるのか、ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

確かに何も夢なんてありませんでした。何となく勉強して会社員になるんだろうなあと思っていました。
それなりに勉強はしてそれなりの大学に行くまではそれなりにやりました。

ただ問題はそれからでやりたいこともなくこの問題もあいまってですが自分はどうしていいのかわからず学校もさぼりがちでした。何も興味がわきませんでしたしサークルなども辞めて何もない大学生活でした。ほとんど寝たきりになっていました。今もそうです。

ただ自分の生き方も受動的だったと思います。しょうがないものはしょうがないでいいので夢とかそういう能動的といいますか主体的といいますかそういう要素をもっと作って生きたいと思います。

仕事を探すうえでまずはやりたいこと、今からでもできそうなことこの二つを満たす仕事を探し決まったらそれに向けた勉強をしようと思います。

お礼日時:2014/03/31 21:29

左耳が完全に聞こえない人で、教員をしている人がいます。



きちんとした先生で、子どもにも保護者にも同僚にも頼りにされたりかわいがってもらったりするすてきな人です。

その人は周りの人たちにきちんと耳のことを説明し、
聞こえてると思っても聞こえてないときがあるからということを理解してもらっています。

コンプレックスになってしまうことは仕方がないですが、考え方を変えて、自分にできることを増やしてはどうでしょうか。
馬鹿にされるようなことがあれば、それは馬鹿にするような人たちが心ない残念な考えしかできないだけで、あなたが気にする必要はないし、その人たちと一緒にいることをやめたらいいです。
自分のことを理解し、困った時に助けてくれる人を大事にしたらいいだけです。

できることをと言っておきながらですが、
警備員の仕事って、それこそ耳が聞こえないのは大丈夫なのかと心配です。
何かあった時に聞こえなかったですむのでしょうか。
耳に頼ることのないお仕事もたくさんありますし、考えてはと思います。

また、警備員になってしまいとありますが、警備員自体立派なお仕事ですよね。
何もかも失いましたというのは、警備員の仕事をしている他の方たちに失礼ではないでしょうか。


耳のことだけを原因とせず、自分の過ごし方や人との接し方を見直してみてもいいと思います。

この回答への補足

お礼への補足です。
>大学を出たんだからそれなりの仕事に就くべきという考えがあり
ここでのそれなりとは大卒でしかなれない仕事に就くべきという意味です。警備員が職としてそれなりじゃない、と言ってるんではありません

失礼しました

補足日時:2014/03/31 19:50
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

確かに警備員のことを誤解していたし失礼な表現をしたと思います。でもけいびいんをみくだしてるわけじゃないんです。私は大学に行き、そのために親にお金をたくさん支払わせてしまったのに高卒でもなれる警備員を選んでしまったことを申し訳なく思っているんです。というのはこれもちょっと誤解のあるいい方ですが高卒でもなれる仕事に就くのなら大学に行くためにたくさん金を払わせる必要もなかった、もっと自分としっかり向き合うべきだった、申し訳ないという意味で言ってます。見下してるんじゃありません。大学を出たんだからそれなりの仕事に就くべきという考えがありそれが一般的な価値観だと思っているからです。また、私は仕事ができない人だというのは耳のこと関係なしにわかっているつもりです。大卒としての変なプライドももうありません。

警備員として不適格かもと自分でも感じております。なので転職をする予定なんですが販売員歴2年ちょっと、警備員歴が数か月ではまともに仕事もないんではないかというのも不安です。

人に対して打ち明けたことがあります。片耳が聞こえるんだから大したことじゃない、言い訳だといわれたことがあり(医者からもです)他人に対して不信感がありますし進んでこのことを言うのも躊躇してしまいます。人付き合いもおっくうです。

回答をくれたのに失礼な言い方をしてしまうことを承知で書きますが

>耳のことだけを原因とせず、自分の過ごし方や人との接し方を見直してみてもいいと思います。
自分だって最初からこんなに卑屈だったわけじゃないです。両耳健聴な人から言われると腹が立つ部分があります。(こういう掲示板に自分から相談しておいて勝手ですが・・・)でも自分にも原因があることも自覚はしております。あなたのご指摘も間違ってはいないと思うのでできることからやろうと思います

ありがとうございました。

お礼日時:2014/03/31 19:48

知り合いではありませんが、テレビなどで見た方達です。


忍足亜希子さんは女優さんです。以前はNHKの手話の番組に出ておられました。
岡田絵里香さんも女優さんで、NHKの手話の番組に出ておられました。
大橋弘枝さんはダンサーです。
斉藤里恵さんは「筆談ホステス」という自叙伝?を書いてベストセラーになり北川景子さん主演でドラマ化もされました。
高杉奈緒子さんはバイクレーサーで鈴鹿8時間耐久レースなどに出ておられます。
もっと名前が知られている有名な人では、浜崎あゆみさんや山本譲二さんが片耳が聞こえません。

他にも聴覚障害や、その他の障害あっても活躍されている方はおられますよ。
忍足さん、岡田さん、大橋さん、斎藤さんは本を出されていますので読んでみられてはいかがですか?



小さい頃に辛い経験をするとどうしてもネガティブな方にばかり考えてしまうと思いますが、
何でもやり方や考え方を換えれば良い方向に向かうかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

参考に読んでみたいと思います

お礼日時:2014/03/31 19:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 聴力障害<お年寄りの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    高齢者での特殊事情  年をとると、しだいに耳が遠くなってきます。会議で相手の言葉が聞き取りにくい、聞き返すことが多くなるなど、これらは紛れもなく難聴(なんちょう)の症状です。こうした加齢に伴う難聴を老人性難聴と呼びます。  人の聞こえの域値は、20代を頂点にしてその後は徐々に悪くなります。65〜70歳ぐらいになると約4分の1の人が難聴を自覚するようになりますが、難聴の程度や進み具合にはかなりの個人差があ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q片耳難聴と人付き合いについて

私は左が難聴です。ある意味この中途半端さが私には結構苦痛です。音の方向は分かりません。私の業種の職場は大概声が小さいです。左から、あるいは、左後方から話しかけられて気づかない事が良くあります。無視したとか怒ってるとか言って、無視を返されたりしています。すぐ物事を悪く取るような人にいちいち事情説明して仲直りしたいとはもう思いません。私は相手が反応無かったら肩をツンツンしたり再度呼びかけたりします。なぜ多くの人はそうしないのでしょう。昔は難聴だと話したりしていましたが、普段普通に話しているせいか、忘れられたり、平気で左側から小さく声かけられたり、意味ないし、又、仕事柄職場がちょくちょく変わるのでいちいち言いたくありません。片方難聴の方、難聴でバリバリのキャリアウーマンの方、職場の席や会議やお酒の席や電車の席等で難聴側の音や声や人間関係をどのように処理していますか?またどのような心持ちでいるか教えてください。

Aベストアンサー

今日、父に聞いてみたら、片耳難聴ではなく、
片耳は まるで聞こえない のだそうです。

片耳聞こえにくい友達がいるんだけど、職場でどうしたらいいと思う?
、、というふうに聞いてみたら、

「それは、上司に 繰り返し聞くのも 聞きにくかろうし、
自分は わかったフリもしてきたけど、昔は 電話すらろくになかったし…
いまの時代は 自分のときの 数倍忙しく、早く動いてるからきつかろう。

また、自分の若いときは、耳が聞こえにくいひと は結構いた。
中耳炎だったり、耳の病気からだったり…自分は、耳の穴がふさがってしまっていて、
気がついたときには 
ひだりは もうきこえていなかったから、
聞こえたらこんな苦労ないのにとか、
聞こえないから どうのとか、さほど何も感じなくて来たけど…

そのお嬢さんの場合は、補聴器をつければ聞こえるのなら、
髪に隠れて 目立たないだろうし、
つけて聞こえるなら そうしたらどうだろうか、
自分は 付けても聞こえないから、しなかったけど…

俺は、音の方に顔を向けて手をメガホンみたいに当てたら聞こえるよ。「
ということでした。
職場の忙しさとかは、例えば 始終 四方から 情報を 拾わなくうてはいけない
というたちばではなかったから 自分は、
不自由はなかった ということで、
余り参考にはならなかったかもですが。。。

ところでそう言えば うちの連れ合いも、ひとの声が聞こえにくいです。
テレビの音もでっかいですし、私は ぼそぼそしゃべるので
は!?はあ?って、 3回以上 聞き返されます。つまらない話だったら、もういい、といってしまうこともあるんですが、、、ご質問をみて、もう少しはっきりしゃべろうとおもいました。

彼にも聞いたら、自分は上司にでも誰にでも、わかるまで聞き返すそうです。そのせいでイライラさせるとは感じない?と聞いたら、
だって、うやむやにして後で違うよりも、聞いたほうがいいよ。いらいらさせたくはないけど、俺の不注意じゃないもん、聞こえないんだし。
ということでした。二人とも大雑把な人ですが、けっこうすかれてるし、本人達は負い目にはおもっていないみたいです。そういう人もいるらしいと いう事で…

今日、父に聞いてみたら、片耳難聴ではなく、
片耳は まるで聞こえない のだそうです。

片耳聞こえにくい友達がいるんだけど、職場でどうしたらいいと思う?
、、というふうに聞いてみたら、

「それは、上司に 繰り返し聞くのも 聞きにくかろうし、
自分は わかったフリもしてきたけど、昔は 電話すらろくになかったし…
いまの時代は 自分のときの 数倍忙しく、早く動いてるからきつかろう。

また、自分の若いときは、耳が聞こえにくいひと は結構いた。
中耳炎だったり、耳の病気からだっ...続きを読む

Q片耳を失聴した人に対し医療関係者のサポートはある?

先天性のものや、事故や病気の後遺症などで後天的に片耳の聴力を失ったり大幅に低下してしまった人に対して、医療関係者からのサポートはあるでしょうか?
もう一方が健聴だとしても少なからず不自由があるのですが、これについての説明や助言、サポートなどを、似た境遇の方からではなく医師や作業療法士など、何らかのプロの方から受けることはあるのでしょうか?

私は生まれつき片耳を失聴しておりましたが、これによる不自由とそれを補うすべは私自身が体当たりで学んできました。
今と違いネットもなかったため、似た境遇の方と接する機会もめったにありませんでした。
医師から助言されたりそういう訓練をする人を紹介されることもありませんでした。
(医師から親への説明は、普通に育てなさいという非常にアバウトなものでした)
もし、的確な助言やサポートがあればもっと生きやすかったと思います。

この点は今ではどうなのでしょうか?
今でも似たようなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

娘(小6)が先天性か後天性か不明な片耳失聴ですが、医療関係のサポートなどはないですよ。

というよりも、実際に生活していると気がつかないだけで、実は片方が聞こえない、という人は結構あちこちに存在しています。
うちの子もそうですし、娘の友達のお母さんもどうやらそうらしいですし、以前引っ越し先で知り合った
上の階に住んでいたママ友になった方も実はよくよく話してみたらそうだった、という感じで、普通に生活してる分には気がつかない事が結構多いのですが、実はそうだったって方が周りに割と見つかる事が多いです。

うちの場合は気がついたのが3歳くらいの時でしたが、
内耳が原因で手術や補聴器は効果がないタイプの難聴で、なんとなく振動は感じる程度だったのですが、今まで生活していてそれらを意識したことはほとんどないです。

もちろん本人としては、イヤホンが片方使えないとか、片側から呼ばれても聞こえが悪いことがあったり、という小さな不便はあるんだと思いますが・・・

不便に対するサポート、といっても質問者さんが体当たりで学んできた、という何が不便でどう対処してきたのか具体的な事例が書かれていないのでなんともいえませんが、助言、という点でいうと、生活で予想できるリスクとその対処法程度は医師などからアドバイスはもらったことがあります。

療法士さんとかのサポートはなく(訓練してもどうにもなることでもないので)、日常生活で不便と思ったことや気をつけないといけないことを、診察の際とかにお話しするって程度ですね、

3歳から半年に一回くらい定期健診をうけていて、今は一年から二年に一回、変化や異常がないかどうかなど、定期的な聴力検査をしに受診しているだけです。
片方が聞こえる人は大半が普通の生活をしていますし、聞こえないことで制限される職種もそんなに沢山あるわけではないので、社会の中にいるとほとんど気が疲れませんよね。

うちの子も自分で友達とかに話していますが、話さなければおそらく気がつかれないと思います。

あとは、医者側からどうサポートするか、というよりも、親や自分自身が日常生活で不便な事を具体的にあげていってアドバイスをうける、みたいなのが普通なんじゃないでしょうか。
うちの場合も、診察の時は医師から何もいわれなくても自分自身で疑問なことを親として質問してきましたし。

例えば片方が不便だと音の聞こえてくる方向が分かりにくいから、後ろから来ている車に気がつかないことがあるので気をつけるように、とか、授業で席替えなどがある場合、後ろのほうで聞こえにくかったり、聞こえないほうの耳側に教卓がある場合に不便と感じたら変えてもらうといい、とか、あとは健常なほうの耳だけは大事にしないといけないからおたふくの予防接種などを受けるといいとか、プールの授業についてはそんなに神経質にならなくてもよい、とかそういう程度のお話は最初に先生からされたり、学校へあがるタイミングで親の私から質問したり。

コンサートなどの大きな音がなるイベントへ連れて行ってやりたいとなれば、耳への影響とか、気をつける事を確認したりしましたし。先生のほうから何もいわなくても何かをその都度提示してもらえるわけではなかったですよ。

それくらい、普通の子と変わらず生活できているので。

娘(小6)が先天性か後天性か不明な片耳失聴ですが、医療関係のサポートなどはないですよ。

というよりも、実際に生活していると気がつかないだけで、実は片方が聞こえない、という人は結構あちこちに存在しています。
うちの子もそうですし、娘の友達のお母さんもどうやらそうらしいですし、以前引っ越し先で知り合った
上の階に住んでいたママ友になった方も実はよくよく話してみたらそうだった、という感じで、普通に生活してる分には気がつかない事が結構多いのですが、実はそうだったって方が周りに割と見つ...続きを読む

Q難聴?集中力?何を言ってるか聞き取れない

とても悩んでいることがあります。
最近よく会議に出席しますが、相手が何を言ってるのか、よくわからないことが多々あります。
はじめは
「自分は聞く力がなく、集中力が原因なんだ」
と思い、極力メモを取ったり、相手の言ってることを咀嚼するようつとめたりしてました。
でも、前々から気になってることがあって、
「ひょっとして耳が聞こえてないんじゃないか」と思いました。
健康診断などで聴力テストをしても、引っかかるわけではありません。
しかし、若い時から
例えば友人に「昨日の夜、昔の同級生と飲みに行ったんだけど楽しかったよ」
って言われた時に、
「昨日の××、昔の××と飲みに行って楽しかったよ」と聞こえるのです。
話の前後から、おそらく昔の友人と飲みに行って楽しかった話をしてるんだ、と理解はできます。
ところが、大事な会議になると、そういう推測で理解すると、後で失敗することもあります。
今までは、どちらかと言うと自分が役職的に上で、部下の報告を聞く側でした。
そうなると、「ん?ごめん。どこの事業所の経費について話してる?聞こえなかった。」といえば、「あ、すみません。広島の、です」
と丁寧に教えてくれます。
自分では「ああ、俺は疲れてるのかな、集中力がないのかな、気をつけなければ」と
そういうときはいつも自分戒めていました。
でも最近は部下との会議より、どちらかというと上役の方と話をすることが多く、あまり何度も聞き返せません。
また、聞き返して答えて貰っても、それも聞き取れないことがあり、2回3回と聞いてウンザリされることもありました。
音は聞こえてるんです。
でも何を言ってるか、内容が聞き取れないんです。

ずっと自分の集中力の無さだと考え、特に最近はそのことについて調べたり、
「聞く力」を養成するための方法を取り入れたりして訓練してました。

でも、ふと気がついたのです。
「そういえば若い時からよく人に「今なんて行った?」
聞き返すなあ。音は聞こえてるのに、内容が聞き取れないことがあるなあ」と。

誰でもそんなことはあると思います。
でも、どうも回りの人は会議についていけてるのに、
自分だけついて行けてない。
部下との会議では、自分がファシリテイターになったり、
決裁権を持って挑めた分、
自分が理解するまでその進行ペースをコントロールできたので、
そのことにあまり注意を払わなかったのですが
どうも相手の進行についていく会議の時、自分が
「聞き逃し」をしていたのではなく
「聞き取れていない」のではと考えるようになりました。

この質問はあくまで医学的に聞きたい質問です。
そもそも音が聞こえないのが「難聴」だとしても
「音は聞こえるが、文章が途切れて聞こえたり、
内容が聞き取りにくいということは、医学的に病や障害として
存在しますか?

もともと鼻がすごく悪く、慢性の鼻炎で、そういうことも関係あるのでしょうか。

「医学的にそんなのありませんよ」というのなら、それはそれでいいんです。
常に相手の言う事を聞き逃さず、理解する力をもっと養成するよう勤めれば良いのですから。

ただ、可能性として自分のこの弱点は何が原因なのか
突き止めたいのです。

大変悩んでますので、
お答え、アドバイス等頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

とても悩んでいることがあります。
最近よく会議に出席しますが、相手が何を言ってるのか、よくわからないことが多々あります。
はじめは
「自分は聞く力がなく、集中力が原因なんだ」
と思い、極力メモを取ったり、相手の言ってることを咀嚼するようつとめたりしてました。
でも、前々から気になってることがあって、
「ひょっとして耳が聞こえてないんじゃないか」と思いました。
健康診断などで聴力テストをしても、引っかかるわけではありません。
しかし、若い時から
例えば友人に「昨日の夜、昔の同級生と飲...続きを読む

Aベストアンサー

>音は聞こえるが、文章が途切れて聞こえたり、
内容が聞き取りにくいということは、医学的に病や障害として
存在しますか?

聴覚認知能力に難があるのかもしれません。
聴力は正常でも、弁別力が弱いのでは。
http://blog.goo.ne.jp/k184125/e/64863547c8ff26bd61c38ad29c6e70b8

原因は、難聴以外に、発達障害による場合もあります。

音の記憶が苦手
聞き間違いがある
一生懸命聞いているのに間違える
聞いたことが理解できない
言葉を聴いても理解ができない

以上は聴覚認知能力に偏りが出やすい発達障害の方の説明のページからの引用です(下記URL)。
http://edu.markelog.net/%E7%99%BA%E9%81%94%E9%9A%9C%E5%AE%B3/%E8%81%B4%E8%A6%9A%E7%9A%84%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E8%83%BD%E5%8A%9B/
聴覚認知能力で検索すると、もっと詳しいページがたくさんあります。

発達障害でない人でも、得意不得意はあります。ここが質問者さんにとって、弱い分野なのかもしれません。


もしくはもっと単純に、意味がとれない部分だけ、聞こえているのに不明瞭な感じがする、という場合は、鼻が悪いということで、体質的に耳管狭窄(飛行機やエレベーターに乗った時におこる耳が塞がれたようになる症状)が起こりやすいのかもしれません。鼻をすすっただけでもなることがあるそうです。

>音は聞こえるが、文章が途切れて聞こえたり、
内容が聞き取りにくいということは、医学的に病や障害として
存在しますか?

聴覚認知能力に難があるのかもしれません。
聴力は正常でも、弁別力が弱いのでは。
http://blog.goo.ne.jp/k184125/e/64863547c8ff26bd61c38ad29c6e70b8

原因は、難聴以外に、発達障害による場合もあります。

音の記憶が苦手
聞き間違いがある
一生懸命聞いているのに間違える
聞いたことが理解できない
言葉を聴いても理解ができない

以上は聴覚認知能力に偏りが出やすい発達障害...続きを読む

Q難聴でもできる仕事

私は生まれつき、難聴です。
片耳は重度、もう片方は軽度難聴です。
私は今まで、あまり人と接するのを避けていたので、耳が悪い事をそこまで気になっていませんでした。
しかし高校卒業して、コミュニケーションをとることが増えてから自分の耳の悪さを実感しました
足元の鞄の中に入ってた携帯がバイブになっててずっと鳴り響いていても、わかりませんでした。
会話も50%くらいしか聞き取れないです。
声量が大きめで安定した方の声は問題ないですが、小さかったり、ざわついてると聞こえづらいです。
病院で年に一回ほど検査してますが、手帳がもらえるほどではなく、この調子でという感じです。

今は調理の専門学生で、周りはバイトをするひとが多いです。
しかし、迷惑かけないか不安なのと、自分の性格上勇気がありません。
二年後には就職ですが、仕事もできるか不安で…
おすすめの職業、会話で注意すべき点があれば教えて下さい

Aベストアンサー

 補聴器さえ買えば全て解決すると思われる回答は、とりあえず無視しておきましょう。先の回答者さんは障がい者の就労についてかなり無知だと思いますから。

 さて、気を取り直して。多分相談者さんは就労支援事業所などがあるのはすでにご存知かと思います。まずはそのあたりの協力者、支援者を通し、就労制度を活用しながら就労されることをお勧めします。メリットはやはり一人ではないという安心感じゃないでしょうか。なにかトラぶってもコーディネーターが間に入って調整してくれますし、企業側ももちろん障がい者雇用を前提として前向きに努力してくれるはずです。

 次にお勧めの職業は、正直人それぞれなのでなんとも言いがたいかなと思います。知り合いの聴覚障害者が2人ほどハウスクリーニングなんかをやっていました。もっともどちらも9ヶ月くらいしか持ちませんでしたけど。ただ、一人でこつこつと出来る感じの仕事がいいんじゃないかなと思います。あと他者との接点が少なくてすむような職種。その中で自分にあったものを探せばいいんじゃないですか? 就労支援を活用すれば、トライアルや実習訓練なんてのも出来ますし。

 会話ですが、特に会社の仲間とのコミュニケーションで気をつけることは、「溜め込まない」ということでしょうか? 分からないことがあれば、分かるまで質問してください。分からないのに分かった振りして作業をすると、必ずトラブルになります。辛い事があれば、きちんと何が辛いのか上司の人に伝えてください。言葉で伝えられないなら、筆談でいいじゃないですか。最近じゃメールなんかもあるから、コミュニケーションはとりやすいはずです。相手も人間ですから、言わないと分からない事ばかりです。相手が気づいてくれるはずと思わず、積極的に自分は何を悩んでいる、困っているとアピールすることです。

 最後にですが、これは私が見てきた聴覚障害者に言えることなのですが・・・世間が狭いんです。これは障害特性もあるので仕方ないといえばそうなのですが・・・。ビジネスマナーや健常者の常識、世情。この辺りの情報が不足していたり不勉強だったりで、結果として自身が損をしているケースが多いかなと。手にした情報を精査し、他者の意見を加味した上で、懸命な判断を下せるような努力が、絶対に必要だと思います。これは本人の努力の部分なので、頑張ってくださいとしかいえませんが。ハローワークなんかでいろいろと労務についてのあなたの権利を教わるでしょうが、それに相対する義務があることをかならず忘れてはいけません。往々にしてその義務の履行を忘れて、自分は守られる存在であるべきと勘違いしている人がいますので。そういう人は一般の職場では浮いてしまって、不幸な結果になることがほとんどでした。

 以上の点を踏まえ、就職活動、勉学に励んでください。 

 補聴器さえ買えば全て解決すると思われる回答は、とりあえず無視しておきましょう。先の回答者さんは障がい者の就労についてかなり無知だと思いますから。

 さて、気を取り直して。多分相談者さんは就労支援事業所などがあるのはすでにご存知かと思います。まずはそのあたりの協力者、支援者を通し、就労制度を活用しながら就労されることをお勧めします。メリットはやはり一人ではないという安心感じゃないでしょうか。なにかトラぶってもコーディネーターが間に入って調整してくれますし、企業側ももちろん...続きを読む

Q日常生活に支障が出ない程度の中等度難聴 面接で伝えるべきか?

こんばんは、中等度の難聴(高音・低音が聞き取りにくいと医師から告げられていて、毎回聴覚テストでひっかかる)のお友達がいまして、時々聞き取れなかったりする程度で普通の会話はできて生活に問題はないです。
その子は学力も優秀で、性格もしっかりしています。その子の深刻な悩みです。アドバイスお願いします。

先日グループワークで、何度も聞き返したり情報収集では置いていかれ気味だったそうですが、情報の中から整理し考え答えを導き出すのにはかなり貢献し、面接官からも自分のグループの答えを出す速さに太鼓判を押していただいたくらいかなり早かったそうです。でも他の方には何人か連絡が来て、その人には連絡が来ませんでした。

私としては、彼女が聞こえず聞き返したり他の人のメモをみせてもらったりしたことに対して、言っていることを理解する能力がない、と誤解されたのではないかと考えてます。

やはり、このような時、最初に中等度の難聴であることを
告白するべきなのでしょうか?
それに対する反応はやはり悪いのでしょうか?
隠し言わないほうがよいのでしょうか?
「耳が聞こえにくいのですが」などなら言っていいも問題ないのでしょうか?それとも言うなら「生活には支障がないですが中等度難聴です」とはっきり言うべきなのでしょうか?

彼女は障害者認定を受けられるほど悪くないので、障害者のような優先枠ももらえず、
一般枠で受けるしかないのですが、聴力にハンデがあるとかということで避けられてしまうのでしょうか?

彼女は文系で営業職中心で回っているようなのですが、
営業職はまず無理なのでしょうか?

彼女に向いている職種などは何でしょうか?
中程度の難聴の方は、どんな職業に就いていらっしゃるのでしょうか?

たくさんの回答お待ちしております。
彼女も見ているので、中傷はやめてください。

こんばんは、中等度の難聴(高音・低音が聞き取りにくいと医師から告げられていて、毎回聴覚テストでひっかかる)のお友達がいまして、時々聞き取れなかったりする程度で普通の会話はできて生活に問題はないです。
その子は学力も優秀で、性格もしっかりしています。その子の深刻な悩みです。アドバイスお願いします。

先日グループワークで、何度も聞き返したり情報収集では置いていかれ気味だったそうですが、情報の中から整理し考え答えを導き出すのにはかなり貢献し、面接官からも自分のグループの答えを...続きを読む

Aベストアンサー

 就職浪人中の僕が言うのもですが、sirokumadarumaさんの言い方で言えば、僕は高等度の難聴ということになります。ということで、障害者に認定されています。

 簡単に言うと、正直に言っておく必要があります。軽度だろうと、中等度だろうと、高等度だろうとです。隠し続けることこそが、面接官の誤解を招くことも多いと思いますので、正直に「私は、障害者の認定を受けてはいませんが、少し難聴気味です。」とエントリーシートや履歴書の健康欄に書いておく方が、会社側も配慮をしてくれるはずです。もしも、配慮をしてくれなかったら、その会社に入れたとしても色々と苦労することと思います。
 ということで、正直に言うのと、何も言わないのとでは会社側の対応もガラリと変わりますので、正直に言っておいた方がいいです。

 また、どれくらい聞こえにくいのかを面接官に説明するのが非常に難しいんですよね。だいたい、電話はできますか?とか聞かれてきますので。上手く自分の障害を説明できる練習が必要ですね。高音・低音が聞こえにくいのだそうですが、高音と低音とは何かを理解することから始めるといいと思います。

 コミュニケーションが困難だと営業職にも響くとは思いますが、必ずしも響くとは僕は思いません。中等度であれば、もう1度聞き直せばできると思いますし、筆談という方法もありますから。無理だと思うと、終わりなので最後まであきらめずに頑張って下さい。

 就職浪人中の僕が言うのもですが、sirokumadarumaさんの言い方で言えば、僕は高等度の難聴ということになります。ということで、障害者に認定されています。

 簡単に言うと、正直に言っておく必要があります。軽度だろうと、中等度だろうと、高等度だろうとです。隠し続けることこそが、面接官の誤解を招くことも多いと思いますので、正直に「私は、障害者の認定を受けてはいませんが、少し難聴気味です。」とエントリーシートや履歴書の健康欄に書いておく方が、会社側も配慮をしてくれるはずです。もしも...続きを読む

Q障害者手帳取得できるのでしょうか?

障害者手帳取得できるのでしょうか?
私は3歳の頃から右の耳が全く聞こえないとまでは行かないですが、それに近い程難聴です。
まだ幼い頃からの症状だった為、そんなに気にならない程度だったのですが、現在27歳、年々不便さ、両耳聞こえる人との差別をしてしまうようになりました。
障害者手帳も持っていれば周りの理解もしていただけて、生活にも心にも豊になれるのかなと思い、障害者手帳を取得したいと考えたのですが、右耳難聴で障害者手帳を取得する事はできるのでしょうか?

Aベストアンサー

片耳だけの難聴ですか?
となると、かなり厳しいですよ。次のような条件(身体障害者福祉法の身体障害者障害程度等級表で決まっていて、全国共通)があるからです。

6級 ‥‥ 一側耳の聴力レベルが90デシベル以上、かつ、他側耳の聴力レベルが50デシベル以上

これ以外の場合は、原則、両耳とも難聴(70デシベル以上)でないと、対象になりません。
身体障害者手帳が出る障がいの等級は1級から6級まであって、数字が小さい級ほど障がいが重くなるんですけれど、いろいろ決まりがあって、聴覚障がいは1級と5級は存在してません。

一側耳とは聴こえが悪いほうの耳。他側耳とは聴こえが良いほうの耳です。
デシベルは難聴の程度をあらわす数字で、数値が大きいほど難聴の度合いが高くなります。

で、デシベルは、オージオメーターっていう機械で測ります。
耳鼻科で検査してくれるんですけど、身体障害者手帳を取りたいときは、その耳鼻科医が身体障害者福祉法指定医(都道府県ごとに指定されてます)でないとNGです。
つまり、耳鼻科医なら誰でもいい、ってわけじゃあないんです。
なので、役所(障がい福祉担当課)で県内の誰が指定医になってるかをきいて、その指定医に専用診断書(手帳を取るための専用の診断書で、役所でもらいます)に書いてもらう必要があります。意外な盲点ですよ。

オージオメーターでは、ピーとかポーとかという電子音を出して、以下のそれぞれの音の高さごとのデシベルの数値をまず測ります。もちろん、それぞれの耳ごとに測ります。

a=500ヘルツ、b=1000ヘルツ、c=2000ヘルツ

ヘルツというのは、音の高さ。
数字が大きいほど、その音の高さが高くなってゆきます。
a、b、cそれぞれで何デシベルの難聴なの?、ってことをまず測定するんです。

で、身体障害者手帳の認定のときには、(a+2b+c)/4 っていう計算式で得られた数値を基準にします。
これが90デシベル以上とか50デシベル以上‥‥っていうときのデシベルになるんですよ。
逆に言うと、オージオメーターで測ってもらった数値をこういうふうにちゃんと計算してもらって、その結果が6級の基準を満たしていれば、片耳だけの難聴でも手帳は出ます。
けれども、もし残念なことに基準を満たしてなかったら、手帳は出ません。

参考URL:http://www.city.matsumoto.nagano.jp/kurasi/syogai/techouseido/sinsyou_techou/

片耳だけの難聴ですか?
となると、かなり厳しいですよ。次のような条件(身体障害者福祉法の身体障害者障害程度等級表で決まっていて、全国共通)があるからです。

6級 ‥‥ 一側耳の聴力レベルが90デシベル以上、かつ、他側耳の聴力レベルが50デシベル以上

これ以外の場合は、原則、両耳とも難聴(70デシベル以上)でないと、対象になりません。
身体障害者手帳が出る障がいの等級は1級から6級まであって、数字が小さい級ほど障がいが重くなるんですけれど、いろいろ決まりがあって、聴覚障がいは1級...続きを読む

Q突発性難聴になりました(悪筆で失礼します)!!

30歳、男です。昨日の朝より左耳の聞こえが悪く、耳の中に水が溜まっているような感じがするため、昨日耳鼻科で受診し、聴力を測ったところ、やはり右と左の聴力に差があり、突発性難聴だと診断されました。このまま聴力が落ちて、音が聞こえなくなるのではないかと不安でなりません。
薬を処方してもらい、一週間様子を見ることになりましたが、本当に直る病気なのでしょうか?
耳の中に水が入っている感じが一生続くのでしょうか・・?
仕事上、長時間ヘッドフォンまたはイヤホンをしていなければならないのですが、やはり避けておいたほうがよろしいでしょうか?また、通常通りに聞こえる右の耳のみにイヤホンを付けようかと思っていますが、右まで悪くならないか心配です。
この病気を経験された方、アドバイスをいただければ感謝します。

Aベストアンサー

30代後半のOLです。
昨年10月に突発性難聴になりました。
たくさんの人にアドバイスをいただいており、心強いですね!
私もこのgooでいただいたアドバイスがとても心強かったですよ。

まず、病院に行かれており、薬も処方されているとのことですので
とりあえず、貰った薬を決められた量、期間、服用を続けてください。
治ってきたかな?と思っても、絶対に勝手に服用を止めたりしないこと。
薬の量は、耳鼻科での聴力検査の結果で調整することになります。
(おそらく、徐々に減らしていくようになるはず)

この突発性難聴は、人によって治り方がさまざまみたいです。
私の場合は、薬の服用を始めたのが、症状が出てから2週間後だったこともあり
経過が悪かったです。
通常は、薬の服用を始めて、1~2週間ぐらいで治るらしいのですが
1ヶ月経っても全く良くなりませんでした
(まさに耳の中に水が入って・取れないような状態(耳閉感といいます)。併せて、人生初の耳鳴りに悩まされました)
薬の服用を始めて1ヶ月ぐらいたった時、薬(ステロイド剤)の副作用が出始めたこともあり
「このまま一生治らないのだろうか・・・」とものすごく落ち込みましたね。
両親や同僚からは「すぐに治るものではないよ!とにかく焦るな!」と励まされましたが
本人はそれどころではなく、すごく焦りますよ。
だってだって、「耳」のことですから・・・・

自分で、ネットを駆使して・いろいろ調べていると、突発性難聴には「鍼治療」が良いという
情報がありました。運良く、地元で有名な鍼灸院があったため、早速・通ってみました。
鍼、初体験でしたが・・・(^_^;)
私にはどうやら合っていたらしく、薬だけ服用していた状態よりも
結構聴こえが良くなってきました。
鍼は週に2回ぐらい、1ヶ月通いました。

結果、現在のところ・難聴自体の症状は良くなりました(聴力が良くなり、耳閉感は無くなりました)
ので、自分では良しとしています。
ですが、高音の耳鳴りが残りました。
静かな部屋にいると、キーーンと鳴りますよ。
どうやらこれは一生治らないみたい。
突発性難聴の後遺症ですね。

薬の服用で数週間で治れば、予後もいいと思います。
ただ私のようにグズグズといつまでも不調であれば、後遺症などが残るのだと思います。

遅れましたが、ヘッドフォン自体は止めた方がいいですね!
私は難聴になってから、1度だけヘッドフォンを使用しましたが、使用後に耳鳴りがひどくなり大変でした(^_^;)。
多分、この先ずっと使用しないと思います。
耳鳴りがひどくなる→後に耳閉感が出る、ことが恐怖だからです。

突発性難聴については、両方の耳が悪くなることはないようですが、とりあえず・現在病気の方の耳を治す事に専念されたらどうかと思います。

とりあえず、決められた薬を飲み、不摂生を避けることを心がけて下さい!

30代後半のOLです。
昨年10月に突発性難聴になりました。
たくさんの人にアドバイスをいただいており、心強いですね!
私もこのgooでいただいたアドバイスがとても心強かったですよ。

まず、病院に行かれており、薬も処方されているとのことですので
とりあえず、貰った薬を決められた量、期間、服用を続けてください。
治ってきたかな?と思っても、絶対に勝手に服用を止めたりしないこと。
薬の量は、耳鼻科での聴力検査の結果で調整することになります。
(おそらく、徐々に減らしていくようになるはず)
...続きを読む

Q片方の耳が聞こえない人はどのくらいいるのでしょうか?

私は片方の耳がほとんど聞こえません。精密検査をしたら子供の頃の中耳炎がちゃんと治っていなかったためそうなったと言われました。世の中には片方の耳が聞こえない人はどのくらいいるのでしょうか?正確な人数はわからなくても身近な人でそういう人がいたという例があれば知りたいです。そういう人はなにか対策を取られていますか。
回答、お待ちしてます。

Aベストアンサー

私も生まれつき全く聞こえません。

ただ生まれつきだったので、幸か不幸か私には両方聞こえる人の気持ちがよく分かりませんが。。。

仲のいい人、特に飲み会にいくような仲の人には聞こえないと言って、端っこの席を変わってもらっています。私も聞こえないし、何回も聞き返さないといけないとお互いちょっと嫌な気分になるので・・・。

聞こえないことを人に言わない時期もありましたが、返って誤解されてしまうので、(端っこの席がいいというのはわがままだとか、ボーっとしてるとか・・・まぁ、ぼーっとしてますけど)今はきちんと言うようにしています。私には聞こえないことが普通でしたが、聞こえる人から見たら私の気持ちは分かりません。なので私が聞こえないということをなかなか覚えてもらえないこともありますが、何回も言うようにはしています。

そんなに仲良くない人との飲み会はちょっとしんどいですが、飲み会は基本的にがやがやしているので、何とかやりすごしています。

う~ん、あんまり対策にはなっていませんね(笑)

教材とかは使わないんで、よく分からないです。ゴメンナサイ。

私も生まれつき全く聞こえません。

ただ生まれつきだったので、幸か不幸か私には両方聞こえる人の気持ちがよく分かりませんが。。。

仲のいい人、特に飲み会にいくような仲の人には聞こえないと言って、端っこの席を変わってもらっています。私も聞こえないし、何回も聞き返さないといけないとお互いちょっと嫌な気分になるので・・・。

聞こえないことを人に言わない時期もありましたが、返って誤解されてしまうので、(端っこの席がいいというのはわがままだとか、ボーっとしてるとか・・・まぁ、ぼー...続きを読む

Q耳が聞こえないので就職難なのだが

私の娘(24歳)は出産時、未熟児で生まれたため、保育器に入れられていました。そのためガスを吸い過ぎた影響があったのか、足のアキレスケンがのびず、つま先で歩くようになったので手術をし、プラスチックなような物をアキレスケンに入れて繋ぎました。それでもひょこひょこと不自然な歩き方になっています。他の人からは「ああ、足の悪い人」と呼ばれます。中学生の頃耳が聞こえないというので国立病院で検査したら、右耳は完全に聞こえないが左耳は少し聞こえる。という診断でした。22歳頃から補聴器(18万円)をつけて派遣パートで働くようになりましたが、やはり工場の雑音が入ってきて人の話が聞き取れないようなのです。すると工場の責任者みたいな人がいやな顔をするのです。それからまもなく、派遣会社から後1ヶ月でいいからと派遣先の仕事を断られるのです。しゃべり方も少しおかしいのですが、病院のせんせいに聞くと身体障害者までにはなっていないと言われるのです。
職安に行っても障害者ならそれで仕事はあるのだが、中途半端なので障害者としての仕事は紹介出来ないとのこと。この先こんなことがたびたび続くと娘が不憫でなりません。なにかよい方法はないものでしょうか?皆様お助けください。娘の父より。

私の娘(24歳)は出産時、未熟児で生まれたため、保育器に入れられていました。そのためガスを吸い過ぎた影響があったのか、足のアキレスケンがのびず、つま先で歩くようになったので手術をし、プラスチックなような物をアキレスケンに入れて繋ぎました。それでもひょこひょこと不自然な歩き方になっています。他の人からは「ああ、足の悪い人」と呼ばれます。中学生の頃耳が聞こえないというので国立病院で検査したら、右耳は完全に聞こえないが左耳は少し聞こえる。という診断でした。22歳頃から補聴器(1...続きを読む

Aベストアンサー

いろいろとご心配なことが尽きないのではないかと、心よりお察しします。
私は中途障害による重度難聴者ですが、現在、障害者雇用促進関係の仕事をしています。

障害者としての求職を考える場合、まず真っ先に考慮しなければならないのは、身体障害者手帳を取得できるか否かです。
障害者雇用促進法などによって一定の障害者採用枠が設けられており、ハローワーク(職安)は、身体障害者手帳(又は、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、職業判定による知的障害者認定取得のいずれか)を取得していることを前提に、職業紹介(求人の紹介)を行なっています。
しかし、手帳を取得していなければこの枠を使えず、一般枠で求人に応募せざるを得ないのです。

ご質問のケースの場合、右耳が完全に聴こえないのであれば、左耳の聴力が最低限50デシベル以上の聴こえの悪さ(純音聴力検査、という方法で測定します)であれば、身体障害者手帳を取得できます(聴覚障害6級の2)。
あるいは、言葉の聴き取りの検査(語音明瞭度検査、と言います)を行なって、言葉の聴き取りの良さが50%未満であっても、身体障害者手帳を取得できます(聴覚障害4級の2)。

したがって、純音聴力検査を行なって、身体障害者手帳の取得方法で定められている「平均聴力」というものを必ず算出してもらって下さい。これがデシベルという数字です。
また、併せて、必ず語音明瞭度検査を行なってもらうことが必要です。
というのは、純音聴力検査だけしかやっていない場合には、身体障害者手帳を取得できなくなってしまう場合も多いからです。
これは、意外と耳鼻咽喉科医でも失念していることが多く、必ず申し出たほうが良いと思います。
なお、身体障害者福祉法指定医による診断書でないと身体障害者手帳の取得ができません。
このため、まず最初に市町村の障害福祉担当窓口(福祉事務所、と言います)に出向き、所定の診断書を入手するとともに、窓口に指定医のリストがありますから教えていただいて、必ず、その指定医を受診して下さい(かかりつけの医師でなくともかまいません)。

身体障害者手帳が取得できると、補聴器の購入にあたっても、6万7千円ほどの公費負担が受けられます(高度難聴用耳掛型補聴器の場合。1台あたり。)。
原則として片耳だけですが、就職が決まり職業上の必要がある、と認められれば、両耳分の公費負担(上記の場合、計約13万円超)も受けられます。

障害の程度と難聴になった時期によっては、障害基礎年金を受給できることがあります(おそらく、受給できるはずです)。
障害基礎年金は身体障害者手帳と連動しておらず(つまり、身体障害者手帳の級とは、また別の級が割り当てられます)、別途、別に定められた診断書を用意する必要がありますので、詳しくは、最寄りの市町村の国民年金担当課か社会保険事務所にお尋ね下さい。
ちなみに、2級障害基礎年金が月額約6万6千円、1級が約8万2千円で、就労できなかった場合には、この障害基礎年金が大きな支えになり得ます。この受給の可能性も考えてみて下さい。

いずれにしても、障害認定を受けることが先決だと思います。
身体障害者手帳、障害基礎年金それぞれについて、積極的に動いてみることをおすすめします。

聴覚障害者の就労については、自分の経験上、職場に同じ立場の人がいないところで働くことはおすすめしません。
外見上、障害がわからないため、どうしても健常者の方からの誤解を受けやすく、また、コミュニケーション不全により孤独に陥りやすいからです。
周りに1人でも聴覚障害者の方がいれば、少しずつでも職場の理解は得られますので、そのようなこともポイントにして求職活動をなさると良いと思います。
特に、障害者雇用を前提として設けられた特例子会社は、社員の大半が何らかの障害を持っている方なので、そのような所への就職を考えてみると良いかもしれません(原則として、身体障害者手帳を取得していることが応募条件です)。

いろいろとご心配なことが尽きないのではないかと、心よりお察しします。
私は中途障害による重度難聴者ですが、現在、障害者雇用促進関係の仕事をしています。

障害者としての求職を考える場合、まず真っ先に考慮しなければならないのは、身体障害者手帳を取得できるか否かです。
障害者雇用促進法などによって一定の障害者採用枠が設けられており、ハローワーク(職安)は、身体障害者手帳(又は、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、職業判定による知的障害者認定取得のいずれか)を取得していることを前...続きを読む

Q難聴者として理解してほしい

難聴といっても、片耳が聞こえない軽度の難聴です。
私が難聴となったのは中学生のころでもう30年難聴です。
片耳とは言っても、自分ではいろんな苦労があったなと思います。
今でも仕事上でもコミュニケーションの面でいろいろ困っています。
今までは、必死に聞き取ろうと、まわりの人の話を聞き取ろうとがんばってきたこともあって、なんとかついていくことができました。しかし、歳をとってきたのでしょうか?やっぱりしんどいです。
他の傷害とは違って、まわりの人から、難聴者と理解されにくいという面で、思い切って、「自分は右耳が難聴です。聞き返すかもしれません。少し大きな声で話してください。」といった札を作って首からかけておこうかと思いますが、そんな人って見かけません。なにか聴覚障害の標識?やサイン?ってあるのでしょうか?情報をもっている方教えてください。また、私は本気で上記の表示を作ろうと思っていますが、それに対してどう思うかも知りたいです。教えてください。

Aベストアンサー

質問者さんと同じような友人がいます。
それと上司も片耳が難聴です。
どちらも初対面から間もない時期に、「こちらの耳が聞こえないから位置を代わってくれる?」と言われて難聴であることを知ったのですが、
座るときの位置や話すときの立ち位置など、相手に一言前振りしてうまく付き合っていることに感心しました。

耳が不自由であることは外見ではわかりにくいし、そのためにいやな思いをすることも多いと思います。
健常者の側としては知らなかったために失礼なことをしてしまったと苦い思いをします。
たいていの人はどう接すればいいのかわからないだけなのです。
立ち位置や座る位置、話す方向や声のトーン、大きさを変えるだけで状況が変わるなら、ご本人にとっては毎回のことでうんざりかもしれませんがちょっと勇気を持って最初に一言どうすればよいのか言ってもらえたら、と思います。

ちなみに「耳マーク」というマークがあります。
銀行や駅の窓口に貼られているのをご覧になったことがあるかもしれません。
ネックストラップ式のカードやシールがあって聴覚障害者本人が身に着けて自己表示する場合にも使います。

参考URL:http://www.zennancho.or.jp/special/mimimark.html

質問者さんと同じような友人がいます。
それと上司も片耳が難聴です。
どちらも初対面から間もない時期に、「こちらの耳が聞こえないから位置を代わってくれる?」と言われて難聴であることを知ったのですが、
座るときの位置や話すときの立ち位置など、相手に一言前振りしてうまく付き合っていることに感心しました。

耳が不自由であることは外見ではわかりにくいし、そのためにいやな思いをすることも多いと思います。
健常者の側としては知らなかったために失礼なことをしてしまったと苦い思いをします...続きを読む


人気Q&Aランキング