はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

将棋には「女流棋士」はいますが、女性の「棋士」がいません。
それはなぜでしょうか。
以前、同じ質問をしたときは、「男と対等に戦える女性がいないから。」という回答を得られましたが、
なぜ女性は男性の棋士と対等に戦える能力がないのでしょうか。
ウィキペディアの「棋士」、「女流棋士」の項目はすでに読んでいますので、それに書いてあることはご回答していただかなくて結構です。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>将棋にはなぜ女性の「棋士」がいないのでしょうか


という質問タイトルだと、
>ウィキペディアの「棋士」、「女流棋士」の項目はすでに読んでいますので、
と書いても誤解した回答をする人がいるので、

「なぜ将棋には強い女性がいないのか?」
というタイトルの方が良いと思います。

私がかなり昔に読んだのは、女性は戦いにはやる気持ちを抑えられないから強い人が出ないと言うことでした。じっくり我慢した手が打てないと言うことでしょう。今とは人数が違うので、当てはまらないかもしれませんが。

人数が多いと、典型的な女性・男性の特性から外れた人もそれなりに出てくると思いますが、そもそも人数が少ないので、そういう人がいないと言うことだと思います。底辺が広がればきっと出てくる。
そういう意味では、将棋をテーマにした子どもも読めるマンガ(「ヒカルの囲碁」のような)が出てくると変わるかも。現状では囲碁をする子どもの方が頭が良さそうなイメージがあります。世界的な競技だし。
    • good
    • 0

単純に競技人口の比率もあります。



調べているのでしたらご存じのとおり、プロになれる棋士というのは年間通して数が決まっております。
そもそもの根底がもともと男性しかプロになれなかった過去の時代の影響もあるでしょう。
女性でプロを志して将棋を指し続ける人、という人口の比率自体が非常に少ないため、
どうしても男性がプロになります。
男性しかプロがいないので女性は志すことが減り~という循環もあります。

ただ、一方で現在ですが、里見香奈女流五段のように、女流棋士として活躍しながら
奨励会三段リーグへ昇段した棋士もいます。
もし、今後四段に上がって初の女性棋士となれば、
それを追うように女性棋士を目指す人も多少なりとも増えてくることは考えられますので、
多少は違ってくるかもしれません。
    • good
    • 0

なぜ女性の棋士がいないかについては、奨励会の3段リーグで1位、2位、または3位を2回獲得した女性がいないからという以外にはないでしょう。



それではなぜ女性が棋士になれないかといえば、
一つは絶対的な将棋人口が少ないからというのはあると思います。
正確な数字はわかりませんが、少なくとも毎年奨励会には10~30人くらいが新たに参加するわけです。一方で毎年奨励会をへてめでたく4段に昇段できる(棋士になれる)のはほぼ2人です。
ということで、単純計算で奨励会に入会しても棋士になれるのは10%前後でしょう。

また奨励会に入るだけでも、一般の大人では全く歯が立たないような子供達です。

ということで、やはり女子の方が子供の頃に将棋に触れる機会が少ないというのが大きいと思われます。

もちろん、男性と女性の頭脳構造の違いなどもあるかもしれませんが、これもまた子供の頃からの生活環境その他による後天的な要素が大きいのではと考えます。
    • good
    • 0

 棋士と呼ばれるためにプロ4段以上であることが条件です。




 将棋にはなぜ女性の「棋士」がいないのでしょうか?

 プロ4段以上の資格をもつ女性がいないからです。という解答になるわけです。これを判りやすく解説すれば、


 プロ三段リーグ(新進棋士奨励会)

 三段リーグは半年(4月-9月、および、10月-3月)を1つの期(1回)とし、各々18戦ずつを戦う。

 1回の三段リーグにおける上位2人は四段に昇段し、順位戦C級2組に入る。

 3位の者には次点が与えられ、1997年以降次点を2度取ったものは、フリークラスの四段に昇段する権利を得る(権利を放棄することもできる)。また2014年より、奨励会三段が新人王戦を優勝した場合、進行中の三段リーグ終了時に次点が与えられることとなった。


 で勝てないですね。上位2名入るだけの実力者が過去居なかったと言うことです。



 なぜ女性は男性の棋士と対等に戦える能力がないのでしょうか?

 これは、今だに解明されてない、男女の頭の構造?の差と言われる物です。判りやすいもので言えば、多くの女性は地図が読めない、迷子になる。車の運転での場所認識の差です。

 特に将棋は、コンピュターと違い総当りで人間はやりません。直感(かこの経験を含む)により手を選んでそれを検討すると言う方法を取ります。

 たぶん、その直感や空間認識能力が男女に遺伝子の違いにより差が出てくる物と思われます。


 
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q囲碁、将棋のプロ棋士はなぜ男女が別なのですか

スポーツの世界では男女が別々に競技を行うことが普通です。
男女の体力や体格に差があるので、当然のことでしょう。

囲碁や将棋には、体力差や体格差は関係ないですよね。
それなのにプロ棋士の男性と女性の対戦は見たことがありませんし、女性だけが「女流名人」「女流五段」といった地位を与えられています。
このように男女を分ける必要があるのでしょうか。
なぜ、男性と女性は別れて対戦し、女性だけが女流○○の地位を与えられているのでしょうか。

Aベストアンサー

(はじめに)
ANo.3さんとANo.5さんのコメントを参照下さい。
私は、専ら将棋の方なので、将棋の場合について述べます。
また、小学生名人戦というのがあり、男女区別無く、一緒に参加していますので、ご質問にありますように、プロの世界に限って述べます。

プロは、プロになりたいと思う人が試験に合格した後、お互いに対戦を重ね、好成績を残した人が徐々に昇級昇段していき、年齢制限の関門もクリアーしながら、一定のレベル(4段)に達したらプロとして認めてもらえるようになります。

プロになりたいと思う人の中には、女性もおられます。そして、その中には、プロになるための試験に合格した女性もおられます。ただ、今までのところ、4段に達した女性はまだ一人もおられないのです。

ですので、今後プロになる女性が現れてくるかもしれません。と言うより、私もその一人ですが、早くプロになる女性が現れないかなあと思っている人も多いのです。

さて、このような現状において、将棋が女性に広く普及するためにはどうしたら良いでしょうか?(女性と言いましたが、本来は、アマチュア将棋の世界と言うべきでしょう)
確かに、プロにはなっていません。しかし、随分強い(棋力のある)女性も多くおられます。彼女らにもお手伝い願えればと考えるのは当然ですね。また、彼女ら自身、将棋という勝負の世界に居たいと思っていたら、何とか叶えてあげられないかと思いますね。

そんなこんなで、「女流」棋士の誕生、即ち、「女流」棋士戦の開催となったのです。今では、女流名人戦だけでなく、いくつものタイトル戦があります。

そして、タイトル保持者の中から、「プロ」棋士のタイトル戦に参加できるようにもなってきています。勝つ人も出てきています。

(追)
ついにプロになれないまま将棋界を去った試験合格者は、あまりにも多いのですが…

(はじめに)
ANo.3さんとANo.5さんのコメントを参照下さい。
私は、専ら将棋の方なので、将棋の場合について述べます。
また、小学生名人戦というのがあり、男女区別無く、一緒に参加していますので、ご質問にありますように、プロの世界に限って述べます。

プロは、プロになりたいと思う人が試験に合格した後、お互いに対戦を重ね、好成績を残した人が徐々に昇級昇段していき、年齢制限の関門もクリアーしながら、一定のレベル(4段)に達したらプロとして認めてもらえるようになります。

プロにな...続きを読む

Qプロ棋士(男)と女流棋士のレベル差はどの程度・・?

プロには男と女が分かれていますが、私の感覚的には特別体力勝負をするわけでもないし、男女平等や均等法などが叫ばれている今日、将棋界も一本化なっても良いのでは?と考えたりします。

実際のところ今の男と女流とでは、レベルがかなり違い過ぎるのでしょうか?(例えば女流タイトル保持者であれば、男の方でいけばどの辺のクラスか?)

それと、古いしきたりとかで、男と女は一局交えてはいけない決まりでもあるのでしょうか?
どなたか将棋歴史等に詳しい方、教えて下さい!!

Aベストアンサー

男性と女性とでは棋力に差があるなどといわれますが、実際のところ差がつく理由ははっきりとはわかっていません。
脳の構造が男性と女性とでは異なるという説もありますし、将棋人口の男女比の差が棋力の差に直結していることも考えられます。

女流トップの棋力は奨励会初段レベルといわれています。奨励会初段レベルの実力なのになぜ男性プロに勝てるのだと思われるかもしれませんが、実際研究会などの場では男性プロも奨励会初段程度に相当数取りこぼしているの
ではないかと思われます。逆に言えばそれほど最近の奨励会のレベルの向上は目覚しく、プロの中堅をあっさり倒せるレベルの奨励会員が数多くなっていることの現れと言うことができると思います。そんなレベルの高い初段と女流トップが同レベルなのですから、実力的にはそう悲観するべきレベルではないと思います。中井、清水に限って言えば10回やれば2、3回勝てるレベルにはあると思います。

しかし中井、清水とそれ以外の女流とでは歴然たる格差が存在し、それらのレベルの低さが女流は弱い、女性は男性より劣っていると叫ばれる一因ではないかと思います。
実際中井、清水を除いた一般的な女流のレベルはアマ3段から4段程度で、アマチュアの少々強い方ならば勝負になる程度の棋力です。この一般的な女流棋士のレベルの底辺を底上げしていかないことには男性との差は埋まらないのではないかと思います。

なお、現在女性の最高位は関西奨励会の岩根忍さんで、1級です。

男性と女性とでは棋力に差があるなどといわれますが、実際のところ差がつく理由ははっきりとはわかっていません。
脳の構造が男性と女性とでは異なるという説もありますし、将棋人口の男女比の差が棋力の差に直結していることも考えられます。

女流トップの棋力は奨励会初段レベルといわれています。奨励会初段レベルの実力なのになぜ男性プロに勝てるのだと思われるかもしれませんが、実際研究会などの場では男性プロも奨励会初段程度に相当数取りこぼしているの
ではないかと思われます。逆に言えばそれほ...続きを読む


人気Q&Aランキング