プロが教えるわが家の防犯対策術!

北海道は霧が多いと聞きましたが
夏でも霧はかかりますか?
車での移動なので不安です。
行くのは、道東です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

釧路在住です。



釧路根室は、6月末頃から8月上旬までは、
霧が懸りやすいです。

特に7月が酷くて、視界50m位の時もあります。

車の運転は、前の車についていけば大丈夫だと思いますよ。
そんな時は、皆さんゆっくり走っていますし、
逆に、ゆっくりしか走れませんから
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/01 13:09

釧路あたりの話でしたら、夏でも霧が出るというより、夏が一番多く霧が出ます。

一番多いのは7月で、20日位は霧が発生します。5~8月は15日程度です。冬はむしろ減ります。
なお、霧は基本的に太平洋から来ますので、釧路・根室のような沿岸部以外はそこまで霧は出ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/01 13:09

>夏でも霧はかかりますか?


夏”でも”ってトコロの根拠を聞きたいところだけど・・・「質問者サマの都合があるから、夏に霧は出ないコトになっている」ってワケじゃないよね・・・

さて、釧路空港の話しを1つ。
釧路空港の計器着陸装置(誘導システム:ILS)は、成田やセントレアなど日本でも7つの空港しか持っていないカテゴリー3Bというもっとも高精度なシステム。
というのも、釧路湿原の脇にある釧路空港は特に夏期の濃霧の発生率が高く、夏場の欠航率が高かったため(ILS導入前は4割近い欠航率を記録した年もあるそうな)。

質問者サマの言うところの”道東”がどの辺りを意味するのか分かりませんが、釧根エリアを目指すのなら、当然、霧は織り込むべきでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/01 13:09

こんにちは。


北海道というよりは、道東の太平洋沿岸や日高・苫小牧あたりの海に面している地域でしょうかね。
道内でも特に夏、冷涼な地域ですが、海霧の発生が多いです。
海岸線では終日というよりは朝夕が中心でしょう。
また「霧の摩周湖」と歌われているように、天候によっては道東の内陸まで及ぶこともあるでしょう。
「道東 夏 霧」などで検索すると情報が見られると思います。

ちなみにちょっと古い記事ですが、下記は釧路の霧についてのページです。
ご参考になれば幸いです。

車での移動とのこと、道が良いしすいているのですが、特にスピードには気をつけてくださいね。
良いご旅行となりますよう・・・。

参考URL:http://pucchi.net/hokkaido/nature/kushiro_kiri.php
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/01 13:09

道東なら夏でも霧がかかることはあります。


霧がかかるとストーブが欲しくなるくらい
寒くなることもあります。

視界は極端に悪くなりますから、
霧が出たらスピードを極端に落として
慎重に運転しましょう。

ある程度、エリアや時間帯は限定されますから、
そんなに不安がることはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/01 13:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北海道の道東エリアのお盆時期はほぼ霧・・は本当?

北海道の道東エリアのお盆時期はほぼ霧・・は本当?

今度の8/8~15まで羅臼~根室~霧多布~釧路の沿岸を中心に旅する予定ですが
この時期、このエリアは殆どが霧が掛かっていると聞きました。
特に根室は青空が拝めるのが年に数日だとか。

この状況は現在も続いているのでしょうか?異常気象が頻発する現在であっても変わらないでしょうか?
また霧は掛かっても雨は降らないのでしょうか・・?

アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

実際に住んでいる者(釧路)としては、霧は昔よりかなり減ったという印象です。
霧が出ると言っても、一日中出る日の方が珍しく、どちらかというと朝晩に出やすいかもしれません。
ただ、「さっきまで晴れていたのに…」とか、山の手前は晴れていても小さな山一つ越えたら(大体海側)霧で何も見えないということはよくあります。

あとは気象状況なので、運ですかね~。「ほとんど霧が掛かっている」という表現は、少し大げさな気がします。運がよければ1週間まったく霧が掛からないこともあれば、運が悪ければ毎日霧ということもあり得るという感じです。

それから霧と雨は直接は関係ないと思います。
道東の霧は、基本的に海から来るものなので、天気がいい時や気温の高い時の方がむしろ出やすいです。雨が降るのは低気圧や前線など、一般的な理由からです。たまたま気象条件によって霧から雨になることはあると思いますが、そういうケースは稀なはずです。

Q知床クルーズについて教えてください。

6月末の北海道旅行で、知床クルーズを考えております。

同行者が、屋形船や山道での車運転でも酔ってしまうくらい乗り物に弱いため、
小型船ではなく、大型船(おーろら号)にする予定です。
(前日がウトロ泊なので、朝10時くらいからの乗船を考えています)

そこで、コースなのですが、
・硫黄山コース(1時間半)
・知床岬コース(3時間40分)

で、悩んでおります。
ガイドブックに出ているクルーズのコースマップを見ると、
見所は硫黄山コースの区間内に多いようですが、ヒグマなどの出没率は
知床岬コースの方が高いようで・・・
ただ、3時間40分と時間が長いので、飽きてしまわないかなぁという心配もあります。

実際に乗られたことのある方(小型船ででも構いません)や、詳しい方、
ぜひ感想やご意見をいただけたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一応…
×おーろら号→○おーろら

知人のお嬢さん(当時小学校高学年)が「おーろら」硫黄山コースで酔いかけたと聞きました。
もっとも、100%「船酔い」、とは言えないかもしれません。私も子供の頃、非常に車に弱かったので分かるのですが、船酔いは必ずしも「揺れ方に比例して酔いやすくなる」というような単純なモノではないんですよね…。

ごく個人的には、ウトロの遊覧船は「酔いやすい方がリスクを冒してでも必ず乗るベキ!」とは思っていません。自力で歩かなくて済むので長時間歩くのがツライ方にはいいでしょうが、限られた時間内で他のプランを犠牲にしてでも乗るベキ!というほど必須とは感じませんでした。
とはいえ、必ず酔うなら諦めがつくけれど、「もしかすると大丈夫かも」と思う余地があると迷うんですよね…。
酔う可能性が高いなら、逃げ場のない船に長時間乗り続けるのはツライので、短いコースを選ぶほうが、より無難ということになります。

酔ってしまって後の行程がグダグダ…という危険を考えると、プランを調整してできれば前日夕方に乗ってしまう(万一酔っても後はホテルで休める)ほうがいいかもしれません。一説には、午前より午後のほうが条件がいいそうです。
http://kamuiwakka.jp/cruising/topnews_sunset.php
(この会社がオススメという意味ではありません。オススメしないという意味でもありません。)

>ヒグマなどの出没率は
>知床岬コースの方が高いようで・・・

硫黄山コース(会社によってはカムイワッカコースetc.)の先に「ルシャ」(ルシャ川河口)というポイントがあって、ヒグマは主にここで見られます。
これは岬コースであっても同じです。知床半島はほとんどが断崖絶壁なので、岬まで行っても、ヒグマが見られる海岸はあまりないのです。
クルーザー会社の「ヒグマウォッチングコース」「ルシャコース」等の場合は、ここまで行って引き返します。

ただ、そんなに近くで見られるモノではないですね…。
野生のヒグマがかなりの高確率で見られるのは確かですが、「野生のヒグマを見られて満足」という程度だと思います。まぁ、近すぎるのも困るのですが…。

>ただ、3時間40分と時間が長いので、飽きてしまわないかなぁという心配もあります。

私はクルーザーの岬コースに乗りました。
3時間ほどと「おーろら」よりは短いのですが、帰りは「爆睡!」でした。ものすごく揺れるのですが、それでも眠気が勝ちました。朝早かったせいか酔い止めのせいかは不明ですが…。
そういう状態なので乗船中に船酔いになることはなく、「なんか揺れてる~!」などと言いつつ下船後すぐ昼食を食べて知床五湖を二湖まで(ヒグマ出没中で)回り、裏摩周経由で養老牛温泉まで行きました(秋だったので、これだけでも暗くなってしまいました)。

個人的には、あの長いコースが「知床半島」のスケールを実感させてくれ、一般観光客が立ち入れる範囲などごく一部に過ぎないのだと感じられたこともよかったのですが、ココで他の方のご意見を見ていると、一般的な感想ではなさそうです。

全く同じ質問はないのですが、関連する質問に過去何度か回答しましたので、参考にしてください。

「酔いますか?」という質問です。私もNo.4で回答しています。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5136668.html

「岬コースか硫黄山コース(カムイワッカコース)か?」という質問。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5155200.html

ちなみに、私の場合は事前にネット予約して、「割引クーポン券」(だったかな?)に「印刷して車の窓に見えるように出してください」と書いてあったのでその通りにしていたので、客引きさんにはスルーされました(笑)。
もっとも、岬コースはみんな一緒に行きますし(万一遭難したら、お互い助け合わなければならないので…)人数によっては他社の船に回されることもあるようです。

一応…
×おーろら号→○おーろら

知人のお嬢さん(当時小学校高学年)が「おーろら」硫黄山コースで酔いかけたと聞きました。
もっとも、100%「船酔い」、とは言えないかもしれません。私も子供の頃、非常に車に弱かったので分かるのですが、船酔いは必ずしも「揺れ方に比例して酔いやすくなる」というような単純なモノではないんですよね…。

ごく個人的には、ウトロの遊覧船は「酔いやすい方がリスクを冒してでも必ず乗るベキ!」とは思っていません。自力で歩かなくて済むので長時間歩くのがツライ方にはいいで...続きを読む

Q北海道 釧路湿原

北海道は、秋、冬など、何度か旅行しましたが、釧路の方面には行っていません。
写真で広い釧路湿原を見ると、見るだけで心が洗われるようで、「行ってみたいなー」と憧れます。

私達は60代前半の夫婦で、旅行は好きですが綿密に旅行計画を立てるというほどではありません。
気に入ったツアーに参加してみたり、主に行きたいところを言って旅行社にプランを立ててもらうといった程度の旅行をしています。

○ そこで、釧路湿原を見るツアーと言うのは今までお目にかかりませんので、私達一般的に健康で体力に特に問題ない60代が、釧路湿原を旅行するとしたら、どんなコースや体験がおすすめでしょうか?

○ 釧路湿原を旅行するベストシーズンはいつごろでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。
補足をいただいたので、こちらも補足を。

私の回答のあと、多くの方々がアドバイスされているので、それらを参考にこれからあるていどのプラン作成をされることでしょう。
4~5日あるのでしたらあまり細かく計画せずに、天候と相談して臨機応変で対処されれば良いと思います。
車の運転ができるそうなので、レンタカー利用を強くお勧めします。
列車やバスは非常に本数が少ない(まったく走ってないところも多い)ので、行動が制限されます。
ノロッコ号やカヌーは上手く行程に入れればいいですね。
まあノロッコ号は話のタネですが。

>私が憧れた広大な緑の湿原は、見られる%が少ないのだと知りました。
そんなことは無いと思いますよ。
晩夏から初秋ですとわりと天候も良い時期でしょう。
おそらく細岡展望台からの風景がご希望でしょうから、到着日にはここでまず日中と夕日を。湿原に日が沈む雄大な光景です。(天候次第で翌日にもどうぞ)
仮に9月1日とすれば、日没は18時ころです。ここから釧路駅までは30分くらいでしょうか。
当然暗い道を走ることになりますから運転は慎重に。

細岡展望台への道は、カーナビでJRの細岡駅を目的地にして(釧路湿原駅を目的にしないこと)、そのあと駅前を通過して釧網線の踏切を渡ってみちなりに進んですぐのネイチャーセンターに駐車場があります。もう少し進めますが迷惑駐車になります。

他の日の日中は湿原の西側(恩根内方面)やカヌーを楽しむといいですね。
でも湿原だけでは、やはりちょっと飽きるのではないかなと思います。

他の回答にある、養老牛温泉か川湯温泉なども充分移動可能距離です。(もちろん摩周湖も)中一日は温泉も良いでしょう。
釧路から100キロたらずなので、2時間もかかりません、まして湿原からならもっと近い。
北海道の走りやすい道ですし。
養老牛や川湯などへ行けば、また別の楽しみ場所がたくさんあります。
そういう点からも、移動に自由がきくレンタカーが便利。


どうぞ道東の旅を満喫されますように。

No.1です。
補足をいただいたので、こちらも補足を。

私の回答のあと、多くの方々がアドバイスされているので、それらを参考にこれからあるていどのプラン作成をされることでしょう。
4~5日あるのでしたらあまり細かく計画せずに、天候と相談して臨機応変で対処されれば良いと思います。
車の運転ができるそうなので、レンタカー利用を強くお勧めします。
列車やバスは非常に本数が少ない(まったく走ってないところも多い)ので、行動が制限されます。
ノロッコ号やカヌーは上手く行程に入れればいいですね。...続きを読む

Q釧路湿原観光の所要時間について

北海道の網走付近に友人が住んでいます。友人宅を訪問し、網走付近を観光した後、翌日の昼過ぎに釧路空港から帰る予定にしています。
網走付近を車で、朝、出発した後、一日で、釧路湿原観光をして、昼過ぎに釧路空港から帰るのが可能でしょうか。
それとも、阿寒湖付近で一泊して、翌日、釧路湿原観光をすれば、昼過ぎに釧路空港から帰るのが可能でしょうか。
また、いきなり、車で釧路まで行き、釧路で一泊した後、翌日の朝から釧路湿原観光をし、昼過ぎに釧路空港から帰るのがベストでしょうか。
ぜひとも、釧路湿原の観光はしたいのですが、日数の制約があるうえ、釧路湿原観光に必要時間がわかりませんので、おわかりの方はお教え願います。

Aベストアンサー

釧路湿原の観光の内容によると思います。
(1)短時間バージョン:展望台を1カ所か2カ所周るだけ。移動時間プラス1~2時間程度見れば、十分です。
(2)半日バージョン:(1)と、木道散策などをする。散策にどのくらい時間を掛けるかにもよります。
(3)フルコース(?):時間を掛けようと思えば2日でも3日でも掛けられます。(1)(2)以外に、ノロッコ号やカヌーを初めとしてアクティビティはいくつかあります。少なくともカヌーに乗るのなら、1日は見ておいた方がいいでしょう。

http://homepage.mac.com/pocarisweat/shitsugen/

ちなみに網走付近から(「付近」がどの辺りかにもよりますが)、釧路空港までは車で最低でも3時間以上かかると思います。つまりお昼過ぎ(1時頃ですか?)の飛行機に乗るのでしたら、8時とか9時に網走を出ても、直行しないと飛行機が厳しいことになりそうですよね?前日網走泊だと空港に直行するだけになりかねないと思います。

また、他の方も書かれていますが、もし阿寒~摩周に行ったことがないのであれば、このルートで寄らないのはもったいない気がします。

正直、全体的に情報があやふやで、回答に迷います。できれば飛行機の大体の時間や、網走付近がどこなのかをはっきりさせて、阿寒や摩周などの観光をどうするのか(したことがある、旅行期間中に済ませる、行くつもりはない、できれば寄りたい、思案中など)も明記された方が、より詳しいアドバイスができると思いますよ。

釧路湿原の観光の内容によると思います。
(1)短時間バージョン:展望台を1カ所か2カ所周るだけ。移動時間プラス1~2時間程度見れば、十分です。
(2)半日バージョン:(1)と、木道散策などをする。散策にどのくらい時間を掛けるかにもよります。
(3)フルコース(?):時間を掛けようと思えば2日でも3日でも掛けられます。(1)(2)以外に、ノロッコ号やカヌーを初めとしてアクティビティはいくつかあります。少なくともカヌーに乗るのなら、1日は見ておいた方がいいでしょう。

http://homepage.mac.com/pocari...続きを読む

Qバーベキューの予定が、当日雨。そんな時は・・・?

よろしくお願いします。

バーベキューの予定をたてていて、どうも雨になりそう。
結局当日雨だった。

10人くらいの仲間でしようとしてたし、なんとか予定をあわせたんだから、単に中止とか延期じゃその日がもったいないですよね?

そんな時、何してみんなで遊びますか?
ボーリングとかカラオケとか食事とか。。。

いろんなアイデアお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。

みなさん、楽しんでいらっしゃるようですね!
「橋の下」はアリですね~。ただ大きい橋があるようなところは「火の使用」が認められておらず、宴もたけなわな時にお巡りさんご登場、って事もあります。ご注意を。

私たちは毎月のように「外焼肉」するんで雨天時は無理せず他に流れます。といってもみんな「肉・酒モード」になってるんで「ビール園(屋内型ビアガーデン)」が一番多いですね。
昔(まだみんな若くて無理が利いた頃(笑))は乗合い車を決めて一日車ツーリング。出張が多い仲間がいて地方の名店には事欠かないんです。片道8時間の旅、とかよくやりました。遠く離れると天気がよかったりもします。それを狙ってアウトドアスポーツ(ラフティングとかバンジーとか海水浴とか)をしに行った事もありました。
他には麻雀大会、ホームパーティー・・・でも個人のお宅を利用するとやっぱり負担がかかっちゃうんですよね。その辺は協力して後片付けするとか近所のご迷惑を考えるとか考慮したいところです。
もちろんボーリングやカラオケもいいですね。

人が集まらなきゃ盛り上がらない、って物をやるといいですよ。

こんにちは。

みなさん、楽しんでいらっしゃるようですね!
「橋の下」はアリですね~。ただ大きい橋があるようなところは「火の使用」が認められておらず、宴もたけなわな時にお巡りさんご登場、って事もあります。ご注意を。

私たちは毎月のように「外焼肉」するんで雨天時は無理せず他に流れます。といってもみんな「肉・酒モード」になってるんで「ビール園(屋内型ビアガーデン)」が一番多いですね。
昔(まだみんな若くて無理が利いた頃(笑))は乗合い車を決めて一日車ツーリング。出張が多い仲...続きを読む

Qこの世おばわがよとぞ思う望月の 歌の解釈 

「この世おば我が世とぞ思う望月の欠けたることもなしとおもえば」

この歌はたしか学生時代(小学校か中学校で)に習いましたが、
教師に教わった解釈は 満月のようになにも欠けた所がない、栄華を極めたワタシであることよ』というような自慢っぽいものでした。

しかし、ふと思ったのですが

『月が欠けることが無ければ、この世は自分のものだと思えるのに・・・』
という意味、とれるように思うのです。
満月を見て詠んだのではなく、ほんの少し欠けはじめた月をみて詠んだのではないかと。

作者の藤原道長は源氏物語のモデルと言われている人物でしたよね。
たしか光源氏は晩年、さみいしいというか、落ちぶれていくという結末ではなかったでしょうか。

栄華のなかにあって、ふと自分で何かを予感するような、そんな歌のような気がしたんですが・・。

今の国語の解釈ではどうなっていますか?宜しく御願いします。

Aベストアンサー

わたしも数年前に授業でならった時の解釈は、
「栄華を極めてこの世はわたしの世である まさに満月にかけた所がないように」
でした。
おそらく、現在の学校でも同じ様な解釈を教えていると思います。

ただ、わたしが調べた範囲では、こんなことがわかりました。
1)藤原道長は、30代くらいから病気を繰り返している。
2)「望月の歌」も晩年の病気と病気ので詠まれている。
3)「望月の歌」は、娘の威子が天皇の夫人となった時に読まれていて、
  同年に太政大臣を辞し、その前年に摂政を辞している。
4)「望月の歌」を詠んだ翌年には、出家している。

No3のkogotokaubeweさんの情報と以上の事を踏まえて、
質問者usiodonさんの解釈を敢えて採用するようにしてみるとこんな感じになります。
○病気が多くてそれは道長の悩みだったようで、
 病気がちの道長は晩年「糖尿病」だったそうです。
 自分個人の自信は失いかけていたかも知れません。
 また、「望月の歌」の前後で、役職を辞したり、出家してますから、
 自分の人生の事後処理モードに入っていた=欠けはじめた月の状態にあったとも
 取れます。
 「望月の歌」はそんな中で読まれているので、
 そんな本心の裏返し=強がりとして、酒の酔いにまかせて
 「いままさに栄華の絶頂にある」と詠んだ可能性はあると思います。

 それでも、出家後8年ほど生きていますので、役職は辞していても外戚政治で
 まだ権勢を奮っていたかも知れません。

質問者usiodonさんの解釈には共感できる点もありましたので
ちょっと余計な事まで回答してしまいました。

参考URLは、
「藤原道長の悩み」 http://www2.ttcn.ne.jp/~kazumatsu/sub202.htm
です。

参考URL:http://www2.ttcn.ne.jp/~kazumatsu/sub202.htm

わたしも数年前に授業でならった時の解釈は、
「栄華を極めてこの世はわたしの世である まさに満月にかけた所がないように」
でした。
おそらく、現在の学校でも同じ様な解釈を教えていると思います。

ただ、わたしが調べた範囲では、こんなことがわかりました。
1)藤原道長は、30代くらいから病気を繰り返している。
2)「望月の歌」も晩年の病気と病気ので詠まれている。
3)「望月の歌」は、娘の威子が天皇の夫人となった時に読まれていて、
  同年に太政大臣を辞し、その前年に摂政を辞し...続きを読む

Q「霧の町ロンドン」はいまや昔の話ですか?

霧の町ロンドンと昔はいったがいまはほとんど霧は発生しない。
霧の原因は石炭を燃やした煤や排気ガスなので、今はそれがなくなったから。
という話を聞きました。
これは本当でしょうか?
今はロンドンに霧は発生しないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ここ数年ぐらいの話ですが、結論から言えば、今日でもけっこう霧は出ていました。

 海流のせいだと聞いていますが、あれほどの高緯度にあるイギリスにしては、冬でも、もちろん暖かいとはいえませんが、赴く前に心配したほどには冷え込まなかったように思います。

 ただ、日本と違うのは、冷え込んでくると湿度が高くなる.......ようで、そこに真冬には霧が発生する条件のひとつがあるように思います。

 もちろん今日では石炭を燃やすということはごく少ないのでしょうが、その煤煙に代わるのが自動車や産業施設から排出される排気ガスで、こうしたものが霧を発生させる媒体になっているのではないでしょうか。

 たしかに、ディッケンスやコナン・ドイルなどの作品に出てくるような濃い霧となると、今のロンドン市街では珍しいとは思いますが、それでも、たとえばお昼頃でもロンドン塔の入り口付近からわずか数百メートルほど先に見えるはずの有名なタワーブリッジが、なんとかそれと分る程度にしか見えなくて、日本からのお客様をがっかりさせたといったこともありました。

 また、ロンドン市街をちょっと出た郊外だとか、国鉄で二時間弱ほど乗ったぐらいの北にあたるバーミンガムなどでは、夜になるとかなり濃い霧が出て、ガードレールがない分余計に車の運転がしにくかったといったことは何度かありました。

 対岸のオランダ北部はその点、同じ時期ではとても寒いのですが、そのわりにはあまり濃い霧はでなかったように思います。
 

 ここ数年ぐらいの話ですが、結論から言えば、今日でもけっこう霧は出ていました。

 海流のせいだと聞いていますが、あれほどの高緯度にあるイギリスにしては、冬でも、もちろん暖かいとはいえませんが、赴く前に心配したほどには冷え込まなかったように思います。

 ただ、日本と違うのは、冷え込んでくると湿度が高くなる.......ようで、そこに真冬には霧が発生する条件のひとつがあるように思います。

 もちろん今日では石炭を燃やすということはごく少ないのでしょうが、その煤煙に代わるのが自動...続きを読む

Q知床観光船についてどちらの航路がおすすめですか?

いつもお世話になっています。

さて、この夏に北海道の知床に中年夫婦(50代)で観光に行こうと思っています。知床の観光船にのって知床を海からみてみたいと思っています。

そこで、知床半島の最先端にある知床岬を巡る約4時間の知床岬航路と、途中カムイワッカの滝で引き返す約1時間半の硫黄山航路がありますが、どちらの方がおすすめでしょうか? また、大型観光船とクルーザーとはどちらがおすすめでしょうか?

よろしくご教示下さい。

Aベストアンサー

おはようございます。

時間と費用が許すなら岬までいらしてはいががでしょうか。やはり先っちょを見ると「ここが知床の先っちょかぁ」とそれなりに感動したものでした。
せっかくここまで来たのだから、という貧乏人根性もありましたけど。(笑

私は2回ほど岬まで船で行きましたが両方観光船でした。
クルーザーのほうが揺れるけど、近くまで寄ってもらえるなどあるようです。
船の揺れに強ければクルーザー、弱ければ観光船という選択肢でもいいのではないでしょうか?
気分が悪くなってはせっかくの観光も台無しですし。

かく言う私もこの夏知床へ家族で行く予定です。
時間があまり取れそうにないし、小さい子供もいますので観光船でカムイワッカ航路に乗る予定です。

ご参考になりましたら幸いです。

Q初心者の北岳登山について。

一人で北岳に登ろうと思っています。
登山経験は富士山に一人で登った経験があるだけです。やはり、北岳のほうが体力技術的に考えると、一人というのは危険でしょうか?

日程は8月25、26日を考えているのですが、その頃には高山植物のシーズンは終わっていますか?
また、広河原出発で北岳肩の小屋で一泊しようと考えています。時期的に混雑するんですかね?
肩の小屋の詳しい情報が分かれば、教えてくださると助かります。

体力についてですが、週2回ほど5キロのジョギングを行っている程度です。富士登山の時はそれほど疲れることなく登頂できました。

Aベストアンサー

今月7日に登頂してきました。私も一人での登山です。
62歳ですがガイドブックに記載のコースタイムより少な目の時間でした。
広河原に宿泊なら5:30前に出発すれば正午前に山頂に着くことでしょう。(広河原山荘の朝食は5:00から)そうする事で展望が期待出来るし、午後に多い雷雨も回避可能の確率が高いでしょう。
私は間ノ岳も登頂したので北岳山荘に宿泊しましたが、どちらの小屋からも東に大きな富士山とご来光が綺麗でした。(肩の小屋は同室者の情報)ちなみに山荘は2食で7900円でした。毎年100円ずつ値上げしているみたいです。
当日は定員未満で布団1つに一人でした。耳栓は必需品ですよ。
高山植物の多いのは山荘から八本歯のコルに行くコースに8種類の開花を確認出来ました。季節的に期待しないほうが賢明でしょう。
富士山で疲労も感じず、ジョギングで鍛えていれば体力に心配無用ですよ。
但し、天候と気温により又前夜の睡眠時間によって影響があります。
早い時間に出発し早く到着する計画を心掛けましょう。

Q知床観光の一番のおすすめは?

参考までにお聞かせください。
知床の観光スポットは色々あると思いますが(知床五湖とか観光船とか)、一番のお勧めは何ですか?
時期は9月上旬、夫婦+1歳の子連れです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答以前に、知床が、晴天だったと仮定しないとダメです。あそこも、晴天でないと、全然景色が映えませんから。

一番だったら、”羅臼岳が雲で隠れていない”のを条件で、知床峠。二十年前くらいに、羅臼側から知床峠の道を上がっていて、その登りの途中でカーブを曲がったとたん、雲に隠れていた羅臼岳が、フロントガラスの前にその山容が現れたときの感激は、あたかもフランダースの犬で、アントワープ大聖堂のルーベンスの絵を覆っていたカーテンが風で・・・と同じようなすさまじい感激を覚えましたが・・・
しかしながら、普段の行いが良くないのか、知床峠に7回くらい行ってますが、羅臼岳が完璧に見えたの2回だけですが・・・・

なお、羅臼岳が見えない知床峠は、全然ダメダメです。

知床岬行きのクルーザーも、甲乙付けがたいです。オーロラ号ではダメです、クルーザーです。あの海の青さと、熊を見れたり、知床岬という、地の果てを見れたり、こっちの方が知床らしいかもしれませんが。
でも、1歳のお子様連れなら、クルーザーはやめておきましょう。


人気Q&Aランキング