岡山県倉敷市で14日から行方不明になっていた小学5年の女児(11)が19日、岡山市内で無事保護された。県警は、女児を閉じ込めていたとして監禁の疑いで岡山市北区の無職藤原武容疑者(49)を現行犯逮捕。事件は発生から6日目に急展開を見せた。女児は5月から複数回、不審な車の男に付きまとわれており、母親が記憶していたナンバープレートなどから容疑者を割り出した。

 女児は19日午後10時21分頃、自宅がある倉敷市に隣接し、北東に約8キロ離れた岡山市北区の藤原容疑者の自宅で保護された。北区は市の中心部でJR岡山駅や市役所などがある。

 県警によると、現場付近で目撃された不審車両から容疑者を割り出し、捜査員が未成年者誘拐の疑いで藤原容疑者宅を家宅捜索し、女児を発見。捜査員が踏み込んだ際、女児は驚いた様子だった。白地のパジャマを着て、1階の室内で布団の上で寝ながらテレビを見ていた。捜査員が名前を呼んで本人かと尋ねると、「はい」と答えた。ケガはなかった。

 藤原容疑者は「間違いありません」と容疑を認めている。女児や女児の家族とは面識がない。

 行方が分からなくなった14日午後4時半ごろ、女児の自宅から100メートルほど離れた路上に普段は見掛けない銀色の車が止まっており、運転席にいた人物と女児が話しているのを住民が目撃していた。

 5月と6月にも母親(39)が2回、女児が自宅近くの通学路で銀色の小型車に付きまとわれていると県警に相談。行方不明になった後、目撃していたナンバープレートを県警に伝えていた。母親が記憶していた4桁の数字が藤原容疑者の銀色のトヨタ車「ヴィッツ」と一致した。

 女児は14日午後4時ごろ、下校する際に母親に「迎えに来て」と電話した後、行方が分からなくなった。持っていた携帯電話の衛星利用測位システム(GPS)では、北東に約2キロ離れた住宅地周辺の2カ所で位置情報が確認されたが、女児とともに携帯も見つからなかった。母親は午後6時半ごろ110番。携帯はその後もほぼ同じ位置を示したが、15日午前0時半すぎに電波が通じにくくなり、県警は15日夜に公開捜査に踏み切った。延べ700人の捜査員を動員。連日報道され続けたこともあり、200件以上の情報が寄せられたという

==============================
また誘拐事件です!

この事件 どう思いますか?
もう、いい加減社会はこういう連中を野放しにしてはいけないと気づくべきではないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

野放しにせずに、逮捕してますよ

    • good
    • 0
この回答へのお礼

いや、予備軍を野放しにさせない、と言う意味です。


結局、人間は自由に使える時間をたくさん与えてもロクな事に使わない奴が少なからずいるってことです。


休日をギャンブルで明け暮れる奴のほうがまだ「まし」だと思います。

お礼日時:2014/07/20 14:43

その通りです。

 こういう小児性愛者は必ず犯罪を繰り返します。 米国のようにこういう犯罪を犯した人間は、どこに住んでも誰でも居場所がわかるようにする必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

彼らは犬猫を拾うように拉致するんでしょうか・・・。

許せません!

お礼日時:2014/07/20 14:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報