並ガラス、硬質ガラス、パイレックスガラスの原料及び性質の違い、またこれらの見分け方について教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「三徳工業株式会社-ガラス工芸広場」というペ-ジ(参考 URL)がありました。



 ここの「ガラス原料あれこれ」というペ-ジを御覧下さい。[ガラスの原料って何?] というタイトルから始まって,1.ガラスの骨格をつくるもの,2.ガラスの着色剤-酸化雰囲気-,3.ガラスの着色剤-還元雰囲気-,4.その他の原料,5.ガラスの用語集(1),6.ガラスの用語集(2)と「ガラスの原料」やその原料で作ったガラスの性質等がのっています。

 また,「並ガラス、硬質ガラス、パイレックスガラス」は熱膨張係数(ガラスが熱によって膨張する度合いを表したもの。正確には平均熱膨張係数。[ 係数 x 10^(-7) /℃ ] で表す)が異なるそうです。

 熱膨張係数が低いガラスを「硬質ガラス」と呼ぶそうです。熱膨張係数は,硬質ガラスで 30 ~ 50 x 10^(-7)/℃ ぐらい。ビンや板ガラスなど一般的な並ガラスで 90 ~ 100 x 10^(-7) /℃ ぐらいだそうです。

 硬質ガラスは温度変化に強いという意味で「硬質」と呼ぶそうで,一般的には硼珪酸ガラス[ソーダの代わりに硼酸(B2O3)を添加したガラス]が中心だそうです。代表的な硬質ガラスがパイレックスで膨張係数がα = 33 前後だそうです。


詳しくは御自分で御覧下さい。

参考URL:http://www.santoku-kogyo.co.jp/kogei.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

本当に色々載っていてすごく参考になりました。ありがとうございました

お礼日時:2001/06/10 22:43

え~とあまり参考にならないと思いますけど高校化学の範囲で答えますね。


並ガラスはソーダガラスとみなすと

ソーダガラス ケイ砂、炭酸ナトリウム 石灰石
硬質ガラス  ケイ砂、炭酸カリウム  石灰石
鉛ガラス   ケイ砂、炭酸カリウム  酸化鉛((2))

パイレックスはわかりません。すいませ~ん!
ではでは竜千士翔でした~!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、全然ありがとうございました

お礼日時:2001/06/10 22:41

業者にデータをもらったら良いかと思います。



原料は企業秘密の場合がありますが性質は光吸収スペクトルや比熱、
酸アルカリへの溶解度、融点などなどのデータはすぐに手に入ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、どうもありがとうございます。もしよければどういう業者に聞けば分かるかおしえていただきたいのですが

お礼日時:2001/06/08 12:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパイレックスガラスの融点

パイレックスガラスの融点について調べているんですが、これだ!!!っというものが見当たらなく困ってます。
なにか参考になるものなどありましたら教えてください。

Aベストアンサー

ガラスなので普通の固体のような明確な融点は存在しません。
温度が上がるにつれてだんだんやわらかくなっていくのがガラスの特徴で,突然融けるという現象は見られません。

ガラスのこのような軟化を示す温度は粘度で定義されており,
ひずみ点(4E14ポアズ),軟化点(4.5E7ポアズ)が代表的です。
また熱膨張率が折れ曲がる点としてガラス転移点も定義されており,
一般てきにひずみ点と軟化点の間にあります。

おっしゃられる融点に相当するものは軟化点が近いと思いますが,
http://www.iwataglass.com/glass.htm
によると821度Cとなっています。

Qこれらの試薬の役割、性質を教えて下さい(>_<)

すみません
これらの役割、性質を教えて下さい(;_;)
エステル合成のレポートに書かなくちゃいけなくて、実験と関係のないことまで全部書かなきゃいけないんです。
あまりにも量が多いので、この六つだけは皆さんに教えて頂けたらと思いまして…
分かるものだけでも教えて下さい(;_;)
お願いします。

氷酢酸
エタノール
炭酸水素ナトリウム飽和水溶液
サリチル酸
メタノール
水酸化ナトリウム水溶液

Aベストアンサー

No2の回答者さんのおっしゃるとおりです。
これらの試薬が、実験と関係ないと思っていること自体が間違いでしょう。

ご質問の文だけだと、なんの実験をしたか分かりませんが、
エステル合成と聞けば、これらの試薬を使って実験したものと想像できますが、違いますか?

それに、たった6種類の試薬について調べることくらい、レポート書くなら当たり前のことだと思うのですが、それを、あまりにも量が多いとはどういうことでしょう?

そもそも、各試薬の性質などは、化学辞典などを調べれば簡単に分かります。
しかも、レポートに書くなら、出典も明記しないといけません。
このサイトの回答を、そのままレポートに丸写ししても、出典が明記できませんね。

Q理化学ガラス製品の原料と再利用

「ガラスのリサイクル」を勉強中です!
飲料のガラスびん等はリサイクルが進んでいますけど、『理化学用ガラス』はどんな状況でしょう?

以下全てでなくても結構なので、分かる範囲で教えて頂けると助かります。

1.(中小の!?)理化学ガラスメーカーは、(大手から!?)「パイレックス」や「ハリオ」等の一次加工品を購入して、フラスコやビーカーなどの最終製品にするのですか?

2.不合格品や返品等の製品をリサイクルして使用する場合は、パイレックスはパイレックスに再生のようにの同じ物性のガラス製品にのみリサイクル可能なのですか?

3.理化学ガラス製品のリサイクルはどんな状況ですか?(アバウトな質問で申し訳ないです。)

以上、

Aベストアンサー

 直接の回答ではありませんが,下記サイトで聞いて見られてはいかがですか。

 ◎ 東京理化学硝子器械工業協同組合
   http://village.infoweb.ne.jp/~trgk/index.html

 ご参考まで。

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~trgk/index.html

QTLCに原料と生成物をスポットして、展開するには原料と生成物の極性が違

TLCに原料と生成物をスポットして、展開するには原料と生成物の極性が違うので、それぞれ違う溶媒で展開しなければいけないのですか?
自分がやった時には、スポットがだいたいTLCの真ん中にくる溶媒を選んで、原料と生成物を別々の溶媒で展開しました。
この方法で合っているでしょうか?

Aベストアンサー

TLCで分析する目的は何なのでしょうか? もし、原料が反応して生成物ができていることを確認したいのなら、原料が移動しないで、生成物のみが移動する展開剤で生成物の存在を確認するだけで十分だと思います。 また、丁寧に確認したいのなら、2次展開(例えば、最初に極性展開剤で展開させ、次にTLCを乾燥した後に90度向きを変えて無極性展開剤で展開する)により確認する方法もあります、この方法の場合、原料と生成物の両方の存在の有無が確認できます。 どちらの方法でも良いと思います。 実験方法は目的により変わります。

Q有機溶剤と危険物の性質及び取り扱い

タイトルのような教育(日頃の分析作業の再確認のための教育)を10分程度行うのですが、なかなか参考になるHPに出会えません・・・。
どなたかよいHPがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

学生さんではなくて、企業で分析業務をされているのでしょうか?

そうだとすると、職場・事業所単位で、

 危険物取扱者
  http://www.shoubo-shiken.or.jp/kikenbutsu/index.html

 毒物劇物取扱責任者
  http://www.tokyo-kasei.ac.jp/~sotsuken/98/matsuki/10/kankyo/dokubutu.html

の資格を持った方はいらっしゃらないのでしょうか?

安全に関わる話ですから、近くの専門家に聞かれるのが一番かと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報