マンガでよめる痔のこと・薬のこと

できれば、その道の方、もしくは、そういう研究をされている方に質問です。

指圧やマッサージ、その他、鍼灸やストレッチ、関節可動域訓練(ROM)]など、直接人体に刺激を与えて疾患の改善を促す場合、どれくらいの刺激量が適当なのでしょうか。

もちろん症状や、体型や、性別、その日のバイオリズムなども関係してくるでしょう。

しかし、患者さんが希望する刺激度もあります。その希望にある程度は沿っていないと、満足していただけません。
治療家を目指すなら適切な刺激、商売人を目指すなら患者の希望どおりの刺激、ということでしょうか。


私は長年、マッサージと鍼灸をやっていますが、恥ずかしながら、治療家として、これだけがどうしても分かりません。

皆さんは、刺激度について、どのような判断基準をもっておられますか?

血迷った私は、「黄金比(1:1.618)」なるものを持ち出し、
自分の最大の押圧を1.618とした場合の圧力を計測し(体重計で)、
それに対する1の圧力(約6割)の力で押せば、ちょうどよいのではないかと考え、
6割の力を練習したりしました。
(黄金比は、1:1.618の長方形が、もっとも心地よい形をなすものであり、その比率は人間がもっとも心地よい(美しい)と感じるものだ、という説から。)

まったく根拠なしです。


ROMなど、動かない関節を動かそうというのだから、痛みを伴うのは当然だと思うのですが、だからといって、遠慮して十分な刺激量を加えなければ、効果は望めないと思います。
しかし、それをしてしまうと、施術後に関節が腫れたり、痛みを発したりして、批判の的になったりします。
患者さんに、「痛まない程度」とは説明しますが、痛まない程度などは存在せず、ほとんどの場合、何らかの痛みは伴います。

いったい、どうすればいいのでしょうか。
どうしたら、指圧マッサージの後の揉み返しとか、鍼の後の鍼中り(あたり)をなくすことができるのでしょうか。

おバカな私に、ヒントをください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

自分で自分に施術するだけの者ですが。



鍼以外は、筋肉や腱の動きで適切な位置を適切な方向に適切な量だけ動かしているか、押し返す硬さ・強さで脂肪・筋肉・腱のどこに効いているか、という視覚での確認と触覚での確認で、再現よく施術できると思います。

痛いけれどもさらに動かさなければならないときも、押し返される強さで、その関節や腱の硬さと、ここまでなら一晩で取れる痛み、という挑戦幅(角度など)を患者さんごとにメモっておくほうが良いかもしれませんね。

鍼は、聞きかじりでは、いったんその部分の組織に亀裂を入れることで、免疫反応と組織再生能力を呼び起こすそうなので、挿し込むときの抵抗力で組織を区別するとともに、ねじりのときの回転の抵抗力でもその組織の裂け具合を、触覚を通じて確認できるのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、患者さんごとに詳細なデータというか、記録を取り、それに基づいて適切な刺激量を統計的に推量するしかないかもしれませんね。
そういう努力が足りなかったかもしれません。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/11 22:58

回答は分からないですが、ヒントで良いということなので・・。



長年とは3~7年位でしょうか。
恐らくそれ位の時期に強くある悩みなのかなと思います。
でも、いつまで経っても、これは課題ですが・・。

仰る通りに希望に応えてばかりいれば、良い治療は出来ません。
かと言って、自分のやり方だと満足させれません。

ここからは本当に個人的意見で自信はありませんが・・。

おそらく、あなたの求める完璧なものは難しいと思います。
ですから必要になってくるのは、選択です。
あなたはどういう治療家になりたいのか?と言うことだと思います。

治す人ですか?
満足度の高い慰安ですか?
その両方を適度に兼ね備えた人ですか?
口で治す人ですか?

あなたの特性は何ですか?
どうなりたいか?何を選択するか?
そういう事だと思います。

いろんな治療家が居て良いと思います。
完璧ってなかなか無いですから・・・。
    • good
    • 0

指圧などは奥深いところのツボなどを押しますから強い圧が必要です。


マッサージは極端な場合、気功のように触れないで行うことすらあります。
気の流れを重視するのでしょうね。
その中間にリンパの流れをよくする、マッサージがあります。
表面から基幹部のマッサージですから強弱ありますが、
ツボ押しのような痛むような強さは必要ないでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q母がマッサージ後動けないくらい体調不良に

初めまして。母が(プロの)マッサージを受けた次の日に体調不良を訴えて今寝たきりの状態になっています。
以下母の状態を箇条書きに致します。病状に心あたりのある方、是非ご回答よろしくお願い致します。

・年齢は40後半、更年期障害、病院で自律神経失調症といわれることも
・朝晩の定まらない不規則な生活をかれこれ4~5年以上続けている
・体調不良は度々訴えていた(いつも体調は良い方ではない)が、今程しんどそうなのは見たことが無い
・朝から晩まで買い物に行ったり、時にはダンススクールに通うくらい元気なときもある
・ここ1年程ひどい肩こりで首がほとんど動かなかった
・そのためマッサージに行く、マッサージ師も驚くほどのこりで長時間マッサージを受ける
・マッサージ中右手にしびれを感じ、とても気持ちが悪くなったそう。休憩後再度マッサージを開始(マッサージ師が知り合いだったこともあり、計3~4時間程特に肩のマッサージを受けていた)
・マッサージ直後は首がよく動き、体調がすこぶる良くなったと言っていた(私が見る限り、大変元気そうに見えました。)
・しかし、だいたい30時間後くらいから体調が急に悪くなり、起き上がることもしんどいと感じるようになる
・右手のしびれが復活する
・熱は無く、頭痛なども見られず風邪ではない。

このような感じです。何か補足説明が必要な場合回答欄より言って頂ければ助かります。

もう一つ、印象に残っているのは母がマッサージ後
「この部屋ってこんなに明るかったの?」と言い、今まで暗い感じに物が見えていたようです。(母の言い方からして劇的な違いがあるように思います。)
どなたかこのような症状に覚えのある方いらっしゃいませんでしょうか?

初めまして。母が(プロの)マッサージを受けた次の日に体調不良を訴えて今寝たきりの状態になっています。
以下母の状態を箇条書きに致します。病状に心あたりのある方、是非ご回答よろしくお願い致します。

・年齢は40後半、更年期障害、病院で自律神経失調症といわれることも
・朝晩の定まらない不規則な生活をかれこれ4~5年以上続けている
・体調不良は度々訴えていた(いつも体調は良い方ではない)が、今程しんどそうなのは見たことが無い
・朝から晩まで買い物に行ったり、時にはダンススクー...続きを読む

Aベストアンサー

マッサージは関係なさそうです。
脳梗塞かもしれません。
医師の診断が必要です。

Q靭帯損傷って、どのぐらいで完治しますか?

ぐねって足首の靭帯を損傷しました。

外科に行くとX線撮影の後、
とりあえず2週間とだけ言われて足を固定され、松葉杖が貸し出されました。

1週間後、再び行くと4日後(つまり11日目)に足の装具を作れる人が来るので作った方が良いと言われました。

で、言われるまま昨日、足の装具の型取りをしたのですが、
2週間目に足の装具が出来る段取りだと2週間で治る事はありえないという事になります。

・いつぐらいに完治する見込みか?
・松葉杖を片方返せるのはいつぐらいか?
・松葉杖を両方返せるのはいつぐらいか?
・4万数千円(保険適用前)もする装具は本当に必要なのか?
・装具を利用する期間はどのぐらいなのか?
・完治の前にリハビリなどは必要になってくるのか?

これらを質問してみましたが、今はハッキリ分からないの一点張りで何も説明してくれなかったのですが、そんなものなのでしょうか?
返答できないような医者は変えた方が良いのでしょうか?
足首の靭帯損傷って、どのぐらいで完治するのでしょうか?

Aベストアンサー

20年ほど前ですが、足の甲の靭帯がほぼ断裂したことがあります。
近所の外科にかかって、捻挫だと言われ、テーピングと湿布で四日ほど仕事に出たのですが、良くならないので整形外科に受診しなおしたら、上記診断になりました。

そういう経過なので、怪我をしたての場合とは違うかもしれませんが、やはり二週間足首までのギプスをして、その後は足首までの装具をつけました。怪我をした時期をはっきり覚えていないのですが、確か一月末だったと思います。そして装具を外す許可が出たのは、4月1日でした。
松葉杖は、ギプスを外すまで借りていて、装具になってからは返したような気がします。
靭帯が切れてしまった方が、手術ですぐ治るのにと言われましたが、ちょっとだけでもついているので、温存療法で行くと言われました。
患部の安静は長期間必要ですが、ずっとギプスを当てている訳にはいかないので、装具は必要だと思います。ただ、4万数千円する装具がどの程度のものなのかはわかりませんが、私のものは足首を覆う柔らかい素材の上に足の形に合わせたプラスチック板をかぶせて、マジックテープでとめるものでした。
それでも、装具になると仕事にも出られるようになりましたので、助かりました。
完治の前にリハビリなどは、当時はしませんでした。ただ、何ヶ月も足首を装具で固めていたので、自分の足だけで立つのがとても怖く、自宅で徐々に外している時間を長くしてそっと歩くなどして、外す日には備えました。

以上、かなり以前のことなので今の治療とは違う部分もあるかと思いますが、経験談として参考にしていただければと思います。

20年ほど前ですが、足の甲の靭帯がほぼ断裂したことがあります。
近所の外科にかかって、捻挫だと言われ、テーピングと湿布で四日ほど仕事に出たのですが、良くならないので整形外科に受診しなおしたら、上記診断になりました。

そういう経過なので、怪我をしたての場合とは違うかもしれませんが、やはり二週間足首までのギプスをして、その後は足首までの装具をつけました。怪我をした時期をはっきり覚えていないのですが、確か一月末だったと思います。そして装具を外す許可が出たのは、4月1日でした。
松...続きを読む

Q足裏マッサージの効果はほんとにあるのでしょうか。

足裏マッサージの店は沢山あります。
あれは健康のために効果があると思いますか。

実際にやってもらった事があります。値段も高いですね。
マッサージ師が足の裏を押して「ここは〇〇のツボです。ここが固いので○○が疲れてますね。」と言われました。

病院で先生に足裏マッサージの効果に関して尋ねたら先生は「足裏マッサージはデタラメです。素人同然の人がいい加減な事を言ってるだけです。」と言っていました。

求人雑誌を見ると足裏マッサージの施術師のアルバイトの求人も沢山載っています。
アルバイトスタッフが施術している店が多いということですよね。

それならば高いお金を払って足裏マッサージをしてもらってる人が多いのはなぜでしょうか。

Aベストアンサー

足ツボは正式には足底反射区といいましてツボではありません。見る資料によって場所や範囲が違うため学問としてしっかり体系化されているか疑問が残るところです。まぁ民間療法の一種としてお考えください。

合谷や三里が有名なツボですが、図で表すときは点です。反射区のように大きな範囲では絶対表しません。なぜ “足ツボ” と言われるようになったのか分かりませんが、これは全くの別物です。ツボは正式名称を経穴といい、WHOでも認証されています。経穴には流れがあり、その流れを結んだものを経絡と言います。それらを全て図面化したものを経絡経穴図といいます。経絡経穴図を見ていただければ分かると思いますが、足裏は実は湧泉という経穴が一つあるだけです(その他正式な流れから外れるものはあります)。


>それならば高いお金を払って足裏マッサージをしてもらってる人が多いのはなぜでしょうか。

・気持ちいいから
・足が軽くなるから

足は体の一部ですから、揉んでもらえれば気持ちいいという当たり前の理由が一つ。二つ目、足は解剖学的に足としてもちろん機能しており、骨もあれば筋肉もあります。足だって疲労が溜まったり、むくんだりもします。マッサージはそれらに対しての効果はもちろんあります。マッサージを受ければ足は軽くなるでしょう。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。

足ツボは正式には足底反射区といいましてツボではありません。見る資料によって場所や範囲が違うため学問としてしっかり体系化されているか疑問が残るところです。まぁ民間療法の一種としてお考えください。

合谷や三里が有名なツボですが、図で表すときは点です。反射区のように大きな範囲では絶対表しません。なぜ “足ツボ” と言われるようになったのか分かりませんが、これは全くの別物です。ツボは正式名称を経穴といい、WHOでも認証されています。経穴には流れがあり、その流れを結んだものを経絡と言いま...続きを読む


人気Q&Aランキング