はじめまして。

クラスモジュールと標準モジュールの大きな違いは何なんでしょうか?基本的な質問で申し訳ありません。どなたか教えてください。

ma-ki

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

乱暴な言い方をすれば、「オブジェクトとして使用するモジュール」ってことになるのかな?



例えば、標準モジュールから、Formオブジェクトを呼び出して、プロパティやメソッドを操作しますよね?
それと同じように、標準モジュールからクラスモジュールを呼び出して、(クラスモジュールに実装されている)プロパティやメソッドを操作するわけです。

使いこなすにはちょっとコツが要りますが、再利用性の高いクラスモジュールを作成すればアプリケーションの開発効率が大幅にアップします。
(ただし「何でもクラス主義(=クラス猿)」に陥らないように注意。標準モジュールとうまく使い分けることが重要です。)

月並みな回答ですが、実際に使ってみれば何となく理解できると思います。

'**** Hello.cls (クラスモジュール,オブジェクト名:Hello) ******
Option Explicit

Dim mTarget As String

Property Let Target(Target_ As String)  'プロパティの実装
 mTarget = Target_
End Property
Property Get Target() As String
 Target = mTarget
End Property

Public Sub SayHello()  'メソッドの実装
 MsgBox "Hello " & mTarget & "!!"
End Sub
'*********** ここまで ************


'****フォームにボタン(Command1)を貼っ付けて…******
Private Sub Command1_Click()
 Dim Hello1 As New Hello
 Dim Hello2 As New Hello
 
 Hello1.Target = "World"
 Hello2.Target = "Everyone"
 
 Hello1.SayHello
 Hello2.SayHello
End Sub
'****ここまで****
    • good
    • 0

まず、拡張子の違い


標準モジュール(*.bas)、クラスモジュール(*.bas)

次に、呼び出し方法の違い
標準モジュールではPublic変数やプロシージャの名称を記述するだけでしたが、クラスモジュールでは、
クラス名.プロシージャ(変数/プロパティ)
としなければなりません。

さらに、標準モジュールは同一プロジェクトからしか呼び出せませんでしたが、クラスモジュールは、ActiveX DLL/EXEとして、つまり、1つのオブジェクトとして、プロジェクトの外から呼び出すことができるという、大きな特徴があります。
    • good
    • 0

詳しくは正しいか分かりませんが自分はこのように認識しています。



クラスのメリット
1)DLLを作成したときにインターフェイスとなる。
2)オブジェクト化できる。
  例えばclsTestというクラスファイルを作成し、
  そのメンバとしてValueという変数を持っている時、
  Dim CLS1 As clsTest
  Dim CLS2 As clsTest
  Set CLS1 = New clsTest
  Set CLS2 = New clsTest
  CLS1.Value = "Test1"
  CLS2.Value = "Test2"
  という感じでオブジェクトとして
  同じ変数でも別物として保持できる。
  見た目のないコントロールのような感じです。
  またValueという変数をプロパティとして持てば、
  取得のみ可能とか設定のみ可能という風にもできます。

自分の知っているのは以上です。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

VBのバージョンは?



ヘルプにそのまんまの項目があります。

『クラス モジュールと標準モジュール』を読んでみて下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCOMコンポーネントって何?

よく、COMコンポーネントって聞くんですが、何のことかわかりません。VBやVBAのような言語名ではないことは、なんとなく分かるのですが・・・。できるだけわかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

失礼ですが、クラスをご存知ないのであればCOMは多分
全く理解できないでしょうねぇ

クラスについても、ご自分で勉強が必要だとは思いますが
簡単に説明しておきます。
構造体(属性)に、関数(操作)を加え、カプセル化したものです。
従来のプログラミングでは、変数をばらばらに扱わず、
構造体と呼ばれる型に関係ある変数をまとめて、
プログラム中のデータ構造が明確になるようにしておきました。
そこで、この構造体に専属の関数を加えてしまえば、
その構造体は単独で自分の面倒をみることが出来るようになります。
それがクラスです。
その結果、プログラム中のデータや処理が、クラス単位で整理され、
それぞれ部品のように組み替えが可能になりました。

このように、クラス単位にプログラムを分割することで
巨大なプログラムを明瞭にする言語をオブジェクト指向言語といいます。

また、クラスには親と子があり、「継承」という考えを用いて
どんどんバージョンアップや特化を行うことが容易です。

VBで説明すると、
Dim value as A
として変数を宣言した場合、クラスは「A」です。
valueはオブジェクトや、インスタンスと呼ばれます。
valueを使って、Aに含まれる関数を呼び出して、valueを
操作することが出来ます。
value.Init()
等。

ざっくり説明するとこんな感じです。
詳細については、各言語の書籍を参照してください。

このようにして作ったクラスを、
・他の言語から使いたい
・ネットワーク経由で使いたい
などと言った機能を実現する、Microsoft提供の方法の一つが、
COMやDCOMと呼ばれるものです。
COMは、他のプログラムからの使いまわしに強いので、
一度作っておけば、VB、Delphiは勿論、VBScript、JavaScrips、WSHなどから
呼び出しが可能です。
また、COM自体のバージョンが上がっても、それを呼び出してる
プログラム自体には変更の必要がありません。

失礼ですが、クラスをご存知ないのであればCOMは多分
全く理解できないでしょうねぇ

クラスについても、ご自分で勉強が必要だとは思いますが
簡単に説明しておきます。
構造体(属性)に、関数(操作)を加え、カプセル化したものです。
従来のプログラミングでは、変数をばらばらに扱わず、
構造体と呼ばれる型に関係ある変数をまとめて、
プログラム中のデータ構造が明確になるようにしておきました。
そこで、この構造体に専属の関数を加えてしまえば、
その構造体は単独で自分の面倒をみることが出...続きを読む

QVBのフォームモジュールと標準モジュールの使い分け

VBのフォームモジュールと標準モジュールの使い分けが今一つわかっていません。
フォームモジュールとは、フォーム(画面)上で起こったイベント(例えば、ボタンをクリックした時とか、ユーザーが行を選択したりだとか)の処理を、記述するところと解釈しています。
標準モジュールは、フォームが2つ以上あって、その2つが共通する処理(関数)などを、記述したり、フォームが1つでも、同じ処理を繰り返す場合、その処理を標準モジュールに書いたり・・・・という解釈をしています。
あってますでしょうか?

フォームが一つしかない場合、もしくは2つあっても、あまり共通する処理がない場合、なんかは標準モジュールはあまり使わないのでしょうか?
それとも、フォームが1つとかでも、今後のメンテの事など考慮して、標準モジュールを作ってそこにグローバル変数なんかで処理を書いた方がよいのでしょうか?
どなたか、教えてくださいませんか?
いろいろBBSなどで見てみるんですが、いろいろ書いてあって、どれが理想か
わかりません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>標準モジュールは、フォームが2つ以上あって、その2つが共通する処理(関数)などを、記述したり
で良いと思いますよ。
逆に
>フォームが1つでも、同じ処理を繰り返す場合
は、フォームモジュールの中に関数を作ってしまうので良いのでは?

参考になるかわかりませんが、私はDBとの接続や、起動時の全フォームのロード、定数やプロジェクトレベルでのグローバル変数の宣言等に使用しています。
そういえばMain関数は標準モジュールにしか書けませんでした…っけ?
メッセージボックスを表示する際の関数を自分で定数とMsgBox()を組み合わせて使い勝手の良い物にする…というのもよくやります。

QEXCEL VBA で現在開いているブックのファイル名を取得する方法

EXCEL2003 VBAで業務を簡素化するために、現在開いているブックのファイル名を取得する方法が分かりません。
作業手順をマクロを使って処理していますが、オリジナルのワークブックをファイル名を変えて保存し、以後、このワークブックを読み込んで使用しています。
このときのVBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり、以後の業務に使用できません。
常にファイル名を取得出来るVBAをどなたか、教えて下さい。

Aベストアンサー

>現在開いているブックのファイル名
 ちょっと曖昧な表現かなぁという気もいたしますが、VBAが書いてあるブックのブック名は
ThisWorkbook.Name
で、現在 "アクティブにして" 操作対象になっているブックの名前は
ActiveWorkbook.Name
ですね。

 しかし、
>VBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり
というような文脈からすると、
ThisWorkbook.Name
の方ですかね。

QForm_Load と Form_Activate のタイミング

あるデータ入力アプリを作っています。
親フォーム(Form0)で番号を決め、子フォーム(Form1,Form2,Form3,Form4) でデータ入力し、それぞれの子フォームを出るとき(Unload Me) に、変数にsaveしています。それを親フォーム(Form0)で登録を選択したとき、入力データをチェックしてDBに格納しています。
すでにDB格納済のデータの場合、親フォームでDBから変数に読み込み、子フォームのForm_Loadで展開しています。
そこで困っているのは、親と子のフォームを行き来するときにデータの表示で前のが残っていたり、消えてしまったりします。
Form_LoadとForm_Activateを通過するタイミングが、ちゃんと理解できていないためコードの記述位置が不適切なのだと思います。

Form_Load と Form_Activate の実行タイミングについて、お教えください。

Aベストアンサー

Form_Loadは、フォームがロードされたときです。
ロードされる条件は、
1.フォームがスタートアップに指定されているとき、アプリが実行された直後。
2.Show メソッドが呼ばれたとき
3.Loadメソッドが呼ばれたとき
4.フォームに貼り付けられたコントロールのプロパティが参照されたとき
5.フォームに貼り付けられたコントロールのメソッドが呼ばれたとき
です。

ただし、一度ロードされると、Unloadされるまで呼ばれません。


Form_Activateは、フォームがアクティブになったとき、つまり、キャプション(ウィンドウのタイトルバー)の色が変わったときです。

Qfrxファイルの役目

VB6の開発環境で、拡張子がfrxというVisual Basic Form Binary Fileが出来ますが、何に使われるのですか?
2台のPCで同じプロジェクトの開発をしている際、frmファイルだけをコピーすると、VBでファイルを開く時エラーになることがあります。
frxファイルも同時にコピーする必要があるのでしょうか?
2台のPCのOSは、Win2000とWinXP ProSP2で、XPから2000へコピーした際は問題なく、2000からXPへコピーした際のみ、上記の問題が発生します。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ほげ.frm」
「ほげ.frx」
があったとします。

「ほげ.frm」をテキストエディタで開いてみてください。
どこかに「ほげ.frx」の記述が存在していたら、その「ほげ.frm」は「ほげ.frx」を必要とします。

主に、拡張コントロールのプロパティ情報が記載されています。
W2K←→XPsp2
のコピーに関しては、本来どちらもいけると思うのですが、、、
VBのサービスパックや、何かの拡張コントロールのサービスパックが異なっていたりしませんか?

QVB6 ClassにてEnum(列挙型)のうまい使い方

へっぽこPGです。
今まで私の質問にご回答を頂いた方々、改めてお礼申し上げます。

最近VB6でActiveXDLLにて、DLLを作り始めました。
Classについて勉強を始めたばかりで、
実現できそうな機能と実現できない力量のギャップに苦労しています。

さて、いろいろと便利なDLLを作ってやるぞ!と意気込み、
ExeからDLLを参照してプロパティに値を設定する時に、
インテリセンスが出るようにしたく、ClassにEnum(列挙型)を使うやり方を見つけましたが・・・・。

その先困ってます。

VB6でデバッグをしているわけですが、
Class(Dll)とExeは別プロジェクトで生成しており、
Dllはバイナリ変換、デバッグはExeを実行するように設定済です。
これでActiveXDLLプロジェクトで「開始」をすると、Exeを実行してくれます。

Exeのプロジェクトから、
「開始」・ステップ実行して確認しましたが、
正常に動作しているようです。(記述した文がそれぞれ機能しているという意味で)

ActiveXDLLプロジェクトから、
「開始」後、「停止」をして、Dllを上書きしようとすると、
「書込みできません。"~DllのPath~"」とMsgboxのBouttonのでいうvbMsgBoxStyle=vbCriticalの形式で、
Msgboxが表示されてしまいます。
どうやらExeがDLLを離していないのでしょうか?
もちろん列挙型を設定していないDLLの場合ですと、上書きは可能です。
(他にも上書きできないパターンを見つけましたが、話が脱線するので割愛します。もしご存知でしたら、併せて教えて頂くと幸いです。)


困っている点としては、
1 デバッグする上で、Dll(書出)⇔Exe(開始)を繰り返したく、都度プロジェクトを閉じて、開いてDLL書出しするのは、非効率。
(DLLを書き出して、インターフェースを変えてしまえば、Exeはリコンパイルが必要なので、あんまり意味ないかも・・・とも)

2 読み取り専用プロパティを作って、Initializeで初期値を設定してしまう方法を考えたが、非常にかっこ悪いし、運用が大変。

3 1を我慢したとしても、作成したDLLはCOM+に登録して、WebサーバでASPから使用するつもりなので、DLLを離してくれないと、無駄なプロセス動き続けてしまう(?)→未テスト

です。


いろいろとツッコミどころがあるかもしれませんが、
忌憚なくご意見下さい。


---Class-(test_Class)----
'列挙宣言
Public Enum Chiiki
Hokkaidou = 0
Aomori = 1
Akita = 2
End Enum

'プロパティ値を格納しておく変数
dim aaa as integer

'プロパティでEnum宣言した型を引数に指定します、
Public Property Get Shusshin() As Chiiki
Shusshin = aaa
End Property
Public Property Let WindowState(ByVal NewValue As Chiki)
aaa = NewValue
End Property
---Class-End--------------------

---Exe-----------------
'Classは参照設定にて
'参照設定にしている理由としては、インテリセンスでロパティ・メソッド等を利用したいから。開発側の怠慢?

Sub a
'Class宣言
Dim a_class as test_Class
Set a_class = New test_Class

'プロパティ設定 ↓ = と打つと、Classの列挙で設定した値がプルダウン
a_class.WindowState = Aomori

'プロパティ値表示(処理自体に意味無し)
'「1」 と表示される
Msgbox a_class.WindowState

'Class開放
Set a_class = nothing

End sub
---Exe-End----

へっぽこPGです。
今まで私の質問にご回答を頂いた方々、改めてお礼申し上げます。

最近VB6でActiveXDLLにて、DLLを作り始めました。
Classについて勉強を始めたばかりで、
実現できそうな機能と実現できない力量のギャップに苦労しています。

さて、いろいろと便利なDLLを作ってやるぞ!と意気込み、
ExeからDLLを参照してプロパティに値を設定する時に、
インテリセンスが出るようにしたく、ClassにEnum(列挙型)を使うやり方を見つけましたが・・・・。

その先困ってます。

VB6でデバッグをし...続きを読む

Aベストアンサー

VB6が DLLを離していないためですよ
VB6のインスタンスが2つある状態なのですよね
VB6-ActiveXとVB6-TextExeが起動している状態で
VB6-TestEXEが参照設定のため DLLをつかみっぱなしになっています
DLLが開発途上なら プロジェクトグループで開発したほうが良いと思います
DLLプロジェクトとテスト用EXEプロジェクトを1つのグループにして開発orデバッグします

どちらでも良いですからプロジェクトを開いて
ファイル > プロジェクトの追加 で他方のプロジェクトを追加します
テスト用EXEプロジェクトに参照設定をして開発します

DLL側の修正はそのままコードウィンドウを開いて編集します
DLLファイルの作成し直しは
プロジェクトウィンドウで DLLプロジェクトをアクティブにして
ファイルメニューからDLL作成をします

テストEXEのデバッグには プロジェクトウィンドウでEXEプロジェクトをアクティブにしてからデバッグ実行などをします

Q他のフォームから別のフォームのサブルーチンを呼び出す

例えばフォームAからフォームBのCommand1_clickというサブルーチンを呼び出そうとすればどのようにすればいいんでしょうか?

私は

Call FormB!Command_click

とフォームAに書きましたがうまくいきませんでした

Aベストアンサー

Command1のClickイベントプロシージャの

Private Sub Command1_Click()
'(・・処理・・)
End sub



Public Sub Command1_Click()
'(・・処理・・)
End sub

に書き換えて下さい(「Private」→「Public」)。
こうすることにより、他のフォームから呼ぶことが可能になります。
ただしこのやり方は奨励しません(※後述)

また、呼び出し方も間違ってます。

Call FormB!Command_click

ではなく、

Call FormB.Command_click

として下さい(「!」→「.」)。

※自動生成するイベントプロシージャの構文を直接いじるのはあまり奨励しません(特に問題は発生しませんが)。
直接イベントプロシージャを呼ぶのではなく、下記のようにしてみてはいかがでしょう。

※下記をFormBに記述

Private Sub Command1_Click()
Call subCommand1Click
End sub

Public Sub subCommand1Click()
'(・・処理・・)
End sub

FormAではこのように呼ぶ
Call FormB.subCommand1Click

Command1のClickイベントプロシージャの

Private Sub Command1_Click()
'(・・処理・・)
End sub



Public Sub Command1_Click()
'(・・処理・・)
End sub

に書き換えて下さい(「Private」→「Public」)。
こうすることにより、他のフォームから呼ぶことが可能になります。
ただしこのやり方は奨励しません(※後述)

また、呼び出し方も間違ってます。

Call FormB!Command_click

ではなく、

Call FormB.Command_click

として下さい(「!」→「.」)。

※自動生成...続きを読む

QEXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

EXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

C:\経理\予算.xls

D:\2005年度\予算.xls

EXCEL97ファイルがあります。

VBAで
  カレントフォルダ名
(C:\経理\,D:\2005年度\)
を取得する事は可能でしょうか?

CURDIRでは上手い方法が見つかりませんでした。

Aベストアンサー

こんばんは。
Excel97 でも、同じですね。以下で試してみてください。

Sub test()
'このブックのパス
a = ThisWorkbook.Path
'アクティブブックのパス
b = ActiveWorkbook.Path
'Excelで設定されたデフォルトパス
c = Application.DefaultFilePath
'カレントディレクトリ
d = CurDir
MsgBox "このブックのパス   : " & a & Chr(13) & _
   "アクティブブックのパス: " & b & Chr(13) & _
   "デフォルトパス    : " & c & Chr(13) & _
   "カレントディレクトリ : " & d & Chr(13)
End Sub

QVBとVBAの違い

お世話になります。

現在、ExcelVBAで機械設計の計算をさせようと思い勉強しているのですが、VBとVBAの違い(VBと比較したとき、VBAできること、できない事)の境目?がいまいち判りません。
まだまだ勉強中で困惑しております。このままExcelVBAを勉強していく物か、VBについて勉強していくか迷っています。このままExcelVBAを勉強してExcelVBAを理解すれば判断できるかと思うのですが、畑違いの勉強になってしまわないかと心配です。

やりたいことは、各種計算の簡略化です。
現在は、関数電卓で行っていますが、これをパラメータを入力すると計算結果が出る。このような物を作りたいと思っています。

長くなってしまったのでまとめると、
1、VBAとVBの違い
2、ExcelVBAで設計計算が可能か
あと、
プログラムにより計算させるときに、最適なプログラム(JavaとかPHPとかHTML等など・・・)お勧めのプログラムがありましたらアドバイス頂けたらと思います。

Aベストアンサー

1. VBAとVBの違い

VBは単体で動作するアプリケーションが作れますが、VBAはOfficeが必要です。
また、VBAはOfficeの環境が使えるので、Excel等を使った入出力の機能が既にできていますが、VBではある程度自分で作る必要があります。また、費用的な面でVBは購入しないと使えませんが、VBAはOfficeがあれば使えますので、既にExcelなどを導入されているならば、追加の費用が必要ありません。
もし、複数の人間で作ったプログラムを利用され、かつその中にOfficeを持っていない人が含まれるのであればVBAではできませんので、VBが必要です。

2. ExcelVBAで設計計算が可能か

可能です。また、多分VBAを使わなくてもExcelの関数でもある程度のことが可能だと思われます。お持ちの関数電卓の桁数にもよりますが、相当な高精度が必要でない限り大丈夫です。

文面からすると、プログラミング未経験のようですが、やりたいことが明確なので、Excelをお持ちであればVBAで始めてみてはいかがでしょうか。他の言語(Java, C, PHP...)でも可能でしょうが、中には環境を用意しなくてはならなかったり、本質である計算以外に気にしなくてはならないことが多く、初心者にはとっつきづらいのではないかと考えます。

VBAからVBへの移行、VBからVBAへの移行はどちらも可能ですし、VBAからVBへの移行は多少時間がかかるかもしれませんが、VBよりVBAから始める方が楽なので、どちらに優越があるとは一概に言えないと思います。一人でちょっと使う程度や勉強用なら、ExcelVBAをお勧めします。
しばらくすると、ExcelVBAの限界を感じるようになると思うので、そこからVBに移行するというのでも悪くないと思います。

1. VBAとVBの違い

VBは単体で動作するアプリケーションが作れますが、VBAはOfficeが必要です。
また、VBAはOfficeの環境が使えるので、Excel等を使った入出力の機能が既にできていますが、VBではある程度自分で作る必要があります。また、費用的な面でVBは購入しないと使えませんが、VBAはOfficeがあれば使えますので、既にExcelなどを導入されているならば、追加の費用が必要ありません。
もし、複数の人間で作ったプログラムを利用され、かつその中にOfficeを持っていない人が含まれるのであればVBAではで...続きを読む

QForm間の値の渡し方

1つのForm上のコマンドボタンで別のFormを表示、そこで変数に値を入れ、そのFormを閉じ、元のFormでその変数を使いたいのですが、どうもうまくいきません。
実施したやり方は、一方のFormの宣言領域で、”Public abc As String”を宣言、両方のFormの(変数に値を入れた方と変数を使う方の)プロシージャーの宣言では引数として(abc As String)と記述しました。
因みに、両プロシージャーともイベントプロシージャーです。何か基本的なことができていないのだとは思いますが、どなたか教えていただけませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すでに何件か回答があがっていますので、少し変わった方法をご参考までに。

あまり使われませんが、Formにはtagというプロパティがあります。
これは「文字列形式であれば何でも格納できる」という、上手く使えば便利なプロパティです。

FormAからFormBを呼び出し、FormBで変更した値をFormA.tagにセットします。
ここでFormBをUnloadしてもFormA.tagの値は影響を受けないので自由に使えます。

複数の値を呼び出し元に戻してやる場合に、区切り文字(カンマなど)で連結した文字列をtagに格納し、呼び出し元で区切り文字でsplitして、複数の値を受け渡すという手法をよく使っています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング