出産前後の痔にはご注意!

私たちは日々様々な選択を行いますが、共通して言えることはもっとも良いと思われる選択を常に行うという事です。
商品の購入、進路の選択、他人の相談に対する回答、日々のありとあらゆる行動の基準が最善を選択しようとしています。
最善とは今持っている選択肢の中で最も良いと思われる選択肢です。
時間の経過に伴いこの選択は必ずしも最善ではなかったと思われる場合も出てきますが、その時点では最善を選んだはずです。
逆に言えば最善以外を選択することはできません。

この「最善を選択しようとする人の性質」を絶対善と呼べないでしょうか。

・絶対とは逆らえないという意味です。どんな場合も最善以外は選択できません。
・善とは最も良いと思われる選択です。

道徳的善悪にはその判断となる対象ががあります、人助けは善、人の物を盗むのは悪など。
しかし、絶対善には特定の対象はありません。最善と思われるものを選択するという原理だけです。
絶対善の法則に従い他人を傷つけることが最善と思われればそれを選択します。
この単純な原理は道徳的善悪の基礎になっています。
善行も悪行もその基礎に絶対善が含まれています。

ではすべての選択が絶対善に基づいているとすると悪とはなんでしょうか。
「地獄への道は善意によって舗装されている」なんて言葉が示すとおり、本質的に独善としての側面を持っています。
この『善』の暴走を阻止するため、リミッターの役割として「悪という概念」があるのではないでしょうか。
本人は最善を選んではいますが、他者から見ればそれは行き過ぎた善、或いは他者の存在を考慮しない善です。
見方を変えれば「悪」とは独善という名の『善』なわけです。
絶対善が支配するこの世界で悪(相対悪)の役割は善に対するブレーキではないでしょうか。

ちなみに絶対悪はこの世界にはありません。
理由は簡単でコインの表のどこを探してもコインの裏がないのと同じです。
ですから絶対善が支配するこの世界のどこを探しても絶対悪は存在しません。

お盆ですからこんなことを考えてみるのも一興ではないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (29件中1~10件)

ひとつ質問があるのですが。



ご質問者様は、この問いに対する答えがすでにあり、回答(論破)を待っているのですか?

それともご自身も抱いている疑問を、回答とともに考えるスタンスなのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

いえ、楽しんでいただければそれでよいです。
正直に言えば論破できるとは思っていません。
ここで皆さんの反応を見ることが楽しいのです。
そういう意味で私にとっても『興』なのです。

お礼日時:2014/08/22 22:02

お礼ありがとうございました。



考えてある構造が全く掴めないのだけはわかりました。
一元的にまとめようとした結果なのでしょうかね。


>この「最善を選択しようとする人の性質」を絶対善と呼べないでしょうか。

私は、「その定義は不必要」ですね。
今ある言葉の意味を変えると混乱が生じるだけです。

>選択できません。
と言い切った選べない選択肢は選択肢としてあり得ないので
話しは最初からこけています。

以前「相手を許したくないのですが、許さないといけませんか」と
聞かれたことがありました。
「お好きにどうぞ」と答えましたが、その方は「許します」と言われました。

私にも同じ経験があります。
選択肢を変えた者にしか分からない事ですが
変えられるものに絶対を付けられてもねぇ・・・。

そういう人を多く見ているので、変えられない言い訳作りに感じますね。

この回答への補足

何のために選択肢を変えるのか・・・
言うまでもなく『最善』の為ですね
フフフ

補足日時:2014/08/22 22:04
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

全てを一元的に説明したがるのは人間の性でしょうね。
ふふふ

お礼日時:2014/08/22 21:54

質問だけでなく、回答者へのお礼など含め考えてみたのですが


「絶対善=メリット=エゴ」と言う設定から話しが始まっていると
考えてよろしいでしょうか?

この回答への補足

鍋とすき焼きとガスコンロをイコールで結ぶようなものだね。
気持ち話わかりますよ。
でもね・・・

補足日時:2014/08/23 11:51
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>「絶対善=メリット=エゴ」と言う設定から話しが始まっている

どうでしょう・・・

絶対善=法則
メリット=利益
エゴ=自我

それぞれ別のものを指した言葉ですからイコールで結ぶのは無理があるように思います。
植物も絶対善の法則からは逃れられないと思いますが彼らに自我があるようには思えませんし・・・

お礼日時:2014/08/22 18:40

質問、回答、じっくり読ませていただきました。

どちらもおっしゃりたいことがよく伝わってきます。

質問者さんのいう「行き過ぎた善は悪となる」という考えについては同意です(それ以前に自分にとっては普遍的なテーマなので)。

また、誰でも最善を尽くしたい、というのは私も同意します。
だからANo.25の方のおっしゃる、悪いと思っていてもやってしまうことが最善を尽くしたいとなはらない、というのは本質的に違うと思うのです。

たとえば依存症者は「わかっちゃいるけどやめられない」という心境で、その行為自体で苦しんでいます。
その苦しさを緩和する依存対象に依存し続けることで悪循環に陥ります。でも本人は「何か」を気にしているから苦しいわけです。その「何か」とは最善ではない今の状態を叱る、自分にとっての善に向かう志向です。本人はそれらを同時に把握しているわけですから、その行為(悪)との葛藤になります。
葛藤は最善を尽くしたい、でもそうならない心の働きとの乖離状態といえます。


「善を暴走を阻止するための悪になる」
「メリットがある選択を行うことが個人にとっても社会にとっても最善」

という質問者さんの少々過激な言葉について、回答さんらは反論を示しているのではないかと。
現実的には道徳面からの善悪を指し、その個人的な指針はそれぞれ違うという回答もあります。
また回答に対するレスも、現実論と理論とのすれ違いとみられます。

質問者さんの「メリットがある選択を行うことが個人にとっても社会にとっても最善」との考えがあります。「暴言を吐く人が自分の意見が正しいと思っているのなら絶対善である」という一つの例も、絶対善を導くための理論にすぎず、現実的には、反省しているかもしれないし、相変わらず自分は正しい(絶対善)をもっているのかもしれません。
しかし暴言を吐かれた人にとっては絶対悪に侵されたと思うでしょう。
そこに絶対善に対する絶対悪がでてきます。しかし質問者さんは「善は目に見えるものでも、悪は目に見えない世界にある」というお考えのようですが、その具体的な意見がみあたりません。

それについてはこういうことではないでしょうか。

「地獄への道は善意によって舗装されている」という聖書の一節については、私は欺瞞のことだと思ってます。
本人が自分についている嘘に気がつかない、認めないものですからさらにタチが悪い。周囲も見ざる聞かざる言わざる状態ですから、善を楯にして真実に対し目を覆うわけです。そういう意味では善は目に見えている状態でありながら実は見えていない。

この世にはないというのは、フィルターをかけられている心の目の状態。

この世は「ふたつのこと」の法則で成り立っていますから、悪がなければ善もない世界です。
善悪の闘い、理論上では二項対立の世界ですが、現実的には白黒はっきりつけられるものではない。善も悪もはっきりしていたら、この世は単純に事が運びます。

ですから質問者さんのおっしゃるように「「悪」と考えられている行為にも「絶対善」が含まれています。」という意見も分かります(ただしそれが「絶対としない」とするには、私も根拠と確証がもてませんが)。

そして「最善」のものを選択するということを絶対というのなら、その例はたくさんあります。
質問者さんはオリンピックや戦争の例を挙げていますが、他にも、たとえば仕事で最善を尽くそうとした結果、競争社会において他者を蹴落とすことになるようなこと。
本人は自分、家族、会社のためにやったことですが、最善が他者にとって最悪になることもあるわけです。でも結果としてその善は独善となる。

------------------------------------------------------
【独善】
1 他人に関与せず、自分の身だけを正しく修めること。
2 自分だけが正しいと考えること。ひとりよがり。「―に陥る」「―的」
------------------------------------------------------

自分の世界だけに関与するということは悪いことではありません。しかも自分の身だけを「正しく」修めること、とも定義されていますから、一人の世界に帰結する場合には「最善」となる。
一方で、その最善の世界に他者が関与する際、「ひとりよがり」となってしまい、相対的に「最悪」となる場合もある。

辞書をひいて、独善にはこういう意味があるとも思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

絶対善に関しては私なりに論点が2つあると思っています。

・それは本当に絶対性を持っているか。
・自分にとって良いを「善」としていいか。

一つ目は絶対性を持たない事例を一つ上げれば論破となりますから簡単です。
ただ今のところ見つかっていませんが。
2つ目がなかなか難しいところですね。

【善】
正しいこと。道徳にかなったこと。よいこと。

広辞苑には善の意味の中にはよいが含まれていますので私はあながち非常識なことは言ってないつもりです。
まぁ気持ちはわかります。
ただ哲学カテで当たり前の話をしても興にはなりませんしね(★ ̄∀ ̄★)にやりッ☆

お礼日時:2014/08/22 14:12

あなたは勝利者です。


理由はこの回答が25番目になるほど、多くの人が回答しているからです。

貴殿の意見は、この世の人間が全員とも正常(一般的に)である前提と思われます。
しかしながら、人間はいろいろな人がいます。

もっと言えば、論理的な最善の判断をしていない人の方が多いです。
受験浪人しているのに、勉強しない人。
医者から禁酒命令を受けているのにガンガン飲む人。

スタートレックのミスタースポックに聞いてみてください。
悪とは何かを。

多分「質問自体が論理的でない」と無表情で答えると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

この御題が皆さんの興になれば幸いです。

お礼日時:2014/08/22 13:56

最善を選択しようとする人の性があるというご意見ですが、人には、適当に選択すると言う事もあります。

どうでも良い訳ではないが、特にこだわりなく選択するという事です。この場合には、最善を選択しようとする人の性が機能してないと思われますが、どうでしょうか。人は必ず最善を求めるという推論は、的を得ていると思いましたが、絶対ではないのではないかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

深く考え慎重に選択するというのは案外疲れることではないでしょうか。
昼食を何にしようか考えているうちに考えることがめんどくさくなり、いつもの日替わり定食になってしまいます。
人間にとって考えるというのは肉体労働と同じように労力がいることです。
なので考えないで適当に選ぶというのも一つの選択肢だと思います。
さほど重要でないことであれば適当に選ぶという最善の選択を行ったと考えられます。

常に最善を選ぶという人の行動は人の能力というよりはこの世界の法則と考えた方がいいと思います。
人、動物、虫、植物・・・すべて最善を選択していると思います。
人以外は本能がそれを選択しているのでしょう。
私たちが意識してもしなくてもそれは私たちの行動を『善』に基づいて制限しています。

お礼日時:2014/08/21 08:52

いやはや、何ともお話になりませんね。



貴方は自己中心的な「独善」的思考に対して、造語を被せているだけなのです。

言葉はコミュニケーションです。

対手に伝わらなければ、何の意味もありません。

既に存在している単語を、別の単語に置き換えるだけの言葉遊びで、何かを発見した気になっている幼稚さを恥じた方がいいですよ。

貴方は何も得ても発見も発明もしていません。

「独善」的な意見を振りかざして、「孤高」を護っているだけの愚か者です。


利己主義、利他主義は突き詰めれば同一の性質を持つとは、私も同意しますが、しかし貴方は絶対善の説明の中で「法則に従い他人を傷つけることが最善と思われればそれを選択します」と言っています。

貴方一人の判断で、他の存在に干渉する行動は、何処まで行っても唯の自己中です。

「俺は絶対!正しい!」と喚いているだけなのですよ。

まぁ、其れを否定する資格を私は有していませんので、好きにして下さいとしか言えませんが、コミュニケーションは成立しませんね。

あ、でも私と私を取り巻く全ての存在に、貴方が土足で干渉した場合は、私の全力で持って報復はしますよ。

私の独断と独善でw

お邪魔しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/20 16:18

善悪は相対的。



絶対は、「非」相対です。

「絶対」と「相対」が同居できる訳が無いのです。

絶対善と言う発想そのものが、変なのですよ。

>「最善を選択しようとする人の性質」を絶対善と呼べないでしょうか

他者から観れば、最善も最悪も相対的です。

自己の内包する物だけから観ると、唯の独り善がりです。

自分の善なる思いから生んだ結果であっても、つまりは「我侭」です。

その結果をどう評価するかは人によりけりですし、自分での評価もまた同様です。

ポイントは「自分に納得させたいだけ」の単語です。

ほら、「我侭」です。

「最善を選択しようとする人の性質」を「自己中」と形容します。

この回答への補足

自分の命を守るという自己中心性がなくてどうして他人の命を守ることができるでしょうか。
この2つは矛盾していないし両立していると思います。

補足日時:2014/08/20 08:28
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>「絶対」と「相対」が同居できる訳が無いのです。

これは事実とは違うと思いますよ。
常に最善を選ぼうとしているという事実は絶対的ではないですか?
最善以外の選択肢がありますか?

>「最善を選択しようとする人の性質」を「自己中」と形容します。

もちろんそうですよ。
つまり、「自己中」を「最善を選択しようとする人の性質」と形容するわけです。
道徳的善の延長線上に絶対善はありません。
多くの回答者は道徳的善から絶対善を見るからそれが善に見えないんですよ。

お礼日時:2014/08/20 08:03

No15です


お礼みました

>利益の意味が違うのではなく何が利益かはその時によって違うということです

利益の意味ではなく、利益の意味するものです
状況によって変わる利益が意味する何かのことです
状況によって利益の意味するものが変わるなら、利益そのものの意味もハッキリしないですよね?
shift-2007さんも利益の意味を説明できないですね?
なぜ説明できないかというと、実質的に利益という言葉の意味が存在しないからです
利益という言葉そのものは中身のない言葉なんですよ
いわば入れ物のような言葉です、コレが利益だと言えば、コレが利益とイコールの関係になります
そしてそういう実質的な意味がない言葉を善悪の定義に用いるなら、善悪という概念も実質的に
意味のないものになると言っているのですよ

>全てに共通する意味は『私にとって』です

「共通する意味」の意味が理解できていないようですね
でも「私にとって」が共通する意味であるとあくまで言うなら
「私にとって」で善悪が地続きの関係になると説明できますか?

そもそもの定義を思い出してください
絶対善とは「もっとも良いと思われる選択を常に行う」ことでしたね
肝心要の「良い」ではなく「私にとって」と定義にすら含まれない言葉で
善悪が地続きの関係になるというなら、質問文にあるものとは別の論理が必要になりますよ
ただ単に苦し紛れの言いわけでないなら是非教えてください

この回答への補足

推測で書くこともできますが話がますますかみ合わなくなる可能性がありますので私がはっきり理解できることだけ返答することにします。

補足日時:2014/08/19 13:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

まず、お互い自覚しておきたいのは顔を向い合せて話をしているわけではなく、文章のみでやり取りをしていますので話の行き違いがどうしても発生します。
私の理解力の問題もありますので回答者が期待した返信をもらえない場合もあるでしょう。
だからと言って強弁しているとか苦し紛れの言い訳をしているとかそういう言い方はやめてもらえないでしょうか。
こっちはただ事実を並べているだけの作業なので。
頼みます。

で、今回の回答は私には全然理解できません。
冗談抜きで一つもです。
なので返信のしようがないです。
もしまだお付き合いいただけるのならもっと一般的な言葉で説明していただけないでしょうか。

私からするとひどく初歩的な説明を延々してきた気でいるんですが、asisai888さんは少なくとも私の質問に書いた内容は理解できましたか?
そのうえでもっと高次元の話をしたいということなんですか?

お礼日時:2014/08/19 13:47

>別に難しい話じゃないですよね?



えぇ、簡単です。

>絶対善の善とは自分にとって良い選択です。何が良いかはその時の状況によります。

「絶対」と「其の時」の交わる点を解説して下さい。

この回答への補足

No.21の回答内容理解できます?
理解できるなら解説してもらえないですか。

補足日時:2014/08/19 14:01
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

交わる点ですか・・・
まだピンときませんが

・絶対とは逆らえないという意味です。どんな場合も最善以外は選択できません。
・善とは最も良いと思われる選択です。

その時というのは「選択を迫られている」その瞬間です
そして人はその時「必ず」もっともよいと思われる選択をします。
これでいいですか?
点を一言でいえば「選択」ということでしょうか

お礼日時:2014/08/19 08:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング