人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

麻薬は、禁止されてるのに、タバコとか酒はなんで禁止にされないのですか?。麻薬が依存性高くて、体に影響あるから駄目なら、タバコとか酒でも一緒ですよね?。タバコなんか依存性しかなくて、ニコチン切れたらいらいらして、八つ当たりされるし、吸った本人も肺がんになったりして苦しむし、周りにも副流煙撒き散らして非常に迷惑だから禁止にしてもいいと思うのですけど・・。
酒とかも依存性強いし、アルコール中毒とかなんかとで、体にも害あるし、近年問題化している飲酒運転の事故のそもそもの原因ですよね?。十分迷惑です
なんで麻薬は禁止なのに、この2つだけはいまだにお咎め無しのがまったく理解できません。
単純に使ってる、飲んでる人ガ多いから規制がめんどくさいから?。それならみんなが麻薬すえば、法律の網を抜けられるんですかね?w

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

かつて米国で、1920年から1933年までの間


禁酒法が施行された期間がありました。

その結果、多くのもぐり酒場が生まれたり
禁酒法が施行されていない隣国に、多くの
アメリカ人が、アルコール飲料を飲む為に
国境を越えた事で、それらの国の蒸留所と
醸造所が大いに栄えました。

またギャングの多くがアルコールの密造
・密輸販売により大金を稼ぐ事になりま
した。
それが、ギャング同士の利権の奪い合い
と、それに伴う血で血を洗う激しい抗争
を生み、治安を悪化させる事になった。
一方で、禁酒法を取り締まる費用と治安
維持の費用が重大な問題になった上に、
酒税収入が無くなったので、政府税収に
悪影響を与える事になった。
そのため、禁酒法に対する反感が大きく
なり撤廃される事になりました。

結局、下手に禁止して地下にもぐられた
上に治安も税収も悪化させるより、公認
する事で有力な財源にした方が得になる
という事です。
    • good
    • 5

気持ちいいから。



あと、タバコが禁止されたら、女子バレーの日本代表はほとんどJTなんだから、バレーのチームがそだたなくなってしまうから。

酒を禁止したら、米農家やその仕事に使うトラクターとかコンバインとか作ってる業者が廃業することになる。

さらに、その、下請け、部品業者や、農薬、肥料を作っているメーカーにも影響が出る。

さらに、その前の、工場ですね。(*´・ω・`)b
酒を禁止したら、一体何万人の人間が、仕事を失うことになるか、想像してみてください。

ぼくは肝臓を痛くしているので、しばらく酒は飲みません。タバコは前に、一時間に四本ぐらい連続で吸ったら、呼吸困難になったので、それ以来、吸ってません。

結論。

なぜ、酒とタバコは禁止されないのか?
タバコと酒を禁止すると、日本は失業者で溢れるから。
    • good
    • 1

法規制よりも個々人のマナーの悪さが目に余りますね。



しかしながら完全禁止だと地下に潜りますし、
税収も無くなるので辛いとこですね。

オランダの大麻喫茶の様に「タバコ喫茶」出来るんじゃないかな?!
    • good
    • 5

難しいお話はよくわかりませんが、個人的に思うことはあります。



事件性が高いからなのではないかと思います。
国によってはマリワナが自動販売機で売っています。
これを良しとしない日本に私は感謝しますが。。

脱法ハーブの呼び方が危険ハーブになっただけで一歩前進。
これらの規制が更に進んで行けばハーブを吸っていた人達は、紛らわしにお酒を飲んだりたばこを吸うでしょう。
もしたばこやお酒がなければ…。

ハーブを吸う人だけに限らず、このストレス社会で生き抜くにあたり、病院に行かずに気軽に低コストでストレス発散できる嗜好品がなくなることはないのではないでしょうか。

ただ、マナーに対する法律は欲しいです、窓を開けてたばこを吸う人や、歩きたばこに罰金とか。
生意気な一人言を失礼しました。
    • good
    • 3

害がそんなにないのなら、非合法化して手がつけられなくなるより、合法化してコントロールしたほうが良い、と言う考えは、最近で言うとアメリカにおける大麻の取り扱いがそうですね。

    • good
    • 5

あなたは人間の生きざまについて思考が浅すぎます。


麻薬とタバコ、酒を一緒にしています。
医学的な分析は別にして、そもそも人間の趣向というものをまったく理解できていませんよ。
あなたのような考え方、生き方をみていると、とてもつまらないです。
どうして、そんな極端なものの見方になるのでしょうか。
多分、酒、タバコの問題ではなく、いろんなことに不満があるのでしょうね。
    • good
    • 4

1,酒もタバコも害悪があります。


 しかし、害悪には有無の他、程度、という概念が
 あります。
 酒やタバコは麻薬に比べて、害悪の程度が弱い
 と考えられているからです。

 害悪の有無だけで決定するのは、いわゆるデジタル思考
 です。
 現実はアナログです。
 だから、有無の他に、程度も考えるのです。


2,この害悪ですが、これは科学的に決められることも
 ありますが、習慣や歴史で決められることも多いのです。
 麻薬の中にはタバコよりも害悪が小さい、と言われて
 いるモノもあるようですが、それでも麻薬は禁止され
 タバコは許容されます。
 それは、歴史、習慣がなせる技です。
    • good
    • 2

一言で言えば「昔からあるもの」だからです。



タバコと酒は、日本に昔からあり嗜好品として利用されていましたが、麻薬や覚せい剤などは近代になってから、輸入されたり発明されたりしたから禁止できるのです。(そもそも覚せい剤を発明したのは日本人)

同様な嗜好品としては、たとえばフグがあります。日本では毒があって死亡事故もあるのに、珍味としてわざわざ免許を作って調理をしています。もともとフグを食べる文化のない外国では、いくら日本食がブームであっても「フグは禁止」というところが多いです。

また、寿司も日本なら「素手で握るのが普通」ですが、他国では衛生上素手で握ることができない国も多数あります。

また「こんにゃくゼリーを禁止しよう」というニュースも記憶にあると思います。幼児が誤飲して、死亡事故につながるので禁止する動きがあったのですが「だったら餅はなぜ規制しない?」という議論が起きて取りやめになった経緯もあります(餅はこんにゃくゼリーの10倍以上死亡事故があります)

つまり(日本に限らず)法制化する以前から嗜好品として利用されてきたものは規制されず、そうでないものは規制されるのです。

ただ、みんなが利用して害が類似するものと同程度なら、規制がゆるくなっていくことも考えられます。
大麻はだんだん合法化(または非犯罪化)されてきていますが、そのような国に日本人が行って、大麻を経験し、危険性と安全性の議論が起きればいずれ規制が撤廃されることもあるでしょう。
    • good
    • 2

タバコ税、酒税がなくなったら、国も自治体もお先真っ暗。



私の10万程度の町でも、自治体に入るタバコ税は年間8億強のようです。簡単には捨てられない数字です。

つまり、高額納税業界。

業界の圧力もあるでしょうし、その商売で生きている国民も大勢います。

禁止にするには、
まず、禁煙、禁酒ブームを煽り、それに乗って自治体が条例で禁止する。この条例が全国に拡散したら法令の出番かな、、、。

酒はともかく、タバコは禁止の方向へ向かった方が良いとは思います。「かえってイライラする」はニコチンタールに既にドップリ浸かった喫煙者だけの言い分ですからね。


ドップリ浸かった喫煙者です。
    • good
    • 0

明治、大正、昭和の初めまで


大麻はタバコやで売っていました

ヒロポン(麻薬のようなもの)も
販売されていました

サザエさんをよく読むと
ますおさんヒロポンやってます
何か徹夜仕事でもあったんでしょうか

農薬DDTなどは
虫は死ぬが人には害の無い農薬ということで
発売されたときは
世界中が驚きました

発売当時
食事中に上からDDTをまいて
人には害がありません!なんて
家族が楽しそうに食事をしている
アメリカのCMがありました

怪我をしたときの「赤チン」なんてのも
現在では禁止されていますね

昔はよくても
研究が進むと
禁止されたものがたくさんあります

しかし
たばことお酒はいかがでしょうか

アメリカの禁酒時代のように
裏で暴力団がはびこるということに
なりかねませんからねえ

風俗とパチンコ景品交換と
たばことお酒くらいなら
世の中がこれでガス抜きになるならと
目をつぶっているのではないでしょうか
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタバコが法律で禁止されない理由

僕は喫煙者です。
一箱1000円になっても吸い続けます。
好きで吸ってるからです。

タバコは自分だけじゃなく周りの人にも迷惑をかけ
環境にも悪いです。
人身事故や火災などの原因にもなり得ます。
テレビなんかでも「タバコは悪い」ってよく行ってます。
歩きタバコ禁止の条例とかも出来てます。
なのに何故タバコ自体が廃止されないんでしょうか。

悪いことしかないって解ってるのにどうしてですか。
ある意味マリファナと変わらない気がします。
お金の問題ですか?

Aベストアンサー

1000円になる理由ということでも分かると思いますが、
税収です。間違いありません。
健康被害、中毒その他を考慮して、
税収として、酒とタバコはOKだなという行政の判断です。
タバコとマリファナの間が境界線でしょうね。

Qタバコ有害はウソ、受動喫煙もウソ さあどうする

環境問題の専門学者である中部大学の武田邦彦教授が、タバコは一日20本程度なら健康に問題ない。
受動喫煙は感情論で科学的根拠はない。
と言い切った本を出版したそうです。

この人は原発問題などで東北の自治体に売れっ子の学者です。
以前にも、地球温暖化はウソ、むしろ冷却化しているとかダイオキシンは猛毒はウソとか
あるしゅ感情論的常識のウソを数々暴いてきました。

特にすごいのはダイオキシンで一時は猛毒と言われていました、
その為現在ほとんどの自治体では焚き火禁止条例があります。

ところが地方の農村では芋づるなど畑の枯れ草や木材などごく当たり前のように畑で燃やしています。
有料ゴミとしてで出していたら破産します。

ダイオキシンが無害だというのは学者の間では最早常識だそうです。

さてタバコですが私自身非喫煙者ですが子供の頃両親のタバコの煙に包まれて成長しました。
日頃から喫煙者いじめとも言える急激な禁煙運動や感情論を何か怪しいと思っていました。
やれWHOだの国連だの外国がどうとかお墨付きを得ようと必死過ぎなのが逆に怪しいと思います。

大昔からある生活習慣で良し悪しは別にして、あまりにも行き過ぎた規制のため、喫煙者はまるで犯罪者のような扱いです。
その結果数々の有名人なども喫煙を隠して地下に潜っています。
タバコを扱った落語や映画なども自主規制みたいになっています。

タバコ無害説が科学的根拠があるなら副流煙とか有害説を根拠にした色々な施策はどうなるのでしょうか?
大げさに言えば世の中ひっくり返るような騒ぎになるかも・・

このカテでもタバコ有害を信じ切った質問がほぼ全てですね。
どう考えればいいでしょうか?

環境問題の専門学者である中部大学の武田邦彦教授が、タバコは一日20本程度なら健康に問題ない。
受動喫煙は感情論で科学的根拠はない。
と言い切った本を出版したそうです。

この人は原発問題などで東北の自治体に売れっ子の学者です。
以前にも、地球温暖化はウソ、むしろ冷却化しているとかダイオキシンは猛毒はウソとか
あるしゅ感情論的常識のウソを数々暴いてきました。

特にすごいのはダイオキシンで一時は猛毒と言われていました、
その為現在ほとんどの自治体では焚き火禁止条例があります。

ところが...続きを読む

Aベストアンサー

妻の父親は酒もたばこも吸います。
妻の母親から聞いたのですが、昔、彼女が子ども(妻や兄弟)のことを思い煙草を禁止しました。

妻の父親は煙草は吸わなくなりましたが、その分酒をたくさん飲むようになり、アル中になって失業、離婚となりました。

僕は煙草も吸わないし酒も飲みません。しかし、鬱になりました。(今は良くなっています)


よくよく考えると、煙草を吸っていたり酒を飲む人って、ストレスとうまく付き合っているように感じます。
一種のストレス解消と考えれば、ストレス社会のこのご時世、煙草もいいのかもしれませんね


でも、こんなこというと、「煙草だけがストレス解消ではない」「スポーツで発散せよ」と頭の固い人たちは言うかもしれませんがね


僕もたばこを吸っていたりお酒を飲んでいたらもしかしたら鬱にならなかったのかなと妻の父に会うたびに考えてしまいます。

ま、無理して煙草はすいませんが、お酒は楽しいので頑張ってみようと思います。

Qアルコールと薬物(アヘン、覚せい剤など)の違いは何ですか?

アルコールと薬物(アヘン、覚せい剤など)の違いは何ですか?

アルコールも覚せい剤などと同じくらい依存性があると聞きました。このOKwaveでも、両者が違うのは、歴史的背景とか、経済的、政治的実利面のみである、とするものが多々あります。

しかし、私はアルコールと、薬物の違いは、やはりそれが人体に及ぼす影響の程度にあると思うのです。

私は、学校で薬物を常習すると「脳の神経回路が破壊される。」と習い、薬物常習者の書いた文を見せられました。ひらがなばかりで稚拙な文章がつづられていました。また、円などの簡単な図形も書けなくなるようで、乱用者が書いた円がぐちゃぐちゃになっている、というものも見ました。

そのような重大な疾患が起こる点で、薬物はアルコールとは違う、のではないでしょうか?

例えばアルコール依存症の人は、ひらがなしか書けなくなり、図を描くこともままならない、ということは無いと思います。同様にタバコも吸いすぎてその人の知能が著しく低下する、ということも無いと思います。

だから、それらはぎりぎり合法で、薬物は違法なのではないのですか?

みなさんの意見をお聞かせください。

アルコールと薬物(アヘン、覚せい剤など)の違いは何ですか?

アルコールも覚せい剤などと同じくらい依存性があると聞きました。このOKwaveでも、両者が違うのは、歴史的背景とか、経済的、政治的実利面のみである、とするものが多々あります。

しかし、私はアルコールと、薬物の違いは、やはりそれが人体に及ぼす影響の程度にあると思うのです。

私は、学校で薬物を常習すると「脳の神経回路が破壊される。」と習い、薬物常習者の書いた文を見せられました。ひらがなばかりで稚拙な文章がつづられていまし...続きを読む

Aベストアンサー

酒と煙草は、どちらも明治維新の前から日本にあり、広く嗜まれていましたので、そのような歴史的事情も考慮する必要はあると思います。

ついでに歴史を紐解くと、喫煙は元々南北アメリカの文化で、ヨーロッパに伝わったのは1500年頃の話です。
(コロンブスがインディアンから渡されたタバコを捨てたという有名な話もあります)
そのヨーロッパでは、煙草は当初薬草として広まり、喫煙は「万能薬」とまで言われました。
喫煙の効能としてよく言われるのは「頭が一時的にすっきりする」というようなもので、具体的にはニコチンが神経伝達物質の代替で働くというものです。
この状態に慣れると、本来神経伝達物質として働くはずのアセチルコリンが働きにくくなるため、ニコチンが切れると逆に頭の働きが鈍くなります。
依存性はコカイン等の薬物とほとんど変わらないのですが、ニコチンは致死量が他の薬物よりかなり低い(~60mg)ため、日本の法令における範疇上は麻薬ではなく毒物に入っています。
喫煙による健康被害が初めて指摘されたのは1900年頃の話で、本格的に敵視されるようになったのは1950年代からです。

N0.5さんの言う「過去の悪習」とは、具体的には何をさしているのでしょうか?
煙草が国による専売制となったのは日清戦争による財政難が原因ですので、大蔵省が管轄していたのは当然のことと思います。
(そもそも、当時の位置づけは嗜好品ですから、アヘンと違い内務省(→厚生省→厚生労働省)が管轄する必要性がありません)
他にも、日露戦争では戦費調達のために塩を、日中戦争では製造振興のために工業用アルコールを、それぞれ専売化しています。
(塩は、生活必需品にもかかわらず収益主義の専売化により価格が高騰して非難が集中したため、1918年に安定供給を目的とする公益主義に切り替えています)
管轄を切り替えるべき、というのなら分かるのですが、たばこは専売化から現時点まで常に重要な財源となっているので、政府のパフォーマンスはともかく、実際にはなかなか財務省からは切り離せないでしょう。
(参考:タバコ税による税収は約22.5兆円 国税・地方税合計額は約85兆円(いずれも2005年度))


あと、依存性という観点を廃した場合、アルコールよりましな薬物としてはコカインやマリファナ等があります。
特に、マリファナは急性中毒でも生命に関わるようなことはまずないとされています。
ですので、心身への影響だけで合法違法を判断することはできないと思います。

酒と煙草は、どちらも明治維新の前から日本にあり、広く嗜まれていましたので、そのような歴史的事情も考慮する必要はあると思います。

ついでに歴史を紐解くと、喫煙は元々南北アメリカの文化で、ヨーロッパに伝わったのは1500年頃の話です。
(コロンブスがインディアンから渡されたタバコを捨てたという有名な話もあります)
そのヨーロッパでは、煙草は当初薬草として広まり、喫煙は「万能薬」とまで言われました。
喫煙の効能としてよく言われるのは「頭が一時的にすっきりする」というようなもので、具体的...続きを読む

Qたばこの製造・販売禁止を求めない理由に対する意見

たばこの製造・販売禁止を求めないのは、アメリカの「禁酒法時代」と同じに、マフィア・暴力団の資金源となってしまい、国家権力との壮絶な闘いになる危険性があるからだと聞きました。
討論で「タバコは禁止すべきだ」と主張したいのですが、↑の意見に対する意見が見つかりません。やはり「禁止すべきではない」という結論に至るのでしょうか?
また、健康面からも「禁止すべきだ」と主張するつもりなのですが、実際にタバコの影響で被害にあったという事件が載っているHPがあれば教えていただけませんか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>また、健康面からも「禁止すべきだ」と主張するつもりなのです

 タバコを吸っている人で、すでにニコチンの中毒
症状が出ている人は、タバコがやめられないのでは
なく、絶対に止めないと言い張るようになるんですね。

 タバコ製造という元を断ってもダメだと思います。

>たばこの製造・販売禁止を求めないのは、アメリカの「禁酒法時代」と同じに、マフィア・暴力団の資金源となってしまい、国家権力との壮絶な闘いになる危険性があるからだと聞きました。

 そのとおりだと思います。

>討論で「タバコは禁止すべきだ」と主張したいのですが、

 製造中止を出すにしても、後のことでしょう。

少し逆説的に聞こえるかもしれませんが、
むしろタバコ製造を自由化してしまうのです。
そのかわり、販売条件を具体的に細かく
決める。
 例えば、そのタバコの死亡率の明示を義務付ける
のです。
 
 現状、JTのような半ば国営企業のようなところが
独占しているので、厚生省が断固とした態度に
出られない。これが1番問題です。


>実際にタバコの影響で被害にあったという事件が載っているHPがあれば教えていただけませんか?

 HPがちょっと見つからないのですが、
今全国的に広がりつつあるタバコ禁止
運動のきっかけとなった、歩きタバコに
よる傷害事件が幾つかあったと思います。
 タバコを目にぶつけられて子供が失明
しかかったというやつです。

 あと、JTがタバコの銘柄別の死亡率データ
を持っているらしいという話もあり、データ
公表の圧力があると聞きますが、そういった動き
対し、JT、厚生省が独自にタバコに関する
データをHPで公表しつつあると聞きます。
(ここ1,2週間の小泉総理のメールマガジン
にデータ公表の件は載っていた思うのですが・・・)

 他のHPの書き込みでもちょっと見たんですが、
喫煙率のデータを見ると、JTのも厚生省のも
30代より40代の人の喫煙率が1~3%
必ず低いんです。
 今なら禁煙ブームの影響とも考えられますが、
JTのデータなど30年くらい前からある。

 みんながタバコをやめる傾向にないころから、
40才代になると喫煙者が減っているのは、
その人たちが死んでいるため、喫煙率が
減っているのだと言われているんです。

 1世代200万人くらいですから、30代と
言えば約2000万人ほど。そのうちの1~3%
ですから20~60万人の人が10年で死んで
いることになる。

 これは喫煙率から分かることですから、タバコが
死亡原因であることは明らかで、尚且つ間接喫煙
といった2次的被害は含まないものですから、実際
の被害はもっと多いでしょう。

>また、健康面からも「禁止すべきだ」と主張するつもりなのです

 タバコを吸っている人で、すでにニコチンの中毒
症状が出ている人は、タバコがやめられないのでは
なく、絶対に止めないと言い張るようになるんですね。

 タバコ製造という元を断ってもダメだと思います。

>たばこの製造・販売禁止を求めないのは、アメリカの「禁酒法時代」と同じに、マフィア・暴力団の資金源となってしまい、国家権力との壮絶な闘いになる危険性があるからだと聞きました。

 そのとおりだと思います。

>...続きを読む

Q煙草がなくなれば税金が上がる?

無知のまま質問させていただきます。

煙草は、そのほとんどが税金です。
もし、将来的に煙草が全面販売禁止になれば、お国の収入が減ります。
その分、どこかしらの税金が上がるのでしょうか。例えば消費税とか。
となれば、喫煙者は、その他大勢の方が支払うべき税金を
体を壊してまで、せっせと納めてくれている「良い人」とも考えることができます。

一部の喫煙者から「俺らが払った税金で作った道路や施設を利用してるくせに
煙が臭いとか、ギャーギャー偉そうな事をいうな。
俺らが煙草を止めると、お前らの税金が上がるんだぞ。」と言われます。
それを言われると、言い返せません。
その対抗策がほしいのですが。

Aベストアンサー

>将来的に煙草が全面販売禁止になれば、お国の収入が減ります

●全面販売禁止は麻薬取締法などの適用などの品目適用が無い限りありえません

ただ日本は先進国のなかではタバコの値段が安い方です
先進国では大体ひとはこ500円から高い国では1000円くらいします

>その分、どこかしらの税金が上がるのでしょうか。例えば消費税とか。
となれば、喫煙者は、その他大勢の方が支払うべき税金を体を壊してまで、せっせと納めてくれている「良い人」とも考えることができます

● タバコ税は大切な税源ですが・・ 吸わなくなれば
その分のお金を趣味に使ったり物を買ったりするでしょうから 消費税などの形になって税は入ってきます

タバコ税として入ってくるより減るでしょうが

>体を壊してまで、せっせと納めてくれている「良い人」とも考えることができます

●あなたは勘違いしてます
タバコは直接吸うより副流煙の方が有害なのですよ
タバコは吸うより吐く煙の方が有害物質が多く含まれています

つまり タバコを吸う人と吸わない人が並んで座っている場合 吸わない人も同じかそれ以上のはいがん率になります
カラダを壊しつつ税金を払っていると言うのはまちがいです
無益な人までも ガンになるように仕向けています
私に言わせれば 暴走族とかと同じです
迷惑振りまいているだけです

(これが 匂いのきついガムとかなら他人には無公害でしょうが・・)
極論いえば 間接殺人ですよ!!!! 

>一部の喫煙者から「俺らが払った税金で作った道路や施設を利用してるくせに
煙が臭いとか、ギャーギャー偉そうな事をいうな

●たばこの税なんて税収のほんの一部です そんなに大きいこと言うほどのものではありません

『たばこの煙によって 不健康な人がたくさん増えれば医療費が増える=国の社会厚生費が増える=税金が足りなくなる=税金が上がる

ので タバコ税があるから国が助かるなんてことはありません
健康な人がたくさんいる方が 労働力も確保でき
死んで悲しむ家族も減るし そっちの方が国にいいです

>俺らが煙草を止めると、お前らの税金が上がるんだぞ。」と言われます。
それを言われると、言い返せません。
その対抗策がほしいのですが。

●たばこ1本吸うと寿命が10秒短くなると言います
俺のよこで吸うなら 寿命10秒分の金払えって言ってやってください

●私はタバコ吸う人を否定しません
他人に迷惑かけなければ いいと思います
当人には一種のストレス軽減でしょうし
ぽい捨てや歩きタバコ 場所をわきまえないなど
おまえその吸殻どこ捨てる気や?ちゃんと携帯灰皿持っとけ!って思います

>将来的に煙草が全面販売禁止になれば、お国の収入が減ります

●全面販売禁止は麻薬取締法などの適用などの品目適用が無い限りありえません

ただ日本は先進国のなかではタバコの値段が安い方です
先進国では大体ひとはこ500円から高い国では1000円くらいします

>その分、どこかしらの税金が上がるのでしょうか。例えば消費税とか。
となれば、喫煙者は、その他大勢の方が支払うべき税金を体を壊してまで、せっせと納めてくれている「良い人」とも考えることができます

● タバコ税は大切な...続きを読む

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む

Qなぜタバコはダメでお酒はいいの?

最近日本ではタバコに対しての見方が大きく変わってきていますよね。
それに関してはいいことだと思うんです。今までずっとタバコを
嫌がっていた人達に迷惑をかけてきたのですから。
私はタバコを吸ってもいいし吸わなくてもいい。お酒も飲もうと思えば飲めるし飲まないと思えば飲まないくてもいいと言う感じなのですが
純粋に疑問に思ってることがあります。なぜタバコだけがこんなに
嫌われるようになったのでしょうか?私が疑問に思っている点は

1.「お酒は少量は体にいいから」なんて独りよがりな言い訳を
   聞くことがありますが、喫煙者にとってはタバコを吸う事により
   ストレスがたまらなくなり、それこそ喫煙者にとっても
   「タバコはストレスを溜めにくくするからいいんだ」って
   言い訳ができると思うんです。

2. 「タバコの煙のせいで吸ってない人の体にも影響を与えるから。
   昔はやめたくても、タバコを吸いながら話すことは
   コミュニュケーションの1つだったから我慢するしかなかった」
   ~確かにその通りだと思います。しかし、お酒を飲めない人に
   とっては会社の飲み会だって同じように迷惑なのでは?
   上司についでもらったビール、いくら嫌いでも断るわけには
   いきませんよね?飲み会自体もきちんと参加しないと
   「人付き合いが悪い」とレッテルを張られてしまいます。
   「タバコの我慢」と「お酒の我慢」何がどう違うのですか?
3. 喫煙者はマナーが悪いと言いますが酔っ払いのあれは何ですか?
   人に絡むわ、大声は出すわ、お酒くさいわ、ゲロは吐くわ、
   挙句の果てには飲酒運転で多くの人々の命が犠牲になってます
   特に私達女性からすると今の時代、ただでさえ常に身の危険を
   感じているのに、知らない酔っ払いに絡まれると本当に怖いです

タバコとお酒、両方どちらでもかまわない者として、何故2つとも
あまり害の大きさが変わらないのにタバコだけが毛嫌いされているのか
疑問に思います。タバコ1000円とありますが、それならばお酒だってそうなるべきですよね?特に「お酒は呑むけどタバコは大嫌い!」と言う方からのご意見をお聞きしたいのですが、もちろん「タバコもお酒もしない」「両方好き」または「タバコは好きだけどお酒は嫌い」の方々からのご意見もぜひお伺いしたいです。

何故お酒はいいのにタバコはダメなのですか???
もし逆にお酒だけが叩かれ「1缶700円!」なんて言われたらどういう気持ちがするんですか????

最近日本ではタバコに対しての見方が大きく変わってきていますよね。
それに関してはいいことだと思うんです。今までずっとタバコを
嫌がっていた人達に迷惑をかけてきたのですから。
私はタバコを吸ってもいいし吸わなくてもいい。お酒も飲もうと思えば飲めるし飲まないと思えば飲まないくてもいいと言う感じなのですが
純粋に疑問に思ってることがあります。なぜタバコだけがこんなに
嫌われるようになったのでしょうか?私が疑問に思っている点は

1.「お酒は少量は体にいいから」なんて独りよがりな...続きを読む

Aベストアンサー

No2です。

>しかしタバコや葉巻も(特に葉巻)だって、見る人から見れば
「作品」になりませんか?

なりますでしょうね。じゃなきゃ銘柄ごとにブランドなんてないでしょうから。現に某国の葉巻は某国への持ち込みは禁止されてますし。ただ、日本においてどう価値基準がおかれているかと言えば、それはお酒の方に決まっています。日本にはもともと煙草なんてなかったんですから。諸外国でも一緒ですよ。基本的に、煙草が嗜好品の域を出ないのに対して、お酒は「御神酒」という言葉もあるように神に捧げられるほどのものでもあったんです。

私の言葉足らずですみませんが、私は「税」と言うよりかは
「モラル」によりスポットを当てたご意見をお聞きしたいです。

「お酒」と「タバコ」のモラルの違いから見た「何故タバコがダメなのか」と言うご意見を伺えたら大変ありがたいです。

モラル以前に、まず、日本の慣習をとらえてみましょう。「酒」は本来ハレの飲み物で、祝いの席で饗されるものでした。縁起物であり、尊いもののひとつであったんです。宴会とは、本来そういう席だったんです。現在の宴会はその名残です。そのことをふまえて問題点に振り替えると、現代文明との衝突が質問者さまの疑問につながっているのだと思います。たしかに、昔だったらどんなに酔っぱらっても車なんてないんだから飲酒運転で人は殺されたりしなかったわけです。(まあ…昔酔っぱらって馬車にひかれて死んだ有名な作曲家がいましたが…)私的空間と公的空間を区別すべき、と言う考え方も、影響されているでしょう。そうすると酔っぱらいはひじょうに迷惑に感じるのでしょうね。また一方で、若い人たちの、めでたい席でのお酒=お酒を飲んだら何をしてもいい、というような勘違い(毎年新歓シーズンになるとどこの大学でも急性アルコール中毒での死者が出ているのはこのばかげた考え方のせいです)がはびこっているのも不快なものです。
ただ、お酒を完全に排除すると言うことは一つの文化を消し去ると言うことです。
そして、上に書きましたとおり、「お酒」は全く悪くないです。悪いのはお酒を飲む人の飲み方です。欧米ではお酒の飲み方は日本よりも温雅で、(日本では酔っぱらうことはいいこと、という伝統があります(これは古代から受け継がれているものです)が、欧米では酔っぱらうまでお酒を飲む人は毛嫌いされます)落ち着いています。なので、煙草に対する嫌悪が強くてもお酒に対する嫌悪は弱いのです。基本的に日本は欧米がしていることをそのまま実行に移す傾向が強いので笑「煙草は悪い!」という話からはじまったのかもしれませんね。もともとの飲み方が違うのにこれじゃあ質問者さまも混乱しますよね。


まあ、煙草嫌悪と一緒にそういう良い部分は日本に入ってきても良いと思いますねー。

これでモラル面の説明にもなったでしょうか。

No2です。

>しかしタバコや葉巻も(特に葉巻)だって、見る人から見れば
「作品」になりませんか?

なりますでしょうね。じゃなきゃ銘柄ごとにブランドなんてないでしょうから。現に某国の葉巻は某国への持ち込みは禁止されてますし。ただ、日本においてどう価値基準がおかれているかと言えば、それはお酒の方に決まっています。日本にはもともと煙草なんてなかったんですから。諸外国でも一緒ですよ。基本的に、煙草が嗜好品の域を出ないのに対して、お酒は「御神酒」という言葉もあるように神に捧げられ...続きを読む

Qタバコは何で売られているのか教えて下さい!!

こんにちは!!
今、高校で「タバコについて」調べています。
私は【なぜタバコは売られているのか?】を調べることになりました☆
何でこのようなテーマにしたかというと、“タバコは体にいけない”などタバコは世間であまり良い風に言われてませんよね?それなのに道にはたくさんの自動販売機がありタバコが売られていて矛盾しているという話になりこのテーマになりました。
タバコを売ることで何か良い事(?)が起きるのでしょうか??ぜひ教えて下さい。
何か訳の分からない文になってしまってすみません…ご回答していただけたら嬉しいです☆

Aベストアンサー

喫煙者です。
1、喫煙は非常に古い時代からあり、多くの人が吸っていた
2、すっている人はニコチン中毒なのでやめるのが非常に難しい。
3、かつては喫煙と肺がんなどの関連性がわかっておらず健康にそれほど害の無いものだと思われていた。
4、上記3が解っても間接喫煙の害などが騒がれだしたのはここ20年くらいの話である
5、大きな税金の収入源である
上記の理由から伝統的に喫煙というのは社会から容認されてきた嗜好なのです。
現在、喫煙が、本人にも、周りの人にも良くないことがはっきりしてきたにもかかわらず、相変わらず販売が行われています。
日本は、良くない、良くないというだけで実効のある喫煙者削減のためにはあまり努力をしていないように見受けられます。
たとえば欧米では
1、自動販売機の設置規制
2、高額な税金をかけ、タバコを非常に高いものにする(たとえばヨーロッパでは1箱750円位します)
3、公共施設の禁煙、指摘施設(レストラン)への禁煙席設置義務
4、禁煙援助薬(ニコチンパッチ、ニコチンガム)に保険を適用し安価で、また薬局で簡単に購入できるようにする(日本ではこの手の薬は認可されていないか、意志の処方箋が無いと買えず、非常に面倒)
5、喫煙者、非喫煙者の保険料が大きく違う
6、民間会社でも禁煙奨励金などを出すところもある
などを行って、強制的に禁煙が進むような努力がされています。
喫煙者が半分に減っても税金を倍にすれば税収入は同じになりますから、その辺(タバコが大きな税収入であるという事実)はカバーしていると思います。
ただ税金の考え方が、喫煙者は健康を損なう可能性が高く結果的に国にその負担(健康保険など)が来るので、それを非喫煙者に負担させるのではなく、喫煙者本人に払わせようという考え方のようです。
なぜ項なのか、というのは難しいですが、政策を決定する人が喫煙者だから、というほかの回答者のご意見がうなずけます。

喫煙者です。
1、喫煙は非常に古い時代からあり、多くの人が吸っていた
2、すっている人はニコチン中毒なのでやめるのが非常に難しい。
3、かつては喫煙と肺がんなどの関連性がわかっておらず健康にそれほど害の無いものだと思われていた。
4、上記3が解っても間接喫煙の害などが騒がれだしたのはここ20年くらいの話である
5、大きな税金の収入源である
上記の理由から伝統的に喫煙というのは社会から容認されてきた嗜好なのです。
現在、喫煙が、本人にも、周りの人にも良くないことがはっきりして...続きを読む

Qマリファナが違法で酒、タバコが合法なのは?

私は決してマリファナが吸いたいわけではありません。酒もタバコもやりませんので。言い訳から始まりましたが、質問させてください。どうしてタバコや酒が合法でマリファナは違法なのでしょうか。必ず理由があるはずだと思うのですが。タバコや酒は良い税収になるから違法としない、また、そのほかの依存性のある、脳や健康を大きく害する薬物は国単位で考えて経済的にも大きな損害(人の生産量の低下、事故数の増加など)だろうから違法とするのだろうと自分なりには納得しています。ただ、マリファナは健康へのダメージも依存性もタバコと比べ低いと聞きます。また、酒ほど精神が錯乱状態にならないと聞きます。
このカテゴリーでよかったか分かりませんが、分かる方、おられますか。

Aベストアンサー

>必ず理由があるはずだと思うのですが。タバコや酒は良い税収になるから違法としない、また、そのほかの依存性のある、脳や健康を大きく害する薬物は国単位で考えて経済的にも大きな損害(人の生産量の低下、事故数の増加など)だろうから違法とするのだろうと自分なりには納得しています。ただ、マリファナは健康へのダメージも依存性もタバコと比べ低いと聞きます。また、酒ほど精神が錯乱状態にならないと聞きます。

参考URLウィキペデイア「マリファナ」を見て下さい。マリファナを中立的、公平に見ている点で質問者さんも納得できるでしょう。

私の個人的意見としては、酒、タバコは近代法治国家が成立する以前に普及してしまい、古代国家・中世国家がこれを是認し、税収源としていた慣習が近代国家にそのまま引き継がれたため合法になった。一方マリファナ(大麻)は近代法治国家が成立以降、効用が発見され、しかも東インド会社(背後に大英帝国あり)が対中国貿易の収益確保手段として用いられ、しかもこれが清国(現在の中国)を悩ませた社会・経済・外交問題の重大要因となり、「マリファナ(大麻)=国家滅亡の恐れ」みたいなステレオタイプが、国家指導者の指導理念として定着したことが大きいと思います。

質問さんは、酒、タバコと同列にマリファナを嗜好品として合法化しない疑問を提示しておられるようですが、あと50年、100年もすれば酒、タバコも完全に非合法化されるような気がします。もっと悪いことに、その、砂糖の使用の制限(例えば、喫茶店、レストラン、スタバのようなコーヒーショップでのコヒー、紅茶への砂糖の提供の禁止、コカコーラの販売禁止みたいに・・・)に進むでしょう。同様に来るのはメタボリック症候群の人に対する、ハンバーガー、ステーキ、焼肉等の提供禁止の法制化でしょう。

残念ながら、現時点では、こういう方向に世の中が動いています。これも私の個人的意見ですが、その代償として性の自由化はどの国でも驚くほど進んでいます。中高生の処女率・童貞率はどんどん低下しています。ということは、人類の生存本能が地球的レベル、少なくとも先進諸国レベルで起きているのでは、というのが、私の独断です

>必ず理由があるはずだと思うのですが。タバコや酒は良い税収になるから違法としない、また、そのほかの依存性のある、脳や健康を大きく害する薬物は国単位で考えて経済的にも大きな損害(人の生産量の低下、事故数の増加など)だろうから違法とするのだろうと自分なりには納得しています。ただ、マリファナは健康へのダメージも依存性もタバコと比べ低いと聞きます。また、酒ほど精神が錯乱状態にならないと聞きます。

参考URLウィキペデイア「マリファナ」を見て下さい。マリファナを中立的、公平に見ている...続きを読む

Qタバコはダメだけどお酒はいい??

社会の風潮として、タバコはダメだけどお酒はいい…みたいなものが感じられます。
タバコは百害あって…だけどお酒は百薬の長だから云々。このタバコとお酒の扱い方の違いって異常じゃ無いですか。タバコがあまりにも冷遇され過ぎな気がします。同じ嗜好品と言う事で同じ土俵で話します。嫌煙家は都合が悪くなるとタバコとお酒は違うとか言いますが、敢えて同じ嗜好品という括りの下、同じ土俵で話します。
例えば職場は全面禁煙、嫌煙家は喫煙者に我慢するように言います…喫煙者は病気であり嫌煙家が正義である、故に強引な手段を用いても職場からタバコを排除すべきだと。これってグリーンピースとかと一体何が違うんでしょうか。やってる事は何1つ変わらない気がします。自分のやっている事を正義と思い込み、価値観の違う他者を強引な手段で排除する。仮に休憩時以外は禁煙としても今度は休憩時においても禁煙にしようと過剰に騒ぎ出す。つまりタバコが世界から無くならない限り終わりは見えない訳です。休憩時以外の禁煙とかは嫌煙家にとっては一里塚でしか無い訳ですから。はっきり言って嫌煙家の方が病気だと思いませんか?? 会社は事ある毎に歓迎会などと称して飲み会などやります。お酒の臭いが嫌いだなんて主張は通用しません。何故ここまでお酒が優遇されてタバコが冷遇されるのか、酒造メーカと一部の嫌煙団体、また政治が癒着でもしているのでしょうか??

社会の風潮として、タバコはダメだけどお酒はいい…みたいなものが感じられます。
タバコは百害あって…だけどお酒は百薬の長だから云々。このタバコとお酒の扱い方の違いって異常じゃ無いですか。タバコがあまりにも冷遇され過ぎな気がします。同じ嗜好品と言う事で同じ土俵で話します。嫌煙家は都合が悪くなるとタバコとお酒は違うとか言いますが、敢えて同じ嗜好品という括りの下、同じ土俵で話します。
例えば職場は全面禁煙、嫌煙家は喫煙者に我慢するように言います…喫煙者は病気であり嫌煙家が正義である、...続きを読む

Aベストアンサー

喫煙家です

お酒が一滴も飲めません

ここまでタバコが煙たがられるのは、はっきり言って異常です

お酒は人を凶暴にします

暴力事件になったり、物を壊したり

また、道の真ん中で平気で吐きます

飲めない私に強引に勧めてきます

居酒屋のトイレもタイヘンなことになります

でも、私はこのようなタバコの吸い方はしません

きちんと灰皿へ吸殻を捨てます

窓からポイ捨てもしません

嫌いな人の前で吸いません

「私の誘いを断わるのか?」などと暴力的な発言もしません

何か文句ありますか?


人気Q&Aランキング