痔になりやすい生活習慣とは?

 銃や大砲の口径はインチ法を基にされているものが多いです。12.7ミリ=0.5インチ、37ミリ=1.5インチ、76ミリ=3インチ、105ミリ=4インチなどです。
 でも旧日本軍の戦車砲は57ミリ(2.24インチ)や47ミリ(1.85インチ)というインチ法で見てもセンチ法で見ても中途半端な口径が主流でした。45ミリとか50ミリのようなセンチ法で切りの良い数字にしなかったのはなぜなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

10進法基準のメートル、センチ法と、2、3進法基準のヤード、


インチ法の問題ですね。

インチの下は、1/2インチ、1/4インチ、3/8インチのような二進法
です。
(1フィート は12インチ、1ヤード は 3フィート、ちなみに1マイルは
 22×80ヤード 頭がおかしくなりそう)

それで、12.7ミリは 1/2インチ、37ミリは 1と1/2インチなのです。

第一次大戦、英国で活躍した火砲のひとつ6ポンド砲は口径が、
57mm(2と1/4 インチ=2.25インチ)でした。
この半端な口径は、同じく活躍した、114mm(4と1/2インチ)榴弾砲
の半分ということです。

日本の最初の中戦車はこの57mm口径の短砲身を採用しました。
(軽戦車は 37mm砲)
これでは威力不足なので、47mm口径の長砲身にしました。

ノモンハンで日本戦車を撃破した当時ソ連の45mm(1と3/4インチ)砲
を意識したのです。
ただ同時期の他国でも、47mm砲、94mm砲を製作しています。

せンチ法、インチ法にこだわらないと言えます。

インチ法は本来10進法ではなく、155mm砲を、6,1インチ砲というのは
おかしいのですが、実際は10進法が通用しています、
第一次~二次大戦にかけ使われた、英国の、9,2インチ(23,4mm)砲
センチ法でも、インチ法でも半端です。

各国駆逐艦の艦砲、13,3mm(5,25インチ)、12,7mm(5インチ)、
12,5mm(4,9インチ)、12mm(4,7インチ)などさまざまです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ヤード・ポンド法は実に複雑ですね。

私は釣りが趣味なのですが
外国製のルアーやオモリなんかも
重さが1と5/8オンスとかわけのわからない表示が多いです

お礼日時:2014/09/24 21:23

ヤードやポンドとかを変換して、小数点以下を四捨五入して命名しています。



47や57も正確にではありません。

四捨五入しています。

はっきり言って、5や10の物も方が少ないです。

75mm野砲、山砲。

10cmカノン砲。

くらいでしょうか?!

でも、これらも四捨五入されています。
    • good
    • 0

57mm ≒ 2 1/4 in.


47mm ≒ 1 5/6 in

ヤードポンド法では12進が基本ですから中途半端とは言えません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ヤード・ポンド法は実に複雑ですね。

私は釣りが趣味なのですが
外国製のルアーやオモリなんかも
重さが1と5/8オンスとかわけのわからない表示が多いです

お礼日時:2014/09/24 21:24

6ポンド対戦車砲見たいに、弾頭重量が基準の砲もありますよ。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q未だにソ連の122ミリ砲が破られないのは何故ですか?

ソ連は対戦中のヨセフスターリン戦車で122ミリ砲を搭載したのに、
イギリスのチーフテンは120ミリだし、西側の主力戦車は半世紀も105ミリ砲だったのは何故ですか?
現在も西側は120ミリです。

Aベストアンサー

 まず、口径の関係ですが、実は表記が必ずしも実際の弾の大きさとは関係がないかもしれない、ということがあります。
 ご承知の通り、ライフリングがなされた砲には、厳密に言えばライフリングの山から山へ測った「口径」と谷から谷へ測った「口径」の2種類があるわけです。
 このへんの「はかり方」は実は国やらメーカーによってまちまちであるので、数ミリ程度は誤差の範囲内です。
 因みにソ連-ロシア軍は敵に比してやや(ミリ単位ぐらいで)大口径の砲を好む傾向があります。一説には砲弾の鹵獲再利用が念頭に置かれている(実戦でそうした例もある)からとも、カタログ上有利にみえるからともされますが・・・。

 さて、第2に、WW2で一旦120ミリまで拡大した戦車の砲口径が一旦縮小したのか、という点についてですが、これはポストWW2における戦車の発展史と関連があります。
 つまり、でかい砲に重装甲、ただし速度や展開能力は無視するという「重戦車」(ISシリーズはその最たるモノですが)は結局それほど役には立たない、走攻守のバランスの取れた中戦車の裔であるMBT(主力戦車)こそ保有すべきである、という思想に到達するわけです。
 この段階で、できあがった「主力戦車」は主に技術的な側面から、砲の口径が100ミリ前後(第一世代戦車で90ミリ、第2世代で100ミリ)程度に収められます。これは、例えば、パワーユニットの関係だったり、重量を抑える(かわりに機動力を持たせる)という考えのためだったりします。
 
 つまり、WW2に於ける120ミリ級の砲はかなり無理をして積み込んだ代物で、戦後れーせーになって考えると、その無理のせいで使いにくく、いったんは廃れてしまった、それが為に砲口径は一時的に“退化”したようにみえるわけです。その後、エンジン出力の向上などによってバランスを取った上で120ミリ級の砲が積めるようになりました(が、それ以上は先述の通りちょっとやる気が出ない)。

 最後に、ソ連側の戦車技術についてですが、これは砲に対するある程度の先進性(滑腔砲の採用)など、西側の戦車開発に対してインパクトを与えることは多々ありました。まあ、敵なんだから当然と言えば当然の話ですが・・・

 まず、口径の関係ですが、実は表記が必ずしも実際の弾の大きさとは関係がないかもしれない、ということがあります。
 ご承知の通り、ライフリングがなされた砲には、厳密に言えばライフリングの山から山へ測った「口径」と谷から谷へ測った「口径」の2種類があるわけです。
 このへんの「はかり方」は実は国やらメーカーによってまちまちであるので、数ミリ程度は誤差の範囲内です。
 因みにソ連-ロシア軍は敵に比してやや(ミリ単位ぐらいで)大口径の砲を好む傾向があります。一説には砲弾の鹵獲再利...続きを読む

Q太平洋戦争当時日本軍が三八式銃を使用していた理由は

三八式銃とは、明治38年 に発明された旧式の銃らしいですが、
これを太平洋戦争当時でも使用していたそうです。
戦争中の兵器の進歩は日進月歩なのが普通なので、
これは不思議なことです。
使用し続けた理由は何でしょうか?

大量に余っていたとしても新式に鋳直せばよいだけのことです。
現に戦闘機などはどんどん改良を重ねています。
なにか特別なことがあったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

銃は、航空機、戦車、潜水艦のいわゆる三大新兵器とは違う「熟練した兵器」ですので、寿命は桁外れに長いです。
ほかに寿命の長い兵器は、歴史的に見ると刀剣があります。日本刀は、太刀~打刀に変わったりと、若干の変更がありますがおおむね形は変わりません。これは刀は、熟練した兵器であり、戦術的な変革がなければ、仕様を変える必要がない代物だったといえるでしょう。

さて、三八式についてですが、これも似たようなものです。諸外国の兵器と比べた場合の旧式度合いについては、すでに前に語られていますね。
新しいともいえませんが、それほど古いともいえません。つまり、ボルトアクション式では、すでに三八式は「決定版」ともいえる代物だったのです(No12の方が言っているように日本人にとって扱いやすいのも大きい)。
決定版なので、それ以上のものは戦術的転換がないかぎりは不要です。現在でもピストル、小銃などは50年以上前の設計の物だって十分現役で使っている国もあります。これらは現代の戦術では決定版足りえる代物だからです。

さて、先ほどから「戦術」という言葉を使っていますが、これが、三八式におきた一つ目の悲劇です。
時代は第1次大戦、火器は「小銃による打ち合い(砲は補助的)」から「重砲と機関銃(小銃は補助的)」による戦術に「転換」しました。

つまり三八式の作られた時代の戦術概念と第2次大戦では大きく様相が変わったのです。
基本的に新しく作られた戦術というのは、前に使われていた戦術よりも優れています(優れているから採用される)。
つまり、三八は世界的な戦術である、火砲、機関銃の大量使用による弾幕戦と戦うようには対応していません。
諸外国のようにそれらの「補助兵器」として使うならば十二分の性能だったでしょう。

当時の戦術において勝利を決めるのは火砲、機関銃、戦車といった兵器で、小銃はすでに勝利を左右する兵器ではなくなっていました。
しかし、日本軍にはそれらで力のある兵器はありません。

勝利を左右する兵器を持っていない軍隊と、勝利を左右する兵器を大量保有している国が戦えば・・・どうなるかはわかりますね?

日本軍が、(あくまでボルトアクションから進歩した存在であり、補助兵器の域を出ない自動小銃はともかくとして、です。諸外国がこれの更新を遅らせたのは、他に国力を注いでいたためです)火砲や機関銃の大量配備を嫌ったのは、塹壕戦による経験が薄かったために有効性を信用しきっていなかったのもありますが、最大の理由は、工業力がこれらの兵器を「全軍にいきわたらせて、かつ戦えるだけ」の力を持ち合わせていなかったことです。
国力と軍事力の兼ね合いが著しく悪いとも見れます。海軍でもいえますが、国力以上の軍事費は維持費や更新費用の面で国家を破綻させます。弾薬についてもそうです。自国の国力でまかなえる以上の弾薬を使う軍隊を持てば、補給にひずみが生じて、供給が追いつかなくなります。
かといって軍隊を減らすわけにもいかない状態ですし、そのおかげで更新(つまり戦術転換)に使う国力もない。新しい戦術では弾薬を多く使うので、転換したところで維持できるだけの国力もない(諸外国は生産量を増やしたのですが、日本ではそれができるだけの国力すら残っていなかった)。
日本軍が抱えていたひずみとかゆがみが、小銃にも現れているのです。

もう一つの悲劇が、1つ目の後半とかぶりますが日本の工業力の低さです。
当時、日本の技術力はとにかく欧米に追いつけということでタッチアップを図っていましたが、まだまだ追いついていません。
よく「日本の技術力は世界一だった。アメリカに物量で負けた」なんていう人がいますがこれは大間違いです(空技廠から上がってきた航空機の図面で、「この部分は鋳型をつかった鋳造で」となっていても金型が作れずに削り込み部品にしたというのはよく聞く話です。つまり当時の技術はその程度)。
中でも惨憺たる分野が重工業全般の中でも最重要分野の鉄鋼業でして、製鉄も自国では補完できない、鋳型技術も低い状態です。
さらには、精密機械技術が発展途上でして、とにかく精度が悪い(戦前の日本兵器において「統一規格」はありません。というより作れなかったのです。精度が維持できないのですね)。そのため小銃ですら調整しないと命中精度が維持できない上、部品の互換性がない。これは前線において問題です。
別々の箇所が壊れた銃をばらして一つの壊れていない銃にするというのは、軍隊ではある程度普通ですが、日本ではこれが出来ない。つまり不経済な状態です。
また、弾薬の製造精度も悪いため、弾詰まりが多い。これは自動小銃のほうで批判されますが、こちらについては「吐き出す量が多いためハズレに当たる確率が高い」だけなのです(まあ、自動小銃のほうが若干弾詰まりを起こしやすいというのはありますが・・・)。

ながくなりましたが、結局は日本と日本軍の構造上の問題なのです。
日本において三八式が評判が悪いのは、本来的に責任はない三八式に、日本の抱える問題を添付してしまっているからです。結局問題は日本自体にあるのです・・・
というわけで、三八自体の設計は優秀ですし、ボルトアクション式小銃の決定版でもあります。

銃は、航空機、戦車、潜水艦のいわゆる三大新兵器とは違う「熟練した兵器」ですので、寿命は桁外れに長いです。
ほかに寿命の長い兵器は、歴史的に見ると刀剣があります。日本刀は、太刀~打刀に変わったりと、若干の変更がありますがおおむね形は変わりません。これは刀は、熟練した兵器であり、戦術的な変革がなければ、仕様を変える必要がない代物だったといえるでしょう。

さて、三八式についてですが、これも似たようなものです。諸外国の兵器と比べた場合の旧式度合いについては、すでに前に語られてい...続きを読む

Q四式戦闘機、五式戦闘機、紫電改どれが最強だと思いますか?

四式戦闘機(疾風)、五式戦闘機、紫電改どれが最強だと思いますか?私は急降下速度と20ミリ機銃胴体装備の点で五式だと思うのですが・・・

Aベストアンサー

私の持っている本に、No.3の答えの記載とおなじで、「戦後の米軍の調査で日本の陸海軍戦闘機中で四式戦(疾風)が最優秀と評価された」と書かれています。
五式戦、紫電改の生産機数がそれぞれ約400機に対し、四式戦は約3300機と多く、実戦を経て改良が良くなされている為と思われます。
性能的にはたいした差はないでしょう。

Q銃の38口径とか9ミリって意味を教えて下さい

銃の38口径とか9ミリって意味を教えて下さい。

海外ドラマや映画を見ていると銃撃に使われた銃の説明で22口径とか38口径とか9ミリや10ミリといった台詞がありますが、銃について知識が無いので理解できません。

どなたか教えて頂けませんでしょうか。

Aベストアンサー

38口径も9ミリも、銃身内の直径を表したものです。
銃は銃身にピッタリの弾しか撃てないので、使用する弾頭の大きさも同じです。
××口径と××ミリという表示方法がありますが、ミリ単位で示しているのは主にヨーロッパです。
つまり、銃や弾薬について××ミリという風に話していたら、ヨーロッパ製の銃について話していると考えていいでしょう。
対して銃大国アメリカでは、ミリではなくインチ、××口径で示します。
たとえば38口径の場合、銃身の内径は0.38インチです。1インチは2.54センチメートルですのでミリに直すと9.652ミリ・・・・
数字ではこのように違いが出てきますが、38口径という名前はあくまで目安で、実は38口径も9ミリも同じ大きさなのです。
参考までに、ルパン三世の相棒の次元が使っているようなリボルバーという種類の銃は、銃身内径さえ合っていればどんな弾でも・・・とはいきませんが、ほとんどの弾を撃つことができます。
口径は、サイズが大きいほど威力も大きくなるということではありません。
たとえば、45口径の「45ACP」という弾と223口径の「5.56×45NATO」という弾があります。サイズをミリに直すと、45ACPは11.43ミリ、5.56×45NATOは5.56ミリ(今は×45は無視してください)です。
比べてみると、口径のサイズは45ACPのほうが倍以上大きいのですが、威力は5.56×45NATOのほうが断然上です。
実は45ACPは拳銃用の弾で、5.56×45NATOはライフル用の弾なのです。
そもそも銃には何種類もあって、それによって威力もまちまちなのです。
私がここで説明したのはかなり概略で、銃によっては拳銃でもライフルより威力が上というものもあります。
「図解ハンドウェポン」という本、銃の基本的なことについてわかりやすく説明してあるのでおススメですよ。

参考URL:http://mgdb.himitsukichi.com/pukiwiki/?%B8%FD%B7%C2

38口径も9ミリも、銃身内の直径を表したものです。
銃は銃身にピッタリの弾しか撃てないので、使用する弾頭の大きさも同じです。
××口径と××ミリという表示方法がありますが、ミリ単位で示しているのは主にヨーロッパです。
つまり、銃や弾薬について××ミリという風に話していたら、ヨーロッパ製の銃について話していると考えていいでしょう。
対して銃大国アメリカでは、ミリではなくインチ、××口径で示します。
たとえば38口径の場合、銃身の内径は0.38インチです。1インチは2.54センチメートルですのでミリに直...続きを読む

Q97式中戦車チハについて

なんかやられメカというか、弱いというイメージが定着してしまい…近年ではへっぽことかドジッ子とかかわいいとかチハたんとか擬人化までされてる97式中戦車チハですが、
本当にそんなに何の役にも立たなかったのですか?

まがりなりにも帝国陸軍主力戦車でしょ?
そんな使えないなら生産する必要すらないじゃないですか。


とあるサイトで、
「チハを撃破しても戦車一両撃破とはカウントせず、戦車砲がもったいないので、戦車砲は使わず機銃のみで撃破し、それももったいないので、塩酸をかけてドロドロに溶かしてしまおうという研究までされてた」
と書いてありました。

更にチハは歩兵の小銃でも撃破可能と書いてあり、本当なら
下手すると歩兵1人にやられるかもしれない戦車ということになります。だって戦車が照準する前に小銃撃ちまくれば勝てますやん、そんなの。
本当にそんな弱かったのですか?
弱かったとしたら、なぜそんな意味のない物作ったのですか?
チハが出現したら、敵兵は小躍りして喜んだのですか?
チハだっ!って戦々恐々したり、潰走したりしなかったのですか?

教えてください。
宜しくお願いします。

なんかやられメカというか、弱いというイメージが定着してしまい…近年ではへっぽことかドジッ子とかかわいいとかチハたんとか擬人化までされてる97式中戦車チハですが、
本当にそんなに何の役にも立たなかったのですか?

まがりなりにも帝国陸軍主力戦車でしょ?
そんな使えないなら生産する必要すらないじゃないですか。


とあるサイトで、
「チハを撃破しても戦車一両撃破とはカウントせず、戦車砲がもったいないので、戦車砲は使わず機銃のみで撃破し、それももったいないので、塩酸をかけてドロド...続きを読む

Aベストアンサー

>まがりなりにも帝国陸軍主力戦車でしょ?

主力戦車っつー概念は第二次大戦当時はなかったのですが、主に生産された戦車であることは間違いないです。
ただ、他の帝国陸軍戦車となると、ハ号こと九五式軽戦車となってしまうので、ますます絶望するほかありません・笑。

>そんな使えないなら生産する必要すらないじゃないですか。

お気持ちは分からんでもないですが、他にまともなものが作れないんだからしょうがない。
ただ開発された1937年当時のカタログスペックから見ると、実はそんなに悪くないんです。あのドイツのIII号戦車と似たようなカタログスペックです。III号A型と比べるなら、あっちは37ミリ砲でこっちは57ミリ砲とスペック上は勝っているのだァ!
・・・ただし、他の人も指摘していますが、あの短砲身57ミリ砲は対戦車戦闘を考えていなかったので、初速が遅く何よりかにより徹甲弾の質が悪くて対戦車戦闘では使い物になりませんでした。
ただ、対戦車戦闘があまり考慮されなかったのには日本軍ならではの事情もあります。何しろ主に相手になっていた中国軍はゲリラ兵の集まりみたいなもので、戦車なんてほとんど持っていませんでした。敵が持ってない兵器への対処法は後回しになるのは仕方がない面はあります。

>戦車砲は使わず機銃のみで撃破し

さすがにそれはあんまりないです。そりゃ場合によっては重機関銃で撃破できたときもあるかもしれないけど、なんせ敵のアメリカ軍にはバズーカ砲っつー威力がありかつ携行性に優れた対戦車兵器がありますので、それで主に対処できたようですよ。

>下手すると歩兵1人にやられるかもしれない戦車

それはないですね。まあちょっとウケ狙いのオーバーな表現をしたのでしょう。

それでね、チハたんが低性能で終わってしまったのはエンジンの馬力が小さいせいだということは私も以前から指摘していました。何しろ、180馬力程度しかない。III号戦車が300馬力、T-34が500馬力、M4の400馬力と比べるといかにも貧弱です。
エンジンの馬力が低ければ、重い車体は動かせない。自ずと、砲は小さく、装甲は薄く、となります。トラックのボディに軽自動車のエンジンを積んだら使い物にならない車にしかなりません。

ところがですね、最近、元日本戦車兵の手記を読んで「あーしまった。それがあったかあ」と初めて知ったもっと切実な内情を知ったんです。
その本に、「チハの重さに耐えられずに、デリックのビームがひん曲がった」と書いてあったんです。調べてみると、陸軍が戦前に助成金を出していた大型船には25トンのデリック能力を求めていたようですが、すべての船がそれだけの性能を持っていたわけではありません。
日本はご存知の通り島国でございますので、どこへ運ぶにも一旦船に載せなければなりません。例え朝鮮半島でもね。それこそ、北海道や九州にさえ船で運ばなければならない。そうである以上、デリックの積載能力の縛りは考慮して設計しなければなりません。
だから仮にもっと高性能なエンジンが開発できたとしても、デリック能力の縛りを受けて重戦車は作れなかったのではないかと思います。

また実際問題としては、太平洋戦線では無敵のキングタイガーの如くに思われているM4シャーマン戦車もいうほど大活躍ではありませんでした。アメリカ海兵隊員の手記には、「戦車は使い物にならない」とはっきり書かれています。日本軍の対戦車砲の偽装が巧みで、「いつも戦車がやられてから対戦車砲があることに気づいた」とあります。
だから米軍戦車も常に歩兵の「護衛」がないと前進できませんでした。なんと、意外にも米軍戦車は米兵に守られながらおっかなびっくり静々歩兵の後ろから前進していたのです。
沖縄戦では、戦車中隊が歩兵の支援なしに単独突入をしましたが、なんとこれまた意外にも一方的にやられて攻撃は失敗。以降米軍は決して戦車を単独で投入することはありませんでした。
日本軍の野戦指揮官そのものが戦車の使い方がよく分からなかったというのも、チハの悲劇を重ねた部分もあったかと思います。サイパンでは、戦車隊が夜襲を命じられて全滅しています。

このあたりの経緯は光人社NF文庫の「サイパン戦車戦」に出ています。文庫本で手に入りやすいし、読みやすいので一読をお奨めしますよ。

>まがりなりにも帝国陸軍主力戦車でしょ?

主力戦車っつー概念は第二次大戦当時はなかったのですが、主に生産された戦車であることは間違いないです。
ただ、他の帝国陸軍戦車となると、ハ号こと九五式軽戦車となってしまうので、ますます絶望するほかありません・笑。

>そんな使えないなら生産する必要すらないじゃないですか。

お気持ちは分からんでもないですが、他にまともなものが作れないんだからしょうがない。
ただ開発された1937年当時のカタログスペックから見ると、実はそんなに悪くないんです。...続きを読む


人気Q&Aランキング