プロが教えるわが家の防犯対策術!

1800mmのSPF材50本に幅10mm、深さ5mmの溝を切りたいのですが、多分今回使ったら一生使わないであろうトリマーを買うのももったいないので、木材の溝切をディスクグラインダーで代用したいと思います。溝の両端にカッターで切り目を入れておいて溝を掘る要領です。

しかしネットで見ると金属用のディスクなど使おうものなら摩擦で焦げるとかいろいろ書いてあります。木材用は紙やすりみたいなもので円の側面で磨くようなものばかりです。
木材の溝切に使えるようなディスクってありますか?
意外とダイヤモンドカッターでやってしまうのが手っ取り早いですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

No.2です。


言葉足らずだったようなので、訂正します。
電動のこぎりとは電動丸鋸のことです。
ガイドレールとは「平行ガイド」とか「丸鋸定規」とか言われている物です。縁から平行に切るための工具です。
参考:http://www.diyna.com/wcf/wcf01-5.html
   http://www.amazon.co.jp/YSS-丸のこ定規-樫羽付き-450mm-T-450/dp/B00D667ZJY/ref=sr_1_7?ie=UTF8&qid=1415615369&sr=8-7&keywords=丸鋸定規

しかし、1800mm材50本も溝を掘るのはたいへんですね。
<電動ドライバーにルーターの先っちょをつけて削れば同じことかと思いますが、そういう手はありませんか?
直線でなくても良いなら可能かもしれませんが、50本はやはりたいへんでしょう。
50本もやるなら電動溝切り機を使った方が(買ってでも)早くてきれいに楽にいくと思います。
参考:http://store.shopping.yahoo.co.jp/toolstakumi/pg …
どうしてもDIYでやるということでしたら。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。やはり材料をしっかり固定してガイド付き丸のこでひくのがベストですね。いろいろ悩ましいところですが、今回はこれがファイナルアンサーかと思います。

お礼日時:2014/11/10 23:51

No.4です。


>冷静に考えたら電動ドライバーにルーターの先っちょをつけて削れば同じことかと思いますが、
 ドリルの回転数はせいぜい2000回転以下でしょう。トリマーは20,000回転です。
 また、ベースがありませんから深さを決めることも無理
 また、丸鋸では底面が汚くなるのと、その長さでその幅のものをきちんと支える台がないと無理です。
 丸鋸は切断にはよいですが溝きりに使用すると反発で押し返されます。とっても危険です。電動溝切にあれだけしっかりしたハンドルがついているのはそのためです。そのハンドルを両手で持って押すのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>また、丸鋸では底面が汚くなるのと、その長さでその幅のものをきちんと支える台がないと無理です。

これはおっしゃるとおりですね。やるならここはかなりの注意点だと思います。

お礼日時:2014/11/10 21:37

トリマと言うより、丸鋸でやる作業ですね。


丸鋸をテーブルに固定し、CクランプやFクランプで(100均でも売ってる)端材を丸鋸のベースに固定してガイドとし、SPF材の方を動かして加工する。
チップソウなら刃幅3~4mmなので、位置を変えて3回ほど走れば10mm幅です。

SPFは柔らかいので、グラインダで加工できなくもないですが、削り用途のディスクだと下手すりゃ発火します。
質問に対する回答としてはグラインダ用の「座ぐりカッター」刃がありますが、あれ買うくらいなら中古の丸鋸が買えるし、慣れない物は50本も加工すしてるうちに怪我しそうです。治具が必須ですね。
例えば端材にL金具を付け、グラインダの持ち手部の径にあったU金具かホースバンドでグラインダをL金具に固定。それをテーブルに固定し、あとは丸鋸でやるのと同じような作業手順。

あと、トリマビットをドリルにセットしてやるってのは少々無茶です。回転数が違いますし、何よりも安定しないので危険です。5mm深さくらいの比較的軽い負荷ですから、グラインダでの加工と同様に治具にドリルを固定するか、ボール盤を使うなりすれば加工できなくもないでしょうが…。

レンタルでも中古でもいいから、丸鋸を探すことをお勧めします。

参考URL:http://hearty-express.net/products/list.php?cate …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。そうか。テーブルソーのイメージですね。学生の頃に使ったのを思い出しました。あれはガイドがしっかりしていて、送る添え冶具も重いので跳ね返されずにスムーズに押せます。丸のこの固定とガイドや冶具をうまくできれば最有力です。

お礼日時:2014/11/10 21:36

もし2X4材の8.9mm幅の方に溝を作るならば・・・。


簡単だけど 交渉次第・・・。
ホームセンターで2X4材を購入すると仮定して、そこの工作室のパネルソーをお借りする。
パネルソーの刃は最大44mmまで出ますが、逆にその刃の出幅を5mmにセットすることも可能。
そうすれば5mmの深さで一気に溝を掘ることが出来る。

ノコ刃の幅は決まっていて3mmです。
と、云う事は3回カットすれば9mmの幅の溝が出来る。
4回カットすれば10mm幅を余裕で作れる。 
その上確実に深さ5mmの溝が確保できる。
50本も購入するのだから ホームセンターにしても 有る程度はサービスでやってくれると私は思います。

また 「こんな方法もあるのか」 と、ホームセンター自身勉強にもなるはず。

要領としては最初に溝の位置を決めたら そのまま50本を1本づつ溝切りする。
刃の位置をセットし直して また50本
合計4回X50本 200カット

私だったら1000円で交渉します。
私の行きつけのホームセンターでしたら無料で、自分で操作しますが・・・。

この回答への補足

冷静に考えたら電動ドライバーにルーターの先っちょをつけて削れば同じことかと思いますが、そういう手はありませんか?

補足日時:2014/11/10 17:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。ただ細長い長い材料なので寸法押さえのガイドは下のほうと上のほうと二点しかないし、まっすぐにするのがなかなか難しいと思いますが。

お礼日時:2014/11/10 17:46

ディスクグラインダーじゃ無理です。

焦げますし、押し返されるため危険です。
 ダイヤモンドホイルは論外です。
本来は溝切盤かルーターの仕事でしょうがトリマーで代用できます。
トリマーなんて安価な工具ですし、とても使い道の多い工具です。
トリマー作業
 板の周囲を削り取るトリマー作業
溝を掘るルーター
切り抜き作業
アリやアリ溝
目地払い
軸付き砥石・フラップ・ゴム砥石を付けての研磨
https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E3%83%88% …

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

冷静に考えたら電動ドライバーにルーターの先っちょをつけて削れば同じことかと思いますが、そういう手はありませんか?

お礼日時:2014/11/10 17:48

デイスクサンダーでは直線出しが難しいでしょう。


チップソウなら刃の調節も簡単だし、直線も出しやすいです。
幅十ミリなら真ん中を残しカットして後でサンダーという方法はありますけどね。
真ん中にも一本溝を入れてやればのみで簡単に取れるでしょう。

デスクサンダーの場合ダイヤモンドカッターならいいでしょう。
でもチップソウのようにシャープにはならないだろうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

冷静に考えたら電動ドライバーにルーターの先っちょをつけて削れば同じことかと思いますが、そういう手はありませんか?

お礼日時:2014/11/10 17:48

ディスクグラインダーで使える丸歯ののこぎりディスクがありますが、相当危険です。

私は買いましたが結局実用品として一度も使用していません。
<金属用のディスクなど使おうものなら摩擦で焦げる
そのとおりですし、作業も進みません。ダイヤモンドカッターでもほとんど同じだと思います。削る相手の材質が違う物ですから。

普通の電動のこぎりで溝の深さを決め、ガイドレールで切る幅を決めてやれば、溝の両端の切れ目は簡単にできます。
あとはのみで削りだしてやれば良いです。電動のこぎりをお持ちでないなら、DIYの店で借りてください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

冷静に考えたら電動ドライバーにルーターの先っちょをつけて削れば同じことかと思いますが、そういう手はありませんか?

お礼日時:2014/11/10 17:47

 木工屋に頼んだら?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

安くやりたいので。意外と安かったりしますか?

お礼日時:2014/11/09 23:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q溝を掘るには?

ホワイトウッド材に幅15ミリ深さ5ミリの溝を掘ろうとしています。

考えているやり方は、丸のこの刃を5ミリ弱出して溝の内側に3~4本切り込みを入れておいて、ノミで掘るというものです。その後、木っ端に紙ヤスリを巻いて、掘った溝を平滑にしようと思っているのですが、溝の端から端まで同じ深さにできるかということと、溝の数が多いということで悩んでいます。

トリマーやルーターは持っていません。ドリルドライバにトリマービットをつけてみようかなどとも考えたのですが、これは無理がありますよね…

こうしたらどうだろう?というご意見がありましたらお聞かせください。

Aベストアンサー

しゃくり用かんなを使えば可能と思われます。

まずは参考URLで確認してみてください。

特殊なかんななので、大工道具の専門店にいかないと購入できないかもしれませんが・・・。

参考URL:http://www.handsman.co.jp/myweb/D02-1-2.html#合せ底取

Q素人なので教えてーハンドドリルにトリマービットを

ハンドドリルにトリマービットを装着して溝を掘れますか?
トリマーを使うまでもないくらい、短い距離なので
トリマーを買うのももったいないし、蚤を持っていないので
ハンドドリルがあるのでトリマービットだけ購入しようと思っています。

Aベストアンサー

まず、どのような材質にどのような溝を掘りたい(彫りたい?)のでしょう。

蚤を使うことを想定してるぐらいの材質なら、鑢(ヤスリ)で削っても良いのではないでしょうか?

鑢にも様々な種類や太さがありますから、最適な形状の鑢を選べば思い通りの溝が作れます。

Q溝きりカッターについて

お世話になります。
先日、溝きりカッターをゲットしました!
まったく使い方が分からぬまま買ったのですが、使い方を教えて下さい!
また、柱の横に向かって(木目に垂直に)溝を切りたいのですが、注意点はありますか?
ちなみに日立のpg-21というちょっとだけ古いマシンです。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

見習い大工のマサルです
溝切りですか…一般の方にはあまり必要が無いような気もしますが…。
現在では新建材で溝加工済みの集成材の木目、柾目の張物の敷居、
鴨居もありますので最近では余程特殊な場合(2本引きでなく3本、
4本とか)でなければ使用しなくなってきています。
基本的な使い方としては21mm刃で敷居、鴨居溝、それ以外の
刃で納まり加工等、大工さんですと色々使い道もあります。
当然ですが仕上がっている柱の溝を切るのでしょうか?
溝切りは結構パワーのある機械ですので、そういう使い方は
大工さんですら危ないのでしません。
100歩譲って大工さんですと使い慣れているという前提でOKですが
刃を動かしそれを材料に当ててスタートの堀込時が一番跳ね返りがあり
大変危険な場面です。危ない事はお勧めできません。
まぁ使い方がわからないでは宝の持ち腐れですので使い方は
書いておきます。
大概機械前面に目盛がありますがそれが切り込み深さの
目盛になります。大概は尺貫法で打ってあります。
1が1分で約3,03mm掘りたい寸法に合わせて使います。
水平削りですと5分位ですと使い慣れた大工さんですと掘れますが、
仕上がりは汚いです。仕上がりを奇麗に掘りたい場合は、
最高でも3分ずつ位で掘ってゆくのが無難です。
あとは刃の切れ味によります。
刃と言えば刃には2種類あります。機種によってあるものと無いものが
あるとは思いますが、一般的な研磨式の刃と換え刃がボルトで締めて
ある換え刃式があります。研磨式で研磨ができるとはいえ研磨してしまうと刃が減ってしまうので目盛が狂ってしまいます。
使い方ですが掘る時はあまり無理やり引っ張りながら行くのではなく
ゆっくりと進めて行きます。もしどうしてもこの機械で作業をする場合
必ず両手で機械を持ち、作業してください。そして機械の下がり防止
ずれ防止には柱に挟んで機械がずれないように載せて使える
定規を使って行ってください。トリガースイッチの横に
回転ロックピンがありますが、慣れるまでは絶対に危ないですので
使わない様にして下さい。手を放しても回転が止まらなくなる
という事がどれ程危険な事かを大けがをして学ぶのでは大変です。
大工さんの使う道具はちょっと慣れたからといっても安易に使うと
簡単に手足の指1本や2本簡単に失う事になります。
くれぐれも気をつけてお使いください。
追伸質問者様のされたい仕事の場合、大工さんですと
丸のこを用いて溝を付けたい深さを丸のこの刃調整をしておき、
溝の幅の端と端に丸のこで切り目を入れ、幅が大きい場合は
適当に中間を丸のこで切り、その後鑿(のみ)を用いて余分な部分を
取って行きます。溝切りを調整して安全に持って定規を固定して
切るなら、丸のこで切って鑿を使った方が数倍早く作業が終わります。
しかもまだ安全です。切りたい溝の幅にもよりますが、小さい様ですと
トリマーで掘った方が最も安全です。機械も軽いですし。

見習い大工のマサルです
溝切りですか…一般の方にはあまり必要が無いような気もしますが…。
現在では新建材で溝加工済みの集成材の木目、柾目の張物の敷居、
鴨居もありますので最近では余程特殊な場合(2本引きでなく3本、
4本とか)でなければ使用しなくなってきています。
基本的な使い方としては21mm刃で敷居、鴨居溝、それ以外の
刃で納まり加工等、大工さんですと色々使い道もあります。
当然ですが仕上がっている柱の溝を切るのでしょうか?
溝切りは結構パワーのある機械ですので、そういう使...続きを読む

Qルーターとトリマーの違い

ルーターとトリマーの違い
あちこちのDIYの店へ行って、ルーターとトリマーの違いを尋ねているのですが、的確な説明をしてくれるお店が全く無くて困っています。
「ルーターではこんなことができるが、トリマーではできない」また逆に「トリマーではこんなことができるが、ルーターではできない」のように、具体的に、できれば画像入りでご説明いただけると有難いです。

ビットを装着したとき、被切削剤との位置関係がどうなるのか・・・被切削財とビットとの当たり面(加工を受ける一番大事なところ)の目視が(あの分厚いアクリル板を通して)正確にできるのか、など疑問は尽きません。

また、ビットは6mm径が標準のようですが、それ以外の径のビットは装着できないのでしょうか?
わたしは3mm径の金工用ルーターバーを多数持っているので、これが使えないと困ります。

申し遅れましたが、わたしがしたいのは主として、数mm厚のアルミ板の切削加工(長穴開け)です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>ルーターとトリマーの違い  このことを説明しても、質問者の用途では、あまり意味がないかもしれませんね。 とりあえず。

両方とも、同じようなことを出来ます。まぁ、パワーの違いから、使用方法が少し違うくらいですかね。

もうご存知の通り、パワー(大きさ)が違います。  普通、ルーターは専用の作業台に取り付けて(ひっくり返して取り付けて、刃が作業台から少し出るような)、材料の方を送って使用します。 また、パワーがあるので、一回の切削量も大きく設定できたりする場合もあります。

しかし、ルーターには、固定式とプランジ式と2種類あります。普通、作業台に固定して使うのは、固定式の方です。 プランジ式(国産メーカーは、ほとんどこのタイプ)は、手に持っての使用もします。バネによって、刃を含むモーター部分が持ち上げられているので、削るときは押し下げて使用します。手を離せば、刃は浮かび上がります。 言葉で説明すると難しいので、日立やマキタの製品を見て下さい。一目瞭然だと思います。


トリマーは小型ですので、手に持っての使用です。薄い合板のくり抜きなどは、トリマーの領域ですね。

> ビットを装着したとき、被切削剤との位置関係がどうなるのか・・・被切削財とビットとの当たり面(加工を受ける一番大事なところ)の目視が(あの分厚いアクリル板を通して)正確にできるのか、など疑問は尽きません。

これについてですが、トリマー、ルーターともに、フリーハンドでの使用はほとんどしません。ガイドを取り付けての使用、定規にあてて使用、冶具を使用。 精度を要求しないところでは、フリーハンドで使用するいこともありますが、慎重にやらないといけません。意外と思い通りには動いてくれませんよ。(特に切削量が多いと)

よって、刃の出し具合、切削位置に合わせてガイドの調整、または、冶具を使って、精度の高い加工をします。 ですから、事前に準備して行うので、切削するときはガイドや冶具に沿わせて動かすだけです。 よって、それほど目視をする必要が無いのです。 また、じっくり見たいなら、ゴーグルは必須です。何が目に飛んでくるか分からないですからね。 正直、見やすいとは言えません。

>また、ビットは6mm径が標準のようですが、それ以外の径のビットは装着できないのでしょうか?

3ミリ用のコレットチャックは、メーカーも用意していません。市販の製品に3ミリコレットチャックがありますが、それが使用する工具にあうとは限りません。 どうしてもというなら、鉄工所で作ってもらうしかない思います。

そもそも、トリマーもルーターも木工加工用です。 中には、アルミ程度の金属加工に使用している人もいるみたいですが、あくまで自己責任です。 でも、そのままでは回転スピードが速すぎるみたいで、スピードコントローラーで回転数を落としているみたいです。 切削ビットは、金属加工用エンドミルでした。

小さいアルミ板に長穴加工なら、安い輸入フライス盤の購入をお勧めします。 大きい板への加工なら難しいですね。 その場合、私なら、トリマー用に長穴用の冶具を作って、アルミ加工専用のエンドミル(6ミリ軸の製品)を買い、スピードコントローラーで回転数を落としてやりますね。ゴーグルは、必須ですよ。 これらの使用方法も、自己責任です。もし、本当にやられるなら、下調べを十分にしてください。冶具の作り方等は、トリマーの本でも買って勉強する必要があるでしょう。

>ルーターとトリマーの違い  このことを説明しても、質問者の用途では、あまり意味がないかもしれませんね。 とりあえず。

両方とも、同じようなことを出来ます。まぁ、パワーの違いから、使用方法が少し違うくらいですかね。

もうご存知の通り、パワー(大きさ)が違います。  普通、ルーターは専用の作業台に取り付けて(ひっくり返して取り付けて、刃が作業台から少し出るような)、材料の方を送って使用します。 また、パワーがあるので、一回の切削量も大きく設定できたりする場合もあります。

し...続きを読む

Q木材に溝を掘る方法

お世話になります。
60cm×60cm×120cmの木材に30cm×30cm×70cmの溝を掘りたいのです。
良い方法があれば教えて頂きたいのですが、、、。
恐れ入りますがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、所定の位置に墨を出します。
次に「卦引き」を使って長手方向に切込みを入れます。
後はノミを使うか、ルーターを使うか、ドリルを使うか、
わたしならノミを使います。

Qミニルーターで2mm幅の溝を掘りたい

こんばんは。
ミニルーターでやわらかい木に
溝を掘りたいと思っています。
厚さ2mmほどのベニヤや、アクリル板を、
立てたいと思っています。
トリマーでは、このサイズの
ビットがありません。
そこで、プロクソンの
ミニルーター+アタッチメント
で、これが可能かどうか、
知りたいです。
また、このような、木に溝を彫る場合、
単なる彫刻よりはパワーが必要かと
思います。
プロクソンのミニルーターには、
20W,35W,50Wありますが、
どのくらい必要なのでしょうか。
ネットで買うしかないので、
アドバイスがいただけたら、
と思います。
それでは、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>トリマーでは、このサイズのビットがありません。

そんなことないですよ。 スターMにあります。 参考URLを貼っておきます。

注意点として、一度に掘る溝の深さは、1ミリ位にしてください。 掘る木の種類にもよりますが、細いビットは、簡単に折れてしまいます。

参考URL:http://www.starminfo.com/2009/products/eguri/121.html

Qトリマーで掘れるほぞ穴の深さ

トリマーで掘れるほぞ穴の深さ
ほぞ穴を掘るのにトリマーの購入を検討しています。トリマービットを見ていると、あまり深い穴は掘れそうに見えないのですが、深さ45mmとかは無理でしょうか。
また、お勧めのトリマーがありましたら教えてください。(リョービMTR-41はどうかなと思っているところです。)

Aベストアンサー

私のトリマー(マキタの 3707FC)で、測ってみました。

結果、トリマービットの選択(長さの長い物使用)、チャックへの最小限の長さでの固定、をすれば可能と思います。

私のトリマーの場合、チャックへの固定には、最低15ミリほど必要でした。ベースを目いっぱい押し上げたとき、チャックからベースまでの表面までの距離が3ミリ位。

よって、最小限(コレットチャックの長さの分という意味)で固定した場合、トリマービットの長さから、18ミリを引いた長さが、掘れる深さということになります。

マキタのトリマービットで、一番長いストレートビットは、12ミリ(全長64ミリ)です。よって、46ミリの深さまで可能となります。 他の物は、長さが足りませんでした。 

トリマーの使い方ですが、一度に深くは掘れません。掘っては、ビットをちょっとだし、の繰り返しです。6ミリのストレートビットで、一度に掘れる深さは、6ミリが良いところだと思います。理想は、3ミリづづですかね。

上記は、あくまで私のトリマーの場合であり、すべてのトリマーに当てはまるものではありません。しかし、構造的にほとんど変わらないので、似たり寄ったりだと思います。

ただ、質問者様の希望する深さが、トリマーの能力のぎりぎりラインだと思われるので、しっかり情報収集をして決めて下さい。

私のトリマー(マキタの 3707FC)で、測ってみました。

結果、トリマービットの選択(長さの長い物使用)、チャックへの最小限の長さでの固定、をすれば可能と思います。

私のトリマーの場合、チャックへの固定には、最低15ミリほど必要でした。ベースを目いっぱい押し上げたとき、チャックからベースまでの表面までの距離が3ミリ位。

よって、最小限(コレットチャックの長さの分という意味)で固定した場合、トリマービットの長さから、18ミリを引いた長さが、掘れる深さということになります。
...続きを読む

Qジグソーと丸ノコ、先に購入すべきなのは?

手ノコに疲れたので電動ツールを物色中ですが、
ジグソーと丸ノコってどちらが優先度高いですか。
ジグソーが丸ノコを兼ねるとも思えないですが、
実際のところはどうなのでしょうか。

あらかじめ採寸して、直線カット程度はホームセンターで
頼んでいましたが、家でもバリバリカットできると嬉しいです。

Aベストアンサー

見習い大工のマサルです。
基本的にジグソーはいらないと思われますよ。
まぁ危険度はありますが丸鋸をお勧めします。
私も大工しているので時たまジグソーがあると便利だから
購入しようかなぁ~何て時もありますが、
私ですら滅多に使いません。
もし家具製作でRを沢山細工したいと言う場合は
私は逆に糸鋸盤をお勧めしたい位です。
それ程高精度のアールを付けるにはジグソーではかなりの慣れが
必要ですし、自作で(市販は直線定規のみ)R切断対応の
定規でも製作すればバンバン使えますがね・・・。
そんな理由で私は丸鋸をお勧めします。
あとはサイズですが、145mm、165mm、190mmの刃サイズが
一般的ですね。
145mmは使った事が無いので分かりませんが、
165mmが大体6cm弱を切断可で、190mmが大体8cm弱
切れたと思います。
どういうサイズの材料を使うかによりますが大工さんだと、
刻み(プレカットでなく墨つけして構造材を加工する事)をする場合
位ですね。基本は165mmを使って仕事をします。
1回で切れない材料は曲尺(まがりじゃく様はさしがね)で
鉛筆墨を出して上下2回で切ります。それが大工さんの基本
みたいな感じです。まぁ大工さんにもよりますが。
慣れと曲尺の精度で綺麗な断面で切れます。
私としては165mmの丸鋸をお勧め致します。
あと最後に丸鋸は大変危険な道具では有ります。
(モーター付いてるから当たり前!!)
材料を沢山手鋸で切るのは大変だから丸鋸は出来ました。
正しく使用し、安全を配慮すれば楽しく楽にDIYをやっていけます。
正しくとは、丸鋸の進行方向の前後に絶対に!!!!!身体を
入れてはいけない。キックバックしても身体が無ければ怪我しません。
自分が材料を真っ直ぐ切れないと認識しているなら必ず市販の定規
を購入、使用する事。(例:Lアングル、フリーアングル、
丸鋸同梱定規等)Lアングルなんかは確かに高価な定規ですが
楽に直線切断が出来るだけでなく、キックバックも起こしにくい
です。(キックバックの原因は材料に丸鋸の刃が挟まれて、
回転に合わせて戻ってくる現象です)丸鋸使い不慣れで真っ直ぐ切ってるつもりで曲がって切ってるのに無理にきつくなっても切ってると
キックバックが起こります。
逆に正確に真っ直ぐ切れていると、丸鋸の方が軽くですが前進して
行くので、切れ味は軽く「す~」っと切れます。少しでも
曲がると重たくなります。後はいつキックバックしても
いい様にというかいつ来ても良い様に心の片隅で身構えて居る事も
大切です。電動工具とはどれもそうですが、道具それぞれが持つ危険を
認知した上で、対処法を理解しいつ何時起きても対処出来るように
心の準備をしておく事が電動工具を使う上では一番大切な事です。

見習い大工のマサルです。
基本的にジグソーはいらないと思われますよ。
まぁ危険度はありますが丸鋸をお勧めします。
私も大工しているので時たまジグソーがあると便利だから
購入しようかなぁ~何て時もありますが、
私ですら滅多に使いません。
もし家具製作でRを沢山細工したいと言う場合は
私は逆に糸鋸盤をお勧めしたい位です。
それ程高精度のアールを付けるにはジグソーではかなりの慣れが
必要ですし、自作で(市販は直線定規のみ)R切断対応の
定規でも製作すればバンバン使えますがね・・・...続きを読む

Q溝の掘り方を教えてください。

板に幅2mm奥域5mmの凹型の溝を掘りたいのですが、
(↑2mm厚のベニアを差し込むためです。。。)
トリマー+ストレートビットで可能でしょうか。
80cmほど彫らなくてはならず電動工具に頼りたいのですが、
彫刻刀とかノミで彫るしかないのでしょうか。
私の近くのホームセンターには6mmより小さなストレービットが
なく、トリマーで加工するものではないのでしょうか。
2mmのストレートビットがあるのかどうかもネットで調べても
分からず、もしご存知でしたらURL教えて下さい。
この溝が掘れず、製作がストップしてしまいました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

丸鋸をお持ちでしたら、チップソーの刃厚がちょうどその位になるのではないでしょうか?鋸刃を切り込む深さ分だけ出して引けば、ちょうど良い溝ができると思います。溝切用のカッターを使えば正確な幅の溝も切れるでしょうけど・・・

ストレートビットではあまり細いものは見かけませんね、以前フライス盤で木材を加工した事がありますが、以外にうまく切れましたので、トリマーにエンドミル(フライス用の刃)が取り付け可能(通常のドリルチャックなら可)なら使用できるでしょう。エンドミルなら工具店で1ミリ程度からそろっていると思います。

Q角材(木材)に丸底の溝を掘る方法

4~5cm角の木材に、底が丸い(U字型の)溝を掘るとしたら、
どのような工具を使えば良いのでしょうか?
長さはせいぜい30cm程度、傾斜をつけたいです。
※ビー玉を転がすおもちゃのようなものをイメージしてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

NO1です

電動ドリルをお持ちでしたら、ドリル+サンドペーパー

図のような要領でやれば 一番時間短縮でしょうね。
出来ればやわらかい木で 柾目の通った材料を使いたいですね。

結構、他の道具 特にトリマーは高速化回転が伴いますので危険性も増します。

穴の直径と同じ径の30cmほどの棒に両面テープでサンドペーパーを巻きつけ、
ドリルのチャックが合うようにその棒の先端だけを10mmの丸棒に加工さえすれば
ドリルの回転を利用した簡易な回転式サンドペーパーが出来ます。

これを押さえつければ 極簡単に綺麗な溝が出来ますよ。

ここでいうサンドペーパーは ホームセンターにある普通のものではなく
ロール状になっている外観が白っぽいものです。400番位のがありますのでそれでやってください。

もし普通のビー球を転がすならば 直径18mm弱が一番大きなものです。
大体17.2-5mmです。

その程度だと 最初に10mmのドリルで穴を開けて
その後15mmほどの丸棒の先を少し手で削って先ほどの要領で作れば十分間に合います。
出来ればドリルと反対側も手で押さえられるように余分の長さを確保して そこにはペーパーを巻かないで
手のひらで抑えるようにすれば お好きな角度も取れるでしょう。

もちろん手のひらが火傷しないように注意してくださいね。

慣れれば、穴あけから 完成まで10分もかからないでしょう。

NO1です

電動ドリルをお持ちでしたら、ドリル+サンドペーパー

図のような要領でやれば 一番時間短縮でしょうね。
出来ればやわらかい木で 柾目の通った材料を使いたいですね。

結構、他の道具 特にトリマーは高速化回転が伴いますので危険性も増します。

穴の直径と同じ径の30cmほどの棒に両面テープでサンドペーパーを巻きつけ、
ドリルのチャックが合うようにその棒の先端だけを10mmの丸棒に加工さえすれば
ドリルの回転を利用した簡易な回転式サンドペーパーが出来ます。

これを押さえつければ ...続きを読む


人気Q&Aランキング